このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

隠蔽捜査
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

隠蔽捜査 最終回 あらすじと感想 是非シリーズ化してほしい!

隠蔽捜査もついに夕べが最終回でした。このドラマは今季おばさんが最も気に入って見ていたドラマであり、最後の最後までこの気持ちが変わることはほとんどありませんでした。あの「初恋」のくだりはちとイラッとさせられちまいましたけどね


「いついかなる時でも原理原則を重んじる

竜崎に、その竜崎とは違って時に応じて柔軟に対応はできるものの、

「キャリア官僚は侍だ隠蔽捜査の伊丹も良かった( *´艸`)

の信念だけは決して忘れず、最後には竜崎とともに正義を貫こうと頑張る伊丹だけでなく、

「いついかなるときも己の利益のみを優先する

上條が対極にいるのがまた実に面白かったのですよね~。この3人がまた、常に敵対しているのではなく、彼らなりには互いへの尊敬の念を抱いている?構図もまた実に好ましかった~


と大絶賛はさておき、最終回のあらすじ(ネタバレ)も以下にあっさりまとめておきますね。これもまずまずの結末でございましたよ~隠蔽捜査~最終回のあらすじ行きます~( `ー´)ノ


まず、今回の実行犯は竜崎や戸高の読み通り倉持雅史であり、その「神様=誘拐犯」はやはり議員秘書の田辺でございました。が、その誘拐自体が「狂言」だったことには驚きです。なんと、田辺は中丸と組んで、中丸を「不正融資(2億円)」で脅迫していた運転手の平井を殺すことこそが本来の目的だったのだそうです


フリーターの倉持は、元公安だった田辺の口車に乗せられて中丸を誘拐し、平井を殺すまではふたりの筋書き通りだったのですが、その後はすぐに中丸を釈放するよう求めたものの、人を殺していい気になった倉持はもう「神様」の言うことを聞かなくなったため、田辺が伊丹に泣きついてきたというのが真相のようです。


倉持が小宮山の釈放を要求したのも、こちらは下平の推理通りマスコミの関心を引きたいためだったようですね


最初からとことん竜崎に対抗してきた板橋が、最後には竜崎の「合理性」に感服して敬意を払ってくれたのも楽しかったな~。そうそう、竜崎は常に

「一公務員として国のためにベストな選択

をする男であって、くだらない縄張り意識や上下関係などは、一切気にしない大物なのです。伊丹は倉持確保のために警視庁の「SIT」を出動させると言って聞きませんでしたが、竜崎は、最も短時間で出動できる神奈川県警の「STS」を独断で出動させたのもその表れでしょう

責任は全て俺が取る!竜崎のキメ台詞( `ー´)ノ


こうしてついに板橋の信頼を得た竜崎は無事倉持を逮捕して中丸を救い出すことに成功しました。これで事件は解決を見たかに思われましたが、竜崎は、倉持が持っていた携帯から、倉持を動かしていたのは「神様=田辺」だったと気づきます。とはいえ、田辺は何せ元公安ですから、決して口を割ろうといたしません。


行き詰った竜崎と伊丹にヒントを与えてくれたのがほかならぬ上條でした。上條は例の「湾岸カジノプロジェクト」の資料を二人に見せて、中丸が不正融資を受けていたことを暗に仄めかしたのです。


田辺と中丸の目的は、平井を殺すことだったのか!?


ふたりが早速中丸を連行して事情を聴くと、中丸は、すべては榊官房長も承知のことだとうそぶきます。


なんとなんと、カジノプロジェクトにおける中丸の不正融資を知った榊は、これを立件しないことを条件に、ARCリゾートが経営する施設に、警察のキャリアを継続的に天下りさせるよう取引をしていたのだそうです


中丸は、いざという時のため、

「今後10年間天下りさせるキャリアのリスト

を保管していたようなのですけれど、それを上條がいち早く嗅ぎ付けて、中丸の家宅捜査の際に部下を紛れ込ませ、そのデータが入ったUSBを盗み出し、自分の出世と引き換えに、榊にこれを差し出しました


上條が竜崎たちにこの不正融資のことを知らせたのも、もちろん正義のためなどではなくて、榊にプレッシャーをかけ、自分の昇格を確実にするためのあの男らしい実に嫌らしい演出だったのは言うまでもありません


こうして上條は見事警察庁に返り咲き、結果として上條に利用されることになってしまった竜崎と伊丹はまたしてもふたりの友情を温め合い、慰め合ったのでありました


とまあそれは冗談ですが、敵がここまで図々しいと戦い甲斐があるというものですよねおのれ~上條、覚えていろ!。是非今後もまだまだ続けてほしいものです


それに、単身、神奈川県警に乗り込んだ竜崎のために

「チーム竜崎(野間崎管理官含む)」

が皆家にも帰らずに竜崎を心配していたのも楽しかったですよね~。倉持が誘拐犯だと判明した時の、あの野間崎管理官のガッツポーズがいまだに忘れられません


その上、中丸の不正を竜崎と伊丹に示唆して榊の立場を危うくすることで、自分への恩義を肝に命じさせようと画策した上條が、こともあろうに

「警察庁警備局長

に出世したことを知った副署長と斎藤課長が署長室に飛び込んできた時も大笑いでした。彼らはこの「無念を竜崎と分かち合いたくて駆けつけてきたというのに、竜崎はまた息子の受験の話だと思って

「合格発表は明日だぞ

ととんちんかんな答えをすると、課長が

そんなことじゃなくて(もっと大切なことです!今それどころじゃありません( `ー´)ノ)」

と失言してしまったのです偉くなったな~課長( *´艸`)


もうこの手の細かいコメディシーンは文字通り枚挙にいとまがないほどで、隅々までた~っぷり楽しませてもらいました隠蔽捜査はコメディとしても絶品でした(≧▽≦)。そうそう、神奈川県警の刑事部長に、竜崎がガツンと嫌みを言ってやったシーンも痛快でした。その竜崎を板橋が援護してくれたのも良かったですよね。ここは是非、

「キャリア官僚の不正を暴く時は自分も忘れずに呼んでほしい

と語った戸高同様、今後も是非とも力になってほしいものです。と、もう「続き」があることを信じて疑わないおばさんです。邦彦もなんとか無事東大に合格できたのも何よりでございました


隠蔽捜査は本当に楽しいドラマでした。しつこいようで恐縮ですが、これはSPのみならず、是非ともシリーズ化をお願いしたい次第でありまする絶対続けてくださいね~(≧▽≦)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は隠蔽捜査のレビュー一覧」でお読みいただけます

隠蔽捜査
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

隠蔽捜査 第10話 あらすじと感想 最終回で上條の起死回生なるか?

隠蔽捜査は10話もまたなかなか面白かったですね~。以下早速あらすじ(ネタバレ)です隠蔽捜査のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回最初に大森北署管内で発生したのは、衆議院議員=中丸真造の運転手が殺害されるという事件でした。


これに先んじて竜崎は伊丹から、中丸が遊説の帰り道、羽田に着いた直後に行方不明になったという連絡を受けています。今ではこの中丸の秘書になっている田辺勇作(加藤虎ノ介)という人物はもとキャリア官僚で、伊丹や竜崎たちの後輩だったのだそうです。


どうやら女癖も悪いらしい中丸は頻繁に行方をくらますらしく、すぐに警察には通報したくないという田辺のたっての頼みを聞いた伊丹が、羽田空港の管内は大森北署の管轄だからと竜崎に捜索を依頼していたことが、とんだ結果になってしまいました。


放置自動車の中から刺殺体が発見されました!


この車が中村の車であり、被害者は中丸の運転手の平井進だったという話なのだけれど、この車が放置されていたのは羽田から事務所へ向かう道ではなかったこと、その車には他の車との接触痕が見られたこと、そしてその後も中丸とは連絡が取れないことから、これは計画的な犯行=中丸の誘拐事件ではないかという疑惑が持ち上がります。


どうしてさっさと私に報告をしないのですか!?


またしても野間崎管理官が乗り込んできたその時に、伊丹もまたSITの下平を伴って駆けつけてきました。俺から極秘に捜査を進めるよう指示を出した!も~野間崎さんはまるでモグラ叩きのモグラのようでござるね


そしてここに早速「犯人」と思しき男から連絡が入ります。しかもこの人物は、中丸の関係者にではなく、直接警察の通信指令本部に連絡を入れ、中丸の事件の担当は誰かと聞いてきたそうです。その上その要求はただ1つ~早く事件をマスコミに公表しろ!


下平は(中丸本人に恨みを持つ人間という可能性の外に)世間を騒がせたいという劇場型の犯行という可能性もあると指摘します。


また、この会話の逆探知の結果、犯人は神奈川にある固定電話~公衆電話からかけてきたことが判明しました。


神奈川か。埼玉か千葉、否、せめて静岡まで逃げてくれればよかったのに


こんな時でも「縄張り」を気にせずにはいられぬ伊丹がまた可笑しかった。神奈川県警は、警視庁と最も相性の悪い相手、まさに犬猿の仲なのだとか。


仕方ない、サルに頭を下げてくるか


そう言いながら、神奈川県警の刑事部長の本郷を呼びつけた伊丹は、やはり頑なな本郷の姿を見て閃きます。この最悪の状況下でもぶれることなく犯人逮捕にまい進できる男はあの男しかいないっ!!嫌なことはなんでも竜崎に押し付けっちゃう伊丹が好きです( *´艸`)


こうして竜崎はついに神奈川まで足を運び、この事件の陣頭指揮を執ることになってしまいました


「神奈川県警の板橋課長にはくれぐれも気を付けてください!」


元部下の谷岡のみならず、今度は牛島審議官からも激励の電話がかかってきます。この事件には榊官房長も注目しておられる!


こうなると、この事件解決の暁には竜崎の警察庁復帰?な展開も望めるかもしれません。ま、おばさん個人的にはずっと大森北署の署長でいつづけてほしいでやんすが


満を持して出向いたその神奈川県警での扱いは、予想をはるかに上回り、まさに竜崎は孤立無援~四面楚歌状態に置かれてしまいます。ただ一人、指揮本部を置いた横須賀南署の署長でキャリア出身の島村だけが竜崎の命令に従ってくれるという有様なのです。


噂には聞いていたがこれほどとはさすがの竜崎もお手上げか?


大森北署ではこれ以前に、戸高の活躍?(手にしていた競艇の新聞から竜崎がピンときた)によって、犯人はボートを使って逃走したのでは?という疑いが浮上していたため、戸高がこれを追跡捜査した結果、船内に血の付いたタオルが残っていた白いプレジャーボートが発見されます


そのボートが停泊していたのが横須賀だったと聞いて、勝手に縄張りを荒らしたと怒りだす板橋たちが、腹立たしいというよりむしろ「哀れに見えてしまったのはおばさんだけでございましょうか。特に「警視庁」に対抗心を燃やすというのは、ほかならぬコンプレックスの表れでしかないと一目瞭然なのが痛ましい限りでござる


「犯人を逮捕するのが最優先で、どこの事案かなどという縄張りは一切関係ない!


確かに伊丹からは、この事件は決して神奈川県警に主導権を握られることなく必ず警視庁の手柄にしろ!と言い含められては来ているのですが、あの竜崎にそんなことを言っても、文字通り

「豚に真珠

でございますからね


また竜崎は当初より、このボートの追跡とともに公衆電話の割り出しにも力を入れていました。下平の分析によると、犯人からの通話では雑音が一切聞こえなかったことから、人気の少ない静かな場所に設置してある公衆電話を捜しだし、そこに刑事たちを張りつかせるよう指示を出していたのです


竜崎がこれらの状況を説明していた際、板橋がいきなり黙ってテレビのスイッチを付けたのには驚きました。神奈川県警が3年前に挙げたという殺人犯=小宮山に対する最高裁の判決が下されたため、刑事たちは中丸の事件そっちのけで大騒ぎしていたのですけれど、他ならぬ誘拐犯が、この小宮山を釈放するよう要求を突き付けてきます  


犯人は小宮山の関係者に違いない!


これは単に目立ちたいからだと主張する竜崎そっちのけで小宮山周辺の捜査にあたった県警の刑事たちは、小宮山には船舶操縦免許を持つ弟がいることを突き止めてきます。


それ見たことかと不敵ににやりと笑う板橋の姿にも竜崎の信念がぶれることはありません決して逃がすな!。誰が犯人であろうとも、次の電話の際に、見張りを付けた公衆電話に姿を見せた人物が犯人だ!竜崎負けるな( `ー´)ノ


ところがこの推理が見事に外れてしまいます。犯人からの電話の際、島村が指定した3カ所の公衆電話には誰一人姿を見せなかったのです!!いったいどういうことだ?


ニヤニヤと笑う板橋そっちのけで頭を抱える竜崎です。いったい犯人はどこから電話をかけているのか?雑音の無い場所が他にもあるのか?


と、ここまでは竜崎目線で見てきましたが、視聴者側には他にいくつかのヒントが与えられています。まず、犯人はふたり~実行犯とこれを指示しているらしい人間がいるということ。実行犯は、その相手を

「神様」

と呼んでいますが、途中からは、その指示に全面的に従うことに不満を抱いていたようです。


そしてどうやらその実行犯は、戸高が突き止めた白いプレジャーボートの所有者の息子=倉持雅史らしいです。まだ決定ではありませんし、確証はまったくありませんが、流れからしてその可能性が強いと思われます


問題は「神様」が誰かということ~板橋の推理通り小宮山の弟なのか、はたまた意外なところで(ミステリーの常道として)最初に捜索願を出してきた田辺勇作が怪しいようにも思われます


また「雑音の聞こえない場所」にあるはずの公衆電話ですが、どうやら堀之内駅前の電話ボックスがそのようでしたよね?


その上この事件には、またしても「隠蔽」が絡んでいるようなのです。これをいち早く嗅ぎ付けたのが上條だったというのはなかなか楽しかったですね~敵ながらあっぱれ。あの男はああしてありとあらゆるところに独自のアンテナを立て、人の弱みに付け込みながら今の地位を獲得してきたのでしょう


その地位が脅かされていた今、辞表を用意した上に身辺整理までし始めていた上條が、小宮山の判決の話と中丸が行方不明だというニュースを聞いて、まさに「起死回生」とばかりに荷物の中から必死で捜したのが

「湾岸カジノプロジェクト」

というファイルでした。その企画をしたのが中丸であり、ARC Resort & Hotelsという企業だったようなのです


自分の進退をかけてこのファイルを手にオフィスを訪ねてきた上條の姿を見た榊の顔が青ざめます。榊は牛島とともに何かを隠していたようなのですが、それをついに上條に知られてしまったようなのです。


いったいこの誘拐事件の裏にはなにが隠蔽されていたのでしょうか?


一方、今回は竜崎の息子の邦彦が東大を受験するというのに、前日に高熱を出したのみならず、試験会場でも倒れて緊急搬送されるという非常事態も起きています。大森北署の職員全員が邦彦の合格を祈っていてくれると知って、さすがの竜崎も嬉しそうにしていたのが、実に良いシーンだったのですけれど


毎週いつも楽しんで見てきた隠蔽捜査~泣いても笑ってもついに次週が最終回です。来週の放送が今からとぉ~っても待ち遠しいです



このシリーズは絶対小説も読んでみたいです: 隠蔽捜査 (新潮文庫)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は隠蔽捜査のレビュー一覧」でお読みいただけます

隠蔽捜査
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

隠蔽捜査 第9話 あらすじと感想 変人ではなく「まとも」なのでは?

隠蔽捜査の9話は「ついに上條失脚へ!変人コンビがキャリア官僚の大罪を暴き出す!」です。これはいつも思うことなれど、確かに少々変わり者ではあるかもしれませんが、竜崎や伊丹の感覚こそが「普通=まともであって、上條や野間崎の感覚の方が異常だと思うのはおばさんだけなのでございましょうか?今回はこの野間崎の変貌も見どころでしたね~以下早速あらすじ(ネタバレ)です。


まず前回取り上げられていた3つめの麻薬売人の件が、他の2つの外務省官僚の事件とつながっていることがこのたび判明いたしました。やはり、戸高が捕まえたヤクの売人が所属していた隆東会こそが、コロンビアマフィアとつながっていたようなのです。八田をひき逃げしたのは隆東会の幹部=天木だというネタを戸高が仕入れてきました。


実際ドラマでは、このコロンビアマフィアの件に関しては最後まであやふやなままだったのですけれど、多分この解釈で間違いないと思われます


情報屋から手に入れたこのネタを元に捜査を進める大森北署にまたしても野間崎が乗り込んできます。また厚労省の麻取から抗議の電話がありました!


が、竜崎はあくまでも「殺人事件の捜査」をしているだけだと譲りません。そこへ今ではすっかりこのドラマの「水戸黄門時間帯が時間帯だけに欠かせないのか(;´∀`)と化した伊丹がやってきて、この小うるさい野間崎を追い払います


捜査は進んでいるか?昨日の話、考えてくれたか?


朝っぱらから冗談は顔だけにしろなどと言われていた伊丹は昨日、自分は公安に監視されていて身動きが取れないことを理由に、今回のひき逃げと殺害事件は2件まとめて竜崎が本部長として陣頭指揮を執るよう依頼してきていたのです。


何を今さら躊躇しているんだ?


普段から何よりも「合理性」を重んじるはずの竜崎がこの依頼を渋る理由を伊丹が尋ねたところ、どうやら竜崎は、柄にもなく、所轄の署長ふぜいが警視庁の刑事を指揮しても聞いてなどもらえない、しかも、それでは刑事部長としての伊丹のメンツが丸つぶれになるとためらっていたそうなのです。


俺が言ってきかせる。事件が解決できれば、俺のメンツなどどうでもいい!


このドラマが始まった頃の伊丹は、後に上條が言い表したようにちょっと弱腰に見えていたのが、今では嘘のようにカッコいいですね~。もうどこにも太巻@あまちゃんの面影などありませんよ。実にかっけー!です


竜崎もついに「幼馴染」の頼みを受け入れますが、その際に出した「条件」もまた良かった。二つの事件に関わっていて、それなりに権威のある人間を俺の下につけてほしい~野間崎管理官が適任だろう


普段から犬猿の仲だった竜崎に呼ばれた野間崎は、最初は怪訝な面持ちでいたものの、竜崎には決して他意はなく、二つの事件が起きた第二方面本部の責任者という野間崎の適性を認めただけだということを次第に理解していきます


この判断は仕事を進める上では実に合理的かつ必要不可欠なもののはずなのだけれど、仕事の効率よりもそれぞれの「思惑や立場」を優先させていた野間崎にとっては、まさに青天の霹靂だったようです


また、戸高を信じた竜崎が、ひき逃げ犯として隆東会の天木の逮捕状を請求したのを受けて、またしても麻取の矢島が怒鳴り込んできた時も~これはもうお約束~実に楽しかったです


こうなったら、警察庁の刑事部長に連絡し、この捜査本部を解体させてやる!!


そういう割に、その刑事部長の名前も連絡先も知らない矢島に、署長の竜崎のデスクの電話を差し出して

伊丹、刑事部長です。内線の1番でつながります」

と素知らぬ顔をしてそう言った副署長がまた見事なタヌキぶりでしたよ。電話がつながったとたん、矢島より早く竜崎が、

「ああ、竜崎だ

とエラソーにしゃべり始め、それに伊丹もため口で答えたのを聞いていた矢島が、またしても印籠を差し出された悪代官の如く大人しくなってしまう光景を見た野間崎は、実に複雑な心境だったことでしょうね~。あなたも人が悪い


でも竜崎はあくまでも意地悪がしたくてやっている訳ではないのです。あの場において、最も効率的かつ迅速に矢島を黙らせるには、伊丹という印籠を差し出すのが何より手っ取り早かっただけなのでござるこの合理性がたまらんね~( *´艸`)


が、一連の事件の真犯人が捕まり、自分たちのおとり捜査が暴露されてしまうことを何よりも恐れていた上條と折口はことごとくふたりの邪魔をしてきます


またしても以前の二の舞で潰されてしまうのか~そう諦めかけた伊丹に、竜崎は今度は自分たちが「切り札」を握っているのだと励まします。今最も窮地に立たされているのは俺たちではない、上條総括審議官だ!敬称を略さないところがまた竜崎らしい( *´艸`)


竜崎が再び、外務省の内山に接触していることを嗅ぎ付けた上條は、ついに伊丹を呼び出し、真相をちらつかせた上で、その口を塞ごうと画策しました


おとり捜査は外務省と合意の上での機密事項だ。これが明らかになれば、警察の権威も地に落ちる


ここでの伊丹がまたえらく素敵だったのでござるよ


キャリア官僚はだ!おまえは素人同然の外務省の人間を捜査に巻き込んだうえに、死んだ彼らに対する責任さえ取ろうとしない!おまえがここまで来れたのは、他人に詰め腹を切らせてきたからだ!今度は自分で腹を切れっ!!それがキャリア官僚だ!( `ー´)ノ


それでも何とか更なる追求を阻止しようとした上條でしたが、ついに戸高が決定的な証拠をつかんできます。厚労省からの横やりで「ひき逃げ犯」の逮捕を見送らされていた戸高は、1件1件廃車業者をしらみつぶしに当たり、そこで、天木が八田を轢いた痕跡の残っていた車をついに発見したのです


よぉ~し!残された血痕が八田の物と一致したらすぐに天木を逮捕しろ!!全責任は俺が取るっ!


さすがにここまでの証拠が挙がっては、公安も口が出せぬようです。それでも自分の命令は絶対だと豪語する上條は、もはや常軌を逸しています


途中、行方が分からなくなった天木を追うのには、野間崎が奔走してくれました。大森北署だけでは足りなくなった人員を、他の署に連絡してかき集めてくれたのです。これは竜崎が矢島に対して言ったこと、それにその他の竜崎の行動が、彼の警察官魂を呼び起こしてくれたのでしょう

省や庁、階級を持ち出す前に、全国にいる29万人の警察官も皆、あなた同様犯人を捕まえたいと願っていることを決して忘れないでほしい!


見事に天木を捕まえたとの知らせを受けた竜崎が野間崎の協力を評価した際、野間崎が

「当たり前のことをしたまでです

と答えたのは嬉しかったですよね~いいとこあるじゃ~ん


その後竜崎は伊丹とともに、上條のもとへ引導を渡しに行きました。


が竜崎は、今も尚おとり捜査のためにマフィアと接触している外務省職員の安全確保のため、事件の背景を公開するのは控えたようです。その代わりに、自分も以前追いつめられた小田切首席監察官に、上條の所業をすべて告発したそうです


「私はふたりの変人に負けた。これで本当に終わりなのか!


ところが、呆然とする上條にもエールを忘れないのが竜崎であり、伊丹だったようです


内山にも言ったように、

決して諦めてはいけない、国家公務員の仕事はどこにいてもできる

そう上條を励ました竜崎は確かに変人かもしれませんね~。伊丹もまた、腐っても同期だから、辞めるなよ、と声を掛けます


これが果たして良かったのか悪かったのか~上條は来週再びその刃を二人に向けてくるようです。どうやら最終回ではないらしいので、あと2回というところでしょうか?


隠蔽捜査」は最後までいったいどんな闘いを見せてくれるのか、まったく油断がなりません隠蔽捜査~終わっちゃうのが寂しいです~(;O;)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は隠蔽捜査のレビュー一覧」でお読みいただけます

隠蔽捜査
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

隠蔽捜査 第8話 あらすじと感想 キャリア官僚連続殺人に隠された秘密

隠蔽捜査の8話は「キャリア官僚連続殺人―外務省VS警察庁!? 恐るべきワナを見破れ!」です。これまた込み合っていてなかなか面白い事件でしたね~。まだ解決はしておりませんが、以下早速あらすじ(ネタバレ)をまとめさせていただきます。


まず今回は3つの事件が起きていました


  1. 竜崎のいる大森北署の所轄で起きた「ひき逃げ事件」、
  2. 隣の東大井署管内で起きた「惨殺事件」、そして
  3. (たぶん大森北署管内で発生した)「麻薬取引事件」。

これがほぼ同時に起きた上に、1つめと2つめの事件の被害者がともに

「外務省」

の人間(ひとりは現役ひとりは退職者)で、ともに「南米」に関わっていたことが判明します。


ひき逃げの被害者は八田道夫、65歳~既に退職して現在は無職でしたがかつては在ブラジル大使館に赴任した経歴の持ち主、隣の管内で殺された人物は現役のキャリア官僚=若尾光弘(41歳)で、伊丹の情報によれば、喉を切り裂かれて舌を引き出されるという

「コロンビアネクタイ」

と呼ばれる方法で殺害されていたそうです。これはコロンビアマフィアが使う手口で「見せしめを意味しているのだそうです。実際、若尾は在コロンビア日本大使館に勤務していた経歴の持ち主です。


伊丹によると、若尾の事件には「公安」が出張ってきている上に、その容疑者が外国人の可能性が高いことから、外務省では外交関係の悪化を恐れたのか、すっかりかん口令が敷かれてしまっているようです。


公安の持っている「コロンビアマフィアのリスト」さえ手に入れば手がかりがつかめるかもしれないのにと、伊丹は早速、警察庁公安課の課長=折口に交渉しますが、この折口がまた上條の子飼いのようで、シラを切りとおされてしまいます


ここでちょうど、娘・美紀の恋人が乗る予定だった飛行機が墜落したとの情報を受けた竜崎が、冴子のたっての頼みで「つて」を使って電話した相手は外務省第三国際情報室の内山(堀部圭亮)という人物でした。


折よく陣中見舞いと称して現れた(ホントは竜崎のことが気になって仕方ない)伊丹は、早速竜崎をけしかけますおまえも警察官僚ならエビ鯛でうまく聞き出せっ!!~ちょうどいい、その男からできる限りのことを聞き出せっ!!


もちろん、相変わらず四角四面の竜崎は「それはそれ、これはこれだと譲りませんでしたが、その意に反してむしろ内山の方が積極的に探りを入れてきたことで、さすがに竜崎も気づいたようです~これには何か裏がある


そしてその予感は見事に的中、内山の背後には上條の姿がありました。どうやら公安にこの捜査を命じたのは上條で間違いないようです。が、内山も、そんな上條を全面的に信頼しているわけではなさそうです


一方、3つめの「麻薬取引事件」では、戸高が隆東会のヤクの売人を検挙したのですけれど、ここには「厚労省」がしゃしゃり出てきます。何でも厚労省には麻薬を取り締まる麻薬取締部(通称「麻取」)があるそうで、この麻取が

「泳がせ捜査」

をしていた売人を戸高が捕まえてしまったために、捜査が台無しになってしまったと、麻取の矢島が怒鳴り込んできたのです


ここも本当は矢島が竜崎を呼び出したのに、泳がせ捜査について一切知らされていなかったとの報告を受けた竜崎が頑として譲らなかった~自分たちの捜査に落ち度はないと聞き入れなかったため、矢島が乗り込んできたのです。どうせ無駄足になるのにね~


さていったいこの3つの事件がどう絡まっていくのでしょうか面白くなってきた~(≧▽≦)


最初の2つの事件に関しては、同じ「南米」に関わるというだけで結びつけるのにはかなり無理があったところ、以前竜崎が「借り」を作っていた東日新聞の福本から耳寄り情報が飛び込んできました。この2つの事件には関わりがあるんだろう?こっちは、八田が頻繁にコロンビアに入国していたという情報を掴んでいるんだ。


やはりここには「コロンビアマフィア」が関わっているようです。以下ネタバレです。


どうやら殺されたふたりは警察庁の人間からコロンビアマフィアの「潜入捜査(おとり捜査)」を命じられていたようです。当時コロンビアに派遣された警察庁の人間を、警察庁の部長以上の人間がアクセスできるデータベースで調べてみると(伊丹のパスワードは愛妻の誕生日です)早速、折口が浮上しました。そして当時の折口の直属の上司は、もちろん上條その人です


ふたりが出世できたのも、裏でこんな捜査をしていたからなのですね~。しかも自分の手は一切汚さず、危険は一切他人に押し付けて、いかにも上條らしい陰湿で汚いやり方です


八田が退職後天下りもせずにいられたのも、この口止め料として何らかの見返りをもらったからに違いなく、若尾もまた上條から何か弱みを握られていたのかもしれません


そしてその二人が殺されてしまった今、上條はこれらをすべて隠蔽しようとしているのです上條、許さんっ!( `ー´)ノ


案の定、同僚が殺されて悔しくないのかと、竜崎に正面から懐に飛び込まれて、つい、外務省職員が捜査を行うこともあるという一般論を口にしてしまった内山は、来週早速降格されてしまったようです。それにコロンビアマフィアとくれば麻薬ですから、3つ目の事件もきっと関わってくることでしょう。


いや~なんとかして、上條のこの悪事を白日の下にさらしてもらいたいものです。隠蔽捜査は来週も決して見逃せませんねっ!!隠蔽捜査が面白いよ~( *´艸`)


~ちなみに美紀の恋人は墜落した飛行機には乗っていなかったそうで無事だったようですよん


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は隠蔽捜査のレビュー一覧」でお読みいただけます

隠蔽捜査
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

隠蔽捜査 第7話 あらすじと感想 初恋を卒業して1つ大人に♪

隠蔽捜査は7話もなかなか面白かったですね~。中でも「葉隠」や「婆子焼庵」(禅の公案)などが、伊丹、そして竜崎それぞれのキャラとベストマッチだったのが実に楽しかったです葉隠はいかにも伊丹らしいし禅も竜崎にぴったり♪。となると、いつも孔子や孟子を盛んに引用している(そのくせちっとも身についてないあの上條はいったい何を信条にしているのでしょうか。以下、簡単なあらすじ(ネタバレ)です隠蔽捜査が面白い(^^)/


どうやら遺体で発見された布施はテロリストの一味だったようです。元々小島とグルだったのが、何らかの理由で仲間割れとなったと判断した竜崎たちはその線で捜査を進めようとしましたが、ハックマンを初めとするアメリカのSPはそれでは納得できないようです。


空港を閉鎖もせずにいったいどうやってテロリストを捕まえるというのだ?


3日以内に目処をつけなければ大統領の訪日をキャンセルするとまで言いだした彼らに、我らが竜崎が見事な啖呵を切りました。必ずやテロリストを捕まえてみせます!私は日本の優秀な捜査員たちを信じている!!絶対に逮捕してみせる!


これは、日本人は「善処する」や「ベストを尽くす」としか言わないのが卑怯でもどかしいとけなされたことへの反抗心か、それとも、愛しい人の前で良いところを見せたかったのか、7-3ってとこでしょうか


~そのくせハックマンも言ってましたけどね~「Do your best!」って


こんな非常事態だというのに竜崎の恋患いは相変わらずで、元部下の谷岡までもが心配して電話をかけてくるほどです。畠山は確かに同性の目から見ても魅力的です。でも、今はその感情は抑えられた方が良いかと


一度一緒に顔を合わせただけなのに既に気持ちを見破られてしまったと気づいた竜崎は、どんなに照れ臭かったでしょうね~恥ずかしい~っ(*´Д`)。でもミエミエですもんね


君はやっぱり最高の部下だ。最高の部下の言うことは必ず心に留め置くこういう素直さがたまんないんだろうな~


またここで、竜崎の留守を任されていた貝沼副署長と斉藤警務課長が、自分たちも警備本部に加えてほしいと申し出たシーンにもジーンとさせられてしまいました。貝沼副署長は既に(判子の押過ぎで)腕を痛めてようなのにもかかわらず、その上、竜崎を助けるために、3日3晩不眠不休になりそうな仕事に加わりたいというのです


それまでずっと恋愛ボケしていた竜崎は、そんな部下たちの真心を無にしてはならないと思い立ち、竜崎のアドバイスもあって、

「先人に学ぶ」

ことにしたようです。捜査に専念するために、ここは何としても畠山をこの胸から追い出さなければならない!


その竜崎が手にしたのが冒頭でも触れた「禅の公安」であり、目にしたのは「婆子焼庵」でした。簡単にまとめると、若い娘に誘惑された年配の坊主が、自分にはそのつもりはないと断ったら、ふたりを結ばせようとした老婆の怒りを買い、住んでいた庵を燃やされてしまったという話なのです。この老婆の声を古田新太さんがアテレコしてたのにも笑った~


おばさんは伊丹同様とても単純人間なので、禅よりも葉隠れの方が分かりやすい~この公安の意味は今一つよく分からんかったんですが、竜崎は、坊主が自分の心をごまかすべきではなく、娘への恋情にもがき苦しむ道を選ぶべきだった、と解釈したようです。ま~恋する男は、実に手前勝手な解釈をするもんです


でも、どんなに苦しもうと死ぬわけじゃないと開き直ったおかげで、竜崎はようやく恋の虜から逃れることができ、捜査に集中することができたばかりか、畠山の持っていた「女としての魅力」ではなく「捜査官としての能力」をも見抜くことができたというのはなかなかでした


その後、空港には二人の他にも共犯者がいたと判明したのですけれど、なんと竜崎は、その共犯者逮捕に関する指揮の全権を畠山に与えたのです。君ならきっとできる!!


そうして畠山は竜崎の期待に応え、見事にテロリストたちを一網打尽にすることができました。もちろんそこには戸高の活躍もあってのことです。


またいつか一緒に仕事ができれば、と別れ際に畠山に声をかけた竜崎は、図々しくも一言こう添えずにはいられなかったようです。私に対する気持ちをアイヌ語で伝えてほしい


それが「アイヌコロ=尊敬している」でした。「隠蔽しないスタッフBLOG」さんによるとこれは本来「アイヌを持つ(コロ)」という意味なのだそうです。アイヌの人々はよほど自分たちに誇りを持っているということなのでしょうか


よかったね~竜崎、そんな素敵な女性にアイヌコロと言ってもらえて


ここはすっかり冴子の気持ちになって竜崎を見つめてしまったおばさんでした


そうそう、その冴子ですが、今回のこれが竜崎の初恋だとするなら、冴子とはお見合いだったのかしらん?とずっと不思議だったのですけど、どうやらふたりは大学時代に知り合ったそうで、竜崎にとって二人の結婚は「成り行き」だったというのが正しいみたいです。あの竜崎のことですから、官僚になったらすぐに身を固めるべきだ、それにはしっかり者の冴子がうってつけだと素直にそう思ったのでしょう。


冴子自身、自分と一緒になったせいで、竜崎に燃えるような恋を経験させてやれなかったと言っていましたからね~。


この冴子という女性もまたいかにも男性が描く理想の女性像ですな。まさに戦国時代の妻のように、亭主のために家を守り抜く賢い、時には軍師のような妻。多少の浮気は許してやる~鈴木砂羽さん、ピッタリです。竜崎に下着を届けに行った冴子が畠山を見て、


あああんなに素敵な女性なら夫が夢中になって当然だ。そんな機会があってよかった


と心から喜んでいたらしいのも見ている分には楽しかったです。でもそんな妻には今時きっとなかなかお目にかかれません


娘の美紀が言ったように、冴子が貰ってやらなかったら、竜崎は今もまだ独身だった~他の女性では即捨てられた~というのが図星でしょう。上司としては頼り甲斐があっても夫としてはう~んですものね~竜崎って


そして、ついに離婚を覚悟していた伊丹のところも、妻の浮気相手は「男性」ではなく「陶芸」だったようで何よりでした。ああ見えて伊丹は結構な妻思いなのですね~是非奥様にも登場してもらいたいものです。きっとものすご~く美人なのに違いありません


と、なかなか楽しいエピソードでしたが、来週はもう少しがっつり骨太ミステリーを展開してほしいものです。隠蔽捜査は続きもとっても楽しみでございまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は隠蔽捜査のレビュー一覧」でお読みいただけます

隠蔽捜査
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

隠蔽捜査 第6話 あらすじと感想 スクエアな竜崎の初恋とテロ

隠蔽捜査の6話は「恋に落ちた警察署長…意外な刺客 来日の米大統領をテロから守れ!」です。この副題にもあるように今回の見どころはズバリ2点~恋話とテロ事件です今週もまた隠蔽捜査のあらすじ行きますよ~(^^)/


「美しい女性を刺客に送るパターンはアメドラ(セッ〇ススキャンダル)や時代劇ではお馴染ですが、日本の現代ドラマではなかなかお目にかかれません。今回はあの「スクエアな竜崎」「アイヌの血を引く女刺客」に魂を抜かれてしまったというのはでもなかなか面白かったです。しかも皆にバレバレでしたし


が、ミステリー好きなおばさんとしてはやはり、

「捜一の刑事の情報屋が国際テロリストに殺された

かも知れないほうが大注目でしたけどね~。そこに素早く目をつけて早速捜査に取り掛かった戸高がまたいい。その「お手柄」に免じて、事故発生現場が「競艇場」の近くだったことはお目こぼしにしてもらわないと


以下、簡単なあらすじ(ネタバレ)をまとめておきます。


まず、この刺客=畠山美奈子(伊藤歩)を送ってきたのはいわずもがな、あの上條です。それもまた何とも念の入ったやり方なのには呆れてしまいましたこれまた大層なイケズですな


  1. まず、アメリカ大統領の訪日を前に、大統領機が到着する羽田空港が含まれる第二方面警備本部の本部長に竜崎を抜擢させ、
  2. その上で、警視庁警備部長の藤本実(金田明夫)を通して、女キャリアの畠山を秘書として送り込むよう仕向ける。

ドラマでは、前者が上條の仕業かどうか明らかではなかったのですが、この人事が通常のものでない以上、ここに上條が何らかの形で関与したものと見るのが自然でしょう。でも畠山本人には自覚がないものと思われます。


目障りな同期など自分ならさっさと潰してしまうのに、上條は優しいとうそぶく藤本もなかなかの食わせ物のようでしたが


そしてまた、竜崎がこれにまんまと&面白いように簡単に引っかかってしまうのが情けなかったですね~。恋に縁のなかった変人に「恋愛」の話をしてもまったく理解できないと、息子や嫁からけなされていたはずが、畠山に恋してからは、交際相手から結婚を迫られても今は仕事の方が大切だという娘に、

「相手の気持ちも考えろ!それほど結婚したがっているのに可哀想じゃないか

と説教するとはエライ変わりようです。あれでは伊丹が心配して、泊まり込みで竜崎を見張らざるを得ないのも当然です。でももう冴子は気づいているのではないでしょうかね~竜崎のこの変化に。


しかも、この人事に最も不服を唱えそうな野間崎もまた、竜崎の畠山への恋心を見抜いていたようなのです。もしかして、最初の人事の時点で既に、この男も上條と共謀していたのでしょうか


女性官僚とのスキャンダルは致命的だ!


これまでは全て「不可避」の事態でしたけど、今度ばかりは今からでも自分の心がけ次第で避けられます。が、何せ原理原則重視かつ嘘をつくのが大嫌いという竜崎ですから、来週は、自ら墓穴を掘りそうなのが心配です。どうやら「恋の告白」をしていそうな雰囲気ではありませんでしたか?


も~おっちゃん、自分の姿を鏡でよく見てみいや~相手にされないことに気づきなさい( `ー´)ノ。若い女性官僚に憧れられたのを鵜呑みにして、家庭を捨てるなんて、もはやシャレではすみませんよ


とまあこちらは、自分もまた妻の晃子の不倫でもはや離婚が不可避かと悩む伊丹に任せるとして、もう1つ面白かった「テロ事件」の方もまとめておきます。


大統領の警護要員として先に来日したケン・ハックマン(岡田浩暉)が、空港で怪しい人物を発見しました。さっそくこれを竜崎が伊丹に問い合わせて調べさせると、なんとその男が、捜査一課の刑事の情報屋=布施純一(正木俊和)だったことが判明します。布施はフリーライターで、都内の風俗店に精通していたそうです。


一方、先に管内で起きた追突事故の「行方不明者」が気になってその後を追っていた戸高がそのトラック運転手=小島久雄のアパートを調べに行くと、部屋にはひどい異臭が漂い、押入れからはひとりの男性の遺体が発見されます。その男がどうやら布施だったようです。


ということは、テロ事件に関する何らかの情報を得て空港で張り込んでいたらしい布施が、更なる決定的な証拠を手に入れたことで、テロ事件関係者の小島に殺されてしまったということなのか。それとも他にまた何か隠された裏があるのか


いや~これは面白くなりそうです。隠蔽捜査は来週の放送が今からとっても楽しみでございまする隠蔽捜査が面白い( *´艸`)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は隠蔽捜査のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング