2018/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>

「その他」のレビュー一覧

| |

城島リーダー、祝101キロ完走!たくさんの感動をありがとう!!

毎年勇気をもらっている24時間テレビ、今年はTOKIOのリーダー、城島茂さんが101キロマラソンに挑戦し、見事時間内に完走するという快挙(奇跡?)を成し遂げられました。いつもは100キロなのがプラス1キロになったのは、昔山口達也さんが走った100キロに敬意を表してのことだそうです。


なにせアイドルオンチのおばさんですから、元々TOKIOというグループに興味があった訳ではないんですが、鉄腕ダッシュという番組を通し、福島・浪江町のDASH村で生き生きと働いている彼らの姿が本当に楽しくて、いつの間にかすっかりファンになってしまいました


中でも、どう見ても運動好きには思えない、どちらかといえばヘタレにしか見えない城島さんが()、マラソンを、しかも、101キロ走ると聞いたその時、福島県民のおばさんの頭に浮かんだのは、DASH村でTOKIOを導いていた三瓶明雄さんの姿です


ああ、リーダーはきっと明雄さんのために走る決意をしたに違いない!


その後一切城島さんの口から明雄さんの名が語られることはなかったけれど、DASH村の大ファンだった我が家では毎日のようにこの話題で持ち切りでした


リーダー、本当に走りきれるかな。大丈夫、きっと明雄さんが応援してくれてる城島、頑張れ!!( `ー´)ノ


そして昨日、ついに城島さんの本心が明かされました。リーダーは、この話を持ち掛けられた時には既に闘病生活を余儀なくされていた明雄さんに、なんとか元気になってもらおうと、この話を快諾したのだそうです


でも城島さんは、それを一切口にしようとしませんでした。これはおばさんが勝手に妄想しただけですが、リーダーにとっての明雄さんは、もはや単なる「番組の共演者」ではなく、大切な肉親のように思っていたからなのではないでしょうか。プロとして私事を仕事に持ち込んではいけない、でも心の中では一番に明雄さんを思いながら走る!!


だからきっと当初は、最後のゴールの際に、

「明雄さん、ありがとう!!

と言うことだけを、決めていたに違いありません。マラソンの途中で松岡昌宏さんが、

「福島DASH村のカレーライスととん汁」

を差し入れし、山口達也さんが、

「明雄さんのお骨に手を合わせ、リーダーを応援してくれるよう祈りに行ったこと」

が明かされた時、リーダーは心底ビックリしていたようだったのです。そんなの、普段のリーダーを見ていたら分かることなのにね隠してもダメダメ~('ω')ノ~リーダーの本心は、誰にも明かそうとはしなかったそうだけれど、明雄さんのために走るって決めたに違いないこと皆もうお見通しよ( ;∀;)


その証が、あの明雄さんのトレードマークとも言える真っ白いタオルの鉢巻だったそうです。あれをキリリと締めることで、城島さんはいつも明雄さんが一緒にいることを感じながら走ることができたのではないでしょうか


番組内でリーダーが、世の中のお父さんのために走りたいといったその言葉ももちろん本心からだったのだと思います。でも、城島さんがそこまで

「全国で一生懸命汗水たらして働くお父さんたち」

に関心を寄せるようになった理由こそ、三瓶明雄さんだったのではないかと思うのです。実際にリーダーは、明雄さんはまるで父親のようだったと語っていたそう


これまた私事になりますが、おばさんがDASH村の存在を知ったのは(まだまだ若いお姉さんだった)12年前に大病を患い長期入院をしていた時のことでした。明雄さんやTOKIOのメンバーが、1つ1つ新しいモノづくりに挑戦し、田畑を耕し、収穫の喜びを肌身で感じている様子を見て、同じようにモノづくりの楽しみを味わってみたいと大いに元気づけられたものです。それで始めたのがガーデニングでした。


だから、原発事故が起きて、彼らがもうDASH村に来れなくなった時、自分もまた、気軽に庭に出ることができなくなった時、本当に悔しかったけれど、同じように、否、もしかしたらもっと悔しい思いをしているだろう彼らが、実に前向きにこの問題に取り組んでいく姿勢を見て、心の底から嬉しくありがたく思ったものです


そして今年に入り、DASH村のコーナーが「出張~」に代わったのを寂しく思っていたおばさんの目に「世界一うまいラーメンのコーナーが飛び込んできた時、その喜びは頂点に達してしまいました。彼らは

「まだまだ

福島でのモノづくりを諦めてはいなかったのです。つい先日は、城島さんが、弱弱しい小麦を足で踏んづけている姿も拝見しました


今回リーダーは、明雄さんのこの口癖をもう一度聞きたいと語っていたそうです。走っている最中もきっと、

「リーダー、まだまだ!もう少し頑張れ!まだまだ頑張れるぞ!!

そんな声が聞こえていたに違いありません。そして城島さんは、見事にその期待に応え、実に逞しく素晴らしい5キロのロングラストスパートを見せてくれたのです。その表情のなんと凛々しかったことかこれは惚れ惚れするほど素晴らしかった!


それまでどうして姿を見せないのかと、不思議だったTOKIOの他のメンバーも残り200mという所で駆け寄ってきます。最後にリーダーの呼びかけを拒否して会場に入ってこなかったのは、今回は

関ジャニの24時間テレビ

だから、目立ってはいけないと配慮してのことだったのだとか。それに、最後までリーダー一人で頑張れ!と言いたかったのでしょうね。よく頑張った!それでこそTOKIOのリーダーだ!って。


今回は、全国でたくさんの方が、それぞれ思い思いの気持ちを抱いて城島さんの走りをご覧になっていらっしゃったことと思います。そのうちの1つとして、おばさんも、この感謝の気持ちをどうしても表現したくて、こうしてしたためさせていただきました。城島さんのおかげで、また頑張って楽しく生きていこう、心からそう思えました


本当にお疲れ様でした!これからも

「いつか東山さんみたいにカッコよくなりたいという夢は秘かに、でもまだまだ諦めない普通のおっさん

に戻った城島さんをいつまでも応援していきますこれからも頑張れ!


これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧

森山良子の「Ale Ale Ale」(アレ、アレ、アレ)をご存知ですか?

今日はちょっと「音楽」の話をしてみたいと思います森山良子のAle Ale Aleが面白い。歌うこと、音楽を聴くことも大好きなおばさんが、最近ハマっている曲~それは森山良子のAle Ale Aleという曲です。


先日、韓国ドラマ・トンイを見ようとして、日曜の夜8時50分頃、BSプレミアムにチャンネルを合わせたところ、いきなりこの歌が耳に飛び込んできました


Ale Ale Ale(歌ネット~歌詞)


アレはどこに置いたかしら、アレをやっておかなくちゃ、アレはどーした、アレって何よ!?んもう最高に楽しいです♪


いわゆる、物忘れに関する歌詞が延々と、しかもタンゴ(フラメンコかな)のリズムオーレッ!に乗せて贈られてくるこの歌は、一度聞いたら忘れられるものではありませんすっかり覚えちゃいました


森山さんはこの歌詞を実にリズミカルに、そしてとっても楽しそうに、時に(探し物をしている時の)困った表情を浮かべながら、ステージ中を歩き回りながら歌うのでございます。ボンヤリ聞き逃してしまえば、ただのタンゴに思えちゃうほど音楽も素敵ですヨ♪


動きもリズミカルなんです


9時前のそろそろお眠今日はトンイ見ないで寝そうだ~vv~なおばさんの目は、これですっかり覚めてしまったのでございました。んもう、まさにこれ、うちの両親にピッタリの歌だわ~~~しょっちゅう言ってるもん~あれあれって(^_-)-☆


ま、カタカナの名前に関しては、おばさんも人のことは言えないんですけどね。アレ、ホラ、アノ人よ


今日もまたこの歌を口ずさみながらアレはどこに置いた~アレがどうしても見つからない~などと騒ぐ両親を横目にアレじゃワカラン~とつぶやきながら引越し準備にいそしむおばさんなのでありました


この「Ale Ale Ale」は森山さんの新曲だそうで、まだ動画は見つからないのですけど、レンタルショップの某サイトなどでは試聴もできるようです


爽やかな芸術の秋森山良子Ale Ale Aleは最高デス~たまにはこんな楽しい歌を聴いてみませんか?おなか抱えて笑えちゃうこと間違いなしですヨ~一度是非聞いてみてね♪



この歌はこちらのアルバムに収録されています。「アレ」が「Are」じゃなくて「Ale」ってところが、「Ole!」(オ~レッ!)みたいで面白いんですのよ


これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧

DASH村へ万感の思いを込めて

突然ですが、皆様はザ!鉄腕!DASH!!というバラエティ番組をご覧になったことはありますか?


おばさんがこの番組をみ始めたのは、今ではほぼ完治したとある疾患が元で3ヶ月の入院生活を余儀なくされた時のことでした


当時バリバリと仕事をこなしていたおばさんにはちと物足りなくて、一度も観たことがなかったこの番組を、病院のベッドに横たわりながら見るにつけ、いつしか毎週の楽しみになっていったことを今でも鮮明に思い出します。特に好きだったのがDASH村のコーナー。自分もまた自給自足の生活に憧れたことがあったからでしょうか


土を耕し、苗を植え、米を作り、野菜を植える。
家を建て、かわらを焼いて、風呂を作り、食器も作る。
動物達はそれぞれに生き生きと村で暮らし、その命をつないでいく


こんなところが一般に公開されたなら、真っ先に飛んでいってそこで暮らしたい実際にそういう人もいるらしいですね


長くかかる病気といわれながら、決して諦めずに養生できたのも、この番組との出逢いがあったからかもしれません。それだけ彼らの作業は、地味で時間のかかるものだったのですいつかきっと報われる日が来るって思えました


この村が福島県の浪江町にあると知ったのはそれから間もなくのことでした


教えてくれた知人から、決して誰にも言ってはいけない~と言われ、ずっと話さずに参りましたが、今年3月の大震災によって引起された原発事故の事を聞いた時、まっさきに思い浮かんだのがこのDASH村のことでした。それほど、この村、村に息づく動物達、明雄さんやTOKIOの面々を他人とは思えなくなってしまっていたのですまさに家族の一員でした


勿論、自分もまた被災者であったおばさんは、そ~ですね~4月に入ってからもそれほどテレビを観ることもできなかったので、しばらく番組を観ることもかなわなかったのですが、ちょうどうちのみぃが亡くなった頃、震災の前日にヤギのリンダが亡くなったことを知りました。動物達にとってそれほど大変なストレスだったのだとあらためて思い知らされました小さな動物達もまた犠牲になったことを忘れてはいけない


その後も、避難生活を送るDASH村周辺の人々の様子を見ては一喜一憂~主に慰められることが多かったです


それが今晩山口達也がひまわり栽培による土壌浄化の実験に協力した様子が放送されるそうなのです鉄腕!DASHを見逃すな!


防護服、防塵マスクを着用した達也は、線量計を確認しながら作業にあたり、村で約2時間を過ごしたそうですこれは見逃せません!


すっかり荒れ放題となった里山について語りながら涙したという達也は、震災当日もDASH村に撮影で入っていたそうです。


あの震災から今日でちょうど半年が経ちます


おばさんも多少土いじりをするので分かるのですが、植物や野菜を育てるのには、まずその土作りから始めなくてはならないのです。最初は苗を植えても病害虫に弱く、実もほとんど付かないのを、肥料を入れたり耕したりと、それはそれは真心込めて手をかけないと、立派な野菜ができる土地作りなど到底できはしないのです


化学肥料や農薬を使わずにあそこまで丹精込めて作った土地が、今ではすっかり放射能に汚染されているという残酷な現実。彼らの無念が伝わってくるようです


ひまわりによる除染活動がなんとか成功するように、緑が多いからこそ安らぎもあふれていたDASH村の素晴らしい自然をできるだけ損なわずに済む方法を、及ばずながら、おばさんも一緒に考えてみたいと思いますおばさんも庭にひまわりをたくさん植えました~引越し先でも植えるつもりです(^^)v


政治家の不適切な発言で傷ついてなどいられません。どんなに辛くても、疲れていても、やはり立ち上がらなければ、前には決して進めないのです


自分を叱咤激励するしか道はない!


お時間の許す方は今晩の「ザ!鉄腕!DASH!!」をご覧になって、是非頑張る彼らを応援してやってください。どうぞよろしくお願いいたします。頑張れ、DASH村!頑張れ、福島!!


おばさんも負けずに頑張ります♪


これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧

気ままにクラシック♪~大好きな番組です

こう見えておばさんは音楽が大好きデス。「曲げられない女」の早紀(菅野美穂)のようにkaeru3な風に楽しむのもイイですが、どちらかというと自分で歌ったり演奏したりする方が好きですcoruspiano。 まあジャンルとしてはクラシックが多いデスかね。あ、カラオケもやりますけどね~十八番は「天城越え」かな


そんなオバサンが毎週楽しみにしている番組があります。こちらは実はラジオなんですが、タイトルは、


気ままにクラシック♪」~通称「きまクラ」というNHK-FMラジオ番組なんですonpu


~公式ホームページはこちらです~気ままにクラシック


《他にもこんな記事を書いています♪》