このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

たぶらかし~代行女優業・マキ~最終回 なかなか素敵なドラマでした

谷村美月さん主演のたぶらかし~代行女優業・マキ~も今週が最終回でした。


最初それほど乗り気じゃなかったこのドラマは意外にもなかなか楽しくて、最終回もとっても心温まるエピソードで締めくくられていて、最後まで見てよかったな~と思えるドラマでしたたぶらかし~とうとうカテゴリも用意しちゃいましたvv


借金のため、水商売に売り飛ばされそうだったマキが、その収入に惹かれて入り込んだ「代行女優業」の世界。


代行女優(俳優)業とは、人が、その大切に思う誰かを守るために存在する職業。人はそれを「嘘と呼ぶかもしれないけれど、愛する人を傷つけないようにつく嘘を、マキ、モンゾウ、ミネコ、そして社長はずっと応援してきたのです


世の中には人間があふれかえっているというのに「孤独」に生きる人びとのなんと多いことか。だからこそこのようなビジネスが成り立つのでしょうけれど(ま、ドラマですけどね)、愛する人を守るためにつく嘘だから、虚構の人間関係の中にもホンの一握りの「情」を込めることができるって、なかなか素敵な物語でしたよね押し付けがましくないのがいいんですよね~


おばさんがこの枠で初めて見たドラマは「夢をかなえるゾウ」でした。これは本当に面白くて、めちゃくちゃハマって見ていました。あの頃はまだ「木曜ナイトドラマ」と呼んでいたのですよね。


その後、「日本人の知らない日本語」や「告らせ屋」、「デカ黒川鈴木」などを見てきましたが、その中でも、この「たぶらかし」はなかなかいい感じのドラマでしたよ


深夜という時間帯も手伝って、単なるお色気ドラマと見られがちではありますが、一見ピリリと辛口で、でもどこかホッとさせてくれるような優しいドラマは、この時間帯特有のもののようです金曜深夜もいいんだけど最近ご無沙汰してまんな


次回はオリンピック優先になりそうで、個人的には辞退することになりそうですが、またいつか、こういうドラマにめぐり合えると嬉しいです。


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はたぶらかし~代行女優業・マキ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

たぶらかし~代行女優業・マキ~(#10) 今回はちょっとビックリ(゜o゜)

谷村美月さん主演のたぶらかし~代行女優業・マキ~~今週も行っちゃいますたぶらかし~が結構面白いんですヨvv。だって今回の「たぶらかし」はかなりのものだったのですもの今回はまた格別でした♪~も~おばさん、ビックリしちゃいました


今回のエピソードは前回からの続きということで、両親の離婚に胸を痛める少年が、なんとかしてふたりを仲直りさせようとするのをORコーポレーションが手伝うという設定なのですけれど、まさかあそこまで徹底しちゃうとは驚きでした!


モンゾウの、以前から思わせぶりをしていた過去のトラウマに引っ掛けて、今回はなんとモンゾウがこの息子・隆久を絞殺してしまうのですよ山本耕史君真に迫りすぎ(゜o゜)


時々、昔のことを思い出すと頭が真っ白になってやばいんだ。だから逃げろって言ったのに


ひえ~このドラマはそ~ゆ~ドラマだったんかいっ!?怖すぎる~(;_;)


哀れ隆久は殺されてトイレの用具箱に押し込められ、これを知った両親は、ようやく息子の死を前に仲直りをするというシナリオを書いたのは、やっぱ、太っ腹な社長かしらね


だってこれはすべて「たぶらかしで、刑事にパトカー、客に野次馬~総勢30名ほどのエキストラを集めてかかった費用は180万強!!も~メッチャ赤字やわ~


本当の犯人は、どうしてもあなた方に仲良くしてほしかったんです。どうぞ思う存分叱ってやってください。


モンゾウ=山本耕史君の多重人格演技があまりにも真に迫っていたので、途中何度かまさかね~とは疑ったものの、最後にお通夜のシーンでマキが説明するまでは、本当にサイコなのかと思ってしまいまいた。も~おばさんまですっかりたぶらかされてしもた


無事に両親は仲直り、隆久はORコーポレーションの子役としてスカウトされるという結末も楽しかったですね。これで社長も癒されまんな。


つぶらな瞳に弱いねん(笑)


終盤に来てますます楽しくなってきて~今からカテゴリーを用意しようかどうしようか頭の痛いところですが(って内輪の話やねん)、これも全13話らしいです。さ~あと何回語れるかな~来週もなんだか面白そうだし、続きもなかなか楽しみでございまするねたぶらかし~来週も楽しみでんな♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はたぶらかし~代行女優業・マキ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

たぶらかし~代行女優業・マキ~(#6~9)ずっと気に入ってます(^^♪

谷村美月さん主演のたぶらかし~代行女優業・マキ~も、最近はかなり楽しく見ています。ただここでいざ何を語ろうかと考えた時、なかなか感想が書きにくいドラマであることも確かです


突っ込める小ネタ~モンゾウがひとりで頑張っていますが、その頑張りようが、おばさんにはなぜかとっても健気に感じられてしまい、小さな息子の発表会を見に行っているような心持にさせられてしまっていますたぶらかし~代行女優業・マキ~も結構好きです♪~がそうあるわけでもなく、マジメにあらすじを語るほどの話でもなく、と、なんとも文字にしにくいのです。


でも5話あたりから「ちょっといい話」となってきたこのドラマは、あれからず~っと「イイ感じ」なのですよ~


仲違いした父親とようやく心が通じ合うようになったピアニストの娘の話、ずっと独身で通してきた古参の編集長がキープしてきた恋人を手放す話、病院を建て直すため、イケメンエリートだけど腹黒い医師と結婚を考えた女医の話、みんな、なかなか素敵なエピソードでございましたあらすじ語るとこの3行で済んじまうvv


あえて欲をいうならちと「ひねり」が足りない気はするんですが、木曜の深夜に、こう、ちょいとほのぼのとしたドラマを観ている人がいるんだな~と思うだけで、こちらもホッとしちゃうような、そんなドラマなのでございますそういう若者はまだまだ期待できるって^^。ま、おばさんは録画してまで見ている奇特な人なんですけどあんまりいないよね~きっと


今回のエピソードは特に良かったですよ


仕事が忙しくて構ってやれない息子の母親役を依頼されたマキ。今回は、その父親(夫)役としてモンゾウも借り出されます。このふたりの夫婦も実にナイスカップルでした(あ、社長入っちった)。山本耕史君はこういうちょいと「伝法」な役どころが自分は好きです~新撰組の土方歳三みたいな


息子の隆久伊澤柾樹~JINの喜市役)は、何もしてくれない本物の両親より、ずっと愛情を注いでくれるマキと、そしてぶっきらぼうだけど本当はなかなか優しいモンゾウを気に入って本当の親になってほしいと頼むんです。


「永久契約ということで、俺たち結婚するか


そういう展開も悪くないけど、この隆久が、最後には本物の母親を捨てられなかったのが、一番ズッシリ来ちゃいましたね~。おばさんは「これ見よがしの子役」を使ったドラマはかなり苦手だけどもう虫唾が走っちゃう(>_<)、この位のところで見せてくれるこういう健気な子どもには弱いんだな~。モンゾウや社長と同じで


またこの回はめずらしく「続き」みたいで、代理両親を雇っていた事実を担任教師が知った!という展開になるらしいです。いったい何を持ってこようとしてるのかしら~それもまた結構楽しみです


最初はエ○いシーンばっかりで気の毒に思えちゃったマキも、最近はなかなか堂に入って来ましたよね~代行女優業。この人の体当たり演技もかなり好感度が高いです。谷村さんはこれからも楽しみな女優さんですね。


いつの間にかもう終盤に入った「たぶらかし~代行女優業・マキ~」~おばさんは最後までう~んと楽しみにしてまっせ今度は何話まで続くんかな~?


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はたぶらかし~代行女優業・マキ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

たぶらかし~代行女優業・マキ~第5話はお色気抜き(^^)v

谷村美月さん主演のたぶらかし~代行女優業・マキ~もずっと見てはいますが&先週は思いがけずモンゾウ(山本耕史)の出番も増えてよかったのですが、それにしてもあまりにも多いお色気シーンにさすがのおばさんもお腹いっぱいで、今回がまたそうなら、そろそろドロンしようかな~とひそかに思っていたところでした


もう潮時かも~vv


でもこの5話はなかなかよかったですよ~バランスが取れていて


まず、おばさんが見たい「モンゾウ」が、何気に活躍していたのがグ~。マキをさり気なくフォローしてくれたのかと思いきや、多額な報酬向井理にも負けてなかったし(^^)vを要求するところがまたいいですね~ずるっこしくて


また、ずっとこちらもエ○爺だった社長からは、今回なかなかの美声が聞けました「ローエンドローなんて、また渋すぎる! マキの変身シーンのBGMは、毎回社長の歌ってことでええんちゃいますか?


肝心のストーリーもなかなか可愛かったですヨ


両親に結婚を猛反対された男の恋人(もう子どももいるんですが)から依頼を受けて出かけたマキがその目にしたのは、なんと昔の恋人=元カレの康平


同じ劇団で志を共にした仲間に、昔の感情が蘇るマキ。またこちらも限りなく優しい康平


昔キャバクラで働いていたこの恋人のまり子は、康平に過去が告げられずに苦しんでいる。それもこれも、キャバ嬢時代にしつこく言い寄ってきた男が、康平の父親だったから


とまあ、なんともドラマチックな展開でやんしたが、和服姿のマキがとっても素敵で、どうせならこういう「見せない色気」を追求してもらえるとありがたい~などと思ってしまったのでございまする。キャバ嬢の同僚?だった女の子が、ものすご~い方言を使っていたのも「それらしくて」じ~んとしちゃいました


バブルの頃はありえなかったけど、今の時代はまた、生活のために水商売に手を染めちゃう女の子もいるのかな~ってなんだか気の毒だな~


結局、独裁者のようだった姑も、婿養子の夫に気兼ねして虚勢を張っていた可哀相な人で~夫の浮気に苦しんで10年間も離婚届をお守りに持っていた彼女にも踏ん切りがついて、今回のたぶらかし~代行女優業も大成功でございましたね


これからもこの調子で「ちょっといい話心が温まる話を作ってくれると嬉しいなこっそり期待してまっせ(^^♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はたぶらかし~代行女優業・マキ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

たぶらかし~代行女優業・マキ~も実は順調に見ていますvv

谷村美月さん主演のたぶらかし~代行女優業・マキ~も毎週なかなか楽しく見ています。最初の予想通り、ちと露出シーンの多さが気になるところですが、別に不愉快になるほどの事でもないので、そこはそれほど気になりません


ただ~他のドラマを見ていても、この谷村さんはなかなか演技力のある女優さんらしいのに、そこだけ強調され気味なのは逆に可哀相な気はしちゃいますけど


でも、この谷村さん演じるマキもまずまずなのですけれど、おばさんが注目しているのは、このドラマのゲストの女性陣なのです。いわゆる、マキに「代行」を頼んでくる女性たちですわね。


第2話では、アラフォーの女社長が、その年で起業なんてめずらしくも何ともないからと若い方が見栄えがいいからvv、若いマキに代行を頼んで、その若さをマスコミにアピールするのですヨ


年を取ると顔も胸も全て重力には逆らえず分厚くなるのは面の皮と腹の皮~なんていうセリフにも笑ってしまいます。でも、


「心の皮は薄いままもしくは「薄くなる」とかね(^_-)-☆


と逆に切り返したほうが良かったのでは?な~んておなじおばちゃんとしては思っちゃうんですが


年をごまかして書いているブログを通して知り合ったイケメンの若者に騙されて、すっかり傷ついた女社長が、マキと、同性の新人女子社員からのエールで立ち直るという設定はなかなかよかったですよ。女性だって、重ねてきた歳月が良い年輪になる年の取り方もできるんだよ~って


3話に登場した高岡早紀は~ヒーリングビジネスを営む女性を演じていました。若気の至りで産んだ子どもを、暴力亭主から逃れるために捨ててしまった彼女が、自分の死期を知った時にその娘に出会うのです。


今まで長生きしたいなどと思ったことは無いけれど、娘のために1日でも長く生きたいと思えるようになった相変わらず色っぽいわ~彼女は


深夜のお色気番組とは思えないこのあったかいストーリーお色気無ければ8時台でもいけるんちゃうか?に、どうしても視聴が止められないおばさんなのでありまするわりかし好きかもvv。最近カテゴリーが増えすぎたことも手伝って、これはこっそり「その他」に分類しておりますが


来週は、ゲストに向井理が登場するらしいですが、それぐらいなら、もっとモンゾウ(山本耕史)を絡ませてもいいのにな~モンゾウの出番少なすぎ~もっと増やせ~~(^O^)/


たぶらかし~代行女優業・マキ~は来週もなかなか楽しみでございますたぶらかし~代行女優業・マキ~お勧めはしないけど楽しいです♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はたぶらかし~代行女優業・マキ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

たぶらかし~代行女優業・マキ~を見てみました(^^♪

谷村美月さん主演のたぶらかし~代行女優業・マキ~を見てみましたたぶらかし~代行女優業・マキ~面白かったです♪。タイトルの雰囲気からくるイメージ、そして公式HPなどのCMのイメージ(=お色気ドラマ・古っ)とは大分違って、おばさん的には結構まじめなドラマに思えましたまじめに作ったコメディ


脇を固める山本耕史君や段田安則さんの演技は言うに及ばず、この谷村美月さんも、最近あちこちでよく見かけるだけあって、さすがに「旬」の女優さんだな~という感じがしますSPECの久遠望も彼女です


この手の女優さん、顔や表情はいいんだけど、声の方がおろそか~下手をすると、それこそ大○役者と言いたくなるほどの発声の人が多いんですが、この谷村さんは声もなかなか良いんですよね~ちゃ~んと声に表情がある


ドラマの内容は、タイトルどおり、この谷村さん演じる冬堂マキ原作はアラフォーらしいけどドラマは若いですね^^ORコーポレーションという「代役」を派遣する会社の社員となって、様々な場において、リクエストされた人物を演じる~まさに女優業~というものですが、これもなかなか面白いです


以前、偽装家族~お金を払って家族のふりをしてもらう~などという設定は見たことがありますが、こうして個人が色んな役~今回は「死体」から始まりました~をこなすというのは、おばさんは初めて見ました


ドラマの中でその与えられた役割を懸命にこなそうとするマキにもとっても好感が持てますし、ちょいとやさぐれた水鳥モンゾウ(山本耕史)や訳ありな感じの松平社長(段田安則)もなかなか面白かったです


この時間帯にありがちで~まじめに「あらすじ」を語る気にはならないかもしれませんが、これなら毎週楽しく見られそうな気がしました


来週のマキは「女社長」を演じるそう。いったいどんな社長になるのか~これはなかなか楽しみでございますまた楽しみなコメディが始まりました(^^♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はたぶらかし~代行女優業・マキ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング