このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ロイヤルファミリー(#16&17)終盤に来て感じるこのもどかしさは何だろう

ロイヤルファミリーもいよいよ最終回まで残すところあと1話となりました。


最初の頃~人間の証明を意識せずに見ていた頃は、とっても楽しめたこのロイヤルファミリーだったのですが、中盤に入ってやたらとこのテーマが打ち出されてきてしまってからは、どうにも違和感を拭えなくなってしまったおばさんでございます。1話見逃したというハンデもございましたが、このもやもやはそれだけが原因では無い様に思われますどうにも面白くない~(>_<)


本来、ドラマが面白く思えなくなったら静かにフェイドアウトする~というのがおばさんの信念なのですけれど、このドラマを「つまらない」と切り捨ててしまうのは何だか惜しい気もするのですよ。


という訳で、今日はちょいとだけ辛口レビューを書かせて頂きまする。前回も「ミステリー部分」でさんざんこき下ろしているので、今回に限ったことでもないのですが


また、これはまだおばさんの妄想に過ぎないかもしれず、イラチなおばさんの単なる愚痴かもしれません。最終回の展開がまったく違ったものになれば、それはそれで大変嬉しい誤算だということも、そうなった場合のお詫びとともに付加えさせていただきます


~最終回も思ったとおり、否、思った以上に甘かった~一言感想と「マンセ」の意味を最後に付加えておきました


インスク=マリがジョニーの母親でありながら、はるばる自分を訪ねてきた息子を追い返すどころか、これを刺したというのは、もう大分前から分かっていました。ジョニーが、母の形見として大切にしてきたテディベアで傷口を抑えていたというのも、マリを庇うためだったのです


母の近くでこと切れてしまっては母に迷惑がかかる~自分を息子として認めない母の人生を思いやり、そんな母の重荷になるまいとしたジョニー


が、マリはこれを見捨てたわけではなかったというのが今回の演出なのだと思います。あのいかにも古めかしい電話~金庫の中に大切に保管されていた電話のリダイヤルをすると、それは救急隊を呼ぶ番号だった。つまり、社長の就任演説に急がねばならぬインスク(悪の象徴)に代わって、マリ=母親・人間(善の象徴)として、最後の良心をここで見せたという訳です


と、ここまでは十分理解できるんですが、あの電話が頂けない。なぜあれを隠しておかねばならなかったのか~おそらくはアレが、「悪魔」として生きる道を選んだキム・インスクの「人間の証明」だったと言いたいのではないかとは思うのですが、う~ん、電話を取り替えておく必要性がどこにあるのか?が、今ひとつ説得力がありませぬこういう小ネタ作りが下手ですヨvv


なんだかね~ここで「人間の証明」を持ち出すことによって、全体の流れを悪くしているようにしか思えんのです。この「人間の証明」という言葉だけが独り歩きをしているようで、いかにも不自然な気がしてなりません


どうしてもこれを持ち出したいというなら、これみよがしに語らずに、「人間=マリ」の痕跡をどこかにそっと忍ばせておくだけではいけなかったのでしょうか?


たとえば、前回亡くなったオム・ギド。彼に対するインスクの思いやりを見ているだけでも、悪魔に身を売り渡したインスクにさえ、ちゃんと人間味が感じられましたし、マリとしての悲惨な過去を知ってからは尚更のことですよね


ドラマの筋立ては悪くないのに、「人間の証明」という与えられた課題に言葉でもって回答しようとしたために、ドラマの面白味が半減してしまった気がしてしまいます。すべて言葉で表現しなくてもよいはずなのですヨこだわりすぎた?~これはドラマなのですから


コン会長の人物像についても然りです


あれだけの「ロイヤルファミリー」を女手一つで守ってきたからには、相当の苦労があったことだろうと想像するのはたやすい事。しかもあんなに出来の悪い息子が、本来なら後継者となるべき長男なのですから


確かに、可愛がっていた息子を死に追いやってしまったコン会長も、ある意味、人間としての資格を失ってしまったのかもしれません。でもここでことさら、


コン会長の人間の証明は何か?


と持ってこようとするから、流れが不自然になってしまうのでは? ま、こちらはそれほど大げさではないので、あまり違和感は感じずに済んでいますが。


またもう1つ違和感を感じさせる原因として挙げられるのが、今後ジフンが、インスクを無実だと証明しようとしていることかもしれません。


ジョニーはインスクに刺されてしまったけれど、当時は致命傷とは言いがたく、当人には病院へ行くという自由、選択肢が残されていた。にも関わらず、彼は母に迷惑がかかるのを恐れ、自ら死を選んだ


このジョニーの心情に気づいたジフンが、インスクを無実だと主張したら~これは、まったくもって頂けない話でやんすこのふたりの恋愛話に持っていこうとするからつまんないんだな。むしろ逆でしょ。救急隊に電話しただけで放っておいた~「未必の故意」で裁かれるべきです愛しているからこそきっちり裁くべきでは?


どうもな~主人公がチソンさんだけに、インスクに恋愛感情を抱いているというのがいかにも~な設定過ぎて面白くないのですよね。前回の「指紋」の件もそうだったのですが、もっと理論的に話を進めるべきシーンにおいて「情」がタップリ持ち込まれるのは、生理的に気持ちが悪くなってしまうのですよ


ほ、今日は言いたいことが言えて大分スッキリさせていただきましたも~イライラして気持ち悪くて。これで最終回がどうなろうと~それなりに納得して見る事が出来ると思います


コン会長はどうやら余命いくばくもないらしいですし、インスクも法ではない裁きを受けて、残されたヒョンジンがロイヤルファミリーの誇り=プライドを守っていくのだろうというのがおばさんの妄想ですが、これがまったく違って、もっとう~んとドラマティックな展開が待っていたら、こんなにうれしいことはないのにな~と贅沢なおばさんは考えてしまうのでありました来週のレビューは書かないかも~vv


~最終回は想像通りと言えば想像通りでしたが、さすが韓ドラ~かなりの甘っちょろさでしたな。これは社会派ドラマとはいえませんね。でも「万歳(マンセ)」の意味は分かってよかった。お母さんが子どもに服を着せる時に「万歳しなさい~」と声をかける「幸せの象徴」だったのですね~


ロイヤルファミリー DVD-BOX1
ロイヤルファミリー DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はロイヤルファミリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

ロイヤルファミリー第15話 第三幕の幕開け~あの「感想文」は何だ?

ロイヤルファミリーの第15話は「第三幕の幕開け」。


インスクとユンソの嫁連合軍に対抗すべく、コン・スノ会長はとんでもない奇襲をかけてきました。ハン・ジフンを、ジョニー殺害の犯人に仕立てようというのです。


でもこれ~狙いは悪くないかも知れませんけど、その根拠が、ジョニーが倒れていた際、傷口に押しあてていたテディベアがジフンが持っていたものと同じだったからという理由はいただけませんでしたね見逃すにはあまりにも安易過ぎるvv


だって、どちらもかなりの年代モノなわけですし、ジフンのものは捨てたにしても、ジョニーの「ウィルシャー」にはジョニーの指紋が古いのも新しいのもいっぱいついていたはずですやん


ここは記憶が定かではないのですが、ジフンがもし「証拠」として押収されたテディベアを触っていたとしても、あのぬいぐるみからは新しい指紋しか検出されないことでしょうし、これだけでジフンのテディベアだと決め付けるのは、素人ならともかく、プロ=検察のすることとはとても思えないのですが。しかも、ジフン自身も反論していませんでしたし


お~っと細かいことをグチャグチャと申し訳ござらぬ。でもどうも韓ドラのミステリーは「雰囲気」は大いに盛り上がるんだけど、細かい詰めが今ひとつ甘くて興ざめしてしまうのでござるよ


ユンソのコン会長とのにらみ合いとか、長男の泣き言とか~なかなか面白かったのですけどねせっかく社長になれたと思って喜んでたのに


それにインスク~結婚前に、夫が息子の嫁と偽ってインスクを手に入れたいのだと誤解したコン会長は、インスクを誘拐して「売春をさせる島」に連れて行こうとしたのだそうです結局は若いインスクに対する嫉妬ですな。ここはあまりの奇想天外な発想にビックリしちゃいましたがんな島がどこにあるんだ?、それはそれで逆にドラマとしては意外性があって楽しめまする


だからこのジフンの件も、あんな昔の証人を持ち出したりしてそれらしい小細工などをせず、いっそ、静佳園の巨大な権力による


「でっちあげ」


で無理矢理牢屋にぶち込む~の方がむしろスッキリしましたのにね


と、ここにきてかなりテンションが下がってしまったのですけど、最後の最後にはまたしても興味が湧いてしまいました


ジフンを救う代わりに、次男を陥れた証拠のテープを差し出せと迫るコン会長に、インスクは何かの「感想文」を差し出したようなのです


お母さまの「創作」に対する感想文とは、いったい何なのでしょうか? あの何事にも動じなかったコン会長が震えるほどのそれって??いったいな~に~?


韓国ドラマ・ロイヤルファミリーも残すところはあと3話~これならなんとか最後まで楽しめそうでございますね思わせぶりだったら許さんぞ~


ロイヤルファミリー DVD-BOX1
ロイヤルファミリー DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はロイヤルファミリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

ロイヤルファミリー第14話 戦いに挑む理由 なんとかつながりました(^^)v

ロイヤルファミリーの第14話は「戦いに挑む理由」。前回ほとんど見逃してしまったといっていいほどだったロイヤルファミリーでしたが、14話を見てなんとか話がつながりました


ケセラセラ事件でマリがスティーブを殺害、その後、ウィルシャーとともにアメリカに渡ったマリはジョニーを生み育てていたようなのですが、事件の4年後、スティーブの遺族が再捜査を依頼したらしいのです


当時アメリカ司令官の秘書をしていたオム・ギドは、この事件を機密扱いとしてファイルしていたのが、この申し出によってそれが無効となり、CIDが介入して捜査が再開されたのだそうです。


その時に見つかったのが、現場に残されたマリの靴。こうしてスティーブ殺害への関与が疑われたマリは、ジョニーを置いて姿を隠さざるを得なかった~というのが真相らしいです


自分を襲った男を殺しても正当防衛が成立するのでは?


疑問をぶつけるジフンに、当時の状況を説明するオム・ギド。相手は米軍兵士~韓国人の孤児と韓国兵が何を言っても聞き入れてなどもらえない。こうするしか他に術はなかった。偽造パスポートを用意して、マリを韓国に呼び戻したのも、JKクラブに入社させたのも自分だ


そしてジフンはもう1つの、そして最大の疑問をギドにぶつけました


「ジョニーを殺したのはマリか?


違う!そう言いながらも、奥歯に物が挟まったような言い訳を添えるギド。静佳園に入って、初めて人間扱いされた「社長の就任式」に、捨てたはずの過去=息子が現われて素直に喜べると思うのか?ここではどうするのかな~犯人?


キム・インスク~マリを自分は信じるべきか、悩むジフンに、やはり既に記憶を取り戻していた母親のスエがこう助言しました。


マリは、なけなしのお金であなたに食べ物を買ってくれるような優しい娘だった。あなたを信じ、救ってくれたのもマリだったでしょう?


信じなければ救えない~自分もまたもう一度マリを信じてみよう!大切なものが戻ってきた♪


そう決意したジフンは、再度ロイヤルファミリーに戻ってきます。これは、自分の家族をメチャクチャにしたマリを許せず、一度は自分の人生から彼女を「排除」しようとしたということなのですよね。以前、コン会長にそう宣言したとおりに


でも、ジフンは再び戻ってきて、今、マリとともに戦おうとしているのです。彼女が姑によって失わされた「人間の尊厳を取り戻すべく!!


コン会長は、ジフンとマリのスキャンダルを、マリ、もといインスクは、次男を騙してJKメディカルの株を放棄させたことを話した会長と弁護士の会話を、ともに「切り札」として握っています


前回JKメディカルの社長に就任した長男は、ここぞとばかりに、オム・ギド、インスク、そしてジフンを追い詰めようとしていますが、まさか、自分の妻=ユンソが、敵のど真ん中に立っていようとは、思いもよらなかったようですねここは実に楽しいシーンでした(^O^)/


いや~これはますます面白くなってきましたねロイヤルファミリーは今夜も続きが楽しみでございまする今晩の放送が楽しみです~(^^♪


ロイヤルファミリー DVD-BOX1
ロイヤルファミリー DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はロイヤルファミリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

ロイヤルファミリー 第13話 嫁たちの反乱

ロイヤルファミリーの第13話は「嫁たちの反乱」。おばさん的には今回の内容の方が「衝撃の事実」のような気がしましたけど


~昨日は野球の延長でリアルタイムで見ることを余儀なくされてしまい(他に2本録画していたので)ほとんどが夢の中状態zzz。今ひとつ確信のもてないシーンの情報収集のため、今回ばかりはやむを得ずいくつかのネタバレサイトさんの情報を参考にさせていただいております


まずは正式な副題の方のお話をば


ユンソはまだ姑=コン会長を信じていたのですね~。JKメディカルが持ち株会社になり、夫のドンジンがその社長になるという発表に喜ぶユンソ。


が、インスクがここぞとばかりに手に入れた「遺言状のコピー」を見て愕然としてしまいますkaeru1


自分亡き後、JKメディカルの株式はすべて、娘のヒョンジンに譲る


そんなことはもうとっくに分かっていたと思っていたのに、結局はクソンのプリンセス~お嬢さまのままだったのですね、この人は


姑に一泡吹かせてやろうと手を組む嫁たち。ここであの「訴状」が生きてくるのでしょうね


また、マリの過去についてですが、要するにマリは「オークション」なるものにかけられたらしいのです。米軍も実にえげつないことをしていたものですな


ここで実際にはウィルシャーが競り落とすのですが、この人はマリの体が目的だったわけではなくて、マリを競り落とそうとした下司野郎のスティーブ・ホープスからマリを守ろうとしただけのようです。テディベアを届けたりして、マリも以前からウィルシャーを慕っていたようですし


が、その後、どうしてもマリをあきらめられなかったこのホープスがマリを襲いにやってきたところ、彼女を助けようとしたジフンの父=ハン・ウソクが返り討ちにあってしまったようです


ハン・ウソクはここで致命傷を負い、絶命はしないまでもマリを助けることができませんkao1


そこへやってきたのがオム・ギドで、どうやらふたりがかりで、ホープスを殺した~というのが真相のようです。最後の決め手になったのはのマリの一撃だったのかな


その後マリはウィルシャーとともに渡米したようです。ということはつまり~ジョニーは暴行された上での子どもではなく、ウィルシャーとの間に生まれた子どもということでしょうか? 当時の東洋人と西洋人の関係(特に居留地がらみ)を考えると、正式に結婚したとは考えにくいのですけれど


う~んやはり自分でしっかり目を見開いて見ていないと今ひとつ良く分かりませんね


今のところは一応の事実を並べておいて~、あとは、続きを見ながら妄想を膨らませて辻褄合わせをするといたしましょうか。録画できなかったのは実に残念だったな~。これは、最終的にはレンタルでもしてスッキリさせないといけないかもしれませんね


~もし上の情報に不備な点等ございましたら、どうぞご遠慮なくご指摘くださいますようお願い申し上げます


ロイヤルファミリー DVD-BOX1
ロイヤルファミリー DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はロイヤルファミリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

ロイヤルファミリー 第12話 衝撃の事実

ロイヤルファミリーの第12話は「衝撃の事実」。今回の見どころはまさにこの副題そのものでした


昔、マリ(インスク)とジフンが住んでいたらしい梨泰院(イテウォン)にあった「ケセラセラ」というナイトクラブで、米兵と韓国人が死亡した事件


殺された米兵の名前はホープス下士官で、その近くに意識不明で倒れていた韓国人が容疑者だったのが、この韓国人もまた3日後に死亡したため、事件は迷宮入りとなってしまったのだそうです。


その韓国人の名はハン・ウソク~これがジフンの父親でした


ジフンには償いきれない罪を犯した


インスクの言葉が蘇ります


おそらくは、インスクを襲おうとしたホープスから、ウソクがインスク、否、マリを守ったのか、もしくは、オム執事も絡んでこないといけないはずなので、ホープスからマリを守ってこれを殺害したのがオム執事で(=「元はと言えば俺が悪い」発言)、その現場を見たウソクを口封じに殴り倒した~のでしょうか


まあいずれにせよ、ジフンの父親のウソク殺害に、インスクとオム・ギドが関与したのは間違いないようです


またこれは、おばさんにとっては新事実ではなかったため後回しになってしまいましたが、ジフンにとっての新事実も判明しています。


ジョニーは、母親のキム・マリ=インスクに逢いにやってきたが、今ある母の幸せを願い、身を引いた


も~あの「仮説」はとても検事のものとは思えませんロイヤルファミリーあらすじと感想。インスクを信じたい気持ちは分かりますが、それなら逆に彼女の無実を証明するため、洗いざらい調べようと思わなくちゃいかんでしょあそこで随分時間使ったのがいかにももったいない~(;_;)~とイライラしていたら、やはりその結論に達してくれたようでホッとしました


「今、幸せかい?」


ジフンの問いに、息子が死んだというのに「幸せ」だと答えるインスク~ジョニーが死んだことを知らないはずもないだろうに


苦悩するジフンが、最後に(最初に挙げた実父の死の真相を知ったのです。肉親の死が絡んできたとなると、さすがにもう一度目をつぶるわけにも行かないでしょう。ハン・ウソクのことが分かれば、母親のスネにたどり着くのも時間の問題でしょうね


また、その「ふたつの顔を持つ女=インスク」ですが、こちらの計画は着々と進行しているようですコン会長を「詐欺」で訴える!(^O^)/


ドンホが所有していたJKメディカルの株を取り戻すため、ユンソを味方に引き入れました。厳密に言うと「味方」というよりは、強敵に向かうため一旦休戦協定を結んだというところでしょうか


「片付けて


そう言われた「赤の他人」の嫁同士、直系のヒョンジンにJKグループを渡さないためにもここは手を組もうと決めたらしいユンソ。でもな~おばさん的にはこの人どうも信じられないんですけど、信用しちゃって大丈夫なのでしょうか


一方、何となく胸騒ぎを覚えながらも、株の移行を進めさせているコン会長。インスクが


「株式譲渡契約無効確認訴状」
(=JKメディカルの株は詐欺によってだまし取られたと訴えた書状)


を裁判所に提出したと知ったら、いったいどんな顔をするでしょうか? あんまり嫁いびりをするからよ~とおばさん、個人的には言いたいですけど


また、ジフンが官邸入という話がちょくちょく出てきていますが、これはだから何だというのかな~そんなことにスクヒャンを利用して、インスクと気まずくさせるというだけのことなら、ちと余計なコトのような気もするんですが。インスクからジフンを引き離すという理由付けも今ひとつですしね


実際にもっと「官邸」が絡んでくるというなら話は別なのですけど、ここに延びた「線」だけがどこにも行き場のないような気がして、もったいなく思えてしまいます。同じくスクヒャンを介して得たあのコネ=CID(米陸軍犯罪捜査局)ももう少し使えるなら使ってほしいところです


お~、ちと細かいことにこだわりすぎました。なんだか今では本格ミステリーを観ている気分になってきたので、つい期待値が高まってしまって


ミステリーといえば、ヒョンジンがJKメディカルについて何かを聞き出そうとしていた「先輩」はいったい誰なのでしょうね~気になるところです。しかもヒョンジンは、インスクとウンソの結束を知ってしまっていますし、この辺は実にワクワクするところですなヒョンジンの行動が楽しみだ~(^O^)/


さ~て、ロイヤルファミリー~今夜はどんな展開が待っているのでしょうか?放送時間が待ち遠しいです~とは言え、今日もまた寝ちゃいそうだけど


ロイヤルファミリー DVD-BOX1
ロイヤルファミリー DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はロイヤルファミリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

ロイヤルファミリー 第11話 策略

ロイヤルファミリーの第11話は「策略」。これはやっぱり面白いです~。全18話ということなので、もう後半なんですが、それだけに、ぎゅっと凝縮された面白さを感じますロイヤルファミリーが面白い(^O^)/


インスクからせしめた金で賭博場にいたカン・ミジェのところにやってきたジフンは、こちらは彼女を海外に連れ出そうとやってきたオム執事の姿を眼にします


電話で「キム・マリ」と言っていた女性がいったいオム執事とどんな関係があるのか?


オム執事といえば、インスクが高校生時代=キム・マリと名乗っていた時代には軍人だったようですね。そしてインスクは、ジフンの家というより、カン・ミジェ(たぶん~米軍相手の売春婦)の家に世話になっていたようです


「もとはと言えば俺が悪い


そう語っていたオム・ギド執事。これはインスクの過去の犯罪の原因が彼だったことを示す言葉なのでしょうか?


また今回、持ち株会社を変えるにあたり、JKグループのどの会社が最も適しているか、チョンウン先生に占ってもらいに出かけたコン会長に、チョンウンは


「JKメディカル」


を勧めてきました。これは、インスクの亡父ドンホが先代の会長から譲り受けた会社だったようです。


それを、インスクとの結婚に反対していたコン会長が、(おそらくは)結婚を認める代償として「遺産放棄」の契約書にサインをさせた時、その契約書の裏にこのJKメディカルの株放棄の念書を隠して署名させたようなのです


これを弁護士自らさせるとは~詐欺ですな、詐欺!弁護士としてどうなのよ


こうして、本来自分のものだった会社を母にだまし取られたドンホの無念を晴らすべく、今インスクが動き出したというわけです。チョンウンを使って、コン会長にJKメディカルを推薦させ、その理由に


「息子さんの魂が守っている~強い運気に満ちている」


と挙げさせました。JKグループに恨みを持ち、ドンホに同情する勢力も集めて~どうやら訴訟を起こそうとしているようです。JKメディカルを持ち株会社に変更し、全ての株を移行させたところで、その正当な持ち主がドンホだったと認めさせるつもりのようです


インスクは、これにユンソをも利用しようとしているようです。自分と同じように虐げられた「嫁」として~とユンソに誘いをかけるインスクですが、夫の浮気とオム・ギドへの慕情をどう使っていくつもりなのか~これからの手腕が見ものですインスクがカッコイイよね~♪


また一方、インスクへの恋愛感情を自覚したジフンですが、こちらもまた着実に真相に近づいているようです


最初はカン・ミジェが発したキム・マリという名前、カン・ミジェとオム・ギドが連れ立っていたことに加え、ジョニーが殺害された日のJKクラブの映像が破棄されたことをチュンギから聞かされたジフンは、同じ日に騒ぎを起こした芸能人=ユ・シナのテープだけが別に保管してあることを突き止めます


そこには、ジョニーとインスクの映像が写っており、しかもジョニーの口からは


「マリ」


という言葉がインスクに向かって発せられたことを知りました


キム・マリはインスクだったのか!? キム夫人がっ!?


カン・ミジェとジョニー~彼らが指し示していたのは間違いなくインスクだと気づいたジフン~この後どうするつもりでしょうか?世界一周のエアチケットも贈ったのに


もしインスクが自分を利用しただけなら、自らこれを排除する~とまで語っていたジフンですが、ま、それも全18話の中での話なので、そんなにイライラさせられることも無さそうです。それにこのジフンはそんなにアホでもなさそうですし


韓国ドラマ・ロイヤルファミリーは来週も続きを見るのが待ち遠しいですロイヤルファミリーが楽しみです(^^♪


ロイヤルファミリー DVD-BOX1
ロイヤルファミリー DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はロイヤルファミリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング