2018/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>

「ラブコメ」のレビュー一覧

私はラブ・リーガル5 最終回 あらすじと感想 ヒミツの終わり(12話含)

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガル5】(Drop Dead Diva S5)の12話は「彼の隣に座るのは?」(Guess Who's Coming~誰が来ると思う?)、最終話の13話は「ヒミツの終わり」(Jane's Secret Revealed~ジェーンの秘密が明らかに)です。


ファイナルシーズンの放送を来週に控えてついにこの日がやってきた~な予感です私はラブリーガルのネタバレ感想行きますよ~(^^)/(まだ確定ではなく思わせぶりです)。


以下早速ネタバレです


今回はジェーンのママふたりがメインでしたジェーンはふたりもママがいて幸せね♪。これまでは、デビーのママのボビーはまずまず常識があるけど、オールドジェーンのママのエレインは破天荒、というイメージがありましたが、今回は逆転していましたね


まずボビーは、若い男の子を誘惑した=買春容疑で逮捕されてしまいました。それもあながち間違いではなく、確かに悪気はなかったものの、若い男の子とセッ〇スしたかったのは本当らしい。最近はまったくその気が起きなかったボビーは、G〇ポットに直接コラーゲンを注入して性欲を高めるという治療を行ったのだそう。女性版のバイ〇グラよ


今やすっかり大人になったとはいえ(笑、母親からこの手の話を聞くのはやっぱりちょっと気まずいですよね。しかも、グレイソンの話も絡んできたから尚更です。グレイソンが次々と新しい女の子と付き合うのは、デビーを忘れられないからなのだそう。


でも結局はうまくいかない~ちなみにニコールともせっかくの週末旅行中に別れてしまったそうです。ニコールは、まるでゲイと付き合っているようだったと後にジェーンに明かしました。自分に関心が無いのに、一生懸命愛しているふりをしている、と。


でもこれって実にはた迷惑な話ですよね。グレイソンにしてみれば何とか新しい恋を見つけたいと思っているかもしれないけれど、相手の女の子たちが可哀想


話をボビーに戻しますると、最終的にはジェーンが、治療の副作用がボビーを多情にさせたと証明して無事釈放されました。感謝の印にジェーンと、ついでにグレイソンもバーに呼んだボビーは、ふたりの表情を見て、自分が間違っていたことに気づきます


グレイソンがあんな目でデビー以外の子を見つめるとは思いもよらなかった


ボビーはジェーンのグレイソンへの気持ちにも気づき、二人はお似合いだと応援してくれます


Life is short. You tell him how you feel.
人生は短いわ。彼にあなたの気持ちを伝えて。


が、ここで今度はジェーンのママ、エレインが倒れたという連絡が入ります。なんとエレインは脳腫瘍を患っていてもう長くないのだそうです


エレインはジェーンに病気のことを話そうとしなかったため、ジェーンはいつも通りエレインの干渉をうるさがりました。ポールから事情を聞かされたジェーンがこれを後悔すると、ステイシーがこう言って慰めます


What daughter doesn't yell at her mother for that?
口うるさい母親に怒鳴らない娘なんていないわ


実際エレインも、たとえジェーンが何を言おうと、ジェーンを心の底から誇らしく思っていたのだそうです


そんなエレインが、実はもうずっと前からジェーンの秘密に気づいていたことが最後の最後に明かされました。


You're not my daughter.
あなたは私の娘じゃない

A mother knows her child. You're not the same Janie. But you're still my Janie. And in ways I never imagined. I love you. Whoever you are.
母親なら子どもについて知っている。あなたは撃たれる前のジェニーじゃない。でもそれでも私のジェニーよ。こんなことは想像もしなかったけど、私はあなたを愛しているわ。たとえ誰であろうとも。


母を亡くしたジェーンをグレイソンが慰めました。


She was an independent spirit. Just like you.
彼女は独立心が旺盛だった。君のように。


ジェーンは耐えきれず、グレイソンにキスをします。そのまま、今度こそ告白か~と思いきや、それはジェーンではなく、オールドジェーンの口から明かされました。エレインの訃報を受け取ったブリトニーが駆けつけてきて、ジェーンをひどく非難したのです


ママが死にそうだったのに、どうして私に知らせてくれなかったの?


果たしてグレイソンは真実に気づいたでしょうか


またステイシーとオーウェンはますます順調でしたね。オーウェンと一緒にヨガ教室に行ったステイシーが、パンツがシースルーで大事なところが丸見えだったことを受けて、オーウェンが自分もそのパンツを履いてステイシーの恥を払拭してくれたのには感動しました。さすがはステイシー、素敵な人を選びましたね


それでもステイシーは、自分はオーウェンより数段劣ると考えていて、子どもが自分に似たらどうしようと不安になっているのだそう。いやいやそれならそれでとっても優しくて可愛い子供になること請け合いですよね


それ以外では、ジェーンが最終回で扱ったケースのクライアント、ジェイコブ・ヨーディーが、Doug Savant(トム@デスパレートな妻たち)だったのには驚きましたあ~トムだ!( ゚Д゚)。アーミッシュ役でひげもじゃでしたが、あの目つきで分かりました。いや~久しぶりに懐かしい人に会った気がして嬉しかった~


余談ですが、先日、やはりラブコメタッチのリーガルドラマ(韓国ドラマ)をチラ見したのですが、やっていることはこのラブリーガルとあまり変わらないんだけれど、どうにも食指が動きませんでした。ジェーンもステイシーも、そしてテリーも、このキャストだからイイんですよね。実に個性的なだけに、二番煎じは面白くない


さ~て来週からはいよいよファイナルシーズン突入ですね。今からとっても楽しみですジェーンのとびっきりの笑顔が見たい( `ー´)ノ


   

猟奇的な彼女 最終回 ネタバレと感想(14&15話含) とっても楽しかった~!

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】も最終回(16話)まで見終わりました。猟奇的なヘミョンと理性的なキョン・ウが本当にお似合いで、とっても楽しいラブコメでしたね~大満足です


猟奇的な彼女の最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


以下簡単なネタバレのあらすじです。


まず、例の貼り紙「盲母三妄之教」ですが、あれは子どものキョン・ウが自らしたためたものだそうです。その頃キョン・ウが通っていた文具屋の店主ユンこそが、当時淑媛だったパク氏から王妃ハン氏の筆跡を真似てチュソン大君への恋文を書くよう命じられた人物だったらしいのです。


荒らされた店内でその「恋文」を見つけたキョン・ウは、ユン一家が惨殺されたことを知って義憤にかられました。瀕死の状態だったユンはキョン・ウに、すべてはパク氏の陰謀だと書いた紙を筆の中に隠して渡したのですが、キョン・ウはそこまで気づけません


怒ったキョン・ウが王妃をひどく非難したのが「盲母三妄之教」です


驚いたのはパク氏やギジュンでしょう。援軍がどこからともなく降ってわいたのですからね。早速これを複写して町中にばらまきました


その複写を見たキョン・ウはようやくユンの意図に気づき、筆の中から紙を取り出します。真相を知ったキョン・ウは急ぎ、父に知らせようとしますが、ちょうどハン氏が廃位されたところだったため、会わせてもらえず、たまたま塀を乗り越えて母を追いかけようとしたヘミョンに出会って行動を共にしたのだそうです。


ふたりはハン氏の一行が襲われた現場に辿り着きましたが、もうそこにハン氏の姿はなかったそうです。これは後に明らかになったのですが、チュソン大君の弟、ウンソン大君がハン氏を救い出したそうです。そのウンソン大君こそ、鬼仮面であり、遊び人のチュンプンでした。チュンプンは遊び人のふりをしてずっと兄の仇を討とうとしていたのです


それはさておき、悲しむヘミョンを放っておけなかったキョン・ウは、一緒に王妃を捜した後、どこかに民家はないか探してくると出かけた際に足を滑らせて転倒し、記憶を失ってしまったそうです。貼り紙を見て、それが息子のものだと知ったピルヒョンはキョン・ウを全州へ送ったのだそう


今回キョン・ウはついに記憶を取り戻し、すべてを明かしてヘミョンと別れる決意をした後、その前にへミョンとの最後のデートを重ねました。ふたりで喫茶店へ行ってお茶を飲んだり、一緒に絵を描いてもらったり


最初は無邪気に喜んでいたヘミョンも、ダジョンから「盲母三妄之教」について聞かされては心穏やかでいられません。ダジョンはこれをキョン・ヒから聞いたのです。も~この妹は最初から最後までロクなことをしなかったね


それでもヘミョンはキョン・ウを信じようとしましたが、キョン・ウは否定してくれません。それが真実だから


ヘミョンは決してキョン・ウを許さないと言い放ち、キョン・ウもそれを受け入れました


またキョン・ウはフィジョンにこの事実を伝え、ハン氏を陥れたのは現王妃のパク氏だと伝えます。フィジョンは怒りに任せてパク氏を殺そうとしますが、自分に飛び火することを怖れたギジュンがフィジョンを押しとどめました。その上でギジュンはパク氏に、黒幕は自分ではなく、大提学のビルヒョンだと偽証させます


たとえキョン・ウの行為が許せなくても、そんなウソに騙されるヘミョンではありません。左議政(ギジュン)の思い通りにはさせないと拘束中のキョン・ウに伝えに来ました。でもあなたのためじゃない


キョン・ウはキョン・ウで、鬼仮面を装い、ギジュンの家に乗り込みましたキョン・ウがまたなかなか強いんだ( `ー´)ノ。もちろんジュニョンも一緒です


追いつめられたギジュンは全てを白状した上で、自害したそうです。ダヨンも奴婢になったそうですよん


一方何とか生き延びようとしたハン氏は、生き証人のウォルミョンを殺そうとまでしましたが、これはチュンプンがジュニョクに知らせたため、あと一歩のところで間に合いました。ウォルミョンは、ハン氏ことダミョンが毒粥を差し入れたことを知っても尚、その粥を口にしたのですが、処置が早かったため一命を取り留めます。


ウォルミョンは、これまで自分をさんざん裏切っていたハン氏を今でも愛していたのです。ギジュンが放った刺客に殺されそうになったハン氏を助けようとして逆に殺されてしまったウォルミョンが何とも痛ましかったですね。さすがのハン氏もその姿にこれまでと覚悟を決め、崖から飛び降りて自殺したそうです。


こうしてすべてが解決した時、ついにハン氏がヘミョンの前に姿を現しました。キョン・ウが頼んでくれたのだそうです


でもハン氏は、パク氏を母と慕って育った元子の心中を思いやり、もう二度と宮中には戻らないと語りました。へミョンも、ハン氏を捜して泣く元子の姿を見ては諦めざるを得なかったようです。


そしてキョン・ウは家族で全州に引っ越すことにしました。ジュニョクからこの話を聞いたヘミョンは居てもたってもいられず、キョン・ウのもとに駆けつけます


あなたのことはまだ許せない!でも、あなたが必要なの。あなたがいなくちゃ幸せじゃない!!


あらためてヘミョンと生きる決心をしたキョン・ウは、満を持して求婚しようとしましたが、ヘミョンは恵民署で働いたことで医療に目覚めたらしく、清国へ行って医学を学びたいのだと言い出しました。大妃は、女だからと夢を諦めることはない、とヘミョンを後押ししてくれます。


もちろんキョン・ウも渋々承知しました。ただし、決して他の男によそ見をしないこと


ヘミョンはこの言いつけを固く守って勉学にいそしみ、1年後にキョン・ウのもとに戻ってきました。餃子を食べ過ぎて太ったという話だったので、ヨンシン(リュ・ダム)並に着ぐるみを着ての再登場になるのかと期待しましたが、相変わらずほっそりと美しいままでしたね


キョン・ウに抱き着いて微笑むヘミョンがまた実に可愛かった~。どうぞいつまでもお幸せに、と思わずテレビに向かって声をかけてしまったほどです


今度はいつか時代劇じゃない「猟奇的な彼女」にも挑戦してみたいものです猟奇的な彼女がお勧め♪


 
これは是非ノーカットで見てみたい

猟奇的な彼女 ネタバレと感想 10~13話 鬼仮面

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】は13話まで見終わりました。以下簡単なネタバレのあらすじです猟奇的な彼女のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずはヘミョンの縁談から見てまいりますると、やはりこの縁談はギジュンと他の高官たちが密貿易の隠れ蓑にするために仕組んだことが明らかになりました。これに気づいたキョン・ウは、そのうちのひとりの戸曹判書(キム・ヨンソク)宅に密輸した品物が運び込まれると突き止め、戸判宅に忍び込みます。もちろん、ジュニョンも駆けつけます。


戸判が捕まったと聞いたギジュンは、兵曹判書のパク・スンジェ(キム・ビョンオク)とともに戸判を見限り、わざと脱獄させて殺しました


この話を聞いた王妃は、ギジュンが謀反を企てていて、自分も切り捨てるつもりではないかと不安になります。このままやられる訳にはいかぬ!


一方キョン・ウは、ついにへミョンに自分の気持ちを打ち明けました。皇子には、皇帝から貰った扇を見せて、ヘミョンを諦めてほしいと願い出ます。皇帝はキョン・ウに「扇を見せれば何でも願い事を叶える」と約束したのだそうです。


ナップンノ(なんてやつ)


キョン・ウの通訳では「気分が良い」と訳されていたこの言葉を、皇子は正しく解釈していました。もちろん、へミョンとキョン・ウが愛し合っていたことにも気づいていましたが、なんとかしてヘミョンの心を得たいと努力していたのです


あなたと過ごした日々は忘れない。幸せになってほしい


へミョンにそう手紙を残して去っていった皇子は、なかなかのオトコマエでござりましたね。おばさんがへミョンだったら、間違いなくダルハンを選んだな~って聞かれてませんが


その後事態は急展開していきます終盤は廃妃の謎に迫る( `ー´)ノ。へミョンのもとに亡くなった廃妃ハン氏のお付きだった尚宮が見つかったとの知らせが入ったのです


ヘミョンはすぐにも会いに行こうとしますが、キョン・ウがこれを引き留めました。まずは自分が会いに行きます。


が、その尚宮は、実はハン氏本人でした 。キョン・ウは面識が無いため気づかなかったようですが、自分と関わったらヘミョンと元子に害が及ぶと憂えたハン氏は、すぐに姿をくらましてしまいます。へミョンが駆けつけた時にはもうどこにもいませんでした。


そしてこの頃から、キョン・ウが頻繁に悪夢を見るようになります。最初はただぼんやりとした感じだったのが、次第にそこに幼いへミョンが登場し、しまいにはハン氏が襲われた時と思われる様子がはっきり映像化されていました。この謎を解く鍵はどうやら「盲母三妄之教」という貼り紙にあるようです


どうやらキョン・ウはほぼ10年ほどの記憶が無いようなのですよね。それは多分、キョン・ウが清国に渡る前の話~ということは、やはりキョン・ウも、ハン氏の廃位、もしくはチュソン大君の謀反(でっちあげ)に何らかの形で関与していると見てよいのでしょう


だからこそ父の大提学は、もう王女には関わるな、今の地位をすべて返上して田舎に帰って暮らそうとキョン・ウを説得しているに違いありません。キョン・ウがへミョンを慕っていると打ち明けたから尚更です


果たしてここにどんな秘密が隠されているのでしょうか?


またここにきて「鬼仮面」という謎の人物も現れています。ギジュンの悪事を暴こうとしている彼は、チュソン大君が生きていたのか()、もしくは彼に深い関わりのある人物のようですが、こうなるとやっぱりチュンプンが怪しいですよね


チュソン大君といえば、今ではギジュンの手先となっているウォルミョンは、昔はパク氏(当時はダニョン)の恋人だったのだそうです。田舎に埋もれて生きるのが嫌になったパク氏はウォルミョンを捨てて親戚のギジュンを頼って宮中入りした上に、淑媛となった時点でウォルミョンを呼び出し、チュソン大君を殺してギジュンの部下になるよう命じたのだそう。当時ウォルミョンはチュソン大君と懇意にしていたのだそうです。


それが今になって今度は、ギジュンを探らせようとは何ともひどい女でござるね。ウォルミョンは、もうパク氏の味方ではないときっぱり答えたそうです。当然ですね


さてこのドラマも残すところ、あと3話~あっという間に終盤です。果たしてヘミョンは母に再会できるのか、キョン・ウと一緒になれるのか、早く続きが見たいです


 
これは是非ノーカットで見てみたい

私はラブ・リーガル5 あらすじと感想 第10&11話 キスは裏切りの味!?

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガル5】(Drop Dead Diva S5)の10話は「キスは裏切りの味!?」(The Kiss)、11話は「消せない気持ち」(One Shot)です。


あらすじに行く前にお知らせです。来週でシーズン5が終了するのに伴い、再来週の25日からシーズン6=ファイナルシーズンがスタートするそうです。相変わらず2話連続放送となるようですから、順調に行けば8月には見終われそうですね


では以下2話分まとめた簡単なネタバレのあらすじです。今回注目したのはやはりステイシーとジェーンの関係でした


ステイシーは、オーウェンとのキスを忘れようとしましたが、忘れられず、ジェーンに黙ってオーウェンと会うようになります。オーウェンは、ジェーンとはもう別れたのだからと構わないと言いますが、ステイシーとしてはどうしても気まずいようです。


が、実際にふたりのデート現場をジェーンに見られて責められてからはすっかり開き直ってしまいました。オーウェンと2回キスした、でも、そもそもあなたがグレイソンとキスなんかするからいけないんでしょ?


まったくその通りなのですが、人間、痛いところを突かれると、ますます意固地になっちまう訳で


I can't accept it. I won't accept it.
絶対に受け入れられないし、受け入れるつもりも無いわ


ステイシーは鍵を置いて出て行きましたが、ジェーンの怒りは収まりません。あんなに自分勝手だとは思わなかったわ!


その後ジェーンは、ダブル不倫をした男女を弁護することになりました。彼らは、カウンセラーの勧めで元々の夫婦関係を修復するために別の夫婦とパートナーを交換したところ、それが縁で愛し合うようになったのだとか


そのカウンセラーは昔、オールドジェーンのカウンセリングもしていたそうで、ジェーンが現在の心境を相談すると、したり顔でこう言いました。自分の事は分からないのに、依頼人にとっては何がベストなのか分かるようね。


Yeah, well, I'm a hot mess.
ええ、私、困ったちゃんなんで。


でもこの「他人」のケースを扱ううちに、ジェーンに冷静さが戻ってきたのも事実のようです。ジェーンはついにステイシーを許しました


今晩は一緒に家でカウチポテトでもどうかと誘うジェーンに、一旦はオーウェンとの先約があると断ったステイシーが、やっぱりジェーンといたいと戻ってきたシーン、良かったですよね


And tonight I'd rather watch TV and eat popcorn, if that's okay with you.
あなたさえよければ、一緒にテレビを見てポップコーンを食べたい気分なんだけど


Yeah, that's that's okay with me.
私は構わないけど。



このBGM=Through It Allがまた実に良かった


とここは解決したとして、問題はグレイソンです。ジェーンはやっぱりグレイソンが好きらしいのに、グレイソンはニコールとお泊り旅行に出かけてしまったのです。ポールが紹介してくれたナイスガイは手癖の悪い前科者でしたし。も~天使の癖に何やってんねん。ま、それでもジェーンとステイシーの仲直りに一役買ってくれたり、となかなか優しいところもあるんですけど


来週の2話はジェーンのふたりの母親がテーマになるようです。これまた何ともタイムリーで楽しみですジェーンとママたちの関係が大好き♪


   

猟奇的な彼女 ネタバレと感想 4~9話 ハン氏廃位の真相

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】も昨日放送分の9話まで見終わっています。いかにもラブコメらしくサクサク見られるのが楽しいですね~。以下ネタバレのあらすじです猟奇的な彼女のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


へミョンが頻繁に外出をしていたのは、昔彼女の師だったらしいミン・ユファン(オ・ヒジュン)に会うためでした。巷ではユファンはヘミョンの恋人と噂されていましたが、そうではなく、ヘミョンは彼が廃位されたヘミョンの母=廃妃ハン氏を捜しだすのを心待ちにしていたようです


廃妃ハン氏は、叔父のチュソン大君との不義が明るみに出て廃位されたわけですが、実際にハン氏を陥れたのは今の王妃、パク氏だったそうです。彼女がギジュンを唆し、偽の恋文を用意して大妃に訴えさせたのだそう。もちろん自分が王妃になるためです


山で盗賊に襲われて殺された(ことになっていた)ハン氏の遺体は、獣に襲われたらしく顔が判別できなかったそうです。ということは、元子を連れ帰ってきたチュソン大君が遺体を他人のものとすり替えたのかもしれませんね


ミン・ユファンは、ハン氏の不義と死亡を信じず、その行方を捜した結果、ついにハン氏を見つけ、その証として指輪を持ち帰ったそうです。それがヘミョンの捜していたあの金のおしどりが施された翡翠の指輪です。それは王のフィジョン(フィ宗)が変わらぬ愛の証としてハン氏に送ったものだそうです


ギジュンの陰謀でドチやユファンとの噂が流れても、へミョンは決して真実を口にしなかったため、キョン・ウがヤキモキするのがまた可愛かったですね。へミョンに惹かれているという自覚症状がないから、余計に可笑しい

いったいどれだけ私を振り回したら気が済むのだ( `ー´)ノ


ヘミョンの度重なる外出を知ったフィジョンは激怒し、へミョンを部屋に閉じ込めて軟禁しました。そこへまたしてもパク氏が策を巡らします。ミン・ユファンを騙った手紙を書いてへミョンをおびき出しました


約束の場所にはギジュンの腹心のウォルミョンが待ち伏せしていましたが、そこはもちろんジュニョンとキョン・ウが駆けつけて助けてくれます


その後キョン・ウは、疲労がたたって倒れたヘミョンを実家に連れ帰りました。へミョンが部屋に隠れているのを知ったキョン・ウの父=大提学がフィジョンにこれを報告すると、朝廷の反応を怖れたフィジョンはこの機にへミョンを大提学の家で療養させることにしました


一つ屋根の下で若い男女が一緒に暮らすとなれば距離が縮まるのは当然のことでして~とすっかりおばちゃんがニンマリしていたところに、ついにミン・ユファンが現れます


が、ヘミョンらより先にウォルミョンが彼を見つけていて、彼らの目の前でミン・ユファンを連れ去ってしまいました


キョン・ウはユファンを捜すために彼の似顔絵を描こうとしますが、へミョンから、ユファンは不正の濡れ衣を着せられてお尋ね者になっているから公には捜せないと指摘され、ユファンをつけ狙うウォルミョンを見つければよいと思いつきます。


ウォルミョンの似顔絵を、キョン・ウの友人のチュンプン(シム・ヒョンタク)に見せたところ、よく行く精肉店で見かける顔だと教えてくれました。その精肉店こそ、ウォルミョンのアジトだったから当然です


3人は早速店に行き、チュンプンが店内に入って床下の隠し部屋を見つけました。このチュンプン、遊び人かと思いきや、腕っぷしもなかなかのようですねチュンプンが何か隠してそうで気になるわ~( ;∀;)。案外こういうキャラが何か重要なカギを握っていたりするんですよね


それはさておき、ちょうどその隠し部屋でユファンを拷問していたウォルミョンは、へミョンに会わせることを怖れてユファンを殺してしまいました


もうこれで母上を捜す手立てが無くなった!


嘆くヘミョンをキョン・ウが慰めます。大丈夫、他に手段があるはずだ


その後ユファンが隠していた手紙により、すべての黒幕はチョン・ギジュンだったことが判明しました。憤りを隠せないヘミョンに、キョン・ウは確証をつかむまでは大人しくしているよう命じます。


そのギジュンは清国からの縁談を持ち込んできました。清国の王が皇子のダルハン(クリス・スン)に朝鮮の王女=ヘミョンを嫁がせてほしいと要求してきたのだそうです。


ギジュンは、へミョンに対する民の怒りを納めるには遠くに行かせるしかないとフィジョンを促しますが、後にダルハンが漏らしたところによると、他にも思惑がありそうでしたね。ダルハンは皇帝に命じられたのではなく、どうやらギジュンからへミョンとの縁談を「紹介」されたようなのです


焦ったヘミョンはついに父フィジョンに母の話を打ち明けました。フィジョンは驚いてこれを大妃に話しますが、大妃はたとえハン氏が生きていた所で今さらどうなるわけでもないから忘れるように諭します


一方キョン・ウは、ヘミョンのとばっちりを受けて元子の教師を罷免されてしまいました。それを知ったヘミョンはわざとキョン・ウを冷たく突き放します。王女と結婚できれば家の誉れのように思えましたが、実際には出世の道を閉ざされてしまうそうで、両親&妹と家族そろってふたりの交際には反対のようです


が、ダルハンが朝鮮にやってきたため、その通訳として語学に堪能なキョン・ウが抜擢されました。推薦したのはギジュンです


ヘミョンの「婚約者」としてやってきたダルハンの言葉を通訳しなければならないキョン・ウ、そして、本来ならキョン・ウ自身の気持ちとして聞きたい愛の言葉を「通訳」として聞かねばならぬヘミョンの心中はいかばかりだったでしょうかキョン・ウの言葉だったらどんなにイイか( ;∀;)


が、その辛さがついにキョン・ウに覚悟を決めさせました。キョン・ウは、ダルハンのいわゆる「プロポーズ」を通訳することができず、その気持ちをストレートに口にします。私にはその言葉を通訳することができません!私も公主を愛しているから!( ;∀;)


ダルハンも、キョン・ウに負けず劣らず実に優しくて素敵な好青年なので、へミョンの気持ちを知ったら潔く身を引いてくれますよね~きっと


猟奇的な彼女」は続きもとっても楽しみですねコyン・ウ頑張れ~( `ー´)ノonpu


 
これは是非ノーカットで見てみたい

私はラブ・リーガル5 あらすじと感想 第8&9話 すれ違う2人

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガル5】(Drop Dead Diva S5)の第8話は「すれ違う2人」(50 Shades of Grayson)、9話は「傷つけられた信頼」(Trust Me)です。


前者の原題は「50 Shades of Grey」という官能小説をもじったもののようです。キムのクライアントがe-rom(エロマンス)を書いたのとグレイソンを掛けたのでしょうか。ジェーンの心の中に50人のグレイソンがいる=いつもグレイソンを思っている、とも解釈できそうですが


まず早速ネタバレから参りますると、ジェーンはようやくグレイソンに自分の気持ちを打ち明ける決意を固めました。守護天使のポールも、ジェーンとしてグレイソンと付き合う分には構わないと思っているようでしたね


が、肝心のグレイソンがニコールとキスしているのを見たジェーンは、すっかり傷ついてしまいます。まったくね~どんだけ間の悪い男なんでしょうか、グレイソンは


また、精子提供の件で何かとステイシーに会う機会が増えたオーウェンは、天真爛漫なステイシーの魅力に悩殺されてしまったようです。最初はあくまでもドナーであって子どもの父親ではない、などと主張していたけれど、これはもしかしたら、本当の父親になる=ステイシーと結婚する可能性もでてくるかもしれません


一方、キムをその気にさせておきながらカナダで元妻と復縁したパーカーは、それだけでも許せないのに、新生活の費用に充てるためと言って、事務所を売却に出したことが判明しました!なんという破廉恥な男なのでしょうかキムはどーすんのよ( `ー´)ノ


実際オーウェンがパートナーになる際も、パーカーは、事務所は家族のようなものだから売らないと言い切っていたのだそうです。コイツは本当に当てにならない嘘つき野郎ですよねパーカー最低!


そこでジェーンが一計を案じたのは実に楽しかった。ジェーンはわざとミスをして事務所の評判を落とし、多額の賠償金を支払う羽目になったとパーカーに思い込ませて、権利を放棄させようとしたのだそうです


クライアントから訴えられて法廷に立ったジェーンが、相手の代理人から私生活のトラブルを指摘されて泣いていたのが、まさか芝居だったとは驚きでしたねみんな見事に騙された(^^)/。私の元婚約者が親友に精子提供したのは確かにショックでした!!


この緻密な計画を誰にも言わずに成し遂げたジェーンはやっぱり素敵ですよね~。パーカーはまんまと騙されて権利を放棄し、ジェーンはこの功績が認められてめでたく「パートナー」に昇格しました


それ以外では、キムがついに男の子を出産しました。ちょうど法廷で弁護中に破水したのですが、本人はやる気満々で退席しようとしなかったため、判事が気をもんで休憩にし、さっさと医務室へ行かせたのには大笑いでしたね。しかもキムは出産直前にもウェブカメラを使って最終弁論に臨んだのです


Now go, please. Have that baby.
もういいわ。早く赤ちゃんを産んで。


そのキムが入院中、見舞いに来た人間4人が4人とも同じクマのぬいぐるみを持参してきたのも可笑しかったですね~。キムはすぐにそれがセールだったと見抜いたようです


またテリーも相変わらずの活躍ぶりでした。ジェーンが、イケメンのメキシコ人にキスされても何も感じなかったと打ち明けると、本気で心配し、自分のセラピストのところへ行こうと誘います


I'm gonna set you up with my sex therapist. Maybe you need to open up your sex chakra.
セッ〇スチャクラを開く必要があるわ


問題はチャクラではないのですが


楽しんで見て来たシーズン5も残すところあと4話となりました。順調に行けばあと2回で終わりますね


とりあえずは、ジェーンのパートナーとしての活躍に注目ですね私はラブリーガル5もいよいよ終盤♪


   
《他にもこんな記事を書いています♪》