2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

「ギルティ 悪魔と契約した女」のレビュー一覧

ギルティ 悪魔と契約した女~納得の最終回!

菅野美穂主演のギルティ~悪魔と契約した女。最終回の副題は「永遠に愛してる・・・・」でした


ギルティ~いったいこれの最後はどう収めるのかなぁ~と興味深々だったおばさんですが、この最終回には大満足しちゃいました


いくら冤罪の復讐とは言え、どんなに相手が極悪非道の卑怯者であれ、今の日本が法治国家である限り、芽衣子が無罪になるはずは無く、最終回の三沢準を入れて計4人も殺したのですから、どんなに情状酌量を鑑みても極刑は免れないことでしょう


となると、あそこで下手に「黒幕」の三沢を助けたりせず三沢は溺死、死への恐怖を存分に味あわせた上で殺害し、自分もまた、愛する人の腕の中で逝く「永遠にさようなら」は「永遠に愛してる」~おそらくはその唇に残った毒で、その愛人も後を追う決してひとりでは逝かせない!


現実社会では決して許したくないけれど、ドラマだからこそ、このエンディングがとても美しいものにおばさんの目には映りました自殺はアカンよ


憎い夫に似ているからと、自分の娘をも憎んだ母親が、最後にはその娘に許しを請い、ここにきてようやく「真実の愛を知った娘は、そんな母親をも許すことができるようになった


芽衣子を陥れた人間達は憎いけれど、そんな芽衣子のために、たとえ罪悪感からでも、一生を賭けてその罪を償おうとした三輪周平、真実を暴くため、ジャーナリストの域を超えて芽衣子に協力を惜しまなかった堂島基一、そして、文字通り全身全霊、全てをかけて愛してくれた真島拓朗。


そんなたくさんの愛に包まれて旅立った芽衣子は、きっと満足だったに違いないとおばさんは思いますギルティの最終回は美しかった


信じていた琴美の告白~15年まえの事件の発端は自分だった~にはショックを受けたでしょうが、琴美もまた犠牲者だったのだと今の芽衣子にならそう思えたに違いありません


むふふ~やっぱり横山めぐみ=琴美が「影の真犯人でしたね横山めぐみが真犯人!。なんかね~ゼッタイに怪しいと思ってました。でも三沢の実の娘だったとは~かなりサバ読んでません?


ロマンスにミステリー、そして時々コメディ~ペーソスかな(堂島)と、なかなか見応えのあるドラマでした。菅野美穂らの主役が素晴らしかったのはもちろんのこと、万里役の吉瀬美智子の好感度が上がったのも収穫でした。最後までとっても面白かったです唐沢寿明もよかった。また来季も面白いドラマを期待してます。ギルティ最終回に大満足!


この夜を止めてよ この歌も抜群ですねonpu2

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

ギルティ 悪魔と契約した女 第10話 黒幕の「愛人」はダレだ?!

菅野美穂主演の「ギルティ~悪魔と契約した女。今週の副題は「遂に登場!黒幕の素顔」です。ここでいう「黒幕」はあの三沢 豪(津嘉山正種)のことでしょうかね。「法務大臣」というまさに法を司る立場の人間自らその立場を悪用しているという、なんともあきれ果てた政官界の腐りようですギルティ 悪魔と契約した女あらすじ


堂島の記事を託された芽衣子を始末しようと追いかける宇喜多、その宇喜多の手助けをして、芽衣子が匿われている捜査一課に嘘の情報を流す三沢準


それでも、そこまでして芽衣子を追い詰めたのに「盗聴」の可能性さえ疑わなかった宇喜多は実に間抜けでやんしたね。盗聴どころか


「記者クラブ」


に芽衣子との会話の一部始終を流されてしまうとはギルティがおもしろい!ついでに三沢副大臣の話もしてしまえばもっとよかったのに。。。あ、逆に「大物」過ぎてみんな引いちゃうのかな


こんな「サイテー男を真島が仕留める事ができて、心からス~っとしました真島やった!。でも撃たれても尚執着するあの「椅子」~一度手に入れた権力や地位にはどんなことをしてもしがみついていたいものなんですかね


~それでもまだこの男は死んでいなかったんです?それとも予告の映像は「回想シーン」だったのかしらん?~


このドサクサにまぎれてその場を逃げ出した芽衣子は、とうとう三沢に逢いにやってきます堂島の原稿を渡すわ。いったいこれからどう出るつもりなんでしょうか?


また個人的には、榎本万里の印象が急速にアップしています。ひとりの刑事として、かつての恋人=真島が愛する女性を必死で理解し守ろうとする姿には、じ~んと胸を打たれちゃいました


そして「懲りないおばさん」の胸に、またしても湧きあがってしまった疑問「白金のマンションにいる三沢の愛人って誰?


~しつこいようですが、どうしても横山めぐみにあと一仕事してもらいたい気がするんです~これって韓ドラの見すぎよね


とまあ、おばさんのたわごとは置いといてギルティ~悪魔と契約した女は、最終回がとぉ~っても待ち遠しいです。ギルティが待ち遠しい!


この夜を止めてよ この歌も抜群ですねonpu2

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

ギルティ 悪魔と契約した女 第9話 ついに黒幕が判明!

菅野美穂主演の「ギルティ~悪魔と契約した女。今週の副題は


「女の執念・黒幕暴く」


ということでついについに黒幕が明かされました!ギルティ 悪魔と契約した女


前回、政治家や官僚だったら許さへんで黒幕は政治家!~と牽制していたおばさんでしたが、いざ蓋を開けてみて


「やはり政治家だった


にも関わらず、このシナリオならほぼ満足~納得しちゃいました。だって、どう考えてみても一般人にできる犯行ではないんですもの。ま、横山めぐみが政治家の愛人~とかいうのもありかなぁと個人的には思ってたんですが~2時間ドラマの見すぎやね


黒幕=真犯人は、民自党法務副大臣の息子~三沢準代議士(柏原収史)でした。この三沢が通っていた高校が、例の「桜葉館学園高等学校」だったのです。三沢は高校時代は相当のワルで、親の権力を嵩に来て、とりまき達に


「無差別殺人


を命じていたのだそうです。これなら納得じゃありませんか?菅沼や金谷はこの三沢のパシリで、北村や松永は父親からの圧力で偽証・弁護放棄をしたのですね。何がワシントンへ留学なんだか


「あそこはヤバいんだ


堂島の知人の政治ジャーナリストがそう語っていたところを見ると、他にもかなりの余罪がありそうです


堂島と言えば、今回は実に見応えのあるシーンを披露してくれましたギルティ~唐沢寿明の名演技!


刑事を辞めるという真島には


「どんなにつらくてもやり通せ。守ると決めた人を最後まで守れ」


と檄を飛ばし、宇喜多を呼び出して真相を芽衣子に明かし、「かけがえのない大切な人=息子」を守るため、宇喜多を捕まえるため、そして芽衣子に償いをするため、自分は屋上から飛び降りて死んだのですギルティ~堂島なりのケジメ


「オレの勝ちだな~ざまあみろ


さすがの存在感に圧倒されました~唐沢さんの一人勝ち~実にお見事でした。復讐の手間が省けただろう?の件には不覚にもうるっとさせられちゃいました


さあこれでいよいよ大詰めですギルティ悪魔と契約した女~これからどうなる?


ついに「愛していると芽衣子に告げた真島ですが、本当に最後まで彼女を守ることができるのでしょうか?どうやら刑事を絞め殺してまで逃亡を図ろうとしている宇喜多の悪事を、警察はこの上どうやってもみ消そうというのでしょう?そして、まだ顔を見せない三沢父の悪事は??(またここでも○沢って


ギルティ~悪魔と契約した女も残すところあと2話です。また来週がとっても楽しみでございます。最終回は時間延長~とかなるのかしらね~それも待ち遠しいですねギルティの最終回が待ち遠しい!


ギルティ 悪魔と契約した女~主な登場人物とキャスト

菅野美穂(野上芽衣子): りーさん@坂の上の雲
玉木 宏(真島拓朗)
吉瀬 美智子(榎本万里)
水上 剣星(鶴見真人)
滝沢沙織(矢部彩乃)
RIKIYA(門倉 了)
横山めぐみ(小山内琴美)
モロ師岡(三輪周平)
吉田 鋼太郎(宇喜田 元)
唐沢 寿明(堂島基一): 壹岐正@不毛地帯
石丸謙二郎(松永征一)
美山加恋(松永美咲): 雪@IRISアイリス
金井勇太(溝口猛):三田幸生@パーフェクト・リポート
柏原収史(三沢隼): 夢をかなえるゾウが面白かった

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

ギルティ 悪魔と契約した女 第8話 「愛の告白、私は殺人者」

菅野美穂主演の「ギルティ~悪魔と契約した女。先週もそう思ったのですけれど、これは非常に面白いミステリー・ラブ・サスペンスですねギルティ~悪魔と契約した女の感想。おばさん、恋愛のための恋愛モノはあんまり好きじゃないけど、このドラマはいいですわ~


今回、溝口が真島に脅迫電話をかけてくるんです


「おまえの大切な女を殺してやる


真島が芽衣子の下へ駆けつけると、ボーガンで芽衣子を狙う溝口を発見します


「俺がお前を殺してやる


右腕を拳銃で撃ち、とうとう溝口を追い詰める真島。


~やっちまえぇ~~っ!ギルティ~悪魔と契約した女のあらすじ


ところが、そんな真島を芽衣子が必死になって止めました


「ダメ、あなたは殺人者になってはいけない!


あんなサイコ野郎が野放しになっているなんて危険極まりないっ!ここは正当防衛でも何でも理由をつけてさっさと成敗せんかいっ!!


と、おばさんがいきり立っていますと、芽衣子は真島にこんな風に言ったのです


「あなたを愛している人たちがいるから、あなたは決して人殺しになってはいけない


殺るなら私がやる~もう既にこの手を汚した私が「死をもって償わせる」!


最初はそんな芽衣子の決意にまで考えが及ばなかった真島も、三輪が撃たれた時に救急車を呼んだのが芽衣子だったと知って芽衣子の本心を悟ります菅野美穂は抜群!


「溝口に近づくんじゃないっ!!


薬を渡すからと言って自ら溝口を呼び出した芽衣子~バッグの中にスタンガンを忍ばせています。最初はうまく懐柔できたかに見えた溝口もやはり芽衣子を殺すつもりでした。またしても真島に見せ付けて目の前で焼き殺そうと考えていたのです


が、必死に抵抗する芽衣子が用意していた催涙スプレー(かな?)をかけ、溝口は自分が仕掛けた罠にまんまとはまって、今度は自らが「丸焼け」になってしまいました。○まあみろ!


~あ~殺すとか死ぬとか、あまり好ましくない言葉が散乱してしまいました~申し訳ございません


自分の復讐とは直接関係のない溝口を殺そうとした芽衣子は、確かに「単なる殺人鬼」と言えるかもしれませんが、愛する真島を守るため、またしても自分の手を汚してしまった芽衣子を、いったい誰が責められるでしょう芽衣子が切なすぎる?しかも、あ~んな○そ野郎のために!


「間違いなく宇喜多の背後にもっと上の人間が絡んでいる」


芽衣子の事件の黒幕はいったい誰だというのでしょう?


もう7話にもなってまだその影も見えない~ってあり得へんでしょ?RIKIYA(門倉)じゃ役不足だし、このまま「某政治家」とか「某官僚」とかいうのはナシですよねギルティ~悪魔と契約した女の黒幕は誰だ?


~ムフフ~そうなるとやっぱり横山めぐみですかねってひつこい?


また、亡くなったお姉さんはとっても善い人だったのですね。あの母親はともかく、あんなお姉さんが自分のために自殺したと知った時、芽衣子はどんなに苦しんだことでしょう。三輪さんじゃなくても、


「どうしたらあの子に償ってやれるんだ!?


そう言いたい気持ちでいっぱいになります。三輪さんの遺書もどき「一連の自殺事件は自分の犯行だ」は握りつぶされてしまったのかしら?


ミステリーにラブロマンスまであいまって来週はちとイラッとさせられそうな気配でしたが、いったい最後はどうなるのか~もう気になって仕方ありません。早く来週が来ないかなギルティがとっても楽しみ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

ギルティ 悪魔と契約した女 第7話 解ける謎、新たな敵へ!

[菅野美穂] ブログ村キーワード

菅野美穂主演の「ギルティ~悪魔と契約した女は非常に面白いミステリー・サスペンスです。特にこの7話にはたたみかけるような迫力があって、最初から最後まで目が離せませんでした


まずは三輪の動向に大注目でしたね


三輪は15年前、宇喜多とともに野上芽衣子の事件を捜査した時、宇喜多から「出世」をちらつかせられて証拠を捏造したのだそうです。もともと宇喜多は「ノンキャリ」で当時はヒラの刑事だったらしいです。


出世に目がくらんだ三輪は宇喜多に協力し、その後は宇喜多に頭が上がらなかった。何の罪もない少女を陥れたという後悔に苛まされた三輪はなんども罪を告白しようとしたけれど、どうしてもできなかったのだとか


そして、芽衣子が出所後に復讐を始めたことを知った三輪はあることを決意します


「自分が全ての罪をかぶろう」


第7話では三輪が芽衣子に、自分が15年前から積み立ててきた預金通帳と手紙を渡しています~あなたの罪は全て私が償います。冤罪も晴らしましょう。だからどうか、あなたは自分の人生を生きてほしいギルティ~悪魔と契約した女あらすじ


最後通牒を突きつけるため宇喜多を呼び出す三輪。ここで三輪は芽衣子をも呼び出したようです。三輪は、宇喜多に殺されることを覚悟で、芽衣子に自分の決意を証明したかったのかも知れませんギルティ~悪魔と契約した女~三輪の償い


宇喜多はここに溝口を呼び出し、三輪を始末するよう命じました。溝口が現場に向かうところを、真島の知人で溝口に殺された宏太の親友の鶴見が見かけて後をつけます。その連絡を受けて現場に駆けつける真島でしたが、到着した時には鶴見もまた溝口に捕まり、三輪とともに溝口にナイフを突きつけられてしまっていました溝口サイテー


「そこにある灯油をかぶれ。人が燃えるところが見たいんだよ


三輪の腹部にナイフを突き刺し、宇喜多が置いていった灯油を指してせせら笑う溝口。宏太の事件を思いだし、自らが灯油をかぶる真島。そして、この現場をハラハラしながら見守る芽衣子おばさんもドキドキ


その芽衣子が110番通報したお陰でようやくパトカーが到着し、真島はなんとか間一髪、難を逃れます。


また、宇喜多は先に真島を溝口に始末させようとしていました。が、こちらは真島のアパートにいた万里が犠牲になっています。もちろん万里は溝口の顔をシッカリと見ていますこのサイコ野郎!


そこへ前回芽衣子を襲った犯人のマスクについていたDNAが溝口のものと一致したという報告が入りました。


そして、芽衣子は「宇喜多と溝口」が外で逢って話している写真を警視庁にFAXしたのですギルティ~悪魔と契約した女~これからが始まり


これで全ての矢印が宇喜多を指し示していることが明白となりました真の黒幕は誰だ?


「宇喜多の背後にはもうひとつ上の黒幕がいるに違いない」


真島の推理におばさんもにんまり。だって15年前はヒラだった宇喜多が、いくら巧妙に仕組んだとしても自分ひとりの力でそんな大それたことができるとは思えませんものね


あ、そうそう、最後の方でまたしても同僚の刑事たちが真島を非難していましたが、あれは「嫉妬」だったのですね。会話から類推するに、宇喜多はノンキャリだけど、真島はキャリアなんですヨ男の苛めはいやらしい。(以前も聞いたのかも知れないけど忘れちゃってました


宇喜多をはじめとした「強行犯」の刑事たちのあの醜い「いじめ」はこういう嫉妬に起因していたのねと納得してしまいました。


こうなってくると、芽衣子にコレ以上の犯罪を犯させたくない~と思う一方で、


「溝口と宇喜多を滅多切りにしてやりたい!芽衣子ヤレヤレ!


という悪魔の心がむくむくと湧きあがってきちまうおばさんでやんす。所詮、あんた達ふたりも「黒幕」に利用されているだけなのヨ。芽衣子が出る幕もなく「口封じ」されちゃうかもしれませんね。来週もまた楽しみデスギルティ~悪魔と契約した女の続きが楽しみ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

ギルティ~悪魔と契約した女 第6話 黒幕は宇喜多で決まり??

菅野美穂主演~ギルティ 悪魔と契約した女の第6話は「愛と愛・・・衝撃の対決」です


ギルティはますます面白くなってきましたねギルティ 悪魔と契約した女はかなり面白い!。まずは今回新たに分かったことを3つほどリストアップしてみます(いつも通り、大いにおばさんの妄想が入っています。何と言っても最大の衝撃はコレでした


宇喜多理事官と溝口はつながっていた!


溝口は、真島の後輩=宏太を焼き殺した犯人でしたが「心神耗弱」が認められて無罪になった男です。今となっては記憶が定かではないのですが、この溝口はもともと何の罪で真島たちに追われていたんでしたかね。麻薬?もしそうなら、この溝口は元々宇喜多の子飼いだったということも考えられます。溝口の犯罪の裏には宇喜多がいて、自分に捜査の手が伸びないようめくらましに宏太を処分させた~という可能性も出てきました


そして2点目


失踪中の鑑識~三輪は15年まえの事件の証拠を捏造したらしい。いったいなんのために??


きっとここにも宇喜多が絡んでいますよね「おまえを逃がすぐらいの力はある。ああ、裏切りはしない」と言った宇喜多の電話の相手は、言葉遣いやその内容、そしてその後の流れから言って、溝口ではなく三輪だと考えるのが自然でしょう


「金谷死亡の件で、捜査一課が三輪さんを重要参考人として追っている」


これが宇喜多の「裏切りはしない」という言葉を見事にひっくり返しています。ということは、


三輪は15年前、宇喜多に何か弱みをつかまれて、イヤイヤ芽衣子の冤罪作りに協力をした。その後も宇喜多との関係は切れず、今回の「裏金」事件の黒幕も実は宇喜多だった。これが「逃がしてやる~」につながるのでは?


が、三輪は良心の呵責に耐え切れず、ずっと芽衣子の行方を追い続け、堂島のレポートを読むことによって芽衣子が引起している事件の内容を知り、「冤罪」をはらすべく最後の行動に出た!ギルティ 悪魔と契約した女~三輪の行動


最後の3点目は~これも驚きでしたが~芽衣子は最初から堂島と組んでいたこと!これは正直全然ノーマークでした


19歳から刑務所にいた芽衣子が一人であれだけの情報を収集するのは大変だなとは思っていましたが(ドラマですから)、堂島という協力者がいたのですね。だから堂島も、自殺、否、遠隔殺人現場にタイミングよく居合わせることが出来たのです。


な~るほど~これはかなり面白いです


宇喜多が溝口に芽衣子を殺させようとしたところを見ると、宇喜多もかなり追い込まれているようです。ここに来て唯一の証人となりえそうな三輪も、宇喜多は消すつもりなのではないでしょうか


前回自殺した金谷が相当「黒幕を恐れていたところを見ると、宇喜多はかなりの力を持っているようです。妄想大好きおばさんとしては、もうひとり上に誰かがいてもいい気がしてたんですが(意外なところで横山めぐみとか 、そこんところはどうなんでしょうね。ギルティももうこれで折り返しに入って、これから新たな犯人が出てくるとは考えにくいですから宇喜多で手を打つのでしょうか


お、今日はす~っかり趣味(推理&妄想)に走ってしまって、芽衣子の真島への想いまで語る余裕がありませんでした。それはまた次回へと持ち越しでやんすね。それにしても、あのおばはん=万里は好きになれんわ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

《他にもこんな記事を書いています♪》