このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ボクヒ姉さん
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

ボクヒ姉さん(感想とあらすじ) 129&最終話 ついに世界に羽ばたきました!

韓国ドラマボクヒ姉さんは、今日がいよいよ最終回でしたボクヒ姉さんが楽しかった~♪


なんと最後のシーンは2009年で、ボクヒが、韓国の伝統酒=マッコリや黒米酒を世界に広めた大実業家となって現れたのにはビックリいたしましたね~じぇじぇじぇ~っ!(≧▽≦)。髪をシニョンにまとめたボクヒはますます背が高くなってしまい、ペックどころかフランス人にも手の届かない存在になっていたようですあの髪型だと余計に大きく見えるでしょ( *´艸`)。(注:ジョークです


「私はまだ若いですから、お酒より素敵な男性が現れたらこれからでも結婚するかもしれません


白髪交じりのボクヒがこうさらりと言ってのけたのがいかにも楽しくて、これはなんとも痛快かつ素敵なエンディングでございました


最初このドラマを見始めた時は、な~んてひどい男尊女卑のドラマなのかとイライラさせられたものでしたが、こうも大躍進を遂げるとは思いもよりませんでした。ということで、おばさんもまた、このドラマのジャンルを「ホームドラマ(家族もの)」ではなく「立身出世ものに分類させていただきました次第です


以下、最終回のあらすじです


テソンのシム・スチャンが脱税で捕まり、ヨンピョもまた取り調べを受けますが、スチャンの悪事にはなんら関与していないことが判明し、すぐに釈放されたようです。


それどころか、ヨンピョの手腕は酒造業界で広く有名になっており、大手からは次々と引き抜きの話まで来ています。


が、つぶれるテソンの後始末をするのに2カ月はかかると、この話をすべて断ったヨンピョ


そんなヨンピョを呼び寄せたビョンマンは、留学が決まったグムジュとともにフランスへ行けと諭します。傷つけあい、ともに苦しみながら過ごした歳月を無駄にしないためにも、これからは、仲睦まじく寄り添いながら生きていってほしいですね


また、亡くなったガンナンが、ミジャに遺していた遺産を、ビョンマンがようやくミジャとマルグに渡したシーンもまた良かったですね~


これまで渡さなかったのは、マルグが信用できなかったから。でも今は大分頑張っているようだから、私が持っているのはもう道理に合わない


そう語ったビョンマンに対し、これを頑として断ったマルグに、おばさんはすっかり感心してしまいましたマルグは本当に成長したな~


自分にこんな財産があると知っていれば、あれほど焦らなかっただろう。醸造場の危機の時にも使わずにいてくれたなんて


でも自分はまだまだ自分自身が信用できないから、義兄さんに預かっていてほしい。本当に大丈夫だと思えたら、その時に渡してほしい。


やはりマルグは、あの家で虫けらのように扱われていたことが、何よりも我慢できなかったのですね。だから、虚勢を張って、常に自分をえらく見せることに必死だったけれど、今はボクヒが心から信用してくれていることで、この余裕が生まれたのでしょう


ミジャはまだまだ不満そうだったけど、ここは本当に良いシーンでした


また、昨日マッコリを持ち込んだ軍隊からも大量の注文が舞い込みます。あんなに上手いマッコリは飲んだことがない。二日酔いもしなかった~と大絶賛です。ここはマルグとボンナムの大手柄でしたね~


そして、ジュンモが仲介に入った、マッコリの低温殺菌も、どうやら奏功したようです。だからこそ、輸出が可能になったのですものね。こんなに面白い大事業に携わっていたら、そりゃ~婚期も逃してしまうと言うものでしょう


映像にはなかったけど、学校の方もうまく行っていたのでしょうね。奨学財団にも力を入れてとの案内がありましたから、ボクヒは醸造で儲けたお金をタップリ社会奉仕に貢献したに違いありません。きっとペックも


途中、風と共に去りぬ関連で、お得意の妄想までご披露してしまい、まあそのほとんどは単なる妄想に終わってしまいましたが、ここで好き放題語れたおかげで、このドラマを何倍にも楽しむことができました。今でも、ペックとボクヒは良い茶(マッコリ?)飲み友達になっているのだと信じて疑わないおばさんです。


男女の燃えるような愛情も結構だけれど、ああしてじんわり長~く続く関係もまた素敵ですよね。ボンナムは可愛いお嫁さんを迎えたでしょうか


醸造場の跡取りはテジュだったはずだけど、きっとテジュ自身がボクヒを社長にするよう推したのだろうな~。そして、皆もこれにまったく異存がなかったのでしょう。テジュは今でも「最高の麹職人」として、後輩たちを鍛えているに違いありませんテジュの子どもはどうなったかな~♪


前半はともかくとして、後半は毎日が楽しくて、今ではすっかりボクヒファミリーの一員になった気がしておりましたから、明日からはまたしばらく寂しく感じられそうです。でもそこまで思えるドラマに出会えたことが、今は嬉しくてなりませんしばらくは妄想も楽しめそうです


色々暴言も吐きましたけれど、たくさんの方にお越しいただけたようだったのも嬉しかったです。これまでご一緒してくださいました皆様にも、この場を借りて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました


ボクヒ姉さん、楽しかったですね~♪
テレビ小説 ボクヒ姉さん コンプリートDVD-BOX

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はボクヒ姉さんのレビュー一覧」でお読みいただけます

ボクヒ姉さん
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

ボクヒ姉さん(感想とあらすじ) 127&128話 ボンナムも立派な営業マン!

韓国ドラマボクヒ姉さんは、明日の最終回を前にして、またなかなか素敵なエピソードでございましたね~ボクヒ姉さんもいよいよ明日が最終回!


ブシクの懐妊のお礼に、連れ立ってお寺へやってきたハルモニ(ガンナン)とビョンマン、ジョンエにブノク


境内に咲き誇る美しい花々を眺めながら昔話を始めたガンナンの様子に驚きながらも、これを嬉しそうに見つめていたジョンエを、ガンナンが「私の嫁だ」と認めてくれたのが、ここは何よりうれしかったです。これでようやくおばさんもきれいさっぱり過去の恨みを忘れてしまえると言うものです


長年待ち望んでいた跡取りができたことで、ようやく肩の荷を下ろし、あの世へと旅立っていくガンナンの魂を、ソン家とはまったく血のつながりのないボクヒとボンナムがそれとは知らずに見送ったと言うのも、なんとも心温まる演出でした安らかに亡くなられました


いつもの橋の上からボクヒたちが見たその人魂は、ゆっくりと醸造場を愛おしむかのようにしばしその上にたたずんで、大空へと舞い上がっていったのです。まるで、ボクヒやボンナムに、醸造場と子供たちを頼む~と語りかけていたかのように。


いつもは眠くて仕方がないのに、今日はなかなか寝付けないと言っていたガンナン。これまた風と共に去りぬの続編「スカーレット」にあった、スカーレットの祖母の最期と同じだったのは、単なる偶然でございましょうか


一方、ようやく出来上がり、あとはもう卸売業者に引き渡すだけとなっていたマッコリが、急に行き場を失うと言うアクシデントも起きました。どうやらテソンのシム・スチャンが、徳泉のマッコリを扱ったら、テソンの人気焼酎「梨花」を卸さないと脅迫したようなのです


最初に取引停止の電話をもらったマルグの様子には、本当にハラハラさせられましたまた暴力沙汰になる~(;O;)。怒り心頭に発したマルグが、また問題でも起こすのではないかと案じたのはおばさんだけではないでしょう。


でもそんなマルグを引き留めて、ボンナムを連れて出かけたダルムンが、事情を知ってヨンピョを殴らんばかりだったのには苦笑してしまいました。ダルムンは、ヨンピョを可愛がっていただけに、ライバル会社に居座っているヨンピョがどうにも我慢できないのでしょう。


おばさんもそこは不思議だったけど、今日はボクヒが、この点についてまたしても鋭い指摘をしておりました。ヨンピョオッパは、今でも徳泉のスパイだと思われて、苦しい立場に立たされているようだって。


も~あんな卑怯な経営者のもとはさっさと飛び出してくればよかったものを、図らずも徳泉に刃を向けることになってしまった今となっては、なかなか帰りづらいのでしょう。


でもここでようやく?シム・スチャンが馬脚を露して、検察に検挙されてしまったのには大喜び。なんでも、多額の印紙を偽造して脱税を図っていたのだとか。本人が勾留されるのみならず、近々、ヨンピョも事情聴取されるようです。


ヨンピョが関与していないのは明らかなのでしょうから、無実が証明できたら徳泉に戻ってくればいいですのにね


とまあ、ヨンピョのことはともかくとして、売れなくなったマッコリを、ボクヒとマルグが見事に生かして使ったこともとっても楽しかったですね~


最初はヨンピョから全州で大々的な試飲会をして宣伝しろとアドバイスをもらったのですが、何せガンナンが亡くなってしまったためそれどころではなくなってしまうのです。


お葬式で振る舞うお酒のほかはどうしよう~頭を悩ませていたボクヒに、マルグがこんな提案をしました。軍隊で兵隊たちに飲んでもらったらどうだろう?


自分が軍隊にいる時に時々振る舞われたマッコリがとてもうれしかったと言うマルグとダルムン。


こうして行先が決まったマッコリを売り込む「理由(言い訳)」がまた笑えました。


「国のために働く兵隊さんたちに、美味しいマッコリを飲んで疲れを癒してほしいと篤志家の寄付です」


と伝えろとマルグに言われて困ってしまうのは口下手で正直者のダルムンなのです


「傷むのがもったいないから処分しに来たとは言えないだろうっ!?


自分が行ければうまく言えるのに葬儀が無ければ飛んでいくのにっ!~とヤキモキするマルグに代わって、こちらも口はなかなか達者なボンナムが、マルグの「シナリオ」に一言添えたと言うのがまた大笑い


「本人の希望で名前は言えないけれど美人の篤志家からの寄付です


これなら、師団長が味見しただけですっかり気に入り、たちまち一瓶飲み干したと言うマッコリが、ますます美味しく感じられたことでしょう。そしてきっとこの「寄付」は、口コミによって新たな顧客の獲得につながるに違いありません


また、学校建設を着々と進めているペックは、その件でジュンモに会いにやってきた際、ガンナンが亡くなったことを聞かされて、ソン家を弔問するよう勧められます。


こうしてソン家にやってきたペックに、その目的を聞いて、ペックが本気で学校建設に挑もうとしていることにあらためて驚くボクヒ


そんなボクヒをからかってのことなのか、リアルボクヒは手が届かない存在だからとせめて名前だけでも付けたいのか、ペックは学校の名前を「ボクヒ学校」と命名したとうそぶきます。え~希望学校だって言ってませんでしたか。それともペックは、あの学校を、ジュンモとボクヒに任せるつもりなのかな。


今となっては、ペックと添い遂げられるのは犬のボクヒだけに違いないとほぼ確信してしまったおばさんだけど、まあそれも致し方ないと諦めて、明日の最終回を心待ちにしたいと思います。これなら期待を裏切らず、う~んと楽しく終わりそうでござるねボクヒ姉さんが名残惜しいです(;O;)


テレビ小説 ボクヒ姉さん コンプリートDVD-BOX

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はボクヒ姉さんのレビュー一覧」でお読みいただけます

ボクヒ姉さん
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

ボクヒ姉さん(感想とあらすじ) 125&126話 テジュ、でかした!( `ー´)ノ

韓国ドラマボクヒ姉さんは、今日も楽しいエピソードてんこ盛りだったのですが、やはり今回はこれですよね~テジュが子作りにも成功しました!。ブノクがついに妊娠したのですよ~っ!良かったね~ブノク( *´艸`)


時計の見方を教える傍ら、さりげなくちゅっちゅちゅっちゅしていたかと思いきや、やはりこれは本能なのですね。お酒造りのみならず、子作りまで成功させたテジュは偉いっ!!


そして待ちに待った「試飲会」もまたサイコーに楽しかったです。なんとここには、ソウルからヨンミ社の面々が駆けつけてきてくれたのです。ボクヒはこれまで何も知らせずにいたそうなのが、こうして一段落ついたのをきっかけに、皆にお披露目をしたかったようですね


こうして一層にぎやかに開かれた試飲会は大盛況でした。途中、近所の居酒屋のおばさんたちから、ここで客引きをするなとのお叱りを受けましたが、この方たちも、昔は徳泉醸造場のお客様だったのだそうです。


事の成り行きをハラハラしながら見ていたヨンミ社のおばさんは、このおば様方がおいしそうにマッコリを飲み干すのを見てすっかり嬉しくなったようで、ついには踊りだしてしまうほどおばさん、相変わらず訛ってたな~


ジョムネやブノクが用意したお惣菜をつまみに、手作りのマッコリを飲みながら、ああして楽しむ風景もまた実に楽しかったですね~のどかだな~♪


古巣の仲間の前で、徳泉醸造場の後継者としてテジュを立てることを忘れないボクヒと、そんなボクヒの謙虚さを褒め称えるマルグの姿もとても印象的でした


~ここはきっとカットされてしまったのでしょうが、おばさんとしては、あそこで皆が「え~っ!トジンがハン社長の弟だったの~っ!?と今ではすっかりやわらかい表情となったボンナムを小突き回している姿まで想像してしまいました


またここに、ライバルのハイエナ社長=シム・スチャンまでがやってきます。人だかりに引かれてやってきたら、それがボクヒたちの試飲会だと知って、マッコリと清酒をもらって帰るスチャンなのです。


むふふふ、持ち帰ったマッコリや清酒を飲んで「うまい」と褒めずにはいられなかったシーンは実に痛快でございましたね。ひとり買収できた職人のチョンさんには、こんだけの味を出せなかったようですよ。そ~りゃね~そこには「麹づくりの名人=テジュ」もいなければ、先祖代々あそこに住み着く「種菌」もないのですからね職人だけではダメざんす( `ー´)ノ


それでも、こんなに良い材料を使っていたらそのうちに自滅すると言い訳する部長ですが、スチャンはまったく満足していないようでした。一応「本物」を知っているらしいスチャンは、今のテソンの焼酎人気がバブルであることに気づいているようです。あと2回しかないからそう大きなことはできないと思うけど、ここはちょっと心配でござるね。


それと~前々からかなりムカッ腹を立てていたのですが、ミンスの両親のあの図々しさにはまいりました


ウンジュには、いくら継母とはいえ、ジョンエと言う立派な母親がいるというのに、そのジョンエを差し置いてあれこれウンジュの世話をするのも気に入らなかったのに、今回はついに、ボクヒに「ジュンモと結婚してジュニョンの世話をしろ」~と言ってきたのです。ふたりを救ってやってほしいって。


これにはさすがのジョンエも我慢できず、キッパリこう言ってやったのもスッキリでした


「ボクヒは他人の面倒を見るために生まれてきたわけではない!もうこの話は二度としないでほしい


ボクヒがそうしたいというならともかく、このふたりはジュンモのことしか考えてないのですものね。実の子どもでもないジュニョンというコブ付ではもう誰も嫁の来てがないだろうって。ジュンモもキッパリ断ってくれて本当に良かったですよ。


こうしてみると、ウンジュはこの家の嫁にはピッタリざんすね~。どっちもどっち~図々しさは横綱級です


それに比べて、グムジュはう~んと優しくなったな~。ミンスの両親と言い争って帰ってきたジョンエが暗い顔をしているのを見て、何かあったのかと尋ねるなんて、他人の気持ちを思いやれるようになったのですもの。


ボクヒは大丈夫。あの子ならきっと幸せになれる


ブノクの妊娠を聞いても今一つピンと来なかったらしいハルモニが、家のためにずっと祈っていたあの寺に行き、ようやく正気を取り戻したらしい?のもよかったですよね。まあおばさんとしてはまだ、あの寺で千拝させらされて流産したジョンエのことを思い出さずにはいられないんですが~根に持ち過ぎ?


さ~てボクヒ姉さんも、いよいよあと2回で終わりですよ~。こうなると月曜日が来ないでくれたほうが嬉しいような、でも早く見たいような、実に複雑な心境でございまする


テレビ小説 ボクヒ姉さん コンプリートDVD-BOX

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はボクヒ姉さんのレビュー一覧」でお読みいただけます

ボクヒ姉さん
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

ボクヒ姉さん(感想とあらすじ) 123&124話 いよいよ終盤です

韓国ドラマボクヒ姉さん~今日はついにペックがボクヒに握手を求めました。これまではボクヒがどんなに手を出そうとも、それを握ろうとはしなかったのに、今日は自ら手を差し出したのです


「よくやったな。ハン・ボクヒ


これまでずっと「保護者」代わりだったペックが、ようやく「対等」な立場でボクヒという人間を認めたような気がして、ここはとっても嬉しかったです。まあ、ジョンエに言わせたら逆にこれで、ペック社長との縁談もなくなった~とガッカリするところでしょうが


いくらボクヒが断言したとはいえ、醸造場の成功に関してペックはまだ半信半疑だったのでしょう。もともとマッコリは嫌いだったそうですし。


それが、昔ながらの製法で、良い材料に心を込めて作った伝統酒がこの上なく美味しいものだったと悟ったペックは、その味と、この味を復活させたボクヒにいたく感激したらしいのですよ。そう言えば、ペックはいつもコーヒーとかゴルフとか、いわゆる「西洋かぶれ」でしたものね。


でもそれも、一度はかぶれてみて初めて故郷の良さがわかるもの今度は五味子茶とか飲むようになるかな~( *´艸`)。ペックが学校を建てる気になったのも、あれもやはり愛国心の表れなのかもしれません。


その学校も、母岳山という山の手前に2万5千坪もの土地を購入することが決まったようです。その名も「希望学校」。今では、ゴルフより、学校づくりの方が楽しいと語るペックの顔は実に嬉しそうで生き生きとしていました。ああ、もうこれではボクヒがふたりになったみたいですね


その学校づくりの資金を心配するジュンモには、また新たな事業を思いついたから心配ないと語るペックです。今度は劇場型レストランを建設するそうで、これでまた、家に運ぶ金の袋が増えてしまったと言う訳ですな


久しぶりにペックに会ったボンナムも嬉しそうでしたね。ここまで来てみるとやはり、この3人の関係は昔出会った頃のように「餅泥棒と盗まれた子供たちのままなのがよさそうかも。ここに変に恋愛関係を交えるのは野暮というものかもしれませんね


それにまた、ジュンモとボクヒ~という展開もなさそうです。今回はボクヒがジョンエにキッパリとこれを否定しておりました。ジュンモは理想の男性だけど、ウニョンとジュンモがどんな思いをして結婚したかを見ているから、姉のように慕っていたウニョンがいた座に収まる気は毛頭ないって


さて、ボクヒの恋愛事情はこれぐらいにしておいて、またちょっとマルグについても語っておきます。おばさんは本来、こういう単純な人間が好きなので、マルグの豹変ぶりは見ていてかなり楽しいですもっと早くこの人のこういうコメディが見たかったな~♪


マルグは、ビョンマンがボクヒにマルグは信用できないから注意をしろと言っているのを立ち聞きしてしまうのですが、ビョンマンに何を言われてもボクヒがこれを取り合わない=マルグさんは大丈夫、と請け負ってくれたのが嬉しくてたまらないのです


ボクヒに渡された営業費を、ミジャが横取りしようとしたのもキッパリと断って、経費の内容はすべて領収書を提出して明らかにするのだと豪語しましたお前には使わせない!


俺がどれだけ会社のために尽くしているか、信じてくれているハン社長(ボクヒです)のためにも、皆に証明してみせる!!


やはりマルグは、この家=ソン家の人間への恨みはまだまだ忘れていないようです。で、同じようにソン家に捨てられたボクヒに信じられていると言うのが、また、同じ苦労を分かち合った仲間みたいに感じられて一層嬉しいのでしょう。


「ボクヒなんて、犬を呼びつけるみたいな言い方は止めろ!ハン社長とお呼びしろっハン・シャジャニムだ!!!」


職人ばかりかダルムンにまで命じるマルグは、おばさんにも頼もしく見えてしまいましたよマルグがんばれ~(^O^)/


その職人たちですが、やはりテソンに引き抜かれた元仲間に、給料が2倍の話を聞いて心が揺れてしまったそうです。


でもそんな彼らにも理解を示すボクヒなのです。


今はまだ始めたばかりだから3か月だけ我慢をしてほしい。その後は帳簿をすべて公開するから、その上で、自分の希望額を申し出てほしい。


以前のヨンミ社と同じ方法で、自分の仕事に責任を持ち、また納得のいく給料を払うというのがボクヒ流なのです。これはでも、妬みや疑心暗鬼を生まない、なかなか良い方法だとおばさんも思います。


それでも辞めたい人は辞めてくれていい。徳泉醸造場に誇りと愛情を持って、一緒に働いていける人だけ残ってほしい


この言葉を漏れ聞いて満足げに頷いていたビョンマンも、これですっかり安心したことでしょう。


あとは小売価格と販売ルートの問題だけですな。


マルグは卸売業者を通した方が(楽だし)間違いないと思っているらしいけど、そこをうまく折り合いをつけられるかどうかですよね。直接消費者に売ったのでは、マルグの言う通り、卸売業者から嫌がらせされそうですし。ここはマルグ営業部長の腕の見せ所でございまするね。


この先の試飲会を思うと、もういよいよ佳境なのだとワクワクしてきちゃいますボクヒ姉さんは、明日の放送もとっても待ち遠しいですねボクヒ姉さんが楽しみです~(≧▽≦)


テレビ小説 ボクヒ姉さん コンプリートDVD-BOX

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はボクヒ姉さんのレビュー一覧」でお読みいただけます

ボクヒ姉さん
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

ボクヒ姉さん(感想とあらすじ) 121&122話 息詰まる一瞬!(≧▽≦)

韓国ドラマボクヒ姉さん~昨日図らずもこれを書いていた途中で、このドラマがもうじき終わりだと気づいて大いにショックを受けてしまったおばさんですボクヒ姉さんが終わるなんて寂しすぎる(;O;)。このドラマはず~っと続いているような気がしていたので、来週の今日にはもう終わっていることをもうと寂しい限りでござりまする


とはいえ、今日の展開もまたとぉ~っても楽しかったですねな~んでこんなに楽しいんだろ( *´艸`)。特にあの、新しいお酒ができて、ビョンマンが、皆の見守る中、味見をしたシーンでは、おばさんまで一緒になってドキドキしてしまいました早く飲んで~美味しいって言って~っ!(≧▽≦)


「このマッコリは、今まで味見をした中で・・・最高(チェゴ)だ!」 


も~お父さん、タメすぎですよ。ここは息止まっちゃいましたから


しかもあのお酒は、添加物が認められた漢方入りの高級薬酒ではないのですね。緑豆からテジュが精魂込めて「カビの花」を咲かせて作った麹を使い、こちらもきっと良心的な農家から仕入れた品質の良い米でもって仕込んだ、誰もが気軽に飲める「マッコリ」なのです。


ボクヒを始め、ボンナムにテジュ、ダルムンにマルグ、そして職人たちがみ~んな嬉しそうに試飲しているシーンは本当に楽しかった~おばさんもぜひあそこに混ざりたかったわ~( *´艸`)


ペック大好きおばさんとしては、なぜあそこにペックがいないのかしらと不満たらたらでもありましたが。も~早くペックにもボクヒのお酒を飲ませてあげてほしいな


でもこのマッコリ、醸造酒だけあって、そのままだとすぐに傷んでしまうのだそうです。夏は3日、冬は6日しかもたないのでは、販売ルートが限られてしまうことから、これを何とかしようとしたボクヒが、大学と提携して、マッコリの低温殺菌に挑もうとした話も痛快でした


そう言えば、大分昔に見た「クッキ」というドラマでも、あれはパンの話だったけれど、添加物や防腐剤を用いずにパンを長持ちさせる手段について描かれていて、その「特許権」(知的所有権)をめぐってまたもめたのでしたっけ。


このボクヒのアイディアなら=大学との提携ということになれば、その製法の権利という点においても安心です。それにボクヒならきっと、この製法を徳泉醸造場で独占するのではなく、伝統酒に携わる皆で用いて、業界全体を盛り上げていこうとするに違いありませんそれでこそボクヒ(≧▽≦)


そこが、ヨンピョの勤めるテソンとは大きく違うところです。ここのシム・スチャンは、梨花というアルコール度数の低い焼酎の爆発的な売り上げに気を良くし、この勢いに乗って清酒業界にも乗り出そうと、とうとう徳泉の職人~ひとりだけ腰を痛めて戻ってこれなかったチョンさんをまんまと勧誘したようなのです


ふん、そんな卑怯なことをしたって、ボクヒは絶対に負けませんけどねそんな卑怯な手に屈するボクヒではありません。ヨンピョもも~いい加減に意地は捨てて、ビョンマンに頭を下げる覚悟をして、徳泉に戻ってくれば良いものを。


グムジュとの関係もようやく「フツー(の男女関係)」になれたのはよかったですよね。今後は「チャギだそうですよ~


また今日は、これまで極力触れたくなかったウンジュだけれど、ようやく結婚式を挙げられたのは何よりでした


まあおばさん的には、ウンジュがミンスの母に「同居」を断られたのが楽しかったのですけどね。これまで家事をしたことのないお嬢様が、しかも教師が、結婚したからと言ってそう簡単に朝食が作れるはずもありませんもの。


嫁のために朝食を作らされるなんてまっぴらよ


きっと今後はミンスが甲斐甲斐しく作らされるんだろうな~気の毒に~とどこまでもウンジュは苦手でやんすが、その分、ミンスは結構好きです~。新婚旅行へ行く道すがらのあの必死の形相は、ウンジュに嫉妬したからではなく


「免許を取って初めて運転したから


だったのですね~大笑いでした。


さてこれからはいよいよ「試飲会」「品評会」ですね。ビョンマン発案の「黒米」の清酒もまたどんな風に出来上がるのか~考えただけで楽しくなりそう。ボクヒ姉さんは明日の放送もとっても楽しみでございまする


テレビ小説 ボクヒ姉さん コンプリートDVD-BOX

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はボクヒ姉さんのレビュー一覧」でお読みいただけます

ボクヒ姉さん
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

ボクヒ姉さん(感想とあらすじ) 119&120話 マルグが営業部長!?

韓国ドラマボクヒ姉さんは本当に楽しいドラマですね~。今日も大喜びしちゃいました


ボクヒがあなたに金を返したのは、あなたを頼りにしている証拠だ


まったくペックはよくぞこのマルグの性格を見抜きましたよね。お調子者で、時々信用がおけないけど、でも誰かに頼りにされるとその気になってどんな木にも登っちゃうタイプ


そう言えば、このドラマが始まった頃、意地の悪~い女性陣の中、このマルグは結構優しいところがあって、あんな風に「居候扱い」されているのも気の毒だな~と思ったことを思い出します。確かに実直な職人の中にあっては「いい加減な男」にしか見えませんけど、いざ見方を変えてみると、まさに「営業」にはうってつけの人材です


そこを見込んだペックがまずマルグをおだて、おだてられたマルグが本気で「500万」をボクヒに投資すると申し出ると、ボクヒはマルグの才能を見込んで営業部長を任せたいと言いました。もちろん、ペックとボクヒが示し合せたのではなくて、ふたりとも同じように「人を見る目」「人を生かす能力」があったということなのです


「私は採算の取れない事業に投資はしない」


ボクヒに金を貸したのがペックだと知っているマルグにも、多少の計算は働いただろうけれど、おばさん的には、あのマルグの気の弱そうな、でもとっても嬉しそうなあの顔とあの言葉を信用してあげたいなお金を返してもらったことをミジャにも黙っていたようです


「誰かに認めてほしかった。この家に来て以来、自分を認めてくれたのはボクヒが初めてだ会社のために使ってくれ!儲かったら3倍にして返してくれ(笑


それでもああいう根がお調子者の人間は、いつどのような形で裏切る(本人にはそのつもりが無くてもそうなってしまう)か分かりませんから、そこはそれ、社会の荒波に揉まれてその辺のところを熟知しているボクヒが、ちゃ~んと「念書」を書かせたのも痛快でしたお金のことは考えないでください


「たとえ醸造場が成功しても、後継者になろうなどとは考えない。徳泉醸造場の跡を継ぐのはテジュ


これぞまさに「飴と鞭」でやんすね~。このドラマのこういう所が実に楽しいおばさんでござるボクヒが賢くて楽しい~(^O^)/


でもそんなボクヒの決断を、ビョンマンは半信半疑、ダルムンに至っては真っ向から反対しています。あの人を信じちゃだめだっ!!また痛い目に遭うっ!!


確かにね~ダルムン的には絶対に信じられない人種でしょうけど、ここはボクヒの言う通り


「良い酒を造りさえすれば客は自然と寄ってくる」


時代ではなさそうなのです。いまだにヨンピョが辞めていない(というか今さら徳泉には戻れないんでしょうが)テソンなどは、焼酎の度数を下げると言うヨンピョのアイディアが奏功し、すっかり市場を独占してしまったのだそうですから


安くてうまい?酒に対抗するには、伝統ある体に良いお酒=薬酒を造って大いに宣伝するしかありません12種類の漢方薬が入ったお酒だそうです。折しもこの製造が認められ、瓶を使えるようになったのも幸いでした


醸造場再開の知らせを聞いて、矢も楯もたまらず戻ってきた職人たちがテジュが作った麹を褒めてくれた時は嬉しかったですね~。自分もようやく「適性」を認められたことで、テジュにもそれ=酒造りの才能があると、マルグが認めたようだったのも嬉しかったです。これぞまさに「win-win」でやんす


後は、ボクヒの提案した「試飲会」の成功を待つのみです。マルグも片っ端から昔のお得意様などに電話をかけていたようなので、そこはそれ「運転手」だった才能を生かして、送迎サービスもしたらよいかもしれませんね~これまでの分も働け働け~っ!


とここはめっちゃ楽しいエピソードでございましたあれならきっとおいしいお酒ができるよ~( *´艸`)。こういう皆で力を合わせて何かを作り上げていく~的な話は大好きなのです。


そこにちと水を差してしまったのはジュニョンの話でございましたね。う~ん、おばさん的にも、ジュニョンはちと甘えん坊すぎな気もしますが、ふと気づいて、残りあと10話=つまりは5回!ということを考えると、ボクヒはこのまま「姪」のように可愛がっていきそうな気もしますね。


と、今日初めて気づいたボクヒ姉さんの残り回数=全5回!来週にはもう終わっているのですね~迂闊でした(>_<)。え~ん、寂しいっ!!も~ず~っと終わらないような気さえしていましたのにボクヒに逢えなくなるなんて寂しすぎる(;O;)


最後までう~んと楽しく大切に見ていきたいですねボクヒ姉さんが終わっちゃったら寂しくなるな~(;´・ω・)


テレビ小説 ボクヒ姉さん コンプリートDVD-BOX

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はボクヒ姉さんのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング