2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

「新入社員」のレビュー一覧

| |

新入社員~その後のカン・ホは?(^^♪

「魔の研修」ではボロを出しそうになりながらも、いきなり2000件の受注を取り~教え子のオバサマ達に売ったのかしらん?補正下着!(^O^)/、誰もが対処できなかった「やくざがらみ」の難問を解決したカン・ホです(^^)v。


でも、自分の入社試験の成績がどうにもこうにも納得できず(-_-;)、


「どうして自分が満点なのか?何か手違いでもあったのでは?(@_@;)」


そう馬鹿正直に聞いてはみるものの、「手違いで」入社させてしまったなどとは死んでも言えない人事担当者&専務に、必死に否定されてしまいます。


「君の答案は間違いなく満点だった。それに君の才能を学歴なんぞではかれやしない!」


「君は隠された宝石だ!(^O^)/」


~って何もそこまで言わんでも・・・(-_-;)~


素直というか単純というか、そのコトバにすっかり自信をつけたカン・ホ、がぜんヤル気になっちゃうんです(^0_0^)。


呼ばれてもいない接待の席に参加し、これまた自ら参加したソ・ヒョナの魔の手に落ちて、気がついたらふたりはホテルへ・・・とは言っても、襲おうとしたのはヒョナの方で、ホの純潔はなんとか守られたようなんですが(爆)。


どうやらホは、派遣社員でボンサムの「元かの」のイ・ミオクちゃんが好きになってしまったようなんです(*^_^*)~ハン・ガインちゃん、カワイイですものね~♪。


別れたボンサムも未練ありげだし、自分が目をつけたからも好意を寄せられていると知って、嫉妬に狩られたヒョナは、ミオクを追い出しにかかったようです~部長にコネがあるとか・


「派遣社員を1人首にすること」


中学も出ていない商業高校出(検定で受けたらしいです)の派遣社員のミオク~組合もなく、コネもない、では、首にするのはカンタンでしょう。


いきなりの解雇に抗議するミオクなのですが、上司はゼンゼン取り合ってくれません(>_<)。


「派遣社員の権利を守ろう!<(`^´)>」


自らに看板をかけてロビーに立つという強硬手段をとりますが・・・自分もとばっちりを受けるのを怖がってなのか、誰も力になってくれる人はいません。


でも、カン・ホは黙っていませんでした!


「不当解雇は許せませんっ!」


ソンテに知恵を吹き込まれ(笑)、ビラまで作って一緒に抗議をします。果ては、バーのマダムズや、ソンテや弟、友達まで呼び出して!(@_@;)


一見役にたたなそうなメンツだけれど、部外者が騒ぐのは会社にとってはマイナスイメージ~特にオバちゃんズ、もといマダム達はうるさそうだし・・(^^)v


いやぁ~新入社員はこのぐらい熱くないとねっ!(^O^)/この先、何をやらかすか、毎日が楽しみです(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

新入社員~やっぱり言いたい!(^O^)/

オバサンが新入社員だったのはず~いぶん昔のことなのですが(^^ゞ、こういうドラマを見ると当時のことをなつかしく思い出したりしちゃいます(笑)。今日はカン・ホたちが

「魔の研修」

をこなすようですが・・・自社製品を売って、その売り上げで食費や交通費を捻出しろって、それこそカン・ホの得意分野のような気もしますが(^^)v。


ま、今日のことは見て楽しむとして(笑)、いま語りたいのは

「OL達の生態」

についてなんです(^O^)/。


「チャン・ドンゴンやウォンビンなみの男の子がいるんだって!」

「先に目をつけたのは私なのよ!アンタは手を出さないで!!


などという、OL達のかまびすしい物色のサマがね~ほほえましくて(*^_^*)。ゼッタイ相手にされっこないのに(^O^)/。


特にそのOL達を指導する立場にあるらしい女性社員(イ・ジュヒさん~「チャングムの誓い」では最初に毒を飲んで死んだ廃妃、「ホジュン」では落ちこぼれ医女を熱演してました)の行動がまた笑えるんデス(^.^)。


ま、いわゆる「お局サマ」(今は言わない??)だと思うんですが、OLを注意する声とカン・ホ達にかける声のトーンがまったく違うんですヨ(爆)。


ま、辛く苦しい宮仕え(?笑)、たまにはそんな楽しみもないとね~などと、オバサンは昔を懐かしんでしまったのでありました(*^_^*)。さて、10時までに一仕事片付けちゃわないと<(`^´)>。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

新入社員 第3話 コレって結構オモシロイかも(*^_^*)

シャレ(?)で受けたLKグループ~え?本気だったの?(爆)、なんと、書類選考と筆記試験に受かったというカン・ホです(^^)v。


半信半疑ながらも両親は大喜び!親友のソンテも妬むほどです~ナゼ俺が落ちてお前が入ったんだ??(@_@;)


どうやらこのLKグループ、超一流の人気企業だけに入社希望が殺到。効率よく評価するために、わざわざドイツから新型機械を導入したのだとか。


が、あまりに性能が良すぎたためか(?)トラブルがおきてしまったらしいんですね。それでカン・ホはめでたく通ってしまったというわけです(爆)。しかも満点で!(゜o゜)


どうせまぐれだろうと思いながらもくやしがるボンサム。


コイツもよく出るところのサイテー男デス(笑)。糟糠の妻ならぬ恋人ミオクから金持ちのお嬢さまにさっさと乗り換えておきながら、そのくせミオクにも未練たらたら。ま、結局「お嬢さま」からは本気で相手にはされてないんですけどね~。(^^)v


このボンサム、どうやら幼い頃につらい目にあったらしいんです。でもだからといって他人を同じ目にあわせてイイって法はありませんヨ。「お前に何が分かる?」~こういうセリフを吐く「ナルシスト野郎」<(_ _)>は、オバサンがいっちゃん嫌いなタイプなんです<(`^´)>。


ま、それはさておき(笑)、次はいよいよ面接です。しかも英語面接もある?(@_@;)?


でも、余計な心配だったようです。ホにはそーゆー「知恵」は人一倍あるようで(笑)、グループ面談であるのをいいことに、自分が「演説」をしてパートナーには英語に翻訳させるというシナリオを作ったんですね。結構インパクトがあって「演出」として高く評価されちゃうんです(^O^)/。


そして最終面談~社長直々の質問、

「初任給では何を買うつもりかね?」

には、

「息子にスーツを買うために、自分は踵が擦り切れて縫い目もほつれている靴を履いている父親のために新しい靴を買います

と答えるんです。こちらは演出ではなく本心なんですけどね。


「アタマばかりか性格もイイ。たいしたもんだ!」


と、社長は手放しで大絶賛デス(笑)。他の質問にも卒なく答え、なんとホは、ついに合格してしまうんです!(^^)v


新聞報道された合格者欄に「カン・ホ」をみつけたボンサムの顔ったら!(^O^)/


イヤイヤ結構楽しめそーです~こうしてまた生活が崩壊してしまうのでありんした(-_-;)・・・そのうちどれかは止めないとね~(^^ゞ。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

新入社員~第1話をみてみました

新入社員というからには、ピッチピチの若者の話かなぁ~それじゃあちょいとついていけないかもね~と思いながら見はじめました(笑)。でもどうやら主人公は30歳という設定で・・・?(@_@;)


主人公のカン・ホ(エリック)は、もう30歳になろうというのに未だに無職のプーです(笑)。面接に行っても待ち時間には居眠りをし、本番には「会社名を間違える」という致命的な大失敗をやらかす始末(>_<)。


どうやら学歴もない様子で、幼なじみでプー仲間(?)のソンテとはマンガ談義に花を咲かせ・・・って、これじゃあなかなか就職も決まらないはずデス。


親には家を追い出され、彼女にも愛想を付かされたカン・ホ。なんとか小遣い稼ぎをしていたらしい社交ダンスの講師さえ、人妻と問題を起こすから、とクビになってしまいます(>_<)。


~でも、アレはオバちゃんたちがいけないよね(^^ゞ~


同級会に呼ばれて「ただ食い」ができるとばかりに出かけたはいいけれど、集まったメンツは超エリートばかり(-_-;)。


「誰が呼んだんだ?まったくあいつらは人間のクズだな」

などと言われてしまうんです。


腹を立てたカン・ホとソンテは、一念発起して超一流企業のLKグループに就職をしようと面接に出かけることにしたようです。でも周りは優秀そうな人ばかり・・・はてさて、どうなりますことやら?


銭の戦争よりはちとテンポが落ちるようですが、ま、しばらく見てみまひょか。(*^_^*) イヤミなボンサム(オ・ジホ)にふられたソ・ヒョナがカン・ホとつきあうようになるのも一興ですしね(笑)。


そうそう、このヒョナがふらっと入ったバー(?)のマダムが、あのヤン・ヒギョンさんだったのにはビックリ!(゜o゜)~何がビックリって、なかなかセクシーで可愛かったんです(笑)<(_ _)>。彼女がこれだけでは終わらないでしょうからね。それはちょいと楽しみです(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

《他にもこんな記事を書いています♪》