2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

Category吉原裏同心 1/2

吉原裏同心~新春吉原の大火~あらすじと感想 求むシーズン2!

お正月に吉原裏同心のスペシャル番組、【吉原裏同心~新春吉原の大火~】があると聞いてとっても楽しみにしていました。相も変わらず辛い境遇に置かれながらも、日々懸命に生きている遊女たちを、誠実で仲睦まじい夫婦~汀女と幹二郎が支えようと尽力する姿がまた何とも健気で胸を打ちました。また、現在こちらもまた楽しく視聴中の「あさが来た」メンバー~正吉(近藤正臣)、美和(野々すみ花)と雁助(山内圭哉)が、この吉原裏...

  •  2
  •  0

吉原裏同心 最終回 あらすじと感想 我が町 是非シリーズ化してください

木曜時代劇・「吉原裏同心」もついに最終回を迎えてしまいました。これもまた最終回の集大成に相応しく、しっとりとした人情タップリのとっても素敵なエピソードでございましたね。以下ネタバレのあらすじです。心配していた通り、やはりまたあの藤村壮五郎が女敵討(めがたきうち)にやってきました。荘五郎は、自分だけでは到底幹次郎には叶わぬと助っ人を連れてきましたが、それでもまったく歯が立ちません。おのれ~っ!またし...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第11話 かたき討ち 与五郎無念!

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第11話は「かたき討ち」です。これまた実に良いエピソードでございました。豊原功補さんの抑えた演技に、最後は涙が止まらなかったほど~すっかりワンコの気持ちになりきって見てしまったおばさんなのです。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。今回は遊女絡みの事件ではなく、吉原をふらりと通りかかった虚無僧風の男=与五郎(豊原功補)が、武家の溝呂木忠也(佐野和真)に仇討ちされそうになった...

  •  2
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第10話 姉の願い

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第10話は「姉の願い」です。これもまた悲しみの中にもほのぼのとした可笑しみが漂うような、何とも言えぬ味わいのあるエピソードでございました。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。今回幹次郎と汀女夫婦が関わった遊女は小春(馬渕英俚可)でした。これまでには面識はなかったらしいのですが、ある時この小春がなじみ客で乾物屋の手代の功太と毒を飲んで心中したことを聞かされます。どうしてあん...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第9話 明日の幸せ

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第9話は「明日の幸せ」です。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。今回幹次郎と汀女夫婦が助けたのは、柳里(星野真里)という、身受けが決まった遊女でした。畳屋の次男坊だという圭次(成河)はとても優しく、柳里を妻として迎えてくれるのだそうです。手習い所でも幸せいっぱいで嬉しそうにしていた柳里が、その後しばらくして、全く逆の暗い顔をして現れました。汀女が心配して話を聞くと、どう...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第8話 覚悟あり

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第8話は「覚悟あり」です。以下早速ネタバレです。今回は、汀女が悪人どもに拉致されるというエピソードでした。それもこれも、前回薄墨太夫が幹次郎に助けられたと吉原中の評判となり、汀女がちょっぴりヤキモチを焼いていた所での出来事だったのが、いかにもタイミングが悪かったですね。いつもの巴屋での手習いで、皆からさんざん幹次郎と薄墨太夫の話を聞かされて戻ってきた汀女の前で、いつもよ...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第6&7話 いいなずけ ほか

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第6話は「隠しごと」、7話が「いいなずけ」です。以下はあっさりあらすじ(ネタバレ)感想文です。【吉原裏同心 第6話 隠しごと】まず6話では雛菊(徳永えり)という遊女が、客を殺した容疑で捕まるという話でした。その殺害方法がなんとも艶っぽい話でして、遊女がなじみ客を店に呼ぶために書いた文の封筒の上に自らの口紅をつけるのは特別な好意の証なのだそうですけれど(天紅)、なんとその...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第5話 父と娘

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第5話は「父と娘」です。本当にこのドラマは、暑い夏にピッタリのお素麺のようなドラマでござるね。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。今回は~女目当ての男ども以外は~誰もが寄り付きたがらない吉原に、可愛い盛りの娘=おけい(宮武美桜)が突然やってきて、こともあろうに遊女になりたいと言いだしました。皆が止めていたところ、幹次郎は願いを叶えてやろうと言いだすも、これも幹次郎なりの...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第4話 年季明け

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第4話は「年季明け」です。これまたなんともほのぼのとしたエピソードでございましたね。いいな~このドラマ、温かくて大好き。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。年季が明けたら所帯を持とうと誓い合っていたおかん(高橋由美子)と大工の幸助(おかやまはじめ)が心中未遂事件を起こしました。なんでもおかんには、まだ18両もの借金が残っていたというのです。吉原で起きたトラブルはすべてここ...

  •  0
  •  0

吉原裏同心 あらすじと感想 第3話 許せぬ奉行

木曜時代劇・「吉原裏同心」の第3話は「許せぬ奉行」です。これもまた実に哀切を極めたエピソードでございました。また富田靖子さんが抜群なんだ、これが。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。吉原で「玉菊灯籠」という一大行事が行われたその日、南町奉行の村山信濃守(ダンカン)が視察と言う名目で「山吹色の菓子」を味わいにやってきたところ、何者かがその顔に卵をぶつけるという事件が起きました。横暴で有名な村山に狼藉...

  •  2
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.