このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

チェイス~国税査察官~最終回「カリブの黒い薔薇」に呆然!

江口洋介ARATA主演チェイス~国税査察官~。最終回を1日早く視聴し終えましたpeace


見終えた後の感想は~なんとも切ないものでやんした。最終回にして様々な疑問点(矛盾?)も湧き上がり、これは、このままでは終わらないだろう~続編もありだなと、思わされる内容でございました


では、チェイス~国税査察官~のあらすじを、早速&とことん語らせていただきたいと思います。今日はどんどこ語っちゃいますよぉ~~kaeru4!(って、いつも好き放題語っていますが


まず舞台は~前回の5話から1年後の設定となっています。8Fから多摩税務署に異動になった春馬に後輩の窪田が逢いに来ました。


村雲のスキームは完璧だった。自分はスイス銀行にあるライトキャストの裏金の口座をつかんだが、これだけだと、檜山基一は逮捕できても村雲に逃げられてしまう


「檜山基一はなぜ村雲を告発しないのでしょうか?」


窪田の問にこう答える春馬。


「檜山は村雲を殺したいほど憎んでいる。詐欺罪だけでは飽き足らないはずだ」


そして、春馬は村雲からの連絡を待っているのだといいます。自分が彼に浴びせかけたメッセージ~おまえの母親は生きている!~に、村雲は必ず反応してくるはずだと言うのです。


そんな春馬の推測どおり、村雲はとうとう春馬に電話をかけてきました


「俺と取引しないか?母親がお前に逢おうとしない理由を知りたいんだろう?」


この時点では、春馬も~おばさん同様~「(母親が)自分は死んだことにして、結局は息子を捨ててしまったうしろめたさ」から、逢いたいけど逢えないでいるのだと考えていたはずでやんした


でも村雲はこれにこう答えたのです。


「俺は知っているんだ」


また一方、歌織は、カリブ海の青い空の下にいながらもどんどんすさんでいく村雲の姿を見ていられず、こんな風に説得します。


「どの道お金はあなたを救ってくれなかった。檜山正道も死んで、もう復讐は終わったのだから、お金も基一に返しましょう」


ここでおばさん、今さらながらにビックリ~歌織は本当のことを知っていたのですね~全てを知って兄弟と寝た!


ところが、歌織の知っている真実はこれでもまだ全てではありませんでした。村雲が本当に憎んでいたのは檜山正道ではなかったのです


「本当に憎い人を憎めないばかりに世界中を憎み続けていたのね!」


やり直すきっかけはすぐ目の前にあったのに、あなたはそれを逃してしまった~光を連れて歌織は日本へ帰っていきます。5000億円をすべて基一の口座に振り込んで。


これを8Fが見逃すはずがありません。窪田がつかんでいた先の口座、そして、Zaiccレンタカーのがさ入れで、村雲がこれらのスキームの中心人物だったことを暴き出します


時を同じくして基一を訪ねてきた歌織もまた捕らえられました。その歌織は春馬にこんなことを話しています。


「村雲は本当は『良い子』だったんです。あなたなら彼を救えるかもしれない」


いよいよ村雲に査察の手が伸びようとしたその時、基一の口座に入っていた裏金がまたしても消えてしまいます。この口座はもともと二重口座にしてあったのだそうです。村雲が手を打ったのですね。


このままでは証拠が消えてしまう!春馬は単身、村雲のいるバージン諸島へと旅立って行きます。上着の胸にはあの亡くなった雪恵さんの巾着袋の生地が縫い付けられていました


「気をつけていってらっしゃい


娘の鈴子に見送られる「こっち側」の春馬。バージン諸島について後、村雲が持っていたビデオテープを観て、初めて、村雲の隠された真実に気づきました。


「お前を誘拐し、腕を切り落とさせたのは、実の母親だったのか?」


白浜温泉の番組に微笑を浮かべて映っている母=文子の姿を見た村雲は、その時に全てを悟っていたのですね


自分を誘拐した犯人の首にかかっていた矢絣(やがすり)の手ぬぐいは、実は母のものだったと。母が、檜山正道への見せしめのために、息子の腕を切り落とさせたのだと!


「あんたは幸せな人だな」


そうつぶやく村雲がなんとも哀れでした


生きるために子どもの手足を切り取る親は世界中にたくさんいる。だから僕は絶望などしていない。


「でも、抱きしめられる子どもと腕を切り落とされる子どものちがいが分からない」


自分も、もしかしたら、春馬達のような「こちら側」にいられたかもしれないと思うと、希望をもってしまうのだ~その希望こそが自分の人生を狂わせてしまった!


この後、村雲は事故にあってしまうのですが、それを助けた時の春馬の話がまたよかったですね。


「泣いた赤鬼」の話ムフフ


鬼は本来嫌われ者だけれど、人間に好かれたかった赤鬼が、青鬼の犠牲の上にその願いを叶える。でも、こんどはそんな優しい青鬼がみんなに嫌われてしまった。


~おばさんもこの「泣いた赤鬼」(浜田廣介)が大好きでした


「おまえも俺も同じなんだ~誰かに愛されたいと願っている赤鬼なんだ」


生きるってことはどーしよーもなく悲しいけれど、でもやっぱり生きるしかない!


春馬は村雲を連れて日本に帰ってきます。途中でおまえの母親に逢っていこう


ところが。。。


やはり復讐は繰り返してしまいました。村雲は、実の弟である基一に腹を刺されてしまうのです


その事実を隠して白浜へと向かう二人。


自分は待っているからと、あの木彫りの薔薇を春馬に託す村雲です。


「もし要らないと言ったら、アンタにあげるよ」


そして、案の定、この鬼畜の母親は言ったのであります~人違いでしょ?お返しします。私に息子はおりません


boxing5


でも、優しい青鬼の春馬は村雲にこんな風に言いました


「涙を流して喜んでくれたよ。薔薇も受け取ってくれた。できればおまえに逢いたいって」


が、その時、村雲はもう既にこの世の人ではありませんでした。この光景に呆然と立ち尽くす春馬ですkaeru1


しばらくして、ふと気づいて木彫りのバラを見ると、そこには5000億を移したらしい口座の番号が控えた紙が埋め込まれておりました。8Fに電話した春馬の、これが最後の言葉です


「口座の名義は澤村文子」

「嫌疑者死亡


と、ついついあふれ出るままに書いてしまいましたがチェイス~かなり衝撃の最終回でしたね~ムフフ


おばさんとしてはいくつかの疑問が残るところではありますが:


1)そんなに「いい子」だった春馬がなぜ母親の死の知らせを受けても戻ってこなかったのか?


2)そもそも、あの刑事の話は真実だったのか?


3)春馬は、ディーラーになるまで、ひとりでどうやって生きてきたのか?


などなどです~。でもこれを考えた時に、ハタとひらめきました!


「これは、このままでは終われないっ!!


是非是非~おばさんの疑問を解決するためにも~続編を作っていただきたいものです


チェイス~国税査察官~全5回ととても短いドラマでしたが、大変楽しく語らせていただきました。お読みくださった方々には心からお礼申し上げます。またこのようなドラマでご一緒できたら幸いに存じます


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチェイス-国税査察官のレビュー一覧」でお読みいただけます

チェイス~国税査察官~第5話「史上最大のスキーム」で村雲の正体が分かりました

江口洋介さん主演の土曜ドラマ、チェイス~国税査察官~の第5話は「史上最大のスキーム」。以下早速ネタバレ行きます~~


檜山基一の父、そして、ARATA演じる村雲修次の父でもあった檜山正道の遺産相続における脱税の手口~それは、あらかじめ遺産と同額の株を購入し、その会社=アンデス山脈にあるリチウム採掘所に事故を起こさせて株価を一気に暴落させるというものでした


(株の)資産価値が1/100に下がれば、相続税も比例して1/100で済む


理屈は分かるけど、どうやって事故を起こさせるのかしらね~と思ってみていましたら、なんと現地のマフィアを雇ったのだそうです!


それって、ものすごぉ~く高くつかへん??


「現地時間の23時に事故が起こり、事故後2時間経ったらウォンから連絡が来る予定だ。大丈夫、この事故で犠牲者は出ない」


ところがですね~待っても待っても連絡が来ないんです。失敗したのかしら??


が、ようやく7時間後、テレビで事故のニュースが流れました。計画通り株価はどんどん下落していきます。


この株価が最安値をつけた時点で~これがほぼ1/100の価格だったのでしょうか、村雲は基一に電話をしました


「止めろ」


そう、ふたりにとっての父=檜山正道の命の綱を断ったのであります


電話を切った後、木彫りのバラを握り締め、背中を丸めてソファに横になる村雲~その脳裏を横切るのは血まみれになったナタの光景!kaeru1


そうなんです。今回はとうとう村雲の過去も明らかになりました


村雲修次~本名、澤村吉弥。1976年、吉弥が8歳の頃、彼はその母=澤村文子と、奈良の吉野でふたりきりの生活を送っていたそうです。その暮らし向きはかなり貧しかったようで、母親は「バラの造花」を作る内職をしていました。


そしてその年、吉弥はある男たちに身代金目当てで誘拐されました。しかも、身代金の要求額、なんと3億円っ!!


「なぜあんな貧乏な家の子どもが?


だれもがそう思っていたのでしょうね。ところが犯人達は知っていました~「大阪のおじさん=檜山正道」が払ってくれる


その時に吉弥が彫っていたのが、村雲がいつも握っているあの「木彫りのバラ」だったのです。そして、身代金が届かなかったことに激高した男は、吉弥の腕をナタで叩き切ってしまった!


~あの偽の身代金は警察が用意したのでしょうか?タイミングを見て踏み込んだところを見るとそんな感じですが・・・ずいぶんお粗末なコトをしたものです


当時の担当警官=谷山努(平田満)が飛び込んだ時には、すでに吉弥の腕は地面に転がっていたそうです。その時、切り落とされた腕の拳にしっかりと握り締められていたのが、この木彫りのバラ


この事件の後、吉弥は自分の素性を知ったのでしょうね。大阪の檜山の家に不法侵入して警察に捕まり、その後、母親の文子はなんと餓死したと言います。そして、この訃報を谷山が知らせても、この父と息子はなんとも言ってよこさなかったのだそうでございます


こんな過去を背負った村雲でしたが、どうやらあのウォンにだけは心を開いていたようです。マフィアを使ったところまではよかったのだけれどその「報酬」の額から諍いがおこったらしく、報復を恐れて自殺しようとしていたウォンが村雲に連絡をして来るシーンがありました。


「どっちみち殺されるからココで死ぬ」


僕たちは悪い朋友だったけど、今まで楽しかったね~修次


「ダメだ!警察へ行けっ!!生きて戻ってくるんだっ!!」


初めて人間らしい村雲を見た思いがしました


こんな村雲に、ずばり切り込んでいく春馬です


「おまえの母親は生きているっ!俺が逢わせてやろう!!」


そう、なんと澤村文子は生きていたようなのです。「死んだ」と知らせた谷山本人が、文子を匿って養っていたのですね~。今ではうれしそうに生きた本当のバラの世話をしていました


実の父を殺し、血のつながった弟の基一をだまして奪った金を持って、村雲は、歌織と息子の光をつれて国外逃亡を図っているのです。カナダ国籍を持つ息子=光に正道の全財産を相続させるために


そんな村雲を「母」というキーワードだけで、春馬は引き止めることができるのでしょうか?


春馬と言えば、村雲を探らせようと三流記者に金を握らせたことが明るみになって、謹慎~そして8Fからは追い出されてしまっています。名目は「課長=栄転」ですが、事実上は左遷ですね


でもそのおかげで娘の鈴子と心を通わせることができました。村雲にイイように踊らされて妻の保険金を全てふいにしてしまった鈴子でしたが、そうなって初めて、父親と母について話す事ができるようになったのです。


お母さんの代わりにお父さんが死ねばよかったのに!


と激しい言葉を投げつけていたのが「お父さんじゃなくてよかった~ってお母さんは思ってたねって。


雪恵さんの死はたしかに哀しく切ないものだったけれど、ここで親子の関係が修復されたことが~おばさんは何よりうれしかったムフフ


自分の家族のみならず、春馬の妻や娘~他の多くの悲劇を生んだこの「スキーム」。最後はどんな形で決着をつけようというのでしょうか?


チェイス~国税査察官~いよいよ来週が最終回です!kaeru4


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチェイス-国税査察官のレビュー一覧」でお読みいただけます

チェイス~国税査察官~第4話「復讐」 怒涛の展開に目が釘付け(゜o゜)!

チェイス~国税査察官も今回が第4話デス。このドラマは6話完結なんですけどね、んもう、ものすごく内容が濃いんです!そして面白いです!!kaeru4


おばさんは、ドラマが面白ければ面白いほど、あらすじ語っちゃいたくなる人なので、今日もまた語らせていただきます~~。未見の方は、今日の放送が終わるまで、あと8時間ほどお待ちくださいマセ


~んもう盛りだくさんだったのでどこから語ってよいやら


まずは、春馬の上司=統括である新谷聡史の話から行きましょうか


春馬が「ライトキャスト」に目をつけたことを統括に話すと、彼はすぐに春馬の真意を見抜くんですね


「お前がこの件を調べたいのは(雪恵さんの)復讐のためかっ!?」


国税査察官に復讐など許されん~そう続けようとした統括に、辞表を差し出す春馬です。


「預かっておいてください


そんな春馬の気持ちを汲んだ統括は、春馬にライトキャストにつながる「反面調査※」に加わるよう指示を出します。ある建設会社の「がさ入れ」があるが、そこと取引のあるRAIGAという会社はライトキャストのグループ会社なのだそうです。


※納税者の得意先、仕入先、取引銀行などに対して税務署が行う調査


「帳簿を見て来い!


違法なのではないかとためらう春馬に統括はこういいました。


「裏で操っているという『指南役』の顔を俺も見てみたい」


もちろん~指南役とは村雲のことです。そしてめでたくライトキャストへの内偵をしようというところまでこぎつけたのですが・・・


この国税の動きを、村雲はいち早くかぎつけました。春馬達の動きを止めるためには何かことを起こさなければならない!


「深爪」という闇の調査員を使って(本当に深爪してました、春馬のスキャンダルを探らせますが、見つかったのは春馬ではなく、統括=新谷のスキャンダル


査察の内定の時に、違法な売春を見逃した国税査察官


でかでかと週刊誌に書きたてられてしまいます。売春で得た収入も立派に課税対象になるので、警察に通報すると徴税ができなくなるというのが「見逃した」理屈らしいです。


~たしかに「火を消している最中に泥棒は捕まえない」かも知れないけど、それもちょっとへんな理屈でやんすね~


マスコミに叩かれ、ついには降格された新谷です(それとも辞職したのかしら?)。が、実は彼、「見逃した」だけではなく、実際「口止め料」を受け取っていたのだそうです


それを聞いた春馬は激怒し、激しく新谷を罵りました。息子を救うためだったから仕方がない~そう言っていた新谷でしたが、その息子も、実は更生していなかったのだとか・・・そしてついに新谷は自殺に追い込まれてしまうのです


自分が統括を殺したと自責の念に駆られる春馬ですが、ことはあの「ライトキャストの内偵」を目前にして起こったということに気づき、再びその周辺を探り始めます


目の前の綱を手繰りよせて、ようやくたどり着いたのは、あの廣川こと村雲修次のところでしたkaeru1


一方、この村雲は、なんとまあ、檜山正道の息子だったとこれまた言うから驚きです。ということは、檜山基一の兄?え?兄弟で一人の女を抱いた??


村雲が檜山正道に対して何らかの恨みがありそうな気はしていましたが、まさか息子だったとはね~。その上、今、その父の死を目の前にして~というよりほぼ殺して、遺産を全て横取りしようとしているだなんて!


檜山の財産で株を購入し、その株価を一時的に暴落させたところで、正道の心臓を止める。相続手続きが完了したら、再び株の価値をあげる。


そんなことが果たして可能なのかと問う基一に、村雲は意味ありげな視線を送ります


「もう、あなたは経験済みのはずですよ」


そう、あの東南アジア航空の旅客機事故です。今度はどうやら、ボリビア、アンデス山脈にあるリチウム採掘所に事故を起こそうと企んでいるようデス


でも、復讐の鬼と化した春馬もまた、この事実をかぎつけました!


「相続だっ!!kaeru4


いやいや~すごいですね。この展開。春馬が自分の正体に気づいたことを未だ知らない村雲を、春馬がどう攻めていくのか~来週もまた見ものですよぉ~!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチェイス-国税査察官のレビュー一覧」でお読みいただけます

チェイス~国税査察官~第3話で春馬に悪魔が囁いた!

江口洋介さん主演のチェイス~国税査察官~の第3話「パーマネント・トラベラー」を見ました。


このチェイスは全6話と短いのですが、内容が濃くてかなり楽しめます。今回のもとっても面白かった~smile


ではさっそく「パーマネント・トラベラー」のあらすじを語らせていただきます。今晩視聴予定の方はまだ読まないでくださいね


今回の8Fのターゲットは「おきつね様」=紺野太志という現役の大臣ですfox2。そしてそのブレーンとなっているのが、国税査察官OBである井坂敏(石橋蓮司)。8F時代のあだなは「びんさん」。


正義感が強くとことん悪を憎んでいたびんさんの口癖はこうだったそうです


「査察が叩く悪に聖域を作ってはならない!」


それが今では「巨悪の片棒」を担いでいるというのですから呆れてしまいます。しかも彼は、8Fの手口を知り尽くしているのですから


そんな妖怪に立ち向かうべく、春馬たちはまず小物を洗い上げようとしています。


そもそも今回この紺野に目をつけたのは、とある山中の工事現場から「3億円」が見つかったのがきっかけでした。そしてその山の所有者は紺野大臣fox2~ここから春馬たちは、この3億円が「たまり」なのではないかと推測したわけなのです


捜査を進めた結果、大内運送という会社と海江田貴俊という画商が浮かび上がってきました。大内運送が、実際には1億しか価値の無い絵画を5億で購入したと言うのです。


~おばさんにはどう高く見積もってもせいぜい1万円ぐらいにしか見えませんでした


ここに3億から4億の「たまり」が発生しているハズだ!


その上大内運送には前述したびんさんの息子が就職していると言います


つまり、大内運送は海江田貴俊を通して紺野大臣に賄賂を提供している=収賄が行われているようなのですkaeru1


その海江田貴俊を調べてみると、彼はこの3年間ずっと海外を転々としているらしい~収入を得ても税金を支払っていないということが分かりました。これがパーマネント・トラベラーというスキーム=脱税の手口なのだそうです。


一方、村雲(ARATA)も同じようなことを考えていました


雇い主の檜山基一(斎藤工)と歌織(麻生久美子)を結婚させて「相続税の無い国」で子どもを生ませ、その子の祖父(檜山正道=中村嘉葎雄)から莫大な財産を相続させようとしているのです。そして正道にはガンが発見され、歌織には首尾よく子どもができたようです。でもこの子が基一と村雲、どちらの子どもなのかはまだ分かりません


「ふたりはパーマネント・トラベラーになって夢を追えばいい」の言葉の裏には一体ナニが隠されているのでしょうか?


その村雲ですが、今回は春馬親子にも近づいてきました


前回、春馬の娘鈴子(水野絵梨奈)を避けようとして事故にあったんでしたよね。最初は相手側とかかわりを持ちたくなかった様子の村雲でしたが、相手が春馬の娘と知ると、がぜん積極的に名乗りを上げてきます。


そこへ運よく鈴子が「慰霊祭」のことを思い出したものですから、春馬もすっかり村雲を信用してしまうんですね。同じ傷を背負ったもの同士として


村雲にとってはまさに「渡りに船」です。査察の懐に飛び込んで情報を探ってやる!ふたりは酒をかわしながら意気投合してしまいます。


そんな中、海江田貴俊が実は国内に潜んでいたことが判明し、いよいよびんさんこと井坂の事務所にも査察の手が伸びることになりました。その前に春馬が訪ねた時「壁にかかっていた絵」も脱税の証拠だったのかもしれません。


ようやく巨悪を叩ける~そう思った矢先、春馬は井坂から、「検察(霞ヶ関一丁目)」が紺野大臣を収賄の罪で検挙したことを知らされます


「お前たちは出し抜かれたんだ」


どうやら品田次長が情報を検察に流したようです。


~ここ、オバサン的には巨悪が叩けたならそれでいいじゃない?と思ってしまうんですが違うんですかね?~


仕事一筋の春馬でしたが、この裏切りには相当ショックを受けたようデス。娘鈴子も不登校で退学になってしまったようですし。。


「愛するものを事故で失った遺族」=廣川(村雲のことです)なら、この苦しみを分かってもらえるような気がする~と村雲に電話をかけました。


「報われなかった善意の裏には同じ重量の悪意が存在するのです」

「あなたにはこの世界を憎む権利がある!」


村雲のこのコトバによって、思いも寄らなかった春馬の恨みや憎しみや怒りが渦を巻いて流れていく様子がひしひしと伝わってきましたkaeru1。江口洋介さん渾身の演技です!


そして春馬はとうとう突き止めます。東南アジア航空の旅客機は、実は「リース」~レバレッジドリース(leveraged lease)!しかも事故によって多額の違約金まで受け取っている。その会社は・・・。


「株式会社ライトキャスト」 これが基一の会社です。


来週はいよいよ春馬が村雲の正体に迫っていくようですkaeru4。そんな村雲に投資を手ほどきしてもらっている娘の鈴子の行く末は?


これはまた来週も目が離せなくなりそうです!kaeru


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチェイス-国税査察官のレビュー一覧」でお読みいただけます

チェイス~第2話 菊地成孔が歌うエンドテーマ「退行」も魅力です♪

江口洋介さん主演のNHK土曜ドラマチェイス」。オバサン、今日までガマンできなくて、ちょいと早めに昨日、Hi-vision放送の方で見ちゃいましたpeace


内容もさることながら、ドラマのエンディングテーマ=退行にもすっかり心を惹かれてしまいます。作詞作曲、歌、すべて菊地成孔さんがこなしています。ミステリアスなドラマの雰囲気にもぴったりですねムフフ


さて、ドラマの方はと申しますと、また新しいスキーム(詐欺の手段)が披露されました


前回登場したzaiccレンタカーの財津社長が、どうしても香港にある裏金~18億が必要だと言うので、ARATA演じる村雲がこんな手段を提案します。それが、


イミテーション・ゴールド


です。思わず歌っちゃうのはオバサンだけでしょうか。あんあんあん、kaeru3 


このスキーム(手口)は、外国製品持ち出し届けという制度を悪用したものです。


海外に行く時、あらかじめ、持ち出す金品を申告しておけば、帰国の時に課税対象とはならないというこの制度を利用して、


1)18億円分の偽の貴金属(イミテーション・ゴールドonpu2)を用意する


2)税関で申告書を提出


3)香港にある18億円で本物を購入し帰国


4)税関では審査を受けなくて済む!


確かに理屈はそうですが、出国する際に、18億円もする貴金属を身につけていたら、その時点でアヤシクね?と、ひそかに突っ込んでしまったオバサンでありんした


結局はこのスキームに気がついた春馬が財津社長を取り押さえることになるのですが・・・


そのがさ入れの際、春馬はまた恐ろしいものを発見するんです。財津社長のデスクの中に、妻の雪恵が乗った飛行機の写真が隠されていた!そこには小さく村雲の姿も映っておりました!


さすが、長年8Fにいただけのことはあります。あの航空機が脱税の道具として使われた~妻は、


「金への飽くなき欲望のために殺された」!?


職業としてだけではなく、一人の人間として復讐を誓う春馬。一方で、春馬の娘、鈴子を引きそうになった村雲が事故に遭い・・・?


こちらもまた怒涛の展開に、目が離せなくなりそうなオバサンなのであります。時間がいくらあっても足りません~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチェイス-国税査察官のレビュー一覧」でお読みいただけます

チェイス・国税査察官~第1話でARATAに大注目!(゜o゜)

江口洋介さん主演のNHK土曜ドラマ~「チェイス~国税査察官~」を見てみました。コレ、期待していたより、ず~っと面白かったです


主役の江口洋介さんもモチロンなんですが、ARATAがなかなかイイっkyaa


能面のような顔立ちで、ちょいと間違えると「きもわる系」なんでやんすが、オバサンは元来そういうタイプをまるっきり嫌いなわけじゃないので、昨日のARATAには、かなりやられてしまったんでやんす


ストーリーもね、設定のわりには分かりやすくて、かなり面白かったpeace


これも、ちょいとだけあらすじ語っちゃおうかなぁ~kaeru3


まず、主人公は春馬草輔という国税査察官。いわゆる「マルサの男」ですが、今時は「マルサ」とは言わないそうです。彼は「内偵」(書類などを調査する)を担当するので、その課がある「8階」と呼ばれています。ちなみに実際に捜索を行う「実施班」は「9階」と呼ぶそうです


家族にもほとんど会えず日夜内偵に励む春馬ですが、ある時、1枚の偽造領収書をきっかけに、Zaiccレンタカーという会社が20億円という巨額な脱税をしていることを探り出します。


が、隠し財産である「たまり」は、すでに、タックスヘイブン=Tax Heaven(なんでヘイブン?)税金のかからないカリブ海のヴァージン諸島へと持ち込まれてしまいました


この「脱税天国」を日本から調査するのは難しいらしいのですが、明らかな脱税とみなされる場合は当局が捜査を認めてくれるのだと言います。がぜん張り切る春馬たちです


が、問題はそれほど単純ではありませんでした


実はこのZaiccレンタカーが「たまり」を託した川島圭介は余命いくばくも無い人間でした。川島を社長として「たまり」を預かったその架空会社は、川島の命と共に消失するというわけなんですkaeru1


今回そんな川島をターゲットにしたのが、ARATA演じるところのカリブ海の手品師こと天才脱税コンサルタント、村雲修次、その人でした。


どうやら、この村雲と川島、そしてその妻の歌織は、古い友人であり、恋の三角関係にあったようでございます。3人とも証券会社にでも勤めていたのかしらね?それとも、韓ドラ並みに、一緒にMBAでも取っていたのかな


村雲の左腕は義手のようでしたが、ここにも何か謎が隠されているようです


そして、この村雲を巡るもう一人の人物~これが檜山基一(斎藤工)。人材派遣会社、ライトキャストの社長で、どうやら資産家のお坊ちゃまのようデス


実はこの檜山が、村雲の「脱税の実力」を試すために、先のレンタカー会社を紹介したのです。


そして、その力は実際に檜山の元でも発揮されていました。


檜山はタックスヘイブンであるヴァージン諸島で、旅客機を一機購入したようなのです。価格は40億円。それを航空会社にリースして10年かけて減価償却をするというレバレッジドリース(leveraged lease)を勧められました。これは立派に「合法的な」節税の方法です。


「ただし、リース先の東アジア航空には、経営に問題があります。顧客としては利用しない方がいいですよ」


案の定、この飛行機が墜落するという事故が起きます。そして、そこには、春馬の妻=雪恵(木村多江)が乗っていました。結婚後初めてのふたりの旅行のはずが、春馬が仕事ですっぽかしたために、ひとり笑顔で旅立った妻が・・・。


お母さんが死んだのはお父さんのせいよ!


慌てて村雲に連絡を取る檜山に、村雲はいとも冷静にこう言ってのけました。


「これで、航空会社からアナタに保証金が支払われます


雪恵を含めて9人の日本人と残りの乗客たちの命は、この檜山に「脱税の道具」として使われてしまったのです!!なんという卑劣な男なのでしょう!(でも、惹かれるんですよね~悪の魅力?


脱税を巡る攻防のほかに人間ドラマも織り交ぜたチェイス。全6回という短いクールの中、どんな展開を見せてくれるのか~これもまた楽しみでございますムフフ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチェイス-国税査察官のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング