このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

美しい隣人
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

美しい隣人~第9話 幸せの基準

仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ~美しい隣人~第9話は、衝撃の最終回!?に向けてちょいと一休みなかんじでしたね


沙希が駿を誘拐したことが分かって激怒する絵里子に対し、沙希が子どもを亡くしていることを聞いて同情する慎二。しかも言い争っているうちに近くにおいてあった、あの大きな鏡が倒れて沙希が怪我をしてしまいます美しい隣人あらすじ


警察へ行っても沙希と慎二の関係に言及されて、まともに取り合ってもらえない始末犯人は浮気相手でしょう?


「アメリカへ行って一から出直そう!


最後の頼みの綱も、この家庭問題が上司に「告発メールで暴露されたことから、慎二の異動の話は取り消されてしまいます


「俺はいったいどうすればいいんだっ!?」


また、沙希は沙希で、決して一緒にはなれないと慎二に言い渡されてしまいます


誰かが幸せになると誰かが不幸になるようにできているのね。


んもうおばさん、この一言で切れちった~な~んでしょうね~この人たちは美しい隣人~勝手な理屈にあんぐり


慎二にしても沙希にしても、いつもその責任は他人にあるんですヨ。浮気をしたのも「誘惑された」からだし、子どもを亡くして不幸なのも「不幸を知らずに暮らしていた」絵里子のせい?


大体ですね、幸福の基準を「他者」に求める方がどうかしてるざんす。こういう人は、どんな状況にあっても決して幸福を感じることができません


沙希がいみじくも言ったように、隼人が生きていた時でさえ、子どもはうるさい、厄介だと、時に思っていたのです。それが母親と言うものだと


だから今、絵里子から幸せを奪って、自分と同じ不幸な目にあわせようとしている


まったくもって腹の立つ「自分に都合のいい理屈」でやんす


でもおばさんは「絶対的な仲間由紀恵ファンなので、こんなドラマごときで由紀恵ちゃんをキライになったりはしません。むしろ、彼女は実にうまく現代の風潮を表現しているなぁと感心させられます自分は悪くない・悪いのは世間という風潮


必要以上に自分を責めることは無いけど、でも、他人を責める前に、自分に落ち度は無かったのか?自分にできることはないのか~幸福をつかむために必要なのは「他人の不幸」ではなく「自分の努力・考え方」にあるとおばさんは思いますけどね


絵里子も今はすっかりヒステリー状態になっていて、せっかく授かっていた大らかさ・優しさという幸せの代名詞のような美徳絵里子は幸せの象徴だったを、自ら捨ててしまっています


「ホントのママはどこ?


この息子の言葉を、悪魔のような沙希が教え込んだ!と怒るだけに留まらず、息子がそんな風に感じるようになった原因が自分には無いのだろうか?夫が浮気をしたのは沙希だけのせい?~最後には絵里子にそんな余裕ができることを個人的には期待したいですね。もちろん慎二(=世の亭主族)に熟慮&反省していただきたいのは言うまでもありませんけどね軽い気持ちで浮気するな!


美しい隣人は最終回が待ち遠しいです美しい隣人が面白い


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美しい隣人のレビュー一覧」でお読みいただけます

美しい隣人
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

美しい隣人~第8話 抗いがたい悪の魅力

仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ~美しい隣人はどんどん泥沼と化してきましたね仲間由紀恵の美しい隣人あらすじ


沙希が絵里子に慎二の浮気相手は自分だと明かし、友人と夫のふたりに裏切られたと知った絵里子は、駿を連れて逃亡


そんな絵里子の行動を「自分から全てを捨てたと言い切る沙希~だから私がもらってもいいよね?


絵里子の姑やママ友には、絵里子が駿を虐待していたかのような作り話を聞かせて、着々と自分のテリトリーを固めようとしています


そんな沙希の姿に「病的な危うさ」を感じた慎二は怖くて逆らえない、会社からの異動の話を受け、ともにアメリカへ行ってやり直そうと絵里子に話します。


「彼女は危険だ。一緒に逃げよう!


ところが絵里子は、そんな夫の姿に、より一層の幻滅を感じてしまうのです


あなたも騙されただけなの?被害者だと言いたいの?自分で彼女を選んだ瞬間があったでしょう??人のせいにしないで!


だんなに浮気をされた世の女性たちが許せないのは、夫のこういう瞬間でしょうね。いっそ騙されたといってほしいけど、そんな卑怯な夫はもっともっと許せない美しい隣人~こういう描写が抜群


とまあ、不倫の方は結末が見えてきているからもういいんですが、問題は沙希の方です。彼女は駿にまで「自分が本当の母親だ」などと告げるほど、とっても危険な人物なのですが、それは重々分かっているのですが、なぜかどうしても憎めない


たとえ自分の子どもを失ったからと言って他人の幸せを奪っていい権利など、どこにも微塵もないはずなのに悪い事は悪い、この沙希からは、危うさの中にはかなさ、もろさ、切なさ、健気ささえ漂ってきてなぜかかわいそうに思えてしまう、おばさんが男でも、厳しく突き放せないような何かを、今回は特に感じてしまいました。これが「悪の魅力ってヤツなんでしょうか


「仲間由紀恵はコメディ


今回はまさにそんな型を見事に破りましたね。どこにだしても恥ずかしくない素晴らしい悪女ぶりです。続きがどうなるのか~不倫はでも絶対にいかんよっ!~美しい隣人は次回がとても楽しみです美しい隣人が面白い


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美しい隣人のレビュー一覧」でお読みいただけます

美しい隣人
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

美しい隣人~第7話 男どもの勝手な言い分

仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ~美しい隣人は、今週もとんでもない展開になってまいりましたね~美しい隣人が面白い


おばさんはあんまりこういう不倫とか三角関係って言うのは好きじゃないんですけど~もう心底イラッと来ちゃうんですが、でもこの美しい隣人はそんなにイライラしなくて助かってます。多分それは、沙希が慎二を愛していないから=アホな夫(慎二)が騙されただけだから、なんだと思います。これで愛憎が絡んできちゃうともう途端に嫌になっちゃうんですが


まったくね~この男の論理にはもう笑っちゃいましたヨ


「最初からそのつもりだったのかっ!?


だ~から言ったじゃないですか、自分がそんなにもてると思うなヨって


このドラマでは、沙希がかなり危ない人だからこの先ふたりは本当に別れる事になると思うんですが、これがそうじゃなくて、沙希がもう少し知恵と嘘を駆使して慎二を丸め込んでいたら、コイツは簡単に絵里子さんを捨てかねませんよ


「どうしようもなかったんだ~君が嫌いになったわけじゃない


とか何とか言っちゃって


んもうおばさん、こういう弱っちくて偽善的な男は大~~っキ○イ!慎二の卑怯者!(運気下がるから伏字でな)こういうずるくて卑怯な人間を見るととことんいじめてやりたくなっちゃうんです。渡部篤郎ピッタリでやんすね


絵里子もそんなのと一緒におらんで、慰謝料たんまりふんだくって、そのお金でもちっと生活力でも身につけんかいっ!!あんな男は見限れ!


と、だました方の沙希よりも、だまされた男のほうに腹が立っちゃいました。だってこの男の論理だと、


「『最初からそのつもり』じゃなかったらOK


ってことじゃないっすか~どちらも浮気に変わりはないのに。まったくイイ年してロマンチックな夢語ってんじゃないっつーの浮気に言いも悪いもあるもんか!


まったくもって呆れちまいますヨ。こういう浮気男を撲滅するためにも、この際、沙希にどんどん暴れてもらいたいくらいです。せめてドラマでひどい思いをすれば、世の中のア○が減るかもしれないから


あの元夫もなんじゃいっ!離婚もせずに子ども作っちゃうなんて許せんっ! (ま、アレじゃあ、こっちは分からないでもない気もするけどな


お、今日は、朝から暴言全開で~お目を汚してしまいました。でも来週も、沙希を旗振って応援しちゃうかもね~ヤレヤレ~って


沙希がんばれ~!?


まあ絵里子がかわいそうだからそれだけはないかな美しい隣人~絵里子だけは可愛そう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美しい隣人のレビュー一覧」でお読みいただけます

美しい隣人
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

美しい隣人~第6話 今度は東京で逢いましょう

仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ~美しい隣人は、今回は、文字通り~ドロドロ・不倫モノ~の展開でございました美しい隣人が面白い


由紀恵ちゃんの夫を蹴り飛ばすシーンも本当に怖くて~でもおばさんは「TRICK」ファンなので、どうしてもあの手のシーンでは山田奈緒子が浮かんでしまうので、逆に助かってますが仲間由紀恵ちゃんが上手


「最後の最後まで人を信じようとする善人の絵里子


が、その善い所をすっかり失って、ただひたすら他人を疑うようになってしまう~このままだと、息子の駿までが、母ではなく沙希を求めるようになってしまいそうです。


沙希がネットカフェで「自分が入り込む家庭」を探すのにブログを物色していたシーンには心底にぞっとしてしまいました美しい隣人にはリアルな怖さがある。今の世の中、やっぱり顔出しとか住所を載せるとか~どんなことで恨みを買うか分からないので、個人情報は決して公開しないほうがいいですヨ


そしてラストシーンでは、とうとう


「愛人のエリコは、実は、妻絵里子の親友=沙希だった」


ことが慎二に知られてしまいますあの顔!


「今度は東京で逢いましょう。そうしたら何か変わるかしら


と言った沙希の言葉の本当の意味が、


「なにも変わらないよ」


愛し合ったという余韻に浸りながらただ無責任にそう答えた慎二何も気づかない能天気な男にようやく分かった一瞬です。おばさんがもしあの場にいたら、


「ホラホラ、お客様に手酌をさせて


と言うとこですね~。あそこで誰一人気づかない能天気な家族だったところが、沙希の「おめがね」にかなってしまったのでしょうか


来週は、さらにもっとドロドロになりそうです美しい隣人~次回の展望は?。でも思いのほか嫌~な感じがしないのは、やはりこのキャスティングのせいでしょうかね。この美しい隣人の最後=落としどころはいったいどんななのかな~次回もなかなか楽しみデス殺傷沙汰は勘弁してほしいな


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美しい隣人のレビュー一覧」でお読みいただけます

美しい隣人
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

美しい隣人~第5話 善と悪の境界線

仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ~美しい隣人は、見ているのがちょっと苦しくなるほど、なかなか深いドラマになってきました美しい隣人は面白い


夫と子ども、ちょっと口うるさいけど優しい姑、そしてママ友~そんな「善人」たちの優しさに囲まれて暮らしてきた絵里子が、


夫の単身赴任

息子の行方不明事件

隣人の引越し


などで心に不安を抱き始めた頃、他人の「善」を良しとせず、他人の幸福が羨ましくてたまらない悪魔=沙希がやってきて彼女の世界を脅かし始めます


このドラマを見ていると、いったい何が「真実」で何が「」なのか、何が「」で何が「」なのか、どれが「好意」でどれが「悪意」なのか分からなくなる~自分の心の中にも沙希が入り込んだような錯覚を覚えることがあるほどです。その点、これはかなり良くできたドラマなのだと思います美しい隣人~深層心理を描いたドラマ


たとえば太陽の陽射しが万人にとって望ましい恵みなのかといえば、時にそれが灼熱地獄をもたらすこともあるように、物事には常に「両面」が存在するのだということを、あらためて教えられているような気がします


同じ言動や行動であっても、たとえそれが善に基づくものであれ、受け取る側の気持ちや状態に配慮しなければ、悪意と受け取られかねないように


まあ、このドラマの場合はまったく逆なんでけどね~全てが悪意に満ちているのに、みかけは「善」にしか見えない。それを見抜いているのは理生と引っ越していった加奈だけ


逆に言えば、誰にでも「善」と見えることこそ、実は「善の仮面」にしかすぎない~とも言えるのかもしれません。


「もう誰も信じられない


絵里子がそう言って泣いていましたが、本来、見かけだけで人を判断することほど危険なコトはないのですよ


しっかりと安定した大地に立っていたと思っていたのが、実は危険な薄氷の上に取り残されているかもしれない人生には不確定要素がいっぱい~そんな風に、人間の心に「不安」をもたらすことこそ「悪魔のなせる業なのだそうですが。


無垢(無知?)なために善でいられた絵里子に、どす黒い悪を隠し持った沙希~この軍配は果たしてどちらに上がるのか?


美しい心に囲まれてきたために「善」を保ってこられた絵里子が、自分の中にも姿を潜めていたどす黒い感情に向き合った後、尚、善で居続ける事ができるのか、ここでどんな成長を見せてくれるのか~がなかなか楽しみなところです美しい隣人の見どころ


また、個人的には、悪の象徴のように描かれている沙希にも救いの道が用意されていることを願っていますが。欧米ではありえないけど~悪は悪だから~日本のドラマだからどうかな


それでも来週は~ちと泥沼になりそう~そんときゃちょっとお休みしましょうかね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美しい隣人のレビュー一覧」でお読みいただけます

美しい隣人
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

美しい隣人~第4話 忍び寄る魔の手が魅惑的

仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ~美しい隣人はますますその迫力を増して面白くなってきました


その副題にもあった満足できない女=沙希本人がドラマの中で言っていましたが、この悪魔は~敢えて悪魔と呼びます~実にうまく人間達の「深層心理」を操っているのですヨ


仲の良かった隣人が、夫の単身赴任先の大阪へ引越し、自分だけが子どもとふたり、夫の両親の住む東京に残されてしまった絵里子。


グループで仲良くしていたもう1人の主婦=真由美はとっても善い人だけど、ガサツで図々しいところが玉に瑕~繊細な絵里子の心の奥底までは理解してくれません


でもそんな自分の本心にさえ気づかないほどのお人好し=絵里子に、沙希は「悪魔の心」を吹き込みます美しい隣人が面白い


「あなた、本当は、真由美さんが嫌いなんじゃない?


実は姑も苦手なのだろうと炊き付ける沙希。必死で否定しながらも、心の声に抗えない絵里子壇れいも上手


この辺は~よく宗教的な物語で使われる悪魔のテクニックですけど、仲間由紀恵ちゃん、なかなか魅力的な悪魔を好演していますね


同じように、妻を愛してはいても、諸事情を鑑みて大阪に来いとは強くいえない、一見理解のある優しい夫こういう役~渡部篤郎の右に出る人はいませんね=慎二の心にも少しずつその魅惑的な悪魔の手を伸ばし、遂に沙希は、彼の誘惑に成功したようでございます


ふたりがともに一夜を過ごした証があの手に巻いた包帯を結びなおす~とは、なかなか心憎い演出でやんすね実に艶かしいシーンでした


最初は沙希を敬遠していた息子の駿までが沙希の虜になってしまいます。ヒロ(比呂)は沙希の手先ではなかったのですね。いくら生意気でも相手は子ども~あんな風に脅されたら一生トラウマになって残りそうです


どうやら沙希は絵里子本人に恨みがあると言うわけではなくて、絵里子に取って代わろうとしているようなのでございます。だから「満足できない女」なのです。いますね~こういう人。自分の生活には決して満足できないで、他人のことばかり気になる&羨む人


このような心理描写~心理戦が繰り広げられるドラマもなかなか面白いですね。この手の物語はふだんドラマでは見ない(小説がメイン)おばさんですが、演技力豊かな俳優陣のお陰でこの「美しい隣人」はこれからもますます楽しんでいけそうです。続きもとっても楽しみデス美しい隣人が面白い


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美しい隣人のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング