このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

名探偵ポワロ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵ポワロ 「カーテン~ポワロ最後の事件~」 あらすじと感想

海外ドラマ名探偵ポワロファイナルシーズンの最終回、つまりはこれが正真正銘の最終回はカーテン~ポワロ最後の事件~(Curtain: Poirot's Last Case)です。カーテン人生の幕引きというタイトルに相応しく、何とも感慨深い最終回でございました名探偵ポワロ~カーテンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下早速、あらすじを語らせていただきます。後半はネタバレをしておりますので、結末を知りたくない方はくれぐれもご注意くださいますようにネタバレにはくれぐれもご注意ください(__)


まず驚いたのは、この「カーテン」に登場したポワロがすっかり弱っていたことです。どうやら心臓を患っているのか、車いす生活を余儀なくされていました。


長年ポワロに仕えてきた執事のジョージが後に明かしたところによると、ポワロは、それまで世話をしてくれた、ジョージを解雇して、新たにカーティスという世話係を雇ったそうです。体力はあってもおつむの方は鈍そうなカーティスを、なぜあのポワロが雇ったのか


そしてポワロは今回、昔殺人事件があったというスタイルズ荘に親友のヘイスティングズ大尉を呼び出します。おばさんは存じ上げませんが、ここは「スタイルズ荘の怪事件(The Mysterious Affair at Styles)」というポワロがデビューした作品の舞台となっていたようです


この忌まわしい場所で、またしても殺人が起きる!


弱ってはいても断固とした口調でそう語るポワロには、もう犯人の目星がついているようでしたが、何せ体が不自由なため、ヘイスティングズに情報収集を頼みたいというのです。


いかにもこのシリーズらしく、スタイルズ荘には皆それぞれに怪しそうな面々がずらりと顔を並べています。最後ですから、分かる範囲で全員紹介してみますね「カーテン」のキャストです


まずはアーサー・ヘイスティングズとその娘のジュディスでしょうか。ヘイスティングズは妻を亡くしていたそうで、奔放なジュディスをかなり持て余していたようです。ジュディスは今、Dr.ジョン・フランクリンの秘書を務めており、どうやら彼に雇い主以上の感情を抱いているように見えました。その一方でジュディスは、女たらしで有名なアラートンとも親しくしているようで、それもまたヘイスティングズを悩ませています。


そのジョンは今、アルカロイドを含むというカラバル豆を研究しているそうです。ジョンにはバーバラという、こちらも自由奔放な妻がいますが、健康状態が優れないと訴えている割に、男性関係はお盛んなようです。ジュディス曰く、バーバラはジョンの研究にはまったく興味が無いようです。


そのバーバラが秘かに交際しているらしいのが、ウィリアム(ビル)・ボイド・キャリントン卿です。こちらがまたかなりの女好きらしく、バーバラ付きのナース=クレイヴンにも食指を動かしていたようです


このスタイルズ荘を管理しているのは、ラトレル夫妻です。夫のジョージは感じのよい男性でしたが、妻のデイジーはかなりの締まり屋のようで、それがジョージの反感を買ってしまい、ついにはそのジョージに狙撃されてしまいます。でも命は無事だったようです。


またこの「カーテン」では最初から最後までショパンの「雨だれ」(再放送で確認済みです)がBGMとして実に静かに、そして効果的に使われていました。それを実際にドラマの中で弾いていたのが、エリザベス・コールという女性です。


このエリザベスも過去に不幸な殺人事件を経験していたそうです。なんでも、乱暴を働く父を見かねた姉のマーガレットが、その父=マシュー・リッチフィールドを殺害したのだそうです。おそらく、冒頭シーンで処刑された女性が、このマーガレットではなかったでしょうか。


そのエリザベスが好感を抱いていたのが、スティーブン・ノートンです。厳しい母親に育てられたため、その文感受性が豊かだとの言葉通り、実にそつなく誰とも親しくしていたようです


と、こういったメンバーの中、最初に遺体で発見されたのはバーバラですバーバラが最初の犠牲者。その遺体から夫のジョンが研究していたアルカロイド系毒物が検出されたことから、ジョン、もしくは、ジョンとの不倫関係が疑われるジュディスが怪しいと思われましたがジュディスが怪しい( ;∀;)、ほかならぬポワロ自身が法廷で、バーバラはうつ病のため自殺したと証言します


もちろんポワロはこれを信じていた訳ではありません。法廷で宣誓をしなかったので、嘘をついても偽証罪には問われないとはポワロ自身の発言です


そして次はノートンです。ノートンは自分の部屋でその手に銃を握りしめ、眉間が打ちぬかれた状態で死亡していました。部屋は密室だったため、たとえ撃ちぬかれたのがこめかみではなくても、これは当然自殺と判断されたものと推察されます。


と同時にポワロもまた亡くなってしまいましたポワロ死す!。全てのピースは揃った~あとはそれを繋げるだけだと語っていたポワロは、そのつなげる役目をヘイスティングズに託して旅立ってしまったのです


ポワロの死から4カ月後、ポワロからヘイスティングズに手紙が届けられました。そこにポワロは全ての真相を書き記していたのです。以下ネタバレです


まず、ポワロが「殺人鬼」として忌み嫌い、なんとしてもその悪事を暴こうとしていた「犯人」は、スティーブン・ノートンでしたノートンが悪魔!。ポワロ曰く、ノートンは

「心理的殺人教唆」

という世にも恐ろしい、しかし法ではなかなか裁けない罪を何度も犯してきたのだそうです。実際に手は下さなくても、他人に取り入ってその心をもてあそび、彼らを殺人に駆り立ててしまうとは、最も卑劣で許しがたい犯罪です


最初にスタイルズ荘のオーナー・ジョージがその妻デイジーを狙撃したのも、ジョージにわざとデイジーの機嫌を損ねさせるようノートンが仕掛けました。ノートンは、おそらくは見栄っ張りなところのあるジョージなら、客が

喉が渇いた

と言えば、これを満足させるために酒をおごると言いだすだろうと見越していたというのです。


それなのに、これ見よがしに夫をなじるデイジーに、プライドをひどく傷つけられたジョージは我慢がならず、つい引き金を引いてしまいます。


そして実はヘイスティングズも、ノートンに唆されて「殺人者」になるところをポワロに救われたのでした。ノートンは、さんざんアラートンの悪口をヘイスティングズに吹き込んだ上で、わざとジュディスとアラートンが逢引している現場を見つけさせ、その怒りを煽ったのです


ヘイスティングズはアラートンから貰った、量を間違えると死に至るという催眠剤を、アラートンのアスピリンの中に紛れ込ませてアラートンを殺そうとしました。


これをポワロが「鍵穴」から覗いていたというのには参っちゃいましたね。なんとポワロは決して歩けなくはなかったのだそうですよ。執事のジョージを解雇したのは、彼を騙すことは不可能だったからなのだとか。しかも、ここに来て、ポワロのトレードマークだった髭が、実は「付け髭」だったことを白状するポワロの、なんとチャーミングなことか


ヘイスティングズにホットチョコレートを振る舞ったのも、その中に催眠剤を混入し、一晩眠らせてヘイスティングズに理性を取り戻させようとしたのだそうです。期待通り、ヘイスティングズは翌朝自らを反省し、アラートン殺害を思いとどまったそうです


が、そのヘイスティングズこそ、故意ではなかったにせよ、バーバラを死に至らしめた犯人だとはこれまた驚きでございました。バーバラは、何とかしてビル・キャリントンと結婚しようと企んでいたらしく、そのためには夫のジョンが邪魔だったそうなのです。


そこでバーバラはあらかじめポワロに、ジョンが、研究材料の毒物で人体実験をするのではないかと心配だ、などとうそぶいて伏線を敷き、ジョンのコーヒーにその毒を入れていたのが、ヘイスティングズが偶然、そのコーヒーが載ったテーブルの位置を変えてしまったため、バーバラは自分でその毒入りコーヒーを口にしてしまったというのがからくりです


ポワロが嘘の証言をしたのも、ヘイスティングズや娘のジュディスを守ろうとしたからなのです。やはりジュディスは、アラートンではなくジョンと不倫をしていたのですね。実際このふたりは、後に結婚したようですが。


でもノートンは、この結末に大いに不満だったようです。今度こそ、自分が書いたシナリオ通りに事を運ばせたいと執念を燃やすノートンに気づいたポワロは、ついにその手を汚す決意をします


今回ポワロが何度か十字架を手に取り、あまつさえ、

「Forgive me」
我を許したまえ

と神に祈っていたようなのがどうにも気になって仕方なかったのですけれど、それがこの事を暗示していたのです。


I will excute you!
おまえを処刑してやる!


そう、ノートンの眉間を撃ったのは誰あろう、エルキュール・ポワロその人だったのです。これもまたドラマの中で何度か繰り返された言葉、

この世に存在する価値の無い害虫のような人間は殺されて然るべき

が暗示していた通りです。


ポワロは、ノートンを部屋に呼び、再び睡眠剤入りのホットチョコレートを振る舞いました。どんなに賢かろうと、ポワロには到底及ばないノートンはこれで眠らされ、ポワロに殺されてしまいます。もちろんポワロの事ですから、密室を作ることなど朝飯前です。


ただ1つだけ気になるのは、これもすべてノートンの筋書きだったのではないかということ。ポワロはヘイスティングズに、アラートンのようなクズのために殺人を犯し=一生を棒に振ってよいのかと言っていたけれど、ポワロもまた、人生の最後に、その手で「殺人」を犯してしまって本当に良かったのでしょうか。


ノートンもまた、ポワロという世にも冷静で賢い人間の心をもてあそび、

母親からも忌み嫌われた自分

に対して、実際に殺すほどの憎しみを植え付けたことに、もしかしたら満足していたのではなかろうか、と思うとなんともやり切れない思いでいっぱいになりました。愛憎は紙一重と言いますからね


それでもポワロは自分が早晩死ぬことを悟っていたから、

「これ以上不幸な人間を出さないため」

神に代わってノートンを成敗したのでしょうが


ピアノを弾いていたエリザベスだけでなく、アラートンもこのノートンが不幸に陥れた人間の関係者だったようです。


ずっと姉を信じていたと語っていたエリザベスには、ポワロから真相を聞いたヘイスティングズが

「姉に父を殺すよう仕向けたのはノートンだった」

と伝えてくれたのがせめてもの救いでした。また、アラートンに睡眠剤を都合してくれたのが、やはりノートンに唆された妻のコンスタンスにヒ素を盛られて殺されたレオナルド・エサリントンだったようです。


最後まで親友のヘイスティングズを思いやり、時には優しく揶揄しながら、最後の手紙を書いたであろうポワロの姿が目に浮かびますYou have lard for a brain~脳みその代わりに土が入っている=頭空っぽとか言われてました(;´∀`)。自分の行いに対する裁きは神の手にゆだねると書いたポワロの手紙はこう締めくくられておりました


Ah, Hastings, my dear friend, they were good days.
Yes, they have been good days.

Hercule Poirot


ああヘイスティングズ、親愛なる友よ。一緒に過ごした日々は素晴らしかった。
そう、本当に素晴らしい日々だった。

エルキュール・ポワロ


いかにも最終回に相応しいエンディングでした。なんとこの名探偵ポワロは25年間~四半世紀も続いたそうです。そのような作品を最後に少しでも語らせていただけたのは大変光栄でございました


名探偵ポワロ 全巻DVD-SET

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵ポワロのレビュー一覧」でお読みいただけます

名探偵ポワロ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵ポワロ 「ヘラクレスの難業」 あらすじと感想

海外ドラマ名探偵ポワロファイナルシーズンの4話は「ヘラクレスの難業」です。英語のタイトルは「The Labours of Hercules」。これ、スペルを見て初めて気づいたのですけれど、ヘラクレス=Herculesはフランス語読みにするとエルキュールであり、これは「エルキュール・ポワロの難業」とも解釈できたのですね。それでドラマの中でもたびたび言及されていたのですな


また実際のギリシャ神話の「The twelve labours of Hercules 」は「ヘラクレスの12の功業」と訳されているようです。ここではあえて「難業」としたのもまた意味深です。ポワロの功績は(ヘラクレスのそれ同様)確かに難行苦行でもあったことでしょうからね。


ちなみに、ポワロが「Goethe」(ゲーテ)を英語で正しく発音したのを、そのまま「ガータ」と訳されたのももちろんわざと=演出ですよね


ドラマの方もまた実に入り組んでいてとっても面白かったです名探偵ポワロ~ヘラクレスの難業のあらすじ行きますよ~(^^)/。最初の情報量が少なかったのがちょっともどかしかったですが、あれだけの量を1時間半でまとめるためには致し方ないのでしょう。以下簡単なネタバレのあらすじです後半はネタバレですからご注意ください(__)


今回ポワロが追っていたのは、マラスコーという極悪非道の殺人鬼です。とはいえ、人を殺すのが目的ではなくあくまでも美術品の窃盗犯のようです。そのターゲットとなっていたのが「ヘラクレスの難業」という絵画のシリーズなのだそうです。


そこで警察はマラスコーを逮捕するため、ある大掛かりな芝居をやってのけました。マラスコーが狙っている絵画や宝石をわざと一堂に集め、マラスコーをおびき出そうとしたのです。もちろん、そこには警察やポワロが詰めています。ダイヤのネックレスをまとったルシンダという若い女性がポワロに恐怖を打ち明けると、ポワロはニッコリ笑って励まします。


大丈夫、ポワロがついています


が、そのほんの数分後、ルシンダは無残にも殺されてしまいました八つ裂きにされてしまったそうです( ;∀;)。ダイヤも絵画もすべて盗まれてしまいます


それからずっと落ち込んでいたポワロでしたが、ある一人の青年=テッド・ウィリアムズから姿を消した恋人を捜してほしいとの依頼を受けてようやく立ち直ります。その女性の名はニータといって、モスクワから来たバレリーナ、カトリーナ・サムシェンカのメイドをしていたそうです。


が、カトリーナが精神を病んだため、ふたりはスイスに療養に行くことになり、ニータは、愛するテッドのもとを離れなくてはならなくなったそうなのです。


そのニータからのハガキを頼りに、ポワロは早速スイスのロシュネージュという場所に向かいました。が、その途中でひとりの警視に出会います。


なぜポワロさんが、ICPCの捜査網に入ってきたのか?マラスコーが盗品をオリンポスホテルに隠しているという情報が入ったんだ


そこでまたしてもマラスコーと関わることになったポワロは複雑な気分になりましたが、闘志を新たに乗り込んでいきます


ホテルにはドゥルエという警部がいる。身分を偽っているからこっそり確認するように。


そしてポワロはすぐに、ウェイターのグスタフがドゥルエであると見抜きます。その手つきがどう見ても熟練のウェイターには見えなかったからです


一方、このオリンポスホテルには、ポワロの恋人だったロサコフ伯爵夫人も来ておりました。伯爵夫人は(元)泥棒だそうなのに、その娘=アリス・カニンガムは犯罪学者をしていると言います。しかも研究対象は探偵なのだとか。ここでアリスが、もしかしたらポワロが自分の父なのではないかと疑ったのが可笑しかったですねそれはないない(;´Д`)


またここには怪しげな不倫のカップルも登場します。それが外務次官のハロルド・ウェアリングエルシー・クレイトンです。エルシーにはフィリップという夫がいるのですが、このフィリップがアル中でDVという体たらくなため、ハロルドはすっかりエルシーに同情してしまったのです


が、エルシーの母=ライスはハロルドを激しく誹謗します。何でもハロルドは、売春婦に隠し子を産ませたというスキャンダルで世間を騒がせていたのだそうです。でもこれは後にポワロが、サー・アンソニー・モーガン外務大臣の濡れ衣を着せられただけだとその濡れ衣を晴らしてくれます


そしてポワロはようやくお目当てのカトリーナを見つけ出しました。カトリーナにはDr.ルッツという医者がつきっきりで、メイドは一人もいないようです。ニータは死んだと語ったカトリーナに、ポワロはすんなり納得してしまうのですが?


以下ネタバレですヘラクレスの難業のネタバレです( `ー´)ノ


なんとですね~マラスコーはアリスでした!そのアリスには熱狂的な信奉者がいて、それが、ポワロが最初にドゥルエ警部と勘違いしたウェイターのグスタフです。それまでオリンポスホテルで働いていたウェイターのロベールは、このグスタフに殺されて人知れず吊るされていたようです


またアリスには他にも共犯者がいて、それがカトリーナの主治医を装っていたドクター・ルッツでした。ルッツはカトリーナを治療するふりをして、実は薬漬けにしていたのだそうです。ルッツはアリスが盗んだ盗品を売買(故買)していたようです。


そしてアリスは、ルシンダを殺して盗んだダイヤのネックレスをカトリーナに預けていました。それがただ一つの財産だから、母に見つからぬよう隠してほしいと頼み込み、もし見つかったら、カトリーナに罪を着せようとしていたのです。自分とルッツのパスポートもカトリーナの部屋に隠していたそうです。


しかも、ポワロが真相を見抜くと、母のバッグに隠してあった拳銃を、ほかならぬその母に突き付けて逃げようとしますが、そこには既に本物のドゥルエ警部(=保険調査員のシュワルツ)がおりましたし、最初に遭ったレメントイ警視も乗り込んできて、アリス=マラスコーはついに逮捕されるに至りました


また、ハロルドが付き合っていたエルシーとその母と偽っていた実は姉のライスも、名うての姉妹詐欺師だったそうです。エルシーを殴ったはずの夫のフィリップは、既にこの姉妹に殺されていて、財産を根こそぎ奪われていたのだとか


まさに「Is there anybody at the Hotel Olympos who's not a criminal?」 ですよね。犯罪者じゃない人間はいなかったのか?


そうとも知らず、ふたりを庇って匿っていたどこまでもお人よしのハロルドが、罪に問われないとよいのですが


娘の正体を知らなかったロサコフ伯爵夫人は、昔ポワロがそうしてくれたように、どうか娘のことも見逃してほしいとポワロに懇願します。お願いよ、エルキュール


夫人から、昔(精神的に)愛し合った証にとカフスボタンを贈られていたポワロだけれど、これを許すわけには参りません。何せ単なる窃盗犯とは次元が全く違う、アリスは殺人鬼なのですからね。


ポワロがルシンダを助けられなかったことを、わざとルシンダの癖を真似して揶揄していたというアリスがまた何とも憎たらしかったですね。自分で殺しておきながら、彼女を守れなかっただろうと、ポワロの罪悪感をわざと刺激していたその卑劣なやり方も許せません。まあそれがあったからこそ、ポワロはアリスがマラスコーだと確信したそうなのですが


一方、ニータは死んだと言ったカトリーナでしたが、実はそのカトリーナこそがニータだったそうです。ロシアのバレリーナとして生きてきた誇り高い彼女は、ロンドンの一介の青年と恋に落ちるわけにはいかなかったそうで、メイドと名乗っていたそうなのです。


が、病に苦しんだ上に、悪党に隠れ蓑にされていたカトリーナはすっかり心を入れ替え、ポワロの勧めるまま、再び愛する人のもとへやってきます。苦い昔の恋の思い出をカフスボタンに封印したポワロが、若い恋人たちを再会させたシーンはなかなかでした


さて、楽しんできた名探偵ポワロも、いよいよ来週が正真正銘の最終回です。 「カーテン~ポワロ最後の事件~」も今からとっても楽しみです名探偵ポワロも来週が最後の最後の最終回です(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵ポワロのレビュー一覧」でお読みいただけます

名探偵ポワロ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵ポワロ 「死者のあやまち」 あらすじと感想

海外ドラマ名探偵ポワロファイナルシーズンの3話目は死者のあやまち(Dead Man's Folly)です。これはなかなか面白かったです。登場人物が多いのもこの名探偵ポワロの特徴だと思うのですけど、それがまたきちんと活かされていたのも何よりでした。以下簡単なあらすじとネタバレです名探偵ポワロ「死者のあやまち」のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回ポワロはまたしても友人のマダム・オリヴィエに呼び出されて、チューダー時代から続いているという豪邸=「ナスハウス」にやってきました。何でもそこで今度祭りが開かれるとかで、その余興に「殺人推理ゲームが行われるそうなのです。その脚本を書いたのが、作家のマダム・オリヴィエです


ポワロは賞品プレゼンターとして呼ばれたというのが建前でしたが、マダム・オリヴィエは、

もしかしたら実際に殺人が行われるような嫌な予感

がすると言います。そしてこの第六感は見事に当たっておりました。何とこのナスハウス及びその周辺で、計3人もの人間が殺されてしまったのです犯人はいったい誰だ!?


まず1人目は、マダム・オリヴィエがその脚本の中で「遺体」の役を演じるよう命じたマーリーン・タッカー。まだ14歳だったこの少女は、ボート小屋で誰かの足音を聞いたら死んだふりをするという想定だったのが、床に横たわったマーリーンが2度と目覚めることはありませんでした


またこれ以前に、このナスハウスの所有者であるジョージ・スタッブスの妻=ハティが行方不明になっています。パーティの間中このハティを捜しまわっていたジョージは当然、マーリーン殺害の容疑者から外されています


このハティには、血のつながらない後見人のエイミー・フォリアットがおりました。このエイミーこそ、ナスハウスの本来の所有者だったのが、夫に続き、ふたりの息子、ヘンリージェームズも失った後は破産してしまったそうで、その頃、知的障害者で同じく家が破産した孤児のハティを引き取り、パリに移り住んだのだそうです。


そしてハティはジョージ・スタッブスと結婚~ジョージの財力でナスハウスを買い戻したハティは、ジョージの了解を得て後見人のエイミーを番小屋に住まわせていたのだそうです。あんなに優しい子はいないわ


が、そのエイミーの言葉に反して、ハティの行動はとても「優しい子」には見えません。最初にポワロを眺めていた目つきは、まるで商売女のようでしたし、使用人のミス・ブルイスからもまったく信用されていません。彼女曰く、ハティは知能が足りなくなどない、何もかも承知の上でやっているずる賢い女なのだそうです


またここに、ハティの従兄弟だというエティエンヌ・ド・スーザが現れます。ハティはこの従兄弟をひどく恐れ、あいつは人殺しだと騒いでいたことから、ここでハティはこのド・スーザに殺されたのではないかという疑惑が浮上します


今回これを調査したのが、これまたポワロの知人だったブランド刑事です。このブランドが早速ド・スーザを調べると、その上着のポケットからハティのエメラルドの指輪が発見されました。死体は川に流したに違いない!


どうやらかなり気が短いらしいブランドは、早速ド・スーザを逮捕してしまいました


その後、昔からナスハウスをよく知るらしい近所の船頭(漁師?)のジョン・マーデルが船から落ちて死亡します。酔っぱらっての事故だということですが、船のプロが船から落ちるとは思えません。


そして、ハティの遺体が見つからぬまま、ついにド・スーザが起訴されて裁判を間近に控えた頃、ようやくポワロの灰色の脳細胞が活性化いたしました。以下ネタバレですここからが「死者のあやまち」のネタバレですよ~(^^)/


確かにハティは殺されておりましたが、その犯人はド・スーザではなく、なんと夫のジョージでした。そしてそのジョージこそ、エイミーが周囲に

「飛行機の操縦ミスで墜落して死んだ」

と思わせていた、次男のジェームズだったのです。エイミーはハティの家は破産したと語っていましたが、それが真っ赤な嘘で、実はとても裕福だったそうなのです。でもここ、自分が倒産したというのに、同じ境遇の子どもを引き取るというのは妙な話でしたよね


エイミーはハティの知能が低いのを利用して、息子のジェームズが化けたジョージ・スタッブスに嫁がせ、先祖代々受け継がれてきたナスハウスをまんまと手に入れたのです。でもこれだけなら、たとえ「嘘」はあったとしても、それなりに家族3人、幸福に暮らせるはずでした。


が、ジョージ、もとい、ジェームズには既に犯罪組織に属していたイタリア女の妻がいたため、この女がジェームズを追いかけて来たそうなのです。それでハティが邪魔になったジェームズはハティを殺し、こともあろうにこのイタリア女をハティとして家に引き込んでしまいました


このイタリア女が、ポワロがナスハウスにやってきた時、図々しくタクシーに相乗りしてきた女性=助手席に座った女でした。そう言えば「グラツィエ(grazie)と言ってましたっけ。この女は、人の善い(たぶん)ユーゴスラヴィア人女性を抱き込んで、いかにも連れのように装い、ユースホステルとナスハウスを行ったり来たりして、

「行方不明になる機会」

を伺っていたそうなのです。そして、3週間前に手紙を出して自分の到着を知らせてきていたド・スーザをまんまと殺人犯に仕立て上げ、遺体は見つからぬともハティが亡くなったと周囲に信じ込ませて、後々ジェームズと合流するつもりだったそう


マダム・オリヴィエが、その脚本の中で、被害者を「ユーゴスラヴィア人」に描いたのは、この辺から来たインスピレーションだったそうです。ポワロもまたこれからひらめきを得たというのが楽しかったですね


ジョン・マーデルとマーリーンは、実の祖父と孫だったそうで、スタッブス夫妻の秘密を知ったジョンがマーリーンにこれを教え、マーリーンがジョージことジェームズを脅したことで、二人は殺されてしまったようです。


こうして親子で共謀して3人を殺し、由緒正しき名家の名誉を怪我したエイミーは、ポワロに「ほんの少しの時間」をもらい、息子とともに自害して果てました。ブランドたちはこの結果に慌てふためいておりましたが、ポワロはちょっと悲しげに、でも実に冷静にこうつぶやくのみでした


Bon.(良し)


また他に謎解きの鍵として挙げられたのは、ポワロが執事にいつから働いているのかと尋ねたこと(1年弱~皆ハティの顔をよく知らないらしい)、ミス・ブルイスがハティに命じられてマーリーンにおやつを届けたと言っていたけど、ハティがそんな心配りのできるような女性にはまったく見えなかったこと、いつも大きな帽子をかぶっていたこと、エイミーが(今の)ハティを快く思っていなかったらしいこと、などでしょうか


事件以外では、パーティの最中にマイケル・ウェイマンと逢引をしていた招待客のサリー・レッグがイヤリングを落としたことに気づいて捜しに来た時のポワロのセリフが面白かった


Poirot is not a husband, alas, but he knows that they can be jealous.
ポワロは夫になったことはないけど、彼らが嫉妬深いことは理解できる


サリーが本当は夫のアレックとやり直したがっていたことを聞いたポワロが、二人が駆け落ちしたと傷心のうちにナスハウスを去ろうとしたアレックをけしかけたのも楽しかったです


What you should do is to find Madame Sally immediately. Ask her to forgive you and beg her to come back.
あなたがすべきことは奥さんをすぐに追いかけて戻ってきてほしいと謝罪すること


名探偵ポワロの次回は「ヘラクレスの難業」 だそうで、これまた面白くなりそうで楽しみでございますね名探偵ポワロも楽しみ(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵ポワロのレビュー一覧」でお読みいただけます

名探偵ポワロ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵ポワロ 「ビッグ・フォー」 あらすじと感想

海外ドラマ名探偵ポワロファイナルシーズンの2話目は「ビッグ・フォー」です。設定が大掛かりな割に、最後はな~んだ、とちと肩透かしを食わされた気がしました。強いて楽しかった点を挙げるとするなら最後にポワロ自ら語ったように、

「懐かしい旧友たち(モナミ=mon amis)に会えたのは嬉しかった

でございましょうか。大体「ビッグ」なんて言えばいうほど実は大したことないものですよね。以下簡単なあらすじです名探偵ポワロ「ビッグ・フォー」のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ドラマは予告通り、その懐かしい旧友たちにポワロの訃報が届けられたシーンからスタートしました。ヘイスティングズ大尉ミス・レモンにその訃報を送ったのは、スコットランドヤードのジャップ警視監のようです。


皆が悲しみに暮れる中、ポワロを殺した犯人を捕まえるべく立ち上がったのは、熱血漢のヘイスティングズでしたが、いかんせん、手がかりがまったくつかめないようです


今回、生前のポワロの前に立ちはだかったのはビッグ・フォーを名乗る秘密結社でした。世界中で騒ぎを巻き起こしているらしいこのグループが、ついにポワロの周辺でも罪を犯し始めます。また、このビッグ・フォーと思われる人物から、メトセラ劇団の元看板女優で今では早くに甘んじているフロッシー・モンローにヴァレンタインカードが送られてきていたのも押さえておかねばなりませぬ


最初はサヴァロノフというロシアのチェスの名人が、公衆の面前でチェスの対局中に亡くなってしまいます。このサヴァロノフをアメリカに招待したのは、中国人のリー・チャン・イェンをリーダーとする平和党という組織のナンバー2=エイブ・ライランドです。


この謎はポワロによって意外と早く解き明かされました。どうやらチェスの台に電流が流れるような細工がしてあり、サヴァロノフがチェスの駒を置くと、その電流が体を貫くような仕掛けがしてあったのだそうです


でも、この話をポワロから聞いた招待者のライランドが、サヴァロノフが死んだのはあくまでも高齢だからと言い張ったのがなんとも不自然でしたよね。これでおばさんも、ライランドが怪しいのではと思わされてしまいました。


もしライランドが無実であるなら、仮にも「平和」を代表する一人でもある人物が、自分の招待した人物がこのような仕掛けで殺されたことにまったく興味を示さなかったことの理由を明確にしてほしかったんですけど。単に責任を問われるのが怖かっただけでしょうか


しかもライランドはこの後急に行方をくらませてしまいます。この行動も、いかにも彼が犯人であるかのようです


また同じ平和党のメンバーであるマダム・オリヴィエは、同じ平和党のスティーヴン・ペインターとどうやら不倫関係にあるようです(平和党自体が相当胡散臭いです)。


しかもそのぺインターは、オリヴィエを家に招待していたその日に、何者かに顔を焼かれて殺害されてしまいます。どうやら体がマヒするという「ゲルセミン」という毒物を注入されていたようですが、そのゲルセミンこそ、マダム・オリヴィエの研究に関わっていたのだそうです。


不倫関係のもつれによる殺人か?


そしてこのオリヴィエもまたこの後行方が分からなくなってしまうのです。


最初からライランドに付きまとっていた新聞記者のタイソーは、一連の殺人は全て秘密結社=「ビッグ・フォー」の仕業だと騒ぎ立て、そのビッグ・フォ-こそ、平和党のメンバーではないのかと指摘します。タイソーには以前から「ビッグ・フォー」を名乗る人物から警告が送られてきており、そこにはサヴァロノフや村の男性ウォーリー~の死が予告されていたのです


しかもそのウォーリーの上着のポケットには、いかにも暗示的なカードが4枚入っていたそうです。そのそれぞれが「ビッグ・フォー」のメンバーを指すものと思われました:


数字の1と「東」が書かれたカードは(代表者である)リー・チャン・イェンを表し、「2」と書かれたモノポリーのチャンスカードは文字通りMonopoly~大富豪のライランドを指すのでしょう。そして「3」が振られた「Queen」の(トランプ)カードには「D」と書かれていましたが、フランスでは「Q」ではなく「La dame」のDを使うのだそうです。つまりはフランス人女性=マダム・オリヴィエを指している


4のカードはタロットカードのメジャーアルカナ。絵で見る限り「Death」でしたね。C'est la mort. Death.


さてこの4番目のカードは誰を指しているのでしょうか?以下ネタバレです。


なんとそれは、ぺインターの主治医(ホームドクター)のDr.クェンティンでした。彼は本来医者ではなく「役者」だったそうで、芸名はクロード・ダレル、本名はアルバート・ウォリーというそうです。アルバートは、冒頭で触れた女優のフロッシーに恋をしますが、その際、フロッシーから

世界中の誰もが忘れられないような大事を成す人物
Someone the whole world will remember


にならない限り、自分のような大女優とは付き合えないと言われてあっさり振られたたために、この度のことを計画するに至ったのだそうです。これだけ世界を騒がせたから僕は君にふさわしい~もうここはまさにトホホでござったね


ポワロは推理と調査の過程において、このフロッシーに辿り着いたためアルバートに呼び出され、爆弾で吹き飛ばされそうになったところ、窓の外から様子を伺っていた「変装したアルバート」に気づき、急いでそこを逃げ出したのだそうですよ~お馴染のステッキだけ部屋の中に投げ込んで。そしてポワロは、これを機会に自分を死んだことにして、アルバートを油断させたのだそうです。


結局、新聞記者のタイソーは、この詐欺師の片棒を担がされていただけ~広告塔になっていたなんてね


う~ん、来週の「死者のあやまち」はもう少し面白くなってくれるとよいですね。名探偵ポワロは次回がとっても楽しみです名探偵ポワロは来週に期待です( `ー´)ノ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵ポワロのレビュー一覧」でお読みいただけます

名探偵ポワロ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵ポワロ 「象は忘れない」 あらすじと感想

久しぶりに名探偵ポワロを視聴してみました名探偵ポワロ。昔はよく見ていたシリーズなのですけれど、ここ数年は「後出し」がどうにも気に入らず、途中で視聴意欲が萎えてしまうことが多かったのです


でも、この象は忘れないは丁寧に布石が置かれていたため、最初から最後まであれこれ妄想しながら楽しく見ることができました。長らく続いたこの名探偵ポワロも今回がファイナルシーズンだということなので、ちとあらすじなんぞを語らせていただきたいと思います。後半はズバリネタバレをしておりますので、結末を知りたくない方はどうぞご注意くださいますように。


まずタイトルの「象は忘れない」を聞いた際、すぐに英語のことわざ「An elephant never forgets」が浮かびました。象は記憶力の良い動物として知られており、受けた仕打ちは決して忘れない=必ず復讐をする、という意味ですが、原題は敢えて「Elephants Can Rememberとしてあるようです。この辺もまた実に心憎いアレンジです


今回ポワロが遭遇したのはまったく異なる2つの案件でした。1つはお得意の殺人事件で、もう1つは旧友でもある推理作家のアリアドニ・オリヴァから持ち掛けられた相談ごとです。もちろんポワロにしてみれば、今目の前に提示された殺人事件を追いたいため、アリアドニが持ち込んできた「カビの生えた過去」の謎ときには、どうしても関心が薄まりがちです


殺人事件の被害者は、これまた旧友のデヴィッド・ウィロビーの父のドクター・ウィロビーでした。世界的な精神科医だったそのドクターが、自分が開発した精神病の治療用浴槽で溺死しているところを発見されたそうです


一方のアリアドニの件は13年前の事件です。アリアドニが名付け親になったシリア・レーブンズクロフトという女性が、この度、デズモンド・バートンコックスというピアニストの卵と婚約する運びとなったのですが、このデズモンドの母親が、急にいちゃもんをつけてきたのです。


シリアの両親は13年前に心中したそうなのですが、その際、いったいどちらがどちらを殺したのか、その詳細を知るまでは息子との結婚を認めないと言うのです。いかにもとってつけたこのクレームだからこそ、その理由がピンときた方も多かったのではないでしょうか


以下ネタバレです「象は忘れない」のネタバレです( `ー´)ノ


期待通り、この2つの事件は繋がっておりました。シリアの母親=マーガレットには、双子の姉ドロシア・ジャロウがいて、そのドロシアは、シリアの父アリステア将軍と、アリステアがマーガレットと結婚する前は、恋人同士だったのだそうです。


が、ドロシアは深刻な精神疾患を抱えていたため、次第にアリステアの気持ちはマーガレットに傾いていったそうです。そしてこの二人は、罪悪感と同情から、ドロシアの病を何とか直そうと、ウィロビー博士の治療を受けさせたのだそうです。が、その治療というのが、例の浴槽を使って水やお湯に交互につけるという、なんとも非人道的な物だったのだとか


この治療が奏功したとして、ドロシアは妹のもとへ帰されてくるのですが、それはどうやらまやかしだったらしく(それとも正気であっても嫉妬からだったのかわかりませんが)、ドロシアはマーガレットを崖から突き落として殺してしまいます。アリステアが駆けつけた時、マーガレットは虫の息だったそうですが、最後の最後まで、ドロシアを庇っていたようです。マーガレットが私を殺したとは決して明かさないでほしい


その頃、アリステアにはフランス人の秘書=ゼリー・ルーセルがいて、回顧録の執筆を手伝っていたそうですが、心ひそかにアリステアを愛していたゼリーは、アリステアからとんでもない計画を打ち明けられます。なんとアリステアは、妻を殺したドロシアを妻と偽って心中すると明かしたのです。当然、先に殺されたマーガレットは、ドロシアと偽ってその死を事故死として公表されていました。


これを盗み聞きしていたのがドロシアの娘のメリーでした。このメリーが、母の仇を討つためにウィロビー研究所に受付嬢のマリー・マクダモットとして入り込み、デヴィッドを籠絡して、ドクター・ウィロビーを殺す機会を虎視眈々狙っていたという訳です


メリーはドクター・ウィロビーを殺した後、母の仇の娘のシリアも殺そうとしましたが、ここはポワロが駆けつけて事なきを得ました。ポワロは、メリーがアイリッシュでないことを、そのカナダ風のアクセントと、セントパトリックデイにまったく興味を示さなかった=3月17日にお祝いをしないアイリッシュなどいないことから見事に見破っていたのだそうです


また、デズモンドの母親が結婚に反対していたのは、この母は義母だったそうで、デズモンドの信託財産をこっそり使い込んでいたからだそうです。この信託財産は、デズモンドが25歳になるか結婚したら譲られることになっていたため、何としてもこれを阻止したかったのです。


シリアの母が双子だということがなかなか分からなかったのが、ようやくデヴィッドの話で明かされたという展開も良かったですよね。最初の混乱が上手い布石になっていたので、後になってはは~ん、と点と点がつながっていく様子を大いに楽しむことができました。ガンを患っていたというマーガレットがウィッグを4つ用意したことや、デズモンドの信託財産の話も同様です


~ただ1点、ちょっと細かいことで恐縮ですが、このドラマの年代が1930年代だったことを考えると、ガン=髪が抜けると誰もが結び付けたのにはちと違和感を感じました。ガンになったから髪が抜けるのではなく、化学療法(抗がん剤)の副作用から髪が抜けるのであって、その化学療法がこの時代に広く知られていたかというのは甚だ疑問だからです


最後にポワロがアリアドニに語った言葉も良かったですね


Human beings, mercifully, they can forget.
人間は(象と違って苦しみを)忘れられるという恩恵を与えられている


来週の名探偵ポワロ・「ビッグ・フォー」では、ポワロの死亡通知が届けられるそうです。これもまたなかなか楽しみでございまするね名探偵ポワロも楽しみです(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵ポワロのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング