このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

外交官・黒田康作~第9話 黒幕はもうひとりいた!

外交官 黒田康作ももう第9話に来てしまいました。大筋のところはおばさんの妄想どおりで間違いなかったようなのですが外交官黒田康作あらすじ、最後がちょっと気がかりでしたね


ずっと楽しんできた外交官・黒田康作もいよいよ来週が最終回外交官黒田康作~感想~そこへ向けて、今回も要点をいくつかまとめておきます


第8話で謎として残っていた「薬の不正が証明できる書類」とは、アメリカ保健省が当時の日本の厚生省に送ってきたという「アトロンの日本輸出に際しての注意事項」だったようです。


ここにはアトロンの危険性がきちんと明記されていた(製造過程でウィルスが混入!にも関わらず、当時の総理大臣=矢田部はこれを隠蔽し、アトロンを認可してしまったのです。アメリカで真実を公表するには時既に遅く~大量生産された後、「日本は処理を押し付けられた」のだと言っていました。となると外務省の責任も大きいようです


また、11年前の立てこもり事件当時、霜村がブライトン製薬を手放しで称賛していた頃、アトロンの危険性(副作用)に既に気づいていた妻の倫代は、同じブライトン製薬に抗議文書を送っていたのだそうです


「命がけでブライトンと戦おうとしていた」倫代は、何も知らず、子供達を死地へと追い込んでいた夫とも別れようとしていた~立てこもり事件の前日、離婚を切り出していたのだとか。霜村が外交官でなければ、ただ真相を話すだけで済んだでしょうに、夫の立場を慮ってのことだったのでしょうか


そんな倫代はおそらく「口封じ」のため、現地の特殊部隊に射殺されてしまいましたが、日本に送られてきた検視調書は、全く調査されることなく闇に葬られてしまったそうです。


が、今回、霜村が矢田部を脅していた時、矢田部はこの件に関与してないらしいことが判明しました


となると、残りは「斉藤外務大臣」でしょうね。黒田が霜村や悠木を説得するまで手を出さないと約束しておきながら、SATを送り込んで、ふたりとも射殺してしまった斉藤~これもやはり口封じでしょう


そうそう、霜村が名乗っていた「ロベルト石井」という人物~彼もアトロンの被害者だったらしいです。既にエイズで余命が短いことから、霜村に望みを託して身代わりとなってくれたのだそう。


「俺は加害者だ!何のために官僚になったんだ!


心ならずも権力に加担してしまっていた自分を責めていた本当は被害者だった霜村が、復讐と贖罪のために手を汚していくうちにいつの間にか「被害者を装った加害者」(偽善者)になりきってしまったのが、なんとも気の毒でした言い訳で開き直るようじゃお終いです


でももっとずっとたちの悪い偽善者の矢田部は、黒田との約束~アトロン被害の全貌を公表するなどということはたちどころに忘れてしまったことでしょうね


「自分はいったい何のために官僚になったのか?」


そんな問いを残して~外交官黒田康作は、来週がいよいよ最終回です。黒田がどう落とし前をつけるのか~なかなか楽しみでございます。外交官・黒田康作~最終回はイ・ビョンホンさんの活躍もあるかな



主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」を歌っているIl Divoも今が旬のお勧めアーチストです An Evening With Il Divo: Live in Barcelona (W/Dvd)


外交官 黒田康作の秘密

外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は外交官 黒田康作のレビュー一覧」でお読みいただけます

外交官・黒田康作~第8話 なぜわざわざ「養子」?

外交官 黒田康作ももう第8話に来てしまいました


おばさんはこの手の社会派&ミステリードラマが大好き。1つ1つ提供される謎を自分なりに解きながら、あ~でもないこ~でもないと推理(時に妄想をめぐらし、それが1つ、また1つとツボにはまった時の快感は、もうこたえられません外交官黒田康作が面白い


簡単に分かりすぎるのもつまらないし、かと言って難しすぎても筋を追うだけで精一杯頭痛くなっちゃう、ましてや意表を突くことばかりに重点を置いた展開でもこの醍醐味を味わうことはできません。最後に蓋を開けたら、まったく知らない犯人が登場!なんていうのはもう論外~絶対に許すことができません


そこへ行くとこのドラマのストーリーはなかなか心地よいシナリオで、おばさんはかなり気に入っています。ミステリーとして難しすぎず、適当に社会派で、時に人情味やコミカル要素が織り交ぜてあるのもいいですね


そんな外交官・黒田康作も、ほぼおばさんの筋書き通り?進んできました読みどおり(^^)v。あ、湊教授を殺した犯人が君島祐太朗というところには考えが及びませんでしたけどね。霜村が犯人でなければならない理由ばかりを考えていたんですけど、君島を庇っての工作だったのですね


湊を殺す君島を見た柏田がそれをネタに脅迫をしていた。でも、それなら柏田を殺したのも君島?それともここは山路か悠木??


悠木と言えば、あの観上副大臣の秘書=悠木圭一は、日和製薬の養子だったのですね。アトロンの輸入が認可される一年前に、日和製薬から多くの研究者がブライトンに引き抜かれたのだそうです。それが原因で日和製薬は倒産に追い込まれ、社長夫婦は自殺をしてしまった。その後、圭一は宗像の戸籍から外れて悠木圭一と名乗っていた


ということは、アトロンを開発したのは日和製薬だったということですよね? その研究者の中に悠木圭一の実父がいたとかそういうことはないのかしら外交官黒田康作あらすじ?製品化するのを止めなかったことへの贖罪とか~この悠木の動機には、あと一押し何かがあってもいいような気がするんですけど。なぜここで、わざわざ「養子なのかってね


また、悠木圭一と佐々木藍子は恋人もしくは夫婦(同然?)の関係にあるようです。引き抜き・倒産など、この一連の取材の最中に知り合ったのでしょうか


それと、黒田が調べていた「霜村が外交官時代に書いたブライトン製薬に関するレポート」ですが、こちらには、ブライトンによる国際貢献を称えるような文章が見られました。当時は霜村もまんまと騙されて、認可を後押しする形になってしまったということなのかな。


それが外交官を辞めて、医師として医療活動をしている間に薬害について知ることとなり、こちらは本当に贖罪と、また妻を殺された復讐もあわせて今回の計画を練ったというところでしょうか。


祐太朗が話していた「薬の不正が証明できる書類」というのはいったいどこから出てきたものなのかしらねとにかく早く病院へ行って!


と、まだまだ小さな謎はいくつか残されていますが、霜村はとうとう最後のターゲット=矢田部誠一郎(元総理大臣)を追い詰めました外交官黒田康作~最終回はどうなるの?。どうやら国際会議の場で、矢田部にこれまでの不正を告白させようとしているらしいのですが、たとえ銃で脅しても~そう簡単に白状するとは思えません


また、こちらもようやく再登場したイ・ビョンホンさんboy1=ジョンに黒田が頼んでいたチップとは?(あそこで「情報」ってモロ訳したら面白味が半減しちゃうでしょ~せっかく神戸牛とコヒーバかけてオシャレに言葉遊びしてたのにもったいない


外交官黒田康作は、残すところあと2話。来週もとぉ~っても楽しみです外交官黒田康作が面白い



主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」を歌っているIl Divoも今が旬のお勧めアーチストです An Evening With Il Divo: Live in Barcelona (W/Dvd)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は外交官 黒田康作のレビュー一覧」でお読みいただけます

外交官・黒田康作~第7話 最後の一人は厚労族のドン!?

外交官 黒田康作は第7話でいよいよ大詰めに入ってきました外交官・黒田康作が面白い


前回の最後に謎として残ったそれぞれの電話の相手~霜村側(復讐する側)と斉藤外相(される側)の相手も今度はハッキリしたようです


霜村達のもう一人の仲間は外務副大臣秘書官の悠木圭一~以前、悠木が調べていた死亡報告書は、湊教授のものではなく、霜村倫代のものだったのですね。


そして霜村達が狙う相手~「どうせあとひとりだ」~は、厚労族のドンと呼ばれている矢田部誠一郎(元総理)でまず間違いないと思われます。それとも裏の裏を読んで、やっぱり外相の斉藤修助なんかな? ここはまだちと迷うところでやんすね


ほかに今回分かったことをいくつか付け加えておきます


まず山路課長はやはりその息子をアトロンの副作用で亡くしていました。亡くなった時期がちょうど訴訟中だったので原告団には入れなかったそうです。


君島 祐太朗もまた被害者の一人です。既に腎機能障害を起こしている~人工透析もしているんでしょうか。いくら「慣れておきたい」って言ってもあんなにいつもフラフラと出歩いていたら死期を早めてしまうだろうに


また、悠木圭一は、日和製薬という「高血圧症の改善薬」を製造していた会社の息子だったことが判明しました。この会社は既に倒産してなくなっていますが、おそらくはこれも外資がらみによる厚労省からの圧力か何か~が関与してのことかと思われます。だから悠木とブライトン製薬に恨みを持つ霜村達が結びついたのでしょう。


そして、このブライトン製薬ですが、立てこもり事件当時、メキシコに「新薬開発のための治験施設」を所有していたようなのです。その頃現地で蔓延していた脳炎の治療と称して、その施設を開放して治療にあたっていたといういうことですが、これはどうやら体のいい「人体実験」だったと思われます


貧しさゆえに「薬」がもらえるだけでありがたいと考えていた現地の人に代わって、真実に気づいた倫代がそれを証明しようと動き出したところを、立てこもり事件にかこつけて殺されたのではないでしょうか?


と、おばさんと、おそらくは黒田もかなり真相に近づいていると思われますが、ここにきて公安が事件をもみ消そうと乗り出してきています。矢田部が「警察庁には話をつけておいた」と言っていましたものね。既に捕まった山路はもとより、君島や霜村をも密かに捕まえて口封じをするつもりでしょうか!外交官・黒田康作が盛り上がってきた!


お~っとそんなコトを言っていると、今度は警察当局からクレームが付きかねませんね日本は大丈夫だろうケド~これはあくまでもフィクションなのですから、そう目くじらたてんといてな


来週はイ・ビョンホンさんも再登場するらしいですし、ますます面白い展開が見られそうですね外交官・黒田康作は、続きがとっても楽しみです



主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」を歌っているIl Divoも今が旬のお勧めアーチストです An Evening With Il Divo: Live in Barcelona (W/Dvd)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は外交官 黒田康作のレビュー一覧」でお読みいただけます

外交官・黒田康作~第6話 ますます先が楽しみ(^^)v

外交官 黒田康作は第6話も面白かったですね。ミステリーアクション要素も加わってとっても楽しめました。ちょっとニンマリ笑えるようなシーンもあったりして、個人的にはすっかり盛り上がっているおばさんです。外交官黒田康作が面白い


まずはあの山路課長!や~~っぱり霜村の一味でしたね


前回登場していた、あのクリーニング店の前で車を降りた男は、クリーニング店ではなく熊田製作所という会社の社長だったようです。しかもこれが前科持ちの男。熊田は、アトロンの被害者というよりは、この前科つながりで山路に利用されたのかもしれません


山路にたどり着くまでの大垣利香子の活躍がまたよかった


熊田の供述に不信感を抱いた利香子がその会社に事情聴取に行くのですが、不慣れなコトもあってどうにも埒が明かない。でも、ふと気がついて会社が出したゴミ袋をあさると、その中に電話番号を記したカレンダーが捨てられています


局番がなかったので、最初は03をつけて~コレは食堂、次に090をつけてかけてみると、いつも聞いている課長の怒鳴り声が聞こえてきたんですここはうまかった


「事情聴取などしていないでさっさと帰ってきて地図でも作れ!


山路が霜村とつながっていることに気づいた利香子が、困り果てて黒田に連絡するも答えてもらえず。。。黒田は黒田で、霜村に自分たちの行動が筒抜けだったことから、情報モレを疑っていたのです。


無事に山路を逮捕したくだりは、とっても楽しかったですね~織田裕二のアクションもなかなかでした♪


また、前回残っていた疑問今回の事件と11年前の事件の関連も明らかになりました


当時、メキシコでは伝染病=「脳炎」が蔓延しており、その治療薬にブライトン製薬の「アトロン」が使われていたのだそうです。そして、霜村の妻=倫世は、その副作用に関して不安を抱いていたのだとか


倫世を撃ったのは、ゲリラではなく、現地警察の銃だったことも判明します(銃弾がフルメタルジャケット)。


「どうせあとひとりだ


山路が捕まって、そうそう、この人も霜村の仲間だった=佐々木藍子の心配をよそに、そう言ってのける霜村。このあとひとりとは~外務大臣の斉藤修助か?やっぱ怪しいでしょ


佐々木が最後に電話していたのは別の仲間だったようですが、その直後に映った斉藤の電話シーンは、佐々木の相手を指すものではない様に思われるんですけどね~


「立てこもり事件とあっちの方もありますからね


となると~今度はアメリカも絡んでくる? 米会社=ブライトン製薬のアトロンを認可した厚労省とブライトン製薬の癒着とか?? それともここはそのまま素直に読んで~斉藤も霜村の仲間?


おばさん得意の妄想がどんどん広がって止められそうにありません外交官・黒田康作はこれからますます面白くなりそうで、超楽しみでございます。来週がとっても待ち遠しいです外交官黒田康作が楽しみ


最後のおでんのシーンもよかった


おばさんもちくわぶ大好き♪



主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」を歌っているIl Divoも今が旬のお勧めアーチストです An Evening With Il Divo: Live in Barcelona (W/Dvd)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は外交官 黒田康作のレビュー一覧」でお読みいただけます

外交官・黒田康作~第5話 やっぱり怪しい山路課長!

外交官 黒田康作~第5話も、特に後半が盛り上がってきましたね。おばさんは、この手のドラマは特に、重箱の隅を突いて関連性を見つけるのが大好きな人なので外交官黒田康作が面白い、その辺もとっても面白かったです深まる謎と明らかになる真実


ではまずは「その辺」の話から


今回一番目に付いたのは「山路」です山路 貴繁~佃署刑事課課長が、最初からな~んか怪しげだったんですが、「アトロン」や「ブライトン製薬」に対する反応が、ここにきてやっぱりど~も怪しいです。以前捜査報告書を見ながら「アトロンか~」などとつぶやいていたのが、今回はまるで、その関係者であるかのような反応を見せていました


その「アトロン」ですが、これについても詳細が分かったので明記しておきます


アメリカ・ブライトン製薬が開発した「アトロン」は、ウィルス性脳炎の治療薬で、日本でも認可が下りますが、実際治療に使われると「腎機能障害」などの深刻な副作用ばかりか死亡者も出してしまったそうなのです


認可の責任者だった湊肇と、ブライトン・ジャパン社長の吉村進が訴えられましたが、各界からの圧力も相当あったらしく原告側の敗訴に終わったのだとか


以前から、霜村や黒田のことをかぎまわっていたフリーライター=佐々木藍子は、このアトロン訴訟についてもかなり深く調べていたようです。


「原告団にも入れなかった名も無き被害者」


察するに君島祐太朗、もしくはその家族はこの中の一人であり、もしかしたら、あの山路もそのひとりなのかもしれません。トイレで見ていたあの写真はその被害者~息子?


今回、霜村が使っていたクリーニング店の車~あの店員もそのひとりなのかもしれません。被害者が皆霜村に協力しているのではないでしょうか。


このように、霜村が巨悪と戦うために被害者達の先頭に立って戦っているという構図にはほぼ問題はないと思われますが、それが11年前のメキシコ大使館占拠事件とどう関わっているのか?が如何せん謎のままです


しかも今回黒田康作の前に姿を現した霜村は


「妻=倫世は流れ弾に当ったんじゃない!最初から狙われていたんだ!これは復讐だっ!!外交官黒田康作でも香川照之が熱演


と言っていました。当時霜村がつかんで&調査していた何かの口封じをするために、倫世が殺されたということなのでしょうか?


柏田の時も映っていたあの「アンプル、今回も吉村殺害に使われたらしいあの薬品(毒薬)も、何かを暗示していそうですよね。


お、またしてもつい妄想に爆走してしまいました


前半のアリトリア王女の話も、なんとか無事に解決してよかったですね


地図オタクの利香子の能力が王女と黒田を救って、西園寺が経産省と村橋代議士の不正をマスコミにリーク~めでたくアリトリアの自然は守られる事になりました西園寺がポイント高い。観上外務副大臣が美味しいとこ取りしちゃったのは残念だけど、まあ誰の手柄になるかはこの際関係ありませんから


でも、王女と国民の美しい感謝の心が、思いもかけず正義の味方に祭り上げられた斉藤外務大臣(近藤正臣)には届かなかった~香りが分からなかったというのはなかなかの皮肉でしたね。それとも~もう鼻炎の季節かしらん?鼻炎に反応せんといてな


あの外務大臣も相当怪しい


また、まるで呪われてでもいるような暗い暗い霜村の娘瑠衣ちゃん可愛い=瑠衣が、利香子の太陽のような明るい実家に預けられたのがせめてもの慰めです楽しい家族


管理官の新居田もガップリ四つに組んできて、外交官・黒田康作は~来週もとても楽しみデス外交官黒田康作が面白い。でも、ビョンホンさんイ・ビョンホンさんちいとも出てきまへんなは~ちっともレギュラーじゃあらへんね。ま、この際ど~でもいいんですけど


主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」を歌っているIl Divoも今が旬のお勧めアーチストです An Evening With Il Divo: Live in Barcelona (W/Dvd)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は外交官 黒田康作のレビュー一覧」でお読みいただけます

外交官・黒田康作~第4話 王女誘拐事件の謎 (主題歌付)

外交官 黒田康作~第4話もなかなか面白かったですね。まずはこの4話で新たに確認できたことを整理しておきます


1.霜村の娘=瑠衣が父親の生存を知った。父さんにはやらなければならないことがあると涙の弁明あり。


2.柏田を殺したのはやはり霜村ではないらしい。柏田の爪に残されていた犯人と思しき人物のDNAは霜村のものとは一致しなかった。やっぱりね


3.霜村に協力しているらしい君島祐太朗は、これもやはり「薬害訴訟=アトロン被害」に何らかの関連があるらしい。山路が君島の前でこの「アトロン」ということばをつぶやいたのは意図的なものか?


4.駐日メキシコ大使館員であるエルナンドが手を引くと言い出す。


~番組の冒頭とエンディングに、ドラマ外交官黒田康作がメキシコ大使館をイメージダウンさせたという謝罪がありましたが、それとこの4が無関係だといいですね。あくまでも「ドラマ」なのに~そんなクレームつけるほうがどうかしてるで


メインの事件に関してはこのぐらいですかね


また、今回のアリトリア王女の件も、おばさん的にはなかなか好感のもてるエピソードでした外交官黒田康作が面白い


幼い頃やんちゃだった王女が家を出て誘拐事件に巻き込まれたところを黒田が助けたという過去があったのだそうです。


今回の王女の訪日の目的は、アリトリア国における日本の発電所建設を承認するというもの。建設賛成の国王は病気で臥せっているため王女が代理でやってきました


が、内情を調査してみると、発電所を建設するための準備がまだまだ不十分なのにも関わらず、村橋代議士と経産省がこの提携を急いでいるといいます。その理由は、アリトリアに数日中に「環境問題に熱心な人物を首相とした新政権」が誕生するからだそうです


首相が交代したら発電所が作れなくなってしまう!


が、王女はこれに反旗を翻しましたアリトリア王女の決意が健気。国民の大多数は、自然破壊に反対している。私はこの提携を許すわけにはいかない!自分さえよければそれでいいのか!?


彼女は「カゴから飛び出す勇気を抱いて日本にやってきたのです。幼い頃に颯爽と自分を救ってくれた黒田への淡い初恋も~そっと胸にしまっていたかもしれませんねこれは胸に秘すのが一番


そういう経緯があっての観光地めぐりは問題なし。月島でもんじゃ食べようと、浅草へ行こうと~これは楽しく見ることができました


利香子と西園寺の協力を得て、2つの大きな問題を解決しようと奔走する黒田康作はなかなか魅力的な人物です外交官・黒田康作は来週もまたとっても楽しみでございます外交官・黒田康作の続きが楽しみ♪


主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」を歌っているIl Divoも今が旬のお勧めアーチストです An Evening With Il Divo: Live in Barcelona (W/Dvd)


主題歌の動画を上げてくださった方がいらしたのでそれも貼っておきます



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は外交官 黒田康作のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング