2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

「コメディな実話」のレビュー一覧

イ・ビョンホンさんとイ・ビョンフンさんを間違えずに済む方法は?(笑)

今ちょっとご指摘いただいた話をネタにひとつ


おばさんは~前にもお話ししたんですが、ヒジョーにカタカナに弱いんでやんす。一応専門は英語なのですが、コレをカタカナにしろと言われると本当に参ってしまうのでございます。だから「チケットトゥザムーン」なんてカタカナを書けなんていうのはほぼ拷問に近いでやんすね


そんなおばさんが韓国ドラマを語ろうとするのですから~これまでも「名前」の表記にはまったくもって泣かされてきました。それでも大好きな俳優さんはすぐに覚えられるのですが、紛らわしい名前の人は、未だに区別がつきません。その代表格がコレでやんす


イ・ビョンンさんとイ・ビョンンさん


最近は~IRISを見ているためか、イ・ビョンホンさんはあの顔がすぐに浮かぶのですが、イ・ビョンフン監督は~平田満のようなあのお顔が浮かばないんでやんすね~だからどうしても間違えちゃう


これを漢字で書けるといいんデスが・・・


ちょっと探しましたがイ・ビョンホンさんの漢字表記=李炳憲 。コレ読めます??


英語はどうかなぁ~と思って探してみました。実際にここでも、西洋人の名前はカタカナで書くのをほとんどやめたという経緯があります。カタカナだと意味が感じられなくて=顔が浮かばず、思いっきり他人と間違えちゃうからです


1)Lee Byung-Hoon 2)Lee Byong Hun


どちらがどちらだか分かりますか?


1)が平田、もとい、ビョンフン監督で、2がビョンホンさんですね。hunって書いてあるけどホンなのですよ


お、これならいけそうだkaeru4!ビョンフン監督は、ビョンフ~ンさんと覚えれば良いかもtyphoon(タイフーン=台風)と一緒やね


と、ここまで書いたらもう間違えないですかね?mame


いやいや、きっとまたやるでしょうね。そんときゃ~あ、またやってるな~となにとぞお見逃しいただけますと幸いに存じます

善徳女王こぼれ話~父と娘の会話(笑)

昨日家族揃って善徳女王の第32話を見ていた時のことでございますムフフ


確か~ミシルが「この問題を解いてはなりませんと言っていた時のことでしょうかね?父が突然こんなことを言い出しました


「なんでこの女はこんなに偉いんだ?


一応父の名誉のために断っておきますが、多分これは、


「ミシルはチンジ王に捨てられたくせに~なぜその王様を廃位することができたんだ?」


と聞きたかったのだと思います。他の韓ドラと同様、善徳女王も、最初の頃は「何がなんだかワカラン状態」で観ていたらしいので


ふだんならすかさず答える母が風邪で声が出ないので~それでも見ていましたが、娘の私が代わりにこう答えました。


「この人はね、神官~巫女さんなのよ」


・・(父):なんで巫女さんが王様の子どもを??・・・


娘:「ほら、あの朱蒙のヨミウルさんみたいなもんよ


父:「ああ、あのヨミウルも、実はクムワ王のことが好きだったんだよな?


娘:「それを言うなら、ミシルはね、チンジ王のお父さんのチヌン大帝の愛人でもあったらしいよ


・・(父):??・・・


娘:「つまり~ヨミウルさんが、クムワ王とその息子の朱蒙、ふたりの愛人で、その子ども(孫)のユリにまで触手を伸ばそうとしていたっていうのと同じことよ


これを聞いた父は、娘に似てでっかい目がこぼれ落ちそうなぐらいビックリしていましたkaeru1。 


父:「そんなのが相手でトンマンは大丈夫なのか?


娘:「大丈夫でしょう~だって善徳女王になるんだから


父:「ははは、そりゃあそうだ!


と、母だけでなく、父も結構な韓ドラファンのおばさん一家です。kaeru 今日はそんなご紹介も兼ねて書いてみました。時代考証、キャラ、などなど~一切お構い無しの家族の戯言でお目を汚してしまい、申し訳もございませんデス


ここで取り上げた32話のあらすじは~善徳女王~第32話 鍵はソヨプ刀にあり(その2)に書かせていただいております。よろしければどうぞそちらへもお運びくださいますように

「エデンの東」の放送を待ちわびる母と娘の会話

火曜日夜9時は韓国ドラマエデンの東の放送時間


「先週は~クク会長とドンチョルがヨンナンを救出しに駆けつけてきたとこだったわね


とワクワクしながらテレビをつけると、そこには巨人対横浜の野球中継が映し出されました


娘:(階下に下りてきて)「また野球延びてんの??」


母:「う~ん、でも、9回裏ツーアウトだから


娘:「アレ~でも1点差じゃんっ! (巨人3横浜2だったかな)」


母:「大丈夫大丈夫、どうせ打てやしないってbye。カウント、2-2だし」


娘~ちょいと御用を足して戻ってくると・・・なんとカウントが0になっているではありませんか?



娘:「え?出塁したの??」


母:「う~ん、フォアボールだって


娘:「いったい何やってんのよぉ~この○ケナスikari


そこへ~


カァ~ンっ!bat


母:「あ、打たれたっ!


娘:「ったく、なんであんなポテンヒット取れないかなぁ~っ!ikari!」


母娘:「ぶうぶうぶうぶうぶう


~9回裏2アウト&ランナー1、3塁で、バッターボックスには内川@横浜ベイスターズ登場batter2


娘:「ああ、この人WBCにも出てた人よ~結構打つんだよね~


母:「・・・・


娘:「いっそのこと、ここで逆転すれば終わるんじゃない?9回裏逆転!って!!」


母娘:「イケイケ~内川っ!!ホームラン、かっとばせぇ~~っ!!」


ikariikariikari


が、応援むなしく、内川さんはあえなく凡打に終わり、でも、これでめでたく試合は終了となりましたkaeru4


母娘:「やったやったぁ~!これでエデンの東が始まるわね~!!」


kao10


~ちなみに私ども母娘は巨人ファンでも横浜ファンでもございません。強いて言えば母が阪神ファンでゴザイマス


でも結局インタビューが延々と続き、ドラマが始まったのはその30分後の9時半でございました


kaiten4kaiten3kaiten2kaiten1

ドラマ「エデンの東」のレビューは後ほどアップさせていただきます


文中の暴言の数々、野球ファンの方には深くお詫び申し上げます

バンクーバーオリンピック開会式を観ながらの母と娘の会話

バンクーバー冬季オリンピック~なんといっても4年に1度の世界的な祭典です。その開会式はやっぱり生で観なくちゃね!peace 物見高い母と娘~きっかり11時にはテレビの前に陣取りました


最初に映し出されたのは、高い雪山の光景です。アレはロッキーなのでしょうか?いや~とにかく高くて険しい山並みなんです


母:「アレ?あそこに人が立ってるわよ」


娘:「ホントだ~ヘリで行ったんだね~きっと


母:「アノ人あそこから降りてくるんじゃない?ホラ、スノーボード履いてるし!」


娘:「ええ‶~っ!?マジでっ??」


ほぉ~~~っ!すごぉ~~いっ!!


あれはCGじゃなかったですよね~絶対。その滑降たるやほぉ~んとにすばらしくて、おばさんは超感動しちゃいました!スノーボーダーがメープルリーフをかたどった灯りの中に着地し、その映像の続きのようにBCプレイススタジアムの中にスノーボーダーが現われるいうエピローグが、洒落ててとってもステキでした~~。おばさんのっけからかなりのヒートアップ!



その後は、first nationsと呼ばれる先住民族の方々の登場です


母:「う~ん、色使いがキレイね~。あの編み方!!」

(母は編み物が得意なんです)


娘:「こういう演出ってなかなかいいよね~


母:「コレね~。あのシドニーオリンピックの演出した人と同じ人なんだってよ


へ~っ「歓迎の意を表すというポールが立つのを見て、ふたりしばし注目



たしかこの後、若い女の子によるカナダ国歌がご披露されたのですが


娘:「ずいぶん若い子なのね~。寒いだろうに声出すのも大変よね


母:「・・・・」

~注)母は昔、声楽をやっていたので新しい歌(≠クラシック)には評価が超厳しいでやんす



そしていよいよ選手団の入場です


lines


今年は82カ国の参加があったそうで、日本は40番目ぐらいらしいです



~いやいや、ここから先の我々の会話は、もうとてもとてもお聞かせできるものではなく・・・


「あっはっはっは~っ!あのオッサン、お腹すごぉ~いっ!!


「うわぁ~さすがに顔小さくてキレイッ!!脚長~っ!


「いやん、この人、短い足一生懸命前に出しながら歩いてるぅ!


「うぉ~~っ!この金髪すごいっ!!顔もキレ~イっ!!!」


とにかく顔のつくりと脚の長さにはうるさい母娘なのでございます。特に美形で脚も長かったのはセルビア選手団でしたね!


~え?ああ、勿論この場に父はおりません



娘:「あのオジサン、ひとりだけGパンはいてるよぉ~」


母:「この人は上着着てないよね~。置いてきちゃったのかしら?」


娘:「出場願い出し忘れるなんて間抜け~っ!


母娘:「細かいことにうるさい日本人なら考えられないわよね


と、細かいことにうるさくない日本人の母娘は大喜び!onpu



そして日本選手団もやってきました


母:「あ、織田くん、織田くん!(って知り合いじゃないんだから


娘:「ほ~んとだ~楽しそうだね~~。ホラ、アノ子もいる、え~っと


母:「高樹美穂ちゃん!」


娘:「あ、そうそう


~うちの母は、娘も呆れるほどのスポーツオタクなので、イケメン男子とこの手の名前は決して忘れません



その後も美しい映像が流れたり歌や音楽、モダンバレエなどの時間もあったりで、オバサン的には結構楽しんでみていましたがmame、いつの間にか静かになった母を振り返ると・・・



そろそろ終盤です。IOC委員長の挨拶に、ところどころで会場から拍手が起こりました


母:「ね、話長すぎない?コレってブ~イングでしょ?ぶ~ぶ~


娘:「・・・・・・」

~そんなことしたら国母どこの話やあらへん



長い長い話が終わって、その後も音楽が流れ始めました。なんだかこうなってくると2次会、3次会の雰囲気です


娘:「もうコレで終わりなんかな?」


母:「う~ん。。。。


そうしたら、壇上に金ぴかのドレスを着たアフリカ系の女性がすくっと立った姿が見えました!


母娘:「もしやコレはッ!?」


女性の方の名前も、曲名も聞き逃してしまいましたが(後でわかれば補充しますが)、もう惚れ惚れするほどの美しいメゾソプラノでした~かなりアルトっぽくてカッコよかったムフフ。これこそまさに本物です!



曲の間、日本選手が彼女の歌に聞きほれている姿も映し出されました。


娘:「悪い事したから出さない!んじゃなくて、こういう本物を聞く機会を与えることも教育だろうにね


母:「うむうむ



その後、ちょっとダレた感はありましたが、いつも通り、己たちの好き勝ってなコトをしゃべっているとsmile、画面はいつの間にか聖火登場!


赤々と燃え上がっていく聖火に、これからのオリンピックを目いっぱい楽しもうと誓い合ったふたりなのでありましたmame



さてさて以上でございます。長々とおつき合いくださいまして、誠にありがとうございました。ぶうぶう


~文中、数々の暴言を吐きましたこと、関係者の方々には深くお詫び申し上げます。また、練習中に亡くなられたグルジア~リュージュ代表のノダル・クマリタシビリ選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます~

少しだけ韓国語を覚え始めた母と娘の会話

わが家ではみんな韓国の時代劇が大好きくり抜きハート1~史劇というそうですよん。最近、もう既に何度も見た「大長今チャングムの誓い」の再放送を観ながら~ちょうどチャングムがチェゴ尚宮になったところです~母が得意気にこう言いました。


「チャングムはこれからもっとう~んと偉くなるんだから!」


それを聞いた、これが初見の父が、

「そうかっ!そんなに偉くなるのかっ!?」

と言ったので、娘(ワタシ)がこんな風に教えてあげたのです


「だって、『大』長今(テ・ジャングム)ってタイトルに書いてあるでしょ祚榮(テ・ジョヨン)とか将軍(テ・ジャングン)とか王世宗(テワンセジョン)とか~のつく人はみんな偉いんだよ


それを横で聞いていた母が得意そうにこう言いました。


「これから、お母さんを呼ぶ時は『大母上(テ・オモニm)って呼んでくれる?」


父は本当に聞こえなかった(聞かなかった手書き風シリーズ30顔5?)ようデスが笑、オバサンは聞こえないふりをしました~コレ以上偉くなってどーすんねん


以上でございますねこ。どうやらおあとがよろしい・!?ようで。。。

紅白歌合戦を観ながら~母娘の会話(^^ゞ

皆さま、新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げますアップロードファイル


正月三が日、駅伝以外は封印するつもりだったのですが、どうにも語りたい出来事が・・・お時間がある方はどうぞおつき合いくださいマセ


夕べ家族揃ってNHKの紅白歌合戦を見ていたときの出来事です。ちょうど遊助の歌が終わった頃からでしたかね~母娘の会話が盛り上がってまいりましたのは


母:「ねえ、この人っておバカの人よね?」
娘(私):「そうそう、上地雄輔っていうのよ」
母:「ふ~ん、まんざらバカじゃないのね~こうやってちゃんと歌えるじゃない
娘:「・・・」



次はTOKIO

母:「す~っかり、ひげ面のオヤジになっちまったわね~
娘:「ダレ?」
母:「ホラ、魚捕りする人」
娘:「ああ、長瀬?」
母:「そうそう、デビューしたての頃は色白でと~っても可愛かったのに。。。」
娘:「今じゃ『おバカやらせたら日本一!』だもんね~。この歌もドラマの主題歌だったんだヨ」
母:「なんでこんなむさいオッサンになったのかしらね~
娘:「・・・(アタシのいうことなんて聞いてないし)・・・」



次は秋元順子


娘:「うわぁ~、この人、相変わらず『ザ・おばちゃん』って感じだよね~。ホラ、あ~んなにギラギラの指輪はめて!」ねこ


母:「そうね~」


娘:「ん?ってことはさ、『おばちゃん』っていうと、こういうイメージなんかな!?」


母:「そうかもね~」


娘:「アップロードファイル!ブログのタイトル変えなくっちゃ。。。がっくり」 



東方神起

~歌が流れる♪~


母娘:「・・・・」


娘:「あっ!コレって日本語よ!?」


母:「(2フレーズぐらい無言)ほ=んとだっ!今分かった!!」


母:「踊りはカッコいいのにねぇ~~


娘:「ファンに聞かれたら殺されちまうヨ笑



SMAP パート1~マイケルジャクソン追悼編。


母:「この子たちは、なんであんなくしゃくしゃのズボン履くのかしらね?」


娘:「?」


母:「お腹もボテッとして、もうかなりのオッサンになったんだから、もう少し『イイもの』選んで着なくちゃダメよ」


娘:「だね~


母:「それにこーゆー踊りはもっと若い子じゃないと~さっきの東方神起みたいな」


娘:「アップロードファイル



続けて


母:「ホラホラ、こ~ゆ~子達ならイイのよ。体もほっそりしててキレイじゃない?」


娘:「そ~だね~


母:「でもなんで、ああ丈の長いジャケット着るのかしらね怒り


娘:「え?」


母:「あ~ゆ~の着ると足が短く見えるじゃない?」


娘:「な~るほど~」


母:「(二ノ宮を指して)ホラ、この子はちゃんと(自分の足の短さを)自覚しているからねこ、短いジャケット着てるじゃない」


娘:「でも、(丈が)長くてもこの子(松本潤)がいっちゃん可愛いじゃん


母:「それはそ~ね~



いきなりの永ちゃん登場!手書き風シリーズ26ピース


母:「ほら~みてごらんなさい


娘:「?」


母:「こ~ゆ~上物のジャケット着ると足が長く見えるでしょ?」


娘:「ほ~んとだぁ~びっくり


~って元々が長いのかもしれないのに・・・~


母:「この子達(ジャニーズ)はまだ買ってもらえないのかしらね?」


娘:「・・・」



SMAP~パート2「世界に1つだけの花」編


母:「ほら、ごらんっ! こ~ゆ~イイ服着ると足が長く見えるでしょ?スタイルも良く見えるし


娘:「ほ~んとだぁ~。な~るほどね~」


母娘:「この歌はほんとにいい歌よね~


結局ほとんどの歌を聴かないままこうして2009年は過ぎていったのでありました。父(母の連れ合い~足の長さには触れないでね)が寝ていて本当によかったデス照れ笑い


どうやらおあとがよろしいようで~新年早々おばかなのはワタシかしらん

《他にもこんな記事を書いています♪》