このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

追跡者-CHASER(チェイサー) あらすじと感想 一覧(全16話)

追跡者-CHASER(チェイサー)(全16話)


ソン・ヒョンジュさん主演の「追跡者-CHASER(チェイサー)」は実に面白い社会派ドラマでした追跡者~チェイサーのあらすじ行きますよ~(^^)/。世の中何でもそう簡単に善悪の区別をつけられるものではありませんが、このドラマはまさに、誰の心にも同居しうる善と悪、そしてそのどちらかに偏って暴走するとどうなるか、をとてもリアルに描きだしてくれました。よく、韓国ドラマを見ていると、

急にイイ人になって終わった

という感想を耳にいたしますが、その場合の多くはこの、元々あった善に戻った~というケースなのだと思われます。ただそれが、視聴者にも納得のいくように描かれているかどうかはまた別の話ですが


全16話と長さもちょうどよく、娘の仇を討つと誓って「チェイサー追跡者)」と化した主人公のペク・ホンソクの心情と、ホンソクを応援して力を貸す仲間の友情、そして、友情を抱きつつも、悪魔のささやきに道を誤ってしまった人々の苦悩が見事に描写されており、犯人を追いかけるミステリーとしてのみならず、ヒューマンドラマとしても十二分に堪能できる作品となっておりました


少なくとも今年今までに見た韓国ドラマの中では一押しのドラマになりそうです追跡者-チェイサー~未見の方には是非お勧めの一作です追跡者~チェイサー~おすすめのドラマです(^^)/



追跡者-CHASER(チェイサー)全16話 あらすじと感想 一覧】


追跡者(チェイサー) あらすじと感想 第1話「事故と駆け引き」 面白くなりそう


第2話 犯人の証


第3話 偽証だらけの裁判


第4話 権力の前


第5話「脱走」で見えてきた全容


第6話 対峙 偽善者を許すなっ!


第7話 駆け引き


第8話 裏切り


第9話 敵と味方


第10話 ヘラの野望


第11話 切り札 ヨンシクでかした!


第12話 約束を守るため


第13話 大統領選前日


第14話 崩れ落ちた神話


第15話 ホンソクよくぞ言った!


追跡者-チェイサー 最終回あらすじと感想 パパは無罪よ

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は追跡者(チェイサー)のレビュー一覧」でお読みいただけます

追跡者(チェイサー) 最終回あらすじと感想 パパは無罪よ

追跡者チェイサー)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 追跡者(チェイサー) 全16話 あらすじと感想 一覧


毎日楽しんで見てきた【追跡者-CHASER(チェイサー)】は本日が最終回でした。以下とても簡単なあらすじ(ネタバレ)感想文です追跡者(チェイサー)最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはズバリ結論から申し上げますと、ペク・ホンソクはその犯した罪全てに有罪が決定し、懲役15年を言い渡されてしまいました。パク検事は無期懲役を求刑したため、多少は減刑されたものの、あの年で15年はやはり長いですよね~。ホンソクを犯罪に駆り立てたドンユンは、殺人教唆の罪でたったの8年だというのに、です


最後まで「金と権力」を餌にされて、ジスの身代わりをするつもりだったらしいヘラが、PKジュンの同乗者=有罪である事実を突き付けられるとコロリと態度を変え、自分は同乗者ではない、証拠のブラックボックスを持っていると証言を翻したのには大笑いでした。この先、このヘラという世にも惨めな卑怯者を信じる愚か者がいったいどこにいるでしょうかこのコウモリ女めっ!!


ヘラの証言によって逮捕されたジスの罪は明らかにされませんでしたけど、殺人未遂と証拠隠滅~などなどでやはり懲役8年ぐらいで済まされてしまうのでしょうか。それにヘラもまた、ドンユンが何と言って庇おうと、せめて同じぐらいの刑に処してやらねば、たとえホンソクが許しても、おばさんの腹の虫がおさまりません追跡者(チェイサー)ヘラだけは絶対に許したくない( `ー´)ノ


このブラックボックスが出てきたことで、スジョンがああも無残に殺されたシーンを見るにつけ、その怒りがますます燃え上がります。が、よくよく考えてみると、スジョンをああして轢き殺したのは、ほかならぬPKジュンなのですものねアイツこそ法で罰したかったな~(;O;)。ホンソクが、あの実に嫌らしいパク検事の質問にこう答えたのは正解でしたよ


スジョンの仇を討ちたかった=PKジュンを殺したかったのは本心だ


それでも、例え相手がどんなに卑劣な悪党であれ、その手で殺してしまったのはやはり許されるべきではありません。ホンソクの罪を許してしまえば、PKジュンの頭の足りないファンが逆恨みして、ホンソクを付け狙うことまで認めることになりかねませんし


またホンソクが罪に問われたからこそ、スジョンの汚名を返上できたのもやはり紛れもない事実なのです。それに、ホンソクは、亡きスジョンが法廷に現れて、

パパは無罪よ

とニッコリ笑ってくれたことで本望だったのでしょうからねあのホンソクの嬉しそうな笑顔が忘れられません


ドンユンも言及していたように、最大の被害者であるべきホンソクが加害者として裁かれることになったこの悲劇は国民の心に深く刻み込まれたことでしょうし、その1つの表れとして、司法の被害者を救援する趣旨の

ペク・スジョン法

も成立したそうです。これで、国民の誰もが皆、この方の名を聞くたびに、可哀想な少女と、その少女のために追跡者チェイサー)となった気の毒な父親のことを思い出さずにはいられないことでしょう


金でホンソクを裏切ったユン・チャンミンもついに己の罪を認め、スジョンが麻薬の常用者などではなく、援助交際も事実無根だったと判明できたのは何よりでした。ってそれが当然なのですけどね~大の大人が、寄ってたかって自分の罪を隠蔽するために、子どもの名誉を汚すとは何事かっ!!恥を知れ!恥をっ!!


とはいうものの、やはり悔しかったな~。法律は、弱者救済のためにあるのではないのか、型通り、原則に従うだけの裁判なら何のためにあそこに3人も判事がいるのか、そう思うとやはり腹立たしくてなりませんでした。が、これがきっと、韓国に限らず、世界中どこにでも起きうる皮肉な現実なのだと改めて痛感させられた次第です。


金さえあれば、権力さえあれば、何をしても許される。国民はバカだから、たとえ一時は憤慨してもそのうちに忘れていく


それにこれはヘラも言っていましたけれど、あのチャン・ビョンホは何も罪に問われないのでしょうか?アイツこそ、何もかも承知の上で、ホンソクやスジョンを陥れ、法を貶めた張本人ですのに


が、そのビョンホを金で動かしたソ会長はハノグループから一切手を引くと明言したようです。これも眉唾なのではないかと思ったけど、最後にあのがら~んとただ無意味に広い部屋でぽつねんと佇んでいたところを見ると、彼はこれからの余生を、今後の人生を悔いながら生きていくことになりそうなのはまずまずでした


ひとり、罪を免れてアメリカに行くことになったらしいヨンウクがせめて、こんな欲望渦巻く世界から解放されて、自分の好きな道を生きていけるとよいのですけど


メインから外れたところでは、気になっていたヨンシクとナムスクもなかなかの結末でしたよね


ヨンシクがナムスクの3番目の夫になりたいと言うと、ナムスクは1年経ったらまた考えようと答えます。ヨンシクに真新しい石鹸とタオルを贈り、毎日それで手を洗ってその手を拭いて、1年間何も悪さをしなかったら、その時また考える~あんたが私の「最後の亭主」になれるかどうか


戸籍に赤い線が入っただけでも親は悲しむものなのに、惨たらしく殺された上にひどい汚名を着せられたスジョンを思うホンソクが哀れでならないとファン班長が言ったのを聞いていたナムスクは、きっと、自分の父親のことを思い出したのでしょう。今度こそ、父にもホンソクにも心配されずに済むような、幸せな家庭を築きたい、って


韓ドラにありがちな、絶対にありえないハッピーエンドも決して嫌いではありませんが(時と場合に寄りますが、納得さえできればOKだす)、こうしたとても現実的でありながらも、それでいて未来に希望の持てるような結末も良かったです


追跡者チェイサー)全16話、最後までタップリ堪能させていただきました。大満足です追跡者(チェイサー)面白かったです( `ー´)ノ


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は追跡者(チェイサー)のレビュー一覧」でお読みいただけます

追跡者(チェイサー) あらすじと感想 第15話 ホンソクよくぞ言った!

追跡者チェイサー)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 追跡者(チェイサー) 全16話 あらすじと感想 一覧


ソン・ヒョンジュさん主演の【追跡者-CHASER(チェイサー)】の15話は「国民の選択」です。これはも~期待以上に素晴らしい内容でした。大統領選の結果ももちろんですが、ホンソクに託されたメッセージには感動しすぎて涙がこぼれそうでした。以下早速ネタバレです追跡者 チェイサーのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず選挙の結果は、これは期待通り、ドンユンの敗北に終わりました追跡者~チェイサーもいよいよ終盤っ!( `ー´)ノ。対立候補のチョ・ドンスはイ・ジョンギルさんだったのですね~チョイ役過ぎて気の毒でしたね。でもこのチョ・ドンスは、ソ会長との食事の後、キッチリ自分の分は自分で払ったそうですよ。つまり、ソ会長の言いなりにはならないという意味です


敗北の色が濃くなるたびに、ひとり、そしてまたひとりと、選挙スタッフが事務所を去っていくのを見るのは実に痛快でございましたざ〇あみろ~( `ー´)ノ。ホンソクが見事に言い当てたように、ドンユンの周りにいたのは「利害関係」のある人間ばかりだったのです。自分自身がそうなんだから、これは自業自得ですよね。


ただ一人残ったヘラも、懸命にドンユンを励まそうとしていましたが、おばさんに言わせれば、

「自分一人じゃ何もできないから、何とか再起してほしい!

と駄々をこねている子供にしか見えませんでした。ここでドンユンとヘラが、自分達の夢=フェアな社会を作るなどとほざいていたのもまったく聞く耳を持ちません国民をさんざん馬鹿にしていて今さら何を言うかっ!。まさに、

偽善者は自分が嘘をついていることに気づかない

の言葉通りです


しかも~これは予想できていましたが~ドンユンは、自分一人で罪をかぶろうとしているようです。ヘラはあくまでも命じられただけ、首謀者は自分だったと主張するらしい。これでヘラが改心すればいいけれど、おばさんには到底そうは思えません。むしろヘラこそが最も危険な人物に見えて仕方ないのは、これまで同様まったく変わっておりませんヘラを許すなっ!!( `ー´)ノ


が、このドンユンの裁判は明日に持ち越されるのか、ドラマは後半、もっぱらホンソクの裁判に焦点が当てられました


ドンユンを逮捕した後検事を辞めて、ホンソクの弁護士となったジョンウは法廷で、ホンソクには罪はないと証明すべく、ドンユンやPKジュンのみならず、広く司法の腐敗や世間の過ちにも言及し、どこにも助けを求められなかったホンソクが、自分の力で娘の冤罪を晴らそうと奔走したのは無理からぬことだと力説したシーンは実に見ごたえがありましたよね


でもそこでジョンウはこうも言ってしまうのです


それほどまでに追いつめられたホンソクが、今回の行動に及んだのは「心神喪失状態」にあったからだ!


が、ホンソクは決してこれで逃げようとはしませんでした。娘の顔についた泥を取ってやるのは父親の仕事だ。死んでからも尚

「援助交際と麻薬」

というを塗りたくられて浮かばれずにいる娘のために、自分は考えに考え抜いて一連の行動に至ったのであり、頭はこれまでになく冴えわたっていた。決して心神喪失状態などではなかった、とはっきり明言したのです。(でも、チェ・ジョンウ検事の好意には感謝している


そうそう、これまでにも何度も繰り返してきたのでまた言うのもはばかられますが、韓国ドラマを見ていて本当に腹立たしく思うのは(他の国のドラマにはそうそうありませんよ)、悪事を働いた人間が、最後には精神を病んだからと言う理由でいとも簡単に許されてしまうことなのです。たとえ精神状態が普通じゃなかったとしても、犯した罪に変わりはないし、逆に、精神を病んでいたなら罪を犯しても許されるという暗黙の了解があるからこそ、誰もが司法を馬鹿にしきった=モラルハザードが起きているのではありませんか


まさにここは背水の陣でキッパリ言ってくれたホンソクに心からの拍手を送りたくなりましたホンソク、よくぞ言ってくれた!(≧▽≦)。ホンソクは、自分のしでかしたことは罪としてキッチリ償うが、同じように、スジョンを殺した連中も徹底的に断罪してほしいと願っているに違いありません。そのためなら刑に服すことなど何でもない。そのために、そのためだけに、自分は(追跡者チェイサー~となって)奴らを追い続けたのだから!!決して頭がおかしいんじゃないぞ!


まだ明日がありますから、軽々には結論付けられませんが(特に韓ドラはねえ・)、このホンソクとジョンウを見ただけでもこのドラマを見てきた甲斐があるというものです。追跡者~チェイサー~明日はいったいどんな結末が待っているのか、こちらも容赦なくキッチリ見届ける覚悟です。最終回が待ち遠しいです。


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は追跡者(チェイサー)のレビュー一覧」でお読みいただけます

追跡者(チェイサー) あらすじと感想 第14話 崩れ落ちた神話

追跡者チェイサー)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 追跡者(チェイサー) 全16話 あらすじと感想 一覧


ソン・ヒョンジュさん主演の【追跡者-CHASER(チェイサー)】はついに14話「崩れ落ちた神話」にして、ホンソクがその宿願を果たしました追跡者(チェイサー)のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


ホンソクは、あらかじめヨンシクに命じて、あの理髪店に隠しカメラをセットさせておいたのです。ああそれで、ふたりで店に入って何か買い物をしていたのですね~


ドンユンの義理の妹という立場を利用したジウォンが、ドンユンの父を連れ出している間に準備をしたというのもナイスでした。そしてこの時に、ドンユンがやってきたようです


さすがは刑事生活20年のホンソクです。徐々に、でも確実に、ドンユンの「自白」を引き出していったのは見事でしたね~追跡者 チェイサー ホンソクガンバレ!( `ー´)ノ


金をもらって密航したはずが海上保安船に捕まって金を奪われてしまった。今度はいくらくれる?今の俺にできることは許すことじゃなくて諦めることだ


再び金を要求してきたホンソクに、ドンユンの口がゆるみ始めます。ペク・ホンソクさんは、決して諦めない人だと思っていたのに、金をもらって逃げ出すのか?


これから数時間で大統領になる人間に戦いを挑んで勝つ方法があったら教えてほしいと言う一方、あくまでも淡々と、だから尚一層凄みを帯びた口調で、ホンソクがこう言った際は実に痛快でございました


おまえの妻はPKジュンから「雌」と呼ばれていた。そしておまえは、家では「プードル」と呼ばれているそうだな。大統領がプードルで、ファーストレディが「雌」だとは。その程度の人間に娘を殺されたなんて遺憾だ


これに怒ったドンユンがついに真相を語り始めますここは思わずガッツポーズ( `ー´)ノ


ああそうだ。私がペク・スジョンを殺した。あの子が目を覚ましたら、私の人生は終わりだった。おまえの親友のユン・チャンミンに金を渡したら、すぐに実行してくれた。PKジュンが無罪にならなければすべてを失っていたから、裁判を操作させた


そしてドンユンはホンソクの要求通り、ジスに電話をして「安全な架空口座」に20億を振り込ませます


(これで取引成立だ) おめでとう。カン・ドンユン大統領


ファン班長には、ドンユンを倒すため、ドンユンを上回る悪党になると宣言していたらしいホンソクは、その宣言通りに行動し、ついにこの大事をなし終えました。ヨンウクはこの映像をジョンウに送り、ジョンウはジウォンとともにこれをマスコミ各社に流します。その上ジョンウは、ヨンウクを使ってテレビ局を動かしました


この辺は「直接大統領選挙」という仕組みがそうさせるのでしょうが、既に選挙が始まっている今となっては、なかなかマスコミが煮えきらないらしいのです。テレビ局は特に、上層部が後々大統領に睨まれることを恐れて、放送に踏み切ってくれないそうです


カン・ドンユンは、大統領就任後すぐに、あなたを召喚します。(それを防ぐには今しかないんだ!この状況が分かってんのかっ!


ドンユンを法で裁けなかったジョンウだけど、いつかハノグループの巨悪も倒せるとよいですね。


こうして一斉にマスコミ各社が報じ始めた時、ドンユンは自らの「アリバイ」をねつ造してきます。ホンソクと会っていたというその時間には、諮問教授団と「庶民の問題」について論議を交わしていたというのです。ま~これまで一度も嘘をついたことが無いとは、呆れてものも言えませんねこの詐欺師っ!!( `ー´)ノ


ここでついに、ジウォンが義兄に止めを刺します。ジウォンは、動画にあった通り、20億ウォンがホンソクに送金されたことは事実であり、その送金者が、ドンユンの妻=ソ・ジスであることを公表したのです。その時刻も、動画と情報と一致します。カン・ドンユン候補は嘘をついています!!


法を守るため、自分の父を逮捕したチェ・ジョンウ、交通事故に遭っても尚、自分が事故に遭いさえしなければドンユンを逮捕できたのにと悔むチョ・ナムスク、正義のために義兄の罪を暴こうと奔走してくれるソ・ジウォン、ホンソクの周りにいる心優しい「人間」が皆で力を合わせて「人間の皮をかぶった悪魔を葬る一瞬が刻一刻と近づいてきます


自分のために出世を棒に振ったファン班長のために、ホンソクが班長に手錠をかけさせ、将来の保証を手に入れろと促したシーンもよかったなファン班長も本当にイイ人だったもの(;O;)。ホンソクが、班長以外には捕まりたくないと言っていたのは、ずっと世話になってきた班長への恩返しの意味も込められていたのですね。


俺が出所してきたら、また飯をおごってください


確かにホンソクは人も殺したし脱走もしたけれど、それもこれもドンユンがスジョンを殺し、裏で裁判を操作したからこそ、とことん追いつめたからこそですよね。これで普通に罰せられたのでは「司法」の存在意義が無いと思うんですが。あれは「殺人」ではなく情状酌量すべき事故、「過失致死」であり、脱走も、真相を突き止められない検察がだらしないからなのだから、その罪は大いに減刑されて然るべきだと思うんですけどホンソクを無罪にしろ~っ!( `ー´)ノ


これまでずっと信じてきたドンユンに裏切られた国民が、他の情報を流して混乱させてしまえばすぐに忘れると徹底的に馬鹿にされていた国民たち、皆意を決して立ち上がり、投票用紙を手に次々と投票所へと足を運んでいく姿もまた実に感動的でした


貧しい家の出身だからこそ、夢を託したかったのに、その本人が、貧しい人々を踏み台にして自分だけのし上がろうとしていた事実が明るみに出たのですから、その悪行は決して許されるべきではありませんドンユンを許すな~っ!


今度こそ明日はついにドンユン、そしてジスが裁かれるのでしょうね~。あ、ヘラも絶対忘れてほしくないな。普段は理想を語りながら皆を欺き、自分の立場が危うくなるとここぞとばかりに裏切って逃げ出すなど、こんな女こそ、最も野放しにすべきじゃないぞっ!!追跡者~チェイサーではヘラも許さんっ!( `ー´)ノ


それでも遠~~くでほくそ笑んでいるソ会長の顔=巨悪を思うとなんともスッキリいたしませんが、とりあえずは明日、小者は全員もれなくキッチリ罰してほしいでござる追跡者チェイサー)は明日の放送が待ち遠しいです追跡者 チェイサーが楽しみ(≧▽≦)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は追跡者(チェイサー)のレビュー一覧」でお読みいただけます

追跡者(チェイサー) あらすじと感想 第13話 大統領選前日

追跡者チェイサー)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 追跡者(チェイサー) 全16話 あらすじと感想 一覧


ソン・ヒョンジュさん主演の【追跡者-CHASER(チェイサー)】の13話は「大統領選前日」です。これもヒジョーにイライラさせられっぱなしでしたが追跡者~ヘラとドンユンをパンデシ許すな~っ!( `ー´)ノ、最後の最後を見て期待で胸がいっぱいになりました。あ~既に月曜が待ち遠しくてなりません追跡者(チェイサー)のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


どこまでも卑怯なドンユンとヘラは、ついに強硬手段に打って出ました。ヘラはギチョルをナムスクとファン班長のもとへ行かせ、ギチョルの部下は、

「どんな手を使ってもいい。責任は全て自分が取る

と言ったヘラの命令に従って、ナムスクを車で跳ね飛ばしたのです


~なぜあの場所が分かったのか~はカット版および韓ドラには禁句でござる


ちょうどその日はナムスクの誕生日だったそうで、滅多に電話など掛けてこないナムスクの父が、わかめスープは飲んだのか、ケーキは食べたのかと電話をかけてきたところでした


父に言われて初めてその日が自分の誕生日だと思いだしたナムスクは、そこで初めてなぜヨンシクが朝、わかめスープを作ったのかに気づきます。ファン班長はそれでお腹を壊したようでしたけどね


その後もヨンシクはチョコレート菓子を取り出して、これはケーキだと言ってナムスクに差し出しましたセンイルチュッカハムニダ~♪。あ~あれはヨンシクがくれたプレゼントだったのかとナムスクがくすっと笑ったところに悪魔がやってくるなんて!ヘラめ~っ!絶対に許すものかっ!!( `ー´)ノ


何せ3手に別れたホンソクたちですから、そのヨンシクと行動を共にしたホンソクはこの事態をまだ知りません。もうすぐドンユンの悪事を暴いてやれる、スギョンとの約束を守れると心穏やかではいられないはずのホンソクが、自分のことはさておいて、これまで一生懸命尽くしてくれた

「前科7犯」 

のヨンシクに、ナムスクの良さを語り、ふたりが上手くいくよう願っていたらしいのがまた何とも良いシーンでしたよね


が、そこにファン班長からナムスクが轢かれて重体だとの知らせが入ります。ナムスクを病院に連れていく条件はなんと、記者会見を中止し、検察前で待っているジョンウが、やはり検察前に駆けつけて「猿芝居を打っていたドンユンに、

「ドンユンがホンソクの事件に関与しているという情報は誤りだった。証拠があるとホンソクに騙された」

と言って謝罪をすることだというのです!ここは本当にはらわたが煮えくり返る思いで一杯でした追跡者~ドンユンとヘラが憎らしすぎっ!( `ー´)ノ。よくぞジョンウはあそこで頭を下げましたよねっ!!おばさんなら、一か八かですべてをぶちまけてしまったかも今、コイツの部下が殺人未遂を犯したっ!!って


あいつらは俺たちを「虫けら」としか思っていない。殺すことなどなんとも思っていない


もう決してドンユンたち悪党に対して、声をあげることも怒ることもしないと決めたホンソクなのです。逆にあいつらに声をあげさせ、怒らせ、涙を流させてやるっ!!


これでついに「法」では裁けなかったドンユンを、今度はホンソクが独自の方法で裁く時が来ましたホンソク、負けるな~っ!( `ー´)ノ


その準備として、まずはヘラをまんまと騙したのは痛快でございましたまだまだ甘いな( `ー´)ノ。ホンソクは、携帯を渡す条件として最初に1つめを、そしてナムスクの無事が確認できたとの知らせの後にはその下の3つを提示したのです


  1. チョ・ナムスク刑事の手術をして、必ずその命を助けること
  2. パク検事に取調べを受けているチェ・ジョンウ検事を解放すること
  3. ファン班長とナムスクを一般病棟に移して、ヘラたちは皆撤退すること
  4. ドンユンが大統領になったこの国には住みたくないから、3億ウォンを用意しろ~国外へ逃亡する

上の3つの条件が満たされて、いよいよ金の受け渡しとなった時、ヘラはホンソクを始末しようとしたようなのですが、ヨンシクがたくさんの子分たちを連れてきて待機させていたため、その企みを難なく阻止したのも気持ちが良かったですヨンシク、かっけ~!(^^)/


「野郎どもっ!!


これまでずっとオネエキャラだったヨンシクが実にカッコよかったですね~


唯一気になるのはあそこでホンソクがヘラに証拠の携帯を渡したことですが、それもまた偽物だったのでしょうかね~。ヘラは万が一のため、ホンソクから受け取った携帯から動画をコピーした偽の携帯をドンユンに渡したようですが、それは見破ったドンユンも、最初のからくりには気づけなかった~とか


そしてついに大統領選挙当日。自らも投票を済ませたドンユンは、満を持して実父の理髪店へと姿を現しました。ドンユンの父(チョン・ソンファン )は最初の頃登場してましたけど、息子が昔の貧しさから脱却するために薄汚い人殺しになりさがったことを知ったら、果たして何て言うんですかね


今ドンユンが座った理髪店の椅子は、はたして大統領の座る椅子なのか、はたまた電気椅子なのか~韓国は絞首刑でしたっけ


あ~なんとかホンソクに本懐遂げさせてやりたいな~絶対にドンユンを許したくない(`・ω・´)。決してその手で殺すのではなく、全国民の前でその悪事を告白させ、きちんと法で罰してやらなくちゃ気が済みませんっ!!


追跡者チェイサー)は来週の放送が今から待ち遠しい限りでござりまする


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は追跡者(チェイサー)のレビュー一覧」でお読みいただけます

追跡者(チェイサー) あらすじと感想 第12話 約束を守るため

追跡者チェイサー)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 追跡者(チェイサー) 全16話 あらすじと感想 一覧


ソン・ヒョンジュさん主演の【追跡者-CHASER(チェイサー)】の12話は「約束を守るため」~これは、ホンソクはスジョンとの、そしてチェ検事=ジョンウは亡き父との「約束」のようです。今日もまた早速&暑苦しくネタバレ行かせていただきまする追跡者(チェイサー)のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回の展開はまたなんとも意外でしたね~。ソ会長がこともあろうにこれまでさんざん手こずらされたドンユンを利用して、これまで以上に政界を牛耳ろうとしているのを知ったヨンウクが、この事態を止めるべく、ジョンウにPKジュンの携帯を渡してしまったのです!追跡者~ヨンウクがソ会長を裏切った! それほどドンユンが憎かったのね~きっと 結局は私怨だけど、ホンソクには好都合( `ー´)ノ


経緯(あらすじ)はこうです


今日もまた、ソ会長とドンユンの駆け引きが行われていました。ドンユンは、たとえ大統領になったとしても、ソ会長の操り人形になるぐらいなら、いっそ動画を公開してほしいとのたまいますが、ソ会長はさらにその上を突いてきます


殺人教唆に対する罪は何かな?


スジョン殺害を命じたことまで知られたのでは仕方ないと、とりあえずは服従する風を装ったドンユンですが、虎視眈々と逆転を狙っているのは誰の目にも明らかです


そしてここにヨンウクがまさかの爆弾を投げ込みます。動画は公開される~これでドンユンが大統領になることはない!あんな男を大統領にしてはいけないっ!( `ー´)ノ


どんなに調査を進めようと、ことごとく上からの圧力で潰されてきたジョンウも、これでようやく巻き返しを図ることができるというものです。確かに、

「薄汚い金持ち同士の醜い争い

に利用されるのは腹立たしいけれどスジョンとホンソクの名誉を取り戻すには、もうあの動画を使うしか他に方法は残されていないのです結局巨悪は倒しようがないのか(;´・ω・)


「一生ペク・ホンソクに感謝して生きるんだな


他でもない、実の息子からこれを聞かされたソ会長は、さすがに驚きが隠せませんでしたが、その後すぐにこう路線を変更したのには、さすがのおばさんも度肝を抜かれてしまいました


今支持率20%のライバル候補はチョ・ドンスと言ったか?我々はその男に接触しておくべきだな


ソ会長は早くも3つの可能性について考えていたのです。ヘラが携帯を取り戻せればこれまで通りでよいが、ドンユンが先に携帯を手に入れれば、ここは自分の負けになる。が、もしも、順当にジョンウとホンソクが動画を公開した場合(=ドンユンは確実に落選する)、自分が利益を得るためには今から対立候補を取り込んでおくべきだと素早く計算したのは、見事としか言いようがありません悪人なんだけど、確かに頭は悪くないんだ(-_-;)


いついかなる時でも、どうしたら自分が優位に立てるかを計算し続けて生きてきた男に、今さら父親の情を求めるのは不可能なのかもしれません。娘(ジウォン)の書いた記事を4度も握りつぶさせておきながら、一方で、帰りの遅い娘を心配する父が憎いと言いつつ、その父を抱きしめたジウォンの心情を思うと、なんとも哀れでなりませんでした


そのジウォンは、ジョンウに命じられてマスコミ各社を動かし、ナムスクは、ホンソクが「スジョン殺害事件へのカン・ドンユンの関与を示す決定的な証拠」を持って検察に自首する旨をネットに公表、そしてファン班長は、車3台に別れて出頭する道を確認していたようです。いざという時に備えて力は分散すべきだとのヨンシクの提案をジョンウが認めてくれた時のヨンシクのはにかみようがまた可愛いかったですね


このヨンシクも、昔、たった一杯のイカを盗んだために、それまでに市場で起こったすべての犯罪の濡れ衣を着せられた経験があるそうです。弱い者は常に泣き寝入りしなくてはいけない、「法は常に強いものの味方」という、この「不文律」をはたしてジョンウは覆すことができるのでしょうか?


俺は絶対に「法」でカン・ドンユンを罰してみせる!!復讐をしてはいけないっ!


それがやはり「法」で父を追いつめてしまった自分にできることなのだとジョンウは信じているようですし、おばさんもそんなジョンウに是非その一念を貫き通してほしいですジョンウ、頑張れ~っ!決して権力に屈するなっ!( `ー´)ノ


こうして全国民の注目が集まる中、ついに大統領選まであと2日と迫りました。明日はいよいよその前日ですドンユンの当選は何としても阻止せねばっ!( `ー´)ノ


明日は是非、今や70%の支持率を誇るドンユンが決して改革の旗手などではなく、自分もまた特権を許された一握りの中に入りたい一心の世にも醜い詐欺師だという事実を、白日の下にさらけ出してほしいものです。これはヘラもまた同様です。何があろうと「金と権力」によって守られているソ会長の側に入りたくてジタバタしているあの姿がどんなに醜いか、心底思い知らせてやりたいっ!!まさにミイラ取りがミイラになった


謝らなくてもよい人ばかりが謝って、謝るべき人間が決して謝らない社会を決して野放しにしてはいかんっ!!


ソ会長までは手が出せないのかっ!?

追跡者チェイサー)は明日の放送が待たれるばかりでございまする


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は追跡者(チェイサー)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング