このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<12  2017,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第31話 戦争の犠牲者(前編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の31話は「戦争の犠牲者(前編)」(Casualties Of War)です。「戦争の犠牲者」には登場人物のほとんどが当てはまりましたね。以下ネタバレのあらすじです刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回フォイルは2つの事件に取り組んでいました。1つは「破壊工作」(sabotage)でもう1つは「賭博」(gambling)です。


新しく赴任してきた警視監(assistant commissioner)のヘンリー・パーキンス(Michael Jayston)は破壊工作については何も知らなかったようで、賭博の撲滅こそ至上命令だと息巻いていましたが、フォイルは当然、前者により重点を置いていました


もちろんパーキンスも、海岸地域での破壊工作が何を意味するのかぐらいは理解できたようですが、いかにも居丈高な新参者にはチクリとやらずにいられないのがフォイルなのです


Not quite as serious as the gambling perhaps.
(破壊工作は)ギャンブルほど重要だとは言えませんが。


これはサムやポールも同様でした。さすがのフォイルも、サムの

Is the new Assistant Commissioner worse than the old one

には~大っぴらには~同意しかねたようでしたが、賭博の黒幕をやっつけた暁には警視監を追い払うと語ったポール(I'll get some names and then I'll make the arrest. And get the Assistant Commissioner off your back)には、すかさず「Thank you」と礼を言ったのがまた可笑しかった


そしてこの2つの事件はまたしても微妙につながっていたのです


まずポールの潜入捜査により、賭博の黒幕はヘンドリー(Shane Attwooll)という人物だったことが判明しました。そのヘンドリーの賭博場で、ポールは2組(3人)の人物に出くわします。


1人は数学教師のマイケル・リチャーズ(Kevin Doyle~モールズリー@ダウントンアビー)で、もう1組(二人)は、フランク(Gerard Kearns)とテリー(Harry Eden)のモーガン兄弟です。後者はヘンドリーに正体を見抜かれて襲われたポールを助けてくれた恩人でもあります


戦争で全国の学校が攻撃されて以来仕事を失ったマイケルは、時々自宅に子供たちを集めて教えてはいたものの、かつての情熱をすっかり失って、賭博に嵌っておりました。その額は取り立て屋が家に押しかけてくるほどです


妻のイヴリン(Abigail Cruttenden)が、国立物理学研究所分室でロンドンの海軍本部の直轄だという研究所で働いているのも大いに気に入らないようです。


イヴリンは事務職なのですが、研究所で扱っている分野にはむしろマイケルの方が詳しいらしいのです。研究所で兵器開発をしているヘンリー・タウンゼント(Dermot Crowley)の著書にも目を通していたようです。


このタウンゼントはケンブリッジの教授をしているそうで、フォイルとも顔見知りのようでした。フォイルは謙遜してご近所だと言ってましたが、以前の話からしても、学術的なつながりがあるのかもしれませんね


ある夜、いつもよりめかしこんで研究所を訪ねたらしいマイケルは、そこで何者かに銃で撃たれて帰らぬ人となってしまいました。この時の銃声を、犬を連れた男性=ジョージ・ウッドリッジ(Sam Beazley)が耳にして、警察に届け出ています。


が、タウンゼントはフォイルの取り調べに対し、研究所では何もなかったとこれを否定しました。でもその際、

「犬を連れた男性」

は勘違いをしたのだろうと答えたことで、フォイルとポールは彼が嘘をついていると見抜いたようです。通報者が犬を連れていたことは話していないはずだからでしょう。


実際には、銃声がしてからしばらく後にタウンゼントが研究所にやってきて、おそらくは研究員のハンス・リンダーマン(Søren Byder)とマイケルの遺体を運び出していたようです。そしてこれは、前述したフランクとテリーの兄弟に目撃されてしまいました。


このモーガン兄弟は、戦争で空き家が増えたことを良いことに、そこにこっそり押し入っては盗みを働いていたようです。が、ある日忍び込んだ家は空き家ではなく、スペイン人のホセ・デ・ペレス(Stanley Townsend)がいて、逆に兄弟を脅して自分の手伝いをさせることを思いつきます。それがおそらく「破壊工作」です。


破格の謝礼につられて、放火をしたり、電話線を切ったりとデ・ペレスの言いなりになっていた兄弟も、ある時爆弾を渡されたのには困ってしまったようです。特に弟のテリーは嫌がっていましたね。


どうやらデ・ペレスはその爆弾をタウンゼントの研究所に仕掛けるよう命じたらしい。それほど彼らの研究は、戦争の行方を大きく左右するものなのでしょう。


~だからこそ、マイケルは意気揚々と研究所を訪ねたに違いありません。自分にはタウンゼントが知らない秘策がある、とかなんとか言って。タウンゼント教授はブースロイド大尉(Richard Clothier)からかなりのプレッシャーをかけられていたようですが、マイケルはその辺を鋭く突いてきたのかもしれません。もしくは、イヴリンをめぐっての三角関係?ではないですよね~? この部分はいつもの妄想です、念のため


さすがのフランクも爆弾を仕掛けるのをためらっていたところ、デ・ペレスが折よくロンドンへ行ってしまったそうです。フランクはこの機に爆弾を処理し、今度はマイケル殺しをネタにタウンゼントを脅迫して金をゆすろうとしているようです。


その爆弾の被害に遭うのが、どうやらサムとジェームズ(Joshua Lewis)のようなのです


今回フォイルの家に、元上官ウォレスの娘で、フォイルが名付け親になったリディア・ニコルソン(Kate Fleetwood)が息子のジェームズを連れてやってきました。リディアは皆の反対を押し切って保険のセールスマンと駆け落ちしたため、父親が死んでも葬式にすら出席できなかったそうです。


しかもその夫だというロバートとはある時ぷっつりと音信が途絶えた上、息子のジェームズは、学校で空爆に遭って以来、失語症になってしまったのだとか。ロバートが今、トリポリで軍曹をしているという話もきっと眉唾ものですな


恥を忍んでフォイルを頼ったまでは良かったものの、そこでも招かれざる客だと察したリディアは、誰かに手紙を投函した後、ひとり、自殺を図ってしまったようです。


それがあなた(ジェームズ)のためなの


そう語っていたリディアは、予告を見る限りではまだ生きていたようですが?


ちなみに、フォイルがリディアにジェームズのことで助けを求めるよう勧めたアンナ・フロイトは有名なあのフロイト(ジークムント・フロイト)の娘であり、もうひとりのメラニー・クラインとともに当時大いに活躍した精神分析家です。フォイルの勧めに従って訪ねてみればよかったのにね。


さ~てこれらがどうつながってどんな結末を迎えるのか刑事フォイルは続きを見るのが楽しみですね刑事フォイルが面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

殺人を無罪にする方法(How to Get Away with Murder)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

殺人を無罪にする方法2 あらすじと感想 第1話 前に進む時

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法】(How to Get Away with Murder)もいよいよシーズン2がスタートしました。前シーズンを見たのは大分前のことだったので、あれこれ思い出すのに一苦労でございましたが、やはり面白かったですね~


以下、第1話「前に進む時」(It's Time to Move On)のズバリネタバレのあらすじです殺人を無罪にする方法2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、気になっていたレベッカ殺害の犯人はボニーでした。ボニーは、本人曰く、レベッカを生かしておいてはアナリーズのためにならない、とことに及んだのだそうです。


今のところ、これを知っているのはアナリーズだけです。レベッカが殺されたことはフランクも知っていますが、他の皆は、レベッカが殺害されたこともまだ知らずにいるようです。


シーズン1でも仄めかされていましたけれど、ボニーはおそらくバイセ〇シャルなのですよね。そして、アナリーズもまた同様だったことが今回明らかにされました。その相手=元恋人だった女性こそ、アナリーズがネイトに連絡するようメモを渡した電話番号の相手、弁護士のイヴ・ロスロー(Famke Janssen)だったそうです。


ふたりは、アナリーズがイヴを裏切ったことで破局したようでしたが、その友情と信頼は消えていなかったようです。(とはいえまだ断定はできませんが


一方でアナリーズは、新しい事件を引き受けようとしていました。クライアントはケイレブ(Kendrick Sampson)とキャサリン(Amy Okuda)のハプストール兄妹で、ふたりは、養父母を拷問の上殺害した容疑で訴えられていましたが、二人が犯人に違いないと証言した叔母のヘレナ(Joan McMurtrey)も、その後何者かに殺されてしまいます。ちなみにハプストール家はかなり裕福な家のようです。


ドラマでは、いかにもケイレブが怪しそうに描かれていましたが、これを鵜呑みにすることはまずできませんよね


そして2か月後、そのハプストール家から銃声が聞こえ、ウェスが飛び出してきた後、家の中で血だらけのアナリーズが倒れているシーンが映し出されますずばりネタバレしているのでご注意を♪。その間、いったい何が起きて、あのような結果に至ったのでしょうか?


Statistically, if you're going to be murdered, your killer will be someone you know an acquaintance, a friend, a family member Your lover.
統計的に殺人事件の犯人は、被害者の知人であることが多い~友人や家族、恋人。


アナリーズの声によるこのナレーションは、いかにもウェスが犯人であるかのように思わせぶりをしていますが、このドラマに限っては、だからこそ違う、いや、裏の裏をかいてそうだった、のか、まだ妄想すらできませぬ


妄想と言えば、今回つくづく思ったのですが、なぜアナリーズはあそこまでウェスを信頼し、庇うのでしょうか?もしかして、ウェスはアナリーズの隠し子だった、なんてことはないのでしょうか。なんちって


それはさておき、今回はもう1つの謎が提示されています。レベッカは生前、ミカエラの携帯から

"Eggs 911. Lawyer's house"
(エッグ911 弁護士の家)

にメールを送っていたそうです。


ミカエラは相手が何者なのか気になってならず、意を決して、何気ない風を装い「Hi」とメールを送りました。その後、相手から返信があったようなのですが、ミカエラはまだそれに気づいていません。


果たしてこれがどう本筋に関わってくるのか、こないのか、今後の展開が楽しみです


それ以外の細かいこともあっさり記しておきますね。一応見たままを列記しますが、それが真実かどうかは分かりません


ウェスは、レベッカが自分に黙って失踪したと考えているようです。誠意を尽くしたのに信じてもらえなかった、と気落ちしていたようですが、タイトル通り、前に進もうとしていたようです。


が、ローレルは、レベッカが死んだとほぼ確信していたようです。もし生きているなら警察に行くはずだから、行かないということは死んでいるということだと結論付けたようなのです。いやいや、どこかに監禁されてるかもしれんでしょうに


またコナーは、HIVポジティブとの告知を受けたオリヴァ―と同棲することにしたそうです。感染を防ぐための薬を飲み、それが効くまでの2週間はひたすら我慢?するのだとか。コナーはコナーなりにオリヴァーを真剣に愛しているのかもしれませんね。


そして、上でも触れたミカエルですが、どうやら出会い系サイトに登録しているらしく?そのページをフランクが見ていたのが印象的でした。フランクは何せ脛にいっぱい傷持つ身ですから()何気に鋭いローレルは止めて、ミカエルに鞍替えするつもりでしょうか


ネイトに関しては、前述したイヴが弁護を引き受けてくれたので一安心?というところですね~と思いたい


以上です。殺人を無罪にする方法2は、続きもとっても楽しみですね殺人を無罪にする方法2が楽しみ(^^)/


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]
見たいけど我慢我慢


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は殺人を無罪にする方法(How to Get Away with Murder)のレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ6 (the Good Wife S6)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ6 感想 第14話 心眼 なんじゃそりゃ

リーガルドラマ、【グッド・ワイフ6】の14話は「心眼」(Mind's Eye)です。


前回も相当ひどいと思ったけど、この14話に比べたらまだ語り甲斐がありましたよね。これはホント―に酷かったです。もう黙ってスルーしようかと思いましたが、それも癪に触るぐらい面白くなかった

とにかくつまらなかったと言いたかったikari

です


もう少し余裕がある時なら、苦笑いをして流し見できたかもしれませんが(実際あまりにもひどかったため、PCでこれを流しながら、ニューイヤー駅伝の録画を見ちゃった程)、今はドラマを見られる時間が本当に貴重で楽しみにしているので、こういうエピソードを見るとつい、

時間と労力を返せ

と言わずにいられませんikari。あれでは単なるマス〇ー〇ーションでしょうよ。あ、毒舌全開で申し訳ござらぬ


これまで平均以上に楽しませてもらったグッドワイフだからこれで済んでいますけれど、他のフツーに見ていたドラマなら、もう次は見ない、と切り捨てちまうとこですわbye


と、愚痴ばかりで申し訳ありません


本来なら何も言わず次に行くところでしたが、1つだけ記しておきたかったので筆を執った次第です


これまでずっと「重病」を売りにしてきたわりに元気そうだったケニングが、ついに危篤に陥りました。余命が残り少ないというのは本当だったのですね。ケニングの妻シモーヌは、今夜が峠だと泣いていました。それなのに、病室を訪ねてくるのはアリシアだけで、他には誰も顔すら見せない、というのが、また何とも切ないですね


憎まれっ子世に憚る、の言葉通り、もう少しあの憎たらしいところを見せてほしいものですが。


シモーヌに「祈る」よう請われてそうすると約束したのに、無神論者だから祈れないと語ったアリシアに代わり、おばさんが祈りたいと思いまする。


今回は以上です。あ~次はもう少し面白いといいな~もう本当に祈りたい気分でござる


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ6 (the Good Wife S6)のレビュー一覧」でお読みいただけます

カルテット
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

カルテット ネタバレと感想 第1話 「偶然」に隠された大きな秘密とは?

坂元裕二さん脚本のラブ・サスペンス?ドラマ、【カルテット】も覗いてみましたカルテットのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


以前の坂元さんの作品=いつ恋にも見られた、おばさんからしたらどうでもいい(どっちでもいい)ように思える会話のやり取りは少々長く感じられましたが全体としての雰囲気は悪くなかったです


会話そのものよりも、役者が醸し出す雰囲気が良かったのでしょうか。何せ、松たか子さん、満島ひかりさん、松田龍平さんに高橋一生さん、という豪華な布陣なのですからね


そこにイッセー尾形さん、もたいまさこさん、そして期待の若手、吉岡里帆さんとくれば、期待しないほうがおかしいですよね。以下、ネタバレのか~なり簡単なあらすじですネタバレですのでご注意を♪


冒頭でも触れたように、このドラマは(ラブ)サスペンスに分類されるそうです。そのミステリアスな雰囲気は最初のこのシーンから既に始まっていました巻鏡子(もたいまさこ)という老婦人が、道端でチェロを弾いていた世吹すずめ(せぶきすずめ~満島ひかり)に近づいてこう語ったのです


この写真の女性と友達になってほしい


その写真の女性の名は巻真紀(まきまき~松たか子)。後に判明したところによると、同姓のこのふたりは嫁姑の間柄のようです。


またこれは最後に明かされましたが、真紀曰く、夫の巻がある日突然失踪してしまったそうなのですが、姑の鏡子はこれを否定~息子は嫁に殺されたのだと訴えました


鏡子はその証拠をつかむために、チェリストのすずめに真紀に近づくよう頼んだそうです。ちなみに、真紀はヴァイオリニストです。


ここに、家森諭高(いえもりゆたか~高橋一生)と別府司(べっぷつかさ~松田龍平)という男性二人も加わりました。4人は「偶然」カラオケボックスで出くわしたことになっていますが、実際にはそうでないことは、ドラマを見れば明らかです


すずめはもちろんのこと、美容室でアルバイトをしているヴィオリストの家森と、「ふくろうドーナツ」で働いているセカンドヴァイオリンを担当する別府もまた、真紀の様子を伺っていたのです。ちなみに別府の祖父は世界的指揮者だそうです。


4人はこの出会いをきっかけに「カルテット」を結成することにしました。その名も「Doughnuts Hole」(ドーナツの穴)。


~このドラマの主題歌「おとなの掟」(椎名林檎)を歌っているのも「Doughnuts Hole」という限定ユニットだそうです


4人は、別府の祖父が所有している軽井沢の別荘で、寝起きもともにすることになりました。


その軽井沢で、4人は「余命9カ月」を標榜するピアニスト=ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)に出会います。演奏するのにちょうどいいと目を付けたレストランは、瀧田が専任で演奏しているのだとか。


相手が病人なら仕方ない


そう思って諦めようとしたところ、普段は大人しくてその声さえ聞こえないほどの真紀が、思いもよらぬ行動に出ました。真紀が言うには、瀧田は5年前も「余命9カ月」を売りにして、東京でコンサートを開いていたのだそうです


真紀がレストランのオーナーに真相を話したことで、4人は瀧田の代わりにそこで演奏できるようになりました。


後味が悪い


気乗りのしない仲間たちに、真紀は本音をぶちまけます


今まで夫と幸せに暮らしている風を装っていたけれど、その夫は真紀を「愛してはいるけど好きじゃない」と後輩に語った後、行方をくらましてしまった。音楽だけで食っていけるほどの才能はない。私には戻るところなどどこにもない


後半は皆も同様です。4人は30代でまだ夢を叶えられず、

「人生のピークに辿り着くことなく、ゆるやかな下り坂の前で立ち止まっている者たち」

なのです。これはまた絶妙な表現でござりまするね(公式サイトより引用)。


ミステリー部分ももちろんのこと、この4人なら恋愛模様も楽しめそうです。いったい誰がどんな嘘をついて、何をしようといるのか?


謎がいっぱいのカルテットは来週の放送も楽しみですねドランクエストもよかった♪



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はカルテットのレビュー一覧」でお読みいただけます

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第30話 クリスマスの足音(後編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の30話は「クリスマスの足音(後編)」です。


いや~前回あれで全部語ったと思っていたのに、1つだけ、しかも肝心な点が抜けていました。大体妄想が膨らむ時は危ないんですよね~自分の妄想ですっかり盛り上がって、大事なことを見逃しちまいます


と、言い訳はこれぐらいにして、早速その抜けていた点を補充しますと、前回フォイルが闇商人のブライアン・トレメインを逮捕した際、巡査たちが、押収に来たはずの「証拠品」を盗み食いしていたため、ポールが厳しく叱責したのです。さすがに「七面鳥」には手が出せなかったようですが、他の食料品の少しぐらいは食べても構わないだろうと思ったようです。


その時の巡査のひとり、ピーターズ(Alexander Perkins)は、いかにも不服そうにしていました。前回は、戦時下ゆえに警官でさえもその道義心が薄らいでいるという象徴だと思っていたのですが


これを踏まえた上で、以下早速ネタバレです刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回の予告で、ポールを「犯人」呼ばわりしたのは運転手のスタンではなく、ARPのサム・ブラッドショー(John Nettleton)という監視員でした。前編で、ジェーンが殺された際に見回りをしていた人物だそうです。


ブラッドショーがポールを犯人だと言ったのにはからくりがあったそう~前述したピーターズがブラッドショーをそう言うように仕向けたのです。ピーターズはブラッドショーを迎えに行き、彼がポールを犯人だと思い込むようその特徴を吹き込んだらしい。その上ピーターズはポールの家を捜索するにあたり、ポールのシャツにジェーンの血液を塗っておいたのだそうです。ピーターズは以前、ジェーンの遺体の回収にもあたったそうです


まったく~これでは盗み食いどころの話じゃありませんね警察も地に落ちたな( `ー´)ノ


ピーターズは、ポールとともにブライトンで訓練を受けたのに、ポールが先に巡査部長になったことを秘かに妬んでいたようです。でもこれにはフォイルがすぐに気づいてピーターズを詰問しました


フォイル:
How far did you mean it to go? The hanging?
どこまでやるつもりだったんだ?吊るし首か?


さて次は、ジェーンとグレース殺しの犯人です。やはりグレースも事故ではなく「殺害」されていたそうです。二人を殺したのはハリーでした


ハリーはもともと金庫破りを企んでいたらしく、そのために必要なニトログリセリンをグレースに工場から盗ませたそうです。が、グレースが後に難色を示したため、グレースが邪魔になったハリーは、やはりあの朝、グレースが飲んでいた貧血の薬に、殺鼠剤に使われるストリキニーネを混入したのだそうです


ハリーは、出勤途中に死ぬかと思ったのに、都合よく「爆死」してくれたとうそぶきましたが、グレースも負けてはいなかったというのがせめてもの救いでした。なんとグレースは、ニトログリセリンではなく、ただの「グリセリン」を着色してハリーに渡していたのだそうです


その後ハリーは、グレースの死を不審に思ったジェーンに問い詰められたため、ジェーンをレンガで撲殺したそうです。やはりあの封筒には、グレースが美容院勤務時代に姉のように慕っていたジェーンにハリーの盗みのことを相談した手紙が入っていたそうです


ハリーはそればかりか、偶然車の修理に立ち寄ったサムが警察関係者だと聞いて逆上し、これをなだめようとしたエリックまで刺し殺してしまいます。サムは命からがら逃げだして、フォイルに知らせに行きました


追いつめられたハリーは、モリーの美容室に立てこもり、そこへやってきたフォイルも巻き込んで自爆しようと試みますが、上で触れたように、ハリーが手に入れたのはただの「グリセリン」だったので、爆発するはずもありません


Nice sense of humour, though.
(グレースには)ユーモアのセンスがあったな


グレースの大家であり、修理工場でのハリーの雇い主でもあったネヴィル・ジョンソンが言うには、ハリーには、何をしでかすか分からない危うさがあったのだとか。そう思ったのなら、ハリーとの交際を止めるよう店子のグレースに忠告してあげたらよかったのにね


また、弾薬工場のアドルフことベイカー工場長の「秘密」も、蓋を開けてみれば可愛いものでした。ベイカーは、グレースの母親は既に亡くなっていたのに寄付を集め、それを懐に入れたのだそうです。も~いったいどんな秘密があるのかと、妄想逞しくしていましたのに苦笑いです


そして気になっていた七面鳥はと言えば?肝心の七面鳥の行方やいかに?


フォイル:
Well, your accidents are very helpful.
君の「事故」はとても役に立つ


サム:
Are they, sir? I'll have to arrange some more, then.
本当に?それならもっと起こすようにしなければ


偶然とはいえ、車の故障とグレースの母親に関する報告(娘の葬儀への欠席)という手柄を立てたしたサムは、そのご褒美?として、無事、七面鳥にありつけることになりました。フォイルは判事に電話をし、「証拠品」は七面鳥の写真で代用し、現物は疎開してきた子供たちに振る舞う許しを得たのだそうです。いかにもフォイルらしい実に粋な計らいでござりまするね


In the circumstances I thought, much as you did, what a waste of a turkey.
君がさんざん言っていたように、私も、この状況下で七面鳥を無駄にするのはもったいないと思っただけだ


毎日覗いていた証拠保管室から七面鳥が消えたことで、自分が疑われたのではないかと慌てたサムが、自分もその相伴にあずかれるという僥倖に大喜びした顔が忘れられません。またブルックが、ちゃんと知ってるくせに、わざとサムをからかったのも楽しかった


Well, I wouldn't like to say. But I can tell you, he had steam coming out of his ears.
言いたくはないけれど、警視正は頭から湯気を出してお怒りだ


サムと言えば、フォイルとのこのシーンも楽しかったですね


サム:
You have a look. A sort of "Cry havoc, and let loose the dogs of war顔見ただけで分かりますよ♪." That's Julius Caesar.
その顔は何かに気づきましたね。例えるなら「雄たけびを上げて戦争の犬を逃がせ」でしょうか。ジュリアス・シーザーです。


フォイル:
It's "slip". It's, "Let slip the dogs of war."
(「逃がせ」じゃなくて)「解き放て」だ。正しくは「戦争の犬を解き放て」だ。


できることなら、サムが七面鳥の足にかぶりつく顔も見たかったけど、それはお得意の妄想で補うことにいたしまする


街ではクリスマスのベルが鳴り、人々は心から「平和」を待ち望んで声を掛けあいましたHappy Christmas! And you.


何とも陰惨な事件ではありましたが、何とか無事に解決できて良かったですね。刑事フォイルは続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

デビアスなメイドたち(Devious Maids)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

デビアスなメイドたち3 最終回 ネタバレと感想 それぞれの試練

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち3】(Devious Maids S3)の最終回は「それぞれの試練」、原題は「Anatomy of a Murder」で、直訳すれば「殺人の解剖学」ですが、同名の映画(邦題は「ある殺人」)もあったようです。このドラマのことですから、きっと後者を意識したものと思われまするが。


いや~、これまでこのドラマを舐めてました。つまらないわけではなかったけれど、本格推理ドラマとはお世辞にも言い難かったし、毎回軽~い気分で見ていたのが、最終回でドカーンとやられた気分です。以下ずばり、真犯人のネタバレです


なんとですね~、ルイ・ベッカーとブランカを殺したのは、女たらしのセバスチャンだったのだそうです!?


でも、よくよく考えてみれば、ブランカが見つかったのはセバスチャンが見つけてきた屋敷でしたし(分かりやすすぎるとも言える)、あの背格好も、ジェシーを省くと他にはいない、ましてや、テイラーと浮気していた、となると消去法で、とっくにセバスチャンに辿り着いても良かったのですよね。「刑事フォイル」にかける情熱の半分でも、いや、1/10でもこちらに注ぐべきだったと後悔&反省しきりでござりまする


自分としては、セバスチャンという人間はある意味エイドリアンと同類~一見悪そうでも中身は小心者なため、思い切った悪事は働けない2.5枚目役だと思い込んでいたのでござる。もしくは、単なる口先だけの「たらし」だと。


それが実は、誰よりも金に汚い極悪人で、オリヴィアから雇われてはテイラーをたらしこみ、その浮気の現場を、こちらはマイクから雇われてテイラーの浮気現場を抑えに来たルイ・ベッカーに見られたため、こともなげにベッカーを殺した上、置き場所に困った遺体を、スタッポード家のリビングでバラバラにしてしまったのだとか


人を殺したその手でカルメンを抱き、真相に辿り着きそうになったブランカを誘拐。エイドリアンに勧めるつもりの屋敷に監禁した上、逃げられそうになったからと、これまた自殺に見せかけて殺す!?デビアスなメイドたち3、最終回のネタバレあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


も~こんな極悪人が登場するドラマだったとは思いも寄りませんでした


しかもこの極悪人、最後は、真相に気づいた皆を殺そうとして、逆に自爆してしまいます。「皆」とはマリソルにカルメン、パウエル夫妻にマイクの5人です。


マリソルはテイラーから事実を聞き出し、カルメンは、セバスチャンの家でブランカに貸した自分のドレスを見つけました。パウエル夫妻は、エヴリンが離婚すると言い出したのをエイドリアンが拒否し、家を売らないと言い出したため、手数料が手に入らなくなったセバスチャンが逆上し、金を出すよう脅したのです。マイクは、エヴリンを脅されて屈したエイドリアンから金を用意するよう呼ばれてパウエル家にやってきたところを捕まりました。


セバスチャンは彼らを一堂に会し、エイドリアンの「趣味用の手錠」で拘束しました。ちょうどエヴリンが、エイドリアンが離婚に応じないならパウエル家のシベリアと呼ばれている東棟へ追いやると、エイドリアンの荷物をまとめていたのがまたナイス?タイミングでございましたね


これが「おもちゃ」だと知ったマリソルは、早速カルメンのヘアピンでこれを外し、カルメンと共謀してセバスチャンをやっつけますこの極悪人め!。カルメンがセバスチャンに色仕掛けで迫っている隙に、マリソルがセバスチャンを殴り倒したのです


が、その後警察を呼んで皆が避難した後、ただひとり、エイドリアンだけが屋敷の中に留まっていました。どうやら、亡き息子バレットとの家族写真を取りに行っていたようなのですが、そこで意識を取り戻したセバスチャンが、こちらもまた「趣味」の電流を流す小道具を床に落としてしまった勢いで流れた電流がガスに引火し、パウエル家は大爆発を起こしてしまいます


~ここはあまりの過激さに、思わずデス妻のセスナ機墜落シーン(S6#10)を思い出してしまいました~


果たしてエイドリアンは無事だったのか~個人的には結構好きなキャラだったので、憎まれっ子世に憚る、と、是非しぶとく生き残ってほしいものです


生き残ると言えば、ヘクターに襲われたスペンスは、大影はしたものの無事生きていました。が、最近の記憶を失ってしまったらしく、ロージーのことをすっかり忘れてしまっています


ショックを受けたロージーをエルネストが優しく慰めました。彼はいい奴だ。記憶が戻るまで根気よく話しかければいい。


が、スペンスは、記憶が抜け落ちる前の「妻」=ペリを呼び戻してしまいます。ペリもこれ見よがしにスペンスに寄り添い、ロージーは再び「ウエストモア家のメイド」扱いされてしまいました。


一方のエルネストは、ロージーに言われた言葉が余程ショックだったらしく、単身メキシコに戻ってケリを付けると語っていました。でも、おそらくはヘクターを殺してしまった今、メキシコに戻ることは「死」を意味するはずなのに、ロージー、黙って彼を行かせちゃっていいんですかね~エルネストも可哀想vv。確かにエルネストは罪を犯したけれど、それが死に値するとは思えません


さて最後はゾイラです。


ゾイラはジャンヴィエーヴとカップルセラピーへ行きました。が、そこでもまた主導権が握れなかったゾイラは憤慨し、もう二度と行かないと言い放ちます。その興奮がたたったのか、それとも帰りのエレベーターが止ったショックが災いしたのか、ゾイラは急に産気づいてしまいました


それまでは悪態をついていたジャンヴィエーヴも、親友ゾイラのために~悪態は止めませんが~ハイヒールを脱ぎ、その高いヒールを使ってエレベーターの扉をこじ開け、そのわずかな隙間からスリムな体で外に抜け出し、助けを呼んできたそうです


I've been dieting my whole life for this!ジャンヴィエーヴ、でかした!
この日のためにダイエットしてきたのよ!


本当にこの人には脱帽です。さすがのゾイラも感動せずにいられませんYou were amazing today.(今日のあなたは素晴らしかった)


こうしてデラトゥア家に戻ることを約束したゾイラが、いざ出産という時になって、容体が急変してしまいます。どうやら羊水塞栓症を起こしてしまったらしいのですゾイラ、頑張れ!


We'll do our best to save them both. But you need to tell me who to prioritize Zoila or her baby.
母子ともに助けるようベストを尽くしますが、万が一の場合、ゾイラと子供のどちらを優先させるかを決めてほしい


医師の宣告を受けたジャンヴィエーヴは、果たして何と答えるでしょうか?本来なら、もちろんゾイラ、と言いたいところでしょうが、もしかしたら、ゾイラなら子供を優先してほしいというに違いない、との決断を下さないとも限りませんよね。どちらも助かってくれたらよいのですが


またテイラーは、自分からケイティを取り上げたマイクを、ブランカとベッカー殺しの犯人だと警察に通報してケイティを奪い返し、ふたりで逃亡してしまいました。今ではアビー・パーカーと名乗っているようです。ちなみにケイティは、よほどロージーが気に入ったのか、ロージーを名乗っておりました


以上でござる。


デビアスなメイドたちはシーズン4が最終シーズンとなるようです。放送終了後に打ち切りが決まったというのが懸念材料ですが~まずは放送が待たれるところですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はデビアスなメイドたち(Devious Maids)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング