このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

開拓者たち
 時代劇・歴史モノ

開拓者たち 第4話(最終回)「夢」 ドラマにしてくれてありがとう!

ドキュメンタリードラマ・開拓者たちの第4話~最終回は「夢」。視聴している間、幾度となく涙がこぼれて開拓者たちは素晴らしいドラマでした、そのたびに何度も録画再生をストップせざるを得ないほど、実に感動的で素晴らしい最終回でした最終回あらすじ。そしてこれこそが「開拓者たち」のすばらしい人生だったのだと、あらためて感動を強くし、自分がこの方達と同じ「日本人」であることを心から誇りに思いました本当に励まされました


その感動を胸に、開拓者たち~最終回のあらすじを語らせていただきます


那須の地で開拓を進めるハツたちの家がようやく完成します。篠で作った小さくて粗末な家ですが、これで家族みんなで暮らせます


~強い山おろしの吹く土地で、屋根が飛ばされたらという不安で眠れなかったというエピソードを見て、おばさんも自分の体験を思い出しました怖かったな~。震災後の台風シーズンにまったく同じ様な不安を抱いていたからです。バタバタと音を立てるブルーシートが吹き飛ばされたらいったいどうしよう?って~


何頭かの牛を手に入れ、くじに当たった史郎をはじめ、開拓者たちは畜産に力を入れるようになっていきます。子どもが生まれれば、牛も増えていくからな


皆の期待を背負っているため、自分たちの食事も二の次にして、牛のための餌を確保するハツたち。草を求めてその歩を進めていくうちに、本格的に畜産に力を入れていきたいと切望するようになりました。この土地では、農作物を育てるのが非常に難しいと痛感したからです。


それには資金が足りない


元団長の吉崎が国に掛け合いに行きます。


我々は満州で関東軍に置き去りにされた。真っ先に逃げた関東軍に恩給が出て、飢えや自決を余儀なくされた我々が帰国してもまだ苦難を強いられているのを国は見過ごすのか!?最後まで責任を取らんかっ!


ようやく国からの援助が得られ、畜産のほうも軌道に乗っていきましたよかったな~


一方、シベリアから中国に送還された金次はそこで「教育」を受けていました。上官の命令とは言え、地元の中国人を拷問&殺害した罪を認めるよう、執拗に迫られていたのです。


本当のことを言ったら殺されてしまう!


きつく口止めを受けていたため真実を告白できない金次達に、春岐がこう声をかけます。


真実を語れば明るい光が、隠し通せば暗闇が待っている


毎日のように繰り返されるこの「教育」に精神を病み、仲間が自殺をしてしまっていたのです。


「私は、罪のない中国人を拷問し、この手で殺しました」


皆の前で告白する金次を人民軍は許してくれました。本当のことを言ったからあなたは日本に帰れます。


日本に帰った者の中にも、戦争によって受けた深い傷から立ち直れずにいる者もおりました。梅子の夫のです。仕事もろくにせずただ押し黙って恐ろしげな絵を描き続けていた力が、ようやくその心中をハツに打ち明けるシーンです。


ハツさん、おれは速男さんを見殺しにした!


絵の能力をソ連軍に評価された力は、その将校たちの絵を描いては卵をもらっていたのだそうです。速男さんはいつも自分に親切にしてくれたのに、自分はひとりだけ暖かい部屋で絵を描いては卵を貰い、それをひとりで食べていた


後悔に泣き崩れる力を励ますハツです。速男がくれたタネをまいた桔梗がその数を増やし、見事に咲き誇っている場所に力を導き、速男さんはここにいるから、大丈夫。もう梅ちゃんのところに戻ってあげて。


あんなに増えたのですね~


「おまえを描きたい描かせてくれ!


力が梅子にそう言った時、ようやく力とその家族の「戦争」が終わったような気がしました平和の証です


~今おばさんはちょうど朝鮮戦争をテーマにした韓国ドラマも見ているのですが、その中にも「絵」を描く青年が登場します。今まさに戦争の真っ只中にいるその青年の心の支えは、途中故郷に戻って描いた恋人の絵でした。これを肌身離さず持っていつかきっと彼女と平和に暮らすことを願う平和への人類共通の願いをここに見た気がいたしました偶然ではないのかもしれませんね


また、中国に留用されていた進作も帰国します。鉱山で働き不発を確認するために足を怪我した進作に、中国人の仲間がこう声をかけてくれたのも嬉しかったですね


そんな体で日本に帰ってどうするんだ。ここにいろ。おまえのことは俺たちが一生面倒を見る!


彼らの友情に感謝しながらも家族=チエのもとに帰ってきた進作が見たのは、既に再婚し、身重になったチエの姿でしたここは気の毒でした~。なかなか帰ってこない義弟のことは諦めて再婚しろという兄の勧めに従ってチエは他の男の下へ嫁いでしまっていたのですたくさんそういう方がいたのでしょうね


大丈夫、心配するな。息子の孝志は俺が捜すから


後に中国との国交が正常化して、残留孤児が日本を訪れた際も孝志の行方は結局は分からぬままだったのですが~自決した鶴子の息子=盛英は無事に帰ってきました!、映像では幸せに暮らしている姿が流れますここは良いシーンでした♪


進作がそれで自分の、そして周囲の人びとの心を慰めてきたハーモニカで、自らの子どもにせがまれて、まったく同じ曲「洒落男」を吹いていた男性の姿~あれが孝志なのでしょう。幼い頃の記憶はないようでしたが、皆の心の故郷である千振に居を構えて幸せに暮らしているのが見て取れました見つからなかった人々も幸せに暮らしていると信じたいです


史郎は恵子と結婚し、金次は長野にりんごを作るために移住します。りんごの美味しくない中国のため、贖罪のため、中国に美味しいりんごの苗を植えたいのだと自分の夢を語り、その夢を実現します


また、富枝はようやく徐栄慶と結婚したようです。統制が厳しい人民軍の中で、ふたりの仲を取り持ってくれたのが中国人の李さんだったというのも嬉しい限りです


ドラマ「開拓者たち」は、こうして皆と無事に再会し、それぞれがそれぞれの幸せをつかんだ時、ハツの前に再び速男が現れたシーンで幕を閉じました。


これまでもずっと心の中で語りかけてきた速男を目の前に、自分の老いた姿を恥ずかしく思うハツを「ちっとも変わっていない」と見つめる速男愛しくて誇らしい俺の妻だ。おまえは昔のまんま。気の強い女だ。


気が強くなければここまで頑張れませんでした~こんなに幸せにはなれませんでしたよ、速男さんまだまだあなたの下へは行きませんよ^^


開拓者たち~本当に素晴らしいドラマでしたね。開拓者の方々の幸福を願うとともに、見ている私達に勇気と希望と与えてくださいましたことに心から感謝いたしたいと思います



本当にありがとうございました!

竹内まりやの「いのちの歌」も本当に素敵な歌ですねangel


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は開拓者たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

開拓者たち
 時代劇・歴史モノ

開拓者たち 第3話「帰国」 あらすじと感想

ドキュメンタリードラマ・開拓者たちの第3話は「帰国」。


厳しい状況で逃避行を続けた開拓者たちがようやく日本に帰ってきた!


それだけで喜ばしいと軽々にはいえなかったのだとこの3話を見て気づかされました開拓者たち~あらすじ


取り残された満州の地で、ハツたちは吉崎夫婦に再会します。順子の姿を見て、不満をぶちまける梅子。なぜ私達を見捨てたんだ!どうして列車を止めてくれなかった!?怒りが爆発します!


せっかく逢えた仲間なのだからとハツがとりなして、千振の開拓民はまたともに暮らすようになりました。軍から大豆を盗み、それを納豆にして道行く人々に売るハツたち。同じ日本人でも、金のあるところにはあるんだな。


また、チフスが横行していたという現地で、ハツは母を亡くしたひとりの女の子に出会います。ハツは、恐ろしい死の病への感染など恐れる様子も見せず、悲しみにくれる少女に納豆を与えました。名前は何というの?


「恵子


逃避行の途中で命を落とした娘の恵子と同じ名前だ神様が遣わしてくれたのだ~あの子の生まれ変わりだと思って育てることにしたわこういう出会いは本当にあるのですよね(;_;)。ハツは心の中で、夫の速男にそう呼びかけました。


そんな時、ようやく引き上げ船が出るとの知らせが入ります。これでようやく日本に帰れる!


皆が喜ぶ中、ハツはただ一人、満州に残ると言い張ります。ここで速男さんを待つ!


が、もう千振は私達の土地ではないのだという言葉にハッとしたハツは、日本に帰って速男を待とうと思い直しました。でもいったい誰を頼れば良いのか?


空襲と敗戦で、日本に残された親戚たちもまた食べるのに精一杯~余計な食い扶持が増えたといわんばかりの待遇の中、本当に小さくなって暮らすハツたちに、吉崎はこういい残して旅立っていきました必ず見つけて呼び寄せる!


「俺は皆が帰ることのできるふるさとを作る第2の千振を探してみせる!


しばらくしてその吉崎から新しい開拓地が見つかったとの知らせが入り、千振の開拓民たちは那須の地に夢を求めてやってきました。が、国から払い下げられたというその土地はほとんどが竹林で、竹やくぬぎの根が辺りじゅうにはびこる、開墾には非常な困難を伴う場所だったそうです


多大な時間を費やしてようやく初めての収穫期を迎えても、ほとんど実入りがありません。那須岳を望むその土地は火山灰が主成分なので、農業には向かないのです。もっと堆肥を入れなければ~ここでもまた肥沃な満州の地を懐かしく思い出すばかりです千振はよかった~


生活は一向に楽にならない上に、土地の人びとからもなかなか受け入れられず、苦労が続く開拓民でしたが、その非常に固い結束力が苦難を突破する鍵となりました


難産となってしまった幸子を、ハツの肝いりで黒岩の病院に運ぶことになったのです。手術になるだろうから、輸血のために人も確保しておいて!


15kmもの遠い道のりを妊婦を運んできた千振の人びとを見た医師が感動して薬を分けてくれた時は嬉しかったですね~。他人のために命がけで面倒を見るあんた達を私は応援するよ


満州からの引き上げの際、助けたくとも助けられなかった命を思えば、できることなら何でもしてやりたいと必死になる人びとの気持が痛いほど伝わってきました命の大切さが骨身に沁みているからです


よそ者が来たと胡散臭い顔をされていた開拓民でしたが、こうして、1つ1つ信頼や生活を手に入れていったのですね。


そして、とうとうシベリアからも抑留者が引き上げてきました。が、その帰国名簿の中に速男の名前はありません。速男は肺炎で亡くなってしまったのだそうです。


速男からの手紙を抱き、一緒に見に行こうと約束した「山」を眺めながら、今は亡き夫からの便りに目を通すハツです。もちろん、ふたりが行くはずだった山は那須岳ではありませんが、ハツはこの地に来た時から、その約束をあの山で果たそうと心に決めていたのでしょうねその約束を速男も覚えていた


「こんな自分に嫁いでくれてありがとう口下手な速男さんがようやく聞かせてくれました。一緒になれて幸せだった」


便箋には桔梗の種がしのばせてありました。ふたりで千振の土地を耕した時、速男が誤って踏みつけたのをハツが見咎めたあの桔梗の花ですふたりの幸せな思い出の花です


とても素敵な人だったのですね


一方、満州に残り共産党と行動をともにしていた富枝は、ようやく満州の人びとと心を通わせることができたようです。中でも富枝に思いを寄せてくれた徐さんは前線へ行ってしまったらしいのですが、この富枝の今後の人生も気になりますね。また、あの金次はどこでどうしているのでしょうか?


開拓者たちも来週がいよいよ最終回です。今もご存命だという開拓者の方々の幸福を心から願いながら、また来週の放送も楽しみに待ちたいと思います開拓者たちは来週も楽しみです


竹内まりやの「いのちの歌」も本当に素敵な歌ですねangel


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は開拓者たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

開拓者たち
 時代劇・歴史モノ

開拓者たち 第2話「逃避行」 あらすじと感想

ドキュメンタリードラマ・開拓者たちの第2話は「逃避行」。開拓移民が戦後これほど厳しい状況に置かれていたとは~正直かなりの衝撃を受けてしまいました。中国残留孤児と呼ばれる方々も、あのような状況で生まれたのかもしれないですね開拓者たち~あらすじと感想


日本への帰国の手段が閉ざされたハツたち=千振の宮城分屯に居住していた開拓者たちは、ハツの息子・史郎を先頭になんとか生き延びる道を模索しました。着の身着のまま逃げてきたため、食糧はすぐに底をつき、老人や幼い子どもはどんどん弱っていきます。


また、なんとしても土地を守り抜くと千振に残った者達は残された武器を手に戦いを続けていました。もうその時には戦争は終わっていたのに、それさえも知らず、銃器に込める弾が無くなると、生きて虜囚の辱めは受けぬと青酸カリを口にします。こうして多くの移民の方が集団自決を余儀なくされたのだそうです沖縄のケースよりも悲惨だったのかも知れません


その中でも何人かの子供達は生き延びたらしいのがせめてもの慰めでした中国の方から受けた恩恵を忘れてはいけませんね。子どもならなんとか助けてもらえるだろうという最後の親心が彼らを救ったのです。ドラマの中では、進作の妻チエが、まだまだ幼い娘だけを道連れにして、長男に与える分は自らが服毒してその命を救っていました他に道がなかったのかと思うと実に無念でたまりません


子どもを思う親の心は誰もが同じなのです。ハツたちと行動をともにしていた鶴子は、あまりの空腹に耐えかねて泥棒に入ったトウモロコシ畑でであった優しい中国人の女性に息子の命を託しました。無事で生きろといってトマトを譲ってくれた優しいこの女性なら、息子を生かしてくれるだろうと思ったに違いありません。行く宛ても生きる保証もない自分と行動を共にするよりは~という苦渋の決断でした我が子が生きることだけをひたすらに願う親心です


北安で看護婦をしていた富枝もまた大変な苦労をしていました。国籍を問わず看病をしていた彼らをソ連軍が襲います。


マダム=を出せ~の言葉は正直なところかなりショックでしたね連合軍にはモラルがあると勘違いしていました。おばさんの勝手なイメージでは、少なくとも日本の地では、連合軍側が日本女性を陵辱するケースはほとんどなかったと理解していたからです。当時の女性たちがそのような事態を恐れていただけで、実際にはなかったのだとそう勝手に思い込んでおりました


飢えや暴行の恐怖を抱えながらあてもなくさまよい続けるハツたち。年老いた早坂などは、途中で自ら同行をあきらめます。俺たちは足手まといになるだけだ


次々と弱っていく子ども達を前に、史郎はとうとう可愛がっていた馬の春をその食料にあてるため射殺せざるを得ませんでした。満州に来てからずっと友達だった春を撃たねばならぬその心境たるやいかばかりだったでしょうここは本当に可哀相で涙が止まりませんでした


その後、ハツと史郎たちは中国兵士に見つかりますが、そのひとりが幼なじみの春岐だったため連行を免れました。もう戦争は終わったから、日本人移民の収容所へ行け


その収容所での生活もまた逃避行同様悲惨なものでした。愛するものにもう一度逢いたい、なんとしてももう一度皆で幸せに暮らすんだこんなところで死んでたまるか!~そのような固い決意がなければとうてい生き延びられなかったかもしれません。


そのハツの愛する夫=速男もまた同様の、いやそれ以上の苦境に追い込まれておりました。前線で戦争が終わったことを知らされた彼らは、その後シベリア抑留所へ送られたのだそうです。なぜ俺たちがこんなところで働かなければならないんだ!開拓の裏に侵略があった報いなのでしょうか


彼らに希望は、将来はあるのか?開拓者たち~苦しいけれど見応えがあります



竹内まりやの「いのちの歌」も本当に素敵な歌ですねangel


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は開拓者たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

開拓者たち
 時代劇・歴史モノ

開拓者たち~新天地へ 新年にふさわしい素晴らしいドラマです

満島ひかりさん主演のドラマ「開拓者たちを視聴いたしました今年もよろしくお願いいたします。新年が明けて一番にこのドラマを語れることをとても嬉しく思います開拓者たち・あらすじ


宮城の貧しい農村から満州へ渡った大陸の花嫁達がどのような人生を送ったのか~今まさに復興途中にある日本の、東北の、そして福島の地に生きるおばさんにとっては、とても力強いメッセージとなって心に響いてきそうです開拓者たちはなかなか素敵なドラマです


おまえに縁談がある~嫁ぎ先は満州だ


たとえどんなに貧しくとも、まだ幼い弟達を置いて嫁になどいけぬと考えていたハツ(満島ひかり)でしたが、その弟たちも奉公にやられると聞き、自分が彼らを養わねばならぬのだと固く心に誓います


満州へ行って、きっとおまえ達を呼び寄せる満島ひかりちゃんも素晴らしい♪


同じ宮城の地から何人もの花嫁が満州行きの船に乗り込みました。名前と写真でしか知らない男性と、見知らぬ土地でこれから一生を共にするのだという期待と不安を胸に抱きながら少女たちの淡い期待が伝わってきました


いざその地へ着いてみると、そこはなかなかに恵まれた土地でございました。特にハツたちが住むことになった千振(ちふり)という土地は大変豊かな土地で、農業をするにも肥料いらず~畜産なども盛んだったようでした。


「おまえか


顔を見た瞬間、夫となるべき速男にそう声をかけられたハツ。幼い妹や弟達を苛める悪ガキどもを怒鳴りつけていたハツですから、この発言にもカチンと来たようですが、もっと腹が立ったのは速男が次に発したこの言葉でした


「ま、いい」


後にこれが深い意味を持った言葉だったことを知るハツなれど、この時点でそんなことが分かる由もなく~ま、いいとは何事ぞっわざわざ嫁に来たのに!!!と皆で合同の婚礼祝賀会では、手当たり次第パクつくハツなのでございました


が、元来が無口な速男と、勝気だけれど心優しいハツとは、次第にとてもよい夫婦になっていきます。きっかけは、以前から助産婦になりたかったというハツが、団長の妻=順子に「花嫁達のお産を手伝ってほしい」と言われた時、速男がその勉強を勧めてくれてからでしょうか本当は優しいんです


陰日向なく農作業にも励む傍ら懸命に学ぶハツ。農作物に害虫がついていたのを見つけ、夜通し害虫退治に懸命になる妻の姿に、速男は彼女の念願をかなえてくれました。それは、宮城に残してきた妹や弟達を満州に引き取ること


ここからの9年間は、本当に幸せな日々を送っていたのだそうです。が、その背景にはこの恩恵を日本人に譲らねばならなかった満州の人びとの犠牲があったということもまた、決して忘れてはなりません。


自分たちの土地を取り戻そうと銃を持つ人びとは「匪賊」と呼ばれ、憲兵を初めとした関東軍に容赦なく殺されてしまったからです


このドラマにはその象徴として春岐という中国人少年が登場しています。ハツの幼い弟妹達、金次、史郎、富枝が満州にやってきた時は、まだよい友達として暮らしていられたけれど、金次が(匪賊やソ連軍から)家族を守るためという理由で兵隊になった頃には、春岐もまた抗日運動に参加するようになっていきます。


そして、ついにハツたちの穏やかな生活が一変する時がやってきました。ソ連軍が国境付近に出没し、移民たちまでが兵として駆り出されてしまったのです速男さんも前線へ!


その上、戦況が不利になると、移民は土地を捨てて日本に変えるよう命じられます。何も持たず身一つで~同じく大陸引揚者だった父の言葉が蘇ります。


しかも、豊かな土地への愛着が捨てられず、出発を拒んだ仲間たちを待っていたハツたちは、日本に向かう最後の列車に乗れず、あまつさえ、その橋を爆破されてしまうのでしたロードナンバーワンと同じですね


「俺たちは見捨てられた!この後どうやって日本に戻るのでしょうか?


前線で負傷した速男、幼い頃からの夢をかなえて看護婦となり、ひとり北安で働く富枝、何の罪もない中国人を拷問するよう命じられて苦しむ金次、そして、幼い娘たちを抱えるハツとともに避難する史郎。


「大陸には大陸の文化がある。日本人だからと言ってそれを振りかざさず、地元の人びとと仲良くやろう」


そう語り、そのように生きてきたはずの開拓者たちを、いったいどのような運命が待ち受けているのか?


ま、いい=どうにかなる=必ず希望がある


過去から力強いメッセージを送ってくれる開拓者たちは、来週も続きを観るのが非常に楽しみでございます


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は開拓者たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング