2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ユーザータグ野々すみ花 1/1

鳴門秘帖 最終回 あらすじと感想 秘帖の行方

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】もいよいよ最終回でした。これはなんていうか~最近日本ではあまり見ないタイプの時代劇でしたよね。時代に媚びてないというか、ストーリーや登場人物の描き方がかなりリアルで生々しいというか。その中で、主人公の弦之丞だけがちょっとつかみどころがない感じが否めませんでしたが、それもすべては「剣豪として生きるために人としての感情を封じ込めた」からなのかもし...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第9話 姉妹の契り

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第9話は「姉妹の契り」です。いや~正直申し上げてこれまであまり千絵が好きではなかったのですが、今回の千絵は凛々しくてなかなか素敵でござった。あれなら弦之丞ともお似合いですね。以下ネタバレのあらすじです。囚われの身となっていた弦之丞は、期待通り、阿波徳島藩家老の高木龍耳軒が助けてくれました。高木は鳴門秘帖があるばかりに藩主の蜂須賀重喜が浮足立...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第8話 親子の名のり

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第8話は「親子の名のり」です。これがまた何とも切なかったですね~。以下ネタバレのあらすじです。鳴門の渦に飛び込んだ弦之丞とお綱は、勘助(小倉一郎)という日和佐宿の大工に助けられたようです。勘助は四国屋に大層恩義があるそうで、四国屋の船以外は決して作らない職人なのだそう。その大恩ある四国屋の頼みとあっては、ふたりの世話を快く引き受けてくれたら...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第7話 絶体絶命の船出

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第7話は「絶体絶命の船出」です。これはもう聞くも涙、語るも涙の物語でござりましたね。以下早速ネタバレです。阿波に渡るにあたり、弦之丞とお綱はお久良の店、四国屋の船にこっそり乗せてもらうことにしました。献上品を入れるつづらの中に隠れていれば良いというのですが、それだけでは敵の目を欺けぬということで、弦之丞はとてつもない策を思いつきます。それは...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第6話 十年ぶりの再会

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第6話は「十年ぶりの再会」です。いや~これまたお綱の気持ちが切なかった~。弦之丞め、なんて罪な男なんだ。以下ネタバレのあらすじです。弦之丞一行は阿波を目の前にして大坂で足止めを食っていました。というのも、どうやら阿波の蜂須賀家に、弦之丞が公儀の隠密となって鳴門秘帖を奪いに来るとの知らせが入ったからのようです。そうそう、弦之丞の父親が弦之丞を...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第5話 中山道危機一髪

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第5話は「中山道危機一髪」です。いや~ようやく弦之丞の良さが分かってきました。って遅すぎでしょうか。以下ネタバレのあらすじです。今回は1話で登場した平賀源内(正名僕蔵)が再登場しました。そうそう有名人だから、あのまま終わりってことはないだろうなと思いながら、正名僕蔵さん、立花登青春手控えに引き続きまた医者役だ、などと余計なことを考えていたら...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第4話 悲しき慕情 見返りお綱がカッコ良過ぎ!

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第4話は「悲しき慕情」です。居眠り磐音以来、山本耕史さんの時代劇が大好きで、このドラマも大いに楽しみにしていましたが、ここでの山本さん演じる弦之丞はかなり物静かで今のところそれほど目立たないので、むしろ脇役の方がキャラ立ちしているように感じています。まあ「剣客」とはそもそもそのような人種であって、剣の腕(殺陣)さえ見事ならそれでよいのかもし...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 あらすじと感想 第3話 阿波への旅立ち

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】の第3話は「阿波への旅立ち」です。これは回を重ねるごとに面白くなっていきますね~。今から次回が楽しみでなりませぬ。以下、第3話「阿波への旅立ち」のネタバレのあらすじです。千絵に真相を知られまいとした腹黒な旅川周馬は甲賀屋敷に火を放ってしまいました。その上、弦之丞を誤解して切りかかった多市(市川知宏)が返り討ちに遭ったのをいいことに、多市を可愛...

  •  0
  •  0

鳴門秘帖 ネタバレと感想 第1&2話 運命のうず潮ほか

吉川英治さん原作、山本耕史さん主演の時代劇、【鳴門秘帖】を見始めました。普通のナレーションではなく、講談師の神田松之丞氏による講釈に加え、短筒を使う女すりやスローモーションシーンが「昔の時代劇」を彷彿とさせますね。第1話では、主人公の法月弦之丞(のりづき・げんのじょう)の人となりが曖昧な感じで今一つしっくり来なかったのですけれど、2話に登場した下っ引きの銀五郎(忍成修吾)の弦之丞に対する真心がひし...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》