このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

お父さんは二度死ぬ
 家族モノ・ホームドラマ

お父さんは二度死ぬ 最終回に大爆笑!(ネタバレと感想)

お父さんは二度死ぬの最終回は「お父さんの家族」。途中、あまりにも意外な結末に気づいた時はも~開いた口が塞がらず、これまでの「不思議な事象」がピタピタと腑に落ちた暁には、おなかを抱えて大爆笑しちゃいました。以下、

分かってみればな~んだ!そうだったのか~(゜o゜)

の意外な結末でございまする。


明日の告別式を前に、控室で「川の字」になって眠る俊夫の家族


父に20年来の愛人がいたと聞かされて悪夢を見ていた麻衣子がふと隣に目をやると、母・幸恵の姿がありません。


弟の隆司を起こして葬儀場へ行くと、そこには棺に入った俊夫を悼んでいる瑠唯の姿を遠くから見守る母の姿がありました。


「ちょっと、どういうつもりですかっ!?


皆の気配に驚いてその場をそそくさと逃げ出した瑠唯を引き留め、俊夫の愛人だったことへの釈明を聞きただそうとする麻衣子を幸恵が止めた時、

「もしかして?

そう思ったのはおばさんだけではないでしょう。そう、なんとなんと、

「愛人だったのは幸恵の方」

だったのでございます!!


遺族だというのに一番後ろの端っこの席だし、刑事は俊夫の死因をきちんと説明しないし、遺族としての挨拶すら誰にもしていなかったというのも、ここに来て初めて納得がいきましたよね~。


しかも故人の名前が「大沢俊夫」じゃなくて「金倉俊夫」だったなんて!


ここは最初からそうだったのかな~ぼんやり見ていたから気づきませんでしたけど。


瑠唯と結婚して金倉家に養子に入った俊夫は、20年前、好きな人ができたから別れてほしいと瑠唯に頼んだようなのですが、その後ずっと20年間、瑠唯は離婚に応じなかったそうなのです。


そして今回、俊夫の危篤を知った瑠唯が、最後に俊夫にかけたのがこんな言葉だったのだとか


死んじゃだめよっ!生き返ったら離婚してあげるからっ!!


心肺蘇生を受けていた俊夫の心拍がほんの少しの間だけ戻ってきたというのですから、俊夫は本当に離婚したかったのですね~気の毒に


そしてその俊夫の死因ですが、これがまたいかにもコメディなのですけれど、

「2度刺された」

のは俊夫ではなく、俊夫と道で出会った男性であり、俊夫は、その男性が刺されて倒れこんできた時の衝撃で、歩道橋から一緒に転げ落ちたため、頭を打って死亡しただけなのだそうです。


だから幸恵は「2度刺されて殺された」ことを聞いていなかったのですよ。いったい誰だ?そんなことを言ったのは~と思い出すと、確かに

「俊夫が」刺された

とは誰も言っていなかったのですよね。捜査に来たのは「刺殺事件」の参考人としての俊夫を調べるためだったのですから。


んも~本当に紛らわしいけど笑っちゃいましたね~ここは


それに俊夫が訪ねた場所は、やはりあの「家族写真」の場所だったようです。以前は3人でしか撮れなかった写真の中に混ざろうと、自分を隅っこに写して撮ったという写真が、俊夫の遺品のカメラの中に残っていたそうです。そうそう、この遺品もまた、

「本当の遺族=瑠唯」

に渡されていたから、麻衣子たちの手には渡らなかったのですね。言われてみれば、本当に刺殺された遺体なら、葬儀場に行く前に、遺族が警察に呼ばれるはずですもんね。


なんともコメディチックなミステリーだな~と思いながら見ていたため、そういう細かいところへの突っ込みを忘れていました。でもだからこそ、余計にこの最終回が楽しめたのかもしれませんけど


二重生活を続けながら、懸命に子供たちの父親であろうとした俊夫の姿も今となっては大いに納得できました。本当に、最後に蘇生できたら良かったのに


実は愛人だったという幸恵を演じた麻生祐未さんの飄々とした雰囲気がまた何とも言えず可笑しくて、遠藤憲一さんのいかにも真面目そうな俊夫との好対照もまた、この「お父さんは二度死ぬ」をなんとも軽妙で面白いドラマに仕上げるのに一役買ってくれたようです。


もし再放送があるとしたら、また最初から見て、細かいところを「チェック」しちゃったりするのも楽しそうですお父さんは二度死ぬ~一発コントみたいで面白かったよ~♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお父さんは二度死ぬのレビュー一覧」でお読みいただけます

お父さんは二度死ぬ
 家族モノ・ホームドラマ

お父さんは二度死ぬ 第3話あらすじと感想 お父さんの借金

お父さんは二度死ぬ~は第3話の「お父さんの借金」は、これまでのように「スッキリ解決」とはいきませんでした。お父さん=俊夫がした「借金」は、愛する妻=幸恵のために作ってしまったようだけど、その愛する妻に内緒で作ったのは「借金」だけではなく「愛人」もいたようなのです。以下ネタバレです。


警察では、俊夫が殺された原因がこの「借金」絡みだとにらんでいるようです。でも~あれだけの社葬を出してくれる会社の営業部長を務めていた俊夫がたかが「500万」の借金を返せずに犯罪に巻き込まれたとは到底思えません。これが5000万ならまだ分かりますが。


いかにも怪しそうな沢渡(渡辺いっけい)と武藤(安田顕)が、何やらこそこそしていたのも気になりました。


「今さら傷口に塩を塗り込むようなことはできんだろう!」


式場の白い菊に隠れてこのふたりの会話を聞いていた麻衣子と隆司が飛び出してきて二人を問い詰めても決して口を割らないため、麻衣子たちは沢渡に酒を飲ませ、彼が意味ありげに隠し持っていた「写真」を奪うことに成功しました。


でも事情を聞いてみたらこれが全く何てことはなくて、社員旅行先での宴会で酔っぱらった俊夫が、高山しざんという有名画家の描いた絵を台無しにしてしまったため、その修復費の500万を借金したのだと言う話なのです。沢渡曰く、俊夫はこの絵を幸恵だと勘違いして

「幸恵、愛してるよ~

と叫びながら頭突きをくらわしたのだとか。


でもこれは単に

「真実の半分だけ」

であり、これにはまだまだ続きがあったようです。たぶん俊夫は同じ宴会で~頭突きの前に~こう言ったようなのです:

「妻を20年以上もずっと裏切り続けてました」


どうやらその相手は社長の瑠唯らしいのです。


しかもこの二人の関係は俊夫が死ぬまで続いていて、出張先で瑠唯が関係を迫ったところ、俊夫は

「今日は用事がある」

と断っていたようなのです。


それとも、これまでがずっとそうだったように、この「愛人」も実は単なる思わせぶりで、何かほかの謎が隠されているのでしょうか。俊夫が麻衣子にクレジットカードを作らせなかった理由とそれは、何か関連があるのでしょうか?


また、出張先とだいぶ離れた「岩見沢」という場所で俊夫が殺されていたと言うのも気になります。宿泊先の札幌とも、取引先のある小樽とも離れたその場所に、俊夫はどんな用事があったというのか。


これはでも、おそらくあの北海道旅行の際の家族写真がヒントになりそうですね。キタキツネと書いてあったあの写真の場所こそが岩見沢で、この時もいつも通り旅行に行けなかった俊夫は、最近趣味にしていたという写真をそこで撮ろうとしていたのではないでしょうか?


それに今回は、

「俊夫を刺した男の顔」

が初めて映し出されました。とはいえ、おばさんにはそれが(役者が)誰なのか分からなかったのですけれど。あれが岩見沢で写真を撮った帰り道だったのかな~でもな~ぜ~


あとこれは気にしてはいけないのかもしれないけれど、今回登場した阿部という社員が、麻衣子のことを

例の部長の子どもさん?」

と呼んでいたのもどうにも引っかかるおばさんなのです。「例の」と使うからには、何か麻衣子のことを知っていてこう呼んだと言うことですよね? 単なる酔っぱらいの発言としてここは聞き流すべきなのかもしれないのですが、どうもこういう細かいことが気になる性分なのでござる


でも今回、夫が死んだと言うのにずっとアンパンばかり食べてきて、しまいにはこれをもどしてしまっていた幸恵が、実は心に深い傷を負っていたというエピソードはなかなか良かったな。


幸恵は、俊夫が今回の出張に出かける前日にこの借金のことを知ったのだそうです。何も心配はいらないと俊夫が言うのに腹を立てた幸恵は、その夜の食卓に

「スーパーで半額になっていた惣菜」

を出したのだとか。倹約すれば私だって借金返済に協力したのに~と嫌みを言いたかったらしいです。でもそれが、

「俊夫が家で食べた最後の食事」

になってしまったのが、ずっと心に引っかかっていたのですね。(半分の)真相を知った今、突如家に帰ると言い張り、お父さんの大好きだった卵焼きを作るのだと言い張る幸恵が気の毒でなりませんでした。でも来週はどうやら「残り半分の真相」を知らされることになりそうですが


毎回楽しく見てきた「お父さんは二度死ぬ」ももう来週が最終回です。犯人のめぼしもサッパリつかぬまま、いったいどのような結末を迎えるのか~今から最終回が楽しみでござるね犯人は?動機は?早く知りたい~(≧▽≦)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお父さんは二度死ぬのレビュー一覧」でお読みいただけます

お父さんは二度死ぬ
 家族モノ・ホームドラマ

お父さんは二度死ぬ 第2話あらすじと感想 お父さんの趣味

お父さんは二度死ぬ~は第2話の「お父さんの趣味」も、またなかなかのヒューマンミステリーでございました。以下ネタバレです。


葬儀場にやってきたふたりの刑事を胡散臭そうに見ていたキムラ緑子さんは「お父さん」こと大沢俊夫が勤務する会社の社長=金倉瑠唯だったようです。


刑事が来ていることは訪問客に知られないように

こうかん口令を敷いたこの社長~いくらこれが「社葬」とはいえ、随分偉そうじゃありませんでしたか?


人前に出るのが苦手だと言う俊夫の妻=幸恵がいくら希望したとはいえ、

「親族の席が一番後ろ」

ってことは常識では考えられないと思うのですが。あれでは遺族が客で、社長が「身内」みたいでしたよね。ま、そこもまた

「次の謎」

につながっていきそうな気配でしたが。


お通夜が始まる前、納棺が済んだとの知らせを受けた麻衣子と隆司が、ようやく俊夫の遺体に対面しに行きます。


随分年取ったな。こんな顔してたっけ?


いつも「横顔」と「後姿」しか見たことがないという子どもたちの言葉に、俊夫はこれをどんな思いで聞いていたのでしょうか


しげしげと父の顔を眺めていた麻衣子はここで、ふと、父の喉元に黒い痣ができていることに気づきました。死に装束の胸元を開けて見ると、あちこちに同じような痣が見られます。


「お父さん、事故で死んだって言ってたよね?」


刑事が訪ねてきた理由も母親を悲しませるようで聞きにくいと感じていた麻衣子ですが、さすがにもう黙っていられません。


「お父さんの体の痣は何なんですか?」


こちらは俊夫の死因を「刺殺」だと断定している刑事たちがこれを聞いて、今さらのように驚いていたようなのがまた笑えました。え?痣??鑑識、何か言ってたか??


もしおばさんが麻衣子でも、こんな刑事は信用できん~!と思っちまうところでしたよ。


でも後に、ある人物の証言からこの「痣」の原因が明らかになります。


なんと俊夫は、バッティングセンターで「キャッチボール」の練習をしていたのだそうです。ああ、確かにピッチングマシーンのボールを受ければキャッチボールの練習にもなりますね。でも痛そう~っ


このバッティングセンターの社長(笹野高史)が、葬儀の始まるちょっと前に

「隆司はどこだ!?

と探しに来ていたのですけれど、それは、この俊夫がバッティングセンターに置き忘れた隆司のミットを届けに来たようなのです。


幼い頃から「プロ野球選手」になりたがっていた隆司でしたが、あと少しで甲子園というその時、どうやら肩を痛めてしまったらしいです。


実はここ1か月~定時に退社していたという俊夫が野球をあきらめようとした隆司が捨てたミットを拾い、そのことに気づいたようなのです。このミットは、俊夫が「名前入り」で隆司に贈ったもののようです。


「諦めるな、隆司!お父さんも諦めないっ!!」


なんとか息子の力になりたくて毎日練習していた俊夫のことを、家族が誰一人知らなかったとは~これまたトホホでございました。


「お母さん、私、お父さんがなぜ死んだか知りたいっ!!


ついに刑事のもとを訪れた麻衣子と幸恵に、二人の刑事はこともなげにこう言います。


「事故じゃありません。殺人です」


いったい幸恵は何をどう、誰から「事故みたい」なんて情報を得たのでしょうね~。会社の人間でしょうか。


毎回じんわり泣かせるエピソードは盛り込まれておりますが、実際に、俊夫は紛れもなく「刺殺」されているのです。それも2度も~背中から。


これはどう考えても怨恨~まさかこれまた「間違われちゃった男」じゃないですよね~としか思えませんが、ミステリーの常道から行くと、犯人は既に登場していないといけないのですよね。やはり、社長の瑠唯が怪しいのでしょうか。


それとも、前回登場した俊夫の部下の武藤(安田顕)か、今回やってきた俊夫の同僚の沢渡(渡辺いっけい)か。


いずれ劣らぬ?悪人面ばかりで、いったい誰が犯人なのか、全く見当がつきません。意外なところで、


「お父さんは何でも知っているのよ~だってお父さんだから

と愛妻家ぶりを発揮していた幸恵(麻生祐未)もまだまだ外せません


これまたう~んとこわもての俊夫が、実はとっても家族思いで優しい面をたくさん持っていたこともなかなかの見どころとなっています。来週はどんな「お父さんの一面」が見られるのか楽しみでなりませんお父さんは二度死ぬはなかなかのドラマです♪


故人の過去を偲んで、その生きた足跡をたどることから「お父さんは二度死ぬ」と命名されたのでしょうかね~このドラマは。来週の放送も今からとっても楽しみでございまするね来週も楽しみ~♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお父さんは二度死ぬのレビュー一覧」でお読みいただけます

お父さんは二度死ぬ
 家族モノ・ホームドラマ

お父さんは二度死ぬ 見所とあらすじ ちょっぴり泣けるミステリーが始まりました♪

お父さんは二度死ぬ~夕べからBSプレミアムで開始された1話30分のこのドラマはなかなか変わった趣向の作品のようです。


おばさんは何せものすご~く妄想好きな人なので、ネタバレは一切受け付けられないため、あまり公式HPなどは覗かないたちのですが=余計な先入観によって自分の妄想を邪魔されるのが何より嫌い、いったいこの作品を書いたのはどんな人なのかめずらしく知りたくなってHPを見たところ、何とあのアンフェアの元となった「推理小説」を書かれた秦 建日子(はた たけひこ)さんであることが判明いたしました。あ~ど~りでお父さんは二度死ぬ~なかなか面白かったです


そんな秦さんご自身が書かれた「ドラマの見所」も読ませていただきましたが、この脚本を依頼された際、制作会社AX-ONから


連続性の強いサスペンス・ドラマを作りながら、同時に一話完結的に毎回ハートウォーミングで泣けるドラマを作りたい」(公式HPから引用させていただきました)


との意向が示されたそうなのです。まさにこれにピッタリの内容でしたね~。面白かったです。以下簡単なあらすじでござる。


第1話「お父さんの仕事」では、家族からでさえ「社畜」と軽蔑されていた父親=大沢俊夫(遠藤憲一)が出張先の北海道で亡くなったという知らせを受けた家族が、早速葬儀場へやってきます。


普段から、仕事が忙しくてほとんど会えなかったらしい父親に、娘の麻衣子(南沢奈央)や息子の隆司(柾木玲弥)はほとんど関心が無いようで、麻衣子に至っては、通夜の後、合コンに行くとまで言っているほど。


さすがに妻の幸恵(麻生祐未)は夫の死を悼んでいるようでしたが、それでも、

「好きに使っていい」

と案内された部屋に泊まれると聞いて喜んでいるところなどは、かなり破天荒な性格だとお見受けしました。会社に尽くした俊夫はの葬儀は会社の社葬となったようです。


俊夫の私物を見ていると、そこにあった手帳にはぎっしり詰まった仕事の予定のほかに、何やら怪しげな「M」の文字が点在しています。まさか父が浮気をしていた?!


そんな疑惑が脳裏をかすめた麻衣子がトイレに行くと、そこでは俊夫の会社の女子社員達が、俊夫の影口をきいていました。仕事のためなら裸踊りまでしたんですって。営業も、世代交代ができて良かったわね~


ここはなんだかいや~な感じが漂っていたのですが(そういうドラマなら見たくないな、と)、この後麻衣子は、信じられない話も耳にすることになります。


「案外、武藤さんが殺したりしてね」


武藤~むとう、M!?この人がお父さんを殺した?!


しかもこの武藤役が安田顕さんですからね~怪しくない訳がありません。


否が応にも(期待高まる)怪しい雰囲気の中、でもこれがまたものすご~くイイ話に転じてしまったのには驚きました


君が麻衣子さん?十年前は申し訳ないことをした!


お父さん子だった麻衣子が、通夜の夜に合コンに行くというほどその父親が嫌いになったのは、どうやら俊夫が、麻衣子との約束をドタキャンしたことに原因があったようです。


10年前、麻衣子のピアノの発表会に必ず来ると約束した俊夫だったのに、この武藤の尻拭いに駆けつけたため、発表会に行けなくなってしまったそうです。


日曜だというのに、武藤の不手際を謝罪させ、裸踊りをしろとごねる顧客の社長に対し、

「それこそ私の得意分野です!

と笑顔で駆けつけ、一糸まとわぬ姿で踊りをご披露した俊夫は、まさに文字通り営業の鏡だったのですね~。しかもそこで俊夫が社長のカツラを誤って焼いてしまったがために、思いがけず「カミングアウト」の機会を得た、実は結構良い人だった社長が彼らに酒を勧めたため、ますます間に合わなかったのだとか。


あ~、あそこでカツラを焼かなければ、間に合ったのに


何とも悔しそうにつぶやいた俊夫はでも、武藤には、麻衣子もいずれ分かってくれると笑ったそうです。


その後でも、決して分かろうとしてくれなかった麻衣子は、二度と発表会に来てくれるなと宣言したそうなのですが、俊夫は毎年、その日付を手帳に記していたのだそうですよ。実はどこかでこっそり見ていたのかもしれませんね


これを知った麻衣子は合コンを取りやめ、俊夫の遺体が北海道から届くのを待ち、これから通夜が始まるというその時、ついに「事件」が皆の前に姿を現しました。


なんと俊夫は「事故死」でも「病死」でもなく「殺害」されていたのです。背中から2度も刺されたというのですから、これは間違いなく「怨恨」による殺人でしょう。


北海道からわざわざこれを知らせ(および捜査)にやってきた刑事の波多野(田中要次)もなかなか面白いキャラクターのようです。嫌だな~家族を失って悲しんでいる遺族に「殺された」なんて告げるのは、って。


葬儀場に姿を見せていた「キムラ緑子さん」(役柄は分からず)もいかにも怪しげでしたし、これはなかなか面白くなりそうです。お父さんは二度死ぬは、来週の放送もとっても楽しみでござりまするよ~っ


~見逃した方には、1話のみ再放送がありますよ~。6月8日(土)の15時~同局での放送だそうです~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお父さんは二度死ぬのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング