ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
フォスター家の事情(The Fosters)
 家族モノ・ホームドラマ

フォスター家の事情3(The Fosters S3) あらすじと感想 第5話 キャリーの大冒険

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情3The Fosters S3)】の第5話は「キャリーの大冒険」(Going South~南へ行く)です。いやいやこれは実に楽しかったですね~。見ているだけで爽やかな気分になれました


以下ネタバレのあらすじですフォスター家の事情3のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはその大冒険は英語の副題通り「南=メキシコ」へ行くことでした。免許を取ったばかりのキャリーはどうしても冒険がしてみたくて、メキシコでスカイダイビングをしようと計画していたのです


とはいえ、ひとりで行くには心もとなかったらしく、一番頼りになりそうな?ブランドンを誘うところがまたチャッカリしてますよね。ブランドンも、可愛い妹の頼みは断れません


メキシコ入りした二人は早速講習を受けましたが、いざ実践となったその時、警察がやってきます。どうやら違法業者だったようです


いざとなったら怖気づいていたキャリーが、警察に捕まるよりマシだと、まさに清水の舞台から飛び降りるつもりで飛んだシーンが楽しかったな~


We're flying!人生初のスカイダイビングに興奮するキャリー♪
飛んでるわ!


が、結局ふたりは降りたところで警察に捕まってしまいます


でもその警察が「誠意を見せろと金を要求したのには呆れましたね~。金を持っていなかったブランドンは、車に積んであったキーボードを渡して何とか難を逃れました。


が、今度は出国でパスポートが必要だと分かり、ふたりは大慌てしてしまいますGod, I thought we just needed our driver's licenses。入国には必要なかったのに!?


追いつめられたブランドンは、いつもの悪い癖で、またしてもキャリーを責め始めましたこれがブランドンの悪いとこよねvv


Maybe you should've done some research before you kidnapped me and dragged me into another country for some stupid, illegal adventure.
君が僕を連れ去る前、バカげた違法の冒険をするために外国に引っ張り出す前に、下調べをしておくべきだった。


キャリーもまた、また始まった、とばかりに核心をついてきますキャリーも負けずに反論します( `ー´)ノ


Because the whole universe is conspiring against you, and you can just blame one of us "dramatic girls" for ruining your life.
宇宙全体があなたの敵だし、「気性の激しい女」があなたの人生を狂わせたのよね


ブランドンはキャットのことを話すときにこのフレーズを使ったのですが、もちろんキャリーのことも含まれていますよね~


図星を指されて怒ったブランドンはまたしてもやり返してしまいましたもー止めとけ(;´・ω・)


Truth is, things were a lot easier before you showed up.
確かに、君が現れるまでは平和だった


キャリーはついに怒りに任せて車を飛び出していきました。あ~その気持ちわかるわかる。脳天ブチ切れそうですよねキャリーに同情しきりでした( ;∀;)


でも、何せそこは外国な訳で、さすがのキャリーも冷静さを取り戻さずにいられません


結局は家に電話せざるを得なかったようでしたが、色々邪魔は入ったけれど、総じてみればキャリーの大冒険はまずまず成功だったと言えるのではないでしょうか


またブランドンも、ケイリーがパートナーのピアニスト、ジンと話し合って彼を共有してくれることになったため、再びチャンスが与えられることになったようです。やはりキャットは性格が悪すぎて、皆から嫌われてしまったようです


一方、マリアナは秘かに妊娠検査薬を使ったことをママたちに知られてしまいました。妊娠はしてなかったそうですが、キャリーに知られたらどうしようと悩むマリアナを、ステフとリーナが慰めたシーンがまた良かった


We all do things that we wish we hadn't. But we learn from them, and if we manage not to repeat them..
私たちは誰でも過ちを犯すわ。でもそこから学んで繰り返さなければ素晴らしいと思うわ


そのステフとリーナはカウンセリングを受けることにしたようです。リーナはステフが何でもかんでも自分ひとりで決めてしまうのが面白くないのですよね。でもここは犬も食わない何とやら~な気がしますけど


またAJは施設に入っている祖母のアイリス(Fran Bennett)に会いに行って、タイに関する情報を手に入れました。タイは毎週、花を持って祖母を見舞っていたそうなのです


その帰り道、マイクが犯行現場に呼ばれたことで、これに付いていったAJが犯人に間違われるというアクシデントが起きました。AJが警官の偏見を非難し、親のいない黒人の自分の未来はたかが知れていると逆切れすると、マイクが懸命に励まします


This cop sees a bright talented, decent young man. This cop's not gonna let you live down to anybody's expectations. You understand me?
この警官(俺)には才能があって礼儀正しい青年が見える。この警官は他の奴らの言うことなど気にしない。分かったか?


All you need is someone who believes in you. Someone you can count on and I'm gonna be that person. You know why? 'Cause I have to believe in a world where a kid like you gets a real chance.
君に必要なのは君を信じてくれる人間だ。君が頼りにできる人間。そして俺がその人間になってやる。なぜだか分かるか?それは君のような子どもにもチャンスがあると信じなければならないから


そういう世の中にしなければいけないから、という意味なのでしょうね~きっと


あ~やっぱりマイクは良い人ですよね。それにAJという里子を持つことで、マイクにもより一層の責任感が生まれればもう言うことありませんね


来週はキャリーが17歳の誕生日を迎えるようです。フォスター家の事情3は続きを見るのが楽しみですね




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はフォスター家の事情(The Fosters)のレビュー一覧」でお読みいただけます

フォスター家の事情(The Fosters)
 家族モノ・ホームドラマ

フォスター家の事情3(The Fosters S3) あらすじと感想 第4話 言葉にならない想い

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情3The Fosters S3)】の第4話は「言葉にならない想い」(More Than Words)です。以下早速ネタバレのあらすじですフォスター家の事情3のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回はリーナの父、スチュアート・アダムズ(Bruce Davison)が初登場でした。どうやらスチュアートとデイナは子連れ同士の再婚のようです。以前名前だけ登場したリーナの兄、ネイサン(ネイト、Travis Schuldt)もようやく顔を見せてくれました。


以前リーナが、母たちがネイサンとクリスマスを過ごすことに激怒していた理由も明らかになります。20年前ネイサンはデイナに「hateful word」を投げつけたのだそうです。それは後にリーナも触れていた「N」で始まる差別用語です


リーナはそれがどうしても許せなかったのに、デイナは何もなかったようなふりをして、スチュアートにも言わずにいたのだそうです。


今度こそ問い詰めてやる!と珍しく好戦的だったリーナも、ネイサンのGFを見ては言葉を失ってしまいます。なんとネイサンが連れてきたフェイス(Toks Olagundoye)も黒人だったからです


リーナはネイサンがわざと黒人を連れてきたと勘繰りました。最初は半信半疑だったステフも、役者を雇ったのかもしれないと同意します。確かに「faith」(信仰)なんて名前は怪しいかもしれませんね


しかもネイサンは昔の自分の行動を謝ろうとしなかったため、リーナは怒って席を立ってしまいます。その後を追ってきたデイナは、リーナがそこまで怒る理由が分からないとこぼしました。


するとリーナは激しく反論します。


Because, Mom, when someone calls one person the n-word, it doesn't just hurt that black person. It hurts all of us. That word cuts.
誰かが「N」で始まる言葉で誰かを呼んだとしたら、その黒人を傷つけただけじゃすまないの。私たち皆を傷つけたことになるのよ。心を傷つける言葉なの。


Especially when it's directed at someone you love, at your mother, your hero. It would have hurt less if he'd said it to me. And what if he did? What if he said it to me? Would you be so quick to forgive and forget?
愛する誰かに向けられたら特にそう。ママやヒーロー。もしネイトが私に向けていったらどうだった?そんなに早く忘れられた?


これでようやく気付いたデイナは居間に戻ってネイサンに謝罪を求めました。事情を知ったスチュアートもネイサンを許しません。謝らないのなら出ていけという父に、ネイサンはまたしても父が自分を捨てた、いつもそうだと反論しました。


このやり取りを見る限りでは、やはり、リーナとステフの勘は当たっていたと言わざるを得ませんね。本当に黒人の恋人を愛しているなら、謝れるはずですからね


さて次は久々に登場のコールです。


コールはLGBTホームですっかり自分を取り戻し、胸を手術し、声も低くしたようで、すっかり男性になっていました。LGBTはLesbian、Gay、Bisexual、Transgenderの頭文字を取ったものです。


キャリーはコールの生き生きとした様子を喜び、コールが計画したというLGBTのプロムに自分も参加することにします。コールがひとりで参加するつもりだと語ったからです。このパーティーにはジュードとコナーも行くことになりました。


スーツ姿でキャリーを迎えに来たコールは、ドレスアップしたキャリーに見惚れてしまいます。それはスーツをバシッと着こなしたジュードに対するコナーの目つきと同じでした


パーティー会場では、皆、自己紹介の際に自分の性的志向も付け加えますが、ただ一人ジュードだけは「ただのジュードだ」と譲りません。それを聞いたゲイのひとりはコナーに気を付けるよう助言します。ハッキリさせないのは興味本位だからだ


コナーが怒ってしまったことでいづらくなったジュードは帰ろうとしましたが、コールから話を聞いて思い直します:


フォスター家で「ありのままの自分」でいられるジュードは幸せだが、皆はそうはいかない、LGBTホームでようやく性的志向を明確にすることができたその喜びを理解してやってほしい。


こうしてついにジュードは、自分がゲイだと明言しました。それを聞いたコナーもとても嬉しそうでしたね。


でもキャリーはコールの気持ちを受け入れることができなかったようです。キャリーにとってコールはあくまでも「尊敬できる友」なのです。 これが「My bad-ass friend」とはいかにも若者らしい表現ですね。


さてお次はマリアナです。


マリアナは、せっかくマイクがツアーを抜け出して戻ってきたのに、罪悪感から打ち解けることができません。しかもマイクは、この機にマリアナの願いを叶えたい~自分も本当はマリアナと同じ気持ちなのだと打ち明けたのに、うんと言うことができないのです。


事情を知らないキャリーは、一度寝たからと言って何度もしなくてもよいのだなどと見当違いのアドバイスをしています


結局マリアナは、マイクがツアーを終えてからにしようと提案しますが、そのツアーが予定よりずっと長引くと知って逆切れしてしまいます


あんなに素敵な男の子はなかなかおらんのにね~ここで別れたらゼッタイに後悔するぞ


さて最後はブランドンです。


キャットに腹を立てていたブランドンは、なんとなんと自分の曲だと偽って、バッハのフーガを提出しました。バッハを選んだのは、評価にやってくる学部長のテリが学生時代に専攻したのを知っていたからだそうです。そこまでしても、キャットの鼻を明かしてやりたかったのでしょうか。


案の定キャットは弾き終えた後、オリジナリティに欠けるとのたまいました。I think it's less imaginative than his first pass.


バッハにそう伝えるというテリの言葉に驚いていたのがいい気味でしたね


でも、さすがにタダで済まされるはずもなく、テリはクリス(David Douglas)と相談の上、ふたりのパートナーを解消すると決め、他のメンバーに、二人と組みたいものはいるかと尋ねました。


が、誰も挙手するものはなく、キャットと組みたがっていたトニーですら二の足を踏んでしまいます。ブランドンはトニーとキャットが組んでブランドンを陥れたと思ったようですが誤解だったみたいです。


これでブランドンはパートナーを失い、サマースクールを追い出されてしまったそうです。やはりキャットと和解して組むしか方法は無さそうですが?


フォスター家の事情3は続きを見るのが楽しみですねフォスター家の事情3が面白い(^^)/




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はフォスター家の事情(The Fosters)のレビュー一覧」でお読みいただけます

家族を守れ!
 家族モノ・ホームドラマ

家族を守れ! 最終回 ネタバレと感想(57~62話) 楽しかったです♪

韓国ドラマ、【家族を守れ!】も本日が最終回(62話)でした。期待通りのハッピーエンドに大満足です。最近はどうも韓国ホームドラマを見る気がしなかったのですけれど、このドラマは楽しかった~。まだまだ見続けていたかったほどです


以下簡単なネタバレのあらすじです家族を守れ!のネタバレ行きますよ~(^^)/


まずは「魔法のタレ」事件から参りますると、これはジウォンが自分が犯人だということにして、イェウォンのしたことをすべてマスコミに公表しました。ジウォンがヘスからタレのレシピを盗んでワンス食品の新商品として売り出した、と暴露したのです。


それでもイェウォンは、多少のショックは受けただろうけど、何の役職にもついていないジウォンが責任を取るのが一番だと豪語しますが、すべての事情を知った会長が黙っていませんでした。会長はイェウォンとヘスを同時に呼び出し、イェウォンに土下座して謝罪するよう命じます


会長はその上でヘスにタレの全権を返すと約束しますが、ヘスはもう魔法のタレは自分の手を離れたから、よりたくさんの人に味わってもらえる大企業で売ってもらった方がよいと、権利を放棄してしまいます。その条件として付けたのが、タレの売り上げで貧しい人々のための奨学財団を作ることです。これは後に「イ・ヘス財団」と名付けられたそうです


さすがのイェウォンもようやく改心し、ウジンの手を放すことにしました。他にも色々原因はあったのですが、やはり一番の決め手は、ヘスという心の広い人間には到底敵わないと悟ったからだと思います。イェウォンが会社やウジンにあれほど執着したのも、幼い頃に失った無償の愛(母)の代わりが欲しかったからなのでしょう。


が、ウジンもヘスもその辺は似た者同士の頑固者で、イェウォンが身を引いてもすぐに一緒になることはできず、1年もの間連絡すら取っていなかったそうです。でもウジンは秘かに篤志家を名乗り、月に一度はヘスの店で100人分のお弁当を買っては介護施設に届けていたのだそうです。そして自分もそこで診療を続けていたらしい。


せめて月に1度は君の側にいたかった。


イェウォンから「ヒント」をもらったヘスがようやくこれに気づいて問いただすと、ウジンがはにかみながらそう答えました


ヘスはもちろん、私は毎日一緒にいたかったわ!と反論します。これでようやくふたりが素直になれました


またマンジェは無事歌手(再)デビューし、ミナとのデュエットも果たしたそうです。「家族を守れ!」の主題歌がその歌だったみたいですね


そしてそのミナの歌を聞いたユンチャンの母、ジョンスクはすっかりミナが気に入ってついに嫁に迎えることを決意します。その結果、ユンチャンは家で主夫をし、ミナは歌手として外で働くことになったようです。そうそうテジンはオクマンことマンジェのマネージャーになりました。


一方でスボンの認知症が心配されましたが、こちらは薬が効いたのか、それとも家族の愛情が病気の進行を抑えたのか、それほど進まずに済んでいるようです。一度留守番を頼まれたホジェが目を離した隙に徘徊した時には大いに心配させられましたが、これもまたヘスとその家族の活躍で事なきを得ました。


そのホジェは、スボンの持っていた壺が思いがけない高額で売れたため、それを資金に焼き肉店を開いたようです。最初はこの壺をめぐってまたしてもスジャとエランが大喧嘩となりましたが、最終的にはスジャがマンジェの契約金で我慢することにしたようです。


最後はそのスボンの傘寿の祝いに家族全員がホジェの店に集まっての祝賀会で締めくくられました。もちろんヘスは既にウジンの嫁となり、大きなお腹を抱えての出席です


オクマンの歌に合わせて皆が踊りはじめると、ヘスも我慢できずにそこに加わったところで産気づいたものの、家族写真を撮るまでは病院には行かない!と頑張って、皆が一斉に写真を撮ったところでおしまいです


最後の最後まで賑やかで本当に楽しかったですね~ヒジンは「自分と結婚」したそうです(笑


明日からは、久々のパク・シニャンさん主演のドラマ「町の弁護士チョ・ドゥルホ」が始まるそうです。これまたとっても楽しみですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族を守れ!のレビュー一覧」でお読みいただけます

フォスター家の事情(The Fosters)
 家族モノ・ホームドラマ

フォスター家の事情3(The Fosters S3) あらすじと感想 第3話 夏休み、それぞれの課題

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情3The Fosters S3)】の第3話は「夏休み、それぞれの課題」です。英語の副題は「Déjà Vu」(デジャヴ)で、確かにキャリーとジュードがフォスター家にやってきた時のことを思い出しました


以下ネタバレの簡単なあらすじですフォスター家の事情3のあらすじ行きますよ~(^^)/


そのAJはすんなりフォスター家に溶け込んだように見えましたが、実際にはかなり警戒していて誰にも心を許さなかったようです。リーナとステフの関係にも「大人な対応」を示し、ジュードとの相部屋にも文句を言わなかったのも、我儘を言ったら追い出されると思ったからなのかもしれません。


でもキャリーにだけは少しだけ本心を覗かせます。実の息子だけは一人部屋で、他は相部屋なのか


キャリーは、自分とジュードが来るまではヘスースとマリアナも一人部屋だったと説明しました。キャリーもまたAJを完全に信用したわけではなさそうです。


そして案の定、AJはブランドンの部屋にあったフランクから贈られた野球のボールを盗み出してしまいます。それはどうやらマイクがAJに、タイロンを見つけるのは難しいと言ったことが原因のようです。


マイクには悪気はなくて思ったことを口に出しただけなのですが、AJはマイクがタイロン捜しを諦めたと思い込んでしまったようです。


AJはアンカービーチを抜け出して、ビルの屋上にタイロンへのメッセージ(絵)を描きました。


そこへキャリーがやってきて、AJにも他人を信頼する時が来たのだと諭します


You have to learn to trust somebody.


これでようやく前進しようとしたAJが、こっそりボールを元の位置に戻したところにブランドンがやってきました。あ~なんでこういつもタイミングが悪いのでしょうか。まさにデジャヴでござりまする


何せブランドンは、マイクが里子を預かるのを快く思っていなかったから尚更です。でも里子への嫉妬ではなく、AJに裏切られてマイクが傷つくことを怖れていたようですね。


そのブランドンが、やはり昔を思い出して、昔のキャリーもそこそこ胡散臭かったけれど、何せ可愛い女の子だったから、と答えていたのが正直すぎて笑えました


またマリアナは祖父ヴィクターのパン屋でアルバイトをすることにしたそうです。


「伝統的なパン」と言えば聞こえは良いけど、若者受けのしないパンばかりを並べているため、客足はサッパリのその店で、マリアナは従姉妹のアドリアーナ(Yvette Monreal)と相談し、新しくチュロナッツを売り出そうと計画しました


Twitterで宣伝したらなかなかの反響だったのですが、頭の固いヴィクターはチュロナッツなど売らん!の一点張りです


But we don't sell churronuts, not now, not ever.


腹を立てたマリアナはついに店を辞めると断言しました。でもこのままじゃ店が潰れる、とついつい利益率を力説したところ、ヴィクターがついに折れてゴーサインを出してくれます


ちなみに、このTwitterでの宣伝文句やデザインは、ワイアットのそれを拝借したようでしたね


一方、ジュードはコナーが銃で撃たれたことがトラウマとなっていたようです。コナーがゲームで銃を撃つのも耐えられないらしく、それを乗り越えるために、ステフから銃の撃ち方を習う決意をします


リーナは乗り気ではありませんでしたが、ステフは黙ってジュードの頼みを聞き入れました。その昔ステフもまた父で警官だったフランクから銃の撃ち方を習ったことがあるのだそうです。


ジュードはでもいざ的を前にすると発砲することができず、コナーもまた撃ったまでは良かったけれど、その後はひどいショックに苛まれました。ジュードはそんなコナーを抱き寄せて慰めます。


そこへステフがやってきて昔話をしてくれました。ステフは当時本物の銃を使えると興奮していたにもかかわらず、頭部の的を狙って撃った途端に泣き出してしまったそうです。フランクはそんなステフを誇りに思うと言ってくれたのだとかフランクを懐かしむステフ♪


It's very, very real and has very real consequences. He always told me that his goal as a police officer was to never have to shoot his firearm on the job. Never did. Never got shot at.
銃を甘く見てはいけない。父は銃を使わないことがポリシーだった。撃たれたこともない。


最後はリーナです。


なんとモンティはリーナとのキス以来目覚めたらしく、交際相手を男性に限定せずに女生徒も付きあうことに決めたのだそうです。しかも、リーナとステフの共通の友人=ジェナ(Suzanne Cryer)が早速モンティにアプローチします。


これを知ったリーナはステフへの罪悪感に苦しみました。モンティがストレートなら問題はないが、もしゲイだったら、あのキスの意味が違ってくるからステフに黙っている訳には行かないというのです。


いかにもリーナらしい潔癖さですが、リーナの気持ちさえ揺るがないなら、モンティのいう通り、黙っていた方がよいと思いますけどね~


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。


フォスター家の事情3」は続きを見るのが楽しみですね




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はフォスター家の事情(The Fosters)のレビュー一覧」でお読みいただけます

家族を守れ!
 家族モノ・ホームドラマ

家族を守れ! ネタバレと感想(45~56話) 図々しいにもほどがある

韓国ドラマ、【家族を守れ!】も昨日放送の56話まで見終わっています。相変わらず、イェウォンとギヒは目を覆いたくなるほどの悪人ぶりですが、意外にも、ギヒの息子のジウォン(チョ・ヨンミン)がものすご~くイイ子で救われてます。以下、ネタバレの簡単なあらすじ感想です。


まずはヘスから参りますると、ヘスはついに自分を捨てた母、ソニョンを許しました。そのきっかけとなったのは、ヘスが店で売っていた「魔法のタレ」です。このタレは以前からヘスが手作りしていたタレで、どんな料理にもよく合い、何でも美味しくなるという代物でした。


これは昔、ソニョンが作っていたのをヘスが味を覚えていて再現した物らしいのですが、まったく同じ味とはいかなかったようです。ヘスは「材料」を見極めることはできても、その微妙な調理法は見抜けなかったらしいのです。ソニョンの作ったタレはヘスのタレより数倍美味しかったのだそう


ソニョンはその「秘伝」をヘスに伝授する代わりに店で働かせてほしいと申し出ました。タレ作りの方法はたとえどんなに頼まれても、金を積まれても誰にも教えなかったそうです。娘のヘスだけに教えたかったと語るソニョン


ああそれなのに~母娘の愛情がたっぷり詰まったこのタレを、卑怯にもイェウォンが横取りしました。偶然セミと知り合ったジウォンがこのタレのことを知ってイェウォンに参考までにと渡したところ、イェウォンはそれがヘスのものだと知るやいなやレシピを買い取ろうとしますが、ヘスがそんなことを承諾するはずありませんよね。


卑怯なイェウォンはこっそりそのタレを研究所に送って分析させた上、ワンス食品が開発した新製品と偽って、しかも同じ名前「魔法のタレ」として売り出しました


これを知ったヘスがどんなにレシピを盗まれたと主張しても、そこは大企業に敵うはずもありません。それどころか、イェウォンは名誉棄損でヘスを訴えてしまいます。まったくね~盗人猛々しいとはこーゆーことを言うざんす家族を守れ!のあらすじです♪


ジウォンは懸命にイェウォンを説得しようとしますが、イェウォンは、これもビジネス戦略だと聞く耳を持ちません。いやいや、それは単なるドロボーだって


その上イェウォンは、ソニョンから頼母子講のことで謝罪するよう迫られていたギヒとも手を組みます。ギヒの過去を伏せる代わりに、タレの横取り、否「窃盗も黙認させたのです。


血はつながっていなくても、今ではすっかり似たもの母娘ですよね~このイェウォンとギヒは


本来ならとことん戦って汚名を晴らしたいところですが、ヘスには時間がありません。ソニョンが重い腎不全で人工透析では間に合わず、早急な腎移植を必要としていたからです


「タレ」を失っても「家族」がいてくれればそれでいい~そう決意したヘスはイェウォンに謝罪し、ソニョンに自分の腎臓を移植する決意を固めました。執刀医はウジンです


またしても娘に迷惑をかけると知ったソニョンは、ヘスに黙って一旦は姿をくらましますが、またしても自分を捨てるのかというヘスに応えてようやく戻ってきてくれました


腎臓移植は無事行われ、ソニョンはすっかり元気になりましたが、なぜかヘスだけは目を覚ましません。まあこの手のドラマで主人公がこのままということはゼッタイにないでしょうから安心ですが


ここはあれかな「イェウォンが改心」するための伏線なのかな。イェウォンはジウォンから、イェウォンのせいでヘス母娘が苦しんでいると責められた上、母とヘスの強い愛情を目にしてかなり動揺していたようなのです。


やってることはか~なり憎たらしいけれど、結局は気の毒な人間なのですよね~イェウォンも。だからウジンも放っておけない


一方、マンジェはやはり詐欺に遭っていました。社長が給料を払わずにとんずらしてしまったのです


マンジェが覆面歌手のオクマンで詐欺に遭ったと知ったスジャは激怒しますが、マンジェは

「金は天国に預金してある」

とまったく意に介しません。これまた実に良い言葉ですね。マンジェにとって今大切なのは金ではなく、父スボンの認知症を治すこと(悪化させないこと)だからです


そんな親孝行なマンジェに対し、自分のことしか考えないホジェがスボンの病気を知った時、施設に預けようとマンジェに迫ったのをスボンが聞いてしまったくだりは何とも胸が痛かったですね


それでもなんとか、マンジェやウジン、そしてオクシムやスジャが一丸となってスボンを見守っていく方向で一致団結したのは良かったです。もー身勝手なホジェとエランは放っておけスボンの病気のおかげで皆が一つになった♪


マンジェは、認知症には楽しむことが一番だと知ると、スボンとオクシムにお得意の歌を歌って聞かせました。その姿が偶然動画にアップされると、世間はこぞってマンジェの親孝行を評価します。


それがユンジョンの会社の社長の目に留まりました。最初は困ったことになったと頭を抱えていたユンジョンを逆援護射撃?するものが現れます。イェウォンです


イェウォンはわざわざチョン家にやってきて、あんな動画は会社にとって恥だから削除するよう促しました。これがユンジョンの怒りに火をつけます。まだ嫁でもないくせに&財閥風を吹かすイェウォンに腹を立てたユンジョンは、不本意にも、

マンジェは自分が歌手にする!マンジェがいよいよ歌手デビュー?

と豪語してしまいます


またヒジンは、ユンチャンの子どもの母がミナだと知ると、一転してミナとトンベクに同情し、ふたりがユンチャンと暮らせるよう画策し始めました。ヒジンはなんとユンチャンに新しく見合い相手を紹介させろ(=金を払え)と脅し、その席にミナを連れて行ったのです


女癖が悪くてどーしょーもない男だけど、子どもだけは大切にする人よ


ユンチャンはともかくミナにはまったくその気がないようでしたけどね。でも、愛しいトンベクのためなら意を決してやり直すことにするのでしょうか。


楽しんで見ていた家族を守れ!もいよいよ来週で終わりみたいです。皆が笑顔になる日が一日でも早く来てほしいものです家族を守れ!が面白い(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族を守れ!のレビュー一覧」でお読みいただけます

フォスター家の事情(The Fosters)
 家族モノ・ホームドラマ

フォスター家の事情3(The Fosters S3) あらすじと感想 第2話 父の日

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情3The Fosters S3)】の第2話は「 父の日」(Father's Day)です。これがまた実に良かったですね~。やっぱりこのドラマはええわ~フォスター家の事情が大好き( *´艸`)


以下ネタバレのあらすじです感動がいっぱいつまったホームドラマです♪


今回は「父の日」ということで、キャリーはロバートの家に行くことになりました。


フォスター家でも毎年、家族にとって大切な男性を呼ぶのが慣わしになっているそうです(kind of a family tradition for Father's Day, you know, to celebrate the important men in our lives)。いつもはマイクとステフの父、フランクを招待していたようですね。


そのフランクの大好物だったチーズ・ブリンツも今年は必要ない~今年は父のいない初めての父の日だ(My first Father's Day without a father)と、わざと明るく語るステフを皆が温かい目で見守ります


ジュードは、キャリーがロバートの家に行くのなら、僕も僕のパパを呼びたいと言い出しました。ドナルドです。


キャリーは、ドナルドはママを殺した人間だ、とこれに猛反対でしたが、ジュードは譲りませんでした。キャリーたちの実母はドナルドの飲酒運転で亡くなったんでしたっけ。ステフとリーナはジュードの意思を尊重し、今年はドナルドも招待することにしました


ドナルドはこの招待をとても喜び、花束持参でやってきます。その日はコナーとコナーの父親も招待されたため、ジュードはあらかじめドナルドに、彼らに刑務所のことは言っていないと告げました。この時のドナルドのちょっと複雑そうな顔がいかにもその心境を物語っていましたね


ここは思わず食事の場でこれが明かされてしまうのかと心配いたしましたが、実際にはアダムがリーナから、学校でコナーがカミングアウトしたことを聞いて逆上し、コナーやジュードを問い詰めてしまいます。本当はアダム、これをドナルドやマイクには知られたくなかったはずですのに。


この話を聞いていたドナルドはアダムに、それはコナーの問題だ(Well, it seems like it's his business who knows)と意見しました。するとアダムは、息子が苛められても良いのか、と反論します。


I want my son to be proud of who he is. Getting bullied at home is worse than anything he's gonna face out in the world.
私は息子に誇りをもって生きてほしい。社会で出会うどんな困難より、家庭内でいじめられる方が辛い


まさにその通りですよね。外でどんなに苛められようと、家庭や家族がシッカリ支えてくれたら、どんな困難でも乗り越えていけるはずです


その後ドナルドはジュードに何も恥じる必要はないのだと言い聞かせました


You know, it's not good for any of us to keep secrets about who we are. And you have everything to be proud of, except me.
本当の自分を隠して生きるのはよくない。お前は誇れるものを何でも持っている。私のこと以外は。


ドナルドの過去について話す必要はないが、隠す必要もない~すべてはお前の自由だと言ってくれたドナルドのどこが、ジュードを、そしてキャリーを愛していないというのでしょうか


一方その頃キャリーはロバートから、ジルと別居するという話を聞かされていました。ソフィアはジルが病気の自分を疎んじていると思って反抗していましたが、そうではありません。どうやらジルは、ロバートが浮気をしていたことをしってしまったため、ふたりは冷却期間を置くことにしたらしいのです。


ロバートに送られて帰宅したキャリーは、そこで帰り際のドナルドを見てそっけない態度を取りました。ロバートはその後もキャリーがドナルドを批判するのに耐えきれず、自分の恥をすべて打ち明けます。


I was very foolish not to see that. My point is, I am not a better man than Donald. I'm just luckier.
(ジルがどれほど大切な存在か)分からなかった私が愚かだった。私が言いたいのは、私はドナルドより優れている訳ではない。単に運が良かっただけ。


キャリーは急いでドナルドの後を追いかけました


I just wanted to say happy Father's Day.
ただ「父の日おめでとう」って言いたかっただけ。


これでキャリーの気持ちを察したドナルドは、キャリーをひしと抱きしめました。あ~やっぱりドナルドは本当に素晴らしい人ですね


素晴らしいと言えば、アナもなかなかの良き母ぶりを発揮しています。アナもまたマリアナとともに実家の父の日パーティーに呼ばれたのですが、家の前で尻込みしているマリアナを見て、何も恥じることはないのだと励ましました。


I'm the only one who needs to feel ashamed. I'm the one who did all the bad things, not you.
恥じなくちゃいけないのは私だけ。悪いことをしたのは私、あなたじゃない。


マリアナは耐えきれずにワイアットとのことを打ち明けました。


アナは自分を責めるマリアナに、自分に厳しすぎるのはよくないと諭します。アナもまた同じだというのです。キャリーに打ち明けるかどうかはともかく、ママたちには話すべき。コン〇ームを使ったなら妊娠はしないだろうし、できれば忘れて、自分を大切にしてくれるマットを大事にすることだ


イレーナの店に、他の孫たちのパン(名前)の隣に、今ではちゃんとマリアナのパンも飾られていたのが嬉しかったですね


一方、キャットと組んだブランドンは相変わらず悪戦苦闘中です。キャットはブランドンが簡単に逃げ出さないことを知ると、どうやらブランドンを騙して酔わせ、曲を作り直す時間を与えまいとしたようなのです。随分と卑怯なことをする子ですよね~。ブランドンにはあんなビッ〇に負けることなく、是非頑張ってほしいものですキャットに負けるな!( `ー´)ノ


そのブランドンの実父、マイクは今回、なんと、AJの里親になる決意をしました。AJはあの後逮捕されたようなのですが、その罪状は「落書き」だったそうです。ペンキスプレーを盗んだのも、兄のタイロン・ヘンスデールに会う時のサインを描きたかったかららしい。


キャリーから頼まれたステフが前の里親に問い合わせたところ、AJの素行は悪くなかったことが判明しました。この話に興味を示したマイクは、ステフからいっそ里親になったらどうだと促され、これを承諾したという訳です。マイクが正式な里親と認められるまで、AJはとりあえずフォスター家に居候することになったようです。


あ~やっぱり「フォスター家の事情」は良いドラマですよね。本国では来月からシーズン5もスタートするらしいですよん。続きを見るのが楽しみですね




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はフォスター家の事情(The Fosters)のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング