このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

昨夜のカレー、明日のパン
 家族モノ・ホームドラマ

昨夜のカレー、明日のパン 最終回 あらすじと感想 ご飯と銀杏

毎週楽しみに見てきた【昨夜のカレー、明日のパン】もついに最終回を迎えてしまいました。「ご飯と銀杏」~これまた最終回に相応しく、なんとも言えない味わいのある素敵なエピソードでございましたね。以下簡単なネタバレのあらすじです。


昨夜のカレー、明日のパンの最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/

今回はギフが案の定、女狐にたぶらかされたところから始まりました


早朝から仏壇のカチカチご飯を食べて出かけたらしいギフは、しばらく留守にするという書置きを残していきます。時刻表の「湯河原」に赤線が引いてあったことから、温泉に行ったと推理したテツコが、なかなか帰ってこないギフを心配しながら、毎日、ごくごく簡単な食事で済ませているのがまたいかにもそれらしかったですね。あ、テツコの漢字は「徹子」だったそうです。


隣の小田にギフのことを相談したら「女狐」と一緒にいるに違いないと言われ、朝子に聞いてもそうに違いないと念を押されてしまいますひどい女だったわよ~(`・ω・´)。ギフが奮発して注文した「ウニ」入りの寿司~そのうちの2つを自分で平らげたほどの性悪な女だから心配だわ!


1人1個が常識よね( `ー´)ノ

一方そのギフはなんと岩井のもとへ身を寄せていました。テツコの推理通り温泉へは行きましたが、そこに女狐=富士子の姿は無く、ひとり虚しく二人分の食事を平らげて帰ってきたのだそうです。なんと富士子は、

「一緒に温泉へ行こう

との甘い誘惑でギフを釣り、自らが経営しているという輸入家具店の高級北欧家具をタンマリ買わせていたのだとか!?しかも、ギフがちょっと席を外した隙に、その店の看板が外されていたというのにも大笑い


「それって詐欺ですよ!!


岩井にダメ押しされたギフが無理矢理買わされた高級家具は、すべて岩井のせまいアパートに運ばれてきます。だって、自宅には送れないじゃない?


寝るスペースすら無くなった二人は仕方なくギフの家へと戻ってきました。テツコには「店で一番高かった牛肉」を買ってきます。


あ~あ~岩井君とテツコさんが結婚してあの家具を使ってくれればいいのに


が、岩井は、それは叶わぬ夢だと寂しげです。テツコは今回ギフがいなくなった家にひとりでいたことで、自分が嫁いだ後のギフの心境を思いやり、当分嫁には行けないと岩井に告げていたからです。


それならここで一緒に住めばいいじゃないか


ギフの誘いにも岩井の心境は複雑です。


ここはアウェイだから決して勝てないという岩井にギフは、どうやったら「勝つ」ことになるのかと問い返しました。勝つとか負けるとかじゃなく、思い出を皆消してしまうのではなく、少しずつ年月をかけて、新しい思い出を積み重ねていけばいいんじゃないかな


結婚はさておき、しばらくは寺山家に居候することになった岩井が、テツコとギフが代わりばんこに噂の「カチカチご飯を食べている様子を目にした後、自分もそれを食べてみたいと言ってくれたシーンはなかなかでしたね


テツコとギフ、そして一樹のご飯茶わんはあるんだけど、(今は)岩井のそれはないから、お味噌汁用のお椀で我慢してほしいと、岩井が加わることによって日常を壊したりしないテツコの姿勢もまたよかった


その後ギダリエが結婚することが明らかになり、北欧家具に憧れていたらしいギダリエがあの家具をすべて引き取ってくれることになりました。この話を聞かされたギフが、

「(家具の梱包を向いて)裸にしちゃったのかい?

と聞いたのを、ギダリエを裸にしたと勘ちがいしたテツコが、嫉妬メラメラになったのは楽しかったですね~。そんなに好きなら結婚すればいいのに~と、今回ばかりはギダリエのお節介もナイスでした


こうしていよいよ結婚することになったふたり~岩井もこれでようやく「噂」ではなく、大威張りで「待っている人がいると飲み会の2次会を断って戻ってきた帰り道、なんと一樹にそっくりな青年=路上コトバ師に出会います。


もやしの命が1日 カレーは二日目に限る 食べて寝て生きる ヒコーキ雲を信じる この街で生きてゆけ


これまで劇中で使われた言葉も入っていたのがまた楽しかった~


かなり酔っぱらっていた岩井は彼を一樹と思い込み、早速「勝負」を挑んだものの、走り出してすぐに転んで眠ってしまいます。その青年が岩井の携帯からテツコに電話してくれたため駆けつけてきたテツコもまた、その青年の顔を見てびっくり仰天してしまいます。一樹!?なんでここに?


すっかり寝入ってしまった岩井を青年が背負ってタクシーを捕まえに行く間、この青年が岩井は大切な人なのかと聞いてきました。テツコはそれに「ハイ」と答え、

「世界で一番?」

との問いにも「ハイ、世界で一番」と言い切ります


そんなこと言われてみたいよなあ~と羨ましそうに言った青年が、捕まえたタクシーに岩井を押し込んだテツコに「お幸せに」と声を掛けると、テツコはちょっとためらいがちにこう尋ねました。


私、幸せになっていいのかな?


その言葉を聞いて、岩井を見つめながらなかなか答えてくれない青年にテツコがもじもじし始めた時、青年はキッパリこう答えてくれます。誰よりも幸せになってよし


ニッコリ笑ってくれた青年のこの言葉に背中を押されたテツコがタクシーに乗り込んだ後、その青年が、以前宝が後輩に預けたはずの雪だるまのマスコットを持っていたことが判明します。この青年は一樹だったのですね~きっと。あのチケット使って来てくれたのですね愛に来てくれてありがとう(;O;)


一方、富士子に騙されたギフは町で偶然、その富士子に出会いました。最初は逃げたものの、観念したのか、騙して申し訳ないと謝る富士子に対し、自分こそ、嫁に看取ってもらうのが心苦しくて、富士子を利用したのだと謝罪します。


すると富士子は、誰に気兼ねすることの無いところへ行ってふたりで暮らそうなどと虫のいいことを言いだしますが、ギフはこれをキッパリ断りました。


ギフは、妻の夕子が病で亡くなる際、自宅に引き取って最期を看取ったそうです。その時、ベッドから見える、それはそれは美しい銀杏の木を見た夕子が、これからはこの金色に輝く庭だけを見て過ごすなんてとても贅沢で幸せだと嬉しそうに語ったそうです


あるんですよね~他人から見たら惨めに見えるような時でも、本人にとっては夢のようにキラキラ輝く時間ってそんな風に心豊かでありたいですね♪


自分もまた、他人に迷惑を掛けながら、そして他人を気遣いながら、後何回かそれを見届けていくことだろう鹿賀丈史さんがすごくよかった~( *´艸`)


最後はギフと岩井とテツコが仲良く3人で、その美しい銀杏の木を見上げながら、その恩恵であるぎんなんを剥いていたシーンでお終いです


また宝のパワースポットも、サカイは産婦人科医に復帰することになりましたが、宝自身が調理師免許を取って、深ッチンと織田家の両親とともに、しっかり切り盛りしていくようですムムムが以前のように逞しくなった(*^^)v。自分を心配するあまりフォローするだけが愛情じゃないと、サカイに言ってのけた宝は、もう大丈夫ですね


気になっていた朝子もまた「下手人」こと課長とよりを戻したようです。もう金の事は言わないから、ずっと友達でいようって。これを聞いたテツコがまた目が飛び出そうなほどビックリしてました


誰もが経験するような日常を、どこまでもさりげな~く、温かくて優しい目線で描いた「昨夜のカレー、明日のパン」が終わってしまって寂しい限りでござりまする



小説も面白そう~いつも手元に置いておきたい1冊になるかも


~同じ木皿泉さんのお正月ドラマ「富士ファミリー」も面白かった


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は昨夜のカレー、明日のパンのレビュー一覧」でお読みいただけます

昨夜のカレー、明日のパン
 家族モノ・ホームドラマ

昨夜のカレー、明日のパン あらすじと感想 第6話 蟻とオンナ

木皿泉さんの【昨夜のカレー、明日のパン】の6話は「蟻とオンナ」です。これはまたいかにも大人向けの深い話でございました昨夜のカレー、明日のパンは実に深い話なのです 。以下簡単なネタバレのあらすじです昨夜のカレー明日のパン のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


テツコはついに「一樹を手放す」ことを決め、従兄弟の虎尾(賀来賢人)に一緒に墓に行ってもらうよう頼みました。テツコは、ずっと手元に持っていた一樹の骨を墓に戻すつもりのようです。


骨を骨壺に入れるためには拝んでもらった方が良いという虎尾の提案により、夕子の法事で知り合った深ッチンに声を掛けると、パワースポットは宝とサカイに任せればいいからと快く同行を引き受けてくれました。


骨を墓に戻した後、虎尾がいみじくもこう言います。俺がこれまで一樹の車を手放せないでいたのも、テツコさんと一樹の最後のドライブをするためだったのかもしれないな


そして虎尾は、生前一樹が夫婦関係について語っていたという話をしはじめました。虎尾は結婚後はずっと同じ女性=妻と関係を持っていくにあたり、やはり最初が一番イイものかと聞いたのだそうです。


すると一樹は、いつが一番いいということは無くて、いつも全く同じだと答えたそう。だからと言ってそれで飽きるということではなく、その「同じ」という点が良い、いつも同じところに帰ってきたような安心感があるのだ、と


おまえにはまだ分からないだろうなあ、と笑った一樹の顔は、まさに大人の男のそれでしたねとっても幸せそうでした♪


一樹がこの世を去った時、虎尾はまだ学生だったようですが、それから7年が過ぎ、結婚を間近に控えた今だからこそ、一樹が教えてくれた「落ち着いた夫婦関係の良さ」を理解できるようになったのでしょうか。


夫婦は単なる体だけの関係ではなく、そこに信頼関係や責任、いたわり、愛情等々があって、初めてその関係も好ましく思えるものなのだ、って。いつも同じだから、年月が経ったからと言って色褪せたりするものではないのだって。


いや~自分で書いていてもこっぱずかしくなっちまいますが、多分一樹の言いたいことはそういうことだったのだと思います。ぬくくて柔らかい布団が女性の象徴というのも味わい深い譬えでした


またこの6話では、これまでずっと「笑えなかったムムム昨夜のカレー明日のパン~ムムムが笑った!が、ついに笑えるようになりました


それが、テツコの描いた「蟻」の絵のおかげです。どうやらそれは昔、一樹がスケッチした蟻とご飯茶わんの絵を思い出して描いていたようなのだけれど、それが宝には面白かったのでしょうね~。ちっぽけな蟻でも、ご飯茶わんを持ち上げることができるって。


そんな宝の笑顔を見たサカイと深ッチンが、

「おまえ、笑ってるよっ!!

と言ったのに、これを信じない宝がまた宝らしくて大笑い


ようやく自分が笑ったことに気づいた宝は、これからは、この町に根を張って、この町で自分にしかできないことをしたいと決意の程を語ります。ここで皆の幸せを願いながら、皆から必要とされる「オンリーワン」になりたいの


宝にこんなことを言わせるきっかけを作ったのは、岩井の双子の兄=冬彦(溝端淳平)です。岩井の実家は料理屋で、冬彦が家業を継いでいるそうです。どうりで岩井も料理が上手い訳です。ちなみに、岩井の名前は「正春」というそうですが、ここでは岩井で通させていただきますね。


冬彦は実家での自分の価値が分からず、自分などいなくても何ら変わらないと思い詰めて家を出て、弟の住む町にやってきたようなのですが、宝とサカイがあんなに小さな惣菜屋で懸命に働いているのを見て、心に感じるものがあったようです


それに、この町のどこを歩いていても、常に弟と間違われてしまいます。それこそ、誰もが岩井に好意を持っている、岩井がこの町に根を張って生きている証拠ですよね。岩井の姿を見かけた人々は必ず声を掛け、新しくできたGFと歩いていたため心にやましさを抱えていたギフに至っては(テツコへの口止め料として

「1万円

まで渡してしまうのですから


お前はお前の町で生きていけ。俺も俺の町で生きる家の事は心配するな


今回、「自分探し」をしていたのは、冬彦だけではありません。なんとあの朝子までが「秋山歯科医院」を閉めて、寺山家に押しかけてきてしまいます

このまま一生、他人の口の中を覗いて、違和感があると文句を言われるだけの生活なんて耐えられない!


愚痴を言いながら取り出した荷物の中には、法事の時に持っていた「どや扇子」じゃなくて「人生云々」と書かれた扇子も見えたのには笑ったなあ扇子何本持ってんのかしらね( *´艸`)。しかもちゃんと表札用の名札「秋山朝子」まで用意してきていたとは。


でも結局は、優しすぎるギフの好意にいたたまれなくなって家に戻ってしまうのだけれど、その扉には、患者からのメッセージがたくさん貼られていたのを見て大いに感動してしまいます。ああ、私は皆からこんなにも必要とされていたんだ!


個人的には、この朝子とギフってお似合いだと思うけれど、ギフにとって朝子はあくまでも、夕子の妹、大切な大切な義妹だから、これから結婚なんてことは思いもよらないのでしょう。


でもだからと言って「女狐」はいただけませんよね~。なんとギフは今回、書道教室で知り合った富士子(毬谷友子)とデートを重ねた上に、テツコが外出した日に家に呼んでしまうのです。この時朝子もやってきたため、ふたりがまるで韓ドラ張りの「女の争いを繰り広げてしまったのも可笑しかった。


朝子が富士子に張り合って、自分と連太郎(ギフ)はツーカーの仲だと言ったその台詞を証明するかのように、ギフが寿司の出前を頼もうとなけなしの虎の子=1万円を畳の下から取り出すのに、何も言わずとも朝子がこれを察して、まさに阿吽の呼吸でもってテーブルをどかし、畳をはがして1万円を取り出した時がまた笑えました


その時のギフには富士子の姿が目に入っていないらしく、というより、今やっていることを見てほしくなかったらしく、富士子が突き飛ばされてあんあんわめいているのもまったく意に介さないのです。この時の富士子がまた「女狐」そのものでしたね~わざとらしいったらありゃしない富士子は怪しい(-_-;)。富士子をこう評したのはお隣のみゆきですが、ちなみに朝子の事は「野良犬」と言い切っていたのも当たっているかも


結局富士子は万策尽きて、ギフに朝子を帰らせるよう仄めかしますが、ギフはこれをキッパリ断ります。それはできません。私は妻と約束しました。いつでも朝子が帰ってこれるようにしておくって


こう言われた朝子が、またしてもあの廊下の疵のある場所に行って、これをギイギイ鳴らしながら「おねえちゃんと独り言ちたシーンがまた実に良いシーンでしたあそこいいなあ( *´艸`)。そうそう、表札に名前なんかなくたって(あってもいいけど)、あそこは朝子の家なのです


唯一の心のよりどころ=一万円を無くして落ち込む、結局1日中パジャマで過ごしたギフに引き換え上にセーターはおっただけです(笑、テツコは、一樹を忘れることは決してないけれど、新たな拠り所も求めようと歩きはじめ、宝は再び自分に笑いを運んでくれた「蟻」のデッサンをアレンジしてパワースポットの看板に添えました。蟻がおにぎりを持ち上げている絵です


虎尾もようやく一樹の車を手放して、冬彦も、自分の町へ帰っていきました。これで、「ずっと近くにいてくれるような気がしていた岩井さん」が、テツコの期待を裏切ることはなさそうですずっとそばにいてくれそう♪


終わりの方で、テツコが外出するために前日カレーを作っておいたのを、ギフがひとりで温めていたところにテツコが帰ってくるシーンがあります。テツコが作っている時も、ギフがそれを温めている時も、画面からカレーの匂いが漂ってくるようで、その2日目の方が美味しいと言われるカレーをギフと二人で食べたテツコが、その後ひとり布団の中で泣いていた姿が今でも脳裏によみがえります頭では分かっても寂しいよね、分かる分かる


昨日のカレー、明日のパン」とは、過去と未来を表していたのでしょうか。明日食べるパンはきっと美味しいだろうけれど、昨日のカレーも不味くなるどころか、よりその旨みを増していく、ということなのかもしれない、と、ようやくこのタイトルの意味が分かったような気がいたしました昨夜のカレー、明日のパンってそういうことだったのかな。来週はいよいよ最終回です明日のパンもきっと美味しいよ~(^^)/


~同じ木皿泉さんのお正月ドラマ「富士ファミリー」も面白かった


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は昨夜のカレー、明日のパンのレビュー一覧」でお読みいただけます

昨夜のカレー、明日のパン
 家族モノ・ホームドラマ

昨夜のカレー、明日のパン あらすじと感想 第5話 カードと十手

木皿泉さんの【昨夜のカレー、明日のパン】は5話の「カードと十手」も面白かったですね~。せっかく朝子にロマンス?が訪れるかもしれないチャンスが、まさかあんなことで潰されてしまうなんて。以下早速ネタバレのあらすじです昨夜のカレー、明日のパンのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回はめずらしく「お金がらみのエピソードでした。しかもそれが3通りほど展開されるという、なかなか凝った作りになっていたのです。岩井は見知らぬ少女に、小田夫婦は娘の宝に、朝子は「下手人」のためにお金を用意するという設定です


まず1点目、会社では、岩井が500万の結婚詐欺に遭ったという噂が広まっていました。岩井のプロポーズを断った自分には関係の無いことだと思いながらも、テツコは腹が立って仕方がありません。いったいどういうことなのか、岩井に直接問いただそうとしても、岩井は出張中である上に、電話にもメールにも一切返事を寄こそうとしません


ようやく帰ってきた岩井を喫茶店で問い詰めて分かったところによると、岩井は決して詐欺に遭った訳ではなくて、自ら、しかもまだ小学生の少女に頼まれて480万を貸したのだそうです


いつか返せるようになったら返してくれればいいから


学校でいじめに遭って脅されたために金が必要になり、近くの川に飛び込もうとしていたその子が教えてくれた住所はでも偽りで、焦った岩井は、なんとか少しでも損害を減らそうとして、とはいえ警察に行く勇気は無くて、総務に、この480万を確定申告できないものかと相談したのだそうです


見知らぬ少女に500万近くの大金をポンとくれてやるなんて非常識だと怒りだしたテツコは、岩井とは決してやっていけないと最後通告を突き付けます。岩井がまた、500万は結婚資金に貯めたものだなんていうから尚更火に油を注いでしまったようです。でも、結婚しない、って言ったのはテツコなのに。。。


怒り心頭に発したテツコは、間違えてテーブルの上にあった岩井の携帯も持ってきてしまうのですが、そこに、例の少女=まりえ(蒔田彩珠)から電話がかかってきます。そしてテツコは、まりえが岩井という大人=人間を試しただけだと知ります


まさか本当に貸してくれると思わなかった。あんな人がこの世にいたなんて


誰も信じることができず、裏切られる前に自分を嫌いになるよう仕向けていたというまりえが、なんとも哀れに思えてなりません。まりえは夜も外をうろつき、ごぉ~っというその音に吸い込まれそうになる暗い暗い川をひとりでじっと見つめていたそうなのです。岩井は、そんなまりえの寂しさを感じたからこそ、自分にできる限りのことをせずにはいられなかったのでしょう


岩井はまりえに「魔法のカード」も渡していたそうです。自分の名刺に星でグレードを記した、いわゆるお助けカードを使うよう渡したら、馬鹿にされたと思い込んだまりえに金を請求されたため、断り切れなかったのだとか


こうしてまりえは無事岩井に金を返し、岩井は、結婚資金が戻ってきたことで、テツコが許してくれるに違いないと喜び、再びテツコにプロポーズします


「魔法のカードをくれたら考えてもイイかな


その後、テツコの意図せぬところで恨みを買うことになった「下手人」ならぬ上司(マキタスポーツ)から、たっぷり残業を命じられて居残りしていたテツコに、岩井が

「最強の魔法のカード

を渡します。まりえに渡したカードの星の数は、せいぜい3つだったのに、このカードは、名刺の裏いっぱいに星が書き連ねてありました。こんな風に


★★★★★★★★★★
★★★ 最 強 ★★★  
★★★★★★★★★★


こうしてテツコはついに「一樹を手放す決心」をします昨夜のカレー、明日のパンは、心打たれる名作です(^^)/


一方、宝の開店祝いに業務用の冷蔵庫を買ってやると約束した和正でしたが、意外にも高いその値段に予算が足りなくなったので銀行に融資を頼みに行くと、定職に就いていない和正には貸せないと断られてしまったそうです。


相談を受けたギフが持ち出してきたのが「十手」でした。昔ギフがその母を失って天涯孤独の身の上になった時、

いざとなったらこれを売れ

と伯父が純金の十手をくれたのだそうです。家に一人でいる時も、パチンコ屋に入り浸り、音楽が消えてただ玉の音だけがこだましていたのを聞いて孤独を感じていた時も、この十手はずっとギフの心の支えになっていたそうです


「でももういざという時なんかないから


そう言って気前よくその大切な十手を質屋に持ち込んだところ、なんとこれが「正真正銘のめっき」だったことが判明してしまいます。つまり200円でも売れない、ということです


あまりの悲惨な真実にガックリきていたギフのもとに、とある男(マキタスポーツ)に金を貸してほしいと頼まれたが、それが大金(500万)だから、結婚詐欺に遭うのではないかと心配だと、今度は朝子が相談に来ます。その時朝子が持ってきた写真を、ギフが、

もう大切ではなくなったため、むしろ本体よりも高そうだった箱から出されてしまった十手

とともに机の上に無造作に置いていたことから、そのいかにも「悪人面の、見慣れた上司の写真と十手を見たテツコが、

「下手人御用だっ!(`・ω・´)

と上司を命名してしまいます。これを会社で、しかもあの人間スピーカーのギダリエの前で言ったことから、その上司は皆から「下手人」と呼ばれるようになってしまったようなのです


「私、お金貸すの止めた!だって、皆から『下手人』なんて呼ばれている人に貸せないわ!!


そう言いながら、心から人を信じてみたい!と嘆く朝子がなんとも可笑しく、否、いたわしかった。以前朝子は、この「下手人」から、テツコの再婚話を聞いたのですから、テツコに聞けばよかったのにね~あの人、会社ではどうなの?って


他には、ほんの2か月前に、昔自分を捨てた恋人への恨みを語った山ガールが早くも結婚するとか、小田夫婦が、以前宝がテツコから貰って父の定年をねぎらったくす玉を、宝の開店祝いに再利用しようと、いかにも嬉しそうに用意していた姿も楽しかったです


来週の「昨日のカレー、明日のパン」は「蟻とオンナ」だそうです。これまたとっても待ち遠しいです昨夜のカレー、明日のパンが楽しみ(^^)/


~同じ木皿泉さんのお正月ドラマ「富士ファミリー」も面白かった


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は昨夜のカレー、明日のパンのレビュー一覧」でお読みいただけます

昨夜のカレー、明日のパン
 家族モノ・ホームドラマ

昨夜のカレー、明日のパン あらすじと感想 第4話 幽霊と△

木皿泉さんの【昨夜のカレー、明日のパン】の第4話もようやく視聴しました。これまた実に素敵なエピソードで、おばさんもあれこれ思い出しては涙を抑えることができなかったほどです昨日のカレー、明日のパンは、本当に素敵な作品です。本当に幽霊でもいいから姿を見せてほしい人、いますよね~。以下簡単なあらすじですネタバレのあらすじ行きますよ~(^^)/


寺山家で亡くなった夕子の法事が行われることになりました。お盆だからなのか命日が重なっているのかは分からなかったけれど、あのギフなら、毎年法事をしてそうな気もしますね。


ギフは、隣の小田和正から、ムムムこと宝が、例のパン屋で惣菜屋を始めたと聞き、親戚が数名集まる法事の料理を頼むことにします。ここで、サカイや宝とともに惣菜屋「パワースポット」を始めたはずの、今回初登場の深チン(深津~趙珉和)は、お盆で本業が忙しい~しかも、寺山家に呼ばれているというのには笑えましたね~。正座はできなくても椅子に座ってお経を読むそうです。その足元にはカンペがズラリにも大笑い


この法事にやってきたのはでも「人間」だけではありませんでした。朝子とともに入ってきたのは、幽霊のふりをした人間=芹沢鯨(栗原類)でございましたが、その他に、何と本物の幽霊、しかも夕子が寺山家に姿を現したのです!


~ちなみに、確かに幽霊のように影の薄い芹沢は、朝子がテツコの見合い相手にと連れてきたようです。もちろん、その本来の目的は敢え無く却下されてしまいましたが、ギフからはせっかく縁があったのだから次は人間として遊びに来てくれと誘われていました


夕子の姿が見えるのは、残念なことに岩井だけのようです。岩井は人手の足りないパワースポットの助っ人として、テツコに呼ばれ、愛する人の家の法事に呼ばれたと喜び勇んでやってきたのです


その岩井に、芹沢が幽霊ではない、人間だと教えてくれた夕子がまさか本物の幽霊だったとは~驚く岩井がまた可笑しかったですね~。それでも岩井は、恐怖は感じなかったらしく、夕子に言われるまま、その首筋に

「三日月形の傷

を描いてくれたのが、また何とも優しくてホロリとさせられてしまいました。人は死ぬと、すべての傷は消えてしまうそうなのですが、夕子はこの首の傷にひときわ愛着があったようなのです


この傷をつけたのは他ならぬギフ~以前ギフが山ガールに告白した「妻の首筋に汗キラリ」の話がここで活きてきます。パチンコが止められないならいっそ私を殺せと言った夕子を、もちろんギフは傷つけるつもりなど毛頭なかったのにも関わらず、ふとした拍子でその包丁が夕子の首に刺さってしまったのだそうです


死ぬまで消えなかったその三日月形の傷は、夕子が死んだ後は、寺山家の「廊下の傷」として再び姿を現しました。いったい誰が付けたのか、は明らかではなかったものの、その傷がある場所こそ、夕子が生前、廊下をギイギイ鳴らしては喜んでいた場所だったのだそうですおねえちゃんのお気に入りの場所!


「そうそう、ここここ!おねえちゃんがよくこうやって鳴らしてた!


背の高い朝子と小さめのテツコが二人並んで、廊下をギイギイ鳴らしていた姿がなんとも微笑ましかったですよね


その傷を再びマジックで首に描いてもらった夕子はもう1つ、ちょっとした悪戯を仕掛けていきます。夕子は朝子のバッグを、台所の高い戸棚の上に隠していったようなのです


おねえちゃんはすぐこういうことするんだから~また来るからね!おねえちゃんっ!!寂ここは本当に泣けました


まさか幽霊がそんなことそもそも幽霊を信じない~そう思う方もいらっしゃるだろうけれど、ここはおばさん、個人的にも同じような経験をしていたので、思わず涙がボロボロこぼれて止まらなくなってしまいました


私事ではありまするが、ここでもいつも一緒に語っているつもりの愛猫みぃがこの世を去ってからしばらく、自分の髪を縛るゴムが、家のあちこちに落ちていたのを思い出したのです。もちろん、自分で落としたのではありませんよ。みぃが生前よく、おばさんのゴムを加えてはあちこちに落としたり隠したりして喜んでいたのでござる。信じるか信じないかは~あなた様次第ですが、おばさんはあれはみぃが運んだのだと固く信じて疑いませんそれも大切な思い出です♪


岩井が祐子の姿を見たと知ったテツコが、他に若い男性はいないのかと尋ねたのがまたなんとも切なかったですね。岩井がいないと答えた時のテツコのあの寂しそうな顔が忘れられません


夕子の傷が消えたのなら、一樹の手術痕も、そして手のひらにあったイボを取った「キ」の跡も消えてしまったのだろうかと聞いたテツコの手のひらにも、岩井はマジックでその傷跡を描いてくれます。この辺がまた岩井の優しいところです


皆が帰った後、ひとり縁側で酒を飲みながら

「夢でもし会えたら

と歌っていたギフの隣には実は夕子がぴったりと寄り添って、一緒に声を合わせていました。この姿を見た岩井が、自分もあんな風に年を取りたいと独り言ちると、テツコはあんなのは寂しい老人だと答えたものの、その後ひとりで台所に立つと、自分もまた同じ歌を口ずさまずにはいられません


そしてその時です。実は夕子とともにあの世から来て、でも家の前で待っていた一樹が、突如家の中に入っていきます。ちょうどその時、岩井が台所で指を怪我したのですが、どうやらあの世にいる人々は、他人の「傷」にひどく敏感らしいのです短くても1回なのに(;´・ω・)


廊下の傷跡や、鍋の取っ手に付いた傷、人の体に付いた傷のみならず、その心に人知れず付いた傷にも彼らは即座に気づいてくれるのでしょうかなんて繊細な物語でしょう


突然現れた恋敵の姿に、ちょうどテツコが傷口を舐めてくれていたところを見られた岩井は、慌てて席を外します


そんな岩井をいかにも可笑しそうに眺めた一樹が、ひとり流しの前で「夢で逢えたら」を歌っていたテツコを、後ろからそっと抱きしめたシーンもまた忘れられませんテツコと一樹が可哀想でならなかった。テツコには決して一樹が分からない~さながら、縁側でひとり酒を飲んで歌っていたギフと同じなんだけど、実際には、一樹がそっと優しく抱きしめてくれている


死んだ人には敵わない


その姿に落ち込んだ岩井を、生きているという強みがあるじゃないかと励ます一樹は何とも魅力的な青年ですよね


手に描いた傷が自然に消えていくように、いつかテツコにも一樹を「手放す=生きる方を選ぶ」時がやってくるのでしょう。消えかけたマジックの傷を見ながら、敢えて新しく描くことはないけれど、

その傷が本当に消えるまではこれを大切に見届けたい

というのが、テツコの偽らざる本心なのだと思います。そんな強くて優しいテツコが今あるのも、一樹という人間に出会えたからなのではないでしょうか


あの世とこの世の行き来チケットは3回限定だそうですけれど、またいつか是非戻ってきてほしいものです。玄関にいる時点でこの世じゃないのかなんて野暮なことはこの際言いっこなしです。(


法事の料理を作り上げて皆の満足する顔に、こちらも満たされた風だった宝やサカイも本当に嬉しそうでした。ふたりとも、これからは自分を偽ることなく楽しく仕事ができそうなのは何よりです。


昨夜のカレー、明日のパンの5話は「カードと十手」だそうです。またすぐに次回が見られると思うと嬉しい限りでござりまする昨日のカレー、明日のパンが楽しみ(^◇^)


昨夜のカレー、明日のパン
これは是非原作も読んでみなくちゃ


~同じ木皿泉さんのお正月ドラマ「富士ファミリー」も面白かった


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は昨夜のカレー、明日のパンのレビュー一覧」でお読みいただけます

昨夜のカレー、明日のパン
 家族モノ・ホームドラマ

昨夜のカレー、明日のパン あらすじと感想 第3話 山とエレベーター

木皿泉さんの【昨夜のカレー、明日のパン】の第3話は「山とエレベーター」です。これまた実に良いエピソードでございましたね~。このドラマは1つ1つの台詞が本当に宝石みたいに美しくて、ついついそれをぜ~んぶ書き留めてしまいたくなる衝動を抑えるのが大変です。以下簡単なネタバレのあらすじです昨夜のカレー、明日のパンのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回連太郎(これまた「ギフ」と呼んでしまいたいギフがピッタリはまってきた(^^)/~来週あたりはそうなるかも)は、思いも寄らない美人と山登りをすることになります。というのも、

「退職したら、妻と一緒に過ごす毎日が辛い

と語っていた隣の小田和正が、その妻と一緒にテニスを始めたところを見かけたからです。図々しくもポニーテールにして

シャラポワ

と浮かれる妻のみゆきから、飴を

「あ~ん

などと貰っている姿は、男やもめには耐えがたき光景ですよね~気の毒に


そこでギフが(あ、来週まで待てなかった)テツコに、自分も何かを始めたいとこぼしたところ、テツコが、うちの会社に「山ガール」がいるから、一緒に登山でもしたらいいと提案します。こ~れでギフの鼻の下がぐ~んと伸びちまった訳です


当日、テツコ手作りの弁当と、お花の飾りをつけたリュックを持ってうっきっきのギフの前に現れたのは、山ガールこと小川里子(吉田羊)です。ギフは早速里子を「師匠」と呼ぶことにしました。


「師匠はどうして山に登るんですか?」


そう聞いたギフに、里子は「婚約者を山で亡くしたからだ」と答えました。確かテツコには、自分が背負っている醜く汚いものを山に置いてくるためだ、と答えていましたよね?


これに対してギフは、悪いことを聞いてしまったようだが、その気持ちは分かる、自分もまた息子を早くに亡くしていると理解を示しました。すると里子は即座に、自分が嘘をついていたと謝ってきます。なんと里子の婚約者は死んだのではなく、最後の最後に里子を裏切って、他の女と結婚してしまったのだそうです


私にとってはいないも同然の人


そんな里子の理屈も、ギフは大らかに肯定してくれました。二度と会えないなら死んだも同然だ


その帰り道、昼ごはんの前に酒を飲んでしまったギフは、すっかり足元がおぼつかなくなり、しまいには歩けなくなってしまいます。その様子を見た里子はリュックを降ろし、自分が背負っていくと言い張ります


既に汗ばんでいたその首筋を見たギフは、遠い昔のことを思い出したそうです。ギフの亡くなった妻=夕子(美保純)は、賭け事が止められないギフに怒って、いっそ私を殺せと包丁を渡したそうなのです


その首筋に光っていた「本気の女の汗を見て、ギフはつくづく女性の偉大さを痛感したようです。と同時に、今はこの頼もしい里子に頼っても良いのだ=迷惑を掛けても良いのだ、と思ったら、気持ちがす~っと楽になって、再び歩けるようになったのだとか


これは里子が、会社と家の往復だけではなく、時々山に登ることで、他人と生死を共にするという実感が得られる~だからこそ自分は山に登っているのかもしれないと言ったことも大きく影響していたようです。


でもそれはふもとの世界でも一緒なんじゃないかな。通勤途中の見知らぬ人と(ともに事故に遭ったりして)生死を共にしているのじゃないかな


敢えて誰かと関わろうとしなくても、人間というものは誰かに関わって生きているものだというギフの言葉は深いですよね~。テツコはこのギフとだからこそ、一樹が死んで7年経った今でも一緒に暮らしていけているのですね昨夜のカレー、明日のパンは温か~いドラマです♪


テツコがギフを心配して、リュックにこっそり夕子の写真を入れておいたのも可笑しかったですね。あんまり調子こいて失敗するなよ、って。


またそのテツコは、ギフに作ったお弁当の残りを詰めて、岩井の家へと出かけています。その時岩井は、あのおしゃべりなギダリエ(柳田理恵子~小野ゆり子)から、テツコが(いまだに一樹の)骨を持っていることを知らされています。


お弁当を作ってもらったことに対しては、既に弁当を買ってしまったとは言えなかったくせに、骨の事は口に出した岩井がちょっぴり女々しく思えたけれど、テツコはそれに対して謝ることしかできません。ここに来るときは持ってきてない。ごめんなさい


岩井はそんなテツコの姿にようやく大切なことを気づかされます。テツコを愛するということは、生涯を共にするということは、テツコの過去をも一緒に背負っていくこと、何もかもひっくるめたテツコを愛するということ。


テツコ自身も、岩井と一緒にエレベーターに閉じ込められた際、ここでもし死ぬなら(会社の人間の中では)岩井と一緒が一番よかった、と告白しておりました


こうして少しずつ、互いに傷つけあいながら、でも少しずつ相手を理解していくのが生きていくってことなのかな


一方の宝は、意外にも調理師免許まで持っているというサカイに誘われて惣菜屋をする決心をするようです。一見チャラ男なサカイが宝のことを本気で心配し、わざと「白線引き」の勝負を言い出して、宝を前に進ませようとした心遣いがなんともありがたかったですね


宝はきっと、今の引きこもりになる前も、そして今も、両親や昔の仲間から心配されているのをずっと重荷に感じていたようなのです。私のせいでみんなに迷惑を掛けている。そんな自分が嫌で嫌でたまらない


でもサカイは、誰にどう思われても気にせずに、上手くやろうとか誰かに好かれようとか思わずに、ただ自分にできることを毎日精一杯やって生きていくと決めたそうで、宝にも、とにかく前に進まないことにはお前の道はできないんだ、と教えてくれたのです。宝が引いたその白線こそ、亡き一樹がギフに説明したという

「大空に引いた宝の線一樹はギフにそっくりだったのね~きっと♪

のようではありませんでしたか?ファスナーを開けるように、宝がぐいぐい大空を分けて進んでいく証が、あの飛行機雲だってそれでギフがようやく「宝」という名を思い出しました


それに一度背負ったからといってその荷物を下ろして悪いことはない。自分の荷物なんだからというギフの言葉も良かったそうじゃないと一歩も前に進めないよ


こうして宝はついに、皆にたくさん迷惑を掛けて生きてみようと決心したようです。彼らが「お惣菜屋」をやる店が、昔テツコとギフが立ち寄ってパンを買った店(Muraya Bakery)のようです。


さて来週はどうやら夕子の法事が営まれるようです。あまりの客の少なさに、おもわず電話で患者を誘っていた朝子も、ようやく寺山家に姿を現すようでしたね。しかもタイトルが「幽霊と△」と来ては絶対楽しくなること間違いなし!でござましょう


昨夜のカレー、明日のパンは来週の放送が今からとっても待ち遠しいです昨夜のカレー、明日のパンがめっちゃ楽しみ(^^)/


昨夜のカレー、明日のパン
これは是非原作も読んでみなくちゃ


~同じ木皿泉さんのお正月ドラマ「富士ファミリー」も面白かった


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は昨夜のカレー、明日のパンのレビュー一覧」でお読みいただけます

昨夜のカレー、明日のパン
 家族モノ・ホームドラマ

昨夜のカレー、明日のパン あらすじと感想 第2話 星と雪だるま

木皿泉さんの【昨夜のカレー、明日のパン】の第2話は「星と雪だるま」です。これまたものすご~く良かったですね~。シナリオももちろんなのですけれど、それを演じる俳優さんたちがまた素晴らしすぎ!皆役にピッタリなのがたまりません。これぞテレビドラマの醍醐味ってもんです昨夜のカレー、明日のパンが今とっても面白い(^^)/



と2話で早くも大絶賛の「昨夜のカレー、明日のパン」のあらすじを以下タップリ語らせていただきまする昨夜のカレー、明日のパンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。思い入れが強すぎて長くなってしまったので、ここで「続き」を使わせていただきます


続きを読む

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は昨夜のカレー、明日のパンのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング