2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

「恋愛モノその他」のレビュー一覧

| |

【空港に行く道】 ネタバレと感想 16話から最終回まで 良いドラマでした

キム・ハヌルさん主演の韓国ドラマ、【空港へ行く道】も最終回まで見終わりました。以下すぐにネタバレです空港へ行く道のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


結局ドウはヘウォンと、そしてスアはジンソクとの離婚に踏み切りました。最初はドウが、その後を追うようにスアが離婚を切り出します。


ドウもそうですが、それぞれの離婚で特にスアがひどく傷ついたことから、すぐにふたりが一緒になることはありませんでしたが、しばらく離れて過ごした後、ドウは自分にとって必要欠くべからざる存在だと確信したスアがドウに連絡し、空港で落ち合うというラストとなりました。これからふたりは空港に行くのではなく、空港を出発点に残りの人生をともに歩んでいくのでしょう


スアもドウも、自分よりもまずは他人を思いやる優しい性格だったからこそ、自分のためなら平気で他人を振り回すジンソクとヘウォンのような人間を伴侶に選んでしまったのでしょうが、最後にはそんな「身勝手なお子ちゃま」とは離れ、自分も相手も大切にできる大人のパートナーを見つけることができて本当に良かったと心から祝福したいです


一度は捨てた娘を自分のために利用した上、邪魔になったらまた捨てたヘウォンというキャラクターはそうそういるとは思えませんがほんとにひどい女だったよ(;´Д`)、ジンソクのような人間は現実にも結構多いですよね


自分がモテると思い込み、元カノの親友と結婚した上、妻に内緒でその元カノと「カジュアルな関係(アホか)を保とうとする。自分に言い寄ってくる若い女性に対しても、軽い付き合いは拒まないけど、相手が真剣に追いかけてくると「勘違い女」呼ばわりして冷たく切り捨てる


典型的な自己チューだから、実は自分こそが「勘違い男」だということが分からない。いっちょまえの大人の男のふりをしているけれど、精神年齢は小学生並みの小心者で、自分にとって妻がどれほど大切な存在かも理解できない。妻が真剣に歩み寄ろうとしても「夫の権威」を振りかざす最低最悪なモラハラ男


ジンソクがそうなったのは、軍人上がりの父親に厳しく叱責されて育ったかららしいですが、だからと言って、妻がそのとばっちりを受ける必要はありません。夫婦は助け合うべきだけど、あくまでも対等であるべきで、どちらか一方だけが(精神的かつ肉体的に)尽くすべきではありません。これまで離婚されなかっただけありがたいと思え、です妻は夫の奴隷ではない( `ー´)ノ


それでもスアは、ジンソクとの離婚で、ヒョウンばかりかそのジンソクにも迷惑をかけたと自分を責めてしまいます。ジンソクはスアに離婚を切り出された後、昔発症した閉所恐怖症が再発してしまったのだそう。いや~そんな人間をパイロットにしていいんか!と思ってしまったのはおばさんだけでございましょうか。


でもヒョウンは、スアの心を理解してくれました。ジンソクといてもちっとも幸せそうじゃなかったスアを見て育ったヒョウンは、済州島でのスアが本当に幸せそうにしていたのを心から喜んでくれたのだそう


それはきっとスアがヒョウンに済州島でスアと住むことを強制せず、自分の心に従うよう勧めたことも大きかったですよね。これは決して身勝手な選択ではない。自分自身の幸せが周囲を幸せにするのだから。


サッカー好きのヒョウンなら、性差別のないニュージーランドで暮らすほうが幸せに決まっています。確かに母親は必要だけど、いつも悲しい顔をした母といても子どもは決して幸せにはなれません。


それに今の時代、一緒に住んでいなくても心がつながってさえいれば、いくらでも連絡できますからね。韓国~ニュージーランドなら、健康体ならひとっとびですし


母親だから子どものために生きるべし、夫を支えて然るべし、確かにそのような生き方も否定はいたしませんが、これまでずっと自分の事より他人を思いやってきたスアとドウが、悩みに悩んだ末、ようやく自分のために生きようと勇気ある一歩を踏み出したことに心からエールを送りたいと思えました


不倫嫌いなおばさんでも心から納得できた実に良いドラマでした。大満足です空港へ行く道が面白かったよ(^^)/



今度は是非ノーカットで視聴したい

【空港に行く道】 ネタバレと感想 10~15話まで

キム・ハヌルさん主演の韓国ドラマ、【空港に行く道】も順調に視聴中です。以下ネタバレの感想です空港に行く道のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ふたりがついにキスをして「三無関係」を破った時はどうなることかと案じましたが、そこは期待通り、踏みとどまってくれてホッとしました。相手を恋しく思えば思うほどふれあいやぬくもりを求めたくなって当然ですが、その気持ちのままに突き進んでも、その後に残るのは罪悪感ばかりですからね。スアやドウのように、本来誠実な人間なら尚更です。


その上、スアは、ジンソクとミジンの、過去のみならず「現在進行形かもしれない関係」を知らされてショックを受けてしまいます


あそこでスアが、娘のヒョウンのことにかこつけて(?)別居に踏み切った、しかもドウとの連絡をも一切絶ったのもそういうことではないでしょうか。ミジンのことばかりを言えない。自分もまたミジンと同じことをしている、とミジンの指摘は正しい


またドウもヘウォンの嘘に耐えきれなくなり、離婚を決意します。ヘウォンはドウとスアの関係に気づいて反撃しようとしましたが、ドウは決してそれを許しませんでした。これは夫婦の問題だ。僕は確かに君を愛し守ろうとしてきた。その信頼を裏切ったのは君だ


ドラマだからかなりデフォルメされているけれど、このヘウォンみたいな人(嘘つき)って決して少なくないですよね。保身のために嘘をつき続けていたために、嘘をつくことが当たり前になってしまった


実際にはドウがスアより先に、ふたりの間に距離を置くよう(スアに)申し出ています。これもまたスアの決意に拍車をかけたのかもしれませんね。ドウは、たとえ離れていても連絡を取り合おうとしたけれど、スアはそれすらも断ち切ろうとした。ドウと話したくなった時は、自分宛にその内容をメールで送っていたそうです。スアの覚悟のほどが偲ばれます。


が、そこまでしても運命は二人を引き離せませんでした。スアはヒョウンを連れて生まれ故郷の済州島で暮らすことにしたのですが、ドウもまた、スアの故郷という理由で済州島に引っ越してきたのです。亡き母コ・ウニの遺言で、その作品を飾る場所を済州島に選んだのです。


その上、ふたりが住まいにと選んだ場所もまた、すぐに歩いて行ける距離にありました。ふたりが求めるもの=感性が同じ証ですよねドウとスアは本当にお似合い( *´艸`)


一方、置いて行かれたジンソクとヘウォンはというと、どちらもまったく凝りていません。離婚を切り出されたヘウォンはともかく、ジンソクには状況がまったく分かっていないからです。うざったい女房がいなくなって、これからは気楽なシングルライフが送れると喜んでいるほど


だからと言って、またしてもミジンにちょっかいを出そうというあの神経が分からんね。さすがに腹を立てたミジンが、スアの弟がふたりの関係を疑っているとジンソクに暴露したのは痛快でした


なんでまたスアみたいな素敵な女性がジンソクのようなク〇と結婚しちまったのかしらね。とはいえ、そうでなければ愛らしいヒョウンは生まれてなかったんだから仕方ありませんが。


ドラマでは「奇跡のような偶然がもたらした再会に、さすがのスアも意味づけせざるを得ない~なところまで来ています。ドウはもう心を決めていたみたいですよね。無事に離婚できたら、結婚するかどうかはともかく、スアをずっと守っていきたいと考えているに違いありません。


それに、ミジンにも良い男性が現れそうで一安心です。ケビン(キム・テヒョン)というジンソクの後輩はとても誠実そうで、アホなジンソクとは大違いですものね


ここまで見てきて、ふたりはきっと誰もが納得のいく形で幸せになれるに違いない~そう確信しています。「空港に行く道」は続きを見るのが楽しみです空港に行く道が楽しみ♪



これなら納得のいく結末を迎えられそう

【空港に行く道】を見ています ネタバレと感想 1~9話まで

キム・ハヌルさん主演の韓国ドラマ、【空港に行く道】を見ています。「オンエアー」と「ロードナンバーワン」以来、彼女の作品を視聴するのはこれで3作目ですが、やっぱり素敵ですよね~。昔、失礼極まりないことに、顔がでかいなどと酷評していたのが嘘のようです


お相手のイ・サンユンさんは、これまでは苦手なキャラが多かったのですが、この役はか~なり気に入りました


以下、簡単なネタバレと感想です空港に行く道のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ハヌルさん演じるチェ・スアとサンユンさんのソ・ドウは、娘同士が海外で同じ家にホームステイしていた縁で知り合いました。客室乗務員のスアにはパイロットの夫、パク・ジンソク(シン・ソンロク)がおり、ドウには、人間国宝?の母を尊敬してその仕事を手伝っている妻、キム・ヘウォン(チャン・ヒジン)がいます。


そんなふたりが次第に恋に落ちていくという話なので、簡単かつ乱暴に言ってしまえば、これは「不倫もの」なのですが、その恋に落ちる様子があまりにも控えめで美しいため、どうしても嫌悪感を抱くことができません


このふたりのそれぞれの伴侶が、いかにも鼻持ちならない嫌なタイプの人間だから尚更です女好きのジンソクは「既婚者」であることを隠れ蓑に若いスッチーとの(肉体関係抜きの)「遊び」が止められず、ヘウォンは、自分の連れ子のアニーを疎んじ、海外に追い出してしまったという冷たい母親らしいのです。「らしい」というのは、このヘウォンとアニーの関係やその過去にはまだ秘密が隠されていそうだからです


もしこの二組の夫婦が仲睦まじいカップルだったら、果たしてスアとドウは恋に落ちたのだろうか、日課にしている川べりの散歩をしながら、思わずそんなことを妄想せずにいられません。もしそうだとしたら、ふたりとも相手を好ましくは思っても、あくまでも良き友人であろうと努力したのではないでしょうかほのかに想うだけの相手


そんな風に思わずにいられないほど、ふたりはかなりの人格者でもあります


ドウは、妻の連れ子のアニーをこよなく可愛がり、冷たいヘウォンに対しても何とかその心情を理解しようと努力しますし、スアは、生来ののんびり屋=大らかな優しさが全身からあふれ出てくるような人柄で、見知らぬ人に対しても惜しみなく愛を注ぐ温か~い女性です。もちろん、夫の女好きにもまったく気づかずにいます。


この女好き野郎は、かつてスアの親友ミジンと恋仲でもあったそうです。今やミジンは、スアのおかげで悪縁が切れたと、スアに申し訳なく思いながらもひそかに感謝しているほどだそうですが、そんなんじゃ足りませんよね~いまだに図々しくミジンにすり寄ってくるなんて、あんな男は不能にしてやらんと気が済まんわチョン切っちまえ!( `ー´)ノ


スアがどんなに鈍感でも、ジンソクの冷たさは感じているはずです。だからこそ、コイツとは正反対の心優しく誠実なドウに惹かれたのでしょうからね


スアとドウの仲は、アニーが不幸な事故で亡くなったことをきっかけに急速に近づいていきました。見ているこちらとしては、それも仕方ないよね~とついつい肯定しながらも、やっぱり、素敵な二人だからこそ、何とか踏みとどまってほしい不倫はあかんで~!( `ー´)ノ、と願わずにもいられません


どんなにひどい最低最悪な伴侶であっても、その伴侶を裏切る行為に及んでしまったら、彼ら自身も同類なのです


な~んて言ったら叱られちまいそうですね。でもそれが偽らざる本音です。できることならふたりが結ばれてほしいけれど、それはあくまでも離婚してからにしてほしい。そうでなければ、あくまでも良き友人として付き合っていってほしい。


とはいえこれは、全21話のおおよそ半分を見終えた時点での感想なので、この先どうなるか分かりませんが


これまで感じた雰囲気から、ありきたりな不倫ものとは違うハッピーエンドを心から期待しておりまする。「空港に行く道」は続きを見るのが待ち遠しいです



納得のいく最後を迎えたら、是非もう一度見直してみたい

毒島ゆり子の赤裸々日記、見終わりました(あらすじと感想)

前田敦子さん主演の深夜ドラマ、【毒島ゆり子の赤裸々日記】も秘かに毎週見ていました。何度かあらすじを書こうとも思ったのですが、なんやかんや忙しくて、その合間を縫ってまで書きたいとは思わず、今回はただ黙ってひたすら視聴を続けておりました


ストーリーは至極単純です


幼い頃、母を捨てて「恋」に走った父のせいで男を信じられなくなった主人公の毒島ゆり子(通称ぶーちゃん、前田敦子)は、その男性不信から、男性と付き合う時は必ず二股をすると決めていました。そうすれば、どちらかに裏切られても、ショックが少なく済むからだそうです。


そんなゆり子が初めて二股を止めてでも真剣交際したいと思える男性が現れました。ゆり子と同じ番記者の小津翔太(新井浩文~加藤清正@真田丸)です。この男がまた実に酷い男でしてね~。毎回あらすじ書いてたら、罵りの嵐になったことと思われまする毒島ゆり子の赤裸々日記が面白かった(≧▽≦)


これが見た目はなかなかセ〇シーだし、仕事のできる男風だし、悪かないんですよ。おばさんも若かったら(笑)ついつい目で追っちゃうかもしれません


でも確かに仕事はできるんですが、ま~これが常に嘘しかつかんク〇野郎なんだす。既婚者のくせに、ゆり子の二股は許せない、自分も(元女子アナの)妻と離婚するつもりだから、別れてくれ、と迫ります。


その上、まだ離婚もしていないくせに、身辺整理をしたゆり子を騙して、結婚届まで出しに行きます。ゆり子と一緒に深夜に届けを出したのは、翌日却下されるのを知っての確信犯です詐欺師です


小津の妻からの依頼でゆり子を罵倒した弁護士の真田(バカリズム)も、真実を知ってはブチ切れて、小津を非難せずにいられなかったほどです。あんた、バ〇かっ!!


この小津の娘の絵美役に、さりげなく、清原果邪ちゃん(バルサ子役@精霊の守り人)が出ていたのにも驚きました。あんなゲ〇野郎を父にもって可哀想に


小津と別れたゆり子は、小津のせいで別れたミュージシャンのみーちゃんこと美登里(渡辺大知)こそ、自分が最も愛していたことに気づきます。が、美登里はもう遅いと言って去っていきます。その後美登里はメジャーデビューを果たしたようです。


その夜、小津が再びゆり子にメールを送ってきました。ゆり子が最初に小津を見初めた喫茶店で会おうと言うのです


そこで小津がまたしてもゆり子を口説こうとしたのには呆れましたね~。自分はとびきりのクズだが、ゆり子に対する気持ちだけは本当だ、今度こそ妻と離婚するから結婚してほしい、というのです。が、ゆり子は、今度こそ、キッパリ見切りをつけました


が、その2カ月後、小津が妻と離婚したという噂が耳に入ります。実際に小津からも、その昔激しく愛し合ったカーテンの裏に引っ張り込まれ、その事実を告げられます。妻とは別れた。俺と結婚してくれ!


でもゆり子は明るく笑ってこう言いました。今三股しています!


も~ここはざ〇あみろ!でございましたね。これでまたゆり子が騙されっ放しで終わったらふーん、で何も書かずに終わったでしょうが、こうなっては一言言わずにいられません


ゆり子、よくぞ言ってやったっ!!ゆり子エライっ!!


またこのドラマを最後まで見続けられたのにはもう1つ理由があります。ゆり子の職場でもある政界の動きがなかなか面白かったことです


政界ではちょうど、与党の幹事長を務めている黒田田助、通称くろでん(片岡鶴太郎~安岡幸吉@梅ちゃん先生)が、自分の子飼い120名を引き連れて離党するのではないかという噂が流れていました。ゆり子がこの黒田の離党をスクープしたくて、それはもう必死で食らいつく姿がまたなかなかよかったのですよね~。あの小さな体で仕事にも恋にも体当たりなのが楽しかった


が、実際黒田が離党を表明すると、付いてきたのは十数名で、特に黒田の腹心と思われた中川(高木渉~小山田茂誠@真田丸)が、まさかの裏切りを見せたのにも驚かされました


ゆり子は常にこの中川をマークしていて、中川なら絶対にくろでんを裏切らないだろうと思っていたのが、こちらも裏切られてしまう訳です。中川の秘書=青葉(橋爪淳)などは、黒田への申し訳なさから秘書を辞めると断言したほど


でも訳を聞いてみたら、与党の今掲げている政策は中川の地元の悲願と合致しているそうで、今黒田に付いて離党することは地元を裏切ることになるのだそうです。そう言って男泣きに泣く中川を黒田が慰めるのがまた実に良かった。分かってる。それでこそ政治家だ


またゆり子の上司の安斎(近藤芳正)が黒田を高く評価していて、たとえ番記者だろうと、これぞと見込んだ政治家は応援したくなる、と語っていたのも素敵でした。が安斎は、スクープが取れなかった責任を負わされて神戸に左遷されるそうです。この安斎が、小津にスクープを取られるたびに、冷蔵庫に入った小津のプリンを横取りしていたらしいのがまた実にせこくてナイスだった


あ~最終回がスカッと終われて&ここで語れてうれしかったですずっともやっとしていました(;´∀`)。このドラマには深夜ドラマの良いところがいっぱい詰まっていたような気がします


またいつか、彼らに会ってみたいですね。小津がまたどんな嘘をついているのかも見てみたいかも。それに離党した黒田がどうなったのかも見届けたいですね~こちらは是非


さすがに「赤裸々日記」というだけあってラブシーンが多いのでお子ちゃまにはお勧めできませんが、でも想像していたよりずっと爽やかでしたよ毒島ゆり子の赤裸々日記、続編を作ってくれたら必ず見たいと思います毒島ゆり子の赤裸々日記の続編希望♪



黒猫チェルシーのこの歌がまた良かった。抱~き~しめさせて


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

ティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。あらすじと感想

長谷川京子さん主演のスペシャルドラマティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。を見てみました。連続ドラマが終わってしまい、何かないかな~と録画画面を眺めていた時に、たまたま見つけたドラマでしたが、さすがに、北川悦吏子氏作品だけのことはありましたね。久しぶりに、爽やかな大人のラブストーリーを楽しむことができて大満足ですティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。のあらすじ行きますよ~(^^)/


ティファニー協賛ということで、舞台となったNYの景色やBGMもしっとりとしてとても素敵だったので、ラブストーリーがお好きな方には是非お勧めしたい一作です。以下「夏の終わりに、恋をした。」の簡単なネタバレのあらすじです。


~実際のドラマでは、事実関係が伏せられたままでストーリーが展開され、その過程において少しずつ素性や事情が明かされるという手法が取られておりましたことをあらかじめお断り申し上げます


主人公の安藤ちかげ(長谷川京子)は35歳。スタイリストとしての仕事にも行き詰まりを感じ、5年付き合った恋人の成瀬友則(谷原章介)に自分からプロポーズをしたものの、あっさり振られてしまいます


年齢上、それ以上しつこく追いすがることもできず、これまたあっさり引き下がったふりをしてみたものの、どうしても諦めがつきません。しかも成瀬は他の若い女=竹内七海(菜々緒)と結婚してしまったのです


あまりのショックとやるせなさから、二人の新婚旅行先=ニューヨークまで追いかけてきたちかげでしたが、そのまますぐに宿泊先のホテルに押しかける勇気はなく、マンハッタンの食堂で酒を飲みながら時間を潰しておりました。


ちょっとぉ~っ!注文っ!!も~単なる酔っぱらいのおばちゃん(;´・ω・)


この、手に負えない酔っぱらいのアラフォーの注文を聞きに来たのが、そこの食堂の店員だった小塚俊平(工藤阿須加)です。


なんだ、日本人?


相変わらずくだを巻き続けていたちかげでしたが、注文の品は無いと俊平に断られると、このホテルの場所を知らないかと聞いてきます。それが成瀬の宿泊先です


このホテルはここじゃなくてブルックリンですよ


結局ちかげは、俊平の描いた地図では道が分からなかったため、人の善い俊平はちかげをホテルまで案内することになりました。この時点で俊平はちかげのことを、同じ日本人としてそれなりに気遣ってはいても、まだまだ警戒を解いていません。だから名前も教えていません


ちかげがホテルに入っていくと、成瀬は宿泊をキャンセルしたと聞かされました。ドタキャンだったけど新婚だからお祝いの意味でキャンセル料は取らなかったアタシってイイ人~とこれまたうるさく説明する受付嬢を後にして、ちかげがホテルから出てくると、俊平がちょうど、シティバイクで家に帰るところだと言って通りかかります


「私も乗りたい!


ここに辿り着くまでもそうでしたが、ここからのちかげがまたおばちゃん全開でまあよくしゃべるしゃべる


スタイリストをしているけれど、今や20も下のアイドルにダメだしされる毎日。もう年だから、卵子も冷凍保存しておいた方がいいかしらね。東京オリンピックの頃には40を越えちゃうよっ!


でもそれが俊平の警戒心をも解くこととなり、彼もまた少しずつNYに来た訳を語り始めます。


大学時代に作った映画がたまたま小さな賞を取った。それですっかりその気になって就職もせずNYへやってきたが、こっちには俺より才能のある人間が山ほどいる。


何も言わずに渡米させてくれた父も病気だから、もう夢はあきらめて日本に帰ろうかと思う~そう独り言ちる俊平を、ちかげは、お父さんはきっと「夢」を叶えてほしいと思っているに違いないとさりげなく励ましました


人生には、上にも浮かび上がれず、下にも届かなくて、水の中であがいているみたいな息苦しい時期がある。これで結婚して子供でもいれば違うんだろうけど。よりどころもできるだろうし。


今度はちかげがこうこぼすと、俊平はそうでもないだろうと切り返します。以前俊平はバスケをやっていて、レギュラーになったらすべてが変わると思っていたのに、レギュラーになったらなったでストレスから試合前に吐くようになったのだそうです。


その後しばらく通院してようやくこれを乗り越えたと思ったのに、今度はひざを痛めてバスケを諦めざるを得なかったのだとか


でもその時々で苦しかったし楽しかったような気がするんです。生きている以上、どこかで

「パーフェクトに上がり!」

ってないんだな、って思う


まだ若いのにこの子はよく分かっていますね~。まさにその通りですよね。学生には「卒業」があるけど、社会人になったらそれがない。どこまでやれば終わりということはなく、だれも「これでいいよ」とは言ってくれない


SNSについて俊平がこう語っていたのにも苦笑させられてしまいました。皆が幸せそうにしているのは、それぞれにその「ふり」をしているからだって。まあおばさんも「ふり」まではしないけど、敢えて辛いこと悲しいことを言おうとは思わんかも。


その後ふたりはいつの間にかティファニーの前に辿り着き、店内に入って見て回ることになります


昔からティファニーが好きだったけど、ファーストティファニーは男の人に買ってもらうもんだって決めちゃったんだよね~「ティファニーで朝食を」を見たせいかしら?


今やっとわかった。私がNYに来た訳。あの人に、本当に好きだったって伝えたかったんだ


見てくれと行動はおばちゃんでも、心は少女のようなちかげにすっかり心を開いた俊平が、ここでようやく自分の名前を明かしてくれました。僕、「俊平」って言います


こうして仲良くなったふたりが、明日ちかげが日本に帰る前にと夕食を食べていたその時、成瀬と妻がそのそばを通り過ぎていきます。あれ?ちかげじゃないか??


そう声をかけてきた成瀬に対し、ちかげは、先ほどの告白はどこへやら、精一杯の見栄を張ってしまいます。NYへは仕事でやってきた。こちら(俊平)はモデルで、新しいカレ


が、俊平はこのちかげの「嘘」を見過ごすことができません。それではいったい何のためにNYくんだりまでやってきたか分からないじゃないかっ!!それじゃあいつまで経ってもリセットできない!


自分はモデルでも恋人でもない、ちかげさんはあなたに愛を告白したくてここまでやってきたんだ!


この言葉に驚いたちかげが必死で俊平を止めようとした時恥ずかしいから止めてっ!!、成瀬がキッパリこう言います。君の気持ちはわかったが、僕はそれに応えられない。僕は妻を愛している。


今度こそ、ハッキリキッパリ振られました

これですっかり動転したちかげは、俊平を罵らずにいられません


NYまで来てエライ恥をかいた。これが大人の男なら、私を庇ってくれたはずだ


大人は生きていくために虚勢を張らなくちゃいけない、そんなことも分からないのかと、もはや口撃が止まらなくなったちかげに、自分もまた様々な言い訳をして夢を諦めようとしていたことを指摘された俊平は、最後にこう言って去っていきます。


すいません。でも僕は、少なくとも俺は、今日一日最高に楽しかったです


そして翌日、Barbra StreisandのAlfieがBGMで流れる中、グランドセントラルステーションを闊歩していたちかげを、俊平が呼び止めます。ちかげさんっ!ちかげっ!!こっち向け~っ!


昨日は悪かったとお互いに詫びた後、俊平がいかにもプレゼントであるかのように差し出したティファニーの箱には何も入っていませんでした


今は高くて買えないけれど、必ず有名な映画監督になって、ちかげさんにティファニー、プレゼントします!それまで待っていてください!(^◇^)


こんな可愛いことを言われたら、たとえ弟の年齢でもついハグしたくなりますよね~。また工藤阿須加君が実に爽やかで可愛いんだこれが


いやいや実に可愛いラブストーリーでございました。ティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。はとっても楽しいドラマでしたティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。がお勧めです~(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

《他にもこんな記事を書いています♪》