このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

愛しの金枝玉葉 最終回~最高のハッピーエンドに大満足♪

韓国ドラマ、愛しの金枝玉葉~とうとう今日が最終回でした。今日はあえてあらすじは語らず、おばさんの感想なんぞを述べさせていただきたいと思います。よろしければおつき合いくださいますように


このドラマ「愛しの金枝玉葉」にでてくる登場人物には、誰一人として完璧な人間がいませんでした


現実社会と同じように、間違いも犯すし、わがままも言う、自分勝手で思いやりのない人間達が、相手を傷つけ、そして傷つけられながら、1つ1つ、他人を思いやる気持ちを身につけ、自分の弱さを克服して行く過程を描いた、そんなドラマだったのだと思います。


そして、そのプロセスをイライラしながら見ているうちに、オバサンまで1つ1つ何かを学ばされたような気持ちにさせてくれたドラマでもありましたムフフ


このドラマは「父親」に主眼を当てたドラマだと聞いていましたが、オバサン的には「母親」に注目したドラマでもあります


まともな人間とは思えないほどひどい母親だったヨンジュ、幼い時に子どもを捨てて逃げたというインスン、若くして子どもを身ごもってしまったボリ、賢いワーキングウーマンのジュリ(セラ母~彼女はまともでしたね)、そして、自分と同じように捨てられた子どもの母になろうと決意したイノ


この女性たちが、苦しみ、悩み、悲しみながら、懸命に「母」として生きようともがく様子が、途中かなりイライラさせられたものの、いざ、この最終回を迎えてみると、不思議にどっしりと心に残っていることに気づかされます


もちろん、父親達の苦労も見逃せませんでした。自分の子ばかりか、親友の子どもにも心を配っていたイルナム、ふたりの幼子を抱えて困窮していたチョンソル、突然の子どもの存在に胃に穴まであけたシノ、そして、おばさんが最高に気に入ってたジュンソク(セラパパ)


あ、シングルマザーの子どもに生まれて苦労したというドンウもふたりの父親になるそうで、本当にようございました


こんな2つの家族~今ではいくつの家族になったんかいな?~が、最後にはみ~んな幸せになってくれたのが、おばさんにはこの上なくうれしかったデス。未だに一人のセラも、きっとそのうちに良いご縁に恵まれることでしょう。心から愛した人の幸せを心から願えたアナタですから


シミジミ、こちらもひとりで幸せをかみ締めながら、テレビに向かってお礼を言ってしまったオバサンなのであります~視聴させていただきましてありがとうございました


またこんなステキな家族に出会えることを願って、「愛しの金枝玉葉」~最後のレビューを終わらせていただきたいと思います。とっても楽しかったです。これまでおつき合いくださいました方々にもお礼申し上げます。どうもありがとうございました。kaeru


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

愛しの金枝玉葉~第52話 子を想う母の心が切ないです

韓国ドラマ「愛しの金枝玉葉」もあと2回で終わりだというのに、最後の最後までイライラさせてくれますよね


でも、オバサンはこの52話になんだかえらく感動してしまいましたのデスムフフ


もちろんね、あのチョンソル・ハルモニの言い草には腹が立ったんですが~アンタも人の親ならインスンの気持ちを理解しようとせんかいっ!ikari!、 それよりも、子どもを思う母の愛~にすっかり心を打たれてしまったのであります


インスンだって、そんなに身勝手な人間じゃないと思うんですヨ。もしイノ達がいなければ、夫の親友の窮地を救うぐらいのことは理解できた人なのではないかと思います。でなければ、経営者としてやってこれなかったと思うんですよね


そして、あのハルモニがあれほど怒っているのも、子どもをインスンたちに殺されたと思い込んでいるから


これがもし他人事なら

「それぐらいで自殺する方も心が弱すぎたのかもしれない

ぐらいは考えられるんじゃないかしらね? あのおばあさん、とっても物分りが良さそうでしたもの。


でも、いざ、これが我が子となると、話がゼンゼン違ってまいります


わが子のためなら、たとえ幼子を3人も抱えた夫婦が家を失って路頭に迷ったとしても、全財産を差し出すべきだ、と他人には言えちゃうんですから


そして、わが子のためならば、どんなに口汚く罵られようと、じっと耐えることができる


幼い頃に母を失って、母親離れができていないイノと、自分が実際に2人の子どもの父親であるチョンソルとの違いも浮き出てきてますよね。まあ、男女の違いもあるでしょうけど。


母親の愛っていうのは、悪く言うと「近視眼的」~他の言葉で言うと・・・あ、こっちは差別用語だから止めておきましょうね。とにかく、我が子が一番!って感じなんですものね。


今日、奇しくもインスンがこう言ってました


「自分の子どものことばかり考えてしまったばかりに、かえってあの子たちを不幸にしてしまった」


相変わらず、深いドラマでやんすね~ムフフ。つくづく考えさせられちゃいます。


そして今、もうひとりの母親であるボリもまた、新たな決意を固めたようでございます。実家を手伝いたいと言っていたことからも、どうやらドンウとシカゴには行かず、ひとりでドユンを育てようと決心したようなのですが。。。


あ、「母親達」には感動してイライラを忘れてしまったおばさんですが、ボリとシノには相変わらずイライラしちゃいました


「どうしてもっと自分の思いを語らないっ?」


シノは、「お前とやり直したかった~でもあきらめた


あきらめんの早すぎやんっ!!


ボリは、「オッパがせっかく結婚してくれるって言ったのに逃げた。セラさんとやり直してね!


「なんで、心にもないことを言うんだっ!!」


かっこ悪くなってもいい、自分勝手と罵られてもいい、どーしてあんた達は自分の気持ちを正直に言わないっ??


「お前とやり直したかった~どうしてもあきらめられない!


「オッパがせっかく結婚してくれるって言ったのに逃げた。セラさんのところへは行かないで!私と一緒にやり直して!!


なぜ、そう言えないのかしらね~。たとえそれが「相手への優しさ」なのだとしても、せめて一度はきちんと自分の想いを伝えなくちゃ!!じゃないと、またいつかきっと後悔するし、結局はまた違う人を傷つけることになるよっ!! 以前は胃に穴があいちゃったシノだけど、変わったって言ってるんだから、一度ぐらい試してみたらいいのに


先に何が待っていようと、まずは自分に正直にならなければ、自分も相手も幸せにはできない~とおばさんは思っちまうんですがね~。まあ、正直すぎるのも困りモンですが


さてさて、一体どうなりますことやら?とりあえずは彼らの行方~最後までシッカリ見届けさせていただきましょうkaeru4


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

愛しの金枝玉葉~第50話まで コレが最後の試練?

韓国ドラマ、愛しの金枝玉葉も第50話です。今日はようやくチョンソルが真実を知りました。今日は感想なども交えながら少しあらすじを語らせていただきたいと思います。


「あの男が来た!


憎々しげに息子の仇のことを話す祖母。どうしてこの家が分かったのだろう?


一方、子供達はうれしそうにこう言って聞かせますgirl1~今日はおじいちゃんが来たんだよboy6


この時、チョンソルの脳裏にはこれまでの様々の事柄が浮かんだでしょうね。


ふたりが同じ名前だということ。イノという名前は父の親友の息子(婚約者)の名前だったと言うこと。ふたりの父親がともサックスを吹いていたと言うこと、などなど。。。


まさか!kaeru1


今まで気づかなかった方が不思議でしょうヨ。まあ、あの最悪女のイライラと、その後の開放感&結婚できる喜びで、そんなところまで気が回らなかったんでしょうけどね。


「お父さんの名前は何ていうの?」


急ぎ、イノに電話して確かめます。その名前は、祖母が憎々しげに口にしたあの名前=イ・イルナム


イノは、父の親友の死には母親が関わっていたと言っていた。一体何が真実なのだろう?


意を決したチョンソルはイルナムを訪ねてやってきました。


「イ・ジンスのことでお尋ねしたい事があります」


そこへインスンもやってきました


イルナムはあなたの父親ジンスを助けるために全力を尽くした~保証人になって借金もした。挙句の果てに家まで手放そうとした。


「小さな子どもを3人も抱えて路頭に迷うわけにはいかなかった!


インスンもまだまだ若くて必死でした。ジンスにあらん限りの罵詈雑言を浴びせたのだと言います。


「私があんなことを言わなければジンスさんは死ななかったのかもしれない」


自分たちも家族がバラバラになって口には出せぬほどの苦労をした。チョンソルとイノが出逢えたのもジンスの導きだろう。どうか自分たちを許してはもらえないだろうか。


チョンソルも~頭では分かっているでしょう。何より彼らは「愛するイノ」の両親なのですから。


それでも直ぐに返事をすることができません。ここは少し時間がかかりそうです。イノは何年も仇と思っていたその人の娘だったのですから


そしてセラはと言うと、こちらはなかなか良いストーリーでしたね。セラ父(ジュンソク)が家族を連れて軍事訓練場のようなところに来ているんです。


なぜこんなことをするんだ~そう尋ねるセラに、家族みんながこう叫びます


「お前を愛している!」


kao10


~正確にはコレを叫んでダイビング(ロープ付)しています~


コレを見たセラはようやく気づいたようですね。自分だけが苦しんでいるわけじゃない。愛されていないわけじゃない。この家族の愛を無駄にせず、しっかりと生きていかなくては!


また、ボリも実家に戻ってきました。


言うに事欠いて「ボリを愛してはいない&まだセラのことが忘れられない」と語ったシノも、ボリの故郷に追いかけてきます。


どうしてシノはそんな余計なコトを言うのかしらね?


「ドユンを産んでくれたお前に感謝している。これから一生かけてお前とドユンを愛していく」


そう言えばいいだけなのに


ドンウは可愛そうだけれど、彼のボリに対する愛情が、もしかしたらシングルマザーで自分を捨てた母親への執着、そして自分たちを捨てた父親への反抗などの裏返しなのだとしたら、ボリと結婚する前に、ドンウ自身が整理しなくちゃいけないことがありそうな気がしています。


心の隙間を埋めるために寄り添うことも大切だけれど、このドラマは、ふたりで生きるにはひとりでも生きていける勇気と力が必要だ~そんなことを教えてくれているような気がするんです


いよいよ最終回まであと4回を残すところとなりましたね。どうやらもうヨンジュの心配はしなくてよさそうですし、彼らが最後にどんな成長を見せてくれるのか~楽しみでございます。kaeru


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

愛しの金枝玉葉(46話まで)~喜んでばかりもいられません!

愛しの金枝玉葉、全54話中46話まで来ました。順調に行けば5/6が最終回になるらしいです。


先週、あの元妻ヨンジュが意外にもあっさり手を引いてくれて、イノとチョンソルが再び付き合い始めたこと~しかも、チョンソルがまたプロとして音楽事務所と契約したこと、などに単純に喜んでいたオバサンでした


でも今日の放送を見る限りでは、どうやらそう喜んでばかりもいられないようなのデス


まずはイノとチョンソルの復縁について~こちらはイルナム(父)とスッキ(叔母)が猛反対!ikari


「おまえは記憶をなくしたのか!?」


~ちゃうちゃう、それは王様@イ・サン


いくら、幼い子供達friends1から見捨てられたとは言え、あのヨンジュが大人しく引き下がるとは思えませんよね。これって疑りぶか過ぎなのかしらん??


そして~相変わらず騒がしいのがセラ・シノ・ボリのところ


シノは自分の体験からも「子どもを父なし子にはできないと言い、モリモリが生まれる前、ボリに「目の前から消えろ」とまで迫ったセラは、シノを取り戻すためにモリモリを引き取ろうとしています。


~ダメっ!虐待されちゃうっ!!ってそれはMother


インスンから全てを打ち明けられたイルナムたちは、家族揃ってモリモリに逢いに来ちゃうんです。モリモリに新しい名前=ドユンを携えて。


「ドンウの立場はどうなんのよっ!!」


んもう最後のほうでは、オバサンの怒りがまたしても炸裂しちゃいました。kakutogi


20歳そこそこの女の子が、愛し合ったと信じていた男性との子どもができて、でも本当はちっとも愛されていなかったことに気づき、断腸の思いで堕胎を決意したものの、子どもがかわいそうでそんな残酷なコトができなかっただけなんですよnakigao


今さら産みたいといってもシノや家族に迷惑をかけるだけだからと、ひとりで苦労しながらようやく無事に出産できたというのに、それを勝手に探り出した人間達が、なぜボリに対して


「勝手なコトをして


と怒れるのか~おばさんには到底理解ができませんbye


勝手なコトをしているのはあなた達のほうでしょう。自分たちの孫や甥にあたる可愛いこの子を、ボリが殺さずに無事産んでくれたことに感謝する人は誰もいないんですか??ikari


何の力にもなってあげられなくて本当にごめんね


そう謝る人は誰一人いないの??


いくらイノが「母親アレルギー」だからと言って、そんなんであの子供達の良い母親になれるのかしら?そこだけはヨンジュの言うとおりだと思うんですよね~母親に恨みを抱いたままで他人の子を育てられるのかって。


ボリも結局は未だシノへの未練を捨てきれていないようですし…


この際ですからこんな案はどうでしょうね?kaeru4


1)モリモリあらためドユンはイルナムとインスンが引き取って育てる

2)ボリは晴れてひとりになって、自分を愛してくれるドンウと一からやり直す

3)シノはセラと復縁する


好き嫌いは別として、それが一番良いような気がするざんす。でもボリが納得しないでしょうね~。ふうっ


あっちが片付けば今度はこっちが~って、火種がくすぶっているうちは仕方ないです。


そしてもう1つ残されている大きな火種


チョンソルの父親が何故死んだのか~チョンソルハルモニは何を「誤解」しているのか~その誤解が解けてチョンソルとイノが一緒になれるのはいつなのか~。


元妻ヨンジュも片目で見張っていなくちゃいけないでしょうし~これはまだまだ気が抜けません


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

見ててよかった「愛しの金枝玉葉」(第44話)

韓国ドラマ、愛しの金枝玉葉~最初の頃はテンポよく進んでいたのが、中盤、あのイライラ女sのおかげでかなり血圧を上げてもらっ(ってちょうど良くなっ)たオバサンです。きっと途中リタイアした方も少なくなかったことでしょう。う~ん、分かるわかるその気持ち!


でも、ようやく今日、久しぶりに歓喜の声をあげてしまいました!


やったぁ~!チョンソル~イノ~おめでとうっ!!


kao10


でも、さすがに単純なオバサンでも、まだあと残り10話もあるのにこのまま無事に済むはずなどないと十分承知はしておりますデス。ハイ。あの最低女だって、いつまた気が変わるとも知れませんkowai


ただね~もう、うれしくて!あの最低女と偽善者女がそれなりの報いを受けているのかと思うと、やった~!な気分でいっぱいなんでやんす。


dance


あとは~、明日イルナムが真実を知って、シノをぶんなぐるっboxer6!!とはならないんだな、きっと。セラ父でさえ「おまえの知らないところで生まれた子どもだから責任を取る必要はない」な~んて言ってる位ですもの


ポイントはそこじゃないっしょ!!


でもって、イルナムもインスンに謝って、一緒に「もうひとりのイノ」の居場所と正体を突き止め、そこでまたハルモニの猛反対に逢い・・・あ、やっぱり単に喜んでばかりはいられないかも・・・kaeru1


ま、いいってこってす

今日ぐらいはよろこんじゃえ!!  


ボリも~


「子どものため」じゃなくて、本当に自分を愛してくれる人を選ぶんだよ!!それが結局は子どものためにもなるとオバサンは信じてるからね~!!ガンバレ!!ikari


ああ、すっきり


これで今日も楽しく善徳女王が見られそうですpeace。あ、IRISは視聴が済み次第書くつもりで~す。確実に明日以降でございます。IRISアイリスkyaaとさんざん騒いでおきながらお待たせして申し訳ありません~。でも、じ~っくりゆ~っくり、謎解きしながら見たいので、もうちょいお時間をばくださいますように


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

愛しの金枝玉葉~第43話~なぜあそこで止めた?!

韓国ドラマ~愛しの金枝玉葉。こちらも観ると書かずにはいられない、語らずにはいられない、おばさんは、もう韓ドラマジックにかかりっぱなしでやんす。それにまた、あのジウとウヌが可愛くて可愛くてfriends1


とは言え、そうそうカラダもついてかないので、今日はちょいと短めに言いたいことだけ言うざんすkaeru4


まずは、チョンソルに


「なんで(毒薬~農薬?を飲むのを)止めたっ!?ikari


そして、イルナムに


「なぜそこで息子の名前を聞かないっ!?


そして、チョンソルハルモニに


「なぜ、一応はイルナムの話を聞かないっ!?おばさんは聞きたかったikari~ジンスが亡くなった本当の理由を!」


最後にボリに


「今さらシノを選ばないよね??」


と、以上でございます。と、これではとてもレビューとは言えませんね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング