ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
六龍が飛ぶ
 時代劇・歴史モノ

六龍が飛ぶ ネタバレと感想 第19~22話 キル・テミ無念

韓国ドラマ、【六龍が飛ぶ】は22話まで見終わりました。あ~すっかり寂しくなってしまいました。以下ネタバレのあらすじです。


~悪人は絶対に許さないという正義感の塊のような方はここでご遠慮くださいますよう、最初にお断りしておきまする


都堂ではホン・インバンのチョ・バンへの乱行が議題となり、インバンを弾劾する声が上がる中、当のインバンは、チョ・バンの謀反を調査するよう主張しました


ドジョンやモンジュはインバンの弾劾を通すための人数集めに奔走しますが、バンウォンは、インバンには何か深い思惑があるに違いないと指摘します。認めたくはないだろうけど、バンウォンがインバンに似ているのは確かなようです


インバンがミン・ジェに会いに行ったと聞いたバンウォンは、プニの勧めに従ってダギョンに「取引」を持ちかけました。バンウォンはダギョンが野心家であることを見抜き、李家が易姓革命によってとなる、と伝えたのです。


ダギョンはバンウォンの言葉を信じ、インバンの策略を教えてくれました。インバンは、自らがでっち上げた謀反の黒幕がイ・ソンゲだという上訴文に、海東甲族全員で署名するよう脅したのだそうです


ここで700年の歴史が終わっても良いのか!


ドラマでは驪興閔氏じゃなくて黄驪閔氏(フィクション)となってましたね。


その成り立ちから尊ばれてきた海東甲族は戦いを好まない、戦う術を知らないため、こうした脅迫には弱いと踏んでの作戦です。


もはや万事休す!かに思われた時、バンウォンが一か八かの「賭け」に出ました。バンウォンは「火薬」と「石」の入った箱のうちどちらか一方をプニに選ばせ、それを持って海東甲族が会合を開いていた場所にやってきます。


都堂3人衆は我々が倒すゆえ、ホン・インバンを弾劾する上訴文に署名してほしい!


さもなくば火薬を爆破させるというバンウォンに、やっぱり脅しに弱い海東甲族は皆震えあがりましたが、さすがにミン・ジェだけは、これがバンウォンの芝居ではないかと疑いました


が、何せバンウォン自身も箱の中身が火薬か石か分からぬため、導火線が燃え進むにつれて、脂汗が滲み、目が泳いでしまいますムヒュルも声をあげました。若様は嘘などついていない!


あともう少しで爆発するというところで、ミン・ジェも急いで署名しました


ご協力に感謝します。都堂3人衆は必ず成敗してみせます!我々を信じてください!


ミン・ジェが蓋を開けると、中には石が入っていました。プニはバンウォンが何かをするらしいが「火薬は危ない」と石の入った箱をわざと渡しておいたのだそうです


こうして海東甲族全員の署名を得たドジョンは早速これをチェ・ヨン将軍に渡しました。チェ将軍はこれを持って王宮へ行き、ついにソンゲは、ホン・インバンとキル・テミ、そしてイ・インギョム成敗に乗り出します


ここからのテミが何とも気の毒だったのですよ。テミは確かに極悪人かも知れんけど、どこか憎めなくて好きだったのですよね~。その証拠に、屋敷に兵士が押し寄せてきて自分の身が危ない時でも、姻戚のインバンを心配し、何とか助けに行こうとしたのですもの


テミはチョヨンと組んで巻き返しを図ろうとしましたが、ヨニがもはや都堂3人衆は終わりだとチョヨンを説得したことから、高麗一の剣士と恐れられたテミもついに追いつめられてしまいます


それでも相手が平凡な兵士だったら、百人単位でかかってきても、もしかしたら切り抜けたかもしれなかったのですが、今回ばかりは相手が悪かった~バンジがテミに勝負を挑んできたからです。あれから修行を積んだムヒュルは一歩出遅れてしまいました


文字通りの死闘の結果、テミはついにバンジに倒されてしまいましたテミが死んだ(;O;)。最期に、自分を殺した人間の名前を知っておきたいとバンジに名を尋ねたのがいかにもテミらしかった


幼い頃から花摘みやままごとが好きで女の子のようだったために、少しは男らしくなれと父親から剣術を習わされたというテミ。その剣で、手段は間違っていたけれど「弱者」から「強者」に上りつめたテミが何とも哀れでした


テミが言っていたように、弱者が強者に搾取される世でなければ、テミもまた風変わりな剣豪として生きていけたかもしれませんのに。


村の若者が守侍中にまでなった。人生に悔いはないわ閤下の言いなりでも終わらなかったし


一歩間違えたら、バンジもまたテミのようになりかねなかったに違いないのです。テミがドジョンのような人間ともっと早くに出会えていたら、そう悔まずにはいられませんでした可哀想なキル・テミ。あ~ホン・デホンとともにテミを弔いたい気分で一杯です


ふたりの死闘を見物していた野次馬の中に、テミの双子の兄ソンミがいて、弟の最期を見届けていたのがせめてもの救いでした。ソンミは、過程はどうあれ最後は「剣士」として死んでいった弟に、どうか安らかに眠ってくれ、と祈りました


タンジを今のバンジにまでした、そのきっかけを与えたのはソンミなのだと思うと、ここは余計に胸中複雑でした。


一方、相棒を失ったインバンも、バンウォンたちに捕えられました。インバンの行方は「プニ大将」率いる仲間たちが見つけてきたそうです


捕まったインバンがバンウォンにあれこれ「虫」の話をしたのは、今後バンウォンが遂げるだろう変貌と、その苦悩への伏線ですよね。たとえどんなドラマを見ても、最終的にはバンウォンが好きになれなかったおばさんとしては、ここはあんまり期待はしておりませんけど~予想が外れてくれたらそれはそれで超嬉しいですが


バンウォンはプニに、自分がもし虫に呑み込まれたら教えてほしい、最後は殺してくれても構わない、と言っていたけど、果たしてどうなりますことやら?


その後インバンは処刑されましたが、インギョムはまだしぶとく残っています。しかもインギョムは、ソンゲの裏にいるドジョンが次はチェ・ヨン将軍を狙うことを見抜き、チェ将軍にソンゲを排除するよう促します。もちろんチェ将軍は同意しません。


でもドジョンはインギョムが見抜いた通り、ソンゲにチェ将軍を討つよう助言しました。ドジョンは民に土地を与える改革(計民授田)を最大の目標としていたため、権門勢力のチェ・ヨンは邪魔だったのです。


怒ったソンゲは、ドジョンとともに国など造らぬ、王になどならぬっ!と息巻きました


はたしてドジョンはソンゲを説得することができるのでしょうか?


またそのドジョンが、新しい国の組織に「士大夫」の特性(欠点)を生かしたという話は興味深かったですね


ドジョンは、士大夫というものは本来利己的だ~だから孟子も「仁」を説いたが、ホン・インバンや、日和見男のウ・ハクジュ(ユン・ソヒョン)にハン・グヨン(チョン・ムンソン)を見ても分かるように「仁」だけでは足りぬ、とひとりごち、彼らの「疑心」を体系化する、と言いだします。


それが、司憲府、司諫院、弘文館だというのが実に面白かった。士大夫が王を囲んで「疑い、叱り、騒いで」いれば、腐敗や不正を無くすことができるとドジョンは考えたのだそう。そうすれば、疑心や非難のとばっちりが民に及ぶことはない、と


プラス面ばかりかマイナス面まで政治に利用しようとするドジョンに圧倒されるバンウォンが可愛かったですね。ムヒュルはその話の意味すら通じず、落ち込んでいたのにも大笑いでした。お前がいてくれてよかったよ


一方、ヨニのおかげで、というよりヨニにまんまと誘導されてドジョン側に付いた花事団のチョヨンに対し、インバンの失脚を予想しながら判断を誤った批国寺のチョンニョンもまた、投獄されてしまっていました。


が、そのチョンニョンを訪ねて一人の老婆がやってきます。「母」と偽って現れたその老婆は、待ちに待ったあの「赤い紋様」が描かれた紙を差し出し、あの方のご命令だ、と切り出しました


それまでキル・テミの死に打ちひしがれていたおばさんの目がらんらんと輝いた瞬間です


ついに出てきましたね~「あの方」!!あの方はどの方??(@_@)


これまで登場した人物から考えると、もうインギョムしかいないと思うんですが、それとも魯国公主ということで「王室」がらみなのでしょうか。現王が王禑(おうう)ということから、亡き辛旽(しんどん)あたりが関与してくるかもしれませんね。あ、単なる妄想です


来週からはテミに会えなくなるかと思うと寂しい限りですが、本来の目的(国造り)に立ち返って楽しんでいきたいと思います六龍が飛ぶは続きもとっても楽しみです



OSTがまたええですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は六龍が飛ぶのレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ7 (the Good Wife S7)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ7 あらすじと感想 第1話 ゼロからの出発

リーガルドラマ、【グッド・ワイフ】もようやくファイナルシーズン(シーズン7)に突入しました。「ゼロからの出発」の副題通り、活気があって実に面白かったですね~。やっぱりグッドワイフはこうでないとね


原題は「Bond」で、アリシアが仕事をした「bond court」(保釈裁判所)を指しているようですが、イーライに関する限りは「絆」という意味にも解釈できそうです。


この保釈裁判所の判事がどこかで見たことあるな~と思いきや、ハリーズ・ロートミー・ジェファーソン(Christopher McDonald)だったのには大笑いでした


以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ7のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


アリシアは自宅の一室をオフィスにし、弁護士として働き始めました。グレースがそこでなかなか優秀な秘書ぶりをみせていたのが実に頼もしかったですね


が、州検事キャンペーンでの「不正」(濡れ衣)が祟り、なかなか仕事が入ってきません。だからと言って、やはり、ケニングと働く気にはなれんようです


そこでアリシアはクック郡保釈裁判所に通い、そこで、逮捕の後に保釈を待つ人々のために働くことにしました。そこでもアリシアは「有名人」で人々の注目を集めますが、食べるためには働かなければならず、四の五の言っていられません。


でも、注目を浴びるだけならまだしも、アリシアは仕事も与えてもらえませんでした。判事のドン・シャコウスキー(Christopher McDonald)はアリシアを無視して、いつも来ている3人の弁護士に仕事を配分してしまいます。3人とは、ドン・ウェインガーテン(Daniel Abeles)、バーニー・ブコヴィッツ(Rob Bartlett)、そしてルッカ・クイン(Cush Jumbo)です。


それでも唯一の女性弁護士、ルッカだけは、アリシアに仕事を譲ってくれました。州検事の選挙の際も、アリシアに投票したそうです。保釈弁護は初体験のアリシアに、あれこれアドバイスもしてくれました


その後アリシアのオフィスに依頼人がやってきました。その女性、マデリン・スマルダーズ(Bridget Regan)は、母の死によりその財産を相続することになったのだそうですが、そこにはなんとサイン入りのシャガールの絵(版画)も含まれているのだそうです。その額なんと800万ドル!


問題は、その母が譲り渡す財産全てに付箋を貼って、誰に相続するかを指定したのに、その付箋紙がすべて剥がれ落ちていたことです。しかも、マデリンの兄の代理人はLALなのです。その上なぜかダイアンはアリシアへの敵意をむき出しにしています??


果たしてシャガールの絵には誰の名前が貼ってあったのかをめぐり、法廷には「adhesive expert」(粘着物の権威)や「aerodynamics expert」(空気力学の権威)が呼ばれたため、判事のファーリー(Jane Curtin)が、世の中にはいろんな専門家がいるものだと感心していたのがまた可笑しかった


Are we going to hear from a scissors expert today?
今日ははさみの専門家の意見を聞くのかしら?


アリシアはかなり善戦していましたが、クインから仕事を押し付けられた上にシャコウスキー判事に足止めされたため、法廷に行けなくなってしまいます。そこでアリシアはクインに代わりに出廷してもらうことにしました。


が、ファーリー判事はアリシアの事情には興味がなく、来ないなら来ないでそのまま裁判を続けると宣言してしまいます


でもこれが幸いし、裁判は双方の痛み分けに終わりました。というのも、どうやら亡きスマルダーズ夫人がシャガールを遺したかったのは、家政婦のハウスキーパーのセリーナだったようなのですが、スマルダーズ夫人の介護者でもあったセリーナは、イリノイ州の法律により、2万ドル以上の遺産を受け取ることが禁止されているのだそうです


デヴィッド・リーは、悔しそうに「折半にしよう」と申し出ました


ルッカはなかなか頼もしい味方となりそうで今後が楽しみですね


一方のピーターは、アリシアがついに賛成してくれた事を受け、早速準備をし始めました。今回は「副大統領選挙」という全国区であることから、その実力者として知られるルース・イーストマン(Margo Martindale)を選挙参謀に迎えます。


が、そのために、なんとなんと、イーライを解雇してしまったのには驚きました。どうやらルースが嫌ったようです。


イーライはピーターの非情さをなじりひどいじゃないかっ!、一時は部屋に閉じこもりますが、アリシアがイーライに同情したことを知り、アリシアの参謀として返り咲く決意をします。ここはやれやれ~、負けるな、イーライ!でございましたねイーライをクビにしたら許さん( `ー´)ノ


またLALではケイリーがパートナーの中で孤立していました。古色蒼然としたパートナーたちのやり方に、むしろアソシエイトたちの年齢に近いケイリーが違和感を覚えるのは当然と言えば当然の結果です


いっそのことケイリーも、もう一度アリシアと一緒にやってみればいいのに、と思うけど、そうはいかんのかしらね~。もしくは、再びアソシエイツの乱を起こすのかしらん?


それにケニングもまだアリシア獲得を諦めていないようです。前述したスマルダーズの件も、元々はケニングの案件だったのをアリシアに譲ったのだそうです。それでダイアンは、アリシアがケニングと組んだと思い込み、冷たく当たったようです。


なんとも波乱含みのスタートですが、それだけに面白くなりそうで、続きを見るのが楽しみです


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ7 (the Good Wife S7)のレビュー一覧」でお読みいただけます

カルテット
 ラブコメ

カルテット 最終回 ネタバレと感想 Thank you, Quartet Doughnuts Hole

坂元裕二さん脚本の【カルテット】もついに最終回を迎えてしまいました


全体的な内容ももちろんのこと、最後の最後まで「謎」が提示されて終わったところもラブサスペンスらしくて面白かったですね。個人的には最後の録画に失敗し、Tverさんのお世話になったことが最大の「まさか」でしたが、ドラマ的にはやはり、真紀が「死と乙女を選曲した点が最もみぞみぞした点でしょうか


また最も心に残ったのは、家森の「Thank you, parsley」(ありがとうパセリ)でした。最初の頃は、家森のうんちくほど長々とうざったいシーンはなかったのに、それがいつの間にか少しずつ耳に残るようになり、最後のこれは、これこそがもっとも的確に「カルテット=彼ら4人」を表現したのではないかと感心したほどです


それを言うなら、家森こそもっとも顕著にこのドラマを体現していたのかもしれません。時々、実にこれみよがしにとうとうと語るため、苦手な人は苦手だろうけど、よくよく耳を傾けてみると、その内容が実に深かったりするのですよね。言っている方も見た目ほど傲慢じゃなく、実は誰よりも繊細だったりする。押しつけがましいように見えて、実はとても謙虚だったりするカルテットの良さは万人には分かりにくいけどそれでいい♪


と、おばさんの暑苦しいうんちくはこれぐらいにして、以下ネタバレの簡単なあらすじです


気になっていた真紀は、他人の戸籍を購入し、住民票や免許証などの不正取得で起訴されましたが、義父殺害に関しては証拠不十分だったらしく、夏には執行猶予がついて釈放されたようです


それでも真紀は軽井沢に戻ろうとはせず、アパートで独り暮らしをしていました。カルテットの仲間はきっと温かく迎えてくれるだろうけれど、もはや自分は「義父殺害容疑をかけられた美人バイオリニスト」)となったから、純粋に音楽をやる資格がないと考えたのだそうです


一方軽井沢では、裁判が終わっても戻らぬ真紀を待つでも待たぬでもない、中途半端な日々が続き、冬を迎えてしまいました。別府は久しぶりに取ってきた仕事のために真紀の代わりのバイオリニストを呼んできますが、仕事がまたしても「イロモノ」だったため、彼女はいかにも軽蔑したように出ていってしまいます。


恥ずかしくないんですか!?


その後、無職の別府と、社長が引退したために転職を迫られ、資格取得のために猛勉強中のすずめは、今や「のくた庵」という和食ダイニングに転向した元ノクターンに食事に行きました。家森は相変わらずそこでホールを続けており、近々修行をして調理場にも入るそうです。


そこで3人は週刊誌のライターに取材を求められました。もちろん、真紀のことです。


3人がこれを拒否しようとするとそのライターは週刊誌の記事を見せ、あなたたちも騙された被害者なのに、とせせら笑いました。そこには、いかにも幸せそうな真紀がコロッケを食べながら誰か(男性)と歩いている写真が掲載されていたのです


もちろん、これまた以前の「ク〇野郎」のパーティー写真同様、デートではなかったのですが、別府はすっかり落ち込んで、カルテットを解散しようと言い始めました。もう二人とも仕事も見つかったのだから、カルテットなんてなくても大丈夫じゃないですか


するとすずめは真紀から預かったバイオリンを持ってきて、解散するならこれを返してからにしようと反論しました。その言葉を皮切りに、3人はようやく真紀を捜しに行く決意をします。


グー〇ルマップは実に優秀でござりまする。彼らはすぐに真紀の住むアパート(団地)を見つけ出しました


でもそのあまりの敷地の広さに家森が早くもやる気を失っていると、別府とすずめは「おびき出せばいい」とやり返します。別府は家森に「犯罪」(スト〇ーキング)を勧めましたが、すずめはもっと楽しくて確実な方法を実行しました。皆で「Music for a Found Harmonium」を演奏したのです。(cf:5話


ここで、自宅で壊れた洗濯機を回しながら、ベランダに出たり部屋に入ったりしていた真紀にあの音が届くのかどうかヤキモキしていたのはおばさんだけではありませんよねまた洗濯機がうるさいんだ


でもドラマの神様はそこまで意地悪じゃなくて、懐かしい音を聞きつけた真紀は、すぐに外に飛び出していきました


他人の戸籍を買おうが、他人の名義で免許証を取ろうが、結婚しようが、な~んにも気にしない子供たちがわんさか集まってきて、ただ純粋に、一人足りないカルテットの演奏を楽しんでいたのがまた実に象徴的でございましたね


その中に現れた真紀を見た3人は演奏を止め、何とも言えない嬉しそうな表情を浮かべて真紀を見つめるんだけど、真紀は逆にむすっとした顔つきで踵を返してしまいます。子どもたちも、突如演奏が止んだことに不満を漏らしていましたが、その不満を止めたのは、再び始まった演奏でした。もちろん真紀も立ち止まり、今度は笑顔で子どもたちとともに手拍子を打ち始めます


ひどい演奏だった


すずめはそう評した真紀の手がすっかり荒れてしまったこと、その髪に白いものが混じっていたことから、すぐにも真紀を軽井沢に連れて帰る、と言いだしました


別府さん、車お願いします。


すずめと家森が前後から牧を抱きしめると、別府は急いで車を取りに行きました


軽井沢に戻った4人は、今では「諭高(ゆたか)君」(家森)「司君」(別府)と呼び合うようになった男どもふたりの手料理を囲んだ後、久々に合奏しようとするのですが、自分がいなくなってから皆が変わってしまった(大人になった)ことを知った真紀は、おもむろにある提案をします


コンサート、開きませんか


しかも大賀ホールで、と主張する真紀に皆は驚きを隠せません。いくらシーズンオフだからと言って、あのホールをいっぱいにすることなんてできっこない(=チケットが売れない)。


が、真紀は悪戯っぽく微笑んで、こう言いかえしました


私は早乙女真紀なんですよ?義父を殺したかもしれない美人バイオリニストですよ?この私がステージに立つのに満席にできぬはずがないじゃありませんか?今なら、広いホールでコンサートを開きたいという皆の夢を叶えられるんです!


家森は、それでは真紀がさらし者になってしまうと心配しました。それに興味本位で集まる人間に音楽が理解できるだろうか?とも憂えます。


でもすずめは、その中のたった一人でもいいから「届けばいい」と真紀に賛成しました。


それは昔、彼らが初めて会ったあのカラオケ店ですずめが語ったことなのだそうです。(音楽で食べていけるなんて思わないけど)外で弾いていて誰か一人でも喜んでくれると、自分も本当に嬉しくなる純粋に音楽を愛している証♪


それこそがカルテットの真骨頂、存在意義なのです


案の定、ホールには野次馬がたくさん集まり、あまつさえ、1曲目の「死と乙女」の途中には、ジュースの空き缶まで舞台に投げ込まれました。でも演奏が終わると、のくた庵のパパを皮切りにたくさんの拍手が浴びせられます。もちろん出ていく人間も多かったけれど、彼らが出ていったことこそ、カルテット・ドーナツ・ホールの演奏が「音楽」として素晴らしかったことの証ではないでしょうか


また観客の中には、カルテット宛にクレームの手紙を届けた女性(だと思う)の姿も見えました。彼女もまた音楽を志したものの、自分の才能の無さに気づいて途中で辞めたひとりなのだそうです。それなのに、あんなにひどい演奏しかできないカルテットがいまだに音楽を続けていることが腹立たしくてならないそうです。


あ~今、こう言う人って多いですよね。自分の夢が叶わないからと言って、叶わぬ夢に挑戦する人を罵倒する人。自分は自分、他人は他人と割り切れない人。諦めの悪い人。他人を貶めることでしか自分の価値を見出せない、自分に自信の持てない人、etc。


他人を中傷する暇があったら自分磨きに精出しなさい、って言いたいですわ


それに対する別府の言葉がまた良かった


夢は必ず叶うわけじゃないし、夢は諦めなければ叶うわけでもない。でも夢見て損することは1つもなかった


要は自分がどこで満足するか、満足できるかじゃないんですかね。一流の音楽家にならなければ音楽をやる意味がないと思う人もいていいだろうけど、あくまでも自分が楽しみたくて続ける人、たったひとりでも、たとえ子供でも楽しんでくれればそれで満足だと思う人は別に止める必要などありません~ここは北〇鮮じゃないんですからね


そこで登場するのが「Thank you, parsley」(ありがとうパセリ)の名言です


家森はから揚げに添えられたパセリを皆が無視したのを見て、

パセリが無くては寂しいだろう?皆パセリを見て感謝しなさい

と注意したのです。この「パセリ」こそ「夢」なんじゃないですかね~皆「あってもなくてもいいけど、あった方が心が豊かになれるパセリ」に感謝しよう!。そして「カルテット」こそ、彼らの「夢」そのものなのではないでしょうか~なんちって


彼らの対極として描かれてきた有朱は、金持ちの外人をたらしこむことに成功していたようですが、おばさんには自分が興味のないキャラについてあれこれ非難する趣味はありませぬ


一方サスペンスとしては、真紀は大賀ホールでのコンサートの演目の1曲目にシューベルトの「死と乙女」を選びました。その理由は最初、単に好きだからと答えていましたが、後にすずめが聞き出した際には

「漏れたのかな

と答えています


つまり「隠していたのにポロリと漏れちゃったのかなということですから、ミステリー的にはやはり真紀は義父を殺害した可能性が高い、と見るべきでしょうな。それに気づいた時のすずめの表情がまた絶妙でしたね。え?もしかしてそういうこと??


でもなにせ「大人は秘密を守るですから、この事実は永遠に世に出ることはないでしょう。真紀は多分誰かに言いたかっただけなんだろうな~


その後もカルテットの活動はボチボチ続けられていくようでしたね。またいつか彼らに出会えたらよいのですが


ドラマ「カルテット」は幾重にも幾通りにも楽しめたなかなかの傑作でございましたね~。大満足ですカルテットが面白かった(^^)/



7月発売予定なのに既に割引価格なのがファンには嬉しい


別冊カルテット ドラマ「カルテット」公式メモリアルBOOK 【特別付録】カルテット オリジナルカレンダー (角川SSCムック)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はカルテットのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング