このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

お隣さんは元ダンナ
 家族モノ・ホームドラマ

お隣さんは元ダンナ(#62~最終回)は「ジヨンの成長物語」でした

お隣さんは元ダンナ~は本日の65話「心からの祝福」が最終回でした。これはなんとも心憎いエンディングでしたね~。本当に「途中はイライラさせられたけど最後まで見てよかったな」と思える最終回でしたよ


まずは~副題にも挙げさせていただいたのですが、ジヨンが実に立派に成長したことが何よりも嬉しかったです


最初は、劣等感と被害者意識の塊だったようなジヨン。生みの母に捨てられて、父親にも憎まれて育ったジヨンが、実に優しい継母と出会ってもなかなか打ち解けることができなかった


早く実家を出たくて、ある意味「逃げ」の結婚をしてしまったジヨンは、ちっとも嫁を省みないソンジェに不満を抱きつつも、子はかすがいの言葉どおり、意地悪な姑の下でもなんとか耐えてきたのが、息子が死んだことでその糸がぷっつりと切れ、離婚を余儀なくされてしまいます


離婚後は、実家の家族ともうまく行かず、娘のウンソを連れてついに家を飛び出すジヨン。その引越し先の隣に、憎いダンナが引っ越してきて!?お隣さんが元ダンナ!


ウンソを取り戻そうとするソンジェを前にイライラが絶えないジヨンでしたが、とあるイタリアレストランのアルバイトをするようになって、次第にその表情が変わっていきます。そこのシェフ=ゴニに料理の腕を認められ、次第に自分という人間に自信が持てるようになっていったのです


その上、言葉では「アジュンマ」と言いながら、自分をひとりの女性として敬ってくれるゴニと触れ合ううちに、ジヨンの心は見る見るほぐれていきました。ついには、ソンジェへの憎しみさえもがいつの間にか薄れてしまったことに気づきますこれが大きかったですよね~♪


が、いざゴニとの将来を現実のものとして考えなくてはならなくなった時、ジヨンはまたしても自分の立場を思い知らされました。ゴニの家族の前では、どんなに料理の腕を磨こうと、ジヨンはいつまでたっても「子連れのおばさん」でしかないのです。


悩みぬいた末、ジヨンはゴニとの別れを決意しました。ゴニ自身も、自分と付き合うことでたくさんの妥協を強いられることになる。ゴニには、ずっとゴニらしく、自分の大好きな道を極めていってほしい。私は、ゴニからもらった自信と幸せを胸に、これからも十分生きていけるこれほど輝いているジヨンならきっとこれからまた新しい出逢いがあるよ~


こうしてようやく一人前の自立した女性となったジヨンは、最初はひどくひがみ、嫉妬していたようだったミジンへの態度も、親しい友人のそれに変わっていきました


ソンジェの連れ子となるウンソを、実の子の様に可愛がってくれるミジンに、またしても劣等感が芽生えそうになった時はこちらもイラッとしましたが、これもまた、ようやく心が通い合った両親の助けによって、なんとか「母親」としての自分にも自信が持てたようなのはよかったです


ゴニをイタリアへ送り出し、元ダンナのソンジェの結婚式に出席しても、笑顔を絶やさないでいられるジヨンが、心から誇らしかった~強くなったね~。本当に、よくぞここまで成長してくれました。ミジンがいみじくも言ったように、今のジヨンは、堂々としていて実にカッコいいですよ


また、そんなジヨンの合わせ鏡であるかのように、ウンソの成長もまたおばさんの心を熱くしましたウンソもまた成長したな~。最初は、どうにもあぶなっかしくて生意気な小娘に見えたウンソは、ジヨンの不安定な感情をそのまま反映していたのですね。


パパにはおばさんやジュンソがいるけれど、ママには私しかいない


あんなに小さな女の子が、こうも急激に大人になってしまわざるを得ないのは実に気の毒ではありますが、ジヨン自身がそうだったように、どんなに賢くて優しい継母でも、やはり実母には叶わないのですものね


も~ジヨンが余計なことを言った時、ウンソが「パパもおばさんも嫌いになる」と言い出した時には、あの子が健気で可哀相で、こちらまで泣きそうになってしまいましたなんで子どもに余計な心配かけるんだ~っ!


これからは「ふたりのオンマ」に優しく育てられて、のびのびと成長できるよう心から願っていますよ。血の繋がったもうひとりのハルモニもできたことですし


そしてソンジェも~この人も本当に成長しましたね。というよりその下地があったのでしょうけれど。今のソンジェなら実に「買い」ですよ。まあジヨンとの復縁はならなかったけど、ミジンとオレオレ幸せになってほしいとこちらも心から願わずにいられません


また、途中ヤキモキさせられたヨンシルとウジンも、絵に描いたように見事なハッピーエンドに終わりましたあの元妻のエピソードは余計だった~と今でも思っちゃう。こちらも文句なく嬉しかったですあの10話分ぐらいが余計だったな


ヨンシルの家を買い取ったウジンは、ギフンと共謀して、その家をヨンシルとウジンの共同名義にしたそうなのです。登記簿謄本を持ってプロポーズするとは~とはソンジェの言葉ですが、実に粋でカッコイイ振る舞いでした


たとえ不倫の末に結ばれたと言われようと、もう私は待つことなどできない。あなたもどうか耐えてください


さすがのヨンシルもこの2度目のプロポーズには心を開いたようです。も~ここは本当に30年後のふたりを見る破目になるのかとヤキモキしちゃいましたよ


これからは何をするにも一緒~ずっとふたりで過ごしていこう。ケンカもたくさんしよう


その証拠に、結婚の記念に撮ったらしい写真では、ウジンがちゃっかりヨンシルの手を握っていました。も~これには大笑いでした


息子に執着していたソンジェ母もようやく踏ん切りがついたらしく、皆の幸せを心から願えるようになったようです。これもまた嬉しかったですね~。


韓国ドラマ・お隣さんは元ダンナは、久しぶりに完走した韓国ホームドラマでしたが、なかなか得るところの多いドラマでした。ご一緒させていただいた皆様にも、この場を借りて厚く御礼申し上げます。口の悪いおばさんにおつき合いくださり、まことにありがとうございました



お隣さんは元ダンナ DVD-BOX1お隣さんは元ダンナ DVD-BOX2
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX3お隣さんは元ダンナ DVD-BOX4
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお隣さんは元ダンナのレビュー一覧」でお読みいただけます

お隣さんは元ダンナ
 家族モノ・ホームドラマ

お隣さんは元ダンナ #61 ちょっとだけ感想をばvv

お隣さんは元ダンナ~これはもう最終回まで語らないつもりだったのですが、昨日のエピソードがとってもよかったのでちょいと一言だけ語らせていただきまする


あのジヨンソンジェジヨンミジンのシーンは実によかったな~思いやりがあふれていた


愛情どころか、もう憎しみさえ残っていないとソンジェに語るジヨン。もうあなたのことはすっかり許した今では、あなたの幸せを心から願える


そうなんですよね~一度情を交わした男女は、憎しみが募ることもあるけれど、それを乗り越えてしまえば、実に心強い理解者にもなれるのですヨ


ああ、この人と出会えたのはよかったね。離婚は残念だったけど、でもそれもまた間違った選択ではなかったね


昨日はふたりにそんな声をかけてあげたい気持ちで一杯になりましたこれまでよく頑張ったね~って。特にジヨンに対して~ああ、この人は本当に成長したな~と嬉しかったです


ジヨンの成長ブリは、他にもこんな言葉がそれを如実に示していましたもの


あなたはまだミジンさんのことを愛しているのよ。家柄や財産で感じていた引け目は子どもができたことで自信に変えて、子どものためにも良い父親になって。


あの人は、あなたのためなら何でもできる。あの母親と戦うことさえ厭わない。間違いなくあなたを愛している証拠よ


そんなジヨンを、ソンジェがまた「ひとりの人間」として「ジヨン」と呼びかけたシーンもよかったな。ウンソオンマ~ではなくて、一人の女性=ジヨン。字幕には「ジヨン」と書いてあっても、これまで一度も「ジヨン」と呼んだ事は無かったですものね


こんな風に相手を思いやる心を失わずに生きられたらよかったのにね。でも、こうしてふたりが、離婚という経験を通して「学習」できたことがせめてもの救いでしょう。そしてあのソンジェオンマも


このドラマにはよく植物が出ていたけれど、ここでもその例えが出ていましたね~愛は植物と同じで手をかけなければ枯れてしまう


相手が自分と同じ様に、怒りもすれば傷つきもする人間なのだということさえ忘れなければ、人間関係はずっとうまく行くはずなのですものちょっとだけ気を使えばよいだけなのに


自分の不満を相手に押し付けるだけではなく、相手を思いやることができるようになったジヨン、経済的にも自立して、ようやく父親にお小遣いを上げられるまでに成長したジヨンなら、これからも充実した人生が待っているに違いありませんようやく自立しましたね^^


母として妻として~だけではなく、ユン・ジヨンという、意志も感情も備えた&独立したひとりの人間としての楽しい人生が


誰と誰がくっついた&離れた~だけではなく、そんな風に思えたのは実にめっけものでした。なかなかやるな~このドラマ。最終回まで是非このまま盛り上げていってほしいものです



お隣さんは元ダンナ DVD-BOX1お隣さんは元ダンナ DVD-BOX2
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX3お隣さんは元ダンナ DVD-BOX4
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお隣さんは元ダンナのレビュー一覧」でお読みいただけます

お隣さんは元ダンナ
 家族モノ・ホームドラマ

お隣さんは元ダンナ(#59&60) 先が見えてきましたね(~o~)

お隣さんは元ダンナ~こちらは本当の終盤に来て、すっかり先が読めてきましたね~


様々な打算と妥協から、ついジヨンとの再婚に心が傾いたソンジェでしたが、ようやくそれは無理な話なのだと気づいたようです。何せジヨンの心が自分に無いのが明らかですし、ソンジェもまた、まだミジンに心が残っているのだそうです


ま~今となっては、これが一番良い選択なのでしょうね。これで子ども達も傷つけなくて済みますし、ゴニの両親が諦めればいいだけですから。ジヨンはゴニとパリへ行って、ウンソはソンジェとミジン夫婦に引き取られるのがよさそうだな


ここは~これも元サヤと言うのでしょうか?~元に戻るとして、ハヨンとギフンもまためでたく「婚姻届」を提出いたしました。ここはまさに


夫婦喧嘩は犬も食わない好きにしてくれ~


の言葉どおりです。あのソノクは本当に良き母親ですね。娘の欠点を知り尽くして、わざとギフンをけなしてハヨンの本音を聞きだすなんて。ここで、そんなに離婚がイヤなら、結婚なんかしなきゃいいのに~と言ってしまったらいけないのですよね


さて、残すところは、ヨンシルとウジンのカップルですが~昨日、ヨンシルの家を買いたいと言ってきたのは、きっとウジンなのですよね?ヨンシルには内緒であの家を買い取る算段を進め、また再び「ご縁」があれば一緒になりたい~そう願っているのでしょう。ここもそのうちきっとそうなることでございましょうここは文句なく応援したい♪


そして、ず~っと気になっていたこと=ジヨンジョンミンが姉弟の名乗りを上げたのは何よりも嬉しかったです。見ず知らずの優しい他人の存在も嬉しいけど、自分と血を分けた姉がいて、その父親が自分を助けてくれたのだと知ったジョンミンが、これを素直に喜んだのが、また本当に嬉しかった~良い子だな~ジョンミン


と、おばさん的にはす~っかり先が見えてしまった気がしたんですけど、残り5回、また下手にイライラさせずにすんなりと進めてくれることを心から願うばかりであります。いや~それにしても途中からえらく長く感じて辛かった。最後はなんとか、もっと見たいな~と思わせてくれると嬉しいですね



お隣さんは元ダンナ DVD-BOX1お隣さんは元ダンナ DVD-BOX2
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX3お隣さんは元ダンナ DVD-BOX4
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお隣さんは元ダンナのレビュー一覧」でお読みいただけます

お隣さんは元ダンナ
 家族モノ・ホームドラマ

お隣さんは元ダンナ(#55~58) お子ちゃまハヨンに怒り爆発!

お隣さんは元ダンナ~これもまた、ここ数日は「ガマンガマンの連続でした。勿論、あのハヨンにですハヨン、許せん~っ!


今日もヨンシルが言っていたように、このハヨンはまだ本当に「お子ちゃまなので、ここでもなるべく相手にしないよう~良いところだけを見るよう、ずっと片目をつぶってきたつもりでした


それでも~今回はもう我慢の限界。以下、ちと言いたい放題言わせて頂きまする。苦手な方はここでご遠慮くださいますように


続きを読む

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお隣さんは元ダンナのレビュー一覧」でお読みいただけます

お隣さんは元ダンナ
 家族モノ・ホームドラマ

お隣さんは元ダンナ(#53&54)「夫」ではなく敢えて「ダンナ」とした意味

お隣さんは元ダンナ~昨日・今日のエピソードもまた実によかった昨日は泣けた~(;_;)


昨日の53話では、ヨンシルが不倫したと思い込んだ妹がこれをひどく罵りました。それに対して心のうちをぶちまけたヨンシルの姿は本当に可哀相で、見ているのが本当に辛かった~なんとか叶えさせてあげたいな~この恋


いっそ離婚してくれと言いたかった。でも言えなかったどうしても言えなかった


プライドの高い姉がそこまで言うのだから、よほど社長を愛していたのに違いない。これまでずっと苦労のしっ放しだった姉のために、自分に何かできることはないのか? あの社長夫人に、どうか別れてくれるよう、私が頼みに行こうかしら


次姉に食ってかかられたギフンもまた、やるせない思いが隠せません


もし姉さんがこの愛を貫くといったなら、世の中全ての人間が反対しようとも、自分は最後まで応援した。だけど、姉さんが諦めると言ったんだ。だから、その気持ちを尊重するほかに、自分にできることはない


ヨンシルは、彼らを本当に立派で素敵な人間に育てたのですね~。ここはもう涙があふれて止められませんでした姉弟愛に泣けた


前回の記事にお寄せいただいたコメントにもありましたが、スヒが真にウジンを愛しているというのなら、ウジンの幸せこそを願うべきなのです。これまでずっとワガママ娘で通してきたスヒですが、この修羅場を通して少しは大人になってくれるに違いありません。


ただちょっとだけ~決して自分を見ようとしなかった夫に、今はただ腹を立てているだけなのです。幼い子どもが癇癪を起こしているのと同じ。だからきっとそのうちに~ウジンの幸せを願って、きれいに別れてくれるとおばさんは信じたいです


そして「ワガママと言えば、これを言うのはファンの方も多い中ちと勇気が要りますがゴニも同じだとおばさんには思えてなりません


彼は決して優しくない訳ではないけれど、その優しさが向けられるのは本当にごく限られた人だけですよね。八方美人になれとは言いませんが、もう少し「思いやり」というものがあってもよいのではないでしょうか。しかも、自分の意志は全て通ると考えているところがあります。まだ若いから当然と言えば当然ですし、それが無くては逆に覇気のない若者で、彼の魅力が失われてしまうかもしれませんけど。


でもね、レストランで働くアシスタントを、ああも悪し様にいじめ倒す人間があれは酷すぎだと思います~人格否定はいただけない。見ているこちらが辛くなります教えるのがイヤなら雇わなければいい、ひとりの女性、しかも、冷静に見れば「年増で子持ちの女性」をいつまでも愛し続けることができるとは、おばさんにはどうしても思えないのですヨ。だからこそ、ゴニをよく知っている人びとがこぞってこの結婚に反対しているのではないでしょうか~家柄の問題だけではなくて


ゴニがジヨンと結婚したとして、もし「妥協」を強いられる時がやってきたら、ゴニはいったいどうするのでしょうか。ミジンとソンジェがそうだったように、結婚生活では(というより社会生活も普通はそうなんですが)必ず、自分より相手を優先させなければならない時がやってくると思うのです。そんな時、彼は果たして妥協することができるのだろうか?


~まあ、ウチの母なんかにいわせれば、だからこそ、せめてドラマの中では自由に飛び立たせてあげたいどうせ「ドラマ」なんだからって(笑~などとのたまわっておりまするが


ジヨンの両親は優しい人だけれど、ジヨンには認知症の実母もいますよね。そしてウンソというまだまだ手のかかる娘もいます。


だからもし、ゴニが本当にジヨンと結婚したいのなら、病院に戻るのは論外だけど、3人でパリに逃げるのではなく、もっともっと現実的に折り合いがつく道を探すべきだと思うのです。ゴニ自身の成長のためにも


それができて初めて、ジヨンはゴニを心から信頼し、ともに歩こうという決意ができると言うものなのに、ゴニと来たら、必ず二言目には(これがまた許せないんですヨ


「いつかは夢が覚めるかもしれない。いつか別れる時が来るかもしれない


と予防線を張っているのですもの照れ隠しだとしてもやっぱりいただけない~バツイチ子持ちのアジュンマとしては、踏み切れないのが当然と言うものです。これまでのしがらみを全て捨ててゴニについていこうとしないのは、ジヨンもまた心に迷いがある証拠です。そこまでまだ彼を愛していない何よりの証拠


自分が母親に捨てられたジヨンだから尚更のことですね。しかもその行く末はああなのですもの


でも、今日のソンジェもまた「元サヤ」は勧められない情けなさでした。あれではミジンが「妊娠」を告げられなかったのも当然でしょう。


あのまま復縁の話が出るようじゃ、これまたまったくもっていただけません「ミジンさんにはふさわしくない」男が、ジヨンにならふさわしい~というのは、あまりにも失礼な話じゃありませんこと?馬鹿にすんなよ~っ!


あくまでも、「俺にはジヨンが必要だ。ジヨンとともに人生を歩みたい」というのでなければ、再婚しても元の木阿弥となってしまうに違いありません


ようやくジヨンは、実母に逢う勇気もできて、その母もきっとジヨンのことが心のどこかで分かって、長年のしこりも解けたようでしたのに、肝心の男ドモがこんなんでは、さっぱり応援する気になれませんよ~もっとしっかりせんかっ!ふたりともっ!!男ドモがだらしなさすぎっ! いっそジヨンは他のもっともっとイイ男を探すべきかも


と、おばさんなりの「愛のムチを入れたところで、今週は終わりにしておきまする


何せ昔から「オジンスキー(オッサン好き)」と異名をとるほどなので、どうしてもソンジェに肩入れしてしまいがちなおばさんではございますが、それでもなぜ今、ゴニとジヨンを素直に応援できないのか~今日はちと本音を語らせていただいちゃいました。まあ結局は、ジヨンの気持ち次第、なんですけどね


たかがドラマごときにこんなに熱くなるなんてお恥ずかしい話ですけど、それもまたこのドラマが良いドラマである証拠でござる。タイトルはめっちゃセンス無いけど、「お隣さんは元ダンナ」は来週も楽しみでございまするねソンジェはいったい何を言うつもりなのかな~ゴニに?


~でもこれを「元夫」ではなく「元ダンナ」としたところに実は意味があるのかな。少なくとも「ダンナ」という響には「悪意」が微塵も感じられません。そこには愛すべき隣人という意味が込められているようにも感じられてきました。そう考えてみると、そんなに悪いタイトルでもないのかもしれませんね



お隣さんは元ダンナ DVD-BOX1お隣さんは元ダンナ DVD-BOX2
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX3お隣さんは元ダンナ DVD-BOX4
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお隣さんは元ダンナのレビュー一覧」でお読みいただけます

お隣さんは元ダンナ
 家族モノ・ホームドラマ

お隣さんは元ダンナ(#49~52) 実に奥深い人間ドラマです(^^♪

お隣さんは元ダンナ~は今日の放送が52話となりました。全65話だそうですから、もうそろそろ終盤とも言える段階に入った今、ようやくまたこのドラマの素晴らしさが浮き彫りになってきたような気がしています


その中でも目立っていたのは、とうとうインスがジヨンに実母ヨンスクの生存を告げたことでしょう。


どんなに恨まれようとジヨンには真実を告げるべき。立派な姉がいることを、ジョンミンにも教えるべき


最初は夫の裏切りに絶望しかけていたソノクの励ましで、何とか勇気を振り絞り、ジヨンに真実を告げたインス


おまえの実母は生きている


今さら何を~と聴く耳を持たないジヨンに、ヨンスクは幾度と無くジヨンに逢いに来ていたこと、それを追い払ったのは自分であること、ジョンミンはジヨンの実の弟であることを告白しました。


ジョンミンの母は認知症で全てを忘れてしまったと聞いていたジヨンです。それがまさか自分の母のことだったとは!?~驚きを隠すことができませんお母さんが認知症っ!?


幼い頃に抱いていた母への思慕と父への恨みが一気に爆発するジヨン


今の母(ソノク)を愛せなかったのは、自分が実母に捨てられたと思っていたから。父さんのしたことがどれだけ罪深いことか分かる?今さら逢ってどうなるって言うの!?もう私の顔さえ分からないだろうに(;_;)


泣き叫ぶ娘に、どうにかして自分の真意を伝えたいと願うインスが、おばさんには哀れに思えてなりませんでした爺ちゃんイジメはいかんよね~。今ならともかく、若かった当時、夫と娘を捨てて出て行った嫁を、いくら娘に逢いたいと言われても逢わせる気にはなれなかったのかもしれませんもの。あれだけ恨んでいたという事は、恋人と駆け落ちでもしたのかもしれませんし


もうここはソノクの言うとおり、ジヨンの気の済むまで詰られているしかなさそうです。でも、あれだけ年老いた父親をあそこまで責める姿は、さすがに見ているほうが辛いです。でもこれこそが、ジヨンが大人になりきれなかったトラウマなのですから、ここは頑張って乗り越えてもらわないといけません


このジヨンの嘆きを受け止めたのが、外でガックリ片を落としていた元舅のインスの姿に驚いたソンジェだったというのはなかなかよかった


父への怒りがいつしかソンジェへの不満に変わり、とうとうと恨み言を言い続けるジヨンに、ただひたすら謝ってじっと耐えていたソンジェは立派でしたよね。本当にこの人は大きく成長したようです


こんな思いをウンソにさせてはいけない


ふたりが娘を、そして互いを思いやる気持ちが、以前よりもっとずっと深まったようなのは実に嬉しいですソンジェとジヨンがお似合いです


互いに苦しんだ二人だからこそ新たな一歩が踏み出せる~そう思えてなりませんやはりここは元サヤで~(^^♪。気の毒なようだけど、ゴニはやはり「思い出」のままに取っておくのが無難だと思いますね~。後々頼れる同業者でもあることですし


ソンジェもまた、実はかなりの資産家らしいミジンは自分にふさわしくないと再婚を断念しそうな気配です。そんな悩める甥に、ウジンが言った言葉は可笑しかった


「この女には俺しかいない~そう思えるようでなければ、再婚してもうまくいかない。その錯覚こそが愛なのだから


まあこの後半部分にはちと同意しかねますけど、でも確かに、他にも良い人がいるだろう、と思えるようでは、何かと大変な「再婚」に踏み切る勇気は湧いてこないかもしれません。ウジンはこれを自分にもあてはめて言ったのかもしれませんね


ず~っと腹立たしい姑だったソンジェ母も、スヒが乗り込んできた際に見せたヨンシルへの思いやりや結構優しいとこもあるんですよね、弱りきったジヨンに対する心配りなどを見ては、ホントはなかなかイイ人なのかもしれないな~と思うところが増えてきました


人生をリセットして一からやり直すことも時には必要なことだけれど、良きにつけ悪しきにつけ、それまでに培ってきた人間関係を修復しながら前に進んでいけるのなら、そのほうがずっと人間らしい生き方と言えるのかもしれませんそれでこそ成長がある~逃げるだけでは何も生かされない


このドラマを見ていると、人間とは、互いを傷つけあい、許しあいながら成長していく生き物なのだということをつくづく痛感させられます。


でも、それには「嘘はやめないと。特に、虚栄心や自分を守るためだけに重ねる「嘘」は、他人のみならず自分をも破壊していくということに、早くあのハヨンが気づいてくれると、おばさん的には万々歳なのですが


まだまだウジンを諦める様子の無いスヒや、心にぽっかり穴の開いた風情のヨンシル&ウジンを見るのは辛いですけど、ここにもきっとベストな選択が残されているに違いない~そんな風に思える今日この頃なのです。


ここに来て再び視聴韓ドラ中一番面白いドラマに返り咲いた「お隣さんは元ダンナ」(右の「お勧めドラマ情報」の順番は密かにおばさんの「お気に入り順」なのでござる。イラッとすると急降下します)~最後までこの雰囲気を壊すことなく楽しませてもらいたいものですねお隣さんは元ダンナ~あと残りは13話



お隣さんは元ダンナ DVD-BOX1お隣さんは元ダンナ DVD-BOX2
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX3お隣さんは元ダンナ DVD-BOX4
お隣さんは元ダンナ DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお隣さんは元ダンナのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング