このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

かぼちゃの花の純情
 家族モノ・ホームドラマ

かぼちゃの花の純情 最終回 人間万事塞翁が馬

かぼちゃの花の純情の最終回を視聴して、最初はキツネにつままれたような気がしたおばさんがなんだか最初はぽかんとしちゃいましたね~皆幸せすぎて(-_-;)、その後あれやこれやこれまでのシーンを思い起こしてようやく浮かんだ言葉がこれです~人間万事塞翁が馬。


正直申し上げて、ジュンソンがあそこで自殺したということにはいまだに納得がいきません。これまでずっとジュンソンの心に寄り添うようにして視聴してきたつもりですから、その心情は痛いほど理解できますが、でもやっぱりあそこで殺してほしくはなかった。プライドなど全てかなぐり捨ててでも「生きて償う道を与えて欲しかった自殺はいかんわ~やっぱ~今でもそう思っています


自分が死んでも、ミンスと一緒にさせてあげたい母心は分かりますけど


これが最後の一押しだったのかもしれませんが、もしふたりに「縁」があるならば、たとえジュンソンが生きていたとしても、結ばれるものは結ばれるし、そうでないものは別れるようになっているのです


それに~あそこで下手にヒョンムクがジュンソンに同情したのもよくなかったですね~。あれではますます(ギョンムクの心情を思いやったジュンソンの)居場所が無くなると言うものですのに


一見「幸福」に思えることでも、実は「不幸の種」かもしれず、その逆も然り


ジュンソンが死んだことは大いに不満でしたが自殺じゃなければ許せましたが、それでもスンジョンが語っていたように、故人はいつまでも思い出の中で生き続けるずっと魂に寄り添っていける、ずっと心の中で語り合うことができるというのもまた真理なのだと思いますジュンソンに話しかけるスンジョンが好きでした


母親に捨てられた一人の少女が、数々の苦難にも負けず、ひとりで食堂を切り盛りし、美味しいムク丼を作り上げ、それを食べる人々に心から美味しいと言ってもらえる幸せな環境を作り出した


その中で繰り広げられた愛憎劇とはいったいなんだったのだろうか?


ジュンソンとグァンウンという存在がこの世から消えてしまったら、これまで何事も無かったかのように、一切が帳消しになって、また残りのメンバーにあふれんばかりの笑顔が戻ってきたのを見た時は、正直言ってかなり空しい気分になってしまったのが、最後の最後に来て、ミンスの顔を見た時に大いに腑に落ちた気がしました


年に1度だけでいいから逢いたいとのミンスの申し出を断ったスンジョンが、ようやく共に生きる決心をしたその時、ミンスは日本に旅立ってしまったのですが、これまたスンジョンが会社に復帰することを決め、エレベーターに駆け込んだその目の前に、実に凛々しく成長したミンスがすっくと立っていたのです最後の最後に来てようやく大人になった気がしました


おばさんは、ずっとこのミンスが甘えたお坊ちゃまに見えて仕方がなかったのですよ。ということは、ジュンソンの目にもそう映っていたはずなのです。それであんな風にいつも意地悪な言い方しかできなかったのだと思っていたのだけれど、このミンスを目にしては、もう何も言えなくなっていた事でしょうねあれなら文句ないでしょう


こうしてようやく、娘のスンジョンを除いてジュンソンの存在意義が証明されたような気がいたしました。これには大いに反論されてしまうかもしれないのですが


これでなんとかこのドラマを完走した意義も再確認できて本当によかったですかぼちゃの花の純情は、これからもきっと忘れられないドラマの1つになることでしょう。できうれば、ここまでしんどいドラマではなく、またこのペ・ジョンオクさんという方の演じるドラマを見てみたいと思いますすっかりファンになりました^^


また、こんなおばさんの妄想だらけで、ジュンソンに負けず劣らず自己中な感想文におつき合いくださいました方々にも、この場を借りて厚くお礼申し上げます。おかげさまでなんとか最後まで完走することができました。本当にありがとうございました



かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅠ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅡ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅢ

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はかぼちゃの花の純情のレビュー一覧」でお読みいただけます

かぼちゃの花の純情
 家族モノ・ホームドラマ

かぼちゃの花の純情(#60「和解」)今日はあらすじを語らせてください

かぼちゃの花の純情~昨日ようやく60話を見たら、今度はあらすじを語らずにはいられなくなりました


推理モノが大好きで、ドラマを見ると「先読み」せずにはいられなくなるおばさんが、多分、このかぼちゃの花の純情を見ていて初めて、先のことを全く考えずに、ただどっぷり浸かってしまったエピソードはこれが初めてかもしれません。本当に、とっても素敵なエピソードでした~かぼちゃの花の純情あらすじ


自分を庇って亡くなったグァンウンの心情を汲み取ったミンスは、裏金の証拠をジュンソンに返す決心をするのです。あなたもまた私の母です。母を警察に突き出すことはできません


そう口では言っていたけれど、これではなんだかいかにも唐突な気がしたものですから、おばさん的にはこんな風に考えてみました先読みはないけど妄想はありますvv


ジュンソンの腰巾着のように何でもその言いなりになってきたグァンウン。どう見ても夫婦同然にしか見えなかったのに、その夫が住む家に乗り込んでくるなど、鉄面皮そのものの恥知らずな男


ずっとそう思ってきたグァンウンが、今、自分のために命を落とした仇に命を救われたのですから


当時はなぜだか分からなかったけれど、スンジョンに見せていたあの優しい顔、それに伴って、自分への接し方も次第に変わってきたグァンウン、どうやらジュンソンに対しても、その行動を諌めるまでになったようだ


「人は変わることができる


ミンスはそんな風に感じたのではないでしょうかなら自分も変わらなければ


母を殺された恨みで逆上してしまったけれど、これまで自分を、たとえ皮肉いっぱいにでも育ててくれたジュンソン、父が愛した女性、会社をここまで守ってきてくれたひとりの人間として、自分もまた敬意を払おう~そう思ったのではないでしょうか一歩も二歩も成長しました


ミンスがこうして成長してくれたおかげで、ジュンソンもまた頑なだった心が溶けていきますこの子も私の息子。確かにドラマではあるんだけど、やはり「北風と太陽」の話はけだし真実なのだと思わされます


カン社長が自分で判断し、行動してくれなければ困る。あなたがこれまで傷つけてきた人々のことを考えて、今後の行動を決めてください


娘にそういわれたジュンソンは、裏金を全て会社に返却する決意をしますえらかったね~ジュンソン


その上で彼女は、最も心にかけていたことを素直に吐露するのです。これまでは、金や権力への執着で影を潜めていた葛藤、否、そう言ったものでずっとごまかし続けてきた「子どもを捨てた苦しみ」が、ようやく表面に表れたのです


もし私が、あなたを自分で育てればよかったと言ったら信じてくれる?他のものは手に入れても空しいだけだった


産んだことを後悔していると言ったことを忘れてほしいとスンジョンに頼んだ時、スンジョンはこれを「怒りに任せてぶつけてしまった言葉だと解釈している」と言ってくれました


そして今度は「憎んだことなど一度もなかったずっと逢いたく恋しかったと答えます。


かぼちゃの花の純情は、母と娘というものは愛情が濃いだけに、互いの愛の矛先がほんのちょっとずれただけで、ものすごい爆発が起こりうるのだと見事に教えてくれたドラマでもありました。でも

「どんなに罵り合っても腹が立っても、心から憎むことなどできない」

というのも、紛れもなく母娘の関係なのだと思います


そんな愛する娘のために、早起きをして朝食を作るジュンソン


食事をするスンジョンの前に座って、母親って言うのはこうしているものでしょ魚の骨をとってあげなきゃ~と笑顔を浮かべるジュンソンの幸せそうな笑顔が忘れられませんこの笑顔を覚えていたいです


どんなに味は今ひとつでも、母の手料理は心に美味しいものです。食べているスンジョンも本当に嬉しそうでした


オンマを養っていくために食堂に戻って働くわ。この家は暖房費だけで大変よ


そういってくれる頼もしい娘に、そうしたらふたりで一部屋に住もうと、こちらもとても嬉しそうなジュンソン


ここは本当によいシーンでしたね~忘れたくないエピソードでした♪


その後、食堂で働くスンジョンのもとへジュンソンがやってきます。娘の働く姿が見たい~と、レストランの時とは別人のようなやわらかい表情の母に、スンジョンがドングリムク丼をご馳走するシーンもまたよかったぜひ食べていって~


盛んに尻尾を振って喜ぶ子犬のようだった母にまとわりつく子どものようです


偶然訪ねてきたギョンボクが表現したとおりの姿でしたね


と、ここまでにしておきますね~。せっかく感動いっぱいエピソードだったので、ここに来ても尚嫉妬メラメラ展開はあんまり見たくなかったです。さっさと結婚しちゃえばいいのにね~あのふたりも


あ~実に楽しかったですオンマと呼んでくれたのが何より嬉しかった(^O^)/。これでなんとか最後まで頑張れそうです~どんなエンディングが待っていようと耐えられそうです



かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅠ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅡ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅢ

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はかぼちゃの花の純情のレビュー一覧」でお読みいただけます

かぼちゃの花の純情
 家族モノ・ホームドラマ

かぼちゃの花の純情(#56~59) やはりこうなってしまいましたか

かぼちゃの花の純情~今回ばかりはあきまへん~恥ずかしいほどに号泣してしまいました


これが紛れもなく韓ドラであることから、きっとふたりのうちどちらかは、下手をすればふたりともきっと殺されてしまうに違いないとはほぼ確信していたのですけど、それでも、そのシーンを目の当たりにしてしまうと、やはりやりきれない思いでいっぱいになるのを抑えることができませんかぼちゃの花の純情~感想とあらすじ


直接手を下した(殺人犯)とはいえ、今ではすっかり善人となって昔の罪を心から悔いていたグァンウンが、あんな風に亡くなってしまうなんて!


あれは~ミンスがジュンソンの裏金の証拠を検察に届けるのを阻止しようと、ミンスを殺すつもりだったのを途中で思いとどまったのでしょうか? それとも、単に取り返そうとしただけなのが、誤ってぶつかりそうになったのを避けたという設定だったのでしょうか? どちらにしろ、ミンスを庇って死んだ~とヒョンムク(およびその他)は理解しているようでしたけど。


ここは「グァンウンはミンスが同乗していないと思っていた」というのが正しいそうです。ミンスは別荘で資料を渡すだけのはずだったのに、直前で気が変わって同行したのだとか~ここ大事ですものね。hotaruさん、カット部分を教えてくださいましてありがとうございました


おばさん的には~おそらくは前者の考えもあったのだろうけれど、最後の最後に来てスンジョンの声が頭をよぎり、娘の愛する人をこの手で殺すことはできない~これ以上、スンジョンの悲しむ顔は見たくない~そう思ったのだと解釈したいところですグァンウンが悲しすぎて泣けました(;_;)


パパはおまえを愛していた


何度も繰り返されたグァンウンの言葉が今も耳から離れません電話でも言ってたのに(;_;)。本当に、なぜもっと早く「アッパ」と呼んで上げなかったのかこのアホ娘っ!!~人間は「失ってみないとその有り難味がわからない」、実に愚かな存在なのだと、今回もまたつくづく思い知らされました


これはミンスやジュンソンも全く同じでしたね


グァンウンの死を目にしたミンスが、裏金の資料をジュンソンに返した~グァンウンが死んだことぐらいで書類を渡すぐらいなら、なぜ「死んで詫びる」とグァンウンが言った時に、翻意できなかったのか


犬以下の存在だといつも馬鹿にしてきたグァンウンこそが(肉親のスンジョンを除いては)実はもっとも頼り、愛した存在だったことが、なぜここにいたるまで気づけなかったのか


ドラマ相手に悔やんでも仕方ないのに、昨日から、これが悔しくて悔しくてなりませぬどうしてこうも安易に殺すのかな~vv


あ~あ、このドラマが、最初から「殺人ありき」じゃなければどんなによかったことか~そう思わずにはいられません。


同じ娘を持つ父親同士、ヒョンムクとグァンウンの間に芽生えた熱い友情、大家さんの息子のグンボクが、父の愛を受けて立派に更生した事、義父を思いやるピルスンの愛情、などなど、実に心温まるドラマなのに、やはり必ず

「目には目を~死には死を

なのですね~やりきれません韓ドラは辛いわvv


でも残りももうあと4話ですから、さすがにここでジュンソンは殺さないでくれるのでしょうね。それともさらなる追い討ちがあるのでしょうか?いやな予感がするvv


かぼちゃの花の純情は、これまでも色々考えさせられてとても有意義な視聴となりましたそれなりに楽しかったですしね♪。韓ドラの現代劇でここまでのめりこんだのは「愛しの金枝玉葉」以来のことかもしれません。白い嘘もそうでしたけど~思えばそれぞれに皆、のめりこめばのめりこむほど体力を消耗するドラマでもありました。たまにならいいんですが、ここまでの長丁場でこの結末はかなりしんどいです感情移入すればするほど辛くなるのが韓ドラなのですね(;_;)


来週の火曜日はお休みで、最終回は23日になるようです。最悪の事態を考えると、最終回を語る勇気も体力もないかもしれないので、とりあえず今日語らせていただきました。おばさんの口が開くような結末もう既に「しんどいドラマ」はしばらくお休みしたい気分ですになってくれることを心から祈って止みませんが、どうしても語れそうに無かったら、その時はどうぞお許しくださいますように



かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅠ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅡ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅢ

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はかぼちゃの花の純情のレビュー一覧」でお読みいただけます

かぼちゃの花の純情
 家族モノ・ホームドラマ

かぼちゃの花の純情(#52~55) 憎しみの行き着く先は?

かぼちゃの花の純情では、ずっとジュンソンファンを高言してはばからなかったおばさんです。今もその気持ちはまったく変わっておりませんが、それでもここ数回の彼女を見守るのにはかなり勇気が要りましたかぼちゃの花の純情ももう終盤です


一見脳天気に見えるおばさんですが、こう見えてかなりシニカルな面があって、ジュンソンほど極端ではないにしろ、人間など多少の差こそあれ結局は自分勝手な生き物だ、と考えているところがあります。でも、100%の好意をなかなか信じない代わりに、100%の悪という存在もまた、ほとんど信じておりません


自分は悪い事をしたことがない、人を傷つけたことがないという人は、それは単に

「気づいていないだけ

だと思います。自分はどんなことがあっても、どんな局面に立たされても100%正しいと信じていた頃がおばさんにもあったので、そう思いたい気持ちも理解できない訳ではないのですけど


だから、このジュンソンという人物を見ていると、心から気の毒でたまらなくなります


「善人」の皮をかぶった「悪人」=「偽善者など、この世にう~んざりするほどたくさんいて、皆それなりにうまく生きているというのに、この人にはそれができない。むしろ

「偽悪」

悪人ぶって生きていくのがすっかり身についてしまっている


ミンスの母はもう長くない命だった、夫には愛されていなかった、むしろ死さえ望まれていたなどと、言わずに黙っていれば済むことなのに、これを言わずにはいられない


この人は、育ちのせいで謝り方を知らない。人を愛する術を知らない


スンジョンは母を庇ってそう言ったけれど、むしろ

愛を伝える術を知らない

というのが正しい表現なのかもしれません愛情を素直に表現できない~いつ裏切られるか分からないから


そんなジュンソンが、実にぶっきらぼうにではありながら、

家族写真を撮ろう

と言った昨日のシーンは、唯一、心が温まったシーンでした


裏金を全て返金するから、娘の前で逮捕させるようなことはしないでほしい、そうジェファンに頼むジュンソン。そうそう、初めからそう言っていれば、ジェファンもまた、

「この女が殺さなくても、自分が殺したも同然だ

そう思ってくれたかもしれないのです。実際もそうだったのでしょうからね。あの年にもなれば、しかも、自分が経営者として不適格だという劣等感も身に沁みて抱いたことのあるジェファンなら、ジュンソンを許す余地がありそうな気もしますが、

「自分=正義」

と信じて疑わない年頃のミンスが果たしてこれを許してくれるかどうか?


同じ様に(ある意味)傲慢だったスンジョンは、両親が殺人者という「原罪」に気づいたため、一気にあそこまで成長することができました


母の仇だから憎い!刑務所送りにしてやる!!


結局はずっと甘ちゃんのボンボンのままだったミンスに、このドラマは成長の機会を与えてはくれないのでしょうか?


念のため一応お断りしておきますが、おばさんは決して「罪」を肯定しているのではないのですよ。ただこれが既に「時効」を迎えたということは、それなりに考慮すべきだと思っているだけです。20年という月日が経ち、過去の罪を心から悔いている人間になら、他の「贖罪」の道を与えて然るべきなのではなかろうか?そんな道もあってもよいのでは?


家族写真を嬉しそうに見つめながら、既に死をも覚悟したらしいグァンウンの笑顔を見るのは実に辛いですがあんな風に食事を配るとか~いくらでも道はあるはず、大家さんの一家で繰り広げられた愛憎劇が、大黒柱の病をきっかけに、いつのまにか和解したのを見るにつけピルスンまでスンジョンに優しくなってました(゜o゜)、ジュンソンの家族にも、こんなシニカルなおばさんにも十分に納得のゆく「生きて償う道」を与えてくれることを信じたいと思いますかぼちゃの花の純情もまだまだとっても楽しいです^^



かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅠ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅡ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅢ

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はかぼちゃの花の純情のレビュー一覧」でお読みいただけます

かぼちゃの花の純情
 家族モノ・ホームドラマ

かぼちゃの花の純情(#51) 母と娘の絆が見えてきました

かぼちゃの花の純情は昨日もレビューを書いたばかりなのですが、51話を見たらまた黙っていられなくなりました。今日もちょっとだけ~語らせていただいちゃいまする


ジュンソンとグァンウンの悪行を知る人物=キム・ミョンジャが現われました。しかも、足しげくヒョンムクの食堂に出入りするグァンウンを、ギョンオクの花屋を引き継ぐことになったミョンジャが見咎めてしまうのです


遠くから見るだけではなく、昨日は、わざわざ車を止めさせてまで顔を確認しておりました。なんでもっと早くグァンウンに知らせておかなかったのでしょうかねかぼちゃの花の純情あらすじと感想。ここは実に悔やまれるところであります


しかも、このグァンウンが食堂に行く直接のきっかけを作ったのが、娘のスンジョンだというところもなんとも心憎いですよね


こうして「断罪」と「贖罪」の舞台は整ったわけなのですが、おばさん的に気になるのが、この後、スンジョンはどうするのか?ということなのです母やその被害者(?)に対してどうふるまうのか?


そこで、昨日のセリフからまた妄想してみました


「カン社長は何をするか分からない。キム元看護師の身の安全を確保するためにも彼女を社長に逢わせてはいけないこれ以上罪を犯してほしくない!


もうこれ以上母に罪を犯させたくないという必死の願いからきた言葉なのでしょうが、これ、スンジョンがジュンソンを庇おうとしているようにも解釈できますよね


人を殺した罪が消えるわけではないけれど、スンジョンも言っていたように、もう時効はとっくに過ぎているのですから、刑事事件としてはその罪は問われないはずなのです。


が~この辺は注意を払ってこなかったのでよく分かりませんが、ジュンソンの裏金は相当な額に上っているようで、むしろ「横領」の罪に問われることの方が問題になってきているようです。そしてミンスは、この母の仇の罪を決して見逃さないだろうと


そうなった時、スンジョンはいったいどう対処しようとしているのか?


ミンスとともに断罪する側に回るとはとても考えられないので単におばさんがミンスが嫌いなだけなんですが(笑)、おそらくは、母とともに「贖罪」する道を選ぶのでしょうジュンソンのただひとりの肉親なのですからね


グァンウンの善行といい、スンジョンの決意といい(妄想=希望的観測ですがそうしてほし~な~という希望的観測でもあります)、表面上の成り行きとは異なり、なんとなくイイ感じに進行しそうな気がしてきましただといいな~。スンジョンが、ジュンソンのこの上もなく強い味方になってくれそうに思えてきたのです。この世にたったひとりしかいない「肉親」として母と娘の絆♪


あの普段は大人しいヒョンムクが必死でグァンウンを隠そうとしていたシーンも、とてもよい雰囲気でしたよね男ふたりの友情が微笑ましかった♪~とてもハラハラさせられはしましたがグァンウンを必死で助けようとしていたのですもの


と、またしても妄想だらけの感想文になってしまい、申し訳ござりませぬかぼちゃの花の純情は、今日もまた続きを見るのが楽しみで~すかぼちゃの花の純情~終わったら寂しくなりそうです(;_;)



~認知症のおじいさんを温かく優しく諭すピルスンを見直しちゃいました

かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅠ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅡ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅢ

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はかぼちゃの花の純情のレビュー一覧」でお読みいただけます

かぼちゃの花の純情
 家族モノ・ホームドラマ

かぼちゃの花の純情(#48~50) ジュンソンが変わってきました♪

かぼちゃの花の純情は、スンジョンの暴露以来、思わぬ展開を見せています


全てを失って海外へ行くはずだったジュンソンを、やはり会社に必要な人間だと思いなおして引き止めるジェファン。これはでも、スンジョンのこの一言が効いたのかも知れません


「あなたは極悪人だ。我が子でないことを知りながらスンジョンを育ててくれたヒョンムクは勿論、グァンウンにさえ劣る最低の人間だかぼちゃの花の純情~あらすじと感想


確かに昔は夫婦同様に暮らしていたグァンウンだが、ユ家にやってきてからは一度も関係など持ったことがない。それが最低限の礼儀だからだ


でもあなたは、死にかけた妻を放っておいて私を抱いた。獣となんら変わりがない!


そんな人間なのだから、ジュンソンが悪いと一方的に責めるのは間違っているというわけなのです


後から取ってつけた感も無きにしも非ずですが、つい、ふむふむ、そうだよなと納得させられてしまう~どこかに必ず真実が込められている、このジュンソン流が、おばさんを引きつけて離さない所でもあるのですよねジュンソンが好きな理由


そんなジュンソンが、再び戻ってきました。しかも「副会長」として女帝復活♪


何もかも捨てる覚悟がなければ高みを狙うことなどできない


やはり、こうして比べてみても、ミンスの敵う相手でないことは明白です


その上ジェファンは、スンジョンをユ家に引き取ろうと言い出します。ジュンソンの娘は私の娘でもあるというわけです。あ~こういう考え方だから、息子と結婚などさせられないというのが韓国式なのですね


でもここからの展開はなかなかよかったホノボノシーン


離れていてもお互いを思いやることはできる。それにもうジュンソンとはきっぱり縁を切りたいんだと語るヒョンムクに心を残しながらも、やはり実母と暮らせる喜びを隠し切れないスンジョンが可愛かったお母さんと暮らせて嬉しい^^


そのスンジョンを迎え入れるにあたって、家具を選び、カーテンを選び、といそいそと楽しそうにしていたジュンソンも見ていて微笑ましかったです浮き浮きしていましたよね。娘を持つということはこんなに楽しいことだったのかしら


時には牙をむくけれど、そうでなければ本当に可愛いスンジョンに朝ごはんを作ってもらい、ともに食卓を囲めば、あのミンスでさえ話題に加わる。ぎこちなさは残っても、少しずつ家庭らしさが生まれてきたユ家冗談や笑顔が出るようになった♪。でもまあ、ミンスはそんな交流には我慢できなかったようですが


スンジョンさんを妹などと、到底思うことはできない!


ここまでは理解できるんですが、サラとの破談を、当事者のサラに責任転嫁させるのはね~男としていかがなものかと。親が無理矢理決めたとは言え、一度は自分もあの家に挨拶に行ったのに、ここに来て今さら自分だけ逃げる~ああ、この甘ちゃんぶりが、おばさんがミンスを好きになれない大きな要因なのですヨ白い嘘のヒョンウは大好きだったんだけどな~vv


ハイハイ、いっそ全てを捨ててアメリカにでもどこにでも行ってください


と言いたくなっちまうのでござりまする


でもジュンソンには、ミンスに返すことのできない大きな借りがあることは確かなのです。負い目がある~何せ母親を殺させてしまったのですから


どうやらヒョンムクとの結婚にOKがおりたギョンボクの知人が、その時の看護師らしいのですヨギョンボク、おめでとう~(^O^)/。とんでもない人物が現われてしまいましたね。これも天罰なのでしょうか


その一方、グァンウンは実に素敵な暮らしをしていましたジュンソンの指輪をはめていました(;_;)。ジュンソンから貰った莫大なお金を、貧しい人びとのために食事をふるまうことに使っていたようです


現在、韓国、特にソウルでは、実際食べ物にも困るほどの人々(ご老人)がたくさんいらっしゃるのだとか。財閥などと一部で貯め込んでないで、是非、あのような善行を施してもらいたいものですねスラム街の現状は本当にひどいらしいです。グァンウンのあの素敵な笑顔を見てごらんなさいってヒョンムクがムク丼を持って来るそうです。こちらまで幸せになれそうです


そして、肝心のジュンソンも、大いに変わってきています


あなたを止めるのが私の役目、とスンジョンは言っておりましたが、この性善説の見本のような娘によって、ジュンソンの心に芽生え始めた「他者への愛情」が、その目つきから伺えることには感心しますあのやわらかい表情にはグッと来ちゃいます~(^^♪。口調やセリフはほとんど変わっていないのに、やはり、このペ・ジョンオクさんという方は素晴らしい女優さんでございますね


こうしてようやく、自分が犯した「罪」の重さを自覚できる土台ができてきたところで「告発者が現われるというのも、なんとも心憎い演出ではありませんかこうならないと意味がないのね。だからおばさんは「死刑制度」には反対なのですよ安易に殺しても何も生まれませんもの


また、オ家でのやりとりもなかなか感動的ですよね


おじいさんが認知症になってしまったようなのですが、これを自覚したおじいさんが、残される息子たちに今できる精一杯の愛情をかけるところイム・ヒョンシクさんイイわ~♪、息子たちがまたそれに精一杯答えようとしている様子がなんとも言えず好ましいです。口ではぶーぶー言っているサラ母も、あれはあれでそれなりに良いところもあるのでしょうし


かぼちゃの花の純情は残すところ10話あまり(全63話)~これは最後まで目が離せません。今日の放送も楽しみですかぼちゃの花の純情が面白い♪



かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅠ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅡ
かぼちゃの花の純情 DVD-BOXⅢ

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はかぼちゃの花の純情のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング