2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ユーザータグオスマン帝国外伝 1/2

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第14&15話 裏切り

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の14話は「危険な出産」、15話は「裏切り」です。まずはいつものように政治面から参りますると、イブラヒムは「地図の中央で宝石のように輝くロードス島」に関する綿密な情報を入手したいと語ったスレイマンの要求を叶えるために、絵の上手なマトラークチュを送りこむことにしました。常に町の様子を観察してそれをスケッチしていた彼にはうってつけの任務です。また先日スレイマンが送っ...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第13話 秘めた思い

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の13話は「秘めた思い」です。あらすじに行く前に、お友達のロンさんから面白いことを教えていただいたのでご紹介しますね~。このオスマン帝国外伝はトルコ発のトルコ製ドラマですが、日本人漫画家の篠原千絵さんが連載されいてる「夢の雫、黄金の鳥籠」という物語も同じスレイマンとヒュッレムを題材にした物語なのだそうです。ロンさん、貴重な情報提供をありがとうございます。篠原さ...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第11&12話 男の戦、女の戦

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の11話は「男の戦、女の戦」、12話は「後宮の毒」です。以下2話分まとめたネタバレのあらすじです。ついにスレイマンはベオグラードを制圧しました。無用な殺生はせず、投降した者には危害を加えぬと約束し、今後この土地はオスマン帝国の支配下となるが、忠誠を誓えば臣民として扱い、豊かな生活を保証すると公言します。その証に、今後1年は徴税を控え、大金を投じて街の修復にあたる...

  •  2
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第10話 ハンガリー進攻

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の10話は「ハンガリー進攻」です。何せ副題が「愛と欲望のハレム」だったので、オスマン帝国の進撃にはほんとんど期待していなかったのですが、なかなかやってくれますね~。大いに盛り上がりました。以下ネタバレのあらすじです。ドナウ川を一斉に進むスリムな艦隊を前に、スレイマンとイブラヒム、そしてマトラークチュは湧き上がる興奮を抑えきれずにいました。これからどんな戦いが繰...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第9話 母后の計略

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の9話は「母后の計略」です。遠征に出たスレイマンは、ラヨシュ2世を攻略する最も効果的な方法を探すべく、重臣たちと議論を重ねていました。アフメトはまず周囲から攻め立てて本陣へ乗り込もうと提案しますが、メフメトは最初にベオグラードを攻めるべきだと主張します。そのベオグラードは堅固な城塞に守られているため難攻不落で知られていたそうで、アフメトは制圧にしくじれば軍の...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第8話 燃える野望

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の8話は「燃える野望」です。以下ネタバレのあらすじです。遠征の準備は着々と進められていました。スレイマンが提唱した組立式の大砲も完成します。思慮深いイブラヒムは出陣日や侵攻先を探りに来る敵のスパイに備え、全てを秘密裏に運んでいたそうです。スレイマンはそう報告したイブラヒムに、出撃拠点を東方はユスキュダル、西方はタブットパシャの2か所に設営して敵をかく乱するつ...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第7話 命運を分かつ決断

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の7話は「命運を分かつ決断」です。以下早速ネタバレです。トプカプ宮殿に、スレイマンの恩師だというカスム(Nusret Çetinel)がやってきました。スレイマンは早速彼を御前会議に招き、その意見を仰ぎます。スレイマンはラヨシュ2世へ報復するつもりなのです。イスラムの長老であるゼンビア・アリ(Doğan Turan)は手放しでこの報復をジハード(聖戦)と認めましたが、カスムはこれが...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第6話 渦巻く陰謀

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の6話は「渦巻く陰謀」です。いや~ますます盛り上がってきましたね~いよいよ外伝ではなく本編の登場でござるか!?以下早速ネタバレです。スレイマンはかねてからの希望通り、イブラヒムを連れてお忍びで町を視察に出かけました。ベネチア産のシルクが高価なことを確かめたり、民の自分に対する評価を聞き出したりします。スレイマンは賢帝だ。必ず成果を上げるに違いない。いつも市場...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第5話 皇帝の指輪

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の5話は「皇帝の指輪」です。いや~これまた盛り上がってまいりましたね。以下早速ネタバレです。なんとなんと、ハンガリー王のラヨシュ2世は、使者としてブダ王宮を訪れたベフラムを一刀両断にしてしまいました。ラヨシュ2世は、欧州は幾世紀にもわたって「家族」が治めてきたと語っていました。欧州ではたとえ戦が起きようとすべてを「婚姻」によって事を収めてきたからです。チュー...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第4話 ヒュッレム

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の4話は「ヒュッレム」です。以下ネタバレのあらすじです。今回面白かったのはまず「10」という数字が持つ意味についてです。母后ハフサは後宮を取り仕切っている宦官長(済)のスンビュル(セリム・バイラクタル)に占星学者の見解を尋ねさせたのだそうです。スレイマンはヒジュラ暦10世紀に即位し、第10代皇帝となった。人間は手足に10本の指を持ち、コーランは10番目の月に10章が下...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》