このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

弱くても勝てます
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

弱くても勝てます 最終回 あらすじと感想 それぞれの卒業おめでとう

弱くても勝てます~の登場人物とキャストはこちらからお探しいただけます: 弱くても勝てます~登場人物とキャスト一覧


二宮和也さん主演の弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~】も昨日が最終回でした。想像していたのとはだいぶ違った展開でしたが、それはそれでなかなか楽しかったです。子供たちだけではなく、青志も過去を振り切って、胸を張って前に進めたようなのが何よりでした。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です弱くても勝てます~最終回のあらすじ感想文行きますよ~(^^)/


地区大会2回戦で敗退した城徳高校野球部は、その後新しい部員を迎えることのないまま、3年生は退部して、そのまま受験へと突き進みます。県内屈指の進学校だけに、皆が東大を目指しているというのが笑えましたね。しかも、赤岩の成績が良かったことは存じておりましたが、あの白尾までもがどんどん追い上げて、最後にはなんとか早稲田に合格してしまうのです。野球をやるには早大で正解でしたね


赤岩はもちろんのこと、柚子も江波戸も、そして高卒認定試験を通った亀沢もまた、皆と一緒に東大合格を果たしたそうなのも素晴らしかった。ただ一人「もう1年がんばることにした岡留」だけが気の毒でしたね~。でもむしろあれがフツーな気がしますけど、来年は是非、その宣言通り「無敵になってもらいたいものです。


そんな3年生を見送るにあたり、青志は懐かしいあの部室で、皆ひとりひとりに心のこもったメッセージを贈りました。個人的には、これまで目立たなかった(字幕にさえ名前が出なかった伊勢田=メガネ君にもちゃんと声を掛けてくれたのが特に嬉しかったな~。そうそう、光安と一緒にすいかを運んでいたのがこの子でした


また、その光安や他の樫山志方についてはこれまでのドラマの中でも触れられていたので、ほとんどその繰り返しでしたけれど(思い出してジーンとしました)、牛丸への「誰に対しても平等に優しい」という評価は新鮮でした。青志は、練習後に牛丸の周りに皆が集まる姿を見て、

「打線を輪で考える」

ことを思いついたのだそうです


また、最終的には自分もか~なり気に入った白尾に対して、城徳がここまでこれた最大の功労者として青志が評価していてくれたのも嬉しかった。この子は他と段違いに上手なのに、まったく厭味ったらしくなくて、いつも明るかったし、誰よりもまず自分に最も厳しかったのが素晴らしかったですよね


そして、確かにこの感動シーンも悪くはなかったけれど、おばさんはやはり、最後の「引退試合」がいかにも彼ららしくてとても楽しかったです実現できてよかったな~引退試合。まだ新入部員がいないため、とてもとても練習試合ができる人数ではなかったのに、これで城徳を去る青志のために利根校長増本赤岩父、そして堂学のまで呼び出して、何とか18人揃えたのが良かったですね~青志はここではピッチャーです本来もピッチャー志望だったのでは?


楓と校長は~年のせいか~快音をとどろかすことはできなかったけれど、エアペットしかできないと思っていた増本と、柚子は(たぶん利根も)、見事なヒットをかっとばします利根、やるな~(*^^)v。肝心の峠は、光安におまえの兄貴はいつも勉強のできる弟を自慢しているぞ、実に良い話を聞かせてくれたというのに、青志のデッドボールを受けてその腕が披露できなかったのは残念でした。積年の恨みを三振ではなくボールをぶつけて晴らすとは青志もやるな~(ジョークです)。


せっかくだから谷内田も来ればいいのに~と思っていたら、青志の永遠のライバルだった谷内田は、あくまでも

「キャッチャー青志」

にケリをつけさせようと一工夫してくれました。自らマウンドに立ち、その球を受けろと言ってくれたのです


その青志がキャッチャーとなったのも、当時の野球部監督だった校長が命じたからだそうです。本来左利きの青志なら、ピッチャーとしてもそれなりに通用しただろうに、それを敢えてキャッチャーに指名したのは、江波戸同様、皆の気持ちを察し、研究熱心な性格を見抜いてのことだったのだとか。


キャッチャーは、唯一皆の顔を見てプレイができるポジション江波戸も好きだった~( *´艸`)


そう語っていた青志でしたが、現役の時はきっとそんな余裕などなかっただろうから、子どもたちを通してそのことを実感したのでしょうね~青志も大きく成長しました♪


そして今、谷内田に挑まれた勝負にも、見事にその経験を活かしました。最初は取れなかったものの、ようやく3球キャッチした時には思わず「ナイスキャッチ!やっと取れた(^^)/と声を掛けずにはいられませんでしたよ。これでようやく青志も過去を振りきることができました


こうして研究室に戻った青志は、過去を振り切ったからこそ、今度は少年野球の監督に就任したようです。それなら城徳に戻っても良さそうなのに~と思わぬでもありませんでしたが、現実問題として、城徳は東大からかなり遠いのでしょうな。このドラマのモデルになったのは開成高校野球部だと聞き及んでおりますが、実際のところはどうだったのでしょうか。


城徳野球部にも新入社員が入ったらしく、その地区大会には「先輩たちが駆けつけて応援していたらしいのも微笑ましかったですね。今や、志方や樫山に牛丸が3年生となり、あの増本を監督に頑張っているかと思うと、ついつい顔がほころんでしまいます。見たかったな~その試合も


元々高校野球が大好きで、毎年春夏ともにテレビ観戦を欠かさないおばさんにとっては、実に楽しいドラマでした。せっかくだから、青志語録利根が書いた記事を公式サイトにでも載せてくれたら尚よかったのに。またいつか、彼らのその後、もしくは裏話などが聞けたら嬉しいです。弱くても勝てます~熱くて温かくていいドラマでした。大満足です弱くても勝てます~面白かった(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は弱くても勝てますのレビュー一覧」でお読みいただけます

弱くても勝てます
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

弱くても勝てます あらすじと感想 第10話 皆よく頑張った!

弱くても勝てます~の登場人物とキャストはこちらからお探しいただけます: 弱くても勝てます~登場人物とキャスト一覧


二宮和也さん主演の弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~】は10話でついに堂学と対戦いたしました。以下早速ネタバレです弱くても勝てますのあらすじ行きますよ~(^^)/


結果は案の定、城徳のコールド負けに終わってしまいました弱いから負けた~(;O;)。とはいうものの、日没コールドがフツーだった城徳が、強豪校の堂学相手に、大雨の中、7回まで17:9までに詰め寄り、最後は、光安の兄で堂学のピッチャー=吉永が、1塁に出てリードを大きくとっていた光安を牽制でアウトにしたことで試合は終了してしまいます実に惜しかった~(;O;)


この文章を、否ドラマでさえ、そこだけを見れば、ふ~ん、で終わってしまうこの出来事ですが、実際にはとんでもない「奇跡とも呼べる事象だったことをおばさんはここで大いに力説したいです本当によくやった!実力以上に頑張った!( `ー´)ノ


何せ吉永は県内屈指の好投手であり、

「城徳で相手になるのは白尾だけ、他はまったく眼中にない=白尾とゆかいな仲間たち

とばかりに(命名は青志)城徳ナインを馬鹿に仕切っていた人物なのです。現にこの試合でも、誰が塁に出ようとお構いなしで、ただひたすら白尾を打ち取ることだけを考えていたのですからね。それが、塁に出た走者を、しかも、兄の自分からヒットをもぎ取って塁にいた弟を牽制するなんて、決してあってはならないことなのです。しかもバッターは四番の白尾であり、もし白尾にヒットが出れば城徳は7回コールドも回避できるという、絶好の

「勝負

のシーンだったというのに、です。つまり、おばさん的に言うなら、あそこで吉永は白尾との勝負を避けて、牽制でアウトを取ることを選んだ=敵前逃亡したも同然なのです。いや、野球のセオリーから言えば当然のことですが

「へっぽこ城徳が対戦相手と聞いて、モチベーションがダダ下がりだった堂学

にしてみれば、これは負けも当然でしょう王者のプライドをかけて真っ向勝負しろ~っ!~ね?峠監督。何せ峠は

「あんなに打たれ続けても平然としているピッチャー(赤岩)を見ろ!あんなピッチャーを俺に褒めさせるな!!

と言ったほどの野球の鬼なのですから。いくら勝ったとはいえ、もう戻ったら地獄の責苦が待ってますよね~きっと


ここにいたるまでに、城徳の子どもたちが工夫した作戦も実に楽しかったな~皆可愛くてもう親戚の子どもみたいです( *´艸`)


堂学に勝つためには堂学のリズムを崩すことが肝要だという青志のアドバイスに従い、ナインはその「偏差値70オーバーの頭脳を使ってあれやこれや考え出します


ピッチャーの赤岩は「打たれ続けることが許される」というだけで十分に「異常」ですから特に工夫することはなかったけれど、キャッチャーの江波戸は、バッターに囁きかける作戦を思いつくものの、内気さが災いして、声を掛けることすらままなりません


が、試合中江波戸は赤岩と英語で会話することを思いつくのです。このやり取りを聞いていたバッターが急にビビりだして腰が引けてしまったのもまた可笑しかったですよね~


「英会話なんかに騙されるんじゃねえ!!

とはもちろん峠監督の檄でござる


また、塁間無敵の岡留は、速いだけでは能が無い(実際には、堂学のマークが厳しいだろうとの予想だったが、サッパリマークなどされてなかった)と、牛丸と江波戸を巻き込んで、あるトリックを思いつきます。それは、バッターの江波戸が送りバントをしたところで、2塁にいた牛丸がわざと転びます。フォースアウトを狙った堂学は、ファーストの江波戸を刺さずにボールをサードに送り、そこで牛丸を挟もうとしていたその隙を狙って、3塁にいた岡留がすかさずホームスチールをするという作戦です(たぶん~)。これは物の見事に成功いたしました


実はこの上なく面食いなこのおばさんでさえ目を止めた白尾()は期待通り満塁ホームランをかっ飛ばしましたし「柚・樽見」こと柚子に人差し指握手をしてもらって感激し過ぎた志方は、いつもの挙動不審がますます高じて、見事にデッドボールを勝ち取ります。いいぞ志方!よくぞ当たってくれた!!。樫山が試合で緊張しないよう、普段から「体内時計」を合わせていたのも楽しかったですね~話しかけるな、おれは今試合中なんだ勝ち続ける限りこれを続ける( `ー´)ノ


その志方や江波戸、そして岡留を下位に置いたドサクサ打線が爆発し、5回コールドを免れて7回まで進めたということは、もはや、城徳にとっては「勝ちも同じであり、堂学にとっては「負けたも同然なのでござる


とはいうものの、会社の納品があって試合当日には来られなかった亀沢が宣言したように、おばさんも絶対勝てると信じていたんだけどな~。奇しくも今朝の(こちらは決してへっぽこじゃないけど)サッカーが負けてしまったのと同様、なんとも無念でなりませんでした


あ~これで、城徳の校歌を聞くのは、卒業式となってしまうのでしょうか。そして青志は、皆が引き留めるにもかかわらず、

「来年こそは勝ってくれきっと勝てる!

という言葉を残して、城徳を去ってしまうのでしょうか


世間的な評判はともかく、この「弱くても勝てます」は今季、おばさんが最も気に入っている日本ドラマの1つなので、来週には最終回だと思うともう寂しくてたまらないほどです。もう1つのお気に入りのルーズヴェルト・ゲームのように、これも「敗者復活戦」はないのかな~


とにもかくにももう来週が最終回。弱くても勝てます~最後まで目いっぱい感動させてもらいまするよ~弱くても勝てますが楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は弱くても勝てますのレビュー一覧」でお読みいただけます

弱くても勝てます
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

弱くても勝てます あらすじと感想 第8&9話 弱いままでまずは一勝!

弱くても勝てます~の登場人物とキャストはこちらからお探しいただけます: 弱くても勝てます~登場人物とキャスト一覧


二宮和也さん主演の弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~】も今週は9話を迎えました。これまた実に楽しかった~弱くても勝てます~あらすじ行きますよ~(^^)/。おばさんも、増本部長とともにコンバットマーチ歌っちゃいました


パパパパッパパッ!!
かっ飛ばせ~城徳っ!!目以外はほとんどすっかり元気いっぱい( `ー´)ノ


以下は先週分の8話を交えた簡単なあらすじ(ネタバレ)感想文です


地区大会の初戦が武宮高校なのは良いとして、2回戦には堂学と当たると聞いてつい士気の下がる城徳ナインではありましたがそこで俺たちの夏が終わるっ!(;O;)、青志にこう檄を飛ばされてなんとか気持ちを切り替えます


俺たちの目標は「強豪校撃破」だ!堂学に勝って初めてその目標を達成したことになる!!


もし本当に優勝できたら「ビールかけ」ならぬ「水かけだと盛り上がる利根たちに対し~せめて「コーラ」とか「ジュース」はないんでしょうか、子どもたちの闘志はメラメラ燃え上っていきます。それと言うのも、武宮のピッチャー=国友が柚子のストーカー第2号になったことや、光安兄が光安を挑発してきたことなどに加え

城徳ナインの母

と慕われてきたサザンウインドの楓が、ライバル武宮高校の特別コーチとして迎えられたことも大きな原動力となりました。この楓が、国友を勇気づける秘策として、その帽子の裏にこっそり「柚子」と書いていたらしいのがまた笑えましたね~。でも結局は

「生柚子

の応援の方が強くて、志方に白尾(文句なしのホームランは見事でした)、そして赤岩が大活躍しちゃうんですが志方も頑張った~(^^)/


実際の武宮戦で、後攻になったのを見て、しかも、赤岩の立ち上がりがヒジョーに悪かったのを見て

「100人いたらそのうちの誰もが城徳の勝利など信じなかったけど、101人目の青志『弱くても勝てると宣言

し、楓(102)や利根(103)もその勝利を信じたなら、おばさんは104人目になろう、否ここは、ブラスバンドと野球の応援の狭間で苦しんでいた校長に一歩譲って105人目になろうこれで確率が上がる( `ー´)ノとしていたおばさんの決意がもろくも崩れ去ろうとしたのですけど、さすがに子供たちは頑張ってくれましたよね~。無駄な努力は一切せずに、ただひたすら「どさくさ打法」に的を絞って練習した甲斐があるというものです


皆よく打ったな~( `ー´)ノ

最初からバットをホームに水平に構える樫山「水平斬り」や、こちらは柚子ではなく利根の応援で奮い立った、体全体をバネにしてひねりを効かせた牛丸「ネジネジ打法」、これもまた体重を利用した光安「メガ振り子打法」、横目でピッチャーを見ることで体が開くことを最小限に抑える伊勢田「流し目スイング」に、常に動いていることでバットが振りやすくなる(シンクロ=同期)ことに気づいた&ストーカーから堂々選手に格上げされた志方「挙動不審打法」~どの実験も大成功です


ギリギリになって、塁に出るなら左バッターが有利だと切り替えを図った岡留の実験だけは間に合わなかったようですけどね。塁間なら無敵なのだから今さらジタバタするなと言う亀沢の檄が大正解でござったね。でも確かに左に替えれば速くなるという1.5秒は魅力でござるが


4回で13点も先行されて時はどうなることかとヤキモキさせられましたけど後攻はダメだって言ったじゃん(;O;)、これを見事にひっくり返した上に、悲願の7回コールド勝ち「21-28~しかも最後は赤岩のランニングホームラン)をもぎ取った時にはもう、応援席で誰よりも熱い声援を送りすぎて途中退場を命じられそうになった亀沢同様大騒ぎでした弱くても勝てた~っ!!。青志は亀沢に

「10番

の背番号の入ったTシャツを贈っていたのです。亀沢が東大に入学し、その野球部でまたみんなと一緒に活躍する姿も見たいですよね亀沢一番目立ってたよ~(^^)/


この様子を、ほかならぬ堂学の峠もテレビでずっと見ていたというのも良かったな~。光安兄ちゃんは、後ろで立ったまま見てましたね


来週はいよいよ堂学との試合に臨むらしい城徳高校ですが、まだ最終回ではないのですよね?来年の春には研究室に戻ることを決めたという青志との「夏」が少しでも長く続くよう、

弱くても『強豪校』に勝てた!水かけしたいっ!!(^^)/

と言えるよう、何とか頑張ってもらいたい!!


弱くても勝てます~今から次回が待ち遠しい限りです弱くても勝てますが面白い(^^)/


~登場人物リストは目が全快したら完成させるつもりです~それまた楽しみ~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は弱くても勝てますのレビュー一覧」でお読みいただけます

弱くても勝てます
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

弱くても勝てます あらすじと感想 第7話 強化合宿の成果やいかに?

弱くても勝てます~の登場人物とキャストはこちらからお探しいただけます: 弱くても勝てます~登場人物とキャスト一覧


二宮和也さん主演の弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~】ももう7話に入りました。そろそろ(わざと打たせてもらうのではない)快音が聞こえてくれないと困りますよね~。そんなおばさんの期待もちょっとだけ叶えてもらったようです。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です弱くても勝てますのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回城徳野球部は3日間の強化合宿を行うことになりました。が、部費も無ければ施設も無いということで、青志が考え付いたのがなんと、普通の神経ならライバル校とは口が裂けても言えない堂学の合宿所を借りること


なんでもこの2校は県内でも屈指の伝統校らしいのですが、その伝統も、城徳の方が「20年も先輩」なのだとか。まったく、この図々しさは青志ならでは~と思っていたら、例の青志と谷内田の対談記事を呼んだ生徒たちも、

たとえ惨敗しても尚、あそこまで対等でいられる田茂先生は素晴らしい!

と青志を大絶賛し、ますます尊敬してしまうのがまた可笑しいですよね~皆、可愛すぎ( *´艸`)


勝った方が偉いのではない!負けたからってダメな訳じゃないっ!!それは確かに正しい( `ー´)ノ


この自信もまた、青志の教育が浸透してきた証でしょうか


でも実際に合宿に参加すると、他校にだけ貸すわけにはいかないと、峠率いる堂学もまた合宿にやってきており、その練習の凄さに、城徳ナインたちは皆度肝を抜かれてしまいます。でも~楓さん同様、高校野球好きなおばさんに言わせたら、あれが全然フツーですよ


そして青志もまた、堂学と同じ練習では勝てないことを身に染みて知っています:


そもそも、同じ練習などできるはずもないし、100歩譲って同じ練習がこなせたとしても、ウチは絶対に強くなれない。だから

「俺たちは弱いまま、頭を使って勝負するしかない!!


一方、堂学のエースで4番の吉永藤一郎(宮里駿)は、なんと1年・光安の兄だったそうです。光安の両親は離婚しており、、兄の藤一郎は医者である父親に引き取られ、光安は母の戸籍に入ったようです。


藤一郎が近寄ってきて光安を「ゆうた!ゆうた!」と呼びつけた際、

「目を合わせるなっ!危険だ!! (熊じゃないし) ゆうたは誰だ?誰でもいいから返事しろ!!おまえひとりが犠牲になれ!!

と言っちゃう増本部長は実にいい味出してますよね~。まったく~強化合宿を修学旅行と勘違いしてませんでしたか?


本来は出来のいい弟が欲しかったらしい父の手前、最も得意な野球を続けるしかない藤一郎は、黙って勉強だけしてればいい弟が、自分にとって唯一の自慢である野球にまで手を出してきたのがかなり気に入らないようです


また藤一郎は白尾とも知り合いだったらしく(中学時代のライバルか?)、白尾が城徳野球部にいる限り=弱すぎて決して対戦できないから、ここで勝負を付けようと言いだします。


「よしわかった。でも俺は9番だ。俺の前のバッターが独りでもお前を打ち崩せば、勝負は予選大会に持ち越しだ!


1番の赤岩に始まって、7番の光安まで、どんなに頑張っても打ち返せなかった藤一郎の剛速球は、

「とりあえず、さしあたり、何でもいいから打つ

と、青志に言われたことを繰り返し呪文のように唱えていた江波戸に見事に打ち返されてしまいます江波戸ナイスっ!!( `ー´)ノ。たとえまぐれ当たりでも、ヒットはヒット!ここはおばさん大喜びしちゃいました 


やはり彼らは~頭がイイだけに~何でも考え過ぎなのです。その考えることが躊躇を生み、タイミングを逃してしまうのでしょう


本来「練習」というものは同じことを繰り返して体得するものだが、時間も体力も無い城徳ナインに必要なのは「実験と研究」だ。なんでもかんでもやるのではなく、本当に自分たちに必要なことだけ=必要十分な練習をすればいい


ピッチャーならストライクを取ることだけ、バッターならヒットを打つことだけ。守備はアウトを取ればいい~ダブルプレイなどもってのほかだ


この必要十分な練習を死ぬほどすることで「負けない自信」が生まれてくる!!


よぉ~く検証すると矛盾のある言葉でも、青志の口から発せられると「真理」にしか聞こえないのが不思議ですよね


こうして練習方法も決まった彼らが、予選で最初に当たるのはあの「武宮高校」と決まったようです。


今回の合宿で、堂学が練習試合をした際に見えた~おばさんにはノーコンピッチャーにしか見えなかった~エース国友の欠点~楓さんが鋭く見抜いた

「フォームにこだわりすぎている。投げる球に集中できていない

をなんとかうまく利用できるとよいのですけど。足には絶対の自信を持つ岡留が、この国友のピッチングフォームを見て盗塁のタイミングを計っていたらしいのも楽しみです


来週は何やらまたしても不穏な空気が漂っていたようですが、「弱くても勝てます」もうそろそろ終盤です。ここは是非とも

「弱いチームの一勝

を見せてほしいものですね弱くても勝てますが楽しみ~(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は弱くても勝てますのレビュー一覧」でお読みいただけます

弱くても勝てます
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

弱くても勝てます あらすじと感想 第6話 次の校歌は是非大会で!

弱くても勝てます~の登場人物とキャストはこちらからお探しいただけます: 弱くても勝てます~登場人物とキャスト一覧


二宮和也さん主演の弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~】、今週は6話です。これまたなかなか良いエピソードでしたね~。今回披露された城徳高校校歌を是非また、今度は大会で勝利して、大観衆の前で聞かせてほしいものです弱くても勝てますのあらすじ行きますよ~(^^)/。以下早速簡単なあらすじ(ネタバレ)行かせていただきます。


今回は、退学を決意した亀沢を何とかして思いとどまらせようと皆が奔走した回でした。でもただ一人、サザンウィンドの楓さんだけは、それもまた悪くない決意だと評価していたようです。というのも遡ること13年前、今の亀沢とまったく同じ表情をして店に入ってきた青志が、今はすっかり見違えるように強く逞しく成長したのをその目で見ているからです


そもそも城徳高校は皆エリート揃いなため「挫折」という言葉を知りません。それなのに、不得意なスポーツに身を投じたばかりに、青志は過去に、そして亀沢を初めとする野球部ナインは今、その「挫折」を味わっているのです。


現代社会はこの「挫折」というものにとても否定的ですが、人間は、挫折を経験して初めて大きく成長することができるのです。その意味で、挫折に真正面から向き合わずに逃げ出してしまうことは、せっかくの好機を逃すことに他なりません。


だから今、家庭の事情で野球のみならず、高校をも辞めなければならなくなった亀沢も、一見不幸に見えるかもしれないけれど、長い目で見れば決してそうではないのです。今一緒にいる誰よりも、今後高く高く飛べるチャンスを手に入れたに違いない、と、年の功の楓さんには分かってるのでございます。もちろん、自分もまた谷内田にこう言われて、本当は誰より野球が好きだったのに野球部を退部した青志にも


「ここはおまえのいるべき場所じゃない=おまえのようなへっぽこに野球を続ける資格はない


でも青志が今それを口にすることは、亀沢の退学を肯定することに繋がるため、自分の経験を話してやれないのが何とももどかしそうで辛そうでした


一方、亀沢の事情を知ったナインたちは、こちらは無条件に彼を引き留めようとします。でも、亀沢のプライドを傷つけてはならないとこちらもまた口には出せず、文化祭の出し物~演劇の主役に亀沢を抜擢し、何とか翻意を促そうとします。だからって女殺油地獄はないですよね~。あれはストーカー志方の趣味でしょうか


まあこちらの詳細は省くとして、結局、父に倒れられた亀沢は文化祭にも出ることもできぬまま、退学を余儀なくされてしまいました


そしてナインたちは、去りゆく亀沢のため、皆で校庭で校歌を歌うことを思いつきます。野球、甲子園で校歌を歌えるのは、勝利校のみに許された特権です。そして亀沢は、

「そんな亀沢のためにも勝利を心に誓ったに違いないナイン

を前に指揮をするというプレゼントをもらいました目立ちたがりの亀沢にはピッタリの贈りものです。ここは実際に、城徳野球部が勝利して高らかに校歌を歌う様子を妄想してしまいました。そこに亀沢はいないけど、皆はきっと亀沢の指揮を思い出して歌うに違いない、とすっかり妄想の世界で盛り上がりました(;O;)


その亀沢は、自宅へ向かうバスの中で、ようやく青志の過去=退部を知ることになります。連載=「弱くても勝てた!」が今回、谷内田と青志の対談を取り上げていたからです。これで賢い亀沢には、楓さんの言わんとしていたことが理解できたに違いありません


青志が堂学の谷内田に負けて退部したことを、ナインに知られてはいけないと、赤岩や柚子がこれを隠していたのも可笑しかったですね~


今や皆にとって、監督(青志)はあの谷内田と対等な存在なのだから、その夢を壊しちゃいけない!


可笑しかったと言えば、文化祭の演劇の中で、お婆さんを演じた赤岩の芝居があまりにもうますぎて、思わず

「誰??

と目を凝らしてしまいました。も~あのしわがれた声、どこから出してきたんでしょうか


部員から台本を頼まれた青志になかば脅されて、台本を仕上げてくれた利根もなかなかいいとこありますね。最初はあ~んまり好きじゃなかったけど、最近はなかなかイイ感じです


野球に関する部分では「とにかく準備が遅い!出遅れるなっ!!」は面白かったな~。打席に立っても準備が出来てないから振り遅れる。これからは何事にも決して出遅れるなと命じられた部員たちが、事あるごとに

「出遅れるなっ!!気持ちで負けるなっ!( `ー´)ノ


を合言葉にしていたのが微笑ましくてなりませんでした。毎回思うことなれど、なんて素直なんでしょうね~彼らは


さて来週の「弱くても勝てます」ではなんと強化合宿が行われるようです。亀沢がいなくなって寂しいですが、おばさんはこれからも城徳ナイン、そしてこのドラマを応援していきますよ~来週の放送もとっても楽しみでございまする弱くても勝てますが面白いよ~(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は弱くても勝てますのレビュー一覧」でお読みいただけます

弱くても勝てます
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

弱くても勝てます あらすじと感想 第5話 初試合で点取った!

弱くても勝てます~の登場人物とキャストはこちらからお探しいただけます: 弱くても勝てます~登場人物とキャスト一覧


二宮和也さん主演の弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~】は5話に入ってまたますます面白かったですね~。いや~良いな~青春って。サブタイトルは「初試合! 守備を捨て(秘) ドサクサ打法爆発! 苦学生の大決断と恋の三角関係」だそうです。以下早速あらすじ(ネタバレ)行かせていただきます弱くても勝てます~あらすじ行きますよ~(^^)/


今回何といっても注目だったのはやはり「武宮高校」との初試合に置いて、城徳が先攻だった事、もとい、先攻で

「点を取った!  

ことです弱くても取れたっ!!。これは実は赤岩父=晴ちゃんの「天国と地獄作戦」によるものだったのですけれど、それでも一応は相手もそれなりに試合をしてのことですから、おばさんも、青志やナイン同様、真剣に嬉しかったな~


「弱くても点取れたっ!!城徳ガンバレ~っ!(^^)/


その城徳が今回打ち出してきたのは、前回青志が考案した「ドサクサ打法」でした。地味な守備は捨てて、ひたすら点を取る=打ちまくる、素振りは必ず

「行きも帰りもスピーディーにぶんぶんと力強く振り回す

これじゃダメよ間違ってもこ~んな風に悠長に構えていてはいかんのです。とにかくぶんぶんひたすら振り回す。そうしているうちに「バッターボックスに立つ緊張感」も薄らぎ、いつもの素振りの一環として打席に立つことができると言うのが青志の計算なのです


そのタイミングも、ピッチャーが投げる前にスイングしては早すぎるキャッチャーがボールを取ってから振っては遅すぎる。ピッチャーの指先を離れた球がキャッチャーミットに収まるどこかのタイミングにうまくスイングできれば「ジャストミート」することができる


今回は青志も指摘していましたが、この子たちは本当に素直で真面目なので、こんな「当たり前の事」をふむふむと納得して、ひたすら素振りを練習する姿がまた可愛くてなりません


また、やはり打撃で重要なのは「打順」ということになりますが、これもまたなかなかの説得力でした。通常であれば、1番で何とか塁に出て、2番で塁を進めさせ、3、4、5番のクリーンナップでこれをホームに返すというのがセオリーなんだけど、城徳は何せ

「10点取られたら15点取り返す打順

を組まなくちゃいけないため、打順を「線」ではなく「輪」として考えなければならんのです。これはでもおばさんも時々思いますよ~。何も上位にばかり強打者を集めずとも、下位に置いてもいいんじゃないか、と。今回青志も言っていたように、

「下位に打たれた

というのは、ピッチャーにとっての結構なプレッシャーになると言うのは、あながち間違いではないと思います。それに次回どこから打順が始まるかなんて、その時にならなくちゃわからんわけですし


城徳のような弱小チームの、しかも下位打線に打たれて動揺したところを、立て続けにガンガン打っていけば、もう城徳の勝利は間違いなしっ!!俺たちは絶対に勝てる!!


ここはか~なりご都合主義なマインドコントロールでございましたが、何せ城徳ナインは素直な子ばかりなので、ああして「おだてる」のも作戦の一つなのでしょう。もうすっかり皆

「弱くても勝てた!

をイメージしていたようですし。楓さんはお祝いのケーキまで用意していました最後には「勝利」の文字は取り除かれましたが(;´∀`)


そして実際試合で本当に点を取った時は嬉しかったな~。我が目を疑っちゃいました。


1回表に1点取った後は赤岩が相手を0点に抑え、その好調の波に乗って2回表には5点、そして3回表にはまさかまさかの大量得点10点をたたき出します。


ところが、真相を知ってしまった晴敏が、城徳ナインが騙されていることに耐えられなくなって武宮高校に本気を出すよう喝を入れてから事態は一変してしまいます。真相と言うのは、例のバッティングネットのことです


「ここまでうまくなれたのも赤岩さんの寄付のおかげです。生徒たちは本当に感謝していました!


せっかくの好意を無にされたと怒っていた晴敏は自分の誤解に気づいて後悔しますが、かと言ってこのまま勝たせてしまっては今後のためにもならないと、心を鬼にして武宮に本気を出せと指示したのでしょう。


いきなり見違えるように強くなった相手に対し、城徳ナインはすっかり固くなってしまいますまた弱気のスイングに逆戻り(;´・ω・)。これまではとにかくぶんぶん振り回していたバットも、またいつの間にか「短く持って安全策に戻ってしまい、武宮に大逆転されてしまいます。


それでも何とかコールド負けは免れたいと、懸命に塁に出た岡留を返そうとした江波戸に至っては、こともあろうになんとスクイズバントにトライしてしまうのです一番バントが下手だと言われていた気がするんですが


案の定、江波戸は打球を殺すことができず、ポーンと上に上がってしまった球を取られたため、ホーム狙いで飛び出してきた岡留はアウトになってしまいます。いっそ「無敵の27.431m走を誇る岡留にホームスチールをさせればよかったのにねでも皆よく頑張った!( `ー´)ノ


結局城徳はこれで大量失点し、またしてもコールド負けをしてしまいます。が、これは決して日没コールドではありませんし、

「次回は決しておまえに心配させない~どんな状況にあっても俺が必ず盗塁を決める!」

そう言った岡留と江波戸の確執がすっかり無くなっただろうことも、大きな収穫だったと見てよいのではないでしょうか。亀沢も最後には、バットを元通り長く持って「一番(思い切りのよい)三振」をして青志に褒められていましたし。


また今回は、誰よりも目立ちたくて野球部に入ったこの亀沢個人にもピンチが訪れます。実家の経済状態が悪化したことから、亀沢はどうやら退学を余儀なくされそうなのです


自分にもプライドがあるからと、この件はナインには伏せられてしまいましたが、せっかくあんなに頑張って練習したのですから、なんとか続けさせてやりたいものです。ご両親が田舎から出てきて家を掃除してくれた時、一番にこの子はこう言って喜んでいたのですからね


(部屋が片付いて広くなったから)これで勉強の合間に部屋で素振りができる!!


見ているうちに頑張っている城徳ナインと青志を心から応援せずにはいられなくなる「弱くても勝てます」は来週の放送も今からとっても楽しみです


弱くても勝てますが楽しすぎ(^^)/

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は弱くても勝てますのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング