このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ポセイドン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

韓国ドラマ・ポセイドン あらすじと感想一覧

毎週楽しみに観ていたポセイドンが、昨日で放送終了となりました。若手中心のアクションミステリーということで、内心はほとんど期待していなかったのですけれど、これが意外にと~っても面白くて最後の最後まで楽しめました。おばさんは、この手のドラマを自分なりに妄想しながら見るのが大好きなので特に面白く感じましたポセイドン~あらすじ一覧


おばさんが視聴したのはカット版でしたので、多少辻褄が合わない?気がした箇所もありましたが、ちゃんと最後まで見てみると、それなりに「合わせて」あったのも嬉しかったです。下手をすると約半分ほどの長さにカットするのですものね~。それもまた実に気配りのいるお仕事ですよね。


という訳で、またしてもかなり気に入ったこのドラマ~今後の宣伝のためにも(笑)、あらすじ一覧をアップさせていただきました。もしまだご覧になっていらっしゃらない方でミステリーがお好きな方には、なかなかお勧めのドラマですヨ。そんなに堅苦しくも無く、そこそこ痛快に楽しめます。全16話と短いのも魅力でした



【 ポセイドン あらすじと感想一覧 】


韓国ドラマ・ポセイドン~ちょっと面白くなりそうかも(^^♪


(#2&3) 登場人物の相関関係が分かってきました


(#4) 失踪事件の黒幕 このドラマ面白~い(^O^)/


(#5) 消える手がかり~鍵は特攻隊?!


(#6)相棒~ここは婦唱夫随になりそうです


(#7) 内部スパイの正体~なぜにソ課長?


(#8) ソヌの「取引」(^^)v


(#9) 作戦名ポセイドン このドラマホ~ントにお勧め(^O^)/


(#10)二重スパイ~チェ・ヒゴンの正体やいかに!?


(#11)黒蛇会の隠れ家~会長は誰だ!?


(#12)捜査妨害~ジュミンが危ないっ!


(#13)交差する疑念~カットする場所間違えてませんかvv


(#14)捜査9課の分裂~なるほどぉ~っ!!(゜o゜)


(#15) 裏切り者はあの男っ!


ポセイドン 最終回あらすじ(ネタバレ)~実に楽しかった~(^O^)/


ポセイドン<完全版> DVD-BOX 1ポセイドン<完全版> DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はポセイドンのレビュー一覧」でお読みいただけます

ポセイドン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ポセイドン 最終回あらすじ(ネタバレ)~実に楽しかった~(^O^)/

ポセイドンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ポセイドン~あらすじとレビュー一覧


韓国ドラマ・ポセイドンの最終回は「チェ・ヒゴンの正体」。これもまたとっても面白かったですね~。このドラマ、16話と短い中に中味がギュッと詰まっていてホ~ントに楽しかったポセイドンが面白かった(^^♪


以下、最終回のあらすじネタバレ)です


まず、黒蛇会の正体から参りましょうか


W杯当時に亡くなった高校生=チェ・ヒゴンは、脱北後、ユ・ヨングクに養子として引き取られていたようです。それが集団リンチによって殺されたことから、ヨングクはこれを機に

「巨大かつ絶対的な犯罪者組織」

を作ることを決意したそうです。世の中の悪を排除するには、その上を行く強大な悪が必要なのだ~というのが彼らのポリシーです。そのシンボルが

抑圧を表すチェ、犠牲のヒ、貫くのゴン=チェ・ヒゴン


この黒蛇会は3人のリーダーを中心に発足されました。ユ・ヨングクオ・ヨンガプ、そして、もうひとり~今は日本にいるらしいチェ会長です。


~このチェ会長の正体は最後まで明らかにされませんでした。この人物が「イ・ジョンウン(スユンアボジ)」だった可能性はほとんど無くなってしまったけど、でもあのうしろ姿から見た「濃い目の顔」がね~スユン父の顔に似てなくも無いような~と撃沈したくせにしつこく諦めてないおばさんでやんす


それでも月日が経つにつれ、この組織の初志は失われ、黒蛇会は欲深い人殺し集団と化してしまいました。少なくともオ・ヨンガプは、ここを何とか修正したかったらしいですが、そうするには、ヨングクたちの野望が大きくなりすぎたのですね。


ジュミンの身体に仕込まれた盗聴器の情報と、チェ・ヒゴンという名前からヨングクに辿りついたソヌとスユン。そして、これを聞いたヨングクがドヨンにかけた電話を立ち聞きしたジョンリュルは、ヨングクこそが2重スパイだったことに気づきます


「スユンを殺したらただではおかない!


脱北児童たちの洗礼会だというその時、ヨングクを問い詰めにやってきたソヌとスユンに、ドヨンが銃口を向けています。もうこれで終わりだ!!


そこへ駆けつけてきたヨングクはドヨンに撃たれてしまいますが、同時にやってきていたジョンリュルがこの危機を救ってくれました


こうして韓国・黒蛇会は一網打尽となり、全ての罪が明かされました。犯罪者では歩けれど、なかなかいい味を醸し出していたポパイは、黒蛇会の手によって、既に暗殺されてしまっています。ウンチョルも、姿を見せなかったところを見ると、やはり殺されてしまっていたのでしょう。


スユンの父=イ・ジョンウンには、あらためて、海警をあげて名誉回復の式典が開かれました。い~んだろ~な~これでさすがに撃沈~でも実は最後の最後まで疑ってました(爆)


そしてスユンとソヌはまた晴れて仲良くともに働いていくことになったようです。ジョンリュルは少しお休みして、娘孝行をするそうです。


で~も~


黒蛇会はまだ壊滅したわけではありませんでした。脱北者の中で、「新人では最も優秀だ」と評されていた「スンチャン君」が9課に配属されてきたのです


南北問題、そしてこの問題が生む差別がなくならない限り、黒蛇会は永遠に無くならない~というところでしょうか


社会問題としてもなかなか鋭いところにメスを入れた、実に見応えのある楽しいドラマでしたね。できれば「誤解の無いように」ノーカット版を見たかったな


おばさんのひつこい妄想におつき合いくださいました方々にもここで厚く御礼申し上げます。次のこの枠はご遠慮するつもりでございますが、また楽しいドラマをご一緒したいものですね


ポセイドン<完全版> DVD-BOX 1ポセイドン<完全版> DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はポセイドンのレビュー一覧」でお読みいただけます

ポセイドン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ポセイドン(#15) 裏切り者はあの男っ!

ポセイドンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ポセイドン~あらすじとレビュー一覧


韓国ドラマ・ポセイドンの15話は「ソヌの決意」。いや~これはまたメッチャ盛り上がってきましたね!ポセイドン~最後は盛り上がってきた~!(^O^)/


まず、正式タイトルを無視してまで叫んでしまった「あの男」でございまするが、これがなんと「オ・ヨンガプ」だったことには驚きました~。チェ・ヒゴンの右腕がチョン・ドヨンなら、左腕がこの男だったのですね。9課の情報が筒抜けだったのも頷けます。今回、ジュミンがまたしても「トートツに」撃たれた訳も納得でした


も~それにしてもスユンたら「信頼できる人」に電話をかけなくてはと言ってあれほど時間がかかったために見つかってしまったというのに、よりによって獅子身中の虫に電話をかけてウォンタクが殺されちゃったなんて、なんという皮肉なのでしょう。ジョンリュルも、とんでもない男を呼んできてしまったものですよ


でも~そうなるとですよ、むふふ、おばさんの

「スユンアボジ=黒幕説

が急浮上してきたと思いませんいけたんでない???だって、ヨンガプは昔からスユンの父イ・ジョンウンの親友だったようですし、今回、あのヨングクが、スユンの処遇は私の一存では決められないって言ってましたものね


以下、最終回を前に、今回分かったことをまとめておきます


まずは、ソヌの父親~何となく怪しいとは思っていたのですヨ。ソヌがあまりにもしつこく「俺の周りの人間ばかり殺される」と繰り返していたので、ソヌの関係者が黒蛇会にいるのかと思っていたら、そうではなくて、黒蛇会を追いかけていた「国情院のブラック」こそ、ソヌの父親だったのですね~。まあチェ・イルファさんなら、さもありなん~な役どころですが


また、チェ・ヒゴンと言うのは、実体のない存在だとチャンギルが言っていた理由も判明しました。まあこれはどこまで信用してよいか分かりませんが、チェ・ヒゴンはW杯開催時に亡くなった脱北者の名前なのだそうです。


必死の思いで「生きるために」南にやってきた少年が、北から来たという理由だけで、無惨にも同級生に殺されてしまったのだそうです。その少年の名前を「象徴」として掲げた彼らの本当の組織名も、黒蛇会ではなく「委員会」というのだとか。


~でもこれはまだ本当に死んだのか、社会的に姿を消しただけなのか、まだ明らかではありませんね


あ、そうそう、前回のレビューでおばさんが妄想したヒョンスン=スンチャンは、まったくの誤りでした。今回確認したら顔が違っておりました


そのスンチャンですが、どうやらカン・ウンチョルを兄と慕っていたようですね。組織を裏切って逃亡したらしいウンチョルを何とか説得したいというスンチャンに、ドヨンがああ言っていた(もう誰にも逢えない)ところを見ると、どうやらウンチョルは、既に消されてしまったのかも知れませぬ


また、スユンを助けようとヨングクに逢いに来たジュミンは、オ・ヨンガプの密告により、ドヨンに腹を撃たれてしまいました。でもこれ~眉間でも心臓でもなく、腹を撃つところが、さすがにまだ銃社会ではないのだな~などと思っちゃいますね。そのおかげで、ジュミンは何とか一命は取りとめたようです。でも脚が不自由になったのかしら?


さて来週の最終回では、最後の「ポセイドン作戦」が実施されるようですソヌ、容赦なく行け~っ!


韓国黒蛇会のもうひとりのドン=あの方は、本当にスユンの父親なのか?ブラックことソヌ父は、息子にその正体を明かすのか?などなど~あと1回、この分だと十二分に楽しませてもらえそうですね~妄想があたったらでもスユンが気の毒だ(;_;)。来週の最終回が今から待ち遠しいですね


ポセイドン<完全版> DVD-BOX 1ポセイドン<完全版> DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はポセイドンのレビュー一覧」でお読みいただけます

ポセイドン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ポセイドン(#14)捜査9課の分裂~なるほどぉ~っ!!(゜o゜)

ポセイドンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ポセイドン~あらすじとレビュー一覧


韓国ドラマ・ポセイドンの14話は「捜査9課の分裂」でしたが、おばさんが最も気になっていたスユンの思惑が明確になったのには一安心でした


「3人とも黒蛇会のスパイかも知れない!!そう来たか~っ!(笑)


スユンは、ジュミンのみならず、ソヌもジョンリュルも、皆が黒蛇会のスパイかもしれないと思い込んだようなのです。おお~これはおばさんに負けず劣らずの妄想家でござりまするな。まあ、それだけ得体の知れない組織ということなのでしょう。何せ、父親を殺されている訳ですし


そんなスユンの居場所を突き止め、危険を冒して「隠れ家」に突入するソヌとジョンリュルでしたが、ふたりは既に外に連れ出されてしまっています。


始末しろ


一時は逃亡を図るもまた捕まってしまったふたり。チョン・ドヨンからの報告を受けたヨングクの一声で、ウォンタクはすぐに殺されてしまったようです。そしてスユンはまたどこかに監禁されてしまいました。まだ使えると踏んだからなのか、それとも~スユンのアボジ=チェ・ヒゴン説はまだかすかに有効なのか相当ひつこいですvv


今回は、このヨングクとドヨンの会話の中で、あらたな人物名が登場していましたね。チェ・ドンマン会長って


チャンギルのことはいたし方ないと諦めた、しかもチャンギルのことで見舞金を受け取るほどのこの人物が、チェ・ヒゴンなのでしょうか?


それとも、こちらもまた新たに登場したチャ・ヒョンスンという海上保安庁のエリート(一等海上保安正)が言うように、

韓国に存在する黒蛇会のリーダー2人

が、ユン・ヨングクとチェ・ドンマンなのでしょうか


また、今ひとつ顔の記憶が明らかではないのですが、このヒョンスンという青年は、13話に登場したスンチャンとは別人ですよね?つまり、このヒョンスン自身が黒蛇会の送り込んできたスパイということはないのですよね!?


おお、段々おばさんもスユン並に疑り深くなってきちゃいました誰が信用できるのかワカラン~(>_<)


国家情報院に、長年黒蛇会を追っている人物がいる~中日を行き来して密輸ルートを探っているその「ブラック」と呼ばれる人物に渡りをつけて、彼にジョンリュルが握った情報を照会すれば、何か手がかりが得られるかもしれない


このヒョンスンの情報は果たして信用しても良いものなのか?あんな風にアップに映るところがいかにも怪しくないですか?


ポセイドンも、残すところはあと2話ですね~。今晩ソヌは果たしてスユンを助け出すことができるのか? 真相を探るべくドヨンに接触するというジュミンは、無事でいられるのか?


いったいあと2回でこのドラマをどう終わらせるつもりなのか~謎は謎のまま~ではなくて、なんとか決着をつけてもらいたいですよね妄想でもいいから~(^^♪


ポセイドン<完全版> DVD-BOX 1ポセイドン<完全版> DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はポセイドンのレビュー一覧」でお読みいただけます

ポセイドン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ポセイドン(#13)交差する疑念~カットする場所間違えてませんかvv

ポセイドンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ポセイドン~あらすじとレビュー一覧


韓国ドラマ・ポセイドンの13話は「交差する疑念」でしたが、おばさん自身も大いに疑念を抱いちゃいました。このままだと盛下がってしまいそうなので、今日はその辺を整理(=自分を納得)させてくださいませね


ソヌとジョンリュルが密かに夜中に出て行ったところを見つけたスユンが、その後をつけていくのです。ソヌたちは「隠れ家」に潜入したジュミンを心配してその後をつけていったのですが、スユンはそれを知りません。


まあこれは知らなくてもいいんですが、問題はこの後


以前、チャンギルを脱走させた際、その直前にチャンギルに面会したジュミンが、チャンギルに「脱出」というメッセージをメモに書いて見せた瞬間を、スユンはずっと怪しんでいたらしいのです。


でもこれ~実際にチャンギルが護送車から逃げ出した時、ジョンリュルは確か9課のメンバーにこの作戦のことを明かしたはずなのですよね? それがなぜに今頃になってスユンは怪しんでいるのだろうか?おばさん的にはそう思ってしまったわけですヨ。


あくまでも推測なんですけどね~それにしてもワカラン??


皆にこの「作戦」を明かしただろうシーンも一部カットされてましたよね~そこを残しておけば、多分今回のシーンと辻褄が合ったはずなのでは?


あの状況下に置いて、ジュミンの協力なくしては脱走など到底不可能だと考えるのが自然ですよね。それなのになぜ今頃になって、あの映像を調べだし「脱出」というメモに衝撃を受けているのかどう考えてもおかしい??~サッパリわからん


ソヌとジョンリュルの挙動不審な様子に、もっと何か秘密がありそうだ「勘」だけにしとけばよかったのに~と持っていかせて、いっそ「脱出云々」のこのシーンは丸ごとカットしちゃったほうがずっとよかったのでは? そうすれば、ジュミンが二重スパイだということは誰にも知らせていなかったのだろうと、もっとあっさり納得できましたのに。も~どうもこういう細かいところが気になっちゃうんですよね~ミステリーの基本なのに~(;_;)


これですっかりソヌたちを疑いだしたスユンは単独で「隠れ家」に忍び込み、まんまと敵に捕まってしまいます。あ~あ、そんなコトをしたら、ジュミンの命が危うくなるのが分からんか~っ!!ジュミンが殺されたらどないすんね~んっ


ジュミンが「隠れ家」で出逢ったチョン・ドヨンは、呆れるほどこちらの情報に通じていました。幸運なことに、ジュミンが二重スパイだという確証までは掴んでいないようでしたが、ヨングクには「怪しいから消すべきだ」とまで報告しています。


ポパイことチョン・ドクスに関しても然り。ドクスが裏切ったことはすっかり承知していて、ジュミンが頼まれたドクスからの伝言など聞きたくない~愚かなものは欲深く、その欲ゆえに身を滅ぼすとまでのたまわっておりました


すっかり手がかりを無くした9課では、なんとかドクスの口を割らせようと独房を移す計画を立てていますが、そんな「嘘」をつかずとも、黒蛇会がドクスの命を狙っているのはまず間違いないようですポパイは消される!?


そんな恐ろしい敵に、隠れ家を知っているのはジュミンだけではないと知られてしまうなんて!ドクスがさらに裏切ったと考えてもらえたらいいんですけどね


また今回は、あのアメリカへ行ったはずのカン・ウンチョルについても言及がありました。ウンチョルに逃げられた~今日本を捜させている。


思うに、このウンチョルもまた脱北者だったのではないでしょうか?チャンギルや、今回登場したスンチャンという青年のように、あの施設で「黒蛇会」に忠誠を誓うロボットとして育成された可哀相な犠牲者ヨングクは悪魔っ!


ずっと楽しんできたポセイドンももう残すところはあと3話となりました。ここは何とか頑張って最後まで盛り上げてほしいものですなんとか頑張って持ちこたえてくれ~っ!


ポセイドン<完全版> DVD-BOX 1ポセイドン<完全版> DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はポセイドンのレビュー一覧」でお読みいただけます

ポセイドン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ポセイドン(#12)捜査妨害~ジュミンが危ないっ!

ポセイドンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ポセイドン~あらすじとレビュー一覧


韓国ドラマ・ポセイドンの12話は「捜査妨害」。ご覧になった方はもう当然お分かりでしょうが、どうやらウォンタクはまだ殺されていなかったようですね~。ものすご~く血だらけの写真だったので、あれはてっきり「遺体」の写真だとおばさんが早合点してしまいました~。申し訳ござらぬ


ウォンタクが窮地に立たされたことを知ったソヌはいても立ってもいられません。すぐにウォンタクの足取りを掴もうと、今最も黒蛇会に関わりがありそうなGMLコリアへと向かいました。ウォンタクが襲われたらしいその店の近くではウォンタクの携帯しか見当たらなかったため、なんとかその行方を突き止めようと考えたからです


ビルに侵入して手がかりを探すソヌとスユンでしたが、これはすぐに社員に見つかってしまいます


泥棒と間違えられて取り囲まれていたところに、ふたりの携帯のGPSから居所を突き止めたジュンリョルが、皆を引き連れて駆けつけてきましたポセイドン・あらすじ


「海警だっ!!


不法侵入で訴えられるのは逆にこのふたりになりかねなかったところ、先に掴んでいた「横流し」の証拠のおかげで、GMLコリアの社長を連行することができたジョンリュル。が、これが意外にもあっさりと罪を認めてしまいます


イ・グォニョクと名乗るこの男はでも、あの秘書を見る限りにおいても、単なる「影武者のようでございましたね。グォニョクはあくまでも表向きの社長であり、こういった万が一の場合に備えて責任を取るためだけに飼いならされていただけの存在だったのでしょう。


その上、総務課長が横流しの事実を認めたことから、この事件は結局「トカゲの尻尾」を切るだけで終わってしまいました


もう手がかりが無くなったまた振り出しに戻った~力なくつぶやくグォンリョルをじっと見つめるジュミン。あとは、あの「隠れ家」だけか~とひとりごちていたジュミンは、グォンリョルが止めるのも聞かず、ひとりでここに潜入します。


3時間経っても戻らなかったら、後を追跡してくれ


そうメールを送って忍び込んだその家は、どうやらチョン・ドヨン(ウテさん)の住まいだったようです。ドヨンがヨングクにそう報告していたように、ウォンタクはここに監禁されていましたが、ジュミンはまだそれに気づきませんジュミンはいったいどうなっちゃうの~?


それどころか戻ってきたドヨンに、その存在を気づかれてしまいますも~ウテさん怖すぎ(;_;)。お客様がいらしていたとは


また、これまた先週ヨングクに命令されたとおり、西部地検の検事長=パク・チャンジュン「梨」を40個届けていたドヨン。あの「梨」は何を指しているのかな~金塊かドラッグでも入っているのかしら


「委員会のためだ


と語るパク「会長」~って、まさかこの男が「黒蛇会の会長」なのではありませんよね?サインの「次官」と混ざるんですけどvv


亡くなったスユンの父親への年金も支払われるよう手配され、もはや、イ・ジョンウン=チェ・ヒゴン説は諦めるしかないのかな~


とまあ、おばさんの妄想はさておき、今はジュミンの安否が気にかかるところですね。それに、愛するスユンを捜査から外したいと考え始めたソヌの行動を、あのスユンが黙って見ているかどうかあの娘はきっと突き止めるな~でもって一発ぐ~で殴られるな~ソヌ~も心配なところでございます。


オリンピックも楽しいけど、ミステリー系が面白いとドラマライフがメチャクチャ充実して嬉しいな~なおばさんでござるやっぱりミステリーがサイコー!ポセイドンは今日も続きが楽しみでございますね~ポセイドンが楽しみ~(^^♪


ポセイドン<完全版> DVD-BOX 1ポセイドン<完全版> DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はポセイドンのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング