このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おじいちゃんは25歳
 家族モノ・ホームドラマ

「おじいちゃんは25歳」は昭和の香りがするドラマ(#2)

昨日から藤原竜也主演の深夜ドラマ~おじいちゃんは25歳を見ています。一話30分のまあホームドラマなんでしょうが、おばさんは、これ、す~っかり気に入っちゃいましたおじいちゃんは25歳がとっても面白い!


何ていっても25歳の藤原竜也(稔)が妙に昭和くさいのがいいんですよ。息子は高橋克実(紀彦)で~こちらはもちろん昭和生まれの昭和タップリ育ちなんですけどね、こちらの方がさすがに現代に生きているだけあって現代的(冷静)なのが対照的です


FATTV(見ようによっちゃあデブテレビとも読めますね)の企画で、


「親子の絆を取り戻す


ために、お父さんの好きだった「一眼レフのカメラ」を息子が買ってあげようとすると、


稔: 「そんな高いもの~とても買っていただくわけには参りません


紀彦: 「イヤイヤお父さん、今は結構お安くなってますから


いくら息子とは言え紀彦のほうが人生の大先輩でやんすから、敬語がやめられない稔なんですが、ふたりでお店に着くとですね、テレビ局の人間が稔にこう言うんですヨ


「息子さんに敬語を使うのはやめられたほうが。そのほうが息子さんも喜ばれるでしょう


そう言われては~と一大決心して命令口調になった稔に、今度は店のご主人が怒りだします


「いくら親子でも、父親にその口の聞き方は失礼じゃないか!中年を舐めんなよっ!


息子になめられちゃいけない~って訳で紀彦の味方になったつもりなのが、おなじ「うすら○げの温水洋一です。いや~、この構図が実に笑えますおじいちゃんは25歳はかなり面白い


ひきこもりの息子をどう扱っていいか分からない「仕事一途」だった紀彦と、6歳の頃の息子が好きだった「廊下のきしみ」をちゃんと覚えているとっても家族思いの稔人間ドラマとしても面白そう♪


コトバにしてしまうとどうしても上手にまとめられないのがホームドラマなんですけど、とにかくこの「おじいちゃんは25歳」は、当分毎日楽しく見ていけそうでございます。8話で終わらせちゃうのは絶対もったいないナ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおじいちゃんは25歳のレビュー一覧」でお読みいただけます

おじいちゃんは25歳
 家族モノ・ホームドラマ

「おじいちゃんは25歳」はなかなか面白そうなドラマです(^^)v

藤原竜也主演の深夜ドラマ~おじいちゃんは25歳を見てみました


藤原竜也が高橋克実のおじいちゃん役というところに何となく惹かれて録画してみたのですが、これちょっと面白そうです


主人公は高橋克実が演じる栗原紀彦52歳、誕生日は11月15日。昨日は早起きして「自分のためにバースデイケーキ」をこしらえました


おじいちゃんは25歳


両親を早くに亡くした紀彦には息子と娘がいるようです。息子の健介は~もうかなりイイ年のようですが引きこもりで、もちろん父親の誕生日など覚えていません。娘はキャバクラにでも勤めているのでしょうか?心配する父親を尻目に「客」に同伴を頼んでいるようデス


紀彦が~52歳にもなって誕生日にこだわっているのは、亡くなった父親の教えがあるからです


「誕生日は家族みんなで祝って、記念写真を撮らなくちゃ


イキでいなせな父=栗原稔(藤原竜也)は25歳の時(1964年)、息子のために山の頂上から写真を撮ると行って冬山に登り、そのまま崖から転落して亡くなったハズでした


が、それが46年ぶりに氷の下から発見され、なんと、その肉体が生きていたというのですから日本中大騒ぎです。もちろん、紀彦が住む押上には大勢のマスコミが駆けつけました


「俺が眠っていた46年間でいったい何が変わったんだ?


このありえない設定はともかくとして、本来ならおじいちゃんと同年代らしい近所のおじさんを石橋蓮司が、紀彦に愛想をつかして出て行った妻を菊池桃子が演じているのも面白そうですおじいちゃんは25歳が楽しそう。舞台が下町というのもイイですよね


冬眠中も息子の誕生日を忘れなかったおじいちゃんが、これからこの家族とどんな風にふれあっていくのか~ちょっと毎日楽しみになってきました。放送は11月15日(月)~18日(木)&22日(月)~25日(木)よる11時50分からです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおじいちゃんは25歳のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング