このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

インスンはきれいだ
 家族モノ・ホームドラマ

インスンはきれいだ~最終回

最終回だからと言って、特に大どんでん返しもなく、お涙頂戴の展開もなく、なかなかにポカポカと心が温かくなるような終わり方でしたね(*^_^*)。オバサン的にはかなり気に入りました(^O^)/。


大筋では昨日の話を踏襲するのですが、ちょびっとだけ追加させていただきますデス(笑)。


まずは、グンス~真実は、インスンを思っての殺人でした。大好きなお姉ちゃんをいじめるヤツを許さないっ!幼い子がつい犯してしまった罪です。インスンがその気持ちを汲めないはずがありません。


「私が殺していたかもしれない。グンスのせいじゃない。もう自分を責めないでほしい」


インスンとしてはこれしか言いようがないんデスが、でも言われた方はつらいでしょうね。ただひとり~ジョンアもですが~優しくしてくれたインスンに殺人の罪を着せてしまったという罪悪感を拭うことはかなりむずかしいのでは?


そう心配しておりましたら、案の定、どうやらグンスはひとり永遠の旅路へと旅立ってしまったようデス(>_<)。かわいそうだったけれど、ようやく楽になれたのでは?そう思います。


うってかわって、なかなかの成長を遂げたのはサンウの母親でした。とりあえず家に戻ってきたダンナを許し(たんでしょうね・笑)たけれど、もう亭主中心の生活を送ることは止めて、自由気ままに生きると決めたようデス。TVに映るクォン・サンウを眺めながら、


「サンウっていう名前は男前が多いのね~。うわぁ~観て、あのカラダじー

 もう少し若かったらつき合ってたわ~きゃー

~こーゆー時相手の意見は決して聞かないのが「オバサン」なのでありまして(^^ゞ~


「え?お茶??自分で入れれば~うーむ


こうなればもう大丈夫ですね~ダンナが浮気しようと、息子がお嫁さんを連れてこようと、きっと毎日楽しく生きていけるはずですアップロードファイル


そして、インスンはというと・・・一緒にアメリカへ行こうというサンウの申し出を断り、こんどこそは、と自立する覚悟を決めたようデス。友人と共同出資で、小さなサンドウィッチのお店を出しました。


明るく、気が利いたその接客ぶりで、オバサンがお客でもついたくさん買ってしまいそうなイイ感じのお店ですおんぷ


初雪が降る日に帰ってきたサンウと一緒に雪を眺めるインスン~その表情は自信と愛に満ち溢れていました。


~私は私、賢くて、立派で、きれいなインスン~


こてこてのラブストーリーはお好みでないワタクシですが(爆)、こういうのは許容範囲ですナイス。特にキム・ミンジュンさんは、あの「恥ずかしそ~な気の弱そ~な男の子」を垣間見せる演技が抜群でした~。地味でしたけどイイ話に満足デスムフフ


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインスンはきれいだのレビュー一覧」でお読みいただけます

インスンはきれいだ
 家族モノ・ホームドラマ

インスンはきれいだ~真実はどこに?

ようやくインスンが「本当の自分」をとりもどしました(*^_^*)。


高校生の時、同級生を死に追いやってしまったあの時から、自分を見失ってしまったインスンです。


自分はただちょっと殴っただけなのに、みんな自分が殺したと言う~人間があんなに簡単なコトで死ぬなんて?でも夢中でやったことなので、強く責められてしまうと反論することができない。やっぱり自分が殺してしまったんだ。


少年院での生活は後悔の日々でした。それなりに楽しいこともあったけれど、早く「元の生活」に戻りたくて仕方がありません。そんな中、可愛がってくれた祖母も亡くなり、いざ出所してみると、世間の目は思った以上に冷たく・・・(>_<)。


いつも自分を責めながら生きてきました。自分の価値などどこかに置き忘れ、短所ばかりが目に付くんです。「私はカワイイ、私はきれい」~おまじないを唱えてみてもちっとも効きやしません(-_-;)。


どうしてワタシばっかりこんなに不幸な目にあうのかしら?


自信を持てなどと言われても、そんなことできっこありません。だって、自分がダレなのか、何をしたいのかさえ分からないんですから。先生が私を受け入れてくれればいいのに、結婚さえすれば幸せになれるのに~なんて考えています(笑)。


そんなインスンが人助けをし、それがマスコミに取り上げられたことから大注目!過去の罪はあばかれないまま、どんどん有名になっていきました。


「自分はちゃんと罪を償ってるんだ。恥じることなどない!」


そう思ってはみるものの、いつまた世間の評価が変わるかにおびえる毎日。有名になってちやほやされて嬉しいはずなのに、前よりずっと寂しく孤独を感じておりました。


ある日とうとう彼女の過去が明るみに出ます。しかも実の母親によって公表されるのです~世間はもう大騒ぎ~だまされたっ!イイ人だと思っていたのにがっかりだっ!


でもインスンは気づき始めます~私はだましたわけじゃない。イイ人だなんて言ってない!みんなが勝手に勘違いをしてただけじゃない?私は「私」なのよ!


そして被害者家族のとりなしによってすっかりインスンの評価が再浮上した時、インスンははっきりと悟りました。


「世間の評価なんぞに振り回されず、自分自身の人生を生きていかなくては!」


未だに世間の評価だけを頼りに生きる母親を庇い、全ての罪をかぶり、堂々と胸を張って生きていこうとするインスンです。


「私には短所もあるけど長所もある。不幸な時もあるけど幸福な時だってある。これが私、本当の私」


そんなインスンをみて、長年心を押し殺してきた弟分のグンス(イ・ワン)がとうとう真実を話しました~殺したのはインスンじゃない、オレが石で殴り殺したんだ!


思わぬ真実に驚愕するグンス!インスンのためにこの「真実」を報道するのでしょうか?それとも・・・?(@_@;)


今日が最終回です(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインスンはきれいだのレビュー一覧」でお読みいただけます

インスンはきれいだ
 家族モノ・ホームドラマ

インスンはきれいだ~他人の評価

高校生で殺人を犯し、少年院帰りのインスンです。世をはかなんで自殺をしようと地下鉄の線路に飛び降りたら、偶然にも、線路に落ちていた男性を救うことになってしまい・・・いちやく有名人になってしまいました。ついたネーミングは「地下鉄女」(って電車男じゃないんだから・笑)。


なんとかしてマスコミに売り出したいという母親の思惑も手伝って、インスンはどんどん人気者になっていきました。


インタビューの受け答えがしどろもどろになってしまっても、調子っぱずれの歌をご披露しても――普通ならイメージダウンと思われることも、すべてプラスに評価されてしまうんです。これには本人もビックリ(゜o゜)~今までとはゼンゼン逆だわ!


でもどんなに周りがちやほやしても、心の中に居座った「負い目」は拭えませんでした~自分は人殺しなんだ。


必死にそれを隠そうとする母親の意に反して、世間では少しずつ真実が明らかにされていきます。


「それならいっそ・・・」


芸能界の仕事は辞める~そう決意したインスン、とうとう家を出ることにしたのですが・・・。


その一方、母親はまったく違った行動に出ました~このピンチをチャンスに変えようと、なんと自分から記者会見を開いて娘の過去を謝罪するという暴挙をしでかしたのです~涙ながらに娘の無実を訴える母親。


「あれは過失だったんです。両親がいなかったばかりに娘には余計な苦労をかけてしまいました。すべて私の責任です」


これで同情を引こうとしたんですね。でも世間はそんなに甘くはなかったようデス。今までは全てを大目にみてくれていたのに、それが全てひっくりかえってしまいました。


「イイ人だと思っていたのに、殺人犯だなんて!」


オバサンはこのドラマを見ていて、先日逮捕された酒井法子容疑者のことを思い出してしまいました。個人的にはもともと彼女のことはあまり好きではありません<(_ _)>。


「ワルイことはひとつもしてません!清く正しく美しい毎日を送っています」


な~んていうキャッチには胡散臭さしか感じない年頃なのです(笑)。ま、それは冗談としても、「アイドル」という存在自体、あまり好きではありません。いかにもマスコミに作り上げられた虚像って感じが拭えなくて・・・(-_-;)。


それが今回、

「見つからないように周到に準備をして、子どもそっちのけで逃亡をし、尿検査が陰性になった頃を見計らって出頭。しかも、髪の毛も切って覚せい剤の痕跡を消そうとしていたらしく、その供述も(数回しかやってない)どうやら嘘らしい」

という、まことに人間らしい行動に、オバサンは少なからず同情してしまったのであります(^^ゞ。確かに犯した罪は裁かれなければなりませんし、ワタシの彼女に対する印象がプラスになったわけじゃありません。ただ今回彼女の行動に妙に人間くささを感じてしまったのです。


誰しも知られたくない過去がある。言いたくないこともある。嘘をつくのはよくないことだけれど(酒井容疑者の場合は犯罪ですけどね)でもそれを黙っていただけなら、勘違いをしたのは相手(世間)の方なのです。(現在進行形の犯罪は別ですよん)


インスンをイイ人だと思ったのは世間。過去に傷などある訳がないと思っていたのも世間。彼女は天から与えられたチャンスに思わず飛びついてしまっただけなのに。


でも、サンウだけは違いましたね。最初、インスンの過去に驚き、遠ざかろうともしましたが、自分も悩み苦しむうちに、自分がインスンを好きな理由、インスンの本質を思い出すんです~明るくて一生懸命な彼女の姿を(*^_^*)。ようやくラブストーリーらしくなってきました(笑)。


一方、ドラマでは新しい局面が生まれたようデス~インスンに殺害された被害者の姉という人物がネットに書き込みをしてきました。


「あれは事故だったのです。インスンさんは明るくてとても優しい人です。これからもどうぞ社会に貢献してください。活躍を期待しています。きっと妹もそう思っているはずです」


さてさて、世間の評価はどう変わっていくのでしょうか?見ものです(*^_^*)。


~酒井法子容疑者も、もっと早く、マスコミの虚像から自分を解放していればこんなことにならずに済んだのかもしれませんね。今となっては全ての罪を認めて償ってもらいたいと思います~


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインスンはきれいだのレビュー一覧」でお読みいただけます

インスンはきれいだ
 家族モノ・ホームドラマ

インスンはきれいだ~本当の幸せって?

このドラマを見ていると「シアワセってなんだろう?」って考えさせられちゃいます(-_-;)。


お金はまだ十分にあるのに(たぶん・笑)、自分がちやほやされなっていくのが悲しくて空しくて、その反動で娘にかかりきりになる母親~最初は妹、次はインスンです。


先週、本当の「オーラの泉」で(笑)、倉本総さんが、こんなことを言っていました~今の母親は子どものために死ねなくなっているって。


たしかに自分と子どもは別人格ですけどね。あらためて「子どものために死ねる母親」が少ないって聞くとちょっとショックでした(@_@;)。


でも、この「インスンはきれいだ」の母親も、一見子どもを気にかけているようだけれど、実際にはそれほどでもない~自分の理想、自分の趣味、を押し付けているばかりで実は、子どもの意思などお構い無しデス。


子どもが本当に何を望んでいるのか?~なんて、知ろうともしません(-_-;)。


それより何より、この人自身、本当は何を望んでいるのかが、オバサンにはまったく見えてきません。


単に有名であればいいのか?女優なんだから自己を表現できればそれで満足なはずなのにね。客が少ないことを嘆くより、自分の表現力を磨こうと努力したほうがよいのでは?<(`^´)>


最初に人間として自分に誇りを持つ~って奇しくもサンウも言っていましたが・笑。そうすれば、母親として娘を愛することもできるし、別のひとりの人格として尊敬することもできるハズです。そうなれば、お腹を痛めて産んだ子供のためなら、死ぬことさえもいとわないって言えるようになるんじゃないかなぁ~などとオバサンはつらつらと考えてしまったのでありました(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインスンはきれいだのレビュー一覧」でお読みいただけます

インスンはきれいだ
 家族モノ・ホームドラマ

インスンはきれいだ~今日の教訓(笑)

この物語、ご覧になった方はお分かりのように、ストーリー自体はとても平凡なものです。ゲラゲラ笑える話でもなく、お涙頂戴モノでもなく、かといってアクションシーンがあるわけでもありません(笑)。


でも、1話に必ず1つか2つ、

「う~ん、なるほどなぁ~」

そう思わせるシーン(セリフ)が出てまいります。言ってみれば訓話(@_@;)?~「インスンの泉?」かしらん?(爆)


そういうのキライな方にはね~ウザったいでしょうケド(笑)、しっかり誰よりも強くなって、ダレにもな~んにも注意されることのなくなってしまったオバサンにとっては(^^ゞ、毎回「学び」の時間になりつつあるのでございます<(_ _)>。


でもって、今回はコレでした(*^_^*)。


「少年院にいる頃は、外に出たいと思っていた。外に出さえすれば、何でも夢が叶うと思っていた。

母親がいたら、そう何度もなんども願っていた。母親さえいてくれれば、他にはなんにも要らない、と。

でも、今の私~少年院から出て母親にも巡り会えた~は、感謝の気持ちを持っているだろうか?」


ね?なかなかイイ話でしょぉ(^0_0^)?


暑い夏には座禅でも組んで、こんな話を思い出す~そんな時間があってもいいワと思うオバサンなのでありました(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインスンはきれいだのレビュー一覧」でお読みいただけます

インスンはきれいだ
 家族モノ・ホームドラマ

インスンはきれいだ~ようやくホンネが炸裂デス

「これって恋愛モノじゃあないわよね~(@_@;)」


最初、このドラマをどこに分類するべきか、正直言って悩みました(笑)。今のところ「家族モノ」にしてあるのですが、もしかしたら社会問題を映し出しているドラマなのか?と思ってみたりもします(^^ゞ。


というのも、主人公のインスンは少年院帰り~しかも罪状は殺人、世をはかなんで2度も自殺を計ろうとします~まだたった3~4回目なのに(>_<)。ようやく再会した母親には理解してもらえず、腹違いの妹ジョンアの心にもどうやら深い傷があるようで・・・。


「私なんか毎日だれかを殺したいと思っているわ」


おとなしい顔をして、こんなことを言う妹です。お金があっても決してシアワセでないことは確かですよね。ま、幸せなんてものははたから見て分かるものじゃありませんけど・(笑)。


そして幼なじみのサンウ。初恋の人が少年院帰りと知って、「関わりは持たないでおこう!」そう決めたはずなのに、そのインスンに好きな男性がいると分かるとがぜん対抗心を燃やし始めます~だ~から男っていうのは・・・(-_-;)


報道記者という肩書きを隠れ蓑に、初恋の人、インスンの過去を探り出そうとします。しかも相手はインスンの想い人!コレってかなりいやらしい設定ですよね<(`^´)>。でも、すぐに見抜かれちゃうんだな~(^O^)/:


「あなたはインスンの友達とはいえない。あなたがとっている行動は自己満足に過ぎない。単なる卑怯者だ


この先生、顔は怖いけど<(_ _)>なかなかの人物です。図星突かれて何も言い返すことのできないサンウ(-_-;)。性根は悪く無さそうなんだけど、いかにも優柔不断な感じがよく出ています(*^_^*)。


そして「お約束」の性悪女も出てきます。


「イギリスの学校に行ってらしたんですって?」


~こういう人は、実はコンプレックスのカタマリだったりするんデス。負けるな、インスン!~


自分について嘘をつくということは、ありのままの自分を恥じているということ~「昔と変わらないインスン」として自分を受け入れてくれたはずだったサンウが、周囲にこんな嘘をついていたことを知った時の、あのインスンの表情が実に印象的です。


~自分がこれまで傷ついてきたからこそ、他人を傷つけたくはない~


そうは言うものの、相変わらず葛藤を抱えて悩んでいるインスンです~自分は少年院帰りの人殺しなんだから、多くのものを求めてはいけない!他人から愛されようなんて思ってはいけないんだ。


でも、あくまでも無関心を装う母親に対してはどうしても我慢することができず、ついにこう叫びました。


「『何故そんなこと(殺人)をしたのか?』って、どうして聞かないの?母親なら理由を知りたいと思うはずでしょ?」


「『そんなことするわけがない、きっと何か事情があったんだ!』って思うんじゃない?母親ならっ!


娘を理解しようとしない母と、ホントは分かってほしいのに&愛してほしいのに素直に言い出せない娘。お互いを理解しあうには、もう少し時間がかかりそうです。誰しもが最初から家族になれるわけではナイのですから。


やっぱり深イイ話です。今後の展開が楽しみです(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインスンはきれいだのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング