このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

私の10年の秘密
 家族モノ・ホームドラマ

私の10年の秘密 最終回 あらすじと感想(17話含) 幸せの種

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も本日が最終回でした。最後まで、父と娘の愛情を中心にした心温まる物語でしたが、その一方で、現代韓国の拝金および成績至上主義をもチクリと批判していた点も大いに評価したいです。以下、昨日の17話を加えた簡単なネタバレのあらすじです私の10年の秘密のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回イヒョンは、例の裏金について、あたかも自分がソクやギテに陥れられたかのように語っておりましたけれど、実際にはそうではなく、むしろイヒョンがその頭脳を生かし、積極的に「裏金」を作る方法を考案していたのだそうです。イヒョンの口座に毎月多額の金が入金されていたのも、イヒョンが要求した見返り=報酬だったのだとか


が、そこまでしても、叔父たちがグクを死に追いやってしまったことを知ったイヒョンは、そんな浅ましい自分がとことん嫌になったため、自殺を図ろうとしたのですお金の怖さですね~(;´・ω・)


自殺を図ろうとしてギョンドゥに助けられてからというもの、ギョンドゥのまっすぐで無尽蔵な愛情が心地よくて、それまでの罪を脇に追いやって目をつぶっていたのが、ヘドゥムが産まれてからはすっかり怖くなってしまい、とうとう逃げ出すに至ったそうです。その上、そんな恥ずかしい自分に耐えられず、イヒョンはその記憶を自ら消し去ってしまった


それなら分かりますよね。イヒョンは、自分を追い込んだ他人ではなく、自分に対して最も絶望していたのです


一方、ギョンドゥは今回の株主総会にあたって、自分の権利をすべてイ・ジュホ専務に委任し、イ専務はこれで過半数を獲得~ソクとギテはイェガグループを追われることになったのですが、全てを思い出したイヒョンは自分のことも許せません


全てを思い出したからには、罪をすべて告白する。ヘドゥムに恥ずかしくない母親になるために!今度は金には決して負けない!( `ー´)ノ


イヒョンは、裏金の帳簿の隠し場所を思い出すと、その証拠を携えて検察へと出頭しました私を調べなさい(`・ω・´)。が、ここは既にギテ母が手を回しており、検察は一向に動こうとしません。しかもギテ母は、イヒョンとも面識のあるパク本部長に、もしイヒョンを止められなければ、裏金に関するすべての罪をイヒョンとともにかぶるよう命じたのです


このパク本部長がまた、子どもたちのために何とか見逃してほしい、イヒョンにも今回は諦めてほしいと、自殺をちらつかせて頼み込むのが何とも気の毒でございました。でも結局はここも、

最低限、子どもに誇れる父親でいたい

という動機から、自ら警察に出頭する道を選んでくれます


またギテ母は、イヒョンを止める最後の手段として、こともあろうに「ヘドゥムを誘拐」するよう部下に命じたようなのですが、ここに来て、ようやく良心に目覚めたギテが、自らこれを阻止します。いや~鬱陶しいなんて言ってごめんね


突如家に現れた、本来これまでは敵だったギテに対し、グクもヘドゥムも、何も余計なことは言わずに優しく迎え入れたシーンがまたよかったな。この二人の事だから、ギテの表情を見ただけで、悪意が全くないことを見て取ったのでしょうね3人で食卓を囲むシーンは可愛かったな~( *´艸`)


体に優しい食事を作ったからたくさん食べろと、ふたりから勧められたギテが男泣きに泣くと、ヘドゥムがまたあのハンカチを取りに行きます。あのハンカチはもはや、傷ついた人の心をいやす「魔法のハンカチ」でございました


結局はでも、今やすっかり子供と化して責任能力の無くなったソクは逮捕されず、ギテ母の思惑通り、パク本部長が全責任を取ることになったようです。イヒョンもまた「不拘束」となりました。正直に言えばここは今一つ腑に落ちませんが、このドラマはミステリーではないので、細かいところは目をつぶります


当然ソクとギテはイェガグループを追放され、ソクはすっかり幼子に戻ってグクと仲良くなりましたし、ギテは、不正に取得した学位を返上して違うことを学びたいと語ったソニョンを、アメリカに送り出すことで自分の愛情を示していました。もう一度頑張って、自分に自信が持てるようになったら、ソニョンを追ってアメリカへ行くそうです


ギテ母も、巨万の富を失った?今は、できが悪いといつも叱っていた次男にお粥を食べさせてもらっていました。確かに極悪人ではないかもしれないけど、やっぱりこの母親が最も罪深かった気がします。あれだけ悪事を働いていたこの人が、敬虔なクリスチャンだという設定も、いかにも皮肉ですよね~


そしてイヒョンは、10年間、母としての責任を放棄した形でしたが、これでなんとか胸を張ってヘドゥムの母になれそうです


勇気を振り絞って真実に立ち向かったイヒョンを、胸を痛めながらもひたすら待っていたギョンドゥは、再びイヒョンの愛を獲得しました。愛するイヒョンやヘドゥムのためにあそこまで馬鹿になれるギョンドゥを、今ではイヒョンも心から愛し尊敬しているようです


こんな両親から産まれた、誰よりも愛らしいヘドゥムが、最後にこう締めくくっていますとにかくヘドゥムは可愛かった♪


人間は最初は誰もが母の胎内にいる小さな「種」で、その時はとても幸せだったはずなのに、その記憶をすべて消し去って産まれてくる。でも、その記憶があれば、必ずもう一度幸せになれるはず~天才ヘドゥムの言うことを信じなさい


つまり、人は誰でも幸せになれるということです。こちらはイヒョンが語ったように、金の亡者にならなければ


温かい中にも、ちらほら辛辣な風刺を効かせた、なかなか面白いドラマでした。最初のギョンドゥのあまりのやかましさ(笑)に呆気にとられて止めなくてよかったです私の10年の秘密も面白かった(^^)/


私の10年の秘密 DVD-BOX 1私の10年の秘密 DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の10年の秘密のレビュー一覧」でお読みいただけます

私の10年の秘密
 家族モノ・ホームドラマ

私の10年の秘密 感想とあらすじ 第15&16話 裏金 ほか

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も16話まで見終わりました。15話は「罪と罰」、16話が「裏金」です。ここに来てようやく1つ「秘密」が明らかになりましたね。以下早速ネタバレです私の10年の秘密のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、電池おじさんことチョン・ソングクがスイス銀行に取りに行ったのは(ごくシンプルに先代の会長の遺言状だったようです。ソクがイェガグループを継承できたのは、先代の遺言をねつ造してのことだったのでしょうか


さらに~こちらが大きな秘密~ソクとギテがイェガグループで行ってきた不正も大体判明したようです


今イヒョンが働いているのが、イヒョンが自ら設立したYNIという投資会社らしいのですけど、そこからギテが不正に資金を流出をしているようなのです。スチャンはそのギテの行動を、

スチャンとソニョンの関係に嫉妬をしたギテが、スチャンに不正の罪を着せようとした

と考えていたようですが、それもあるかもしれんけど、どうやらこの「不正流出」は、もっとずっと以前から行われていたようなのです。これら、資金の流出先の会社名を目にしたイヒョンは、それが、記憶を失う前に自分が突き止めた

「(名義だけの)幽霊カンパニー

だったことを思い出します。国家予算を超えるほどのその金を、ソクたちはいったい何に使ったのでしょうね


記憶を取り戻したイヒョンがソクにこの事実を突き付けると、その不正を告発したところで、罪に問われるのは自分ではなくイヒョンだと切り返されてしまいます。不正を行ったのはYNIだ。その責任者はお前だ!!


まんまと利用されたことを知ったイヒョンに、追い打ちをかけるソク。お前は図太くて利口な飼い犬だ!!


だからこそ、グクは一刻も早くイヒョンを助け出したかったのですが、何せ一度命を狙われていますから、なかなか踏み切ることができなかったのです。でもようやく今、ギョンドゥという力強い味方を得たことで、立ち上がることを決意したのですね。どうやらこのグクは、いわゆるサヴァン症候群のようですものね


16話の最後の株主総会にギョンドゥが来ていたところを見ると、グクがギョンドゥに、イヒョンからイェガの株を貰うよう命じたのは、総会で発言権のある「株主」にさせるのが目的だったようです


グクが、イヒョンに対する親権を放棄した誓約書を見て腹を立て、グクに対して冷たく無礼な態度を取り続けるイヒョンに対し、ギョンドゥがキッパリ言ってやったのは痛快でした


どうしてお父さんがお前を手放さざるを得なかったのか、どうして俺がヘドゥムをお前に託したのか、本当に分からないのか?一度、その賢い頭でじっくり考えてみろ!!ギョンドゥ、よくぞ言ってやった(^^)/


本当に、イヒョンは確かに記憶力は抜群かも知れないけれど、他人の気持ちを思いやる=想像力という点はかなり劣ってますよね~。そこは高校生のまんまなのかな。いや、高校時代より意固地で頑なになっている分、もっとずっとひどいかも。あ、そうそう、ギョンドゥの言うように、常に空腹なのもいかんよね


グクが、ことあるごとにギョンドゥにイヒョンの好物を教えると、それをギョンドゥが、グクの代わりにイヒョンに食べさせようとするのが、実に健気で微笑ましかった。イヒョンは相変わらず頑固に拒んでましたけど、何せ満更バ〇じゃないもので、次第にふたりの優しさに気づいていくのでござる


それが決定的になったのは、イヒョンがギョンドゥと一緒にチョン・ソングクの墓参りに行ったことがきっかけでした


そこでイヒョンは顔見知りのイ専務(コ・インボム)に出会います。イ専務は、今の経営陣~ソクやギテを会社から追放しようとしているため、ギテに睨まれており、その行動の一部始終がギテの部下に見張られていたようです。


3人で会食した後イヒョンが先に帰り、ギョンドゥが酔いつぶれたイ専務を自宅に送ったところで、その部下が専務を襲ってきて、これを庇ったギョンドゥが腹を刺されてしまいます。刺され処が良かった(?)らしく、朝まで放っておかれたのに無事だったのは何よりでした


まさに、グクとギョンドゥ、ふたりの父親は、文字通り命懸けで、

愛する家族=イヒョンとヘドゥム

を守ろうとしているのですグク、頑張れ!(^^)/


楽しんで見てきた「私の10年の秘密」も、残すところはあと2話となりました。どうやら期待通りのハッピーエンドが待っているような予感がしますね~。続きもとっても楽しみです私の10年の秘密も楽しみ♪


私の10年の秘密 DVD-BOX 1私の10年の秘密 DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の10年の秘密のレビュー一覧」でお読みいただけます

私の10年の秘密
 家族モノ・ホームドラマ

私の10年の秘密 感想とあらすじ 第12~14話 グクの父性愛がまたたまらん

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も毎日順調に見ています。この間目についたのは、副題にも掲げさせてもらった「チェ・グク」のイヒョンに対する父性愛です。いや~さすがにキム・ガプスさんの存在感は半端じゃありません。以下簡単なネタバレのあらすじです私の10年の秘密のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、イヒョンはかなりのことを思い出してきています


今最も注目しているセル・バイオ関連で言うと、グクが本来なら動物実験を嫌がっていたにもかかわらず、ほかならぬイヒョンのため=大切な人のためなら優先順位を変えられる、動物実験も致し方ないと踏み切ったらしいことも分かってきました


ということは、話の流れから行くと、グクに動物実験を命じたのはソクかギテであって、それも、実験を失敗に追い込んで、グクを失脚させるつもりだったに違いありません。その手先になっていたのが、イ・サンヒョンなのでしょう。


今回グクは、人ごみに対する苦手意識を振り切ってひとりで外出し、このサンヒョンの前に現れて、

おまえを決して許さん、セル・バイオを寄こせ(返せ)

と、詰め寄っていました。慌ててギテに連絡したサンヒョンは、再びギテに脅され、1億ウォンを掴まされていたようです。今度はグクを逃がすな


また、グクの唯一の味方だった、イェガグループのチョン・ソングク済州島支社長は、スイスに何か~おそらくはグク名義の遺産に関する証書か?~を取りに行った帰りに、事故に遭って亡くなってしまいます


が、用心深いソングクは、自分に何かあった時のためにと、ギョンドゥの友人の中で唯一パスポートを持っていたチョン・ジョンテ(シン・スンファン)を連れていき、その「何か(書類)」をジョンテにあらかじめ渡しておいたのは大正解でしたね


グクはこれを銀行に預け、弁護士とも接触したようです。どうやら先代の会長の顧問弁護士のが味方になってくれたようです。この辺はギテも調査済みなのが心配ですが。


このギテが~お好きな方には申し訳ないけど~、また韓ドラお得意の「心に傷を持つ半悪人」という設定がまたなんとも鬱陶しいですよ。あの顔なら悪人で決まり!でまったく構わへんのに~むしろ、今や高校生に戻ってしまったアルツハイマーのソクの方が気の毒なほどです。


今後は、グクがこのギテを相手にどこまで善戦できるか、が大きな見どころになりそうですグク、頑張れ~!(^^)/


また、ギョンドゥがこのグクを甲斐甲斐しく世話をするのがまた見ていて実に微笑ましいのに、ギョンドゥを好きなミョンジョン(チョ・ミリョン)が、これをあれこれ非難するのはかなりイライラさせられてます


大体、正式に付き合っていた訳でもない、単なるご近所さんのくせに、ヘドゥムの実母が見つかったことを喜びこそすれ、否定するとは図々しいことこの上ない何様のつもり!?(`・ω・´)


ギョンドゥにもキッパリ振られたのに諦めきれず、イヒョンにまで直談判に来るなんてどういう神経をしてるんでしょうね。イヒョンがここで、

そんなにギョンドゥが好きなら、直接ギョンドゥと話せ、私に別れろと言ってくるのは筋違いだ

とガツンと言ってやったのは実に痛快でございました。自分だって、人の善いテマン(チョン・ソギョン)の純情を利用しているくせによくいうよ。こういう、自分の価値観を押し付けてくる人間は大の苦手でござるこの女が気に入らん(`・ω・´)


でも、ミョンジョンが嫌がらせのつもりで「グクの居場所」をイヒョンに告げたのは良かったかな。そのおかげでようやくイヒョンがグクに再会できたのですからね


ギョンドゥと暮らした「事象」だけは思い出しても、その時の自分の感情がまったく思い出せないというイヒョン。楽しかったに違いない記憶まで封印させた「辛い体験」とは、いったい何だったのでしょうか。グクはそれも承知して、今回の大勝負に踏み切ろうとしているのでしょうか


私の10年の秘密は続きもとっても楽しみです私の10年の秘密が楽しみ(^^)/



これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の10年の秘密のレビュー一覧」でお読みいただけます

私の10年の秘密
 家族モノ・ホームドラマ

私の10年の秘密 感想とあらすじ 第9~11話「陰謀」まで

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も11話まで見終わっています。ヘドゥムの愛らしさは相変わらずですが、ギョンドゥも、以前ほどうるさく感じなくなってきたのが好印象です。以下簡単なネタバレのあらすじです私の10年の秘密のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはギョンドゥが辛い辛い決断を下しました。イヒョンの言うように、自分では

この世で最も愛しているヘドゥム

を幸せにできないと悟ったからですヘドゥム自身が高等教育を望んでいる!


英語の勉強ができる保育園に行きたいけれど、父と離れるのはいやだと駄々をこねるヘドゥムに、ヘドゥムの願いを叶えることは、自分がドロボーにならない限り無理だと言ったギョンドゥが、

アッパをドロボーにしたいのか!

と無理難題を突き付けて、自分との同居を諦めさせようとしたシーンは、なんとも気の毒すぎて泣けてしまいました。そうでも言わなければ、自分もまた踏ん切りがつかなかった気持ちがひしひしと伝わってきます。


でもヘドゥムも、さすがにまだ小さいだけあって、イヒョンとの暮らしに次第に馴染んでいくようです。パパのことは決して忘れてないけれど、これまでいなかったママと暮らすこともやはり、ヘドゥムには必要なことだったのですね。ヘドゥムがいみじくも語ったように、3人で暮らせたらこれほど素敵なことは無いでしょうに


と、ホームドラマ部分はまずまず順調でしたし、ミステリー部分も思いのほか盛り上がってきています私の10年の秘密~キム・ガプスに注目です(^^)/


そのうちの1つ~イヒョンは、スチャンとソニョンの大学時代の裏切りが、自殺(未遂)の決め手になったと思い出したようですが、スチャンにはそれを伝えたものの、ソニョンには一生黙っているつもりだと語りました。それほど今のソニョンは気の毒な存在なのです。ようやく社会に出たソニョンを苦しめたくはない


そしてもう1つの謎はグクのこと。グクは以前、セル・バイオという会社で臨床実験を行っていたようです。この前身はステムセル・ライフ社といい、一時期上場したもののそれが廃止されて倒産してしまったため、社名を変更した上で実験を積み重ね、最近また上場に踏み切ったようでした。


以前の上場廃止の原因は動物実験による治験に失敗したから~実験に使ったステムセル(stem cell~幹細胞)が重大な副作用を起こしたため、実験に使われた動物が全滅してしまったというのが理由だそうです。


当時の主任研究員はチョン・チャヌク教授でしたが、実際に研究を行っていたのは、グクだったそうです。そのグクは、ステムセル・ライフ社が倒産した直後に行方不明になったのだとか


またその時期は、グクの父が亡くなった時期と一致するそうです。その上、高校生だったイヒョンが、グクに援助を求めた時期とも合致しています。イヒョンは、当時グクが、自分を連れてチェ家に赴いた際、祖父の葬儀の直後だったことを思い出しました。父の死を知らなかったグクは、

「遺産を目当てに子どもまで連れて現れたのか!」

と激しく罵られたそうです。


その後イヒョンは、セル・バイオを訪ね、そこの研究員であるイ・サンヒョンが父を知っていると確信し、執拗にこれに迫ったところ、サンヒョンはついに「ギテ」の名前を出しました


グクを失脚させるためにステムセル・ライフ社を潰したのは、ギテ(とソク?)だったのですね~。ちなみにソクは今、アルツハイマー病に罹ってしまい、時々正気を失っています。


一方、魔の巣窟にいる娘と孫を守るため、グクも動き出したようです。先代の執事だったらしい男性の力も借りて、グクはギョンドゥにこう命じました。二人を守るために、イヒョンから「自社株」を貰ってほしい。


それは決してヘドゥムを売るという意味ではなく、あくまでもそれがふたり、否、3人を守ることなのだと言われたギョンドゥは、心を鬼にしてイヒョンにこれを請求します。


それを聞いたイヒョンは、何せ事情が分かりませんから、ギョンドゥですらも金に目がくらんだのかと誤解してしまったようです。それでもイヒョンにギョンドゥを責める資格はありませぬが


今となっては、この不器用極まりないギョンドゥが、義父の指示の元、どうやってふたりを助け出すのかガンバレ、ギョンドゥ!(^^)/~に興味津々でござりまする私の10年の秘密は、続きもとっても楽しみです


私の10年の秘密 DVD-BOX 1私の10年の秘密 DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の10年の秘密のレビュー一覧」でお読みいただけます

私の10年の秘密
 家族モノ・ホームドラマ

私の10年の秘密 感想とあらすじ 第5~8話 ヘドゥムがめっちゃ可愛すぎ

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も本日放送の8話まで視聴しました。以下簡単なネタバレのあらすじ感想文です私の10年の秘密のあらすじ行きますよ~(^^)/


ミステリー部分については、もう大体読めてきたのであまり惹かれないものの、それよりも何よりも、

「~~~ユ~

を連発するヘドゥムが可愛すぎて止められません。おばさんは韓国語がよく分からんのでハッキリしたことは言えませんが、この「ユ~」は、本来なら「ヨ~」、丁寧語の語尾なのですよね?


それが「ユ~」に聞こえるのはヘドゥムの故郷の清州~つまりは忠清道の訛りなのだそうです。ギョンドゥのそれはうるさくしか聞こえませんが、ヘドゥムのは可愛いことこの上ない


さすがのイヒョンも、このヘドゥムの愛らしさにはKOされてしまいます。その指の曲がり具合と言い親子鑑定も要りません( *´艸`)、父親にはまったく似ていない素晴らしい頭脳と言い、ヘドゥムはイヒョンがお腹を痛めて産んだ子供に違いありません。詳細は思い出せなくても、ヘドゥムを知れば知るほど、昔のオッパイの張りを思い出し、もう一度あの頃に戻ってあの子に乳を与えたいとさえ嘆いているほどです


イヒョンの記憶はさておき、グクもヘドゥムを孫と認識していたようです。8話を見る限りにおいては、グクは、ソクに(の命令で)殺されたことになっていたようですが、本人は刺客の手を逃れて生きており、昔イヒョンたちが住んでいたような古本屋を営んでいるようです。(同じ場所かどうかは分かりません


イヒョンがギョンドゥたちを捨てた後も、イヒョンの行方を知りながら、これを内緒にしていたようです。おそらくは当時のイヒョンも、ソクがグクを殺させようとしたことを知っていたため、記憶を失ったということであれば、そのままの方が(双方ともに)安全だと考えたのかもしれませんね。


ヘドゥムがグクを「チング」と呼んで仲良くしている姿も実に可愛かったですね~。この姿を見たギョンドゥは、グクを変質者と勘違いして警察に通報したものの、その身分証を確認しようとした際に、イヒョンの幼い頃の写真を見つけて仰天してしまいます


お義父さま!!


良い人なのはものすごぉ~くよく分かりますが、今一つうるさいのが玉に瑕ですよね~ギョンドゥは。でも、当時、心底傷ついていたイヒョンにとっては、そのうるささが心地よかったようです。おじさんと一緒にいると、何も考えずに済む!


イヒョンと出会った頃のギョンドゥは「看板屋のセールス」をしていたらしいのだけれど、イヒョンが、

「いつも一緒にいたい

という理由で始めたのが肉まん(餃子?)屋だったそうです。そこまで他人の人生変えといて、1年経ったらサヨナラでは、ギョンドゥが怒るのも無理ありませんけど


その後、色々(当たり障りのないことを)思い出してきたイヒョンは、ついにヘドゥムを引き取る決意をします。ギョンドゥでは、ヘドゥムの才能を生かしてやれないと語ったイヒョンを、

「ハーバードへ行っても自殺したくなったのは誰だ?

とギョンドゥが責める気持ちも分からんではないけれど、それまたエラク極端な話ですよね


金や学歴よりも愛情が大切だと、ヘドゥムを見ていれば理解はできますが、母親なら、少しでも良い境遇で育てたいと考えるのは当然です。問題は、今のイヒョンが、ギョンドゥを夫として見られるかどうか


う~ん、それはおばさんがイヒョンでもちと困っちまうな~って誰にも聞かれていませんが


でも、ヘドゥムがいつも他人の哀しみに寄り添って、懸命に慰めようとしているあの優しさは、紛れもなくギョンドゥの美徳を受け継いでいますよね。ああいう温かさは大好きだけど・・・あと半分黙っていてくれたらいいのに、ってこれまた誰にも聞かれていませんし、ギョンドゥにはお断りされちまうかもしれんけど


また、謎の1つでもあった、親友ソニョンはやはり、ハーバード時代にスチャンと卒論を横取りしたそうです。スチャンは、イヒョンが好きだったけれど、ソニョンの経済力に惹かれて裏切ったのだとか。


そのソニョンは今や、夫ギテを(事実上)見捨てて、イェガグループの一員になろうとしています。ギテは三流大の出なんだそうです。この辺は、いかにも今の韓国社会を皮肉っていますね~。このギテとギョンドゥを比べたら、もちろん、ギョンドゥの方が100倍マシです


さ~てイヒョンは、おばさんの意に反して?、ギョンドゥとよりを戻すことができるでしょうか?可愛い可愛いヘドゥムには、愛し合う両親とともに幸せに暮らしてほしいですけど


私の10年の秘密」は続きもとっても楽しみです私の10年の秘密もなかなかです(^◇^)


私の10年の秘密 DVD-BOX 1私の10年の秘密 DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の10年の秘密のレビュー一覧」でお読みいただけます

私の10年の秘密
 家族モノ・ホームドラマ

私の10年の秘密 第2~4話 消えた過去の謎を追え

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も順調に見ています。このドラマ、なかなか面白くなってきましたよ~私の10年の秘密のあらすじいきます~(^^)/。自分はミステリー好きなので「空白の10年にいったい何が起きたのかに最も心惹かれておりまするが、それに加えて、ユ・ジュンサン演じるマンドゥギョンドゥ肉まん( *´艸`)、いや違った、ギョンドゥ、とカル・ソウォンちゃん=娘役のヘドゥムの実に仲睦まじい親子関係にも漏れなくKOされてしまっております


以下、とりあえずこの3話で分かったことをネタバレでまとめておきます。カット版だからまた抜けてるところも多いんだろうな~と思いつつ、その悪条件化であれこれ妄想するのがおばさんの楽しみなので、その辺から生じる誤解・勘ちがいはテキトーに捨ておいてくださるとありがたいです


さて、ソン・ユリさん演じるところの主人公=チョン・イヒョンは、2007年現在においてそれ以前の10年間の記憶をすっかり失っていました。調べてもらったところ脳に損傷はないらしく、どうやら辛い過去の出来事を思い出したくないための解離性障害のようです。


第1話で高校生だったイヒョンは、1997年、アメリカ留学のために、遺伝学上の父=チェ・グクに会いに行き金を無心しますが、どうやらグクには金が無く、腹違いの兄弟=イ・ソク(イ・ヒョジョン)に留学費用を工面するよう頼んだようです。


ソクはイェガ・グループという何かの分野で世界最高技術を誇るらしい財閥の会長です。イヒョンが、昔自分が開いた口座に定期的に送金してくれたのがイェガ・グループだったことを知って連絡すると、ソクの方から迎えを寄こしてはくれたものの、ほとんど何も教えてはくれません。グクの事は残念に思っているという話からすると、グクは死んでしまったのでしょうか?


どうやらソクは、イヒョンに何か弱みを握られているようです。、留学後、イェガ・グループの何らかの不正を掴んだイヒョンが、叔父に愛想をつかして家を出たらしいのですが


また、イヒョンには高校時代ソンヨン(イ・ジン)という親友がおりました。その姉のヘヨン(キム・ヘジン)曰く、ソンヨンはイヒョンに取り返しのつかない悪事を働いたようです。今ではそれを心から後悔している様子のソンヨンはなんと、こちらもアメリカに留学をした後、ソクの長男=ギテ(ハン・サンジン)の嫁になっていました。


意地の悪いエセクリスチャンの姑(ユ・ヘリ)からは、早く子供を作るよう嫌みを言われていたにも関わらず、ソンヨンは、自分を振り向きもしない、冷たい夫との間に子供を作る気はないようです。このギテもまた、ソクの悪事に加担していたらしく、イヒョンの記憶喪失は芝居に違いないと疑っています


イヒョンが何を掴んでいたのかはまだ分かりませんが、叔父の家を出たイヒョンは、亡き母の遺骨を撒いた場所で飛び降り自殺を図ろうとしたようです。そこで再び出会ったのがギョンドゥです。


「あの女さえいなければ!あの金があったら母さんを助けられたのにっ!!

と悔しがるギョンドゥの言った「あの女が自分だと気づいたイヒョンは、何とかギョンドゥの役に立ちたいと考え、ギョンドゥもまた、まだ若く金もあるのに自殺を図るほど苦しんでいたイヒョンを気の毒に思い、死ぬくらいなら、死んだ気になって1年だけ俺と暮らしてみないか、と誘ったようです。ちなみにここでイヒョンは自分を

「ユニ」

と名乗っていました。その後二人の間に産まれたのがヘドゥムであり、約束の1年を過ごし終えたイヒョンは、書置きを残して二人のもとを去っていきます。私への恨みを原動力に、これからも一生懸命生きてほしい


おそらくイヒョンはその直後に10年間の記憶を失ったようです。


イェガ・グループの不正、そしてソンヨンにされた仕打ちは、いったいどんなものだったのか。ソンヨンの方は、イヒョンの高校時代の友人だったスチャン(キム・ヨングァン)が、そのカギを握っているようでしたね。安易に考えると三角関係での抜け駆けでしょうか


それらを思い出すことの無いまま、イヒョンは叔父の下で働き始めました。最初はその本心を疑っていたソクも、次第にイヒョンの優秀さを高く評価していき、今では会社の後継者にとまで考えているようです。


一方、ユニ(イヒョン)の失踪直後は必死でユニを捜していたギョンドゥも、さすがに5年後の2013年~今となってはすっかり諦めていたものの、思いがけずテレビで「チョン・イヒョン」の顔を見、声を聴いて、それがユニの物だと確信します


まさにストーカーのような執念でもってイヒョンを捜しだしたギョンドゥですが、イヒョンは、もっと昔の高校時代での出会いは思い出しても、その後の記憶がありません。それでも、自分が産んだらしいヘドゥムの記憶力や計算力を見るにつけ、それが自分の娘であるという確信は強まるばかり。最初に胸がお乳で濡れていたのも、あの子を産んだからなの?


ユニが記憶喪失であり、今や自分と暮らしていた時よりずっと裕福な暮らしをしていると知ったギョンドゥは、戻ってこなくてもよいから、せめてヘドゥムの母であることだけは認めるよう迫ります。そうでなきゃ、あの子があまりにも可哀想じゃないか!


ユニが家出した時、あまりのショックで自分もまたその後を追おうとしたのに、預けていたヘドゥムが高熱を出したと聞いて急いで戻り、徹夜でその無事を願っていたギョンドゥの姿が忘れられませんね~。ヘドゥムもまた、面倒掛けてばっかりの世話の焼ける父親が好きで好きでたまらんという風情が何とも言えんのですわ


心配だったソン・ユリさんのケンのある表情もほとんど見られず、可愛いばかりでホッとしてます


と、すっかり気に入ってしまっております。「私の10年の秘密」は続きもとっても楽しみです私の10年の秘密も楽しみ(^^)/


私の10年の秘密 DVD-BOX 1私の10年の秘密 DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の10年の秘密のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング