2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

「その日のまえに」のレビュー一覧

| |

その日のまえに 後編 あらすじと感想 どこまでも優しく温かいドラマでした

重松清さん原作のその日のまえにの後編を視聴しました。期待通り実にほのぼのと温かくて、気持ちの良いドラマでした~その日のまえに~あらすじ行きます('ω')ノ。以下早速簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


妻=和美の「その日」を知らせる着メロにパッヘルベルのカノンを設定しておいた健輔。


真夜中にその着メロが鳴って病院に連絡すると、今すぐという状態ではないからと言われたらしく、翌朝に皆で病院へ行くことになりました


出かける前にクローゼットを開けた健輔は、そこに掛っていた喪服を見て、在りし日の和美との会話を思い出します。和美はそこに、自らしたためた「遺書」を隠していたらしいのです。


遺書なんて縁起でもないと怒る健輔に対し、でもその縁起でもないことは和美にとっては不可避であり、だからこそ和美は、この世から消え去るその日のために、今、自分の気持ちを伝えておかねばならないのだと主張します。


「生きる」ために希望を持ち続けて頑張ることは辛い。むしろ「死」を前提に覚悟を決めてその準備に励んでいる方が落ち着くあ~この気持ちもよく分かる


人間の生き死にに関しては、神様でさえ自由にならないと諦めたらしい和美だけれど、ただ一つだけそれでも神に祈っていることがあると言います。


「『その日』を気持ちのいい秋晴れの日にしてほしい


そんな日なら、笑って旅立てそうな気がするのそうしてあげたかったな~(・。・;


そう言っていたにもかかわらず、実際にやってきた「その日」はどんよりと曇っており、皆は傘を手に病院へ行くことになりました


その道すがら、下の子の健哉が手にしたその傘でタンポポの綿毛を飛ばそうとした際、上の子の大輔が厳しくこれを咎めたシーンも印象的でした。大輔には、今そこで健気に繋いでいる命が、母のそれのように思えたのでしょう。健哉は健哉で、種を遠くに飛ばしてやろうと思ったらしいのですけどね。


どちらも優しさから出た行動です

種はまだ飛びたくないと思っているかもしれないよ


そんな会話を交わしながら病院へ着いた皆を待っていたのは、もう目覚めることのない和美の姿でした。まだ息はあったものの、子どもたちの必死の叫びに和美が応えることはもうありません。


こちらも急いで駆けつけてきたらしい両親の呼びかけに、す~っと一筋の涙を流した和美は、そのまま息絶えてしまいました。しかも外はすっかり雨模様で、もし「その日」が秋晴れの好天だったら自分も神様を信じると言っていた健輔の期待が見事に裏切られてしまいます。


その後、和美が死んだからと言って、彼ら親子の日常が大きく変わることはありませんでした。子供たちは相変わらず学校へ行かねばならないし、健輔もまた、仕事をして生きていかねばならないのですが、この健輔の方は新規の仕事をすべて断っているという有様です。勤め人ならともかく、自分の会社なのに~と思わぬでもありませんでしたが、和美を失った健輔の心の傷はそれほどまでに深かったようです。


あいつが喜ぶ顔が見たくて描きつづけていたのかも


和美が旅立ってちょうど3か月が経ったころ、和美が入院していた病院の看護師長が健輔を訪ねてきました。和美が書いた手紙を預かっていたので届けに来たと言うのです。和美は何度も何度も書いては捨てを繰り返した末に、ようやくその手紙を書き上げたそうです。


「そろそろ忘れるかな~という頃=死後3カ月経ったら渡してほしい」


そう和美は言ったそうです。


いったい何が書いていあるのか~健輔ならずとも気になるところでしたが、そこにはたった一言こう記してあっただけでした:


「忘れていいよ


日常に流されて妻を忘れてしまうのが寂しい~そう考え始めていた健輔のために、和美はその背中を優しく押してくれたのです。可哀想だ、申し訳ない、などと思うことはないのよ。忘れてくれていいのよ、と強くて優しい奥様です


こうしてようやく一区切りつける決心をした健輔は、以前から打診されていた「お盆の花火」のポスターを描く仕事を引き受けます。この依頼人=石川(吉田鋼太郎)もまた旧友をガンで亡くし、今年はその初盆になるから、友を迎える「迎え火」に、友が迷うことの無いように、大きな花火を上げたいと考えたそうなのです。


そのポスターを健輔に依頼してきたのは、健輔が以前描いたトートバッグのイラストがきっかけだったそうです。その亡くなった友人の住所を知らなかった石川のために、友人の妻がトートバッグに骨壺を入れて訪ねてきてくれたそうなのです。


温かくて幸せそうな家族の様子が描かれたそのイラストを描いた健輔なら、友人を迎える花火大会のポスターを描くのにふさわしい~そう石川は確信したのですね~。実際に描きあがったポスターには、花火を見上げる和美がモデルに描かれておりました


健輔は子どもたちを連れてその花火大会へと足を運び、実に盛大に打ち上げられた花火を見上げながら、生前和美が手配した後、健輔も続けて取り寄せることにした無農薬の野菜~トマトを皆で頬張ります。それまでずっと嫌いだったトマトを、健哉が「美味しい!と食べていた姿は、きっと「初盆」で帰ってきた和美の目にも映っていたことでしょう


永遠の別れは確かに辛いものだけれど、人が生きてきた証は、その家族や仕事、目に見えるもの見えないもの~いたるところに残っている物です。何かにつけて「絶対」が口癖だった和美もまた、子どもたちの中にしっかり生きておりました


「お兄ちゃん、絶対言ってた!」「絶対に言ってないっ!!


その日のまえに」は見終わった後、自然と笑顔になれる、そんなどこまでも優しく温かいドラマでした。来週~4月6日から始まる「珈琲屋の人々」も今からとても楽しみですその日のまえに~良いドラマでした♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

その日のまえに 前編 あらすじと感想 作り手の優しい眼差しを感じました

重松清さん原作のその日のまえにが放送されると言うのでとても楽しみにしておりました。原作は読んでいませんけれど、あの「とんび」を書かれた重松さんなら、どうしても忌み嫌われがちな「死」というものに対する見方もきっと一味違ったものになるだろうと思ったからです。そしてこの期待はまったく裏切られませんでした


死は日常の中にあり、決して特別なものではない、もちろん、意味も無く恐れたり忌み嫌うべきものでもないという、作り手のメッセージが伝わってくるようで、まだ前編ではあるものの、見終わった時もむしろある種の爽やかさを感じたほどです。以下、あらすじ(ネタバレ)を交えた感想文です。


もちろんこれは「遺す者」※、つまり主人公であり、末期のすい臓がんを宣告された原田和美(檀れい)の心情に寄り添っての感想であり、「遺される者」※~その夫である健輔(佐々木蔵之介)やまだまだ幼い子供たちのことを考えれば、そう呑気なことは言ってはいられませんし、和美本人もきっとまだまだやり残したことへの無念さは捨てきれないことでしょう。(※番組公式サイト~見どころより引用させていただきました)


それでも和美はガンの宣告を受けた時から少しずつ「その日」への準備を怠りませんでした。「その日」と言うのは「死」という直接的な表現を避けた和美夫婦がいつの間にか使っていた言葉だそうです


今から少しずつ整理をしておけば「その日」が来ても慌てることはない。こうして「その日」をあらかじめ知らされるのも悪くない。人間なんて、いつ何時どうやって死ぬかなど、誰にも分かりはしないのだから


そう言って、両親にも自分でそれとなく病気のことを伝えたという実に逞しい和美でさえ、さすがに二人の息子たち~健哉と大輔~にだけは真実を伏せてほしいと頼みます。その日が来るまで子どもたちに心配を掛けたくない~最後の最後まで、子どもたちの笑顔を見ていたというのが和美のたっての望みなのです。


そして和美はもう一つの願いを叶えたいと夫にせがみました。ふたりが新婚時代に暮らしていた町をもう一度訪れたいというのです。


道すがら、いちいち和美を心配する健輔に対し、まだまだ大丈夫だからと笑顔を返す和美は、決して思い出作りのためにこの町に来たのではないと説明しました。健輔は当時、脱サラしてイラストレーターとして独立をしようとしていたのがなかなか芽が出ずにおり、和美がひとりで働いて二人の生活を支えていたのだそうです。


30前に芽が出なかったらサラリーマンに戻る~そう決めていたという健輔がようやく認められ、仕事が軌道に乗ってきたところでふたりはこの町を後にし、今に至っているそうです。その間、和美は会社を辞め、息子たちも生まれてその子育てに明け暮れた毎日だったけれど、自分の時間が持てるようになったのはつい最近のことだけれど、それでも毎日がとても幸せだったと微笑みます


もしあのまま仕事を続け、定期健診を欠かさずに受けていたら、背中の痛みで病気に気づく前に早期発見ができたかもしれないのに~そう悔まずにいられない健輔を、和美は断固として否定します。そういうことじゃないわ。それに私はまだまだ諦めてはいない。ここが始まりだったから、新たな始まりのためにここに来てみたかっただけ


が、覚悟を決めて臨んだ新薬の治療も奏功せず、ついに和美は最後通告をされてしまいました。これ以上の治療は体力を奪うだけです。


隠し通すのも限界だと悟った健輔は、明日、ふたりの息子たちを連れてくると告げました。おまえも逢いたいだろう?


「その日」のまえに和美が用意していたのは、身の回りのことだけではありません。和美は子供たちの世話を頼んだ家政婦に、自分は子供たちの好きな食べ物だけを用意していたけれど、これを機会に他の物も食べられるようにと、わざわざ野菜中心の健康的な献立を頼んだそうです。その上和美は、無農薬の野菜を直送してくれるよう農家に手配もしていたようです。


癌や難病などにかかるとつい考えてしまうのですよね。いったい自分の何が悪かったのだろうか。食生活やストレスだろうか?それともそういう運命だったのだろうか、って。


だからこそ和美は、遺される健輔や子供たちのため、今自分にできる精一杯の心配りをしたのでしょう。愛する者たちが自分と同じ道を辿らなくて済むように、と。


特に悲しみわめくでもなく、淡々と展開されたドラマでしたが、さすがに健輔が子供たちに、和美の病を伝えたシーンでは胸が熱くなるのを抑えることができませんでした


ママはもうダメなんだと言った後、それはどういう意味なのか?退院できないということなのか?もっとう~んと長い間戻ってこれないのかとまだ幼い大輔が尋ねてくるのに耐えられず、健輔はついビールに手を伸ばしてしまうのです。


「酒なんか飲むな!卑怯じゃないか!ちゃんと最後まで説明しろ!!


既に母の病気に気づいていたらしい健哉の言葉が健輔の胸に突き刺さります僕たちは酒なんか飲めないんだぞ!。そうだな、パパが悪かった。


誰にでも平等に訪れる「その日」だけれど、それがいつになるのかは人それぞれです。たとえ頭では分かっていても、どこか自分とは無関係に思いがちな「その日」に、実は誰もが一歩一歩近づいていることは否定しようのない事実なのです。


愛しい人との別れは確かに辛いことだけれど、でもそれでもこうして、まるで日常の延長であるかのように「その日」を受け入れてその日を憂えて悲しむばかりの毎日を送りたくない遺された者が明るく前向きに生きていけるよう、遺す側もまた精いっぱいの努力を惜しまない~このドラマはそんな生きとし生けるもの全てに対する「応援歌」に思えてなりません皆頑張れ~と応援したくなります


その日のまえに」~来週の後編も今からとても楽しみですきっと良いエピソードが待っていると信じています


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

《他にもこんな記事を書いています♪》