このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

続・最後から二番目の恋 最終回 あらすじと感想 和平と千秋らしい結末でした

小泉今日子さん主演の続・最後から二番目の恋もついに最終回でした。以下早速ネタバレです続・最後から二番目の恋のあらすじ行きますよ~(^^)/


最後から二番目の恋「続」になってもまた、何の結論も出ないままに終わりました。でもそれがいかにもこのドラマらしく、そして和平さんと千秋らしく結末をつけない結末?なのが良かったです。結婚しなくちゃいけないと型に嵌めるでもなく、でも、結婚したくないと意地を張るでもなくて、あくまでもさりげなく自然の流れに任せていたふたりを見るのが実に心地よかったなあ最高のエンディングでした(^^)/


互いに相手のことはむちゃくちゃ好きなんだけど、でも今さら形式ばって結婚し、そのために互いの仕事や家族~ライフスタイルを変える気はさらさらない。一緒にいると楽しめて、それぞれがお互いを必要とする時にそばにいてくれたらそれでいい。


「長倉和平、ずっと私のそばにいろよな」
「吉野千秋、おまえこそそばにいろよ。分かったな」


ふたりのこのセリフはそういうことなのだと思います。そして、ああ見えてとても「義理堅くて情に厚い二人」は、決して相手の信頼を裏切ることなく、そう、まるで固い友情で結ばれた親友同士のように、ずっと互いを尊重し、愛しあっていくことでしょう。まあ時にはそこにロマンス要素もあってもいいのでしょうけれど、真面目になると吹き出しちゃうんじゃダメよね~。ないないって


また今回は最終回に相応しく、またなかなか良い「語録」がご披露されておりました。なかでも感心したのが、さすがは年の功の和平さんが、仕事に関して発したこの名言


見方によってはどこの職場でも「現場」である


これは「現場」の大変さを考えず、いとも簡単に脚本を変えるよう指示してきたアホ部長に対して、「現場」のスタッフが怒っていたところ、和平さんは、部長もまた「現場」にいるのだというのです。部下の立場や大変さも重々分かっていながら、それでもどこからかもっと上からの圧力でもって、無理を承知で言わなくちゃいけない。それも部長にとっては「現場」なのだと。これは市長を見ていて悟ったようです。


これを聞いた千秋が感動して、それなら自分たちもカッコよくその無理を聞いてやろうと部下を激励したのもオトコマエでカッコよかった~。やっぱりこのふたり~もし男女が逆だったら、もっと簡単に結婚しちゃったかもね。千秋のように「できる女性」は、特にこの日本では、なかなか伴侶や周囲の理解を得るのが難しいですから。


また、その千秋の名言もありました。和平さんに片思いをしていると成り行きから千秋の前で話してしまった伊佐山市長に、万理子がエラク共感したシーンです。私も決して叶わぬ恋をしています。その状況でその方を思うのが自分にとっては幸せでも、自分はその方を決して幸せにできないのが切ないです


これを聞いていた千秋がこう答えます。その思いに応えることはできなくても、そのひたむきな愛情は私に力を与えてくれる。だからあんたは十分に私を幸せにしてくれているって。相変わらずや~さし~な~千秋は


金太郎と真平は相変わらずのアツアツで、金太郎の母大橋さんも元気満々、典子と広行夫婦も、彼らなりに円満ですし、その息子の翔は意外にも、和平のような堅実な人間になりたいと考えているそう。


年頃とはいえずっと和平さんに冷たかった娘のえりなも、昔話を聞いた際、両親を早くに亡くした和平さんが、必死で妹弟たちを大きくしたことを感じ取ると、昔に行って長倉和平を褒めてやりたいと言ってくれました。これには思わず涙ぐんだ和平さんがまた嬉しそうだったな~えりなも大人になったな~( *´艸`)


その長倉兄弟のご両親も、大らかで素敵な人だったようですね。各個人の部屋は小さくても、リビングだけは、たくさんの人が集まっていつもわいわい楽しめるようにと、今のような広い造りにしたのだそうです。そしてその隅っこに置いてあるソファには、大騒ぎした夜に満足したかのように、そのご両親が幸せそうに寄り添って眠っていた姿を、和平さんは今でも忘れられないのだとか確か以前和平さんと千秋が眠っていたのもあのソファだった気がする


そして今、千秋と和平さんがまさに笑顔で寄り添ってこのソファで眠っていたところでドラマは幕を閉じました。和平さんのご両親がそうだったように、千秋と和平さんもまた、愛する人々とともに末永く仲良く笑って暮らしていく姿が目に浮かぶようです。そしていつかふたりがもし同じ墓に入りたいと思ったら=あの見晴らしのいい長倉家のお墓に千秋も一緒に入りたいと思ったら(笑)、その時は籍を入れるのかもしれませんね。それぐらい、今の二人にとっての婚姻届けは特に意味の無いものなのかもしれません


大人になるということはそれだけ多くの選択をしてきたということ。選んだものがあるということは捨てたものもあるということ。ここまでできたと思うと同時に、ここまでしかできなかったと己の限界を思い知ることでもある。


でもそのつかんだ何かがたとえ小さかろうと、勇気を出して何かを選んだ過去の自分をほめてやろう。よく頑張って生きてきた。そう言ってやろう。そしてこれからを夢見よう。世界を嘆くのではなく、世界を信じるんだ。私だってその世界の一員なのだから。48歳の若僧は今、そんな風に思う。


人生とは自分の未来に恋をすること。ひとりでするのがつまらなければ、誰かと一緒に未来に恋をしよう。友であれ、恋人であれ、夫婦であれ、家族であれ、隣に気の合う誰かがいてくれさえすれば、人生はさらにファンキーになるはずだ。


大人になってしがらみが増えていく中、それを嘆くのではなく、あくまでも前向きに、そしてファンキーに生きていこうとしている千秋と、そんな千秋に振り回されながらも、いつしか自分も楽しんでしまっていた和平さんに大いに心癒された10週間でございました続・最後から二番目の恋は楽しかった♪。またいつか長倉家の皆に逢えるかな~必ずじゃなくてもいいから、いつか逢えるかもしれないと思っているのも(片思いと一緒で)また楽しいものですね


続・最後から二番目の恋はとっても楽しかったですぜひまたいつか皆に逢えるといいな~ふたり合わせて200歳になる前に(^_-)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は最後から二番目の恋のレビュー一覧」でお読みいただけます

続・最後から二番目の恋 あらすじと感想 第10話 じゃあ一緒に暮らしましょう♪

小泉今日子さん主演の続・最後から二番目の恋は10話も素敵なエピソードでございましたね。最初の方の人間ドックの話はよくある話で大笑いでしたし、途中の市長も可愛らしく、最後の和平さんのセリフ~じゃあ一緒に暮らしましょう~も、忘れずに覚えておきたいシーンでした続・最後から二番目の恋のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下それらを中心にした簡単なあらすじ(ネタバレ)を語らせていただきます


まずは隅々まであるある~と頷かずにはいられなかったのが人間ドックの話です続・最後から二番目の恋~千秋、生まれて初めて人間ドックへ行くの巻。毎年決まった時期を決めて人間ドックを受けに行く和平さんに対し、千秋は48にもなってまだ1度も受けてないというのです


それが、皆から口うるさく言われてようやく行くことになった途端、野菜を食べ、酒やタバコを控えてジョギングをするという慌てようなのがまた笑えましたね~。人間ドックも闘いだ!闘うなら勝たなくちゃいけない!!絶対に勝つ( `ー´)ノ


そんなにちょっと気を付けた位で変わるもんじゃないのにね。おばさんなんか和平さんと同じで、検査に行くならむしろ、いつもより不健康なぐらいの生活をして、キッチリ診てもらわなくちゃ、と思うけどな。一番良い状態で病院に行くなら、病院に行く意味がないじゃないねと思いますが(;´∀`)~というのは極論ですが、少なくとも、普段通りの生活をして、そのどこが悪いのか~生活を見直す良い機会なのに


それに、和平さんが言っていたように、昔と同じ生活をしているからと言って、安心してはいかんのです。人間は加齢とともに確実に新陳代謝や体力および免疫力が落ちてくるので、若い頃を同じような生活をしていても、年を取れば取っただけ、メタボに近づいていくのでござるよ~和平さん


と、健康にはちとうるさいおばさんでしたが(でも「目」は不覚でござった)、とりあえずは千秋に何も問題がなさそうなのはよかったです。それもこれも、鎌倉と和平さんが、千秋のストレスを拭い去り、真平の作る美味しくてバランスの良い朝ごはんが効いているというのも納得です


「これからは、他人の心配より自分の心配をしろというメッセージですよ


ほぼすべてのデータが悪化していたという和平さんを、千秋が優しく慰めました。と、そこまでは良かったのに、丸一日「不健康」から離れたからと、(昼の)キャバクラに直行しちゃあかんよね。一条さんは、たとえ行っても、あそこで寝ているから長生きしてるんですよ~きっと


また今回は、例の連ドラのロケ先が、鎌倉の千秋の家とその近所に変更されました。当初は井の頭公園を予定していたのが、近隣住民から苦情が出て断られてしまったそうです。


これで千秋は再び鎌倉市役所の観光案内課へ足を運びます。もちろん、知らない仲じゃないですから(笑、即許可を出したいものの、今回は市長が首を突っ込んできたようです。


「台本を読んでからじゃないと判断しかねます


その台本はまずまずOKだったようなのですが、市長は千秋にさらなる条件を出してきました


1つは必ずハッピーエンドにすること。そしてもう1つは撮影の「見学」もしくは自分をドラマに「出演」させること~というかきっと、見学をした上に出演する、の両方でしょうな


千秋もこれを快諾し、これでようやく話が決まったところで、千秋が家を借りる話が浮上しました。自分の家を連ドラに使うことになったので、その間他に家を借りて住むことにしたというのです。


「うちに来ればいい


真平もいないから部屋も余っているという和平さんに、いやいや、朝遊びに行くのとはわけが違う、「暮らす」~的なことになるだろうから、と断った千秋に対して和平さんが言ったのがこのセリフです


「じゃあ一緒に暮らしましょう


長年ずっと聞きたかった言葉を、他ならぬ和平さんに言われた千秋、しかも来週は、これに

「これからもずっと

が付くようです楽しみ~( *´艸`)。さ~はたしてこのまますんなり、この脚本家先生が

「大ハッピーエンド

にして終わってくれるかどうか


和平さんの亡くなった奥様が「桜貝」を集めていたのを引き継いで、理由も分からずに毎日桜貝を集めていた和平さんが、この度ようやく典子からその理由を知らされた、その理由も実に微笑ましかったようやく謎が解けました♪


真平がカフェながくらを始めると聞いた彼女は、何もできないけれどせめて看板を鎌倉らしく桜貝で飾りたい~そう語っていたのだそうです。


もっと早く言えよ~んも~典子の役立たずvvと典子への非難ごうごうの後、皆揃ってその「遺言」を実行したのはよかったな。これでようやく和平さんも1つ気がかりが消えて、より健康になれましたよね


さてさて、続・最後から二番目の恋も来週はいよいよ最終回です。どうやら和平さんは

「千秋との友情を壊すのが嫌だから友達でいる」

らしいのですが、千秋と和平さんなら、たとえ結婚しても、文字通り友達のような夫婦でいられそうですけどね~いったいどうなりますことやら。最終回が今から待ち遠しいですね続・最後から二番目の恋の最終回が楽しみ~(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は最後から二番目の恋のレビュー一覧」でお読みいただけます

続・最後から二番目の恋 あらすじと感想 第7~9話 恋で泣く大人も悪くない ほか

小泉今日子さん主演の続・最後から二番目の恋も順調に視聴しています続・最後から二番目の恋のあらすじ行きますよ~(^^)/。7話と8話はもはやあまり記憶に残っていないのですが、なかなか良いエピソードだった9話をメインにちょっとだけあらすじ(ネタバレ)を語らせていただきますね


まず今回最も印象的だったのは、意外にも、副題にもなっていた「恋で泣く大人」の伊佐山市長でございました。彼女は以前、和平さんをセクハラしているという噂を気にして、和平さんを市長秘書から解放しようとしたのですけど、ここはなかなかの正義漢である和平さんがキッパリ断ります「和平△」(^^)/


兼任は大変だけど、そんな根も葉もない噂で辞めたら、噂を肯定することになる。私は決して負けません!


そんな男らしい和平さんが、身内では「身代わり地蔵」と呼ばれていることなど知る由もない市長はますます和平さんに惹かれていき、ついにこの9話でもって「恋の告白」をしてしまいます。


私はあなたに惹かれております。でも返事はしないでください。ずっとこのまま~片思いをしていたいのですか~わいいな~市長( *´艸`)


見た目がいかついばっかりに誤解されがちな市長だけれど、実はかなり乙女チックなのですよね。でも年が年だけに、自分で自分を笑い飛ばさずにもいられない: 


私と課長は、会話がかみ合わない所が面白いですよね~。いっそ漫才コンビでも組みますか、

「市長、課長

って、って。そう言いながら、ハンカチを手にしてうつむき、笑いの延長で泣いていたらしい伊佐山市長が可愛く思えてしまったのはおばさんだけでございましょうか


また、以前薫子と和平さんが仲睦まじそうにしていたシーンにショックを受けた千秋でしたが、そのままそれを「嫉妬」と呼ぶには、自分自身に理性がありすぎたようです。そうそう、メラメラ嫉妬に燃えたり、激しく焼きもちを焼くなんてのは、まだまだ子供のすることですよね。大人の女はまず、自分自身を冷静に分析せずにはいられんものです。


そして今回はそんな千秋を、生意気にも薫子が分析してきました。千秋さんはいつも何かとがむしゃらに闘っているけれど、闘いの先に何が待っているのかしら。もっと力を抜いて、泣きたい時は泣けばいいのに


年下で、あ~んな風に、鼻にかかった甘えた声でそんなことを言われても、冷静に対処していた千秋は偉かったですよね~。おばさんならとっくに席を立っちまってます。それ以前に、ああいうタイプに誘われても、決して飲みには行きませんが。疲れることは目に見えてますから。


大体、この薫子が言いたいことがある相手は千秋ではなく、和平さんなのですよ。その和平さんにこの千秋の影がまとわりついて離れないから、千秋を探ろうとしているのでしょう。あ~やだやだ、こういうタイプ、男も女も大の苦手


あそこで千秋がつい、

「長倉和平を呼ぼう!本人に直接行っちゃえ!

と言ってしまった気持ちがよ~く分かります。でも和平さん的には来なくて正解でございましたが。そして、これまでずっと優柔不断だった和平さんも今回はついにセフレにはなれないと薫子にキッパリ断ります


また今回話題になっていた「決めつける」話ですけど、これもまた言い得て妙でございましたね。たとえ結婚していなくても、あの人は「結婚しない」と決めつけられると腹が立つし、ついつい頑張っちゃうタイプでも、「そんなに頑張ることはない」なんて他人から言われるとカチンとくる。


「あなたってこういう人よね


そう決めつけられるのはおばさんも大嫌いだけど、ふと振り返ってみると、自分もまた

「薫子のような人間が苦手

と決めつけていたりして~~この辺は大いに苦笑させられちまいました。自分が「決めつけて」ほしくないならば、自分もまた、相手を決めつけちゃいかんよね


などと、あれこれ共感したり教わったりするのが、このドラマの醍醐味でもあるのです。でも極めつけはもちろん、お約束の千秋と和平さんとのひと時です


千秋は今回、久しぶりに出会った幼馴染から商品=ストッキングを買わされてしまうのです。おそらく、そう無理強いされたのではないでしょうし、千秋も断ろうと思えば断れたのでしょうが、幼馴染という立場上、相手の困った顔を見たら断れなくなりますよね。しかも相手はそれを百も承知で売りつけに来た


それがなんとも情けなく思えた千秋はつい、相手にも正直にそう言ってしまうんです。テル、そりゃあないよ。売りに来たんなら、故郷の世間話などせずに、ハッキリそう言ってくれればよかったのに


昔の友情を汚されてしまったように感じた千秋でしたが、それは相手も同じだったようです。バリバリと働いている千秋なら、これを買うぐらいなんてことないだろう。昔のよしみで気軽に助けてくれるに違いない


おそらくはそう悪気が無かっただけに、千秋の言葉は辛かっただろうし、千秋もまた、相手を責めてしまったことで、自分もより深く傷ついてしまうのです。


あ~泣きたくなっちゃったな~。それでも私は泣けない。酒の量が増えるだけ酒よ、酒よ~ってなもんです(;´・ω・)


そう言ってグラスを煽る千秋に、和平さんは相も変わらず優しくこう言ってくれました


私は好きですよ。吉野さんみたいな泣けない、系~?


こんなこと言われたら、泣きたくなくても泣けちゃいますよね~。見ているおばさんまで泣いちゃいましたもの。でもおばさんも、悲しい時しか泣かんし、悲しくもないのに人前で泣きたくなるという気持ちはまったく分からんけどな


最後、おんぶされるぐらいなら切腹すると言っていた千秋が、大人しく和平さんの背中におぶさって帰る姿が忘れられませんね~。でも、あれ?確か1話でも千秋は和平さんにおぶってもらってませんでしたっけ?


他では、金太郎母の大橋さんが自分のことを

「胸焼けしている時に出される揚げたてのトンカツ

と自覚していたのも楽しかったあ。この大橋さんがジ〇イと不倫してなくてよかったわ~ってしてませんよね?してた??


さ~て、これでようやく追いつきました。どうやらこの続・最後から二番目の恋も、残すところは後2話らしいので、じっくりたっぷり楽しませてもらおうと思います。今週の放送も今からとっても待ち遠しいです続・最後から二番目の恋が楽しみ~♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は最後から二番目の恋のレビュー一覧」でお読みいただけます

続・最後から二番目の恋 あらすじと感想 第6話 それでも人生は素敵だ

小泉今日子さん主演の続・最後から二番目の恋の6話は「それでも人生は素敵だ」です。今回もなかなか素敵なエピソードでございましたね~。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です続・最後から二番目の恋のあらすじ行きますよ~(^^)/


この6話では、真平と金太郎の結婚式がメインに据えられていました。本来なら「バチェラーパーティーが開かれて、男性陣が饗宴で盛り上がるところでしょうが、何せこの両家には、男性が二人しかいないため(未成年および失踪中のジ〇イ除く)、和平さんのご好意もあり、催されたのは女性陣のバチェロレッテパーティだというところも楽しかったですね


買い物であれほど食べたカロリーはあのおしゃべりで消費するのか典子の食べっぷり凄すぎ(;´・ω・)、離婚もしてない典子が図々しく「婚活宣言」したのにも大笑いでした。何でも夫の広行が不動産屋の彼女と一緒に暮らすと言っていたのは本人の大きな勘違いだったらしく、会社も辞めて今では路上生活者になっていたようなのにも苦笑い。義理の弟のご祝儀に2千円しか包めないなんて情けなさ過ぎでしょ。しかもどうやら今度は金太郎の母(美保純)に目を付けていたようではありませんか!ま、どちらが先に誘ったのかはビミョーでしたが


と、相変わらずお騒がせネタが尽きない典子でしたが、翌日の結婚式の「誓いの言葉」では、意外にも一番泣かされてしまいます。通常は神父が型通りの誓いの言葉を言って、新郎新婦が

「誓います

と答えるところ、長倉家の結婚式では、出席者がそれぞれ「誓ってほしいこと」を新郎新婦に持ち寄ったようなのですけど、典子は柄にもなく感涙にむせびながらこう言ったのです


「ずっと幸せでいることを誓いますか!


前日のパーティーでは、結婚なんて結局いつかは壊れるものだ、とりあえず一度してみても悪くない、などと言っていたくせに、やっぱり真平が可愛くて仕方ないのですね~


この真平と和平さんの前日のやり取りもなかなかでした


シーズン1からどうしても「遊び人」のイメージが強い真平ですけど、自分に脳腫瘍があることで家族に心配を掛けていることを自覚していた真平は、自閉症気味の万里子のこともありますし、できるだけ家にいられるように、家族に恩返しができるようにと、カフェ長倉を始める決意をしたそうなのです


俺は結婚しないから


そう言ってずっと家族のために食事を作ってきた真平が、ようやく愛する伴侶に出会えたことを心から喜んでいた、和平さんの「誓いの言葉」も素敵でしたさ~すが年の功、イイ子と言いますね~( *´艸`)


これからの人生、自分達らしさを大切に生きていくことを誓ってください。一生懸命働いて、二人で一杯美味しいもん食べて、一杯笑って喧嘩もして、いい景色を見て二人で感動して、この鎌倉で二人らしさを大切に、長く生きてってほしい。


ここにいる皆は、いつまでも二人の味方だから、もっと安心して生きていけもっと頼っていいんだぞ


真平はずっと金太郎には手が出せなかったそうなのですが、それもこれも、金太郎を大切にしたいという気持ちの外に、結婚の先にある「子ども」を持つことへの不安が、彼を臆病にさせていたようです。これまで経験が無いわけじゃなし、むしろ経験豊富な真平なのですから、それだけ金太郎、否、知美への愛が本物だったということなのでしょう


真平の智美への真摯な愛は、長倉家の前の道をバージンロードにして知美親子を迎えたことや、ウェディングケーキにあしらった金太郎と熊の人形からも、しっかり見て取れましたよね


一方、誓いの言葉の感動的なスピーチを「金八先生」と茶化されてしまった、相変わらずお地蔵さんルックも素敵な和平さんの

「ちょっと老けてるけど、女子の笑い声っていいな」

の台詞もよかったですね。カフェ長倉をパーティー会場にするため、老体に鞭打ってせっせと片づけていた和平さんの腰は大丈夫だったのか、心配だな~


と、誰が見ても好感度の高い和平さんを、ついに伊佐山市長も認めてくれたようですね。認めすぎて「恋愛対象」に入りつつあるのが気になりますが、それにしても

「パワハラ&セクハラ」

で、噂になっているのは心外ですよね。むしろこれまでの態度の方がパワハラであり、独身で部下の和平さんとソフトクリームが食べたくなったとバスを降り、美味しく味わったソフトクリームのことをブログに書きたいけど書いてもいいかと言った市長が初めて可愛く見えました。伊佐山市長はお見合い結婚だったのに、夫に先立たれてしまったようです。


和平さんには千秋というベストフレンドがいますから恋人は論外ですが、職場でのほんのちょっとのときめきは、これからもあってもよろしいんじゃないのでしょうか


フレンドと言えば、真平が家を出た後、あの薫子が長倉家に押しかけて夕食を作っていました。えりなにとっては母親代わりでいいかもしれませんし、和平さんも心なしかウキウキしていたようですけれど、ここに

「たこ焼き2人前

を買ってやってきた千秋の心境は実に複雑だったようです。でもこれでよ~やく薫子の存在意義が分かりました。千秋に和平さんへの気持ちを自覚させるためだったのですね~きっと嫉妬メラメラ~でも恥ずかしいから出せないで逃げ出す千秋( *´艸`)。和平さんの「誓いの言葉」、そのままそっくり千秋と和平さんにあてはめたいのはおばさんだけではありますまい


これは次回が楽しみなってきましたね~続・最後から二番目の恋は次回が待ち遠しいです続・最後から二番目の恋も楽しみです(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は最後から二番目の恋のレビュー一覧」でお読みいただけます

続・最後から二番目の恋 あらすじと感想 第5話 大人ガンバレ!

小泉今日子さん主演の続・最後から二番目の恋の5話は「全く大人って生き物は…」ですが、同じ大人のおばさんとしては、オトナ、ガンバレ、頑張ろう~と言いたかったです続・最後から二番目の恋も楽しいです(^^)/。そして今回はまたなかなかタップリ楽しかった~。とはいえ相変わらず典子と薫子絡みのシーンは乗れませんでしたが。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)感想文です早速あらすじ行きますよ~(^^)/


今回一番よかったのはやはり、千秋が一度は好きになった涼太が、そこまでひどい奴じゃなかったと分かったことでしょうか


千秋がなかなかホントのことが言いだせずにいたのを見た涼太は、すぐに自分の作品が駄作だったのだと気づき、千秋に言わせずに、自らそれをこき下ろしたのです


つまんないよね。独りよがりでどうにもならない。ドラマになってない、チラシの裏にでも書いてろ、みたいな


恋愛ドラマなのに、ドキドキも無ければきゅんともこない。台詞に魅力もないし、意味ありげな格好つけた会話が続いているだけで、陳腐だし、いらいらするよね。それに登場人物全員トラウマだらけで、トラウマ頼りかよ、みたいな


~あ~こういうドラマあるある


涼太は自分で、脚本家を諦めたほうがよいレベルだと痛感したそうです。さすがにそこまで言うつもりはなかった千秋ですが、本人が認めたのですからここは潔く引導を渡します千秋がますます男らしい( `ー´)ノ


「あきらめろ、涼太


涼太はきっとこれまでもずっと自分の才能の無さを分かっていたのでしょう。でも諦めきれずここまで来てしまった。


こういう場合、一番始末に負えないのは「酸っぱいブドウ」の例え通り、本気でやらなかったから上手くいかなかったんだ、とその後もずっと引きずることですものね。チャンスを与えられて精一杯頑張ったけど、やっぱり駄目だった~でこそ初めて次に進むことができるというもの涼太、よくやった(^^)/


その夜、涼太と千秋は同じベッドで寝たのだけれど、涼太はすっかり「癒されたように」千秋の腕の中ですやすや眠っていたのもよかった。何もなかったことに、千秋はご不満だったようですが、ここで再び男女になったらそれこそ目も当てられないでしょう絶対激しく後悔する(;´・ω・)


その上、実は漁師の息子で至極真面目な性格だった(今回のポストイットは「お世話になりました!)という涼太が朝早く海岸を歩いてから鎌倉を去ろうとしていたのを、こちらも色々あったため、妻を思い出しながらまたあの桜貝を拾っていた和平さんが、何も聞かずに涼太を見送ってあげたのもまた実によかった。鎌倉はいつでもこのままで待ってますから


(鎌倉が)「爺くさい町から「癒される町に昇格してよかったと和平さんは言ったけど、それって、和平さんそのもののような気がしませんか。決して「忘れられたお地蔵さん」なんかじゃありませんよね()。グレーのジャージが良く似合う、愛すべき可愛いお地蔵さんです


また今回は、おばさんの希望通り?、和平さんの職場の田所太っちょホンが登場し、一条さんと「趣味」があっていたようなのも楽しかったですね~。一条さんが田所を「コロちゃんと呼んでいたのもピッタリで、このふたりならバッチリ息が合いそうです。長倉の「クラちゃん」は、呼ばれる方が毎回恥ずかしそうでしたもの


それに、市長もなかなかでした。サイズはあれしかなかったのかというぱっつんぱっつんのジャージに身を包んだ伊佐山市長と和平さんのキャッチボールは実に微笑ましかったな~って、近すぎでしょ始球式になりませんて(;´・ω・)


第一印象が悪かったのに、それがだんだん良くなっていく~これが恋愛に発展しないとよいのですけどね~市長さんの場合だけは


後は、金太郎母の大橋さん(美保純)やハルカ先生もそれなりに~懐かしかったです。とはいえ、ハルカがやたらと千秋をおばちゃん扱いするのは相変わらず腹立たしかったですけどね。亭主に不倫されて離婚しても、性格は相変わらずでしたな。それに脚本の出来も、どうやら万里子の方が良さそうじゃありませんでしたか


そして〆は千秋と和平さんの花火です。あ~どうして花火っていついかなる時も楽しいのでしょうか。これはどんなに年を取っても変わりませんね


さて来週の「続・最後から二番目の恋」はいよいよ真平と金太郎の結婚式です。なにやら思わせぶりをしていたようですが、それもまた来週のお楽しみでござりまするね続・最後から二番目の恋も楽しい(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は最後から二番目の恋のレビュー一覧」でお読みいただけます

続・最後から二番目の恋 あらすじと感想 第4話 オチがよかった

小泉今日子さん主演の続・最後から二番目の恋の4話は「私の人生、計算外」です。そうそう計算通りに行く人なんてこの世に本当にいるのかしらん?以下ごくごく簡単なあらすじ感想文です続・最後から二番目の恋のあらすじ行きますよ~(^^)/


最初の3話はものすご~く楽しかった続・最後から二番目の恋ですが、今回はちょ~っと途中で集中できなくなりました。特にそれが顕著だったのが、和平さんと薫子の絡みです。これは嫉妬なのかもしれませんけど、薫子のキャラがどーしても好きにはなれません。最後に図々しくも和平さんに「セフレ前提のお付き合い」を申し出てきたから尚更です。あ、やはり嫉妬でしょうか


とはいえ、シーズン1で最初とても鬱陶しく思えた金太郎も最近では結構可愛く思えるほどなので、これはラブコメの通過点に過ぎないのかもしれませんが。


千秋と和平さんの話もなんだかこれまでの繰り返しで~いつも同じ話になりがちなのは年齢のせいかな~新鮮味がなくなってきたように感じてしまいました。そう言えば、今シーズンに入ってから「長倉家」と「居酒屋」のシーンが多すぎませんか


個人的には、今回ちょこっとだけ顔を見せた太っちょフォンの田所他の職場のキャラなどももう少し掘り下げてからめてくれると奥行きが出て楽しめそうな気がするんですけどね~。


そういう意味では、予算が決まるこの時期、他の部署からはこぞって課長クラスが「予算増額のお願い」に来るのに対し、和平は一切その手の不正はしないというくだりは良かったし、それをあの伊佐山市長が評価して、

「和平が勧めたブルーのスーツ

を着ていったと言うのは楽しかったです。これまでの誤解もすっかり解いて、バンバン仕事を任せてくれるといいんですけど。


それに千秋の仕事の方でも、ようやく監督も決まりそうで、あとは「本」さえできればいいとなり、涼太が5年も温めてきた「ラブストーリー」を書き上げたと言うのに、その内容が

「絶望的につまらなかった。これまで読んだものの中で最もつまらない出来

というオチには大笑いです。これまでの恨みなどすべて忘れて、せっかく千秋がプロとしてひとりの作家を育てようとチャンスを与えたと言うのに、あのぼんくらポストイット男はその才能すらなかったなんて、哀しすぎ(可笑しすぎ)でしょう。


昔のことがあるだけに、千秋、ここは本当のことは伝えづらいだろうな~気の毒に


いっそ万里子が「肉欲」を満たして一皮剥けたところで処女作を仕上げると言う展開はいかがなものでしょうか処〇を捨てて処女作を仕上げる( *´艸`)。(


それと、いつも口だけは達者な典子なのに、「じじい」こと夫の広之が最初で最後の人だったというのにはビックリです。逆に、だからこそ(憧れの?)下ネタを口にしてはストレスを解消していたんでしょうかね~なんちって。(


そんな典子についに夫の広之は嫌気がさして、若い詩織=愛人(?)と新居を持つことにしたようです。今時は「枯れ専」というご趣味の方がいらっしゃるそうですし、おばさんもオジンスキーなどと呼ばれていますが、でもあそこまで枯れてしまってはちとご遠慮したいですよね~って誰にも誘われていませんが。(


来週はもう少し違った展開を見せてくれるといいな


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は最後から二番目の恋のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング