このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

魔術師マーリン
 ほか海外ドラマ

魔術師MERLIN(マーリン)~最終回 偉大なる魔術師

魔術師マーリンがとうとう最終回を迎えました。偉大なる魔術師~原題は「Le Morte d’Arthur」っていきなりフランス語(というよりラテン語なのかな)ですが、「morte」っていうといかにもおどろおどろしい雰囲気が伝わってきますよね~手書き風シリーズ26ピース


ドラマの方もたっぷり楽しませていただきましたよん。では最終回のあらすじを顔文字1(背景黒用)


最初に登場してきたのはまた「モンスター」です。四肢は豹ガラで顔はコブラみたいな笑、ぜ~ったい遭遇したくない形相でやんしたびっくり


ガイアスに寄れば、この化け物は「探求の獣」と言って、この世に激変の起きる前に現われるのだそうです。「アーサーの母親(王妃)が死んだ時も現れた」と言っていましたね羅琉 ニヤリ~王妃は自らの命と引き換えにアーサーを授かった。この辺に謎が隠されていそうですけど


「ひと噛みで人が死んでしまう。防ぐ方法はない」


そんな恐ろしい化け物はすぐに退治せよというウーサー王の命を受けて出陣するアーサーをモルガーナが必死に止めます!


「ノー!アーサー!!行ってはダメっ!!」


そう、モルガーナはまた見たのです~あの予知夢を。案の定アーサーはモンスターに噛まれてしまいます><。マーリンの魔法もあと一歩及びませんでしたがっくり


瀕死のアーサーを助けようとマーリンは必死です。助言を請いにドラゴンのもとへ向かうのですが・・・。


「『祝福の島~Ire of the Bless』へ行けばなんとかなる。若きペントラゴンは何としても生きねばならぬのだ~たとえ何を犠牲にしようとも!」


ガイアスからお守りにと「ウサギの足」(魔よけ・お守り~ガイアスがその母にもらったものだそうですうふ)を授かり、マーリンはひとり「祝福の島」へと向かいます。


そこで出逢ったのは、またあの「ニムエ」。


「命は死によってあがなわれる


アーサーの命を助ける代償に自分の命を差し出すと約束して、マーリンは「命の杯~Cup of Life~の水」を手に入れました手書き風シリーズ星。毒消しの薬と偽ってさっそくアーサーに飲ませます。


「Everything is going to be all right~これで全てうまく行く」


でも命の代償は?マーリンは「ウサギの足」をぎゅっと握り締めて一夜を過ごしたのでした。モルガーナのひと言も気になりますね。This is only the Beginning~これはほんの序章に過ぎない。。。きゃぁ~~あ!


そんな心配をよそに、一晩空けてもマーリンはまだ生きていました。でもその喜びもつかの間、今度は彼の母フニスが不治の病にかかってしまいます涙


「もう一度アノ島へ行かなければ!」


そう決意したマーリンの心を知って、今度はガイアスが出発しました。


「自分はこの先長くはない。オマエは将来きっと偉大な魔術師になる」

「お前と知り合えたことはワシの最大の喜び」

「オマエのために犠牲になるのは大いなる名誉。我が永遠(とわ)なる息子よ」

号泣 号泣 号泣


マーリンの母の命と引き換えに己の命をニムエに差し出すガイアス。そこへマーリンが駆けつけて。


「よくもガイアスを!!


でも太古の昔から生き続けている魔女ニムエにかなうはずもなく、魔法であっけなく吹き飛ばされてしまうんです泣く


、これが幸いしたんですね~ナイス。マーリンの眠っていた「偉大なる力」が目覚めた一瞬でした!ひゃっほぅ 天が一瞬にわかに掻き曇り、雷鳴とどろくその中で、マーリンがニムエに雷を落としたのです!


ぎゃぁ‶~~っ!!


そして・・・ガイアスも生きておりました手書き風シリーズ26ピース


「やはりオマエは偉大な魔術師だ」


イヤイヤ最後はめでたしめでたしでヨカッタですね~アップロードファイル。でもあのドラゴンの雄たけびは気になりますが・・・


「No! Merlin!!」

これもまだ「序章」にすぎないというのでしょうか


~またグウェンとアーサーの関係も気になりますね。やっぱりグウェンはアーサーの王妃グィネヴィアなのでしょうか?~



毎回おつき合いくださいましてありがとうございましたくり抜きハート1。また続編が始まることを楽しみにひとまずここでお別れにござりまするウインク


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は魔術師マーリンのレビュー一覧」でお読みいただけます

魔術師マーリン
 ほか海外ドラマ

魔術師MERLIN(マーリン)~第12話 憎しみと哀しみの間に

最終回を来週に控え、今回はモルガーナ姫に焦点があてられていました。タイトルは憎しみと哀しみの間(はざま)に~原題は「To kill the King」~王を殺すために、デス。最近少しずつ目立っていたモルガーナのウーサー王に対する感情が明らかになりました~それは憎しみびっくり


まずはそれを引き出すきっかけとなった事件~グウェンの父親トムのお話からさせていただきマスね。


トムは国一番の鍛冶屋です。腕はイイけど王室御用達というわけはないので、その生活は決して裕福ではありません。ある日、その彼の腕を見込んだトーレンという男が「あるモノを作ったら莫大な報酬を渡す」と約束してくれました。


「これでオマエを楽にしてやれる」


嬉しそうにグウェンに話すトム。グウェンは今のままでも十分に幸せだったのに・・・涙


そしてコレが地獄の幕開けでしたかお。実はトーレンは魔術師で、トムに作らせたかったのは「武器」ではなくて、金塊だったのです。そう、いわゆる「錬金術」ってヤツです


自分の客が魔法使いだったなんて!トムは激しく後悔するのですが時既に遅く、兵隊を連れて飛び込んできたアーサーに捕らえられてしまいます。モチロンすぐに処刑されることに・・・涙


「魔法に関わったものは全て処刑するのが掟だっ!」


アーサーが、モルガーナが、どんなに頼んでもウーサー王は聞く耳を持ちません。最後の頼みは「裁判での供述」でしたのに、その裁判すら開かれることはありませんでした~トムがその前に殺されてしまったからですえーん


自分の頼みに全く耳を貸そうとしないアーサーに腹を立てたモルガーナが牢の鍵を盗み出し、それをこっそりトムに渡したのです~何とか逃げて生き延びて欲しい、そう願ってのことだったのかもしれませんが、結果的にはトムの命を縮めることになってしまったというわけです泣く


「見つけたらすぐに殺せっ!」


武器ひとつ持たないトムがどうして逃げ延びられましょうかうるうる。あっけなくつかまってすぐに切り殺されてしまいます。場内に響き渡る断末魔の叫びがっくり


怒ったモルガーナが王の元へ駆けつけ抗議しますが、更に腹を立てたウーサーに牢に鎖でつながれてしまいます。ふつふつと湧き上がってくるウーサーへの怒り


ふだんのモルガーナなら、もう少し慎重な行動、少なくとも誰かに助けを求めるとかしそうなものなんですけどね~。トムが殺されると分かっていながらどうしてあのような軽挙妄動に出たのか?ウーサーに対する怒りが彼女の理性を狂わせたということなのかしらん?


また、あれほど哀しんでいたグウェンに、自分のせいでこんなことになったという詫びの言葉ひとつなかったっていうのもね~オバサンはこの辺のところも今ひとつ納得できませんでしたねむぅ・・・


そして、次にモルガーナがとった行動はというと、トーレンと手を組むこと!


モルガーナは余程ウーサーを恨んでいたようなんですね。それもかなり幼い頃から。ウーサーはモルガーナの後見人だと言われていましたが、その経緯はこうだったそうです


モルガーナの父、ゴーロイスはウーサーの親友でした。戦場で助け合うのみならず、政治の場でも友人としても、気が短いウーサーを諌めることを臆しなかったただひとりの「真の友」だったそうです。


それが何かの行き違いがあったかして、ウーサーがゴーロイスを見殺しにしてしまう結果になったようなんですね~援軍を送ると言っておいて送らなかった怒!とモルガーナが言っていましたから。


モルガーナを引き取った後も、彼女はウーサーに反抗ばかりしていたようデス。でもウーサーは友の忘れ形見として彼なりの愛情を注いでいたらしいです。反抗されるたびに罰を与えてはおりましたが、それも、自分の短所=気が短い、故のことだと・・・~「I am not an easy man.」~扱いにくい人間だからって。


トーレンと共に王を暗殺するためにおびき出した父の墓の前でとつとつと話すウーサー王の姿に、モルガーナのわだかまりも次第に解けていきます。


「トムを殺したのは間違いだった」


このひと言が決め手でしたね手書き風シリーズ26ピース


民のためにも王を殺すべきか~ひとり悩んでいたマーリンも、グウェンのコトバに我に返りますびっくり


「そんなことをしたらウーサーと同じ人殺し=悪人になってしまうワ


一段と腕を上げた魔法で、トーレンの仲間をやっつけます!もうすっかり貫禄も出てきましたナイス。来週はいよいよ最終回です!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は魔術師マーリンのレビュー一覧」でお読みいただけます

魔術師マーリン
 ほか海外ドラマ

魔術師MERLIN(マーリン)~第11話ユニコーンの呪い

今回の魔術師マーリン、原題は「The Labyrinth of Gedref」~ゲドレフの迷宮です。さて、今日は早速語らせていただいちゃいましょうかムフフ


ある日狩りに出かけたアーサーとマーリン~マーリンは荷物持ちデス。そこで早速見つけた獲物=ユニコーン手書き風シリーズ星にアーサーは狩る気満々ファイト!一方のマーリンはその美しさに呆然となり・・・ハート。マーリンが気づいてユニコーンを逃がそうとした時には既に矢が放たれてしまっていました


「アーサー、No!!」


ここではユニコーンが決して想像上の産物ではないのですねうふ。でも、そう滅多に出逢える生き物ではないらしくて、ウーサー王も大喜び。


でも、ガイアスは~ユニコーンを殺した者には災いが訪れる~って。マーリンもアーサーが許せないでいます~何もしない無害(harmless)な生き物なのにってうるうる


そして早速翌日にはキャメロット中の麦畑が枯れてしまいます。でも、アーサーたちはまだこの件とユニコーンの呪いが結びつかない。ガイアスだけがこう言います。


「枯れたのは『穀物=食糧』だけだ」


次にやってきたのは「水」です。水が出ないがっくり。でもガイアスはこんな風に調達していましたケド


「お前が風呂の水を抜くのを忘れていたおかげだ。ちょっとsoapy(泡だらけ)だけどな」


~さすがは「食べ物が無くても紅茶だけは欠かせない」イギリス人デス


そしてマーリンも!食糧が切れてしまったアーサーのために、ネズミを魔法でチョチョチョイってびっくり。う~ん、モルガーナも食べたのか気になりますぅ~かお


その後、ユニコーンの番人だというアンホーラも現われ、とうとう「呪い」を認めざるを得なくなったアーサー。いくら自分にそのつもりは無くても、無害(harmless)なものを殺してしまったばかりに、無実(harmless)の民をすべて失うかもしれないがっくり


~innocentじゃなくてharmlessって言っていたと思います。その後も「harmless liquid=水」とか、この「harmless」がかなり象徴的(ユニコーン)に使われていたようです~


「この罪が許されるためには試験を受けなければならない」


心の清らかなユニコーンを殺した代償は、自らの心の清らかさを証明すること~そう、友のため、民のために自らの命でさえ投げ打つこと><


表題にあったゲドレフの迷宮で、アーサーは見事この試験に合格します。マーリンのために自分が毒杯をあおったのです涙。自分が飲むといって聞かないマーリンに、


「You know me. I never listen to you, Merlin」

(知ってるだろう?俺はお前の言うことなんぞ聞かん!)


って言ったところはなかなかでしたね~ムフフ


本当にいいコンビになってきました手書き風シリーズ26ピース。あと2話で終わりだなんて寂しいかぎりデス


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は魔術師マーリンのレビュー一覧」でお読みいただけます

魔術師マーリン
 ほか海外ドラマ

魔術師MERLIN(マーリン)~第10話 マーリンの帰還

今回もなかなかイイ話でしたね~手書き風シリーズ26ピース。原題は「The Moment of Truth」=真実の時びっくり。ついにマーリンは真実=自分が魔術師だということを告げてしまうのでしょうか??


今回の舞台はイアルドアという小さな村~ここがマーリンの生まれ故郷のようです。ここには収穫の時期が来るたびに山賊が襲ってきていました。その頭領はケイネンと言って、残虐極まりない男なのです。歯向かう村人は容赦なく殺され、食糧と言う食糧はすべて奪われてしまいました。


意を決したマーリンの母フニスがキャメロットにやってきました。王に直訴するためです。が、このイアルドアは厳密に言うと隣国セントレッドの領土であり、ウーサーが乗り出せば「内政干渉」になってしまうことから、この願いを聞き入れてもらうことはできませんでした。


故郷を救うため、家に帰る決心をしたマーリンです。グエンもモルガーナも一緒に行くと言ってききません。だって、マーリンったら、グエンに用意してもらった剣(sword)を見て、


「Swordy!(切れそうだね!)


な~んてシャレ言ってるんですから・・・がっくり


そしてなんとアーサーもやってきました!ひゃっほぅ 実は大好きなマーリンを放ってなどおけるものですか!照れ笑い


ところがイザ村にやってくると、戦えそうな人間はほとんどいませんかお。アーサーが鍛えるとは言っても元々がただの農夫たちなのですから・・・。その様子を見ていたマーリンの幼なじみのウィリアムが、アーサーに出て行くように言うんです。


「お前が英雄を気取って手を出したばかりに俺たちは皆殺しにされてしまう」


そしてマーリンにはこう言いました。


「お前が魔法を使ってこの村を救ってくれればいい」


そう、このウィルはマーリンの秘密を知っていたんですね~お前が本当にこの村を愛しているなら、たとえアーサーに秘密がばれても魔法を使うべきだ。


でも、マーリンはこう答えます。


「アーサーは素晴らしい人だ。そしていずれは偉大な王となる。でもそれにはボクの力が必要なんだ。それまでボクは秘密を隠し通さなくちゃいけない」


でも、どんなに村人達ががんばっても、やはり盗賊には勝てそうに無く、ひとり、またひとりと倒されていく姿に、とうとうマーリンは魔法を使ってしまうんです手書き風シリーズ星


突如起きた竜巻のおかげで村人達は助かりました。でも、ケイネンに刺されそうになったアーサーを救うため、ウィルが身代わりになってしまいます。


「魔法を使ったのは俺だ」


ウィルは村でも一番のトラブルメーカーで嫌われ者だったそうなのですが、マーリンのことは本当に親友だと思っていたのですね~。「お前ならきっと偉大な王の腹心になれる」って号泣


アーサーとマーリンは、1枚のコインの裏と表。お互いに無くてはならない存在だけれど、今はまだ知らないほうがいい。


そうつぶやく母を残して、またマーリンは都へ帰っていきます。次はどんな敵が彼らを待ち受けているのでしょうか?


~それにしてもモルガーナ姫はカッコよかったですね~ハート。いつも私に負けていたのを思い出した?な~んて!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は魔術師マーリンのレビュー一覧」でお読みいただけます

魔術師マーリン
 ほか海外ドラマ

魔術師MERLIN(マーリン)~第9話 魔法の剣

今回のタイトルは「魔法の剣(つるぎ)」、原題はExcaliburExcaliburというのは「アーサー王の伝説的な剣」と呼ばれている剣の事だそうです。それがどのようにして作られ、そしてどこへ行ってしまったのか~。それでは早速語らせていただきます。


今回の魔術師はまたしてもあのニムエ。


魔法で死者をよみがえらせ、ウーサー王の元へ送ります。そして、今回の「よみがえった死者」はウーサー王にも関わりの深い人物のようです羅琉 ニヤリ


シーンはアーサーの成人式。いよいよ「Prince of Camelot」となる日です手書き風シリーズ星


そこへやってきたのがBlack Knight~黒い騎士です。いきなり小手(こて)を投げつけ、決闘を申し込みます。受けてたったのがオウェイン。(アーサーはウーサー王に止められてしまいました><


決闘の日、オウェインの件が黒騎士の胸をついたにも関わらず、黒騎士は死なず、オウェインが返り討ちにあってしまいます。


「アイツは何者だっ?」


剣に刻まれた紋様から、彼の名前が分かりました~トリスタン・ド・ボア。20年前にウーサー王に殺された騎士です。しかもトリスタンは、アーサーの実母の兄びっくり


ウーサー王はなぜ義理の兄を殺さなければならなかったのでしょうか?


その理由をあのニムエが語ってくれましたガーン


「アーサーは魔法によって授かった子供!」


ウーサーの妻イグレインは体が弱く、子供ができなかったそうなのです。当時、友人として交際のあったニムエに「魔法を使って子どもを授けてくれるように」ウーサーが頼んだのだといいます。


「命は、『死』と『創造』の2つのバランスで成り立つもの~それが魔法というものなのだ」


つまり、アーサーという新しい命を授かるためには、イグレインの命が必要だったということなのです。


「それを知っていたら決して頼みはしなかった」と嘆くウーサー王涙


今回黒騎士として現れたトリスタンは、ウーサーを妹の仇として復讐しようとしたためウーサーに殺されたのだそうです。それがまた今、よみがえった。。。


「私がアーサーの代わりにこの命を差し出そう」


そう決意したウーサー王ですが。


一方、マーリンは、なんとかして「魔法に対抗できる剣」を作り出そうとしていました。剣にドラゴンが息を吹きかければあらゆるものを殺せる剣ができると知り、グウェンの父親が作った「最高の剣」を手に入れてドラゴンの元へと向かいます。


「決してアーサー以外に使わせてはならん!


が、実際に使ったのはウーサー王。その一撃に、まるでゾンビのようなトリスタンもひとたまりもなく木っ端微塵に吹っ飛んでしまいました。自分をだました父に食ってかかるアーサーにウーサー王はこう答えます涙


「お前はかけがえのないたった一人の息子なのだ~You are my only son.」


「我を手にとれ、我を捨てよ」


剣に刻まれた言いつけどおり、アーサーは森の奥深くへとこの剣を捨てに行きます。湖の底に沈んだ剣~Excalibur~が再びアーサーの元に現われるのは一体いつのことなのでしょうか?


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は魔術師マーリンのレビュー一覧」でお読みいただけます

魔術師マーリン
 ほか海外ドラマ

魔術師MERLIN(マーリン)~第8話 ドラゴンの警鐘

今回の魔術師マーリン、タイトルは「ドラゴンの警鐘」ですが、原題は「The Beginning of the End」~終わりの始まりってヤツです。何が終わりで何が始まりなのかじー?それをドラゴンが教えてくれたのですが・・・。


だんだん可愛くなってきましたよね。ここのドラゴンくり抜きハート1


また今回も事件を起こしたのはマーリンでした羅琉 ニヤリ


「助けてっ!殺されるっ!!えーん


マーリンの心に響いたのは子どもの声。でも聞こえているのは自分だけのようです


そう、今回の登場人物モードレッドは、ドルイド(Druid)という術師の子ども。ここでは~というよりウーサー王は「魔術師」と決め付けていましたが、彼らは本来ケルト人社会における祭司の役割を果たす人々で、自然学者であり、天文学者であり、魔術師であり、医者でもあるという多彩な能力を持った集団のことを指すようデス。


「表面的には平和を説きながら、魔法でこの国を支配する時を伺っているのだ怒


このウーサー王の言葉が真実なのか、それとも、このような迫害を続けたことで、ドルイドが反乱を起こすのかはまだ分かりませんが、ドラゴンの予言によると、このモードレッドは将来アーサーの命を狙うことになりそうなのですびっくり


「アノ子どもを助けてはいけない」~これがドラゴンの警鐘デス。


でも、


エムリス、助けてっ!僕たちはなかまじゃないか?」


モードレッドの声ががんがん響いてきます


ちなみにエムリスというのはマーリンのことです。ドラゴンは「お前は多くの本に書かれていて、たくさんの呼び名を持っているのだ」と言っていました。これは「予言書にマーリンのことが数多く知らされている」ってことなのだと思います~後世に名を残す偉大な魔術師として。

~今のマーリンはとてもそんな風には見えませんけどね。世話好きで思いやりの深いやんちゃな「terrible liar」にしか笑


そしてこの思いやり深いマーリンはとうとうモードレッドを助けることに><。そう、コレがきっと始まり=序章(Beginning)なのです~ウーサー王が信じる「秩序ある世の中」の終わり(End)へ向かっての


ってあと5話で終わりなんですが~。コレもシリーズで長く続いてくれるとうれしいデスね手書き風シリーズ星


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は魔術師マーリンのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング