このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち
 家族モノ・ホームドラマ

烏鵲橋の兄弟たち 最終回 あらすじと感想 ポクチャに福がやってきた

烏鵲橋の兄弟たち(全58話)


烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちも最終回を見終わりました。これはまあ最後まで本当に楽しいドラマでしたね~。以下、 55~57話のあらすじを含めたとても簡単なネタバレ感想文です烏鵲橋の兄弟たちのあらすじ行きますよ~(^^)/


期待胃通りペク・イノの無実は明らかになり、テヒとチャウンはめでたく結ばれることとなりました。本当は、テシクとミスクが結婚した後、親戚のことを考えて、2カ月ほど後に式を挙げるはずだったのが、ウェディングドレスを試着したミスクがあまりに美しくて喜び過ぎたテシクが、ミスクを抱き上げて振り回したため、ミスクが転んでしまい、腕の骨にひびが入ってしまったことで、チャウンたちが先に式を挙げることになってしまいます


そのチャウンには、アメリカでアニメの研修を受けるという好機も訪れますが、チャウンがテヒと1年も離れるのは嫌だと言ったため、この話は流れてしまったかのように思われました。


そんなもったいない!結婚なんていつだってできるのに、せっかくのチャンスを不意にするだなんて!


自分にも夢があったのに、若くして結婚してしまったために、今では単なるおばさんになってしまったと、懸命にチャウンを説得するポクチャが楽しかったな~。特に大笑いしたのがこのセリフですポクチャサイコー!(*^^)v


鏡を見ると「ヌグセヨ~(誰ですか)と問いたくなるようなおばさんが映ってる


どちらかというと、真面目くさった役が多かったキム・ジャオクさんですが、このポクチャは実にはまり役でしたね~


そしてポクチャはどうしてもチャウンの夢が諦められず、結婚式で予期せずスピーチを頼まれた際にもこう力説してしまうのです


この結婚には反対だった1年ぐらい待てばいいのに!。この子は、せっかくのチャンスを捨てて、私のようなおばさんになりたいと言ったのよ!


ポクチャが理想だと言われたことを、実は嬉しそうにしながらも、結婚は人生の墓場だなどと言わずにいられないポクチャです。家族ができると苦労が絶えない~まさに結婚は人生の墓場だけれど、入ってみて損はない墓場だ。結婚は不幸で幸せな墓場だ!!


テヒは、このポクチャの意向も組んだのか、チャウンとともにアメリカに行って勉強する決意をします。元々留学したいと言っていたので、チャウンのそれと一緒に自分の夢も実現したかったのでしょう


テシクのところは、式は延期になったものの、ククスがミスクに一層なつき、親子四人でこれからも仲良く暮らしていけそうです。テシクは再び(他の)病院で働くことになったそうです。


テボムとソヨンは、一旦決意した独立を1年延期することになりました。それというのも、乳がんの疑いをかけられたソヨンの母が、テボムとソヨンへの愛情を切々とつづった手紙をテボムが読んだからなのですが、それがポクチャの癇に障ったのもまたなかなか楽しかったですよね。ポクチャは、テボムに手を掛けられなかったことを悔やんでいて、リッチなソヨンの家に婿に言ったようなのが悔しかったようです。


そしてテピルとヨウルのところは、結局は一旦別れることになってしまいました。気持ちだけあっても結婚はうまくいかないとチャンシクに諭されたテピルは、今度こそ本当に自立しようと、先輩の事業(おそらく地味な仕事)を手伝うことにしたそうなのです。


2年だけ待ってくれ


果たしてテピルは大人の男になって再びヨウルにプロポーズすることができるのでしょうか。


こんな個性あふれる烏鵲橋の兄弟たち4人は、最後にポクチャとチャンシクに、素晴らしいプレゼントを贈りました。主にはテヒの母が残した遺産を使い、残りは皆で出し合って、烏鵲橋農園を買い取ったそうなのです


家は父さんの、農場は母さんの名義だ


これを聞いたポクチャがいきなりトイレに行ったかと思いきや、水を流しながら大笑いしたのには大爆笑ですいかにもポクチャらしい( *´艸`)。フツー、あそこは感動で泣きませんか


大切な孫夫婦がアメリカへ行ってしまって寂しそうにしていた80を超えたハルモニに、60歳になったポクチャが寄り添います。これからも、嫁と姑、仲良く楽しく生きていこう


以前、テヒとチャウンとの交際がまだ知られなかった頃、ハルモニとポクチャ、そしてチャウンの3人、女同士で仲良く暮らそうと楽しそうにしていたシーンを思い出します実現できるといいね。チャウンがアメリカから戻ってきたら、嫁を集めて女同士、旅行に行くのも悪くありませんねソヨンとミスクも一緒に寝♪


いや~烏鵲橋の兄弟たちは実に楽しいドラマでした。大満足です烏鵲橋の兄弟たちが面白かった(^^)/


烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX1烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX2烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX3烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX4烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX5

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち
 家族モノ・ホームドラマ

烏鵲橋の兄弟たち あらすじと感想 35~54話 真犯人はあの男!

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちも実に楽しいドラマです。テヒの実父のチャンフンを殺したのがチャウンの父のペク・イノなどという、いかにも韓ドラ的なロミオとジュリエット展開には絶対に裏があると信じて疑わなかったため真犯人は他にいる(`・ω・´)、あまりヤキモキもせずここまで見進めて参りました。以下ネタバレです。


チャンフンを轢き殺したのはおそらくイ・ギチョル署長で間違いないようです。これは、どうしても当時のことが思い出せなかったイノがようやく当日撮影した集合写真を見つけ出し、当時唯一の証言だった

「運転手は白い服を着ていた」

に自分が当てはまらないことを証明したのです。イノが着ていたのは青いジャンパーで、白い服を着ていたのは、イ・ギチョルだったのです。まったくね~あの顔を見た時から、コイツは悪人だと思ってましたよ。(注:人生画報でのイメージがこびりついて離れませんの


一方、チャウンが息子の仇の娘と知って以来、テヒとの交際を猛反対していたハルモニも、ようやく二人を許す気持ちになってくれたというのがまたよかったですね


最初は飲んだくれてくだを巻き、チャウンと結婚したいと泣き喚いていたテヒが、ようやく踏ん切りをつけたものの、隠しても隠し切れない心の傷がその表情に浮かぶのを見るにつけ、ハルモニの心は、テヒ以上に締め付けられてしまうのです


また、たとえチャウンが義弟の仇の娘であっても、自分にとってはかけがえのない愛しい「娘には違いないと、ポクチャが何くれとなくチャウンを気遣うのがまた泣けました。もうこの二人には、実の母娘以上の絆が生まれましたね


人間は何があっても食べなきゃいけない。テヒとの縁は切れたと思って諦めなさい。こんなことで、大好きだったお父さんを嫌いにならず、生きていてくれたことに感謝してこれからも大事にしなさい


チャウンの好きなアワビ粥を作って彼女を訪ねた時、チャウンがすっかりやつれていたのを見て心配になったポクチャが、ハルモニから1週間の休暇をもらって、チャウンの面倒を見てきたいと申し出ると、ハルモニがこれを快く許した上に、こう付け加えてくれたのには大喜びでございましたそれでこそハルモニっ!(^^)/


一緒に連れて帰っておいで。事故のことはもうこれで終わりにしよう


んも~早くチャウンが喜ぶ顔が見たくてたまりません烏鵲橋の兄弟たちのチャウンがめちゃ可愛い!。その上テヒが、あの卑怯者のイ・ギチョルをひっ捕まえれば万々歳でございまするね


また、ずっと険悪だったテボムとソヨンも、ようやく雨降って地固まる~となっております


ソヨンがヘリョンの出現に我慢できず、ついにテボムに離婚を言い渡して初めて、テボムがソヨンを愛していたことに気づきます。ヘリョンとの別れが悲惨だっただけに、次は燃えるような恋をするものとテボムは期待していたらしいのですが、ただ側にいて安らげるというその感情もまた、紛れもない愛情だと気づけたのは幸いでした


ソヨンも最初は意地を張っておりましたが、なんだかんだ言ってもテボムへの愛情はちっとも冷めていなかったため~だからこそ嫉妬もしたのですもの~ついにふたりは婚姻届を出して本物の夫婦になったのは何よりでした。その後は、あの小うるさいソヨン母の干渉がどうにも我慢できず、ふたりで自立することに決めたようです。そうそう、ソヨン、いい歳をして母親に甘え過ぎですよ「ヒョンニム」のミスクにバッチリ鍛えてもらわなくては


そう、テシクもようやくミスクと結婚することになったのです。途中、あのイェジンが再び接触してきて、

ククスは育てられないけれど、テシクとは一緒になりたい

などという、残酷極まりないことを言ってきたのも、却ってよかったのかも~ですね。相手を本当に愛していたら、実の息子を捨てて自分と結婚しろなんて言うはずありませんものね


ただ問題はこのククスでして、母のアンジェリカが死んだことを知らないククスは、テシクがミスクと結婚することがどうにも理解できんのです。テシクもその辺をうまく説明しないからいかんのですが、自分一人のけ者にされてしまったと寂しく感じたククスが、フィリピンに帰ろうとしたのがなんとも辛かったですね~


このククスを救ってくれたのが、意外にもテピルでした。意外にも~という言葉はもはや適切ではないかもしれません。今となっては、この烏鵲橋の兄弟たちで、もっとも優しく思いやりがあるのはこのテピルだと言っても決して過言ではないと思われるからですテピルが買いです(*^^)v


お母さんはククスに韓国で立派になってほしいと思っているんだろう?ミスクおばさんなら、きっとおまえをより立派に育ててくれるに違いない


テヒが実の兄弟ではないことも明かしたのも、賢いククスには効果的でした。僕は、テピルおじさんのようになりたいんだ!ククスが目をキラキラ輝かせてこう言う気持ち、分かるなあ


だからこんなテピルには是非、ヨウルと幸せになってほしいおばさんです。年の差カップル大いに結構~あれで男女が逆なら何も言われないのが悔しいところでござる。それにもう、親戚同士の結婚がダメなんて、古い古い


また、主要人物ではないものの、テヒの義兄弟に当たるジェハにも良いご縁があるといいですね。ジェハはなんと養子だったそうですよ~。テヒと別れた辛さを埋めるために、テヒの母親がジェハを引き取ったのだそうです。何かとテヒとチャウンの力になってくれたジェハも、ぜひ幸せになってほしいものです


毎日欠かさず楽しく見てきた烏鵲橋の兄弟たちも、残すところはあと4話となりました。これからはハッピーエンド目指してまっしぐら~ですね。続きもとっても楽しみでござりまする烏鵲橋の兄弟たちが楽しみ~♪


烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX1烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX2烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX3烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX4烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち
 家族モノ・ホームドラマ

烏鵲橋の兄弟たち あらすじと感想 25~34話 チャウンが許してくれました♪

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちも毎日楽しく見ています。今週は34話まで見終わりました。チャウンとポクチャはいつ仲直りできるのか気が気じゃなかったので烏鵲橋の兄弟たちがお気に入りです♪、ここは本当にホッとしました。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です烏鵲橋の兄弟たちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず最も気になっていたポクチャとチャウンから参りますね~。チャウンは、自分を騙したポクチャを決して許さないと固く誓っておりました。チャウンが最も許せなかったのは、ポクチャが自分に笑顔で優しくしてくれたことだそうです。最初の頃のように、鬼のようなポクチャだったらまだ理解ができたかもしれないけれど、

「まるで母親のように親身になって自分を気遣ってくれたポクチャ

が、一方で自分を陥れたという事実がどうしても受け入れがたかったのです。これはチャウンにとっては理解しがたいミステリー以外の何物でもなかったかもしれません


そしてこの「謎」がようやく解ける日が来ましたチャウンが分かってくれました♪


チャウンは烏鵲橋農園で、ずっと「カモの家族=5ダックファミリーのアニメーションを描いていたようなのですけれど~以前テヒに渡したお守りもそのキャラクターだった~この5ダックファミリーが、とある映画会社の目に留まります。それが、いかにも韓ドラらしい偶然でござるが、テヒの実母の再婚相手(キム・ホン)の息子=キム・ジェハ(チョン・ソグォン)だったのです。


~ジェハはテヒに「お前の兄だ」と言っていたようなので、当然ジェハは連れ子ですよね


ジェハはチャウンと契約を結ぶ一方で、父、キム・ホンの命令で烏鵲橋農園の買収にも乗り出しますが、その買い手の名前が「キム・ホン」だったことから、チャンシクは、これが弟の嫁だったテヒの母親の再婚相手だったことに気づきます。そう、テヒの父親はチャンシクの弟で、早くに亡くなってしまったのだそうです。


夫に死なれたテヒの母は、テヒを置いてホンと再婚し、アメリカへ渡ったそうです。本当はテヒを連れて行きたかったのにハルモニが頑としてこれを許さなかったのだとか。


まだ幼かったテヒは、どうしても母親に会いたくて懸命に英語を勉強したようですね。以前、テヒがテピルの大学入学の費用を奪ってまで英語の研修に行きたかったのはこのためだったのだそうです。


テヒは実際アメリカへ行き、母親の顔も見たそうなのに、母親はテヒに気づかなかったため、テヒは大層傷ついたそう。母親の方はそんなこととは夢にも思わず、テヒをずっと思いながら、先ごろ肺炎で亡くなってしまったそうです。


と、こんな背景があるところでの烏鵲橋農園の買取りですから、ハルモニとしては絶対に売りたくない訳ですが、チャンシクは、たとえ相手が誰であろうと、罪を犯した自分たちはこの機を逃さずに農園を売り、チャウンに償いがしたいと考えていましたし、ポクチャもおおむねはそう思っていたようです。


が、そのポクチャの気持ちを変えたのは、キム・ホンが、烏鵲橋農園をテーマパークにすると聞いた時でした。丹精込めて大切に育てた梨の木もすべて切られてしまう。カモたちはいったいどこへ行けばいいのか?


罵られるのを覚悟でチャウンに話しに行くも、チャウンは聞く耳を持ちません。木なんて切られてしまえばいい!その方がいっそ清々する!!私には関係ないわ!


そんなチャウンを怒鳴りつけるポクチャなのです。私のことはどんなに恨んでもいいけど、木に罪は無いでしょう!?


そのポクチャの言葉が心底チャウンの身に沁みたのは、ジェハとともに下見に出かけた農園で、もう一度ポクチャに出会い、要らないと断ったのにまたしても手作りマフラーと赤い下着を無理矢理押し付けられ、もし万が一「アワビ粥」が食べたくなったら(いつでも言って)などと、いかにもポクチャらしいお節介を焼かれた直後のことでした。


ポクチャが涙ながらに何を言おうと、決して耳を貸さなかったチャウンでしたが、いざ、ジェハの車の中に置いてあった「テーマパーク」の図面を目にした途端、この愛しい烏鵲橋農園で過ごした日々の思い出がどっと押し寄せてきてしまうのですそれだけ頑張っていたものね~(;O;)


毎日4時起きしてカモの世話をし、疫病にかかった梨の枝を切って過ごしたあの日。忙しくて大変だったけど、毎日ポクチャに怒られながらも、モノづくりの楽しさを知り、叱責の中に込められた、ポクチャの生き物に対する深い愛情を実感した日々。その生き物の中にはいつしか自分も含まれており、自分もまた、ポクチャの死んだ娘の代わりになりたいとまで思ったあの大切な大切な毎日


烏鵲橋農園は売りません!!私の物です!


ようやくチャウンは、なぜポクチャが自分を騙してまで覚書を盗んだのか、その気持ちが理解できたのです。ずっと許さないつもりだったけど、アジュンマの気持ちが分かってしまったら、許さずにはいられない。もし私が同じ立場にいたら、同じことをしたかもしれない~大切な家族と農園を守るためにポクチャとチャウンが仲直り(^^)/


ジェハはこうした事情を理解してくれたものの、その親=ホンの方が譲らないらしかったことと、チャウンは既に受け取っていた半額で継母の借金を返してしまっていたため、半年で返済するという条件でなんとか双方納得したようです。ただし、返済するのはあくまでも、チャウンの5ダックファミリーからの収入と農園からの収穫しか認められません。


最初はこのチャウンの申し出に戸惑っていたポクチャも、今やチャウンが5000万ウォンの借金を背負っていると聞かされては協力せずにはいられません。どんなに気まずい思いをしても、チャウンを助けてやれるのは私達しかいないのだから!


そんなチャウンに恋心を告白して見事に玉砕していたテヒの方も、チャウンが再び同居することになって心穏やかではないようです。ここはでもお互い好きな訳ですし、時間が解決してくれますね


一方、突然現れた息子ククスに大いに戸惑い逃げ回っていたテシクも、急に農園を訪れたイェジンに、ほかならぬチャンシクが事実を暴露してしまったことで、敢え無くこの縁談は破談になってしまいます。ま、イェジンが金目当てだと知るよりは良かったかもしれませんよね


ククスに対しても少しずつ心を開き、34話ではついに職場の皆の前で、ククスは自分の息子だと発言するまでに進歩しました。そうそう、母親からも捨てられて、父からも息子扱いされないククスが一番可哀想でしたよ。しかも、色が黒いからと他人からアフリカ人呼ばわりされるって、ちと信じられないんですが


また、テボムとスヨンはせっかく夫婦らしくなり、すっかりラブラブだったところに、今さらヘリョンが現れます。しかも、テボムに積極攻勢をかけてくる図々しさです。テボムも早く、自分は妻帯者だと宣言すればよいものを。このスヨンとの間に割り込んでくるコン部長(コン・ジョンファン~ウルマフル@百済の王クンチョゴワン)もかなりうっとおしいですしウルマフルは好きだったけど、今回は同じ名前で迷惑です(;´・ω・)


それと、ずっとノーマークだったテピル株もここに来て急上昇中です。甥のククスに対する気配りも、テヒへの気遣いも、そしてヨウルへの態度も好感度抜群です。いまだに「イケメン」には納得できませんが、かなりイイ子なのは確かです。


テピルはイイやつ~ヨウルともお似合いです(^^)/

おばさん的には問題がすっかり片付いて、後は楽しく見守るだけの「烏鵲橋の兄弟たち」は来週の放送もう~んと楽しみでございまする烏鵲橋の兄弟たちが楽しみ~(^^)/


烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX1烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX2烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX3烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX4烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち
 家族モノ・ホームドラマ

烏鵲橋の兄弟たち あらすじと感想 19~24話 運命の日がやってきた

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちは24話にしてついに、チャウンに真相を知られてしまいました烏鵲橋の兄弟たちのあらすじ行きますよ~(^^)/。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


ポクチャは、何事にも一生懸命に取り組むチャウンを次第に可愛く思うようになってきました。テボムの結婚式の夜、テボムの写真を見ながら思い出にふけっていた際も、チャウンがあれこれ話を聞いてくれます


話の流れから、チャウンが実の母親をまったく覚えていないと言った時のポクチャの言葉が忘れられませんポクチャは本当は優しいのに(-_-;)。チャウンは、覚えていないから寂しくない~だから大丈夫だと健気に笑ったのですけれどチャウンも実に可愛いんですよ(;´・ω・)、ポクチャはそんなチャウンの健気さが愛おしくてたまらなかったのです


母親は、お腹の中で10か月もの間、子どもをいつくしんで育てるの。だから、誰が何と言ってもあなたの母親はあなたのことを世界で一番愛していたのよっ!それを忘れちゃダメよっ!!


なんでもポクチャには、テピルの下にもうひとり「娘」がいたそうなのです。10か月もお腹にいた子どもが死んで生まれた上に、自分もまた生死の境をさまよっていたために、その顔すら見ることができなかったというポクチャの言葉に、チャウンがどんなに励まされたことか


そろそろあの子を屋根裏部屋に入れてやろうかと思って


そうポクチャがハルモニに語っていたあたりで、チャウンがポクチャのために購入した食器洗い機も届きます。なんとも嬉しい思いやりも、今やポクチャにとっては「針の筵」でしかありません


どうしてあんなにイイ子なの?私はあんなにイイ子になんてひどいことをしてしまったの!?自分が許せない!(>_<)


箪笥の中にしまい込んでいた覚書を手にポクチャが身もだえしながら泣いていたところを、なんと末っ子のテピルに見つかってしまいます。これにはさすがのテピルも大ショック!


母さんがそんなあくどいことをして平気でいられるなんて!?


その後はチャンシクや息子たち、果てはハルモニにまで真相が知られてしまうのですが、皆口をそろえてこう言います


信じられない!そんなひどいことをするなんておぞましい!!


確かに、他人の物を盗んで平気な顔をしていたポクチャはある意味悪人かもしれないけれど、おばさんに言わせれば他の家族も同罪ですよ。だって、あんなに自分たちに都合の良いタイミングで覚書が無くなるはずもないのに、無くなったら即、あたかも覚書が存在しなかったかのように振る舞ったではありませんか


特に、事情を全く知らなかった息子たちはさておき、チャンシクとハルモニは「覚書」があろうとなかろうと、あの烏鵲橋農園がペク・イノの物だと百も承知しているのに、たとえ多少良心は痛んだにせよ、ずっと知らん顔をしてきたのですからね。覚書が無くなった時点で、チャウンに農場を返さなかったという点では皆同罪で、今さらポクチャを攻める資格などありはしません


このポクチャが、ようやくチャウンに農場を返す決意をして、亡き母親の墓参りをし、そこで悔しい胸の内を吐露したシーンも忘れられません


皆が私を責めるけど、私は自分の大切な物を守ろうとしただけ。どうしても誰も分かってくれないの?私にはああするしかなかったのに!


ここでおばさんは思いました。今、ポクチャの無念を本当に理解できる人間がいるとしたら、それはチャウンしかいないだろうと。チャウンは毎日のようにポクチャんとともに早起きをして、精魂込めて農園の世話をしてきたのです。当然最初は、

「覚書を盗んだ」

ことへの怒りが収まらないだろうけれど、その嵐が去った後なら、きっとポクチャの気持ちを理解できるはずチャウンが分かってくれると信じたい( `ー´)ノ


「自分のすべてを賭けて愛情を注いだ農場を、どこの馬の骨ともわからない、生意気な女子大生になど渡せるものか!


だから、ポクチャがチャウンを呼び出して海鮮うどんをご馳走し、どんなに憎まれても罵られてもいいから事実を告白しようとしてたシーンでは、ポクチャ同様心底ドキドキして見守っておりました告白させてやってほしい!。ああお願いだから、誰もここを邪魔しないで、ポクチャの口から罪を告白させてほしい!!きっと邪魔が入るに違いない(;´・ω・)


案の定、イケズこの上ない韓ドラの神様、ここでポクチャに真相を告げることを許してはくださいませんでした。なんとこの時、チャウンの居場所を知って農園がペク・イノの物だと突き止めたチャウンの継母=ユンスクが、借金取りのやくざを連れて烏鵲橋農園に乗り込んできたのです


「必ずどこかに覚書があるはずよ!!


これに驚いたハルモニがポクチャに電話をしたため、ポクチャはチャウンとともに急いで自宅に戻ります。でもその時手にしていたバッグにこそ覚書を入れていたことから~チャウンに返そうとしていた、そのバッグに隠してあるのだろうと掴みかかってきたユンスクがバッグの中身を空けると、そこに入っていた覚書がチャウンの目にさらされてしまいます


信じていたのに!おばさんが盗んだの??否定してくれたら信じるのに!


テヒが信頼していた(イ署長に)騙されたと聞いた時、チャウンはむしろその方が幸いだと言っていました。自分が心から信じた人に騙される方がマシだ~その言葉が今まさにそっくりそのまま自分に当てはまってしまうとはチャウンも可哀想だ( ;∀;)


でもここでちょっと冷静になれば、なぜポクチャが墓参りなどに行ったのか、その帰りに、チャウンに決して体を冷やさないようにと下着を買ってくれたのか、分かりそうなものですが(=これまでのせめてもの償い)、それもこれも、覚書を盗んだことをごまかそうとしての行為だと受け取られるのは本当にたまりません。だからこそ、たとえどんな理由があるにせよ、不正をしてはいかんのです


また、スヨンと結婚したテボムの方も毎日苦労の連続です。スヨンの母の過干渉はテボムを大いに傷つけますが、これが契約結婚だと知らないスヨン母のいうことも確かに正論ではあるのです。これもまた、自分の気持ちを偽ってまで、契約結婚などすべきではないという大いなる教訓でございましょうか。ま、ここはきっと瓢箪から駒がでるのでしょうけれど


いまだにヘリョンを忘れられないテボムに、何もかも承知の上で結婚したのに今さら焼きもちを焼く自分に嫌気がさしているスヨンも気の毒です。ここはいつも思うことなれど、そうまでしても結婚したいものなのかしらね~この辺はショジキ、おばさんには理解不能な感情でござる


一方、自分に息子=ククスがいると知ってショックを受けていたテシクに更なる衝撃が襲い掛かります。アンジェリカがククスを韓国に送りだし、テシクに育ててほしいと言ってきたのです。その上自分もまたともにフィリピンを出国し、姿をくらましてしまったようです。


困り果てたテシクは、ククスを一旦ミスクに預けようとしますが、それもまたなんとも虫のいい話ですよね。でも、ククスがファン家にこっそり入ってきたことでククスが一番可愛そうなのに、この存在が皆に知られてしまうのも時間の問題のようです。それにイェジンの方も、テシクに近づいたのは財産目当てのようでしたから、農場が人手に渡ってしまえば、自動的に縁談も破棄されることでしょう。ふん、ここは可哀想だけど自業自得でござんすね


また末っ子のテピルはスヨンの叔母のヨウルの店にマネージャーとして雇われるようです。誰よりも母思いだというこのテピルが安定した収入を得るようになれば、ポクチャも少しは安心できますのに。


これまでずっとポクチャに共感して見てきたもので、しばらくは辛い展開となりそうですが、最後はきっと皆笑顔になれると信じて見続けていきたいです。烏鵲橋の兄弟たちは続きもとっても楽しみです烏鵲橋の兄弟たちが楽しみ♪


烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX1烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX2烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX3烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX4烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち
 家族モノ・ホームドラマ

烏鵲橋の兄弟たち あらすじと感想 15~18話 隠し子発覚?!ほか

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちもようやく18話まで視聴しました。これまた楽しさてんこ盛りの内容でございましたね~。以下早速ネタバレです烏鵲橋の兄弟たちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず副題にも揚げたように、長男のテシクと、フィリピンで事業をした時に知り合った「アンジェリカ」との間には9歳になる男の子がいたのだそうです。だと思いましたよね~。その名も、テシクが大好きなうどん=ククス


実はこの間、テシクにイェジンを紹介したのが、ほかならぬスヨンの父親のチャ理事だと発覚したことも手伝って、テシクはもうじきイェジンをにもらえそうな勢いだったのです。もちろんテシクはククスのことなどまったく寝耳に水です


このテシクが、イェジンへのプロポーズのため首飾りを買うからと、あくまでも「幼馴染」のミスクに意見を求めた時は、ミスクが何とも気の毒でした。ミスクは、自分がテシクを好きだと告げれば、テシクもまた考え直してくれるかもしれないと、自分の気持ちを告白までしたのですが、テシクからはキッパリ断られてしまうのですミスクが気の毒~(;O;)


おまえと親しく付き合ったのは、あくまでも「友達」としてだった。誤解させて申し訳なかった


そこまで言われたら、さすがのミスクも諦めざるを得ません。


が、ここに「隠し子発覚」となれば話は変わってきますよね~。あんなに若い子が、子連れのテシクの嫁になるはずありませんから


また、今回はついにテボムとスヨンが結婚しました。それもこれも、二人を思うそれぞれの両親の気持ちを慮ったテボムが決断したことなれど、愛してもいないスヨンと一生添い遂げる気にはどうしてもなれなかったテボムは1年契約での結婚を提案し、独身で子供を生むことだけは避けたかったスヨンもこれに渋々同意します。


ファン家は二人の結婚に手放しで同意したものの、チャ家~スヨンの家は見るも無残な大騒動となってしまいました。いくら娘思いとはいえ、あの母親の過干渉は異常ですよね~。おばさん、あの手のネットリとした展開はヒジョーに苦手で、ここは申し訳ないけどバンバン早送りしてしまいました


が、結局、なんとか結婚にこぎつけた二人は、その式早々、ふたりで抜け出すことになってしまいます。何でも放送用に準備したテープが行方不明になったとかで、テボムはどこだとスヨンの携帯に怒りの連絡が入ったのです。ちなみに、二人の結婚は職場にはまったく知られていません


ご参列ありがとうございました!皆さまはどうぞ食事を続けてください!!


そう言って手に手を取ってバージン・ロードを走り去った二人の姿は実に可笑しかったですね~そこだけ見たら「卒業」みたいだな~(;´∀`)。しかも主役の二人が抜けたというのに、集合写真だけはちゃ~んと撮って。後で合成するそうです


一方、話は変わって、この15話からは、チャウンがものすご~く可愛かったのも楽しかったです


すっかり心を入れ替えたチャウンは、朝早起きをして農場を手伝い、梨が疫病にかかった時も、率先して枝切と消毒を行います。それでひとりで働きすぎて生理痛まで悪化させてしまったほどなのです。


夜中に雨が降ってきたため、さすがのポクチャも庭にいるチャウンが心配になって覗きに行くと、テントの中でチャウンが高熱を出しているではありませんか!


こちらもまたチャウンを心配してやってきていたテヒに命じてチャウンを家の中に運んでからのポクチャは実に優しかったですよね。あのぐらいで音をあげて倒れるなんて~と口ではキツイことを言ってましたが、チャウンがそうじゃなくて生理中はいつもこうなのだと答えると、チャウンのお腹に手を当ててその冷たさに驚き、温かくなるまで手でさすってくれたのです


物心ついたころから、母に恵まれなかったチャウンはどんなに嬉しかったことでしょう


~ほ~らね~やっぱり冷えているから不快症状が出るのですよって、ハルモニもそう言ってましたか?


翌日にはアワビ粥を作ってくれたポクチャにすっかり感動したチャウンは、どうやら自分の持ち物を質に入れて、いつもたくさんの洗い物で大変なポクチャのために、自動食器洗い機を購入するようでしたよね?それとも、同じ質屋で継母を見かけてその後をつけ、悲惨な生活を送っていた姿を見ては、すっかり忘れてしまったでしょうか


そのチャウンとテヒも少しずついい感じになってきて、この二人の恋バナも楽しくなってきました。でもそうなると気になってくるのは、チャウンの父親=ペク・イノの犯した罪です。あまりひどいことをしていないとよいのですが


罪といえば、ポクチャの罪が発覚するのも心配ですよね~まあ発覚しなくちゃいかんのでしょうけれど、ここはまだまだ先の話にしてほしいなあ。せっかくポクチャとチャウンが仲良くなってきたのに、またふたりがいがみ合う所は見たくありませんからチャウンが分かってくれるといいんだけど(;´・ω・)


さ~今日はいったいどんな展開になったのでしょうか。烏鵲橋の兄弟たちは続きもとっても楽しみでございまする烏鵲橋の兄弟たちが楽しみです(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち
 家族モノ・ホームドラマ

烏鵲橋の兄弟たち あらすじと感想 9~14話 チャウンが鳩に見えて仕方ない

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちも順調に視聴続行中です。さすがに日本の夏ドラマが始まってきたので毎日語るのはしんどいですが、10話の最後でようやくチャウンが可愛く思えてきたので、最後まで楽しく見ていけそうです。以下、烏鵲橋の兄弟たち~9話から14話までの簡単なあらすじ(ネタバレ)感想文です烏鵲橋の兄弟たちのあらすじ行きますよ~(^^)/


そのチャウンが自棄を起こして暴れた時はでもさすがにバンバン早送りしてしまいました。なんとこの図々しいハト娘は、農場が手に入らないことに怒りをさく裂させ、それならこの手で壊してやると、鴨小屋の扉を開け放ち、梨畑や穀物畑を荒らした上に、家の中まで滅茶苦茶にしてしまったのです。あ~あれでは警察に通報されても文句は言えません


が、これをきっかけに、チャウンは大きく変わっていきます。それもこれも、テヒがチャウンにポクチャの苦労を語って聞かせ、そんな苦労人が10年もかかって築いた農場を手に入れようとするなら、少なくとも誠意を見せろ、ポクチャの心を揺り動かせと説得されたからなのです。いきなりやってきて農場をよこせなんていうドロボー猫には、愛しい子供のような農場は渡せないというのは当然ですよね


自分もまた裏口入学のことで理不尽な仕打ちを受けたチャウンが、ようやくここで他人の気持ちを思いやれるようになったのは何よりです。しかもその謙虚さは、有り金はたいてテントを購入し、烏鵲橋農場の庭先で野宿をするようになってますます強まっていくのです


疲れた時に横になれる家がある、温かいシャワーを浴びることができるのが、こんなにもありがたいことだったなんて!


農場を盗られたと怒っていた時のチャウンの顔は、まさに女狐そのものでちっとも可愛くなかったけれど、こうして謙虚になって少しでもポクチャの気持ちに寄り添おうと懸命に励む表情は、カササギの巣を奪う図々しい鳩というより、平和の象徴としての「悪びれない可愛い鳩」に見えてきます。(どっちにしても鳩~目も寄り目ですし、どことなく似てませんか?


最初はそんなチャウンを突き放そうと、ますます冷酷な仕打ちを加えてきた鬼のようなポクチャも、家族の皆からさえ非難の目で見られては、さすがに譲歩せざるを得なくなります


庭先から追い出して、農場の隅~他人の目に着くところにテントを張ったチャウンが、いかにも貧乏くさくラーメンを食べていたのをご近所に見られたのも(ハルモニには)堪えましたよね~みっともないったらありゃしない!早く中に荷物を運んでおやり!!町中の噂になっちまうじゃないか!


何せ、そんなに冷たくするのは、本当に覚書を盗んだからなのだろうとまで言われてしまいましたからね


それだけは家族にさえ言えない~罰を受けるなら死んでから受けると決意しているポクチャも、ようやくチャウンの努力を認め、彼女の希望通り、農場の仕事を教えることになりました。でもさすがの4時半起きはチャウンには到底信じられず、それもまたポクチャの嫌がらせだと思い込んでいるようです。そうじゃないことが分かったら、ますますポクチャの偉大さが分かることだろうに。


このポクチャとチャウンのやり取りの中で、チャウンが良かれと思って鴨小屋の電気を消してしまったエピソードがまたなかなか良かった。鴨は臆病なため、真っ暗にしていると互いに寄り添ってしまうらしいのですけど、そうなると、まだ小さな雛が潰されてしまうのだそうです


チャウンを叱りつけて事情を説明したポクチャが、自分とチャウンでそれぞれに雛を介抱したシーンが良かったですよね~。お願いだから元気になって!


一生懸命その小さな体をなでながら声を掛けると、雛がまた元気を取り戻します。こうした、人間以外の「命」に触れる仕事を通してチャウンの優しさが引き出されていくのを見るのがまた実に楽しいです。そんなチャウンに、テヒばかりか、口は悪いけれど結構情に厚い4男のテピルも惹かれていくようで?


テヒと言えば、例の裏口入学はチャウンではなく、イ署長の娘のスンリだということが、そのスンリ本人と視聴者にだけ明かされています


テヒはまだこれを知らないまでも、チャウンの人となりを知るにつけ、その疑いが薄らいできたようなのは何よりです。それに反比例してイ署長への疑いはますます募り、チャウンとスンリがともに持っていたボールペンを手掛かりに、香港の「レイン」というレストランまでたどり着きました。それがいったい何を表しているのか~はまだ不明です。


またテシクは、ようやくミスクが同級生だと知ったものの、見合いの相手=イェジンと順調に交際していることを理由に、ミスクとは付き合えないと突き放してしまいます。イェジンもまた、思ったほど嫌な女じゃなさそうで、ミスクには気の毒だけどそれならそれで~と思わぬでもなかったところに、謎の女=アンジェリカが登場します


登場とは言っても実際の女性が現れたのではなく、フィリピンからテシクとの思い出の品を送ってきたようなのです。まさかそこに子どもまでいるんじゃないでしょうね~


子どもと言えば、テヒはチャンシクの子どもではなく、ポクチャの妹(義妹?)の子どものよう~つまり他の3人とは従兄弟に当たるようです。だったらテピルもあれほど冷たくしなくても良さそうなのですけれど、どうやらハルモニやポクチャがテヒを(不憫に思って)他の兄弟より可愛がったのが面白くなかったようです。テボムが浪人したのもハルモニがテヒの英語研修を優先したからだと文句を言っていました。でもテボム自身が何も言わないんだからそれでいいのに


そして、ずっと苦手だったそのテボムも、ここに来てなかなかイイ感じになってきました。一見無責任のように見えるテボムだけれど、実際には誰よりも家族思いなのですよね~。昔付き合っていてもうすぐ結婚するばかりだった女性=ヘリョンも、チャンシクの借金返済が長引いたばっかりに~テボムもそのために夢を中断して働いた~別れてしまったのだそう


それがトラウマとなり、他の女性とは真剣に付き合えなくなったテボムに、テボムの子を身ごもったスヨンが必死で追いすがっています。本来、韓ドラのこの手の諦めの悪い女性はものすご~く苦手なんですが、テボムがそう言う理由で結婚を決意できないのであれば、逆にこれをきっかけに良いパパになれるかもしれないから、思い切って結婚してみるのも悪くないかも


~これはドラマとはまったく関係ない話なんですけど、他のドラマでも卵巣嚢腫で妊娠がしにくくなったという話を聞くにつれ、あ~んなに脚を出して体を冷やしていたら当然だ、とついつい思わずにはいられません。婦人病には冷えが大敵なんだと教えてやりたくなっちまう気を付けてほしい~(`・ω・´)


またこのスヨンの叔母=ナム・ヨウルとしてソン・ソンミさんが明るい役で登場したのも嬉しかった~。この人はやっぱりこうしたカラッと明るい役が似合いますよね~。今後はあのうるさく怖~い姉をなだめながらスヨンの味方になってくれそう


と、今週はこんな感じでございました。ようやく登場人物全員に愛着が湧いてきた烏鵲橋の兄弟たちは来週の放送も今からとっても楽しみです烏鵲橋の兄弟たちが楽しいです(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング