このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

よみがえり~レザレクション(Ressurection)~
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧

2014年9月から放送されたよみがえり~レザレクションあらすじと登場人物のリストを改めて作成いたしました。ほとんどがネタバレとなっておりますので、その点、くれぐれもご注意くださいますように。


亡くなったはずの愛しい人々が次々と蘇ってくることで、生きている人間の生活にどのような変化が現れるのか。単純には喜べず、実に複雑な思いを抱えた人々の苦悩と、それをも超越した深い喜びに触れることで、人間の生死について深く考えさせられたドラマでございました。シーズン2がファイナルシーズンとなります。



【よみがえり~レザレクション(Ressurection)シーズン1 あらすじと感想】


第1話 蘇った人々(The Returned)


第2話 過去の探求


第3話 試練と葛藤


第4話 固い絆


第5話 秘め事


第6話 帰るべき家


第7話 さらなる波瀾


よみがえり~レザレクション シーズン1 最終回 離別



【よみがえり~レザレクション(Ressurection)シーズン2 あらすじと感想】


よみがえり~レザレクション シーズン2 あらすじと感想 第1話 発覚


第2話 新たな任務


第3話 再生/第4話 古傷


第5話 生きる意欲


第6話 苦悩


第7話 奇跡


第8話 憎悪


9話 余波


10話 予言


11話 信じる者


12話 解放


よみがえり~レザレクション2 最終回 愛する者へ



【よみがえり~レザレクション(Ressurection)~登場人物とキャスト】


続きを読む

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はよみがえり~レザレクション(Ressurection)~のレビュー一覧」でお読みいただけます

よみがえり~レザレクション(Ressurection)~
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

よみがえり~レザレクション2 最終回 あらすじと感想 愛する者へ

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の最終回は「愛する者へ」(Loved in Return)です。


オカルトドロドロで終わらなかったのは良かったけれど、なんだかあっけなかったですね~。無理矢理終わらせたのか、ああするより他に仕方なかったのか、それでも尚、最後には思わせぶりをしたかったのか、いったいどうなって終わるのかハラハラして見守っていたためか、視聴後はすっかり疲れはててしまいましたよみがえり レザレクション2の最終回のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ。以下、うんと簡単なネタバレのあらすじです


最初はマーガレットが、そして続いてジェームズが、レイチェルとお腹の子どもを「消そう」としました。中でもマーガレットは皆に、レイチェルの子どもがジェイコブを傷つけるといったため、その旨ジェイコブに直接確認したところ、レイチェルの子どもの痛みをジェイコブが連動して感じているようなのです。でもそれは「傷つけている」ことにはなりませんよね


ジェイコブが、自分のせいでレイチェルと子どもが危険な目に遭っていることを申し訳ながったため、ルシールは、ジェイコブとジェニーを連れて家を出ていくことにしました。外の連中と一緒になってレイチェルを襲うのも論外ですが、家にいたら彼らに利用されないとも限らないからでしょうか。


ジェイコブのキッパリとした拒否に遭ったマーガレットはようやく自分の愚かさに気づくも時すでに遅し~です。家族の中で唯一自分を分かってくれた孫の信頼まで失ってしまいました。


その後ジェームズは皆を連れて家の中に押しいってきます。フレッドとヘンリー、そしてマーティンは銃を持ってこれを阻止しようとしましたが、いくら「よみがえり」とはいえ、人間を相手に引き金を引くことはためらわれてしまったようです


こうしてジェームズはレイチェルの部屋に入り、ここで必死にレイチェルを守ろうとしたマギーも部屋を追い出されてしまいました


そこでジェームズは、トムが、あの草原でレイチェルと子供を待っている、恐ろしい世の中で子供を産まずに、平和で安全なあの場所へ戻るよう諭し始めます。要するにあの場所は「天国」なのでしょうか


が、そこにようやくマーティンが駆けつけてきて、ジェームズをレイチェルから引き離しました。この男の言うことを信じてはいけないっ!!この男は、お腹の子どもが「悪魔」だと言ったんだ!


ジェームズの言葉を信じかけていたレイチェルもこれでようやく正気に戻り、ついに元気な男の子を生み落としました。すると、ジェームズが心配していたように、世界中から「よみがえり」のニュースが大量に押し寄せてきます。彼の言うことも満更嘘ではなかったのです。


そして1年後、マーティンは(どうやら)政府公認の「よみがえり局」の責任者となって、彼らのあらゆる相談に乗っていました。ジェイコブやヘンリー、そしてジェニーは、その後も幸せに暮らしていたようですが、ヘンリーが言うには、よみがえりには「選挙権」がないようです。でも税金は生前同様?支払っているのだとか。またマーガレットは相変わらず「家族」には戻れていなかったようです。


レイチェルとその子供もつつがなく暮らしていたようでしたけど、最後の最後、その子が寝ている部屋の窓には、わんさかセミが大量発生してきていたようです


もしこのドラマのシーズン3を作るとしたら、よみがえりとその旺盛な食欲のために、地球全体が深刻な食糧不足に陥った~ところから始めるつもりだったのでしょうか


もうこれで終わったのですから、今さらあれこれ言ってみても始まりませんね~とりあえずは終わってくれてホッとしました。皆さまもお疲れさまでございました~。最後までお付き合いくださいました方々には心よりお礼申し上げます


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はよみがえり~レザレクション(Ressurection)~のレビュー一覧」でお読みいただけます

よみがえり~レザレクション(Ressurection)~
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

よみがえり~レザレクション2 あらすじと感想 第12話 解放

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第12話は「解放」です。英語の「Steal Away」はこっそり~するという意味合いが強いですね。


前回も相当な違和感があったのですけど、今回もまた大分焦点がずれてきた感が否めませんでした。一旦死んだ人間が蘇るということ自体、ある意味オカルト的ではあるのでしょうが、少なくともシーズン1には、もう少し違うメッセージが隠されていたように感じたのですよね。死者が蘇ることで、より「生命」を重んじるようになる、という逆説的な意味合いを感じたものです


でも今や全体がオカルトムードに包まれてしまった、とかなりガッカリしてしまったおばさんです。最後まで語ろうと決めたのでとりあえずはまとめさせていただきますが、シーズン1からこの雰囲気だったら、多分もう視聴を止めていたと思います。この印象が最後には変わってくれるとよいのですが


今回は、なぜかよみがえりの人々が皆トランス状態に陥ってレイチェルの下へ押し寄せてきました。何をするでもなく、ただただレイチェルの部屋を見上げていただけですが、これは、アルカディアだけではなく、政府に連れ去られた人々の収容所でも同じ現象が起きていたそうです。


いったい何が起きているのか?


ジェームズ牧師は、ただ一人トランス状態に陥らなかったレイチェルを訪ね、よみがえったのはお腹の子も同様か、と尋ねました。レイチェルがそうだと答えると、確信を得たように頷きます。あの子は産まれてきてはならぬ子供だ!


ジェームズ牧師が言うには、一度もこの世に産まれ出たことがないのに「よみがえり」になった子供は人間ではないと言うのです。もうこの辺からしてすっかりオカルト系です。レイチェルの部屋には、どうやら人々がよみがえる前に必ず行くらしい場所=草原に咲いている花が置かれていたのも理由らしいです。あ~トムはよみがえったんじゃなくてあの場所に行ったのかしらん?


でもそんなジェームズ牧師の昔の姿を知っているマーガレットは、ジェームズ牧師を詐欺師呼ばわりしていたことから、やはり最初にマーティンもそう感じていたように、この男は神の使いなどではないのかもしれませんよね


またこのジェームズ牧師は、収容所のよみがえりを勇気づけるとうそぶき、マーティンにアンジェラを説得させて、皆に毒を盛って殺しました。が、それもこれも、前回の茶番同様、皆を再び蘇らせて、収容所からこっそり逃がす魂胆だったのです。


マーティンが言うように、ここでマーティンにも「嘘」をつくこと自体が相当胡散臭いです


ジェームズ牧師の企みを知ったマーティンは、レイチェルを(これまた)こっそりジェイコブの家に匿いましたが、そのジェイコブが、戻ってきたマーガレットにすべてを明かしてしまいます。どうやらレイチェルはついに産気づいたようで、ジェイコブはその気配も感じ取っていたようです。


一方、これまでずっと「よみがえり」について研究してきたアンジェラは、このままでいくと世界中で大規模なよみがえりが起きると予測していました。その現象は地震と同じで、どこで起きるかは予測できても、いつ起きるかまでは予測できないのだそうです。


いやはやこれはもう胡散臭いと言うレベルを超えてしまいましたレザレクション2がひどいことになってます(;´・ω・)。まずはそこへ行く前に、なぜこれまではアルカディアだけだったのか~を解明しなくちゃいかんでしょ


来週の最終回は「愛する者へ(Loved in Return)」だそうですので、何とか元のヒューマンドラマを感じさせてほしいものです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はよみがえり~レザレクション(Ressurection)~のレビュー一覧」でお読みいただけます

よみがえり~レザレクション(Ressurection)~
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

よみがえり~レザレクション2 あらすじ 第11話 信じる者

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第11話は「信じる者」(True Believer)です。以下簡単なネタバレですレザレクション2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、前回登場したジェームズには死人を蘇らせる才能があるようです。それも近くにマーティンがいないとダメなのだか。あの口ぶりでは、マーティンにも同じ才能=役目があると言わんばかりでしたが。


今回は、ルシールに家を追い出されたヘンリーが、フレッドに諭されてルシールと和解しようとした矢先、心臓発作を起こして亡くなってしまいます。が、ルシールはヘンリーが蘇ると信じて疑わず、悲しむそぶりさえ見せません。ジェームズが、つい先日亡くなった男性を蘇らせたのをその目で見たばかりだったからです。


死者を蘇らせるには、自分も一旦死なねばならぬそうで、ジェームズは、フレッドとマーティンに自分を殺すよう命じ、フレッドがジェームズを射殺したそのほぼ1時間後に、ヘンリーを連れて戻ってきました。


この世に戻りたいと考えている人はたくさんいる


今後はマーティンも一緒に力を貸すよう要請しているような言い方でしたね。


でもここで~ふと思ってしまったのですが、あそこでヘンリーが亡くなった場合、そのヘンリーを家から追い出したルシールが最も悔むべきところだったはずなのに、彼女がまったく動じることなく、ただただよみがえりを信じていたことに大きな違和感を抱いてしまいました


人は何かを失うことによってしかその「過ち」に気づけないのに、その最大のチャンスが「死」であるはずなのに、その機会を失ったら、人間には反省の機会が無くなる~いずれは手のつけようがないほど鼻持ちならない尊大な存在になってしまうのではなかろうか、と


と、おばさんの感想はさておき、それ以外では特に大きな動きは見られませんでした


心配していたレイチェルはジェニーンの追跡を振り切って、マギーの下に逃げてきて、今後はエレインの酒場の上に住むことになるようです。何せレイチェルは、レイの恩人なのですからね


また、施設に入ったマーガレットは、皆から「よみがえりを殺した」ことで注目を浴びていましたが、そこで行われた弱い者いじめに凛として立ち向かったことから、その評価がガラリと変わったようです。施設から逃亡を企んでいる人々から、リーダーになってほしいと誘われていました。が、マーガレット自身は、施設を出たいと思ってはいないようです。


それでも、フレッドから、ヘンリーが死に、そして蘇った話を聞いては、その考えが変わったでしょうか。このマーガレットが、今回示したような正義感をもう少し最初から打ち出すことができていれば、ドラマの印象もだいぶ変わったに違いないのに


来週はついにレイチェルの出産を迎えるようです。それに伴い、町の人々もしくはよみがえりピープルが押し寄せてくるようでしたね? あの子は生まれてくるべきではないと言っていたのはジェームズのようにも見えたのですが、それはどういう意味なのでしょうか


あれこれ妄想しても、あと2回で終わりだと思うとその妄想もしぼみがちでござりまする。最後はなんとかまとめてほしい、今はひたすらそう願うばかりです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はよみがえり~レザレクション(Ressurection)~のレビュー一覧」でお読みいただけます

よみがえり~レザレクション(Ressurection)~
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

よみがえり~レザレクション2 あらすじ 第10話 予言

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第10話は「予言」(Prophecy)です。以下簡単なネタバレのあらすじですレザレクション2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず最初に1つ訂正させていただきまする。前回アンジェラがこっそり持たせてくれたのは「治療薬」ではなく、レイチェルの遺体から採取した「羊水(幹細胞)」だったようです。このおかげで、マギーは本物の治療薬を作ることができたのは何よりでした


また、ジェイコブを連れて消え去ろうとしていたマーガレットは、昔自分が住んでいた家の納屋へ行った後、なかなか最後の一線を超えることができずにいたところに、フレッドとヘンリー、そしてマーティンが駆けつけてきます


いくらなんでも、この手で孫を消そうとしていたと思われたことに憤慨したマーガレットは(実際にはできなかったけどそう思ったのは事実でやんすが)、怒りのあまり、二人の子ども、ひいては

ラングストン家

に対する長年の恨みをぶちまけてしまいます。マーガレットは、昔ラングストンファニチャー(製造工場)の工場長をしていた男の娘だったそうなのですが、その父はラングストン社長のいいなりで、30年前に起きた火事の際も皆を助け出そうとしたところを社長に止められてしまったようです。


でもここもまた今一つよく分かりませんよね~。あの火事は事故じゃなくて故意だったのでしょうか?


ちなみにマーガレットが「よみがえりを消す」(let go)方法を知ったのは、蘇ったために「悪魔」と呼ばれて忌み嫌われ、何度も処刑された彼らが、心を無にしたことで消えた姿を目撃したからだそうです。


その後マーガレットは、大嫌いだったラングストン家の長男(Your pathetic, drunken father)と無理矢理結婚させられたらしいです。でも結婚したからには、産まれた二人の息子のためにも、と頑張ってラングストン家のために尽くしてきたけれど、心の奥底には、ラングストン家への恨みがまだ残っていたのだそうです


No wonder you both hate me. Because I've always hated the Langston in you.
あなたたちが私を憎むのも無理はない。私があなたたちの中のラングストンを憎んできたのだから


ずっと嘘を積み重ねてきた母がようやく真実を語ったと思ったら、それがこんなセリフでは、ヘンリーがガッカリするのも当然ですよね。でも、ヘンリーよりずっと繊細なフレッドには母の気持ちが理解できていたようです。フレッドは最初、マーガレットを「施設」に送ろうとしたのですけど、それを止めて自分の小屋へ連れて行こうとしますが、マーガレット本人がこれをキッパリ断りました


I want to go to the facility. I want to be with my own kind.
私は施設に行きたい。自分と同類と一緒ににいたい。


一旦は消えてなくなりたいと願ったジェイコブも、母ルシールの嘆き悲しんでいた様子を見て、ずっと家にいたいと言ってくれました。そのルシールは、たとえヘンリーが何と言おうと、もう二度とマーガレットを家にいれるつもりはないようです。やはり、昔から、嫁姑の折り合いが悪すぎたのですね~


またマーティンは、アンジェラに頼んでついにジェニーを連れてきました。マーティンの首にある痣を見て、弟のロバートだと確認したたジェニーが、いきなり「姉」らしく、マギーと結婚しないのかと世話を焼いてきたのが微笑ましかったですね


今回は、このジェニーが「牧師」(実際には「Preacher」)と呼ぶジェームズ(Jim Parrack)という人物が登場してきています。彼もまたよみがえりで、昔は洪水に飲まれたマーティンを捜してくれた人物だそうです。


そして現在はジェイコブの事情を察したのか、雷に打たれた直後にもかかわらず、必死でジェイコブを捜してくれました。ジェームズの背中には、一面に大木の様な赤い痣があったようです。ちょうどオープニングに映るあの樹木の影と同じです。その上、実際のその木の根元らしい地面には、マーティンの首にある月の痣と同じ模様がくっきりと見て取れたのですが?ひえ~いったいどこまで話を広げるんだ(>_<)


いや~ここに来てまたこんなに話を広げたら収集が付かなくなるのも当然でしょうね~しかもこの内容ですし。と決めつけるにはまだ早いかもしれませんけど


でも個人的には、最初は憎たらしかったフレッドというキャラクターがなかなか心地よくて今では断然お気に入りです。あ~バーバラが戻ってきてくれないかしらね~


さて、レザレクション2も残り3話~いよいよカウントダウンですね。続きもとっても楽しみですレザレクション2もいよいよカウントダウン


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はよみがえり~レザレクション(Ressurection)~のレビュー一覧」でお読みいただけます

よみがえり~レザレクション(Ressurection)~
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

よみがえり~レザレクション2 あらすじ 第9話 余波

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第9話は「余波」(Aftermath)です。以下早速ネタバレですレザレクション2のあらすじ行きますよ( `ー´)ノ


前回のひき逃げで、やはりトムは死亡してしまったようでした。が、またしてもどうやらどこかで蘇っていたようです。いやいや、あれもまたどこかの麦畑なのでしょうか


そのひき逃げをしておきながら、知らん顔を決め込もうとしていたカールは、フレッドに逮捕されてしまいました。アイツらは既に死んでいるのだから殺したことにはならない、と詭弁をふるうカールに、

But killing's still killing, and I'm a lawman. I thought you were one, too.
殺しは殺し、そして私は法を執行する者だ。お前もそうだと思っていたがな

と断固として手錠をかけたフレッドがなかなか素敵でしたね~


そんなフレッドに、またしてもあのゴッドマザーが鉄拳をふるってきます。マーガレットは、

決して自分に逆らうことの無かったヘンリー (今は

が、自分に黙ってブライアンと再契約したことに腹をたて、フレッドの職場にずかずかと押しかけてきて、ブライアンとウィリアムを詐欺師として逮捕するよう命じたのです


ヘンリーが納得できるように、ラングストンファニチャーの過去を明かせと言いかえしてきたフレッドを、マーガレットがまだまだ子どものままだと仄めかしたのが、いかにも嫌らしくて腹立たしかったですよ。このような行為を今では

「モラルハラスメント

というざんす。でもフレッドも今では言われっぱなしではおりません。何せマーガレットは愛するバーバラをその手で葬った張本人なのですから


フレッドから「12年前の火事」について聞かされたヘンリーは驚き、マーガレットに激しく食って掛かりました。私はずっと、わが家が地域に貢献してきたと誇りに思ってきたのに、それは偽りだったのか!


ヘンリーはついに、バーバラを消したように、母さんもまた自分を消し去るべきだと言い放ちました。ここはもう母さんの家ではない!


そのヘンリーは、トムを悼んで皆が集まった教会で、「生者の会」を名乗る卑怯者の一人から、こう罵られてしまいます


おまえが、息子を失ったぐらいで会社を閉鎖しまったから、俺たちは職を失ってしまった。家族で4代も尽くしてきた会社を、自分の都合で畳みやがって!!何もかもおまえのせいだ!


その様子を見ていたジェイコブが、皆が争っているのは自分のせいだと悲しみ、どうせ消える運命にあるなら、今が良いとマーガレットに伝えました。息子から見捨てられたマーガレットもこれに同意したようです。


一方、レイチェルの羊水からマギーが作った「治療薬」は見事にレイを回復に導きました。が、これは1回分しかなかったため、再びレイチェルに協力を仰ぎたいのに、こちらもまたどうやら精神に異常をきたしたらしいジェニーンがレイチェルを軟禁していたので、連絡を取ることができません


羊水=幹細胞を手に入れるなら他にも方法がある!


幹細胞は死後3週間は生存が可能だそうで、レイチェルの遺体の中のそれもまた無事だとマーティンが思いついたのはさすがでしたね~


マーティンは早速アンジェラに交渉しますが、アンジェラの上司=フォレスターはこの提案を拒否します。我々(政府)が死人のために力を貸すことはない。自然に任せるのが一番だ(I think it's best to let nature take its course)。


既に薬が尽きて弱り始めていたマーティンも、これで見捨てられたかに思えたその時、マーティンに同行したマギーのバッグの中に、以前もらった治療薬「羊水(幹細胞)」が入っていたことが判明しました(10話を見た後に訂正しました)。どうやらアンジェラがこっそり用意してくれた模様です


やはりアンジェラもまた「よみがえり」に深くかかわっているに違いありませんよね~。でもそこまでは描かれないな、きっと


また、ジェニーンの本心とトムの死亡を知ったレイチェルは、ジェニーンの隙を狙って彼女を殴り、まんまと逃亡に成功します。が、アンチよみがえりによる粛清が始まろうとしている今、レイチェルが身を寄せられる場所はあるのでしょうか?レイチェルが心配だ(;O;)


レザレクションもいよいよ残すところあと4話となりました。続きもとっても楽しみですレザレクション2もいよいよカウントダウン!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はよみがえり~レザレクション(Ressurection)~のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング