このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

TOKYOエアポート~最終回 実に楽しいドラマでした♪

深田恭子さん主演のドラマ、TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~も今日が最終回でした。これもまた最後の最後までトラブル続きでハラハラさせられましたけど、実際にそのようなトラブルが起きることはまずないのだろうし、その上で、このようなトラブルが起きたら、という想定の下で作られたこのドラマ=半分ノンフィクション(笑)は、実に迫力があって、毎回とっても楽しく観ることができました毎週放送が楽しみでした^^


今回は、GPSトラブルがテロではなかったようなのは一安心でしたが、停電問題がなかなか解決してくれなくて大変でした。技術的な問題はさておき、非常用電源が確保できない中、日没を控えて薄暗くなる中、航空機を無事着陸させるために、ターミナルごと「節電」したシーンには感動で胸が熱くなりましたTOKYOエアポートも面白かった~♪。昨年の大震災のことを思い出してしまったからです。


ターミナルで電気が使えなくなったら、スタッフがどれだけ大変な思いをするか私には良く分かる。でも、飛行機を無事に下ろすため、なんとか皆で協力してほしい


電気が使えなくなる中で、いつものあの二人組=桐島&城之内がタッグを組んで、外国の航空会社を利用する客にも毛布を配ろうといったシーンも素敵でしたね。このドラマを見ていると、こういう、昔なら当たり前だったこと=困った人には手を差し伸べる、がごく当たり前に行われているシーンが多くて、そういうところも大好きでした


実際の官制や飛行機の事に関しては、自分にもう少し詳しい知識があればもっと楽しめただろうな~とおばさんの「オタク心」を刺激してくれたのも楽しかったですもちっとタップリ見たかったな~最終回は。今回は、レーダーが使えなくなった時に備えて、将棋の駒を飛行機に見立ててプランを立てると言うくだり、あれもキッチリ見せてもらいたかった。ここで将棋好きな矢野が、違う点を心配していたようなのも笑えましたよね。もっと丁寧に扱ってくださいヨ梶原善はいいな~♪


ずっと厳しい先輩だった竹ちゃんマンこと竹内がICAOに行くことを知った香織が、皆に色紙を書かせたり、プレゼントを用意したシーンもよかったですよね。そのアメリカ行きも、自分の出世のためではなく、いつかもっと複雑になるだろう羽田の官制のために、一足先に高い技術を身につけるため~なのは立派でした。


そしてこれまでダレにも相手にされなかった岡本の「焼子が見事所沢のゆるキャラとして認められたのを、矢野がすかさず知らせてくれたというのも可笑しかったです。ホントはあれで結構気にしてくれてたのですよ


その前の時間帯(時子@平清盛)でも大健闘だった深田恭子ちゃんが、ここでもまた必死に頑張っているのを見られたこのクールは本当に楽しかった~。そう、おばさんは深キョンちゃんの大ファンなのですこのドラマもとっても可愛かった~(≧∇≦)


扱っていた題材もそうですが、キャラもまた実にユニークでとっても楽しいドラマでした。これが以前の「TOKYO コントロール」の続編であったように、いつかまた更なる続編を作っていただきたいものですね。TOKYOコントロールの再放送とともに、心待ちにいたしております。オタク心を刺激して止まない&楽しくて見応えのあるドラマを提供してくださいまして、本当にありがとうございました


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~のレビュー一覧」でお読みいただけます

TOKYOエアポート~第9話 今度はGPSトラブル!?

深田恭子さん主演のドラマ、TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~の9話は「届かぬ声・・・エアポート史上最悪の2日間」です。今回もまたとてつもなく大変なトラブルに巻き込まれてしまいましたTOKYOエアポートは毎回ドキドキの連続です(>_<)


クリスマスを前にいつも通りの毎日を送る香織。そんな香織に、パイロットへの復帰の可能性が出てきたことを報告する本上。それに備えてこのクリスマスはオブザーバーとしてNY行きの飛行機に乗ると語る本上を、せっかく元気になったのに今年のクリスマスは一緒に過ごせないのかとちょっぴり残念そうな表情を浮かべながらも、そんな本上の決意をもまた心から喜ぶ香織は紛れも無く天使です優しいよね~ホント(^^♪


そしてクリスマスイブ


通常のメンバーにインフルエンザ患者が出たことから、いつもより少ない人数で勤務体制についた香織たちに、少しずつ魔の手が忍び寄ってきます。これに最初に気づいたのは香織でした。


「指示通りに飛んでいますか?


同じことを不思議そうに何度も繰り返す香織に続き、一機のみならず、次々とコースを外れていく航空機にとまどいを隠せない管制官たち。どうやらGPSに不具合が生じているらしい事が判明するとすかさず官制の方法を「マンパワー」に切り替えたのは見事でしたね


GPS衛星のコンピューターがハッキングされた!


羽田のみならず、日本中、否、世界中のGPS機能が一瞬にして使えなくなるとは!? ああだから最初の方で、竹内の車のナビにも不具合が生じていたのですね。


こういう時、昔取ったきねづかが役に立つのを見るのは、おばさんとしても嬉しい限りです。こういうことは、たとえ職種は違っても、皆同じですな~機械に頼る前に「基本」を学んでおいて損はない。


結城ばかりか氷室に部長の田辺まで借り出してくるとは、さすが香織でございまするねべーやんにヒッキーナ&ユッキーナ(~o~)。しかもいきなり「空港長」という役柄で小倉智昭さんまで登場していたのには驚きました


~深きょんちゃんに見つめられて緊張していた小倉さんの姿が実に微笑ましかったです


こうしてなんとか時を凌いでいるうちに、今度は停電まで起きてしまったようです。香織のせりふではありませんが、いったい何が起きているのでしょうか?


アメリカへ向かった飛行機は一気に日本へ引き返してくると言いますし、西日本の空港は大雪で軒並み機能しないという大ピンチの中、羽田空港はこれからどうなってしまうのか大混乱をどうやって免れるのか?? また本上も果たして無事に帰国することができるのか?


実際にこのようなトラブルが起きる確率は大変低いのでしょうけれど、人間社会には「想定外が付き物なのです。この難局を彼らがどう乗り越えていくのか~またしてもチームワークが試される時のようです想像すると今からワクワクしてきます(^^♪


官民一体となって懸命に働く姿が愛おしくてたまらないヒューマンドラマ(おばさんはあのピヨピヨおじさんも大好きです)~TOKYOエアポートもいよいよ次回が最終回です。来週はどうやらお休みらしいので、今から再来週が待ち遠しいですね~TOKYOエアポートが楽しみです(^O^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~のレビュー一覧」でお読みいただけます

TOKYOエアポート~第8話はハラハラのし通しでした(;_;)

深田恭子さん主演のドラマ、TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~の8話は「飛行機トラブルで試される管制官の絆」でした。


これももう最初から最後まで気が抜けなくてハラハラのし通しでしたが、そのシーン毎に感動的なエピソードも織り込まれていて、最後はまた大泣きさせられちゃいました。このドラマ、本当に素晴らしいドラマなのですヨ~。暗証番号を知らずにトランク使っちゃう「お母さん」も確かにどこかにいそうですし


ちょっと専門的過ぎておばさんが語るにはハードルが高すぎるかもしれませんが、この感動をどこかに記しておきたいので一生懸命語らせて頂きまする。多少不備な点がありましても、どうかご容赦くださいますように


レーティングも無事合格して一人前になった香織は、今回めでたく搭乗訓練を受ける事になりました。コックピットでパイロットの操縦をじかに見ることにより、よりきめこまやかな官制ができるようにとの訓練だそうです。まあ仕事以外にも、飛行機好きな方にはたまらない「飛び切りの夜景などのおまけもついてくるそうですが。


羽田から福岡へ向かう便に乗り込んだ香織を運んでくれるパイロットは香織の友人である西川俊一。いつもより緊張していた香織の顔にようやく笑みが浮かびます。


そんな香織を意識してやりづらさを感じているのは管制官の矢野ですが、酒井はこんな状況を楽しんでいます。友ダッチがいるから楽しいダッチ


これがまたスイッチオンのままだったとは~駄洒落がパイロットにも筒抜けです、よほど矢野さん、緊張していたようですな


まだまだ新米だと思っていた西川が、飛行中積乱雲に出合った際、ちょうど機内サービス中だったことを配慮に入れて、遠回りしてまでもこれを回避しようとする配慮に感心したのは香織だけではありません。


勉強になったわ


夜は酒を酌み交わし、互いの仕事の理解を深めたふたりが思いも寄らぬトラブルに見舞われたのは、翌日の帰りのフライトでございました。彼らの乗った航空機で、モニターというモニターがほとんどダウン(使用不可)してしまったのですそんなことってあり~(>_<)


万が一のためにと用意されたバックアップまで動かなくなるなんて、これはよほど根本的な電気系統のトラブルが起きたに違いありませんそんなんで飛び続けられるの~っ!(;_;)


まだ経験の浅い西川同様、ひとりテレビの前でヤキモキしているおばさんの耳に力強く響いたのは、チーフパイロットの声でした。焦るな。大丈夫だ


またここに香織が乗っていたことも心強かったですね~。パイロットは、多くの管制官たちに見守られていると夕べ語ったこともまた、西川の大きな力となったに違いありません


モニターが無く、パイロットによる方向確認ができなくなった今、頼れるのは管制官による指示だけなのです。それも、コンピューターで割り出す方向と違って、マンパワーだとどうしても誤差が出てきてしまうらしく・・・


「大丈夫です。誤差は想定の範囲内です。安心して飛行を続けてください


キッパリ言い切った竹ちゃんマンがこんなに頼もしく見えたのは初めてでした~カッコよかったな~竹内


この後も、天候が悪化し、ACARSというデータ通信システムまで使えなくなるなどの悪条件が次々と重なる中次から次へとトラブルだらけ、ATISというサービスを使って香織自ら天候をチェックしていたシーンにはゾクゾクしてしまいました。一見、機械頼みに見える中でさえ、人智を使って問題回避できる手段もまだまだ沢山あるんだな~って適応能力がないと務まりませんね


また、ここで最も素晴らしかったのは、このトラブルを乗客に一切気づかせぬよう、パイロットが細心の注意を払っていた事です。キャビンアテンダントにさえこの状況を知らせなかった時はつくづく感心してしまいました。


そしていよいよ羽田に着陸しようとした時、今度は車輪が出ているかどうかをパイロットが確認ができないという事態が発生します。これは、機器トラブルの原因を解明しようとした整備スタッフが、パイロット経験のある本上とともにシミュレーションをした際に既に明らかになっています


一刻を争うこの事態において、官制のみならず、空港のあちこちでこの被害を最小限に押しとどめようとする努力が払われているのが見てとれるのが、実に気持ちがよいのですすごい協力体制!


そしてここでもまた香織が大活躍をいたしました香織もすごいな~十分に「すごい人たち」ですよ。確実に車輪が降りたかどうかを、整備士たちが滑走路から確認する手はずになっていたのですが、立ち込めてくる霧のせいで視界が悪く、地上からの確認だけでは心もとないから、もう少し高度を高く飛んで、官制タワーからも車輪を確認するようにと実に的確なアドバイスをしたのです


無事車輪が降りている事が整備士と管制官の双方から確認されると、今度はいよいよ着陸です


なかなか航空機の姿が見えない時は、もう本当にハラハラしてTOKYOエアポートの迫力がすごい!、見ているだけのおばさんまで胃が痛くなりそうでした


ようやく霧の中から飛行機のライトが見えた時は実に嬉しかったな~やっと来た~っ!!


万一の事態に備えて待機していた消防車も、無事、出動しなくて済みました。トラブルが無い方が良いに決まっているのですが、それでもずっと待機していなくてはならないというお仕事も大変でございますよね。


さすがのおばさんも今回はドキドキしすぎて、見てるだけですっかり疲れ果ててしまいました。でも来週はなんだかもっともっとハラハラさせられる展開になりそうなのが気になります


TOKYOエアポートは来週の続きが今から待ち遠しくてなりませぬ~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~のレビュー一覧」でお読みいただけます

TOKYOエアポート 第7話 何事もなく過ごすために

深田恭子さん主演のドラマ、TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~は7話もまたとっても楽しいエピソードでした


前回の事件の責任を取ると近藤が提出した辞表をその場で本人につき返したらしい結城は、先任管制官^^の氷室とともに、近藤の当日の官制を逐一チェックしていたようです。ICAO(International Civil Aviation Organization)のガイドラインに照らし合わせても、近藤の官制に誤りがないどころか、その近藤を任務から降ろしたことこそが規定に違反している!ヤレヤレ~日本のお役所体質は世界に通用せえへんぞ~っ!


ふたりからこの事実を聞かされた田辺部長の驚いた顔は実に痛快でございましたなそれは大変だっ!


一方、官制に目覚しい進歩が見られる香織をレーティング試験にリコメンド(recommend)する竹内。彼女はICAOへの出向が認められたそうで、そのためにも香織を早く一人前にしたいと考えていたようです。


誘導が混み合ってきたのになかなか指示を出さない香織に割って入った(カットイン)竹内が、香織の考えを聞きただしたところ、香織の官制もまた「正解」だったことに大分感じ入っていたようです。おばさんも素人だから細かい事は分かりませんが、要するに、香織の官制は周囲の気象条件なども十分に加味された、実にきめこまやかな誘導のようなのです


一見ムダとも思える知識も全て吸収して深みを増してきた香織の技術なら、絶対に一発合格すると思ったのに、矢野の将棋のライバルだという別のチームの斉藤(菅原大吉)に


「不合格


の判を押されてしまった時は、おばさんも自分のことのようにガッカリしてしまいましたまだ早かったですね~だなんて。いったい何が悪かったんだろう?あんなに悪条件の中、一応はスムーズに誘導できたと思ったのに


すると矢野がこんなアドバイスをしてくれました。自分のルートの確保だけではなく、周りにも気を配らなくちゃいけませんよ


人一倍周囲に気を使っていたつもりの香織は一度は落ち込んでしまいますが、こちらはすっかり立ち直ってきた本上に励まされ、また、在りし日の近藤の官制を思い出し、再度竹内にレコメンドを願い出ます


「イイわよ。大丈夫だと思ったから推薦したんだもの


また、この近藤ですが、復帰を許されたにも関わらず「スノウというスランプ状態に陥ってしまったようです。頭の中が真っ白になるこのスノウは、大勢の命を預かる管制官なら誰もが一度は経験するような状態らしいのですが、人一倍プライドの高い近藤はこれを認めようとせず、周囲のサポートも受け入れようとしません


この近藤のスタイルを香織は自分の官制に取り入れたのです教えてくださってありがとうございます!


「多少強引ではあるが、他人を自分のペースに巻き込んで、トータルでの効率化を図る


空港の端から端まで目を配り、隅から隅まで気を配って皆に声をかける香織に刺激された近藤が、ようやく竹内の助けの手を借りて一戦に戻ってきた時も本当に嬉しかった仲間がみ~んなで応援してました♪


何事もなかったかのようにするのが仕事ですから


香織がレーティングの試験で「官制官として何を大切にしているか」という問いに対し、行ってきますと出かけて、ただ今と帰るまで、何事もなく当たり前に過ごせる1日を守る事だと答えたのを、近藤がまた自分の信条にしたというのもとても印象的でしたよかったね~戻ってこれて(^^)v


また、ようやく意識を取り戻したという栗山大臣が、近藤の官制に感謝していると発表してくれたのもよかったですね。まあこれは、大臣として当然の発言だと思いますけど。


真新しいピンクのマイク(でいいのかな?)をつけて、ヘッドセットのプラグを左側に差し込んだ香織を見るとこちらまで誇らしい気持ちでいっぱいになります。とうとう一人前の管制官になった香織の今後の活躍がますます楽しみになってきましたTOKYOエアポートは続きもとっても楽しみです(^O^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~のレビュー一覧」でお読みいただけます

TOKYOエアポート 第6話 お上大事の姿勢にイライラさせられました

深田恭子さん主演のドラマ、TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~は6話もまたとっても見応えがあって面白かったけれど、と同時に、心底イライラもさせられました


でもそれを語る前にひとこと敷島珈琲っていうネーミングに聞き覚えがあると思っていたら、あのまんまで以前の月9・ラッキーセブンに出ていたのでしたね。美味しいコーヒーって言うから繋がりませんでした。確かラッキーセブンではめちゃくちゃまずいコーヒーだといわれていた記憶があったので。でも今回のあのうざったさで確信しちゃいました~ああ同じ店(&店長)だって


とまあそれは置いといて、今回の官制では実に難しい判断を強いられていました滑走路が1本しか使えないという状況下で、緊急着陸要請が2本も入ってしまったのです


1機は、機体には何の問題もなく、乗客が脳梗塞を起こしたという知らせ。もう1機は右エンジンのトラブルを抱えている~電気系統に火災が起きている可能性があるばかりか、左のエンジンにも支障をきたしているかもしれないという状況を訴えてきています。


最初の航空機は政府専用機であり、病に倒れたのは国土交通大臣その人ですが、次に要請してきたJプライムは、一般の乗客200名の命を預かっています。


この状況を聞いただけでも、Jプライムを優先するべきだとおばさん的には思っちゃうんですが。だって、大臣大臣というけれど、言うなれば航空業界のトップに立つ人ですよね。もしその人に意識があったら=大臣としての自覚と誇りがあれば、自分より一般国民を優先しろと命じるはずではありませんか?


それをまあ大臣「だから」救え~とは何事ですか恥を知れ恥を!!!人の命を預かっている航空会社が「身内」を優先するなんて恥ずかしくないのかっ!!この思考は信じられん!


~一企業と監督官庁は別ですけどね。ここは「道義」の問題ですヨ


と、おばさんはひとりテレビの前で怒りを爆発させておりました。大体離陸後40分で発作を起こすような人間を、飛行機に乗せる医者もどうかしてるざんす。ちゃんとメディカルチェックしたのかってんですよ。傍目で見てもかなり顔色悪かったのに


まあ百歩譲って「先に要請してきたから」という理由で優先させたといたしましょう~これも変な話だと思いますけどね。官制のリスクマネージメントはリクエストが早い遅いの問題じゃないでしょうに。それともそういうルールがあるのかな。


でもこの政府専用機には致命的な問題がありました。それは離陸して間もない&海外渡航用の燃料をタップリ積んでいた航空機は、重量オーバーで着陸そのものができない可能性があるのだそうです


これは知らなかったな~。そこにいち早く着眼した近藤は実に素晴らしかった。もし政府専用機が無事に着陸できなかったら、唯一残された滑走路すら使えなくなってしまうのですものね


これを指摘された政府専用機のパイロットもこの事実を認め、着陸に入る前に燃料を捨てたいと申し出ますが(そんなことして環境汚染はどーなるんだ!)、すぐ後ろにいるJプライムのことを考えるとそれは絶対に許可できないと答える近藤なのです。運転に支障をきたす恐れがある


Jプライムを優先するよし、それがベストな判断だ!


近藤の決断は惚れ惚れするほど正しかったと思います。田辺部長、バカヤローはお前のほうだっ!!自分の言ってること分かってます?


結局、結城もまた近藤の決断を支持し、政府専用機はJプライムの着陸を待ってからの到着となりました。


機内で心配停止状態となり、一刻も早い治療が望まれた大臣の容態がこの官制によって悪化してしまったことは確かに事実かもしれないけれど、その問題の責任を取るべきなのは現場の人間であってはならないとおばさんは思います


かねてから、このような事態が案じられる劣悪な環境の改善要求に耳を貸さなかった上層部、ひいては本省のトップが取るべきものだとおばさんは信じて疑いません大臣は身をもってそれを知ったのです。もう「想定外」という言葉はうんざりです想定できないようなア○は外せ!。不測の事態を予測して危機管理をする事こそが、上に立つものの務めなのではないでしょうか?


それをマスコミもマスコミですよ。現場にいる人間を血祭りにあげていい気になって、真相を見ようとしない。あの無責任さには本当に腹が立ちます


とうとう辞表を提出してしまった近藤でしたが、予告では~苦しんではいたものの~タワーに立っていたようなので、とりあえずは一安心です


このような大勢の人命を預かる仕事では、傲慢とも思えるような冷静で断固たる判断も必要ですし、かと言って、傲慢になりすぎるのも、時に大きなトラブルに繋がるということなのですね。本当に大変な仕事なのだから、せめて


「責任は俺が取る!


と最後まで部下を信じてくれる上司がいないとやっていけませんね結城や氷室の活躍を期待します♪。それに、ひたむきに先輩の判断を支持してくれる可愛い後輩も侮れませんよ~


あの本上でさえ、ようやくディスパッチャーとして再起する事になったようですし、来週は近藤が無事に立ち直ってくれる事を信じて、それを楽しみに次回放送を待ちたいと思います何もするなじゃなくて、何かしてくれ~っ!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~のレビュー一覧」でお読みいただけます

TOKYOエアポートは第5話もまた泣ける話でした(;_;)

深田恭子さん主演のドラマ、TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~は、今週もまた実に感動的なストーリーでしたTOKYOエアポートが面白い(^O^)/。も~おばさん、毎週これ見て号泣してるような気がするんですけど


ある日、任務を終えた香織のもとに、東京ACC(東京航空交通管制部~これがドラマ中で岡本がよく騒いでいる「所沢」らしいです)の氷室がやってきました。彼が差し出したのは1枚の写真。


注:氷室は「羽田空港の先任管制官」だそうです


随分古めかしいその写真は、羽田空港近くの病院が移転するに当たって見つかったものだそうで、グランドスタッフだった香織なら何か知らないかとあたりをつけて来たのだそうです。


元東京ACC管制官で岡本の同期が経営するカフェのオーナーもまた元管制技術官だそうで、そのオーナー曰く、写真に映っているのは小島健吾というANAのパイロットだった事が判明します。でもその小島は既に亡くなっているのだとか。


こちらは、合コン好きな山下のつてで知り合ったCAの田口を通じて小島の連絡先を調べる香織。その家には、自分もまたCAだったという小島の妻が健在で、その写真の話を聞かせてくれました。


小島は空港近くにあった病院(今では子どもホスピス)によくボランティアに出かけており、その子達が、病室から見える飛行機にあこがれている事を知り、5年もかけて会社を説得し、その子達を飛行機に乗せたのだそうです


パイロットやCA、他のスタッフもみなボランティアで小島の意思に賛同してくれた。私達CAも子供達に触れる事で、大切なこと(接客の心)を教わった


これを聞いて感動した香織や田口が再びこの「小島メモリアルフライト」を再現すべく動き出します


本省は許可してくれたのに会社側がこれを拒否した事にガッカリした香織を励ましてくれた竹内のセリフがまた良かった


「これも管制と同じ。1つの道がダメでも他に道があるハズ」


たとえ遠回りに思えても、決して諦めるなと声をかけてくれた、普段はクールな竹内に、ここでおばさんは第1の号泣


その後、香織と田口は「上層部」ではなく、自分たちと同じ「仲間」に協力を呼びかけていきます。寄付を集め、有志を募り、できるだけ会社に負担がかからないよう計画を立て、再度企画を持ち込んだのです。


「君たちの給料を使うわけには行かないよ


も~やるな~ANA。ここで第2の号泣


でも最も感動したのはこの後でしたここからが真骨頂!


たとえこのイベントが許可されても、外出許可のでない(重症な)子ども達もいる


それを聞いた香織が、病室内での「フライト」を企画していたのを知った時は、もう涙が溢れて止まりませんでした。


メモリアルフライトの話を聞いてもどこか寂しそうにしていた子供達が、病室に用意された大きなスクリーンいっぱいに映し出された飛行機、そして空や地上の写真に、それはそれは嬉しそうに歓声を上げた姿が今でも忘れられませんこうして書いていても涙がこみ上げて来ちゃいます


おねえちゃん、ありがとう!


CAの訓練に身が入らなかった生意気なCA予備軍も、実際に搭乗した子ども達を相手に、こちらもまた得るところがあったようです。そして、パイロットになることを諦めていた本上もまた、そんな子ども達を目にして、自分もまた「空を飛びたい」と心から願うのです。頑張ってみるよ


このドラマでこんなに感動を覚えるのは、きっとこれが実話に基づいたフィクションだからなのでしょうね。そこかしこに感じるリアリティが、一層深い感動をもたらしてくれるTOKYOエアポートは、来週の放送も楽しみでなりませんTOKYOエアポートは本当に良いドラマなんですよ~毎週楽しみでなりません


~このドラマの前身だというTOKYOコントロールもどこかで再放送してくれないかしら


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング