このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト一覧 (Revenge S3)

リベンジ3Revenge S3もいよいよ来週から本格的にスタートですねリベンジ3が待ちどおしい!( *´艸`)


その本放送に先駆けて、以下、いつも通り、あらすじと登場人物のリストを作成しておこうと思います。どちらも、視聴が済み次第補充していく予定です



【 リベンジ3 あらすじ 】


リベンジ3 あらすじ 第1話 恐怖


第2話 原罪


第3話 懺悔 面白くなってきそう♪


第4話 慈悲


第5話 支配


第6話 分解


第7話 復帰(ノーランの復讐)


第8話 禁断


第9話 降伏 いよいよ次回は結婚式!


第10話 脱出


第11話 生還


第12話 忍耐


第13話「回帰」&第14話「憎悪」


第15話 苦悩


第16話 屈辱


第17話 依存


第18話 帰郷


第19話 盟友


第20話 革命


最終回ネタバレ 処刑 (21話あらすじ含)



今後の展開が楽しみですね~( *´艸`)

次は主な登場人物とキャストです。長くなることが予想されますので、続きを使わせていただきました。メインキャラに関しては、S3第1話で明らかになった事実を明記しておきますが、それ以前の情報に関してはリベンジ1リベンジ2、それぞれのリストをご参照いただけましたら幸いです。



【 リベンジ3 主な登場人物とキャスト 】


続きを読む

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 最終回ネタバレ 処刑 (21話あらすじ含)

リベンジ3のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト(Revenge S3)


リベンジ3Revengeもついに最終回を迎えてしまいました。以下、21話「監禁」(Impetus)の内容も交えながら、最終回「処刑」(Execution)のネタバレをさせていただきまするリベンジ3 最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


これでもう最後なので、思い切り直球のネタバレで行かせていただきますなら、エミリーのリベンジ(復讐)は、このシーズン3でとりあえずは果たせたと言ってもよいと思われます。デヴィッド・クラークは汚名を見事に返上し、コンラッドはその命を絶たれ、ヴィクトリアは精神病院へと送り込まれてしまったのですからリベンジ3~それぞれの結末ネタバレ。経緯(あらすじ)はこうです


ここは正確にいうと「路上で刺されて置き去りにされた」です


まずエミリーは、妹のシャーロットを人質にし、コンラッドへの脅迫を決行するという強硬手段に打ってでました。20話の最後でシャーロットを拉致したのはエミリーたちであり、197便の真実を明かさなければ娘のシャーロットを殺すと、彼女を拷問にかけている動画をコンラッドに送り付けたのです


この動画に使われたのが、ハビエルとノーランの共同(?)制作アプリ=マイクローンだというのも楽しかったですね。それを実際にシャーロットが拷問されていると思い込んだコンラッドの元に、エイダンが遺体安置所から盗んできた「耳をシャーロットのそれであるかのように届けたから、その効果はてきめんです


これでさすがのコンラッドも、シャーロットを救うため記者会見を開くことに同意しますが、本心では197便爆破事故の遺族から脅されて嘘の自白をさせられたと言い逃れるつもりだったようです。それがまんまと罠に引っかかってしまったのですから、ここは実に痛快でございました


記者会見が開かれる予定時刻の少し前、今回のエミリーのやり方には反対だったジャックが、シャーロットをこっそり逃がしてしまうのですけれど、自宅に戻ったシャーロットがコンラッドに過去の罪を償うよう罵ったのに対し間抜けなコンラッド、コンラッドが本性をむき出しにして、自らのその口ですべてを暴露してしまったところを、シャーロットに仕掛けられたウェブカメラがすべて捕えてマスコミに流してしまったのです。あのエミリーたちの口ぶりだと、ジャックがシャーロットを逃がしたのも作戦の内だったのかもしれません。


アメリコン・イニシアティヴ(もう名前さえ出てきませんが)のためにマネーロンダリングをしていたのは、デヴィッド・クラークではなくコンラッド・グレイソンだった事、コンラッドが、デヴィッドを陥れたこと、全てが白日の下にさらされ、コンラッドはめでたく逮捕されることと相成りました


一方、ヴィクトリアは、既にこの時点で

エミリー・ソーン=アマンダ・クラーク

とほぼ確信し、ジャックとアマンダの息子のカールの髪の毛をひんむしり、否、盗みとり、シャーロットのDNAと鑑定をさせていました。もちろんこの結果、カールとシャーロットに血縁関係が無いことが分かると、今度はエミリーを襲わせて、その血液サンプルを取ろうと画策します


その上、エミリーがコンラッド同様ヴィクトリアをも葬るため、再びミシェル・バンクスに接触して、ヴィクトリアの過去の悪事を暴こうとすると、それを即座に察知したヴィクトリアは、エミリーの代わりにミシェルに探りを入れにやってきたエイダンに毒を盛った上に、その手で自ら窒息死させてしまうのですエイダンがヴィクトリアに殺された!


愛するパスカルを死に追いやった報いだとヴィクトリアは言いましたけれど、それこそ言いがかりも甚だしいあんなチンピラ殺されて当然だ!。だからここは、殺されたエイダンは確かに可哀想だったけれど、ヴィクトリアが名実ともに、決して言い逃れのできない殺人犯になったことは、なかなか悪くない展開だったように思えてなりませんでした。だってこれまでヴィクトリアはいつも「他人のせいにばかりしてきたでしょう?自分は悪くない、悪いのはコンラッドだってよくいうよ(;´・ω・)


エイダンを殺されたエミリーも当然黙っていませんでしたエミリー、ヴィクトリアをやっつけろ!。エミリーはシャーロットに「DC」のイニシャル入りの指輪を見せて、あたかもデヴィッド・クラークの墓が荒らされたかのように仄めかします。それもすべて、ヴィクトリアがシャーロットからこれを聞き出すだろうとの計算済みです


そうしてエミリーが夜中に墓を暴いていたところに、まんまとヴィクトリアが現れました。いっそ本当にあそこで止めを刺したらよかったのにと思わんでもなかったのですけれど、エミリーが最後の一線で踏みとどまったのは、エミリーのためにはよかったのかな


ヴィクトリアをシャベルで殴り倒し、そのまま「妄想」が過ぎるとしてクレアモント精神科病院に送りこんでしまったのは実に小気味よかったどすな。エミリーが暴いていた墓はアマンダの物であり、ヴィクトリアが、エミリーこそがアマンダだと嗅ぎ付けたことがすべての決め手になったというのも痛快でした


エミリーは、ヴィクトリアを強制入院させる許可を「主治医」であるミシェル・バンクスから取り付けていたのです。エミリーがアマンダだという妄想性障害が進行していく様子を事細かに記録していたそうですよ


どんなに叫ぼうと「狂人」扱いされてしまうヴィクトリアを見るのは実に爽快でございましたが、でもああして生かされているということはいずれはまた出てくるだろうというのが気に入りませんよね。しかも、あのデヴィッド・クラークまでもが本当は生きていたというのですから


監獄に入れられたコンラッドは、その看守のモストロウスキーを買収し、神父のふりをしてまんまと逃亡に成功するも、その道すがら、突如現れたデヴィッド・クラークに刺殺されてしまうのです(正確には刺されておきざれにされてしまう)。モストロウスキー役のWade Williamsさんはプリズン・ブレイク(脱獄)にはぴったりでしたね


いったいデヴィッドはこれまでどこでどんな風に身を隠していたのか~あの山小屋はデヴィッドの父親が所有していたそうなのですけれど、あそこにいたカート・レナーが、そのカギを握っていそうです。


エミリーのためにデヴィッドが生きていたのは喜ばしいことなれど、個人的には以前からこのデヴィッド・クラークという人物にあまり好印象が抱けないのでござる。ヴィクトリアが言っていたように、アマンダが思っていたような父ではないんじゃないですかね~。ここは同じ穴の狢が惹かれあったのかと思うと一気に視聴意欲が失せるのですけど


とはいえ、冤罪が晴れたのは何よりです。連邦地裁は20年前、デヴィッド・クラークに言い渡した終身刑を正式に無効にすると発表し、容疑は全て晴れたそうです。でもいくら復讐とはいえ今や立派な殺人犯ですが


~デヴィッドを殺人犯にしないためにも、コンラッドは生きているのかもしれませんね


他の人物についても簡単にまとめておきますると、まずノーランは、マルゴーの弟のギデオンと組んだようです。本来は、ダニエルに使い捨てられたハビエルと組むはずだったのが、そのハビエルが汚い世の中に嫌気がさしてどこかへ行ってしまったのです


そしてギデオンはかなりの悪玉のようでした。マルゴーから会社を奪うため、まずはダニエルを陥れようと画策~コカインの常習者をダニエルのベッドに送りこんだら、その女性が薬のやりすぎで死亡してしまったそうで、その決定写真をネタにダニエルを脅そうとしていたようです。う~ん、確かにノーランと組むにはやり口がスマートじゃありませんね。ま、サイ〇ーダニエルにはざ〇あみろですが


そのマルゴーはというと、こちらも父の悪事は自分とは無関係とばかりに割り切ってしまったようです。篤志家になれとは言わんけど、この人にはかなりガッカリ。今後の成長があるのかしらん?


そのマルゴーと別れたジャックは、シャーロットを解放したことで、逆にシャーロットから誘拐犯だと誤解されてしまったようです。エイダンからは、ジャックが好きなのはあくまでも昔のアマンダで、エミリー・ソーンではないと図星を刺されておりました。エイダンが殺されてしまったことで、エミリーとジャックの線はどのみちお預けになってしまいそうです。


最後にはエイダンまで殺されてしまい、個人的には痛み分けとなってしまった感もありまするが、とりあえずの復讐はこれで済んだということで納得したいと思いますいっそもっとスッキリさせてここですべて終わらせた方が良かったのにね~と思わんでもありませぬが


途中夏バテしてしまい、最終回レビューが遅れてしまいましたけれど、何とか最後まで語れたことには大満足です。最後までお付き合いくださいました皆々様には心より御礼申し上げます。リベンジ4が始まりましたら、ぜひまた楽しくご一緒いたしましょうね。


これからが夏本番ですから、皆さまもどうぞくれぐれもご自愛くださいますようにリベンジ3~次シーズンは来春かな?


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 あらすじ 第20話 革命 盛り上がってきました!

リベンジ3のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト(Revenge S3)


リベンジ3Revengeの20話は「革命」(Revolution)です。今回提示された「思わせぶりがもし真実だったとしたら、まさしくこれは「革命」ですリベンジ3のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下早速ネタバレです


今回の注目ポイントはズバリ2点


  • コンラッドが自分の手でパスカルを殺したこと
  • デヴィッド・クラークが生きている!?らしいこと

まずは1点目のコンラッドですが、実際に手を下したのは確かにコンラッドだったのですけど、お膳立てをしたのはダニエルだったということも見逃せません。従来優柔不断なお坊ちゃんキャラだったダニエルは、今ではすっかり、両親の悪人遺伝子を見事に受け継いだ「超極悪人になっています。経緯(あらすじ)はこうです。


コンラッドは、今になって197便爆破テロのことを持ち出し、自分を牽制してきたハビエルが目障りであり、ダニエルもまた、御しやすいマルゴーの背後にパスカルがいることが気に入らなかったようです。しかもパスカルは、なかなかマルゴーに全権を渡そうとしなかったため、今後もいつまた、弟のギデオンが出しゃばってくるかと懸念していたようです。


そこへ、エミリーがパスカルから決定的な証拠を引き出そうとして実力行使に出たのも彼らにプレッシャーをかけました。なんとエミリーは、これまでグレイソン家に近づいていたのは、彼らの悪を探るためだと、自らを

「国土安全保障省のレベッカ・ストーン
(Agent Rebecca Stone, Homeland Security)

と名乗ったのです。いや~エミリーは確かにカッコよくてそれっぽく見えてましたが、これをパスカルが簡単に信じちまったのには苦笑させられちまいました


パスカルはなかなか白状しようとしなかったものの、今回プロポーズまでしたヴィクトリアの名を持ち出されると、意外にあっさり折れてしまいます。コンラッドはくれてやる。ヴィクトリアにだけは手を出すな!! 本当にフランス人は分かりませんね


盗聴器をつけてコンラッドから「自供」を引き出すよう命じられたパスカルは、別れ際にエミリーから電話番号を渡されます。何かあったら電話して。


他人の秘密を探らずにはいられない卑しい性癖の持ち主=ヴィクトリアが、様子のおかしいパスカルの上着からこの番号を見つけ出すことも、エミリーには計算済みだったのでしょうか


「国土安全保障省 レベッカ・ストーンの電話です


これを聞いたヴィクトリアは、パスカルが当局と繋がっていると確信し、パスカルを疑いだしました。この少し前に、パスカルがオスカー・チャップマンを殺したとコンラッドから聞かされていたことも疑心を増大させたようです


ヴィクトリアが早速これをダニエルに相談すると、ダニエルは、口では、パスカルは決してヴィクトリアを裏切らない、差し出すならコンラッドだと言いながら、心中はそんな厄介な人間には消えてもらった方がよいと思ったらしく、いまやヴィクトリアの天敵となったコンラッドに知らせに行きます


行動するなら、マイクローンの発表会を狙うに違いない。インターポールに手を回して、パスカルをフランスに強制送還させるから、父さんがうまく連れ出してくれ。


さすがにダニエルも、コンラッドがパスカルを殺すとまで思わなかったかもしれませんが、どーだかね


コンラッドはパスカルを屋上へ連れだし、そこに停めてあったヘリコプターのプロペラにパスカルを突き飛ばして殺してしまいます。いや~ここは昔のERのあのシーンを思い出してしまいました


二人の様子がおかしいと気づいて後をつけてきたエミリーは、この「殺人現場」を直接目撃しますが、それにちょっと遅れてやってきたヴィクトリアは、敢え無くパスカルの遺体と対面することとなったようです。元夫と息子に今の婚約者を殺されたのも、これまでの報いとしか言いようがありません


一方、2番目の「デヴィッド・クラーク」ですが、まったくね~シーズン3にしてまさかまさかの展開には驚いてしまいましたが、あれはどう考えてもやはり「本人」が生きているとしか思えませんリベンジ3 デヴィッド・クラークが生きていた!?。こちらの経緯はこうです。


今回、何者かからシャーロットに「クラークの娘として生きていることを誇りに思う」という手紙が送られてきました。その上、こうした手紙はこれまでにも送られてきており、それをヴィクトリアが隠していたことが判明します。


もしかしたら父が生きているのかもしれない!


そう考えたシャーロットは、ジャックに相談してその手紙の送り主の住所を突き止めました。もちろん突き止めてくれたのはノーランです。そこはバークシャーの山小屋で、持ち主の名はカート・レナーというそうですが、早速シャーロットとジャックが出かけていくと、そこにはデヴィッド事件の資料が山積みにされていました。


「デヴィッド本人なら調べる必要もないから別人だ


ジャックはそう言ったけど、そうじゃありませんよね。だってデヴィッドはあくまでも「陥れられた」のですから、どのような経緯でそうなったのかを調べるのは当然です。それにその山小屋には、David Clarkeのイニシャル=「DC」と刻印された封蝋リングが置いてあったのですデヴィッド・クラークが生きている証でしょう( *´艸`)


山小屋の外から彼らを見ていた人物はでも、デヴィッドではなさそうでしたから、あれがカート・レナーであり、デヴィッドを匿っている人間なのでしょうか?それとも、エミリーにはもうひとり兄弟がいた??


ハビエルに裏切られたノーランが、ハビエルに思い知らせるために、マイクローンの発表会で細工をしたのも楽しかったですね。マイクローンには欠点があるって忠告したのに聞かないから


このノーランがハビエルに相変わらずの大口をたたいていたのを聞いたエイダンのツッコミも可笑しかったあ


I am still the master of this universe, so if you want to play in my orbit, where else would I be?
僕はまだこの宇宙の主人だから、君が僕の衛星でいたいなら、僕はその近くにいるしかないじゃないか。


Ross, if you're quite finished playing 'who's got the bigger hard drive' I have an update for you both.
ロス、おまえが「どちらのハードドライブ(脳)が大きいかごっこ」を止めないと、ふたりともアップデートしてやるぞ。


さ~いったい来週はどんな展開を見せてくれるのか、今からワクワクしてきます。エミリーの次なる一手はなんなのか、シャーロットを連れ去ったのは果たしていったい誰なのかリベンジ3は次回の放送が待ち遠しいですリベンジ3がますます盛り上がってきました( `ー´)ノ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 あらすじ 第19話 盟友 いよいよラストスパート!

リベンジ3のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト(Revenge S3)


リベンジ3Revengeの19話は「盟友」(Allegiance)です。今週はようやくラストスパートへ向けて的が絞れてきましたね~。残り3話でアイツもコイツもソイツも(笑)やっつけてやれると思うとワクワクしてきましたリベンジ3のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


その「やっつける相手」の筆頭はやはり、ヴィクトリアとダニエルです。何せ二人は互いにエミリーをターゲットにした「狩り」を楽しんでいるのですからね。2人が乾杯していたあのセリフ、許せんな特にダニエルが許せないっ!(`・ω・´)Happy hunting.


その「狩り」の内容は、ダニエルはノーランの「protégé」(被保護者~わざわざフランス語で言うなっつーの)であるハビエルを懐柔して最終的にはエミリーの鼻を明かすことであり、ヴィクトリアの方はルーク・ギリアムという男をハンプトンに呼び、エミリーの真の目的を探り出すことでした


ハビエルの発明した「マイクローン」は、ある人物の情報をすべてハッキングし、その名の通り、その人物にそっくりな「クローン」(アバターでしょうか)を作るというものだったのだそうです


シャーロットは、ノーランと組んだのではマイクローンをノーランに横取りされてしまうからとハビエルを説得し、この発明をダニエルに渡すようそそのかしました。そしてダニエルは早速このマイクローンを利用してハビエルの好みを洗い出し、高級車のキーを贈ったようです。しかも、警察に手を回してハビエルの監視装置を外させたのだとか


でもそんなに優れた発明なら真っ先に「エミリー」を調べればいいのにね~。やはり、まだまだ欠陥も多いのでしょうな。


そのダニエルと組んでビッグビジネスを成功させようとしているマルゴーは、ついにジャックから愛想を尽かされてしまいます。本来このマルゴーの目的は、父パスカルに自分を認めさせることだったのですから、念願叶ってパスカルの全ビジネスを任されることになったのでは、もうハンプトンの片隅で育むこじんまりとした幸せなんて、まったく目じゃないのは明らかでしょう


大切な友人のノーランを傷つけた君と一緒にいることはできないジャック、よくぞ言った!


またそのノーランも、ダニエルとマルゴーに「天才」とおだてられてすっかり舞い上がってしまったハビエルを、なんとか思いとどまらせようとします。


自分がここまで成功できたのはデヴィッドのおかげだ。君はあの頃の自分によく似ている。


(だから今度は僕が君をサポートする番なんだどうしてそれが分からない?


が、ハビエルはデヴィッドをテロリストだと信じて疑わないので、まったく聞く耳を持ちません。マルゴーに対するジャック同様、真実を告げられないのがもどかしい限りでござるね。まったく、ハビエルの恩知らずめっ!!絶対に後悔するぞ!


とはいうものの、ノーラン曰く、ハビエルはそう簡単に利用されるような愚か者ではないそうなので、今、彼を手中に収めたとほくそ笑んでいるダニエルとマルゴーこそが痛い目に遭うのはどうやら間違いないようです。ここは実に楽しみでござりまする


そのノーランが、エイダンに言ったこのセリフも聞き逃せません~久しぶりに楽しいノーランジョークでした。エイダンがいつまでも「暗いしかめ面をしているのを見て


Why the Aiden face? This is good news.
なぜ「エイダンフェイス」をしているの?これは良いニュースだよ


また、前回の思わせぶり=オスカー・チャップマンは、やはり早くも殺されてしまいます。オスカーは、ルマルシャルメディアの記者だったことから、エイダンの父=トレヴァーが、娘のコリーンを人質に取られてやむなく爆弾を積まされたことを知り、トレヴァーの力になろうと連絡を取った後、これを嗅ぎ付けたパスカルがトレヴァーを自殺に見せかけて殺したのだそうです。なんとトレヴァーは、197便に積み込んだ荷物が「ダイヤモンド」だと信じ込まされていたため、真相を知った後は衝撃を受け、罪を償おうとしていたそうなのに~だから決して卑怯者ではなかったのです


その後、オスカーは、パスカルの追及を恐れて女装しブレンダ・エヴァンズ(♀)と名乗っていたところ、ノーランがオスカーの口座からこのブレンダに辿り着いたため、エイダンとノーランはようやくこの真実に辿り着いたのですが、そこで今度はコンラッドが、このノーランとエイダンを「マリノ」という探偵(もしくは殺し屋?)を雇って監視していたようで、コンラッドからオスカーの居場所を聞かされたパスカルが、あっさりオスカーを殺してしまったという訳です。


有無を言わせずオスカーを撃ち殺したパスカルは、実に残虐かつ非情な男でしたよね。あ~マルゴーに早く父親の本性を明かしてやりたいっ。でもって、今手にして大喜びしている「富と権力」が、これまでどれだけ大勢の人々を犠牲にして築いたものなのかを知ってほしい!マルゴー、目を覚ませ!それとも結局は金持ちのお嬢様~でダニエルと同じ穴の狢かっ!


またこのパスカルに夢中だったヴィクトリアも、パスカルもまたデヴィッド・クラークを陥れた人物のひとり=共犯者だとコンラッドから聞かされてはさすがに動揺していたようです


最近ずっとこのヴィクトリアがイイ人そうに描かれているのは、ヴィクトリアにとって、パトリックとデヴィッドだけは「聖域」だということなんでしょうかね~。でもそのわりに、そのデヴィッドの一人娘の(ということになっている)アマンダやその夫のジャックに対する態度はひどいものでしたから、所詮は自分だけが可愛いナルシストでしかないとしかおばさんには思えないのですが自分が愛した愛人と、自分の血を分けた息子だから


そしてそのヴィクトリアがハンプトンに呼んだというルーク・ギリアムという男は、もとグレイソン・グローバルで働いており、デヴィッド・クラークにかけられた濡れ衣こそ、本来はこの男が着るべきものだったのだとか


ここは話が曖昧で今ひとつよく分からなかったけれど、おそらくは、ギリアムこそが当時コンラッドの命令でテロリスト=アメリコン・イニシアティヴとの金のやり取りを管理していた人物だったのでしょうね。コンラッドはこのギリアムに罪を全部擦り付けるつもりだったのが、途中で何か不都合があって~デヴィッドとヴィクトリアの不倫への嫉妬かな~デヴィッドが犠牲になったのだと思われます。


この「リベンジ」において、最も悪賢い最大の敵は本当はコンラッドなんだろうけど、当時のデヴィッドとヴィクトリアが不倫していたことを思うにつけ、どうしても極悪人はヴィクトリア!と思えてならんのですよね~。愛していると言いながら、保身のためにその愛人を見殺しにして、その後ものうのうと暮らしてきた最低最悪の卑怯者だもの。そしてそのヴィクトリアもついに、エミリーがデヴィッドの復讐をしていると確信するにいたったようです


一応、そのギリアムについても補足しておきますね


ギリアムは今、天然ガスの会社を経営しており、あちこちに有害物質を垂れ流していた悪人だったのですが、エミリーは、協力を申し出てくれたジャックとともにギリアムを懲らしめて社会的に抹殺してしまいます。ここは、ジャックへの愛情が明らかに薄れてきたマルゴーに比べ、エミリーがスティーヴィーのことを真っ先に心配してくれたのを受け、ジャックがあらためてエミリーとの友情を大切に思ったらしい様子がとても印象的でしたI'm all in~もう十分巻き込まれているからいつでも力になるよって。


これで来週からはいよいよ最後の決戦ですね。リベンジ3ようやく面白く盛り上がってきそうで、来週の放送が今から楽しみでござりまするリベンジ3も楽しみです(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 あらすじ 第18話 帰郷 もはや根競べです

リベンジ3のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト(Revenge S3)


リベンジ3Revengeの18話は「帰郷」(Blood)です。これは~前回よりはマシだった気がしますけど、でもそれでもまだまだ引き伸ばしの感が否めませんでしたよね~。 でもこのリベンジは、シーズン2も終盤ひどくもたついたため、イラチなおばさんはほとんどすっ飛ばして見ていたら、最後の最後で内容がよく分からなくなってしまったという苦い経験があるのでござる。だからここは、

「最後はきっと盛り上がって終わってくれるに違いない!kaeru4

と信じて、頑張って観察(?)を続けていこうと思いますリベンジ3~最後まで頑張ってあらすじを語ります( `ー´)ノ。以下は簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


まず今回は、あのメイソンが再登場しました。オレンジの囚人服が実によく似合っていたこの男に、なぜかヴィクトリアが接近してきます


ヴィクトリアは、エミリーがグレイソンに近づいたのは金目当てじゃないと確信したことから、彼女がデヴィッド・クラーク事件に関わりがあると見抜いたようなのです。ダニエルが、以前知り得たエイダンの父=トレヴァーについての情報をヴィクトリアに明かしていれば尚更でしょう。この辺を細かく描いていないのがまた不満でござるね~おばさんは自分で妄想するからいいですけど


あなたなら何か知っているはず


ヴィクトリアが直々に出向いてきたことでメイソンの心も揺らぎます。いっそヴィクトリアに寝返って、監獄から出すよう頼もうか。


が、作家としての野心から、メイソンは再びエミリーに連絡を取り、本当に復讐物語を書かせてくれるのかと打診します。実際の復讐も「もたついているようだし、このまま敵に寝返ってもいいんだぞ


この時でもエミリーは、エイダンとともに彼のイギリスの実家へ同行しておりました。母親に聞けば、パスカルとトレヴァーの関係が分かるかもしれないと考えたようですが、そこで浮上したのは、また新たな名前=オスカー・チャップマンでした。もうこの辺はいい加減、またか、な気分でやんしたが、今度こそ、この「公的には死んだことになっているらしい記者=オスカー」が見つかって、パスカルの悪事が暴けるといいのですけど。


でも、このイギリスで、ずっと

「197便に爆弾を仕掛けたテロリストの家族

と責められて心を痛めてきた母のハリエットに真相を告げることができたのはよかったですね。家出をしたと思っていた妹のコリーンは、実は誘拐されており、トレヴァーはコリーンを助けるため、仕方なく爆弾を運ばされた。そのトレヴァーも、事件後は自殺してしまったそうで、それを発見したのがまだ幼かったエイダンだったのだそうです。


そんな訳でエミリー不在のところ、またしてもノーランとジャックが相談し、メイソンのもとへはスティーヴィーを送ることになりました。一般人の面会はその会話が録音されるそうなのですが、スティーヴィーは弁護士なため、エミリーからのメッセージを伝えられるからです。


ところが、欲深いメイソンは、エミリーが提示した条件には首を縦に振らなかったため、あっけなく殺されてしまいます~というのは表向きで、実は死んだと見せかけて「脱獄」させたのですけどね。エミリーが手を回してメイソンに差し入れたフェイスクリームには日本の薬草が仕込まれており、その成分を吸い込むと12時間は仮死状態になるのだそうです


こうして表に出された遺体は無事ノーランによって運ばれ、首尾よく生き返ったメイソンはノーランの自家用ジェットでモルディブへ行き、そこでエミリーからの報告=復讐物語を待つことになったようです。あ~おばさんも、早く朗報が聞きたい!!早く復讐して!( `ー´)ノ


一方、ずっと父と戦ってきたマルゴーは、ようやくここに来てその信頼を勝ち得たようです。弟のギデオンを差し置いて、マルゴーがヴーレの後継者となったのです。


その手助けをして、パスカルにマルゴーを評価してほしいと訴えたのがダニエルだってえのが気に入りませんでしたけど、ダニエルは、結局はお坊ちゃん育ちだから、自分が好きな相手にはとことん尽くすタイプなのですよね、きっと。でもその気持ちもまた急変しやすい~自分に都合が悪くなるとすぐに裏切っちゃうナルシストだから決して信用できません。今回も、まだマルゴーが好きだ、なんて言ってたようですし。


でも、ということは~スティーヴィーもまた指摘していたように、ジャックの方も今もエミリーを愛しているとなると、やはり最後には、エミリーとジャックが~~という展開も無きにしも非ずなのでしょうかやっぱりエミリーにはジャックがいいよね~( *´艸`)。そのエミリーは、今回のイギリス行きをきっかけに、またしてもエイダンと復縁してしまったようだけど、このエイダンもまたいつ怒りだして去ってしまうか分からんしまたニコが帰ってくるかもしれないし(;´・ω・)


また、ハビエルとともに「マイクローン」を売り出そうとしていたノーランは、その分け前を渋ったばかりにハビエルに逃げられてしまうようです。ハビエルがシャーロットを通してダニエルと懇意になるのは、これまたあまり嬉しくない展開どすな。いっそジャックがシャーロットに何もかも打ち明ければいいですのにねシャーロットはかなり苦手(・。・;


そのジャックの母スティーヴィーは、ヴィクトリアに「メイソンが死んだ」と聞かされてすっかり落ち込んでしまいます。自分が逢いに行ったから殺されたという思考回路は今一つ意味不明でござるが(つまり、コンラッドかヴィクトリアに殺されたと思ってる?)、この辺はきっと、もうお役御免~出番はないからLAに帰ってよいという流れなのでしょうか。いったいこの人何しに出てきたんでしょうね~とつい言わずにはいられない


一方、裏で「グレイソン・メディア」なるものの発足に奔走しているらしいコンラッドですが、今回、パスカルを出し抜いて契約したらしい大物=サウスアメリカン・メディアのアルベルト・ロヤもなんだかすぐに消えそうで萎えますね~。それまたいつか次のシリーズとかに出てくるんかな~


と、まとめてみればまた、実質的な展開は何もない我慢我慢の回でしたリベンジ3も残すところはあと4話~最終回に向けての盛り上がりを期待して、来週も頑張って語らせていただきまするリベンジ3~あともう少しだから頑張って!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 あらすじ 第17話 依存 ますますもたついてきました

リベンジ3のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト(Revenge S3)


リベンジ3Revengeの17話は「依存」(Addiction)です。 リベンジはシーズン2もそうでしたが、この終盤にかけてもたつくのがイライラさせられますね~リベンジ3のあらすじ行きますよ~(^^)/。いったい何をどうしたいのかがサッパリ見えてこないんですが。個人的には、最後のエイダンのセリフだけで良かった気がしちゃいました。もちろん、ノーラン絡みは外せませんけど。以下早速その最後のシーンですリベンジ3~最近は話がさっぱり進まなくてつまらない(;´・ω・)


例のTWMはエイダンの父親だったようです~トレヴァー・ウォーレン・マシス(Trevor Warren Mathis)。Mがマシスを連想させたのでそうかな~とも思ったんですが


ということは、つまりパスカルは、このトレヴァーに(飛行機に)爆弾を積ませた張本人なのでしょうか。だとするとコンラッドたちの紛れもない「共犯」ですから、その口を割ろうっていうのはちと無理な相談かもしれません。


またここで一つ疑問が浮かんだのですけれど、エミリーは、トレヴァーが爆弾を仕掛けた犯人だと知っているんでしたっけ。確か、エイダンがタケダを殺した理由が、タケダがこの事実をダニエルに明かしたからだったはずなのですけど、肝心のエミリーはそれを知っているんかな。エイダンがタケダを殺したことを知っていたぐらいだから、これもまた知っていることになっているのでしょうか。来週になれば分かるでしょうけど。


そのエミリーはついにダニエルと離婚したようです。これもまた朗報ではありましたね


またコンラッドはようやくパスカルに恩を売ることに成功したようです。コンラッドがスティーヴィーに昔話を持ち出した目的は、グレイソン家の権利書を手に入れるためだったようなのです。情にほだされてまんまと騙されたスティーヴィーが気の毒でしたね。まさかパスカルがコンラッドと組んでいるとは知らないヴィクトリアはいい気味でございましたが


そのパスカルとヴィクトリアは、ヴィクトリアがパトリックを捨ててヨーロッパ(フランス)に行った時に知り合ったようですが、パスカルの女好きに怒ったヴィクトリアが、コンラッドを選んだようです。この辺はでもおばさんの興味の範疇ではないんですけど


ここで、コンラッドの目的はヴーレとの合併と明らかで分かりやすいですが、一方のパスカルは何がしたいんでしょうね~。単にヴィクトリアとの焼けぼっくいに火を点けたいだけでは、あまりにもつまらなすぎじゃないですか中高年の火遊びにはまったく興味がないのでござる(;´・ω・)


また、父親の干渉を嫌っていたマルゴーは、こともあろうにダニエルと組み、アメリカのヴーレは、本社の脱税目的のための会社だと警察に通報したのだそうです。これで相手がダニエルじゃなければ大いに喜びたいところなのは、まさにジャックと同じ気持ちです


あの男=ダニエルは君が思っているような人間じゃない!


が、卑怯で姑息なダニエルは、ジャックがエミリーとただならぬ関係にあるとマルゴーに仄めかし、マルゴーにイタリアの有名紙からヘッドハントが来たことを知ったジャックが敢えて引き止めなかったのは、マルゴーが邪魔になったからだと吹き込みます


私はダニエルをよく知っている。あなたがエミリーを知っているよりずっと長くね


ダニエルも、マルゴーにこんな嫌みを言わせておかず、ハッキリと言ってやればいいのにね。グレイソン家の悪事を!!ダニエルは正直さだけが取り柄なのに(-_-;) しかも、実父がそれに加担していたと知ったら、マルゴーはなんていうかな。でも真実を知ってこそ初めて、父の力を一切借りず、本気で独り立ちしようと決意できるんじゃないでしょうかね


このように、最近は肝心の復讐は全く進まず、ますますちんたらムードになってきたリベンジですが、そんな中でも楽しかったのは、ノーランがハビエルにエミリーを紹介したあのシーンです


Javier, my wannabe bestie(=best friend), this is Emily. My actual bestie.
ハビエル、僕の親友になりたい人。こちらはエミリー。僕の本当の親友


エミリーとノーランが仲良くしているシーンはいつ見てもいいですね~


そしてこちらもなかなか可愛げのあるハビエルは、どうやらシャーロットを気に入って近づいていくようです。デクランもそうだったけど、シャーロットの相手っていつも背が低くないですか


と、どうでもいいことに目が行く時は、話がつまらない証なのでござる


あ~いい加減に話が前に進まないかしらね~リベンジ3~なんとか盛り上がってくれ~(>_<)。この状態がこのまま続くようだと、来週には黙り込むかも~でござるよリベンジ3~なんとか面白く盛り上がってくれることを期待しておりまする


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング