ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック! ネタバレと感想 4~9話まで

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】はようやく9話まで視聴しました。これがちょうど先週分で、週末に一気見した後、急に忙しくなってしまい、その後はまだ手付かずの状態です。も~続きを見るのが待ち遠しくてならぬほどです


でも、今は見るより語りたい方が先なので、とりあえずは先週分の心に残った名場面をいくつかピックアップしたいと思います。もう1週間も経っているので&録画は消してしまったため、多少詳細に難あり、否、誤解があるかもしれませんが、その辺はテキトーに流してお読みくださいね(もしくは優しく教えてくださいませね)。


まずなんといっても特筆すべきはムニとジュナの麗しき親子愛でした


ムニの実家、ナ家は代々「大食い家族」として有名で、ムニもまたその後継者の名に恥じず、大食い大会では必ず優勝しているのだそうです


その大会に、ムニの長男である学生時代のジュナも参加したそうですが、1度めはムニに完敗で(それでも2位だったっけ?)、2度めも2位に甘んじたそうです。


でもその時「親子二代の大食漢」は話題となり、ふたりおそろいの「大きな食器」をもらったのだとか。そしてふたりはいまだにその食器を使って毎日ご飯を食べているのだそうです。あの食器、どうみてもゆうに5~6人分はよそれそうです


それが今回、ムニが生まれて初めて胃痛を経験しました。スンジェはムニの親指に鍼を刺して治療しながら、もうあの食器を使うのは止めるよう促します。あんなに食べているから悪いんだ。今までなんでもなかった方が不思議だ


ムニも余程辛かったのか、めずらしく夫の言葉に素直に従いました。そうね、そうするわ。


ショックなのはジュナです。ジュナにとって「小食のオンマ」は母ではない、昔の元気な母に戻ってほしいと嘆く姿がまた実にリアルで大爆笑を誘いました


そんな状態がしばらく続いた後、ムニの食欲は以前の状態に戻ります。ジュナが喜び勇んであの食器を再び用意し、ふたりでたらふくご飯を平らげた姿が本当に楽しそうで、まだあの時のジュナの笑顔が忘れられません


また、ミニョンも加えてふたりが山に水を汲みに出かけた際、そこにあった大きな岩を気に入ったムニが、これを家に運びたいと語ったのをジュナが実現したシーンも感動的でしたよね


最初ジュナは、ムニがミニョンのために買ったうなぎをひとりで全部食べてしまい、そのお礼にオンマの願いを叶えようとまずはソファを動かすんですが、ムニからひどく叱られたことに腹を立て、めずらしく親子喧嘩をしてしまいます。これにはスンジェも困って仲直りさせようとしたほどです。


でもその後ジュナは、ムニがジュナにはジュナの好物を用意していたことがわかり、心から反省するのです。オンマは俺のこともちゃんと思っていてくれた!


こうしてジュナは愛するオンマのために、たったひとりで巨大な岩を家まで運んできたのであります。あ~なんとよい話なのでありましょうか


でも、そんな仲良し親子でも、そこに互いの伴侶が入ると、うまくコミュニケーションが取れなくなったのも鋭かった。ああ見えてジュナとヘミはラブラブで、ジュナはヘミの言うことは何でも聞いてしまうのです。しかもその時に限ってジュナは、二人の決定をムニには伝えず、スンジェに伝えてしまうのですよね。これは無意識のうちにムニが嫌がることを知っていたからでしょうか


そしてそのスンジェがまた典型的な横暴亭主なので、ムニに詳細を伝えません。その結果、ムニはいつも仲間外れにされてしまいます。ヘミには決して悪気はないようなので、あれはスンジェが悪いですよね


が、ムニにとっては、時にスンジェよりもヘミの方が憎たらしく感じてしまうようです。またヘミが「できる嫁」で、何を言うにも上から目線で命令口調なのが、姑としては面白くありませんよね。詳細は省きますが、これはミニョンの元妻シンジも同意見でしたから。お姉さんはいつもエラソーで嫌いだった


そんなヘミも、実は結構気が小さかったりするのがまた面白い。ムニの友達を平気で仕切っていたヘミも、ミニョンにそっけなくされると途端にへこんでしまいます。ミニョンから、ヘミが作った餃子を食べたくない、カラオケでも「ハモるな」と言われた時などすっかり落ち込んで、ひとり、こっそり退出してしまいます


でもそこはさすがに不屈のヘミ

いやいやこんなことで負けてなるものか、パク・ヘミファイティング!がんばれヘミ!

と喝を入れ、ひとりでダンスを踊り出したシーンも可笑しかったですね~。それをまたムニとジュナがこっそり見ていて、驚くムニに、ジュナが、時々ああなるけどすぐに元に戻ると説明していたシーンも忘れられません


その後、溺愛しているミノにGF=ユミができたと知った時のヘミの動揺もまた可愛かった。それでも何とかクールな母親でいようとするヘミが実に健気でございました。あ~そのストレスが原因で、あんなに固いものを催してしまったのでしょうか。(あくまでもジョークです


あとは~そうそう、このムニの親友、ケソンさんですが、9話終了の時点ではまだ行方不明のままです。ユミの父親は特殊メイクの職人(芸術家)らしいですが、それでもあの地下にある物体はやっぱりケソンさんのように思えてならんのですけどね~。「以前作り損ねたマネキン」だったりするんかな


と、キョーレツに印象に残っているのはこれぐらいだったでしょうか


思いっきりハイキック!」は続きを見るのが心の底から楽しみです思いっきりハイキック!が面白すぎ( *´艸`)


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

家族を守れ!
 家族モノ・ホームドラマ

家族を守れ! ネタバレと感想(17~22話) スボンとマンジェの父子愛が微笑ましい

韓国ドラマ、【家族を守れ!】も毎日楽しく見ています。というより、毎日欠かさず見ているのはこのドラマだけかもしれませぬ。以下簡単なネタバレのあらすじです家族を守れ!のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ついにホジェの会社は倒産し、マンションまで差し押さえられてしまいました。ホジェは実家を担保に金を工面しようと画策しますが、その実家は既にマンジェとスジャの名義になっていたことが判明します。以前やはりチョン家が危機に陥った際、家を抵当に入れて借金したのをマンジェ夫婦が返済してくれたからだそうです。


ホジェはともかくエランが途方に暮れていた時、カモが葱をしょってやってきました。イェウォンの母親アン・グィヒ(イ・サンスク)です。グィヒはジェヒの実家に1億ウォンの手切れ金を渡してイェウォンと別れさせようとしていたのです。


もちろん、気の強いスジャはグィヒが金を出す前に、そのあまりにも見下すような態度に腹を立てて部屋に引っ込んでしまいましたが、そこにエランとオンシムが残っていたことから、グィヒはこのふたりに手切れ金を渡して帰ってしまいます。


血に飢えたハイエナ、もとい、金に飢えたエランがこの機を逃すはずがありません


エランはそれでも黙って持ち逃げはせず、オンシムにひたすら拝み倒した挙句「借用書」を書いて小切手を持ち帰りました


それをまた、ホジェが喜んで使ったというのが情けないですね~。甥っ子の立場はどうなってもいいっていうんですかねホジェ、サイテー


その後ジェヒはこれをグィヒ本人から聞かされ、スジャはそのジェヒから問いただされて、すべてが明るみに出ました


スジャは怒り心頭に発し、イェウォンとの結婚は認めない、金はどんなことをしても返す!と息巻きますが、これがヒジンから、イェウォンが財閥のワンス食品の娘だと聞いた途端、コロリと態度が変わってしまいます


なんとしてもふたりを結婚させてみせる!


スジャはヒジンにスーツを新調してもらってグィヒに会いに行くのですが、そこでグィヒが体よくウジンに留学を勧めたことを「許してもらえた」と解釈するのがまたおめでたいことこの上ないですね~。あの目つきで分からんかな


でも、スジャとグィヒは同郷らしいですから、何か~グィヒの弱み?が出てきそうで楽しみですね


一方、イェウォンはついに「年取った警備員」がジェヒの父だと気づきました。何も言わずにこちらもコロリと態度を変えて急に優しくなったため、マンジェはすっかりイェウォンファンになってしまうのですが、その後スジャから真実を聞いて、ようやく、イェウォンが自分をジェヒの父だと知って優しくしているのだと悟りました


こうしてはいられない!


事が大きくなる前に会社を辞めようとするも、そこに今度は、配達の仕事を始めたスボンがやってきて、マンジェが警備員として働いていると知られてしまいます。


仕事に貴賤はない。どうして内緒にしているんだ?


この年になっても働けることに感謝しているという父の言葉に、マンジェはようやくプライドを取り戻しました。そうだ、俺は何も恥ずかしいことなどしていない!この呑気さがマンジェの売りです(^^)/


このマンジェが時々ドラマのエキストラとして活躍しているのがまた実に楽しいですね~。今やマンジェにとって唯一の楽しみなかもしれません


さて一方のジェヒとヘスの関係は特に進展はありません。でもジェヒは、イェウォンが何かにつけてヘスやその家族を馬鹿にして蔑む姿を見て、グィヒの姿を重ね合わせているようです。そこまで分かっていたら、さっさと別れればいいのにね~いずれはジェヒとジェヒの家族が軽蔑されるのは火を見るよりも明らかですのに


またヒジンとユンチャンは、いよいよ結婚を視野に入れ始めたようです。こちらは現実味がありそうですが、何せユンチャンにはミナの産んだトンベクという実の娘がいますから、そう簡単にはいかんでしょうな


さて明日は、イェウォンがついにヘスとジェヒの同居?に気づくようです。これでまたイェウォンがキイキイ騒げば、ジェヒの心も離れるばかりなりでござりまするね


家族を守れ!は続きを見るのが楽しみです家族を守れ!が面白い(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族を守れ!のレビュー一覧」でお読みいただけます

思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック!を見始めました いや~これめっちゃ好きやわ♪

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】を見始めました。かつて「明日に向かってハイキック」を見て以来、ず~~~~~~っと見たかったこのドラマが見られて心の底から嬉しいです


またこれが実に期待通りで面白かった~!こうした馬鹿々々しいコメディは大好きなんです。まだ3話しか見ていませんが、す~っかり気に入っちゃいました。続きを見るのが楽しみでなりませぬ


とはいえ、この手のコメディの「あらすじ」を書くほどほど難しいことはありません。何せ「筋」などあってないようなものなのです


という訳で、とりあえずは登場人物の紹介をメインにまとめてみました。まずはやっぱりこの人=家長のスンジェから


今回は「女性専門漢方病院」の院長という設定だそうです。その名もずばり「イ・スンジェ病院」とは、いかにもスンジェらしいですよね。


が、最近はその腕がめっきり落ちて&評判も悪くなり、今ではすっかり嫁のヘミ(パク・ヘミ)に仕切られているようです。やはり、あのド派手な制服が悪いんじゃないですかね~後ろ姿を見た患者?からは「アジュンマ」と呼ばれてましたし


年を取って「脈診」は無理でも、まだまだ鍼の腕は健在だというスンジェの姿に、ホ・ジュンのユ・ウィテ(イ・スンジェ)の姿を重ねたのは果たしておばさんだけでございましょうか。も~それなのに、息子のジュナ(チョン・ジュナ)の脚はまったく良くならないのです。アボジ!ちゃんと治してくれよ!!


このジュナと母、つまりはスンジェの妻のナ・ムニもぶっ飛んでますね~思いっきりハイキック!の感想行きますよ~(^^)/


親子揃って立派な体格は伊達ではなく、捨てられていたソファをふたりで持ち運ぼうとして道路を横断しようとした際、これを警察に咎められた時がまたサイコーでした


目の前にあった障害物=レンガを積んだリヤカーをムニがひとりで持ち上げた隙にジュナがソファーをひとりで抱えて走るんですが(痩せた人なら5人は座れそうなソファーです)、そのリヤカーは、警官二人がかりでもどけることができんのだす


も~ここだけでも可笑しくて可笑しくて、お腹かかえて大笑いでした


そのジュナの息子がキム・ヘソンとイ・ユノというイケメン二人が演じるミノユノです。ふたりとも母親似で本当にようございましたね。ふたりは同級生らしいけどまさか双子ではないですよね~。ギリギリ年子なのでしょうか?


優等生のミノが実は根性悪で、不良だけど女の子にモテモテのユノを憎たらしく思っているのも楽しいです。今回ミノは一目惚れした美少女、カン・ユミ(パク・ミニョン)をユノに会わせまいと必死でしたが、その努力虚しく、ふたりはすっかり意気投合してしまったようです


また、このふたりの叔父にあたるミニョン(チェ・ミニョン)は、子どもが産まれたばかりだというのに妻のシンジ(シンジ)に離婚されてしまいます


それどころか、ふたりのマンションまでシンジが勝手に友人、しかもそれがミニョンの同僚のソ・ミンジョンに貸してしまったため、追い出されてしまう羽目にシンジがまた実に図々しいんだ。ちなみにミニョンはミノたちの高校の体育教師をしており、ミンジョンはミノたちの担任という「It's a small world」構成です。


そんなことが知られたらスンジェに死ぬほど殴られると怯えるミニョンを、ムニが庇ったのがまた可笑しかった。ムニは屋根裏にミニョンを匿い、行き来するのに便利なように消防署にあるような滑り棒まで取り付け、それを大量のにんにくが入った袋で隠したのです


が、それまたスンジェに見つかってしまった上、息子や孫たちまでとばっちりを受けて皆が監禁されてしまったのにも大笑いでした。特にジュナは何度も降りて来ようとしたために、そのたびにスンジェにモップでお尻を突かれて痛そうだった~~


と、こんなに馬鹿々々しいコメディなんだけど、なぜだかミステリアスな演出もしてあるのがまた楽しいです。ムニには「無二の親友」()のケソンさんがいて、嫁や夫の悪口を言うのが日課らしかったのに、そのケソンさん、ある日を境にぷっつりと連絡が取れなくなってしまうのです


そのある日というのが、どうやらユミが引っ越してきた日らしい。しかもそのユミの家では、テーブルの下に女性が横たわっているようなのですが??あれがケソンさんなのでしょうか?


今のところ、ユミの父親(キム・ギョンリョン)が危険人物のように描かれていますが、ここはきっと何かオチがあるのでしょうね


こうして書いていても思い出し笑いが止められません思いっきりハイキック!は続きを見るのが待ち遠しくてなりませぬ思いっきりハイキック!が楽しすぎ♪


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

家族を守れ!
 家族モノ・ホームドラマ

家族を守れ! あらすじと感想(7~16話) 退職金危うし!

韓国ドラマ、【家族を守れ!】も毎日楽しく見ています。韓ドラは時代劇も楽しいけれど、こうしたホームコメディがサイコーですね。そういう意味では、本日スタートの「思いっきりハイキック!」も絶対に楽しめるに違いないと確信しておりまするが(そのうち書きます)。


以下、7話から16話までの簡単なネタバレ感想文です家族を守れ!のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず真っ先に挙げたいのは、マンジェがついに、しかも自分から、辞表を提出したことです。どんなに嫌がらせをされても絶対に辞めない覚悟で倉庫勤務にも励んでいたマンジェでしたが、年若い後輩(アン・ホンジン!~ナムゴン@大祚榮)から、マンジェのせいで自分が解雇されてしまったと聞いてはさすがにもう頑張れませんよね


会社に辞めさせられたのではなく、自分から辞める!と啖呵は切ってみたものの、「依願退職」の形を取った方が退職金が多く出ると言われて、即、これに応じてしまうのがまた実にマンジェらしかった


~でも、細かいことを言うようで恐縮ですが、そもそもマンジェの場合は「依願退職」(自己都合退職)というより「会社都合退職」(退職勧奨に)に該当しそうでしたよね


ま、それはさておき、こんな気の弱いマンジェですから、当然家族、特にスジャに本当のことなど言えません。仕方なく毎日公園で暇をつぶしていると、ひとりのホームレスと知り合いました。チャンベク(チョン・ヘギュン)というその男性は、一旦ホームレスになったらもう元には戻れないと仲間意識を前面に押し出して、マンジェを「兄さん」と慕うようになります。


このチャンベクが、クーポン券を集めたり、体調が悪くなると行き倒れのふりをして病院で点滴を打ってもらうなど、生き延びるために様々な知恵を身に着けていたというのに、結局は悪性腫瘍で亡くなったらしいのがまた何とも(リアルで)気の毒でした。とはいえ、亡くなったとは言ってなかったので、いつかどこかで復帰してくれたらうれしいですが


このチャンベクの運ばれた病院が、ウジンとヘスが働いているソリム病院でした。身寄りのいないチャンベクがマンジェを呼んだため、マンジェの失業はすぐにウジンの知るところとなります。また、公園は「庭」同様のハラボジ、スボンにも、こちらはもっと早く知られてしまいました。


ここでマンジェがスボンに、こんなことになったのも、大学に行けなかったからだと泣いて訴えたのがまた何ともリアルで気の毒でしたよね。スボンは、息子二人が進学する程度の仕送りはしていたらしいのですが、スボンの父親がギャンブル狂で、すべて使い込んでしまったのだそうです。


これまでマンジェに厳しかったスボンが、50過ぎた息子を哀れに思って優しくするのもまた痛ましかった。その上、マンジェはマンジェで、息子のウジンから、今度は「一流大学」を出ていないばかりに専任医になれなかった、と嘆かれてしまうのですからね。なんとも切ない話でやんすね親子ともども気の毒だ~(;´Д`)


スボンは一念発起し、高級な肉を買ってきてマンジェを元気づけようとするのですが、その親切が仇となり、マンジェが顎を外してしまったのには大笑いでした。韓国のホームコメディは、こうした切ない現実を笑いで吹き飛ばしてしまうのも大きな魅力なのです


さて、いかにも現代韓国の悲哀を物語るこの親子3代の嘆きはさておき、当面の問題は「スジャ」です


スジャに言うのは再就職が決まってから!


そう皆を口止めしていたマンジェでしたが、ウジンは黙っていられず、スジャにすべてを明かしてしまいます


スジャも最初はショックを受けたものの、夫の苦悩を知るにつれ、退職したのは仕方ない、と思うようになります。でも当然「再就職」はするべきだと主張するのは忘れませんが。マンジェ本人もその気でしたが、そんな嫁に腹を立てたのは姑のオンシムでした。


でも、このオンシム、昔スジャに「弱み」を握られていたため、あまり強いことは言えんのだす。スジャは、スボンが航海に出ている時、ダンスクラブ?で踊りまくっていたのだそうです。いやいや、人は見かけによりませんね


その後、ようやくマンジェの退職金が支給されましたが、今度はこれをマンジェの弟、ホジェに奪われてしまいました。会社経営者のホジェは、資金繰りが一時的に苦しいからと嘘をつきましたが、どうやら「破産」の危機が迫っているようですあ~もう退職金は帰ってこないね(;´∀`)


一方、退職金はすべて自分に渡すというマンジェの言葉を信じていたスジャは怒り心頭に発し、退職金を取り戻すか、自分と離婚するかだ、と啖呵を切って家を飛び出したところで、ヘスの家族と出会いました


ヘスたちはちょうど大家に屋根部屋を出ていくよう命じられて困っていたのですが、少しでも小銭を稼ごうとしたスジャが、空き部屋を貸すと言い出したため、ことはますますややこしくなってしまいます。そう、ヘスはウジンの家に住むことになったのです


しかもヘスはセミの入れ知恵で、あまりの大人数を正直に伝えたら家を貸してもらえないだろうと、嘘までついてしまいます


結局嘘はすぐにばれ、ヘスがひどく責められたのを見たミンジュンは、自分が出ていくと言って家を飛び出したきり戻ってきませんでした。それを聞いたスボンは、スジャを厳しく咎めます。頑張っている子供たちを応援するどころか、追い出すなんて!


いや~でもスジャの気持ちも分かりますよね。ヘスはやっぱり最初から正直にすべてを打ち明けて、なんとか頼み込むべきでしたよ


ま、この辺はおいおい解決するでしょうから、当面の楽しみはマンジェが再就職したことです。なんとマンジェはワンス食品、つまりはイェウォンの父親の会社の警備員になったのです


以前ウジンを殴ったイェウォンの継母のみならず、イェウォン自身もマンジェを叱り飛ばしていましたからね~マンジェのキャラがまたええのよね~( *´艸`)。このふたりが顔合わせをする日が待ち遠しいです


このイェウォンとウジンは、残念ながら、復縁してしまっています。でもウジンは、イェウォンが好きだからというより、家柄や学歴を理由にイェウォンの家族から結婚を反対されたことに対する意地で元さやを決めたような感じでしたよね


誰がどう見ても、イェウォンよりヘスの方が可愛くて気持ちの良い子なので、ここはあんまりイラッとせずに見ていられます。ウジンのヘスに向ける笑顔がまた実に優しいんですもの


またこちらはあんまり触れたくなかったのですが「腹いっぱいの豚よりも飢えたオオカミになりたいなどと抜かしていたテジンの義理の弟にあたるユンチャン(キム・ドンユン)は、どうやらミナが捜している「チャニ」のようです。今はヒジンが気に入っているらしいユンチャンは、今日、

俺は(女性に対して)責任を取る男だ

と語ってましたから、早くその言葉を実現してもらいたいものでござるね


さ~て、これまでのところは大体このぐらいだったでしょうか


家族を守れ!」は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族を守れ!のレビュー一覧」でお読みいただけます

家族を守れ!
 家族モノ・ホームドラマ

【家族を守れ!】がなかなか楽しい あらすじと感想(1~6話)

韓国ドラマ、【家族を守れ!】を見ています


最近は韓国ホームドラマを今一つ見る気になれなくてずっと敬遠していたのですが、このドラマはなかなか感触が良く、毎日楽しませてもらっています。個人的に、あまりにも成金趣味、お、失礼、セレブもどきの話は苦手みたいです。(本物のセレブは別ですが、最近の韓ドラではなかなかお目にかかれません


以下、主な登場人物の紹介をメインにした簡単なあらすじをまとめさせていただきました。ホームドラマの常で、これと言って大注目するような話題はありませんが、だからこそほのぼの感が伝わってきて見ていて心地いいのでござる家族を守れ!の感想行きますよ~( `ー´)ノ


まず主人公は、おバカちゃん注意報~ありったけの愛~でも気は強いけど心はメチャクチャ優しいジンジュを好演していたカン・ビョル演じるイ・ヘスです。ここでも似たような役柄です


ヘスは病院の食堂で調理師をしながら、6人の子どもたちを弟妹として引き取りその面倒を見ていました。ヘス自身には血のつながった父親がいるようですが、どうやら再婚でもしたらしく、ヘスとは別居してチキン屋を営んでいるようです。


そのヘスと恋を育んでいく(笑)のが、医師のチョン・ウジン(ジェヒ~パク・チャンヒ@メイクイーン)です。ウジンは最初、裕福な家のコ・イェウォン(チョン・ヘイン)と交際していましたが、イェウォンが家庭の事情で他の男と無断で偽装婚約したことに腹を立てキッパリ別れてしまいました。当然ですわね


怒ったウジンがやけ酒を飲んで倒れていたのを助けたのがヘスでした。が、ウジンはヘスたちが自分の財布を盗んだと誤解して、感謝の言葉どころか罵声を浴びせてしまいます


一方でウジンは当てにしていた「専任医師」にもなれなかったため、大学病院まで辞めてしまいました。でもその結果、ウジンは地元の病院に勤務することになり、その食堂で働くヘスと再会することになります


もちろん、出会った状況が悪かっただけの二人ですから、いつしか誤解は解け、互いに信頼を寄せるようになっていきます。ヘスはウジンに家族を診察してもらい、ウジンの祖父=スボン(ピョン・ヒボン)ともヘスの家族ぐるみで親しくなっていきました。


が、そこは韓ドラの定番でイェウォンが二人を邪魔してきます。イェウォンは外食フランチャイズレストランの本部長をしていて、少しでもウジンの側にいたいがために、ふたりの病院に食事を納品することを思いついたのです。その結果、調理師だったヘスは仕事を失いかねません。


最初ヘスはイェウォンに勝負を挑みましたが、高級料理には勝てず、潔く白旗を掲げたのに鼻であしらわれてしまいます。これはウジンも自覚していたようだけど、あんな性格の悪い女とは別れて正解でござったね


と、恋愛面でイェウォンに勝ち目はなさそうですから、今後もウジンとヘスの恋模様を楽しんでいけそうですウジンとヘスがなかなかお似合い♪


また、個人的にはウジンの家族もお気に入りです。特に楽しいのはウジンの両親=マンジェ(チェ・イルファ)とスジャ(イ・フィヒャン)ですね~


マンジェは定年間近だというのに専務から依願退職を迫られてしまうのですが、ウジンを始めとする独身の子どもが2人も残っているため、ご祝儀の元を取るまで絶対に辞めるな、とスジャにはっぱをかけられてしまいます


ふだんは大人しいマンジェが屋上で大騒ぎをしたことで、会社も辞職を無理強いできなくなったのはよかったけれど、今度は「肩たたき」が始まりました


専務から「機密書類の翻訳」を頼まれたと張り切って不得意な英語に取り組んだものの、真っ赤に添削された上、実は嫌がらせだったと知ったマンジェが、トイレの中で泣きながら鼻血まで出す姿は、サラリーマンの悲哀そのものです


マンジェには「婿」に出した息子のテジン(シン・スファン)もおりますが、金持ちの家に婿入りしたばかりに、できる嫁のために「主夫業」を余儀なくされた上、姑(オム・ユシン)にはまったく頭の上がらない毎日を送っています。これがまた何とも父親譲りの哀愁が漂っていて可笑しいのですよね


長女のヒジン(ナルシャ)もシッカリ者でなかなかの好印象です。その他にも、これまた韓ドラの常で登場人物はたくさんいるのですが、それはまたおいおい語らせていただきたいと存じまする


家族を守れ!」は続きもとっても楽しみです家族kを守れ!が面白い


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族を守れ!のレビュー一覧」でお読みいただけます

フォスター家の事情(The Fosters)
 家族モノ・ホームドラマ

フォスター家の事情(The Fosters) あらすじと感想、登場人物一覧

フォスター家の事情(The fosters)

  • 分類: アメリカドラマ
  • 制作: ABC Family
  • 監督: Tim Busfield(Damages、The Client list、ほか)、他
  • 製作総指揮: Jennifer Lopez 他
  • 出演: Teri Polo(Law & Order、Castle、他)、Sherri Saum(Charmed、Lie to me、Revenge2、他)、Maia Mitchell(K-9、Jessie、他)他
  • お気に入り度: 5点満点
  • お勧めキャラ: Mike(Danny Nucci)、Daphne(Daffany Clark)
  • 放送局: Dlife
  • 公式サイト: フォスター家の事情
  • 放送日: 2015年2月27日~
  • 主題歌: Where You Belong - Kari Kimmel

フォスター家の事情The Fosters)】のシーズン1を見終わったので、あらすじリストを作成しておこうと思います。ドラマの内容ももちろんですが、挿入歌も本当に素晴らしくて、隅々までタップリ楽しめたホームドラマだったので、是非シーズン2も放送していただけるよう、その願いも込めておりまする。(その願いは叶えられました


できるだけ英語の台詞を取り入れてあります。少しでもオリジナルの雰囲気を味わっていただければ幸いです


また2016年7月より、登場人物リストも作成中です。



-目次-




【フォスター家の事情(The Fosters) あらすじと感想一覧】



《シーズン1》


第1話 ごちゃまぜの家族


第2話 過ちの結果


第3話 罪悪感


第4話 双子の誕生日


第5話 後悔の朝


第6話 ある土曜の出来事


第7話 秘密


第8話 隠していた思い


第9話 家族の祈り


第10話 誓いの言葉


第11話 悩めるハネムーン


第12話 少女たちの居場所


第13話 それぞれの思い


第14話 人生の選択


第15話 心を開く時


第16話 家族への第一歩


第17話 手探りの明日


第18話 難しい決断


第19話 離さないで


第20話 キングとクイーン


第21話(最終回) 養子縁組の日


▲あらすじトップに戻る



《シーズン2》


フォスター家の事情2 (The Fosters S2) あらすじ 第1話 見えない未来


第2話 未来への選択


第3話 秘密のパーティー


第4話 父親の家へ


第5話 真実の告白


第6話 私たちのママ


第7話 長い一日


第8話 仲間たちの未来


第9話 波乱のメキシコ祭り


第10話 養子縁組への道


第11話 クリスマスの思い出


それぞれの心の中


第13話 諦めないで


第14話 フォスター家、キャンプへ行く


第15話 新たなる試練


第16話 キャリーの決断


第17話 守るべき沈黙


第18話 心の声を聞いて


第19話 ステフの秘策


第20話 女心


フォスター家の事情2(The Fosters S2) 最終回 あらすじ けじめ



▲あらすじトップに戻る



【フォスター家の事情(The Fosters) 登場人物とキャスト】

(現在作成中)

《フォスター家》


ステフ、Stefanie "Stef" Marie Adams Foster(Teri Polo):
フォスター家の大黒柱。警官。パートナーのリーナとともに、実子のブランドンと養子3人プラス1人を育てているシッカリ者。


リーナ、Lena Elizabeth Adams Foster(Sherri Saum):
ステフの妻。アンカービーチの教師(シーズン1では校長、シーズン2では教頭)。


ブランドン、Brandon Foster(AJ Hensdale):
ステフとマイクの息子。フォスター家の長男。将来はピアニストを目指している


マリアナ、Mariana Adams Foster~養子になる前はMariana Gutierrez(Cierra Ramirez):
フォスター家の長女。実母はアナでヘスースの双子の姉。成績は優秀だが見栄っ張りで目立ちたがり。


ヘスース、Jesus Adams Foster~養子になる前はborn Jesus Gutierrez(Jake T. Austin):
フォスター家の次男。マリアナの双子の弟。注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療の一環としてレスリングを始めてその才能が開花。気は優しいが女子の誘惑にも弱い。


ジュード、Jude Jacob Adams Foster(Hayden Byerly):
フォスター家の3男。キャリーの弟。文才があって賢くて優しいが算数は苦手。


キャリー、 Callie Quinn Jacob(Maia Mitchell):
ジュードの姉。フォスター家の養子になるべく奮闘中。実父はロバート・クイン。



▲登場人物トップに戻る



《フォスター家の親戚》


マイク、Mike Foster(Danny Nucci ):
ブランドンの父。警官。アルコール依存症。お人好しで優しい性格が災いすることしばし。


アナ、Ana Gutierrez(Alexandra Barreto):
マリアナとヘスースの実母。アルコール&ドラッグ依存症。


ダナ、Dana Adams(Lorraine Toussaint):
リーナの母。


シャロン、Sharon Elkin(Sharon Elkin):
ステフの母。フランクの元妻


フランク、Frank Cooper(Sam McMurray):
ステフの父。野球が大好き。ステフがゲイであることを認めない。


ロバート、Robert Quinn(Kerr Smith ):
キャリーの実父。


ジル、Jill Quinn(Valerie Dillman):
ロバートの妻でソフィアの母。


ソフィア、Sophia Quinn(Bailee Madison~スノー子役@ワンス・アポン・ア・タイム):
ロバートとジルの娘。キャリーの妹(ハーフシスター)。



▲登場人物トップに戻る



《友人》


ワイアット、Wyatt(Alex Saxon):
キャリーの友人で元BF。


マット、Mat Tan(Jordan Rodrigues):
ブランドンの中学時代のバンド仲間。現在はSomeone's Little Sisterのメンバー。マリアナのBF(S2)。


コナー、Connor Stevens(Gavin MacIntosh):
ジュードのクラスメイト。


エマ、Emma(Amanda Leighton):
レスリング部に所属。


レクシー、Lexi Rivera(Bianca A. Santos):
マリアナの幼馴染でヘスースの元GF。


ルー、Lucy "Lou" Chan(Ashley Argota):
Someone's Little Sisterのボーカル。


ヘイリー、Hayley Heinz(Caitlin Carver):
ダンスチームのメンバー。ヘスースの元カノ。




▲登場人物トップに戻る



《ガールズユナイテッド》


リタ、Rita Hendricks(Rosie O'Donnell):
ガールズユナイテッドの責任者。少女たちの厳しくも愛情あふれる母親代わり。


ダフネ、Daphne Keene(Daffany Clark):
里子に出した娘のターシャと暮らすため、ガールズユナイテッドを卒業し、アパートで独り暮らし。キャリーと同じ職場


キアラ、Kiara(Cherinda Kincherlow):
キャリーと同じ心の傷を持つ。口は悪いが根は優しい。



▲登場人物トップに戻る



《その他》



▲登場人物トップに戻る



▲目次に戻る

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はフォスター家の事情(The Fosters)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

グッド・ワイフ(The Good Wife S1)がついにDlifeに登場!放送予定(5月~詳細は未定)はDlifeの公式サイトをチェック!!

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング