このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧

グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4のあらすじと登場人物のリストですグッドワイフ4あらすじ一覧。主な登場人物に関しては、S4に登場した状態で明記しますので、それ以前の情報はS1~3までのリストをご参照くださいますように


グッドワイフ あらすじと登場人物】



【 グッドワイフ4 主な登場人物 】


アリシア・フロリック-Alicia Florrick(Julianna Margulies)
ロックハート&ガードナー法律事務所(以下LG)のアソシエート弁護士で、夫のピーターとは復縁を考慮中。ザック、グレースとともにシカゴ・ハイランドパークのアパートに住んでいる


ピーター・フロリック-Peter Florrick(Chris Noth)
アリシアの夫。州知事をめざし、DMCの指名を受けるべく奮闘中。アリシアとの復縁を望んでいる


ザック- Zachary "Zach"(Graham Phillips)
アリシアとピーターの長男。ワシントン大学への進学を希望?


グレース- Grace(Makenzie Vega):
アリシアとピーターの長女


ジャッキー(ジャクリーン)・フロリック-Jackie Florrick(Mary Beth Peil):
ピーターの母。S3で入院したが無事退院するも(?)


ヴェロニカ・ロイ-Veronica Loy(Stockard Channing):
アリシアとオーウェンの母親


オーウェン-Owen Cavanaugh(Dallas Roberts)
アリシアの弟。ゲイ



ダイアン・ロックハート-Diane Lockhart(Christine Baranski)
LGの共同経営者。経営難に頭を痛めている。アリシアの良き理解者


ウィル・ガードナー-Will Gardner(Josh Charles)
LGの共同経営者。S3で謹慎処分を受け、S4第1話でその処分が解ける


カリンダ・シャルマ-Kalinda Sharma(Archie Panjabi)
LGの女性調査員。S4でようやく夫のニックが登場。カリンダはとっくに別れたつもりでいる、裏社会に住むニックとの攻防が見もの


ケイリー・アゴス-Cary Agos(Matt Czuchry)
弁護士~検事~弁護士という経歴の持ち主で、アリシアとはLGの同期。再び戻ってきたLGでどんな活躍を見せるか


イーライ・ゴールド-Eli Gold(Alan Cumming)
ピーターの選挙対策マネージャー兼LGの所員かつ上客。ピーターとアリシアの間での気苦労が絶えない


デヴィッド・リー-David Lee(Zach Grenier)
LGのシニア・アソシエート


クラーク・ヘイデン-Clarke Hayden(Nathan Lane)
LGに派遣されてきた管財人。ウィルは彼を「毛沢東」と名付けた(笑


ハワード・ライマン-Howard Lynn(Jerry Adler)
ロックハート・ガードナー創設時のパートナー弁護士


ステイシー-Stacie(Julie Sharbutt):
LGのアソシエート


ジョン・ゴールトナー-John Gaultner(Robbie Sublett):
LGのアソシエート


ロビン・バーディーン-Robyn Burdine(Jess Weixler):
司法省でテロリストの金の動きを追跡した実績を買われてLGの新しい調査員に採用される。イリノイ大で刑事法の学位を取得するもマイナーはバレエ。両親は元ヒッピー?



ルイス・ケニング-Louis Canning(Michael J. Fox マイケル・J・フォックス):
新しい債権者


シモーン・ケニング-Simone Canning(Susan Misner):
ケニングの妻



エルズベス・タシオニ-Elsbeth Tascioni(Carrie Preston):
S1からお馴染の一風変わった切り口のランボー弁護士



ラナ・ディレイニー-Lana Delaney(Jill Flint):
FBI調査官。カリンダの元?カノ



ニック・サベリーズ- Nick Saverese(Marc Warren)
カリンダの夫。自称レッカー業者でLGのクライアントでもある


ビル-Bill(P.J. Brown)
ニックの知り合い。カリンダを脅そうとやってきて逆にこんてんぱんにのされる


メリンダ-Melinda(Tawny Cypres)
カリンダのGF。警察犬の訓練士



マイク・クレスティーバ-Mike Kresteva(Matthew Perry)
州知事選をめぐるピーターのライバル。(悪徳)弁護士。小児がんを患う息子のジャックスをキャンペーンに利用している


ウェンディ・スコット・カー-Wendy Scott-Carr(Anika Noni Rose)


元ピーターのライバル。現在は司法省の役人?


ペギー・バーン-Peggy Byrne(Kristin Chenoweth)
ジャーナリスト


デイヴィッド・ラガーディア-David LaGuardia(Hamish Linklater):
司法省の役人。選挙資金規正法違反を取り締まる。アコーディオンが趣味


ジョシュ・パロッティ-Josh Perotti(Kyle MacLachlan):
司法省の役人。ウェンディ・スコットカーの後任



ライオネル・ディアフィールド-Lionel Deerfield(Edward Herrmann)
過去にウィルと大いに因縁の有る弁護士



マディ・ヘイワード-Maddie Hayward(Maura Tierney )
LGの新しい大家。半導体女王と呼ばれる大物。アリシアを気に入ってピーターを支援するも??



ヴァイオラ・ウォルシュ-Viola Walsh(Rita Wilson)
ダイアンの天敵弁護士



バッキー・ステイブラー-Bucky Stabler(Brian Dennehy):
行政機関の代理人を務めることが多い弁護士



ジム・ムーディー-Jim Moody(Skipp Sudduth)
選挙スタッフ。イーライの部下でジャッキーのお目付け役



ジェニーバ・パイン-Geneva Pine(Renee Goldsberry)
凶悪犯部門の検事補


マタン・ブロディ-Matan Brody(Chris Butler):
古株の検事補


ローラ・ヘリンジャー-Laura Hellinger(Amanda Peet):
軍人でアリシアのクライアントだったが、軍を辞めて検事補となる



フランク・ランドー-Frank Landau(Mike Pniewski)
DMCの委員長



コナー-Connor(Luke Kleintank):
グレースのBF



サンディ-Sandy(Lucy Walters):
ピーターの選挙スタッフ


デボラ-Deborah(Jenna Gavigan):
ピーターの選挙スタッフ。IT担当


ジョーダン・カラハリオス-Jordan Karahalios(T.R. Knight):
選挙参謀候補(イーライの予備・笑)。資金集めの天才(boy wonder)



ニール・グロス-Neil Gross(John Benjamin Hickey):
チャムハム社のCEO



ジェフリー・アゴス-Jeffrey Agos(John Shea):
ケイリーの父。ロビイスト


カート・マクベイ-Kurt McVeigh(Gary Cole)
弾道解析家。今度こそダイアンと結婚か?



【 グッドワイフ4 あらすじおよび各回の登場人物 】


続きを読む

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 最終回 あらすじ 疑惑の投票箱

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4もついに22話=最終回を迎えました。最後が安っぽいメロドラマに終わるのではないかとハラハラさせられましたけど、そこはさすがにグッド・ワイフ、見事に予想を裏切ってくれて大助かりでございました。これでシーズン5もまた見たいという気持ちにさせられたというものですグッドワイフ4のあらすじ行きますよ~(^^)/


また、いつも通り、英語のタイトルの「What's in the Box?」(箱に何が入っていたのか?)も気になって調べてみたら、「トワイライトゾーン」のエピソードにほぼ同じタイトルが使われていました(こちらは疑問形ではなく「箱に入った物」)。その場合のboxはテレビを指していて、テレビを直したらとんでもない不幸に見舞われたという話です。以下あらすじです相変わらず意味深ですね~グッドワイフは


今回はまずこの「疑惑の投票箱」が、最大の関心事となりました。ザックが初めての投票に赴くと、そこに封が開いた投票箱が運び込まれた上に、そこからポロリとこぼれ落ちた投票用紙は、クレスティーヴァに投票した物だったのです


あの投票箱の中身は、果たして公正な選挙によってもたらされたものなのか?what's in the Box!?


正義感の強いザックがこれを見逃すはずもなく、ザックは早速この様子を写真に撮り、アリシアに連絡を取りました


下馬評では大接戦だという今回の州知事選に置いて、マイク・クレスティーヴァに不正があったのなら、この投票箱を差し押さえなければ、と皆が奔走したというのに、いざ蓋を開けてみたら、なんとそこに入っていたのは、クレスティーヴァではなく、ピーターに投じられた3万票だっといいうではありませんか!これではとんだやぶへびのトワイライトゾーンでござる


判事の職業病なのか、坐骨神経痛のおかげで20分おきに歩かなければいけないというチャールズ・アバーナシー判事だけでも鬱陶しかったというのに、またしてもあのパティ・ナイホルムまで登場します。連れてきた子供はもはや何人目か分からないそう。そう言えば、シーズン3の最終回もパティ(とケニング)でしたっけ。


なんでもパティの大口顧客の製薬会社はクレスティーヴァを支持しているのだそうです。息子が小児がんだからでしょうか? でも確かピーターも「医療用マリファナを合法化」するとか言ってませんでしたっけ。副作用などの問題は別として、大麻はあらゆる難病~ガンやエイズ、パーキンソン病、てんかんなど~で苦しむ患者にとっては、痛みを抑える特効薬として高く評価されているそうです


それはさておき、この抜け目のないことにかけては天下一品のパティが、この状況を逆手に取らぬはずがありません。むしろ「不正」をしたのはピーター・フロリックの方ではありませんか? (


その上ここに、以前イーライに陥れられたジョーダン・カラハリオスまでが最後に一矢報いんと姿を現します。こうなってくるとまさにパジャマパーティー(slumber party)そのものです。何でもジョーダンは、あの後第3政党でキャンペーンマネジャーをしていたらしく、担当の候補者の名前のアポストロフィーが抜けていたといちゃもんをつけてきたのです。アポストロフィーがなかったら「アイルランド人」じゃなくなる!


~登場人物リストで確認したら、アバーナシー判事を演じているDenis O'Hareも、スカーレット・オハラ同様、アイルランド系ですね


ロビンが調べたところによれば、実際その候補者は、アイルランド系ではなくユダヤ人だったのだそうですけどね。以前のセントパトリックデイもそうでしたが、グッドワイフは結構アイリッシュにこだわってますね


ジョーダンが訴え出たのが連邦裁判所で、ここで登場した判事がまたご丁寧に

「In my opinion(私見ですが)」

が大好きなレスナー判事だったのにも大笑い。ここで一気に形勢逆転~アリシアがパティに色々アドバイスするシーンも笑えましたね。その辺はパティもツーカーで通じちゃうところがまた楽しい: もちろん「私見」ですが


それなのにパティは、ところ変われば即一変して、ジョーダンを利用することも忘れません。なんとジョーダンは、イーライが票を操作すると会議で話していたと証言したのです。が、これはフロリック陣営で働いていたザックの証言により、ジョーダンが「偽証」したことが明らかになりました。こうしてみると、シーズン4はザックに始まりザックに終わった印象が大きいですね


印象といえば、今シーズンはジャッキーも素晴らしかった。介護士クリスティアンのおかげで、すっかり元気はつらつとなったジャッキーは、最後に、愛息子のピーターにガツンと引導を渡すのです。今回ピーターは、母の信頼を得たクリスティアンに嫉妬して、2万5千ドルの小切手で縁を切らせようとしたのですが、クリスティアンはこれを換金して喜ぶだけで、一向にジャッキーから離れようとしません。


それならこちらにも考えがある~と出る前に、ジャッキーがこう耳元で囁きます


It's my life. It's not yours. Don't mess with it. Ever.
これは私の人生よ、あなたのじゃない。干渉しないで、二度と!


それも満面の笑顔で「Congratulations, son(おめでとう、息子よ)という言葉とともに


そう、ピーターは結局めでたく当選したのであります。しかも50万票もの大差をつけての大勝利です。こうなってみるとたかが3万票で大騒ぎしたのが馬鹿馬鹿しくなりますが、それはあくまでも結果が分かったから言えること


実際「疑惑の投票箱」は、ピーターの選挙スタッフであるジム・ムーディーによる不正だったことがカリンダの調べて明らかになったのですが、この報告を受けたのはウィルであり、カリンダもウィルもこれをアリシアに告げることなく、ウィルが直接ピーターに証拠の映像を持ち込みました。


これはジム、もしくは民主党委員会の差し金であり、ピーター自身は知らなかったと個人的には確信しておりますが、問題はその後です:


この不正が明らかになれば、裁判どころか選挙も負ける~内容を確認する前からそう確信したピーターは、この映像を世に出すかどうかの決定をウィルに一任しました。そこにはアリシアをめぐる嫉妬もあったようですね。アリシアの性格なら、もしピーターがこれを潔く公表すれば、間違いなくピーターにつくだろうけど、すっぱ抜いた相手がウィルとなれば、その張本人の元へいくことはためらわれることでしょう。ウィルも、ピーターを陥れたとアリシアに思われたくはないでしょうし、ピーターが落選すれば、ダイアンの夢も潰れてしまうどっちもどっちやね(;´Д`)


どちらの気持ち(計算)も分からなくありませんし、ここはウィルの判断が正しかったと信じたいです。たくさんの苦い経験をしたピーターは、きっと良い州知事になってくれることでしょう


そして肝心のアリシアは「女性」としての評決は下せなかったものの、とりあえず「Lawyer」としての評決はくだしたようです。ケイリーをこっそりアパートに呼んで、独立の話を承諾する旨を告げたのです


I'm in.(私も加わる)


これでついにフロリック・アゴス事務所の誕生ですねケイリーもこれから大変だ!~と名前は別なのかしらん。


とはいうものの、新事務所のビルのオーナーがあのコリン・スウィーニーなのは気になるところ。賃料の2割引きと引き換えに、向こう2年間弁護料を無料にするなんて約束しちゃっていいのかしらね。高い買い物にならなきゃいいけど


買い物といえば、資金繰りが上手くいかなかったケイリーは、カリンダの代わりにロビンに打診したようで(?)、これを怒ったカリンダにはキッパリ断られてしまったようです。最初の3年間、事務所の利益の5%を分配しろっていうのは、カリンダの最大の譲歩だったでしょうに。(最初の3年なんて)利益が上がらないことを覚悟しなくちゃいかんのですから。カリンダのロビンへの嫉妬もまたなんだか痛々しくて気の毒でした


さて、グッドワイフ4のレビューも以上で終了でござる無事に終われてよかった~(^^)/


今シーズンは法廷と人間模様がうまく絡み合っていてこれまで以上にタップリ楽しむことができました。あちこちに仕込まれた小ネタもとっても楽しくて、ドラマを見るより小ネタを見つけてその意味を考える時間の方が長かったりしたこともありましたっけ。本当にこのグッドワイフは、オタク心を刺激してやまないドラマなのでござるよ


毎回暑苦しく&うるさく語り倒したレビューにお付き合いくださいました皆様にも、厚く御礼申し上げます。最後までお訪ねくださいまして、本当にありがとうございました!また来シーズン、おそらく来春も、是非お運びくださいますように。


グッドワイフ同様、ブログもご贔屓くださいませ♪

~シーズン5の内容に関する情報は一切歓迎いたしません。あしからずご了承くださいませ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 あらすじ 第21話 労働争議

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4の第21話は「労働争議」、英語のタイトルは「A More Perfect Union」ですグッドワイフ4のあらすじ行きますよ~(^^)/


英語版Wikipediaで調べたところ、元々この言葉は合衆国憲法の前文(Preamble to the United States Constitution)に登場するフレーズだそうで、オバマ大統領が連邦上院議員時代に行った演説や、こちらは連邦下院議員のジェシー・ジャクソン・Jr氏の著書にも引用されたそうです


それらの場合の「Union」は、最終的にはアメリカ合衆国(the Union)を指すのでしょうが(より完璧な連邦)、これに引っ掛けたらしい副題の「a union(可算名詞)」はそのまま「組合」の意味で「より完璧な労働組合」となりますね。クライアントと言い、ロックハート&ガードナー(以下LG)のスタッフと言い、果たして「A More Perfect Unionは結成されたのでしょうか?


このエピソードもまた皮肉たっぷりで実に辛辣でございましたナンシー・クロージャーのくだりがいかにも「皮肉で安っぽかったですよね~sarcastic&cheapなのは彼女自身でございましょう。以下、簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


今回の依頼人はシャーリーンユージーンを初めとするブロウトーチというソフトウェア会社の従業員です。最初はLGとして引き受けたのではなく、ヴェロニカがアリシアにごり押ししてきただけだったのですが、アリシアはもう「パートナー」なため、ほぼ自動的にLGの案件として認められたようです。シャーリーンはヴェロニカの3番目の夫だったマルコムの姪らしいです。cf)グッドワイフ4 第9話 結婚防衛法


同じブロウトーチの従業員だったシャーリーンの夫のフランク・ピーターソンが、1日18時間という長時間労働が原因で居眠り運転をしたために、事故を起こして死亡しました。フランクと同じような労働条件にあるシャーリーンたちが会社を訴えようとした矢先に、会社側がこれを予測して牽制してきたようです


権利を主張したら解雇されると言わんばかりの契約書にサインすべきかどうか迷っていたシャーリーンを見かねたヴェロニカがアリシアを引っ張り出したのでしょうが、これが思わぬ波紋を呼んでしまいます。ブロウトーチの従業員のみならず、LGのアソシエートたちも、自らの長時間労働や待遇の低さに疑問を持ち始めたのです


アリシアとケイリーが、まずはブロウトーチの実情を調べようと労働省の役人を事務所に呼んだのが決め手となってしまいました。LGのアソシエートたちがこの役人=レス・ニューカークに相談を持ち掛けたのです


こうして2つの「労働争議」が勃発しました。が、この結末があまり後味が良くなかった


まずブロウトーチの方は、通常の裁判ではなく、労働関係委員会(National Labor Relations Board)なるところで論戦が繰り広げられました。ブロウトーチの代理人がナンシー・クロージャーだったことや、裁判では判事に当たるらしい行政法審判官(Administrative Law Judge)のロドニー・ジェスコがまだ新米だったため、終始、ケイリーならずとも苦笑せずにはいられない展開となったのにもヤキモキさせられましたね。またしてもナンシーに「おばちゃん扱いされたアリシアが~これまでの経緯も手伝って~闘志満々なのは実に頼もしかったですが


しかも、最初はクライアントだったはずのシャーリーンが、ブロウトーチから株を譲渡されて「役員待遇」となったため、掌返しで会社側に寝返ってしまいます。ケイリーの忠告で、従業員側が不当解雇されないように「組合」を作ろうとしていたと口裏を合わせるはずだったのが、シャーリーンがこれを暴露してしまうのです


が、アリシアは逆に、シャーリーンが役員待遇になった点を突き、シャーリーンには「組合」の是非を論じる資格、投票権が無いと反撃したのは実に痛快でございましたナンシーはケニングと同じで「嫌らしい弁護士」の代表


でも最後、わずかに1票差で組合の成立が認められたところで、ナンシー・クロージャーが彼らを地獄に突き落としますいかにも嫌み~~


会社はチャムハム社に売却されたわ


どうやら、労働争議が起きている会社=ブロウトーチは、チャムハム社にとって絶好の「買い」だったようなのです


これを知ったアリシアは、猛然とダイアンとウィルに抗議に行きます。ブロウトーチの労働争議の件を止めなかったのは、クライアントであるチャムハム社の利益を図るためだったの!?


最初にアリシアがこの件を受けざるを得なくなった事情を説明した際、ダイアンは、ブロウトーチはチャムハム社と業種が被るから気を付けるよう忠告していたことから考えると、この言い分は言いがかりに思えなくもないんですが、アリシアは、ウィルとダイアン(もしくはウィル)が顧客の利益を優先して、この話をチャムハムに漏らしたと考えたようなのです


Business just does what business does.
これもビジネスだ


ウィルがそう言ってたところを見ると、そのアリシアの推理はあながち間違っているとも言えなさそうです。予告を見る限りでは、こうして湧きあがった怒りがまた「欲情」に結びつけられていくのでしょうか。グッドワイフ(制作陣)はそういう展開、好きですよね~アタイは嫌いだけど(;´・ω・)


また、LGの労働争議の方も、老練なダイアンとウィルによって丸め込まれてしまいます。彼らは、首謀者のローナマージーを抱き込んでその要望を叶え、ふたりにスタッフコーディネーターを任せたのだそうです。これも経営者側としては確かに悪くない、むしろ賢い手段でしょうが、

これから独立を目指しているケイリー

の清々しさを目にするたびに、このやり方がいかにも嫌らしく思えてならないのはおばさんだけではないことでしょう


また今回アリシアはチャーリー・ローズ(本人)のインタビューを受けて、積極的にピーターの後押しをしました。対抗馬のマイク・クレスティーヴァはアリシアにとっても天敵ですから、アリシアがその気になったら、ポールスターのマット・ベッカーもビックリの援護射撃をしちゃうわけですアリシアとピーターの元さやがイイのに(;´・ω・)


Mike Kresteva is struggling with alcoholism.
マイク・クレスティーヴァはアルコールの問題を抱えている


ここでアリシアの「肩書き」が「候補者の妻であり弁護士であり母である」と書いてあったのもいかにもアメリカらしいですね。


自分が有利だと信じていたピーターが、実は2ポイントも負けていたことを知らされても(イーライ、何やってたんでしょうね)、マットの言うような「アリシアを巻き込んでのネガティヴキャンペーン」はしたくないと思っていたところに、アリシアが自分から進んで宣伝してくれたのです。州知事には、私の夫、ピーター・フロリックが相応しい!


選挙が済んだら休暇を取ってハワイへ行き、もう一度結婚式を挙げようと指輪を贈ってくれたピーターへの、これがアリシアの答え=「Yes」だったのですが、どうやら予告を見る限りでは、おばさんやオーウェンの思惑とは異なる方向へ進むようです


個人的に、ドラマに登場する過干渉な母親ほど腹立たしいものはないんですが、このヴェロニカも、ウィルを唆しにいくなんて、なんとかならんものでしょうかね。アリシアがThis is MY life!と激高する気持ち、分かるな~。でも結局はまたこのヴェロニカの思い通りになっちまってるってとこが、アリシアの救われない所でしょうか。ピーターの浮気をどうこう言うなら、ウィルこそ根っからの浮気性だと思うんですけど、結局はそういう男が好きなのね、きっと。


呆れ果ててモノが言えん(;´Д`)

~でもデヴィッド・リーがヴェロニカに気があるらしいのには笑っちまいました


またカリンダは、ロビンが自分と違って「健康保険付き契約」だと聞いて大いに憤慨していたようです。これを金に換算すると、二人の収入が同等になるらしいのです。ウィル曰く、カリンダがLGの専属ではないからだと言いますが、たとえ専属になってもケイリーのオファーの方が良さそうで?


予告では、ケイリーが連れていく5 top clientsの中にアリシアの顧客(スウィーニーならくれてやれ!)も含まれているとかで、アリシアが猛反対していましたけど、来週、アリシアも一緒に独立する~にはならんのでしょうか。もうおばさんは、ウィルとピーターの間で揺れ動くアリシアにはうんざりしちゃっているんですがヨロメキはいい加減にしてほしい~(`・ω・´)


さてさてグッドワイフ4も、泣いても笑ってもいよいよ来週が最終回でございますグッドワイフ4もいよいよ次回で最終回!。今週で18歳になったザックがめでたく初投票に向かったことが、なにやら波乱を起こしそうだったのも楽しみです。ここは是非、シーズン2のラストの焼き直しにならんよう、納得のいく最終回を期待しておりまする


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 あらすじ 第20話 匿名の支援者

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4の第20話は「匿名の支援者」、英語の副題は「Rape : A Modern Perspective」(レイプ:現代的な視点より)です。


今回はいよいよラストに向けて焦点が絞られてきた感じでしたねグッドワイフ4の見どころとあらすじ


  • ダイアンは果たして最高裁判事になれるのか
  • アリシアはケイリー(の独立~ここは決まりでしょ)についていくのか

以下、この2点と今回の事件をメインに、20話のあらすじをまとめさせていただきまする


まず今回の事件は女子高生のレイニー・セルウィンが、トッド・ブラッチャーという男子生徒にレイプされたにもかかわらず、トッドが無罪となったばかりか、こともあろうに名門プリンストン大学に進学することになったため、レイニーがロックハート&ガードナー(以下LG)を代理人として民事に訴えたというものでした。


この裁判もなんともスッキリしないものでしたね。ロバート・パークス判事が、この事件をマスコミに公表してはならないと命じたのも不服でしたし、この事件をプロパガンダに利用して、法制度を非難する「アノニマス」(実在する集団名)の存在も気に入りませんでした。言いたいことがあるなら、他人を攻撃する場合は特に、「anonymous」(匿名)ではなく、堂々と顔を見せて&名を名乗って主張するべき!卑怯者~っ!名を名乗れっ!(`・ω・´)


本人は否定しておりましたが、S3 第13話 デジタル通貨に続いて今回再登場したディラン・スタックも、ネット絡みでアノニマスに加担しているのは間違いなさそうです。そんなんだから「政府を転覆しようとしている」などと言われちまうのです。LGが、ディランの集団訴訟を断ることにしたのは本当にようございました。


劇中登場した「まっとうなレイプ(legitimate rape)では妊娠しない」発言も言語道断でしたが、これって2年前の大統領選の際に話題となった「レイプ暴言」がモデルですよね。共和党のトッド・エイキン議員でしたっけ。今改めて調べてみたら、彼が言いたかったのは「レイプによって懐妊した子どもでも(子供に罪はないため)中絶してはいけない」ということだったようですが、それも簡単には同意しかねるところです


それに比べて、たとえ判事が命じた「発表禁止命令」に違反して法廷侮辱罪に問われて拘留されても、

「トッドはレイプ犯。どんなに隠しても被害者の私自身は知っている!

と決して譲らなかったレイニーのなんと凛々しく清々しかったことかレイニーを助けてっ!(`・ω・´)。今回この姿に感動したウィルが、自分にはあんな信念はないと言って、レイニーのために奔走したのはなかなかでした


が、先に触れたようにこれが政治的な思惑に使われてしまったため、裁判は中止となり、レイニーは、次の判事が決まるまで拘留されることになってしまいます。もちろん、我らがカリンダがここで黙っているはずもありません。カリンダは早速、最初にこの事件を扱った刑事のスコット(Brian d'Arcy James)に会いに行き、当時の事情聴取のDVDを借り受けてきました


If ever there was a moment to do the right thing, this is it.
正しいことをすべき瞬間があるとすれば今がその時です


トッドが自分の罪を認めたシーンを見た判事が、沽券にこだわることなく、法廷侮辱罪を撤回してくれたのは何よりでしたね。あそこでも折れないようなら、このおばさんが

「ENABLER(役立たず)

の烙印を押しちゃうとこでしたよ


そして、やはりダイアンはカートとの結婚を決意したようです。ピーターの選挙スタッフのジムが、ダイアンの身辺調査をしに来た際に、ダイアンがキッパリ結婚宣言していました。たとえ、カートがテロリスト(ティモシー・マクベイ)と同じ姓であろうと関係ない、って。オバマ大統領のミドルネームがフセイン(バラク・フセイン・オバマ)だというのは以前も取り上げられていましたよね


前回は、ダイアンのためを思って、カートとの交際は控えた方が良いとアドバイスしたカリンダも、この報告を聞いておめでとうと祝福していたのも実に爽やかでした。


それに、問題はカートではなくウィルだったようです。今回これを気にしていたのが最高裁長官のヴァージル・リヴランだったらしいのですが、懸案事項がダイアンの「パートナー」だと言ったため、ジムは「恋人」と勘違いしたようなのですが、そうではなくてパートナー弁護士だったという訳です。


ウィル・ガードナーとは手を切るべきだ


さ~ダイアンはこの理不尽な要求に応じることができるでしょうか?その上、LGにもこの最高裁判事への転身の話が洩れて大騒ぎになっているのも気がかりです。まったくデヴィッド・リー、うるさすぎ


一方、ケイリーの独立準備は着々と進められているようですYou and I are the new Will and Diane!。同期5人のアソシエートと相談し、弁護過誤の保険にまで加入したようです。アリシアから頼まれてこれを探り出したのがロビンです。


自分には内緒でロビンがケイリーを探っていると気づいたカリンダがロビンを問い詰めますが、ロビンはシラを切りとおしました


ここでカリンダが言ったことが気になったので書き留めておきますね: ロビンは昔、弟を誤って撃った罪で半年間少年院に入っていたことがあるそうなのですが、カリンダが調べたところによると、ロビンは撃っていないそうなのです


田舎にいると退屈だったから~と、ロビンはこれをするりと交わしましたが、ここには何か裏があるのかな。I am from Sherwoodってもちろんジョークですよね。シャーウッド出身なのはロビンフッドです。カリンダは冷たい視線を送ってたけど、おばさんは大うけしちゃいました


なにせLGではあのハワード・ライマンにさえ年間400万ドルも支払っていると聞いて、ますますケイリーの独立が待ち遠しいおばさんなのです。アリシアもさすがに心が揺れているようでしたね。ケイリーのあのセリフがまた実によかった


When you were in law school, did you want to change the world? Did you promise yourself you would always do right? And how many times have we done right in the last four years? You know I'm right.
ロースクールにいた時、世界を変えてやろうと思わなかった?常に正しくあろうと誓わなかった?ここ数年、いったいどれだけその誓いが守られた?僕が正しいってこと、君は知っているはずだ


この清々しさは実に気持ちがイイですよね~。アリシアもせめて仕事でだけは「good lawyer」でいられれば、もう少しスッキリ生きられると思うんですが


同じ心が揺れるのでも、ここに来てまたしてもアリシアがウィルに後ろ髪を引かれているのにはイライラさせられます。そんなにウィルが欲しいなら(そうとしか思えん)、いっそ割り切って付き合えばいいものを~とさえ思っちまうほどです。今となってはピーターと別れるのは無理そうですし(選挙妨害になる)、ウィルがアリシアを略奪するとは到底思えんし。ああ、めんどくさ


とはいえ、ドラマとしては楽しみですグッドワイフ4は来週の放送も待ち遠しいですねグッドワイフ4もいよいよ残り2話です(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 あらすじ 第19話 史上最速の裁判

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4の第19話は「史上最速の裁判」、英語の副題「The Wheels of Justice」は、タロットカードの「Wheel of Fortune」(運命の輪)と「Justice」(正義)を合わせた造語(正義の輪)でしょうか


今回もまたいろんな要素てんこ盛りでなかなか面白かったですね。特におばさんの興味を引いたのが以下の3点ですグッドワイフ4のあらすじ行きますよ~(^^)/


  1. 今回のケースが史上最速の裁判になった理由
  2. ケイリーとロビンの活躍
  3. ダイアンの逡巡と去就

以下、これらを中心にしたあらすじを語らせていただきまする。


まず1点目~今回のクライアントはあの「妻殺し」で有名なコリン・スウィーニーでした。が、今回コリンが起訴されたのは、単に乱痴気パーティーで銃を発射したという容疑がかけられただけです。これで死者が出た訳ではないため、起訴すること自体がおかしいというのが、アリシアを初めとするロックハート&ガードナー(以下LG)の意見のようです。


しかも、コリンが起訴されたのはもう半年も前のことだというのに、検察側(ローラ)が「重罪(felony)」を主張しているため、まだ裁判さえ開かれていないようです。ウィルはこれを、州検事の選挙のせい~つまりはピーターが銃規制に甘いと思われるのが嫌さに、断固厳しい態度を取らせて引き延ばしを図っているのだろうと推測していましたが、実はここにはまったく別の検察の意図が隠されていたことが判明します


ここで登場したのが「マイルズ事件」なるものでした。話の流れから判断すると、どうやらこの事件はかなり陰惨な銃犯罪だったらしく、今、この事件について最高裁が「多数意見」(majority opinion)をまとめているところなのだそうです。そしてその結果は間違いなく、今後の銃犯罪に対して一層厳しい判決を促す判例となるものと推察されるそう


もし、この判決が宣告されてしまえば、今回のコリンのケースのような、普段なら「有罪」にすらならないかもしれない事件が間違いなく重罪と判断されかねず、過去既に2つの重罪を犯して罪に問われていたコリンにはそれが3つ目の重罪となるため、自動的に「三振法(Three-strikes law)」が適用されて、コリンは終身刑になってしまうのだそうですスリーアウト!って( ;∀;)


つまり検察側としては、ずっと煮え湯を飲まされてきたコリンをなんとしても「終身刑」にすべく、延々と引き延ばしを図っていたという訳です


この三振法もなかなか面白いネーミングですよね。三振即アウト法(three-strikes-and-you're-out law)とも言うそうですが、まさに読んで字の如く、3つのアウトで終わり~というシャレなのですもの。またその解釈については他の説もあるようですが、あくまでもドラマでの発言からまとめさせていただいております。


今回このことに気づいたのが、ほかならぬケイリーだったというのがまたよかったグッドワイフ4ではケイリーが大活躍(^^)/。今回ケイリーは、自分がパートナーかつLGを退くことになったら、ケイリーにパートナーに昇格してほしいと考えているダイアンから、アソシエートの面接を命じられたのですが、その面接にやってきたウォレス最高裁判事の書記官の自慢話から、ここまで気づいたのはさすがでござる。LGのパートナーも悪くないけど、やはり個人的にはフロリック&アゴスを実現してほしいなあ


その上ケイリーはもう1つ大きなアドバイスを与えてくれます。依頼人が起訴された際、弁護士は自動的に裁判所に対して「迅速な裁判(speedy trial)」を求めるのが慣例らしいのですけれど、その要求があった場合、イリノイ州では160日以内に裁判を行うか、起訴を取り下げるべしと定められているのだそうです。そしてその日はなんと159日目だったのだとか


これにより、本番は州知事選後とのんきに構えていたLGは突如蜂の巣をつついたような大騒ぎとなりました。書記官=グレゴリー・ステックの話によると、マイルズ事件の判決が出るのはそう遠い先のことではないらしいからです。


僕はもう少しマイルズ事件の判決時期について探ってみるケイリー大手柄!(^^)/


でもここから大活躍したのはケイリーではなく、ロビンの方でした。ケイリーが再び自慢しいのグレゴリーを呼び、元検事の手腕でもってあともう少しで口を割らせそうになったところで、グレゴリーは他の事務所との契約が決まったと事務所を去ってしまうのです。ケイリーはここでこの線を諦めましたが、ロビンは決して諦めず、あくまでも一個人として接触しようと、その後を追いかけていったのは、カリンダ同様、実に頼もしかったですね


しかも、グレゴリーにその意図が見破られてしまったことにもちっとも悪びれず、協力に感謝はするけど、今後はもう会えないわ~などと、しら~っと笑顔で言っちゃうところも気に入りました。フロリック・アゴスには是非彼女もほしいところ~ってもうすっかりその気ですが


一方ようやく始まった裁判では、優秀な弾道解析家のカート・マクベイが、コリンの無実を証明してくれました。銃を発射したのはコリンではなく、動画を撮っていた男性=マイケル・カタラーニのようでしたか?ま、この辺はこの際もうどうでもいいんですけど


それよりも、今回このコリン・スウィーニーの恋人として登場したイゾベル・スウィフト(Morena Baccarin~ジェシカ@HOMELAND)の方が曲者でした。コリンとともにこのパーティーに出席していた彼女は、コリンの財産目当てに結婚を望んでいたようなのに、コリンが「夫婦財産契約」を結ぶと言うのが気に入らず、裁判でコリンの不利になる証言を堂々としてのけちゃうのですからね。これに対してコリンもまた、嫌になったら殺せばいいとのたまう!?


これではトーマス・ポリティ判事から「scumbag(最低野郎)呼ばわりされても仕方ありません。コリンは結局迷惑行為禁止法違反で罰金1500ドルと禁固30日の刑を言い渡されてしまいました。


3番目の注目点はダイアンです。上でも触れたように、ダイアンは既に最高裁判事になる前提で動きだし、その一環として、個人的にカリンダを雇い、自分の欠点を暴くよう命じました。この辺はさすがにダイアンらしく抜かりがありません


がこれがとんだ藪蛇となってしまいました。ダイアン自身に「非」はなくとも、その周囲には、

「最高裁判事になるにはふさわしくないスキャンダル

が潜んでいたのです。カリンダがちょいと探り当てただけで、少なくとも3つも


1つめは、3人の子持ちのハウスキーパーが、ダイアンのメールアドレスを使ってヴァンパイア・ダイアリーという物語の怪しげな二次小説を書いていたこと、2つめは、ダイアンが尊敬してやまなかった亡き父親が、実は親友の共産党員を密告していたらしい=偽善者だったこと、そして3つめは、ダイアンが今回プロポーズまでしたカート・マクベイが銃規制に反対し、(州ごとの)独立論まで擁護しているらしいこと。そう言えばカートは共和党支持者でしたっけ


最初はなんとか耐えていたダイアンも、3つ目を突き付けられた頃にはすっかりウンザリしてしまったようです。それに、これを踏まえた上で、カートに「決断=結婚」を迫っていたところを見ると、あの覚悟は相当の物らしいかも。これまでの自分を否定してまで最高裁判事になどならなくともよい。それよりも、カートと結婚したい!(?)ダイアンついに年貢の納め時か?!(^^)/


上でもうるさく触れたように、来週は再びケイリーがアリシアにLGからの独立を促すようです。せっかく前回でウィルとの関係を断ち切ったと思ったのに、またしても妄想にふけってしまうアリシアを見るにつけ、思わずお尻を叩きたくなるおばさんとしては早くケイリーと独立しろもう未練たらしいから止めろってと喝を入れたい気持ちでいっぱいでござる。それに比べて、付き合いだして即、この男はめんどくさいとさっさとウィルに見切りをつけたらしいローラは賢かった~それも若さのせいでしょうかね


グッドワイフ4もいよいよカウントダウンですね~。来週の放送も楽しみでございまするグッドワイフ4も見逃せない(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 あらすじ 第18話 依頼人の死

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4の第18話は「依頼人の死」(Death of a Client)です。以下早速ネタバレですグッドワイフ4のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、リーガルミステリーとしてはあまり面白くなかったため、個人的にはほとんど盛り上がれなかったものの、この特殊な「依頼人の死」が、アリシアとウィルの関係に今度こそ本当に終止符を打ったという点では、なかなか満足の行くエピソードでもありました。その点だけに限って見れば、さすがに見事なシナリオだったと感心してしまったほどです。経緯(あらすじ)はこうです


アイリッシュにとって年に一度の盛大な祭りであるセントパトリックデー(おばさんの友人は1年中あんなんでやんす)に、ロックハート&ガードナー(以下LG)のクライアントが殺されるという不気味な事件が起きました。そのクライアントは、アリシアがウィルと不倫関係真っただ中だった頃に、ウィルがアリシアに託したマシュー・アッシュボーというストリーミングプログラムのデザイナーです。


ピーターとともにシカゴ市主催のパーティーに出席していたアリシアは、その途中で警察に呼び出されてあれこれ聞かれるたびに、昔のウィルとの思い出を呼び起こしていたようです


が、ここで、同じくこのアッシュボー殺人事件の捜査のためにやってきたローラ・ヘリンジャーの言葉で、その、ほのかで甘い思い出は見事に打ち砕かれてしまいます。ローラはウィルを好きなのだが、ウィルの気持ちが分からないと、アリシアにアドバイスを求めてきたのです。


これでようやくアリシアの気持ちに踏ん切りがついたのは何よりでしたグッドワイフ4でようやくアリシアとウィルが切れた!(^^)/。殺人犯の車が見つかり、そのGPSにアリシアのアパートの住所が登録されていたことを聞いて駆けつけてきたウィルに、自分は利己的だったと謝罪するアリシアを見ながら大いに溜飲を下げたのはおばさんだけでございましょうか。そうそう、もうアリシアはピーターの手を取ったのですから、ウィルの手は放してやらねばなりません


また今回は、アリシアの母ヴェロニカが子供たちの面倒を見る羽目になるのですけど(逆か)、そこでヴェロニカはとんでもない事実を暴露してしまいました。アリシアは、結婚前にザックを身ごもり、グレースの妊娠は予定外だった~なんて!自分の孫に言うことかな(;´・ω・)


You were pregnant before you got married? And I was an accident?


電話でアリシアにそう聞いてきたグレースが何とも気の毒でございましたが、これは事実無根だったようです。結婚前にザックを妊娠したのは事実だけれど、決してでき婚という訳ではなかったし、グレースのことも生まれる前から愛していたと言葉を尽くすアリシアがイイ感じでしたね


アリシアが「グッドワイフ」たることを選んだのは、やはりこの子供たちのことも大きかったかもしれませんね。が、決して子供のためだけではなく、自分自身もまた、ピーターと子供たちのいる家庭でグッドワイフ=良き妻であり続けたいと願っていることがひしひしと伝わってきました


いつもならメインに据えられるはずの「殺人事件」も、今回ばかりはこのアリシアの心の揺らぎと決意を描くための道具でしかなく、か~なり手抜きな感じでした。アッシュボーは誰にでも恨みを買うような人間だったが、そうしてあれこれもめ事を起こして訴訟に持ち込もうとしたのも、アリシアに会いたいからだったなどという、こちらもまた何やら秘め事めいたおまけまでついていました。実際の犯人はアッシュボーが訴えていたうちのひとり~「犬好きの人間」だったらしいです。


また、当初アッシュボーを殺したとみられた警官のノゾウィッツが、麻薬の売人と癒着していた云々は良いとして、犯人の車が見つかった際、その年代の車にはGPS機能が付いていなかったそうなのに、警察がなぜ「嘘」をついてまでアリシアを引き留めていたのかが疑問の残るところです。あれは、ピーターの対抗馬=マイク・クレスティーヴァの差し金だったのでしょうか?


一方、そのマイク・クレスティーヴァとピーターのやり取りはなかなか面白かったです。なんでも、このディナーパーティーには枢機卿が出席しており、彼がハグした候補者こそがカトリック教徒の票を獲得するのだそうです。


前回のCMにもあったように、アリシアが警察に呼ばれたのをこれ幸いとばかりに、クレスティーヴァは枢機卿にピーターの息子(ザック)が麻薬でトラブルを起こしていると耳打ちします。それもこれも、第1話でザックがマディソン郡の警官に麻薬の取り調べを受けたことを関連付けてのことなのです。詐欺師は、たくさんの嘘の中に少しの真実を混ぜ込むと言いますが、まさにその典型ですな


「嘘と戦うにはより大きな嘘(a bigger lie)をつかねばならない


クレスティーヴァを追いかけてバスルームへ向かったピーターは、当然「暴力」に訴えてでたのですけど、それと同時にイーライのこの教えに従ったのは見事というしかありませんピーターやった~(^^)/。なんとピーターは思い切りクレスティーヴァを殴り倒して鼻血まで出させたくせにせいせいしました(*^^)v、自分は何も知らないとうそぶき、クレスティーヴァがあたかも酔っぱらって転んだように見せかけるため、その旨警備に連絡までしたのです。ここはイーライでなくてももー笑いが止まりません


が、結局枢機卿は、ピーターとクレスティーヴァのどちらともハグをしなかったようです。果たしてピーターはクレスティーヴァを打ち負かすことができるのでしょうか?


そして気になっていたダイアンの最高裁判事就任の件は、とりあえず申し出があっただけで終わってしまいました。最高裁判事を任命するのは州知事の権限らしいため、次期知事と目されるピーターがダイアンを推薦しようとしたようです。でも、民主党委員会が他の候補を推しているらしいのでこの辺はまだまだ分かりませんね。それに予告でダイアンは、懐かしの恋人=カート・マクベイにプロポーズをしていたようで?


次回~今夜ですね~はこれまた懐かしのコリン・スウィーニーが登場するらしく、そのタイトルもなんと「史上最速の裁判」だそう。グッドワイフ4も残すところはあと4話となりましたから、もうそろそろガツンと骨太エピソードを期待したいところでござるねグッドワイフ4の放送も楽しみ♪


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング