ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

あいの結婚相談所 ネタバレと感想 第2&3話 結構泣かせる話です

山崎育三郎さん主演の深夜ドラマ、【あいの結婚相談所】も毎週楽しく見ています。も~この手のバカバカしいコメディは大~好きなのです。時にちょいと引くシーンもあったりするけど(美波里さんのギャグにはビックリ)、それもまた深夜ならではで許せちゃう


それに、深夜とは思えない豪華なゲストも見どころですよね。第2話は釈由美子さん、そして3話は内山理名さんですよ~。特に3話は、内山さんが好きだというだけじゃなくて、ストーリーも共感するところが多くてめちゃ楽しめました


以下、2話と3話の簡単なネタバレのあらすじです。正直申し上げて1話ではか~なり引いた「動物のたとえ話」が、2話と3話では思わず感心してしまったので、その辺もあっさり加えておきます


2話の依頼人は、マンションで託児所を経営している園田有希(釈由美子)です。有希はストーカーの被害にあって困っているという話でしたが、その犯人が、顔ぶれを見ただけですぐに分かってしまったのはちと残念でした。あんなとこで小倉一郎さんを出したらダメですよね~。彼以外にいないじゃないか!って感じでやんす


でも小倉さん演じるおじさんは決してストーカーではなく、マンションを売りたいと考えていたのに、有希の託児所がうるさいため、騒音被害を理由にマンションの値が下がるのを憂慮しての苦肉の策だったのだそう


最初は、藍野が紹介した見合い相手の奥崎亮輔(柏原収史)がストーカーでは?と疑われましたが、ある意味これは当たっていて、奥崎は、2年前に有希にマンションを紹介した不動産屋で、その時以来、ずっと有希を好ましく思い、何かと陰で力になってくれていたという、ストーカーはストーカーでもありがた~いストーカーだったというオチです


このストーカーにちなんで紹介された動物は「ショウドウツバメ」でした。ショウドウツバメは、産卵期間中、雄がこれと見込んだ雌の後ろをついて飛んでいくのだそうですが、これは雌を守るというより、他の雄と交尾させないため=配偶者防衛のためなのだそう。へぇ~


ま、こちらの話はわりと地味だったのですが、最後は早くもお約束?のCongratulations! Celebration!!の歌とダンスが披露されたのがまた楽しかった~。逃げ恥ダンスには負けますが、これも結構癖になります


さて3話の依頼人は「元アイドル今毒舌タレント」として活躍中の小津祥子(内山理名)です。しかも祥子は今はやり?のモラハラで、離婚した夫から訴えられているのだそうです。


本来なら、入会金に200万掛かるところ、藍野が祥子のファンだということで、今回は無料で縁談が組まれることになりました。最初は渋っていた祥子も、自分がアイドルだったことを知らず、子どもが嫌いな男性なら会ってみてもいいと妥協します。


藍野は早速奈良一雄(金井勇太)という相手を探し出してきました。奈良は、中学を出たらすぐに働き始めたそうで、祥子がアイドルをしていた頃はテレビを見る暇がなかったそうです。その上、幼い頃に両親と離れてしまったため、子どもをどう扱ってよいか分からないそう。


いつも通りパソコンで会話を交わしているうちに、ふたりはすっかり意気投合してしまいました。奈良は祥子が何をしても理解を示してくれるため、祥子は奈良の前では「ありのままの自分」でいられるようです


そもそも祥子が前の夫と別れたのは、その男が「アイドルとしての祥子が好きだっただけで、祥子自身を愛していた訳ではなかったからだそう。しかもその男は祥子に「マダニ」のように張り付いて金をむしり取った挙句、離婚されるとそれをネタにマスコミにありもしない噂を流しては、祥子から口止め料を引き出そうとしていたのです


ここで藍野が例に出した動物は「ハクトウワシ」です。ハクトウワシは雌雄が空高く舞い上がった後、双方の足をしっかり繋いで落下することで互いの愛を確認するのだそうです


人間もそこまで相手を信じることができれば、もっと自由に恋をすることができるのに


祥子が恋に臆病になったのは、幼い頃母親に捨てられたトラウマも大きかったそうです。


が、その母親は自分のせいで祥子が不幸になったことをずっと後悔していて、自分の余命が短いことを知ると、祥子のために相手を探してほしいと藍野に依頼したのだそうです。入会金が無料だったのは、この母から既に貰っていたからなのだとか


しかも見合い相手の奈良は、本当はアイドル好きな上に、恵まれない子どもたちへの支援もしているそうです。一方の祥子も、本心では子供が大好きで、ず~っと温かい家庭に憧れていたのだとか。母が自分を愛してくれていたことを知った祥子は、ようやく心に刺さった棘を抜くことができ、自分に素直になれました


こうして今回もまた、これ以上にない似合いの相手を探し出してくれたあいの結婚相談所~来週のゲストは谷村美月さんだそうです。これまたとっても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はあいの結婚相談所のレビュー一覧」でお読みいただけます

あいの結婚相談所 あらすじと感想 第1話 深夜ならではの贅沢なコメディに大喜び

山崎育三郎さん主演の深夜ドラマ、【あいの結婚相談所】を覗いてみましたあいの結婚相談所のあらすじ行きますよ~(^^)/


最近は深夜ドラマでピンとくる作品に出会えなかったのですが、こ~れは実に面白かったです深夜ならではのバカバカしさと贅沢さ、そして真面目さがうま~く噛み合って、最初から最後まで飽きることなく楽しめました。思わぬ拾いものをした気分です


それに、山崎さんというと、「下町ロケット」の真野、「グッドパートナー」の赤星と、どちらもイケメンではあるものの、今一つ厭味ったらしい役柄(あ、イケメンだからですね~きっと)で、印象があまり良くなかったのですが、この藍野はものすごぉ~く楽しかった


あの無駄に派手な衣装、そして無駄に派手な動きと表情、極めつけはその無駄に素晴らしい歌唱力)、もうミュージカルの醍醐味がたっぷり詰まった深夜ドラマなんて贅沢の極みでござりましょう。ちなみにおばさんはミュージカルが大好きですあいの結婚相談所が気に入った(^^)/


途中で何か閃いたのか、いきなりピアノに向かって「ババーン、ババーン」と弾き出したのは大笑いでした。いやいや濃すぎでしょ、このキャラ


共演者には、さりげなく、前田美波里さんや鹿賀丈史さんもいらしたことから、彼らもまたきっと歌ったり踊ったりするのかもしれませんね。それも今から楽しみです


またこの山崎さん演じるところの「藍野」がいかにも深夜のキャラらしく、癖の強~い人物なのが楽しかった。元は動物行動学の准教授だそうで、動物に対する愛情や知識が人一倍なのに、人間にはかなりの毒舌を吐くのがまた実に面白い


普段はかなり冷静沈着に見えるのに、一旦タガが外れると、思いっきりぶっ飛んでしまう~まさに深夜コメディの主人公にうってつけです。


と大絶賛の「あいの結婚相談所」ですが、ストーリー自体は結構真面目で感動的だったりします。これまたこのギャップが良いのですよね


まずは見てのお楽しみ~で〆たいところですが、一応簡単なあらすじもまとめておきます


あいの結婚相談所」の所長、藍野真伍(山崎育三郎)は、元物行動学の准教授です。この相談所のモットーは「成婚率100%」ですが、入会金はなんと200万もかかるそう。しかも、結婚が決まるまで相手と直接会うことは許されません。


派手なスーツに身を包みながらも、その言動たるやいかにも人を馬鹿にした藍野ですが、シスター・エリザベス(高梨臨)を初めとするスタッフに恵まれ、相談者には事欠かぬようです。


今回の相談者は、そのシスターがチラシを配ったエリートサラリーマンの横田和之(加藤晴彦)でした。横田は屋上で佇んでいたため、シスターは自殺をするものと思い込み、慌てて止めに行ったのです


チラシをもらった横田は早速事務所を訪れ、結婚相手を探してほしいと依頼しました。自然の中で暮らしたいという横田に、藍野は早速「土地持ちの女性=中野瑞絵(市川由衣)を探し出します。中野が出した条件は、祖父が所有する土地に一緒に植樹をしてくれること。


規約通りテレビ電話で会話をしたところ、中野は土地の所有者である祖父の看病をしていることが判明しました。入院中らしい祖父の容体が変わったのを見た横田は即、中野にプロポーズします。


しかもその後の調べで、横田は会社に大損をさせて休職していたことが判明したため、藍野は横田に、中野の家の土地価格はかなり低いことを明かしました。すると横田はすぐにプロポーズを撤回してきたではありませんか?


潔癖なシスターは腹を立て、相談所のオーナー、都築賢一郎(鹿賀丈史)も、横田をいかにも胡散臭いと非難しました。果たして横田は本当に土地狙いの結婚詐欺師だったのでしょうか?


以下ネタバレです。


いやいやこれがですね、横田は純粋に自然を愛し、中野のことを思っていたのだそうです。横田がプロポーズを取り消したのは、休職前は本当に自殺を考えるほど悩んでいたのが、ようやく中野との縁をきっかけに一念発起しようとしたのに、会社から子会社への転勤を命じられたため、年収が減ることを負い目に感じたからなのだそうです


中野は、自分も働いているからと、結婚相手の年収は300万以上であればよいと語ったそうですが、横田はそれでは足りないだろうと及び腰です。


すると藍野は、満を持してある秘密を明かしました。中野の祖父の所有する土地自体の価格は確かに低いのですが、そこに植樹しているのは「ひのき」であり、それが生育した暁には数千万で売却できるそうです


ここでおもむろにまた藍野が歌いだし躍り出したのが楽しかった~これがなかなか上手いんだ~さすがミュージカル俳優ですね(^^)/Congratulatons!


また、藍野から「結婚弱者」と決めつけられた秋山里子(小沢真珠)は藍野の挑発に乗って入会金200万を支払ったものの、年収3000万という条件が本当に満たされているのか知りたくて、規約を破って直接本人に会いに行ってしまいました


その相手が失業中だと知った秋山は事務所に怒鳴り込んできますが、そんな秋山にも藍野はサラリと言ってのけます。秋山の相手はこの度株で30億の利益を上げたのだそうです。これでも入会金を返しますか?


最初の例は結婚後も幸せになれそうだったけど、この例はちと不安でござりまするね。結婚はすれば終わりというものではありませんから


とはいえ、コメディとしては大いに楽しめそうです。「あいの結婚相談所」は続きを見るのが楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はあいの結婚相談所のレビュー一覧」でお読みいただけます

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 後編 ネタバレと感想 また1年後!

宮藤官九郎さん脚本の【ゆとりですがなにか】のスペシャル番組、「純米吟醸純情編」は後編も面白かったですね~。途中のCM~クドカンとヤマジーもちゃんとチェックしちゃいましたよ


以下ネタバレのあらすじですゆとりですがなにかのあらすじ行きますよ~(^^)/


まりぶから連絡を受けた正道は、山路が学校で相当な板挟みになっていたことを聞いても、だからってなにも辞めることはなかったのに、と首を振りました。どうやら、あの日の記憶がほとんどぶっ飛んでるようです


一度も社会に出たこと無い奴に言われたくないよ!学校の先生って社会人って言えるのかな!!まったく八つ当たりもイイトコvv


まりぶに急かされて走馬灯のようによみがえってきたその映像にショックを受ける正道です


山路を傷つけたのは俺だっ!?最低だ、悔やんでも悔やんでも悔やみきれないギプスの足をバタバタさせながら後悔しきりでした~と暴れていたところに、山岸から電話がかかってきます。どうやらインスタグラムで山路を見つけたそうなのです。も~正道、山路と山岸の区別ついてませんから


#山ちゃん


で検索したところ、郡山のダイユーエイトで山路と笠木久美が撮った写真が見つかったのだそう。その背後に映っていた赤べこと中畑で山路が郡山に帰ったことが判明しました。その報告をする山岸のおっぱいTシャツ、いつ誰が作ったのでしょうか


こうしてまりぶと正道は早速山路の故郷へ向かいました。そこでは「山ちゃん」を悪く言うものはだれ一人おらず、彼は故郷の期待の星だったのだそうです。両親でさえ息子を「山ちゃん」と呼んでいるそう


その両親曰く、山路が教師を辞めたのは、正道の罵りのためではなく、悦子に振られたことが原因だったそうです。それを聞いた正道が、じぶんのせいではなかったと安堵するのがまたいかにも正道らしかった


~吉岡里帆さんの第一印象はとっても良かったのに、ここんとこ立て続けに苦手な役どころが続いてちと敬遠気味です。それだけ上手なんでしょうケド~


そして肝心の山路は、笠木久美の身の上話にいたく同情してしまったそうです。久美には幼い娘、未来がいるのに、最初の男に始まっていまだにDV亭主に苦しんでいる話に耐えられなかった山路は、3人で駆け落ちすることにしたのだそうです。未来役の新井美羽ちゃんも大河女優(おとわ@おんな城主直虎)ですね


でもこれも、やはり期待通り、「なんか違うと言われて逃げられてしまったそうです。未来を託された山路は、仕方なく坂間酒造を訪れたそう


その頃、正道とまりぶは、ひとり郡山に戻った久美の店「ビーマイベイビー」にいて、茜からの連絡を受けていました。驚いたふたりは、あっけらかんとしらばくれようとした久美を東京に連れていきますが、山路と久美の線は無さそうです。久美が東京に来たのは、茜の妊娠を皆に告げるためだけだったように思えたのはおばさんだけでございましょうか。


えええええ~っ!どうして言ってくれなかったの??


だ~か~ら~気づかん方がおかしいんだってマーチンとやまじーはともかく、まりぶは気づいても良さそうなのに(;´∀`)


こうしてお祝いムード一色に包まれた坂間家を出た久美と未来はふたりで郡山に帰っていきました。その後を追おうとした山路は、あと一押しができず、したっけ(=それじゃあ)、バイバイ、と見送ります。これが童〇の限界でしょうか


でもそんな山路が出した辞表は、教頭の藤原節子(原扶貴子)が預かって留め置いてくれていたそうです。藤原は、山路はきっと戻ってくると信じ、休職扱いにしてくれていたのだそうですよ。何ともありがたい話でござるね。野上の弁当屋のマダムキラーで終わらずに済んで本当に良かった


こうして山路は再び教壇に立ち、正道は、これまた何となくの予感通り、モノレール話が変更となって3億5千万が「とらぬ狸」となったため、再び酒造業に精出すことになったそうです。新製品は純米吟醸酒、「さとりの境地」だそうです。


そして、期待のまりぶはというと、中国に留学することにしたそうです。嫁の「中国人エビチリ食べない」の言葉にヒントを得たまりぶは、エビチリ専門店を中国全土に展開しようとしているのだとか。さすがは「規格外」でござりまするね


そして3人は次は1年後に会おうと言って別れていきました。おばさんもまた、1年後、彼らに会えるのを楽しみに待ちたいと思いますあ~本当に楽しかった♪



また最初から見返してみたいですね~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はゆとりですがなにかのレビュー一覧」でお読みいただけます

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前編 ネタバレと感想

宮藤官九郎さん脚本の【ゆとりですがなにか】のスペシャル番組が放送されると知った時は本当に嬉しくて放送日を心待ちにしておりました。いやいや相変わらず笑かせてくれましたね~ゆとりですがなにかが大好き(^^)/。ちと気は早いけれど、今回は「純米吟醸純情編」ということなので、将来的にも「〇〇編」が製作されると考えてよいのではないでしょうか


以下ネタバレの簡単あらすじ感想文ですゆとりですがなにか~純米吟醸純情編のネタバレ行きますよ~(^^)/


時はあの感動的な最終回から1年後という設定のようです。坂間家の茶の間には、正和の兄・宗孝夫婦と正和の母に加えて、兄夫婦の息子が生まれて賑やかになっていました


そこへもってきて、どうやら茜もおめでたのようですが~というかそのようにしか見えなかったのに、これには茜を除く誰一人として気づいていなかったらしいのには驚きました


いくら毎日見ていても気づくでしょう~さすがに。あの茜がよく黙っていましたね。あ、茜だから黙っていたのかな


さて、その坂間酒造では最初の「ゆとりの民」に続いて「ゆとりの民スパークリング」、そして「ゆとりの神」を製造販売したそうですが、順調だったのはスパークリングまでで、「神」では人気が出ず、またしても赤字となったそうです


そこへやってきたのが東京オリンピックに向けた「再開発」です。何でも坂間酒造の上をモノレールが走ることになったそうで、立ち退きには3億5千万が支払われることになったのだそう。え~都民ファースト圧勝の小池都知事がそんな大金払うかしらね


もちろん宗孝とみどりは大喜びです。ずっと宗孝の「商売下手」を見てきた和代も腹を決めたようでした。


ただ一人、正和だけが反対しますが、何せ相変わらず何の力も持たないため~いまだに「鳥の民」との専属契約だけが頼みの綱で、発言権がありません。あの時以来従業員となったまりぶの元舎弟、豊臣だけは正和の味方をしてくれますが、これもまた、口だけは達者だけど、正和に輪をかけた非力ぶりです


それで正和は仕方なくまた外で働くことにしたようで、以前のレンタルおじさんではなく、ぶりっ子営業担当の富田(清野菜名)に相談することにしたようです。


一方そのレンタルおじさん=麻生あらため道上は、昔取った杵柄で、再び不動産業に復帰していたようです。東京オリンピックのおかげで第二のバブルが来るのだと大はしゃぎなのがまた可笑しかったですね~


私はこれで二度めですから、踊り方、体が覚えているんですよも~生き生きしてるし( *´艸`)


道上は今、ウォーターフロントのタワーマンションを扱っているそうです。


そのタワマンを、「おそらくはつわりで気持ちが悪いのに誰にも気づかれないため単にぶーたれていたように見えた茜」を除き、今では実家を出て独り暮らしのゆとりも加えた坂間家がそろって見に行って大はしゃぎでしたが、みどりは今やすっかり姑とは別居するつもりでいたようです。姑は正和に押し付けるつもりでしょうか。


一方、相変わらず教師を続けていた山路は、今では学年主任になっていました。たまたま鳥の民に飲みに来た正和に誘われて、ちょいと嫌々ながらやってきた山路も、時々は鳥の民に来ていたようです。その直前、悦子が彼氏とデートしていたシーンが映りましたが、山路が今でも悦子に未練があるとは思いたくありません


こうしてふたりが顔をそろえた鳥の民には、山岸に連れられてまりぶもやってきていました。まりぶは山岸の大学の後輩となったようで、OB訪問と称してみんみんホールディングスを訪れていたらしいのです


先輩みてえに特に努力もしねえで入れる大学入ってさ、入れる会社に就職してさ、社長になれるわけじゃねえ、どころか、社長に顔も覚えてもらえねえ末端社員でも、モチベーションは保てるもんなの?


いやいや相変わらず鋭い舌鋒でござりまするね。イイ気になって説教たれてた山岸も、これにはたじたじで仕方なく河岸を変えた、いや、変えざるを得なかったのです


道上さんは大丈夫。だって規格外だもの。ゼロか100っていうか、3日で辞めるか社長になるか、みたいな?


問題はその他大勢の学生たちだ、何もできないのなら、せめて何がしたいか自分で決めろ、とまたしてもエラソーに語り始めた山岸に、まりぶは以前の情けない山岸の姿を暴露し、お前は何も分かってないと説教し返しました


何がしたいか決まっているような奴はお前なんか頼ってこねえよ。何していいか分からなくて、使えるコネも使い切って、恥を忍んで頼み込んでんだよ。もっと明るい話題はねえのかよ!


相変わらずのカリスマに、学生たちの視線は自然とまりぶに向くのでありましたどっちが先輩かわかりゃしない(;´∀`)。取り残された山岸には、相変わらず鳥の民の店長およびバイトから容赦ない催促の声がかかります


解凍未だ?口ばっかりだからな、社員さんは先やっといてって言ったっすよね!


以前は目立たなかった中森(矢本悠馬)も某大河ドラマですっかりお馴染みになりました。そこではまたまりぶと共演中ですね


ようやく山路が到着して、再び3人が揃った時にはもう既に、まりぶは「舎弟」を従えたボスの顔をしていました。あ~あれじゃあフツーの就職は難しいですね~やはり


そこへ今度はユカもやってきて、相変わらずの悪口雑言を披露します。いやいや日本人死ネ、には参りましたね~。エビチリは知らんけど、確かに中国では焼いた餃子は食べないそうです。ご近所の中国人女性から頂くのもいつも水餃子です


このふたりが帰った後、山路はその日が茜の誕生日だと指摘しました。不意を突かれた正和はすぐに帰るでもなく、ひたすら酒を飲み続けます。ストレスが溜まりすぎて限界に来ていたのですね~きっと


が、山路は、こちらも学年主任という中間管理職の辛さに苦しんでいたため、正論吐くのを辞められません


正和が会社を辞めたから茜も辞めざるを得なかった。家庭に入ったと言えば聞こえはいいけど、その「家族」は他人も同然、彼女にとって坂間家は「社会」だ。一日中その他人の中で頑張っている茜の誕生日すら忘れて、夫は会社を辞めたことを後悔している


半分は言い過ぎたけど半分は本気だと言って帰ろうとした山路を追いかけた正和が反論します


「社会」を知らない人間にエラソーに社会を語ってほしくない!教師なんて狭い世界で生きている世間知らずだ。エラソーに教壇で人生語っちゃって。子どもが相手じゃ楽勝じゃん!!所詮相手は子供だし


いやいや、今時は教師も大変なのですよ~昔とは違うって、とは言わず、山路は黙って去っていったそうです。図星を指されたのに逆切れして山路を罵った正和は、その報いで脚を折ってしまったそうです


その正和を送ってきた山岸は即、茜の妊娠に気づいたようです。何度も言うようで恐縮ですが、気づかないほうがおかしいですよね


その後山路は学校を辞めて郷里の郡山に帰ったようです。え~今時郡山で、いくらダイユーエイトとは言え、あんなに訛って客の応対をする店員はいませんよ~と福島県民は反論したいところでやんすが


でもその訛りの強い店員=笠木久美(蒼井優)は山路の同級生のようです。こんどこそ童貞を卒業できるのか?は次回にこうご期待でござりまするゆとりですがなにか~純米吟醸純情編は来週の放送も楽しみですねゆとりですがなにかが面白い(^^)/



また最初から見返してみたいですね~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はゆとりですがなにかのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメディその他
 コメディ

貴族探偵 ネタバレと感想 第2話 いや~これクセになりそう♪

貴族探偵】は2話目も面白かったですね~。むしろストーリー的には1話より2話目の方が面白かったかもしれません。ミステリーもこっちの方がなかなかよくできていたかも


それに最初はちょっとぎこちなく思えた水戸黄門ご一行の貴族版?、否、貴族とその召使たちの実に大真面目な時代錯誤が、すっかりクセになってしまいそうです。まあでも個人的に最も気に入ったのは「再現ビデオ」なんですけどね


また前回は不覚にも気づきませんでしたが、仲間由紀恵ちゃんはスマホの検索アプリ、「ギリ」の声を担当していたのですね~。今回気づいて大喜びでした


以下簡単なネタバレのあらすじです貴族探偵の感想行きますよ~(^^)/


今回高徳愛香(もしや四国四県の頭文字か?!)はミステリー作家の厄神春柾(大和田伸也)の別荘に呼ばれました。厄神とその編集者だという日岡美咲(紺野まひる)は、愛香の師匠、喜多見切子とも面識があったそうです


が、別荘へ向かっていたふたりの車の前に、突如大きな岩が落ちてきました。そこでふたりが足止めを食っているところに、またしても偶然、貴族探偵一行が現れます。フェミニストの貴族サマは既に美咲にアプローチを始めていました


落石のことを聞いた貴族サマは危ないと怒りだし、岩が落ちてきたのが別荘だとあたりをつけて乗り込んでいきます


どんなに大きな別荘も貴族サマにとっては小屋にしか見えないのか、土足でどんどん上がりこんでいったその先、通常は出入り禁止の厄神の仕事部屋には、なんとなんとその厄神が死体となって転がっていました


果たして犯人は誰なのか?愛香たちを襲った落石には何か意味があったのか?


まずはお約束通り、最初は愛香が推理しました。愛香は厄神とダブル不倫関係にあった美咲と松尾早織(豊田エリー)が共謀して、女性の敵、厄神を殺したと結論付けます。


3人が不倫関係にあったことは「茶革の手帳」に記されていたのを鼻形の部下、ゆとり世代の常見慎吾(岡山天音)が見抜きました。革のカバーは読まれたくない本につけてあるそうで、鼻形もエ〇本を読む際に愛用しているのだとか


対する貴族探偵からは田中が応戦しますみぽりんがすっかりおばちゃんで(^◇^)。田中は厄神の大ファンだったこともあり、今回は特に力を入れて推理したようです。その田中が犯人との目星をつけたのは、厄神の妻、令子(横山めぐみ)と編集者の滝野光敏(丸山智己)でした。


でもふたりは宅配便業者の証言から、厄神殺害および落石の時間には本宅にいたことが分かっています。それに愛香は、厄神から流れ出た血液がベッドに付着していた様子から、厄神は間違いなく別荘の仕事部屋で殺されたと主張します。


以下ネタバレです。ここからの「再現ビデオ」がまた実に楽しかった~あの黒装束がまたクセになりそう黒子だから?


田中の推理によると、夫の浮気に悩まされ続けた令子もまた滝野と不倫関係にあったのだそうです。ふたりは本宅で愛し合っていたところを厄神に見つけられたため、令子が厄神を殴り殺してしまったそうです。


アリバイを作るためにはドローンを使って岩を落としたのだそうです。厄神愛用の小型トラックで(押して)岩を落とすのに、ドローンで車輪止めを外したようでしたね。こうして時間稼ぎをしている間に、ふたりはベッドごと厄神の遺体を別荘に運んだらしい


それ以外にもこまごまとしたつじつま合わせがなされてましたが、それもなかなか綿密で面白かった、と記憶してます。


というのも、ここはその謎解きを楽しむより、山田と佐藤の小芝居の印象が強すぎて、見終わった後詳細はどこかへぶっ飛んでしまうのでござりまする


ちなみに令子役は山本で滝野役は佐藤です。いや~このふたりのラブシーンと山本の髪飾り、そして恥じらいと驚きの表情がまだ脳裏に焼き付いてます


それでも令子は最後まで夫を愛していたというオチもあったかくて良かったですよね。厄神はその名の通り?ゲン担ぎだったため、ベッドごと運んできた遺体は、北枕ではなく寝かされていたそうです


さ~て来週はいったいどんな展開で笑かせてくれるのか、貴族探偵は続きを見るのが楽しみです


~とはいうものの、家庭の事情で余裕がなくなってしまったため、大変残念ではありますが、今回は視聴を断念させていただくことにいたしました


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコメディその他のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメディその他
 コメディ

貴族探偵 感想 第1話 大の大人の真面目なコメディに大爆笑!

今季の月9、【貴族探偵】を視聴しました。いや~1時間半もあったとは思えないほど楽しくて、終始ゲラゲラ笑って見ていました貴族探偵が面白かった(^^)/


こう言っては申し訳ないけれど、ミステリーの方はほとんど興味が湧かなかったので、あくまでも「コメディ」として楽しみました。奇しくもカテゴリー的に昔大好きだった「警部補矢部謙三」の隣に位置したのも偶然とは思えません。そのうち仲間由紀恵ちゃんも出てくるんですよね?


大の大人が真面目な顔でキッチリ演じるコメディは本来大好物なのです。これまた差しさわりがあるかもしれませんけど、主役の「貴族探偵」(相葉雅紀~倉田健太@ようこそ、わが家へ・爆)の影が薄いのがまたそれを一層盛り立てていた気がします()。


こちらは真面目に探偵業をしていた高徳愛香(武井咲~安倍晴子@お天気お姉さん)もカリカリ怒っていたように、実際に謎解きをしていたのは貴族ではなく召使たちなのですものね


武井咲ちゃんが可愛い( *´艸`)


その武井さんも、美しい顔を懸命に崩して大健闘でしたね~。も~あのヒトコブラクダの比喩にはお腹抱えて大笑いでした。でもおばさんの経験によると、「ラクダ」に例えられる人って、結構美形多いんですよね。あ、好みの問題ですし、フォローになっていない気がしますが


そして何と言っても素晴らしかったのは、その召使たちです。執事の山本(松重豊~和田編集長@重版出来!)、運転手の佐藤(滝藤賢一~高畑一寸@重版出来!)、メイドの田中(中山美穂)たちの大活躍には大いに楽しませてもらいました貴族探偵の召使が有能すぎて楽しすぎ(^^)/


特に山本と佐藤は絶品でしたね。あのぬ~っと音もなく現れる茫洋感は松重さんならではですし、時として主人を主人とも思わない鋭い突っ込みを入れるキャラは滝藤さんにピッタリです


また、田中の絵の下手さにも大笑いでした。確かTRICKの山田もエラク絵が下手だったような記憶があります。これは原作のあるドラマだそうですので、TRICKとは無関係でしょうケド


それに、全体(無駄)に漂う「貴族=高級感も楽しかった~。モチロン、そこにただ一人なじめない鼻形(はながた≠花形)雷雨(生瀬勝久)が、ここはもうお約束で、また実に可笑しかった。生瀬はやっぱりこの手のあほらしい、否、アホなキャラがピッタリです


また地味なところでは、どっちが名前なのか分からない鑑識の冬樹和泉(田中道子)や、一歩間違えると鬱陶しいけどそのさじ加減が抜群だった玉村依子(木南晴夏~佐々木琴音@火の粉)も面白かったです。


後は~そうそう、愛香から「師匠」(井川遥)と呼ばれていた女性は、もしかして「幽霊」さんでございましょうか?


今回あ~んまりストーリー自体には興味なかったのですが、この師匠と貴族探偵の因縁?はちょっと興味深かったですね~。大口あけて笑ってばかりおらんと、そこんとこ、ちょっと注意して見ていきたいです


お、やっぱりあらすじは語れませんでした


相葉雅紀さんのファンの方、真面目にご覧になった方には大変失礼な感想文となりましたこと、重ね重ねお詫び申し上げまする。「貴族探偵」は続きもとっても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコメディその他のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング