このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧

おバカちゃん注意報 -ありったけの愛(全91話)


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】が、今月21日から再放送されると聞いて、自分がまだこのあらすじ一覧リストを作っていなかったことに気が付きました。前回見終わったのがちょうど5月の連休後だったため、他のドラマが押せ押せで、そこまで余裕がなかったのでござる


大変遅まきながらではありますが、あれこれ懐かしくを思い出しながら、リストを作成させていただきましたおバカちゃん注意報のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。もう、見始めてからずっと毎日が「おバカちゃん一色となり、毎日これを見ないでは1日が終わらない!と思うほど、どっぷりハマっていた実に感動的なドラマでした


以下少し見どころなどをご紹介しますね~ちょっとだけネタバレしていますのでご注意ください


まず肝心なことから申し上げますると、このドラマのタイトルに使われている「おバカちゃん」は、いわゆる精神に障害を持っているという意味ではありません。人を疑うことを知らない、純粋な心の持ち主(しかも知能もかなり高い)を指しています。自分のことより家族のこと、他人のことに心を配る「おバカちゃん=ジュンス(イム・ジュファン)」とその家族愛(兄弟愛)がメインテーマとなっています。もちろん恋愛要素もタップリです


前半はこのジュンスの健気さに毎日泣かされっぱなしでした~かと言って決してお涙ちょうだい物ではありませんよ


もちろん韓ドラですから(?)、その後はイライラさせられないことも無かったのですけど、そのほとんどにはちゃんとそうなるだけの理由付けもされていたのがまた良かったですね。ま、若干一名、そうじゃないのもいたけれど、手の内が丸っとクリアにお見通し~だったため、個人的にはあまり気になりませんでしたし


むしろ気になったのは、このドラマで扱っていたもう1つのテーマ


人殺しをした人間は決して許されないのか?


という点が途中で何としても引っかかり、そのせいでドラマ全体を楽しめなくなってしまったことだけは残念でした。これはもう個人の価値観の違い、もしくは民族性の違いかもしれません。人間は本来罪深い生き物であるからして、ほんの些細なきっかけで殺人さえ犯しかねない、というのがおばさん個人の考えですが、このドラマでは、

「たとえどんな理由ががあろうと、その後どんなに深く反省しようと、決して許されない

という姿勢が貫かれていたのです。確かにそれも一理あるのではございましょうが、おばさんにはその考えはひどく「傲慢」なものに映ったのですよね~。やはり国民性の違いでしょうか。これは主人公の考えではありませんから、韓国ではそのような考え方が主流だというだけかもしれません


でもそれ以外は、本当に、文句なしでとぉ~っても楽しく、かつ感動いっぱいのドラマでした。家族愛、友情、恋愛おバカちゃん注意報には愛がたくさん溢れていました(^^)/~と、右を向いても左を見ても、ドラマ全体に愛がタップリ充満していたわりにはでもまったく暑苦しくなくて、見ているだけでこちらもつい笑顔になってしまうような、温かくて可愛いドラマでした。個人的には、もう少し主人公の「夢」を実現させても良かったかな~というのが心残りでしょうか。


あったか~いホームドラマやラブコメがお好きな方には一押しでお勧めの傑作ですよ~。最後には絶対皆で笑顔になれることは、このおばさんが請け負いまする。騙されたと思ってぜひぜひご覧になってくださいませ。(とはいえ、人の好みはそれぞれですから、お好みに合わなかったらゴメンナサイです


~最初はお正月休みが入ったためかなりまとめてありますが、一応の感動ポイントは抑えてあるつもりです


おバカちゃん注意報が一押しでお勧めです(^^)/

【おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧】


おバカちゃん注意報~ありったけの愛~今一番気に入っている韓ドラです(1~16話)


第17話 あらすじを語らずにいられましょうや


第18話 優しさの伝播が心地イイ


第19~22話 僕たちの兄さんだ!にもらい泣き


第23&24話 実にビミョーな心境です


第25~29話 ジンジュの苦悩


第30~32話 ジンジュの決意


第33&34話 ジュンスの心の闇


第35~37話 明かされた真実


第38~40話 ナリにも春がやってきた


第41&42話 再会


第43&44話 ドヒの決意


第45~47話 お言葉を返すようですが・


第48~50話 無敵のコン兄弟姉妹


第51~53話 ようやく報われた「おい」と「あの」


第54&55話 ナリの「審査」始まる


第56~58話 捨てられなかったバレエシューズ


第59&60話 ネズミ取作戦大成功


第61~63話 艱難汝を玉にす


第64&65話 もっともっと強くなれ!


第66~70話 皆の成長が誇らしい


第71~73話 あまりガッカリさせないで


第74~76話 ジュヨン、頑張れ!!


第77~80話 明かされた真実


第81~85話 本質だけを見極めて


おバカちゃん注意報 最終回 あらすじと感想 第86~90話含


おバカちゃん注意報が面白かった(^^)/

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 最終回 あらすじと感想 第86~90話含

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】もようやく最終回まで見終わりました。いや~連休中も、このおバカちゃんがどうなったのか気になって気になって仕方なかったほどです(笑。今朝からぶっ続けで見た今は、

ピッカピカのハッピーエンドに大満足

のおばさんです。本当に良かった~っ!!dance


と、さすがにこれで終わりとはいかないでしょうから、ちょっとだけ~皆の様子をあっさり簡単にまとめておきます


まずジュンスとドヒは問題なく、皆の祝福のうちに素敵な結婚式を挙げ、んも~同じ階に住むジュヨンでなくても、ついつい嫉妬?せずにはいられぬほどのアツアツの新婚生活を送っていました。ドラマの最後には~ほぼ3年後~ふたりの子どもも産まれて、家族ともども幸せに暮らしていたようです


懸案だったBYのその後は、ヒョンソクとジュンスにチャ捜査官、そしてヒョンソクの先輩等の協力を得てイ弁の悪事が全て暴露され、イ弁がBYの社長に就任する直前に逮捕されて、こちらも万々歳でした。イ弁に買収されて、BYのジャケットにカビが生えたとクレームをつけてきたおじさんが、ジュンスの真心に感動し、真実を明かしてくれた時は嬉しかったですね~


そのイ弁も、この逮捕をきっかけにようやく父親に見捨てられたことから(?)、今後はまっとうな道を歩めるよう期待したいものです。


また、ずっとヤキモキさせられたヒョンソクも、ジュヨンの

「痛い痛い作戦」「凍死してもいいのか作戦」「待ち伏せ作戦」

に根負けし、ついには素直で可愛いヒョンソクに戻ってくれました。一番心残りだったギョンテの父親と話して、もう恨んでいないと許されたのも本当に良かったです


ジュヨンの母=インスクも、イ弁に裏切られたことでようやく目が覚めると一転、ヒョンソクとジュヨンを応援する側に回り、人一倍ヒョンソクを可愛がってくれたのも嬉しかったですよね。おかげで、ドラマの最後=3年後には、ふたりもようやく結婚し、ハネムーンベイビーの誕生を待つ頃には、

「コン家で最もお茶目なヒョンソク

の笑顔が見られたのも実に楽しかったです。


その3年後にはもちろんジンジュの子ども=祝福もだいぶ大きくなっていました。ジンジュがこの子を産んだ時がまたサイコーに可笑しかった~smile。歯を噛みしめると歯がダメになるから、チョルスの髪をつかんで怒りを吐き出せばいいと、あのジョンジャがジンジュにアドバイスする日が来るとは思いも寄りませんでしたよね


この痛みはあなたのせいよっ!!今度はあなたが産んで~~っ!!


そして、コン家の実質上の長女=ナリは、その後のどんな嫌がらせにも困難にも負けず、ついに実力で「新人賞を獲得、3年後にはすっかり引っ張りだこの売れっ子女優となっていました。そこにはドンウの姿は無かったようだけど、果たしてナリの「子どもは(痛くて怖いから)産まない」決心はどうなったのでしょうか?


皆がそれぞれに成長し、すっかり幸せになったところで、スネとサンマンが生きていた頃の、産まれくるナリのために皆で花を植えたあの日の光景が現在の家族によって再現されて、ドラマは幕を閉じました


見栄や体裁のために、どんなにふくれっ面をしようとしても、心から湧きあがる喜びを抑えきれずにいた幼いジンジュやヒョンソクが、今では誰よりも幸せそうな笑顔を満面に浮かべている姿を見ると、涙がこぼれそうになるのを抑えることができませんnakigao。ここはもはや天国にいるスネとサンマンの気持ちでした


細かいあらすじを語ることができなかったのはちと心残りですが、このドラマに出会えたのは本当に幸せでした。今日からもうこの家族に会えないかと思うと、しばらくは寂しく感じてしまいそうです。韓国ドラマも日本のドラマのように、時々SP番組等で「その後」をフォローしてくれればよいですのにね


途中は(韓ドラの常で)かなりヤキモキさせられましたけれど、こうして振り返ってみるとやはり「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」は実に楽しいドラマでした。大満足です!angel onpu


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第81~85話 本質だけを見極めて

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】もようやくここまで参りました。以下早速ネタバレですおバカちゃん注意報のあらすじ行きますよ~(^^)/


85話ではついにジュンスが「無罪」を言い渡されましたやったね~!(≧▽≦)。この間他にも色々見どころはありましたが、最も大切なポイントはここですよね~やはり


今日はそこにいたるまでの簡単なあらすじ感想文をまとめました。お時間のある方は是非お付き合いくださいますように


まず、ギョンテ殺害を自首して出たヒョンソクは、同時に「辞表」も提出していたようです。疑わしい点から目を背けて真相を突き止めようとせず、兄に罪を着せてしまった「卑怯な自分」がどうしても許せなかったからです。


ヒョンソクとて、ギョンテを殺したという確信があった訳では決してなかったのだけれど、心の中に常にもやもやと居座っていた疑問に正面から向き合おうとしなかった自分がいたことは偽らざる事実だからなのでしょう。そんな自分に、もはや他人を裁く資格などない、そう思うのは当然の成り行きです。


先輩検事は、そんなヒョンソクの自分に厳しい性格を知り抜いていて、徹底的に過去の事情を調べ上げてくれました。ジュンスや当時の担当刑事のみならず、ナリに催眠療法をした主治医からも、注意深く話を聞きます。彼らの証言をとことん精査することで、逆に、ヒョンソクの無実を立証していきます


こうしてついに(既に時効を迎えた)「暴行致死」の確信を得た先輩検事は、自分を裁くために法を利用するなとヒョンソクを戒めました。


たとえ「殺意」があったとしても、喧嘩をしていたのだからそんな気になることはよくあること、たまたまそこに立てかけてあった釘の付いた角材で喧嘩相手が死んでしまったのを、おまえなら殺人罪として起訴できるのか?!


でもそれではヒョンソクの気持ちが収まりません。ジュンスの10年を奪ってしまった自分を、どうしても許すことができません


そこでヒョンソクは、家族には内緒で肉体労働を始めました。が、ひそかにヒョンソクを見張っていたジュヨンがめざとくこれを見つけたため、すぐにジュンスの知るところとなってしまいます


ジュンスはすぐにヒョンソクとともに同じ仕事を始め、ジュヨンは半場の食堂で働き始めました


こういうところが、この二人の「おバカちゃん」な=素敵なところですよね。決して頭で考えるのではなく、今自分のしたいこと=本質を見極めて即実行に移すところ。今ふたりにできるのは、傷ついたヒョンソクの可能な限り近くにいて、その心に寄り添うこと


おバカちゃんと言えば、この間最も感動したのはマンドルのあの一言でした


「おまえが無実で本当に良かった。これであの世のサンマンにも大きな顔で再会できる!


この前に、真相を知ったインジュが、ドヒ同様、親身になってくれたマンドルをもジュンスは裏切っていた、と忠告していたけれど、そうじゃありませんでしたね。だって、マンドルはあくまでもジュンスのことが大好きで心配だから、ずっと側にいてくれただけであって、ジュンスが殺人犯だから心配していた訳じゃありませんものドヒは「殺人犯でも愛している」自分に酔っていたとしか思えん(-_-;)


ここで一番喜ぶべきことは「ジュンスが無罪だったことであって、そのジュンスが冤罪に甘んじていた理由をあれこれ詮索し、ひいては「皆を騙していた」と怒るなんて

「おバカちゃん

には絶対考えられないはず


だからヒョンソクも、自分を責めてばかりいないで、ジュンスの愛情に心から感謝して、これからも強く明るく生きていけばよいのですよね。そのためにもジュヨンに隣にいてもらわなくちゃいかんことに早く気付ければよいのですが。何せジュヨンにとって最も大切なのは

「愛するヒョンソクが笑顔で側にいてくれること

なのですから


そうしたことに最も早く気付いたのがナリだったのも実に誇らしかったですね。ナリは、自分が記憶をよみがえらせたことで皆を不幸にしたと大分気にしていたようなのですが、もうそんなことは止める、忘れて前に進むと、兄2人にVサインを送った姿のなんと頼もしかったことか


すべては起こるべくして起きたこと。これで良かったんだと思える日が必ずやってくるはず!皆が成長するための試練


先日まで、おばさんを韓ドラ嫌いにさせそうだった会長も、ようやくその誤解を解いてくれたのも何よりです。今の試練を乗り越えれば必ず成長する、と、再びジュンスを

「ジュンスや~」

と名前で呼んで励ましてくれました


そのジュンスとヒョンソク~ふたりを「孫婿」にするまでは、そしてひ孫の顔を見るまではオレオレ長生きしてほしいものです


そしてヒョンソクもようやく目が覚めました。これもまた会長に言われたこの言葉が背中を押してくれましたね


ヒョンソカ~、自分を苦しめるのが本当の償いだろうか?自分の知識を意味のある仕事に使うべきだ


まったくね~こんな人格者が「殺人」という過去だけであれほど冷酷に急変するなんて、やっぱり脚本に無理ありすぎでしょ。それとも国民性の違いでしょうか


ヒョンソクは「弁護士事務所」を開くことになりました。工事現場で、力も金もない弱い労働者が泣き寝入りした姿を見たことも大きかったようですし、これはおばさんの希望でござるが、イ弁がBYの敵対的買収を始めることに対しても、今後、知恵を貸してくれるのではないでしょうか


ずっとヒョンソクを心配し続けてきたチャ捜査官が、自分も潔く検察を辞めて、ヒョンソクの事務所に押しかけてきたのがまた何とも言えず嬉しかったですよねチャ捜査官、サイコー(^^)/。これでチャ捜査官も立派な

「おバカちゃん

の仲間入りです。いや~楽しくなってきたな~。これまでの「ドロドロ」は無しにして、こういう話で盛り上げればよかったのに


最初は「女の独占欲から、ジュンスを許せずにいたドヒも、「親友として肩を貸せる」ぐらいなら大丈夫~と今回は安心して見ていました。「欲」があっては「おバカちゃん」にはなれんのどすえ~


来週にはふたりの結婚式も見られそうですね~。あ~早くヒョンソクが素直になってジュヨンを受け入れてくれたらよいのに


ドンウもすっかりナリに夢中のようでしたし、あと1つ気になるとしたら、ジョンジャとマンドルの事でしょうか。マンドルがジョンジャに会いに行ったようなのだけれど、あの後どうなったのかな~。


おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」も残すところ後6話ですね。途中は長く感じられてしまったけれど、ここまで来るとさすがに名残惜しいです。最後までじっくりタップリ楽しませてもらいまするおバカちゃん注意報もいよいよラストスパート!


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第77~80話 明かされた真実

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】も、ついにこの日がやってきましたついに真相が明らかになりました!!も~昨日どんなにしゃべりたかったことかヒョンソクよくやった~!!以下早速簡単なネタバレのあらすじです


まずはナリがすべてを思い出しました。ちょうど映画の撮影で、材木置き場で子どもたちが喧嘩をするシーンがあり、そこでドンウが、角材に刺さっていた釘で怪我をしたことから、あの日のすべてが蘇ったのです


クノオッパは殺してなかった!あの人はもう死んでいた!!


ナリがジュンスに電話をして、呆然と赤信号の交差点を歩き出したシーンが忘れられません。ちょうど向かい側でこれを見ていたジュンスが、身の危険も顧みずナリを助けに駆けつけてきます。ナリっ!そこを動くなっ!!危ないっ!!


幸いにもナリに外傷はなかったものの、問題なのは心の傷です。ジュンスのためには思い出したかった「ジュンスの無実」が、代わりに「ヒョンソクの罪」を明らかにすることになろうとは!?ナリが可哀想すぎて泣けました


困り果てたナリは口が利けなくなりました。そんなナリをただ見つめるしかないジュンスに、ちょっとだけ~腹立たしさを感じてしまったおばさんですが、ナリはそんなジュンスの気持ちも十二分に理解して、まるで包み込むようにジュンスを見つめます


思えば、この兄弟の中で最も苦労したのはナリだったかもしれませんよね。肉体的な苦労はジュンスが一番だったけど、精神的なそれは、

「自分の父が母と家族を辛い目に合わせた

と思い込み、その贖罪を心に秘めながらも、ずっと明るく前向きに生きてきたのですから


それに、ジュンスは~これはちとうがった見方かもしれんけど~ああすることが、自分にとっては一番楽だったのかもしれませんよね。ヒョンソクを庇ったのがジュンスの優しさから出た行為であることは疑いようのない事実だけれど、それと同時に

ヒョンソクに罪を追わせて自分だけ外でジンジュたちと生きる

よりは、自分がヒョンソクに代わって罪を償った方が楽に思えたのではないでしょうか。あの頃ヒョンソクもジンジュも、ジュンスを嫌っていましたから、もしヒョンソクが捕まっていたら、逆切れされたかもしれませんし


「あんな店でお祝いなんかしたからだ!あんたのせいでヒョンソクは殺人犯になってしまった!!


ま、これはあくまでもおばさんの妄想であって、ジュンスがその時そこまで計算したのではありませんけど~心のどこかで、二人を苦しめるよりは自分が苦しんだ方が気が楽だ、と思ったことは間違いないような気がします。


一方、ヒョンソクもまた、自分で真相に近づいていきました。あのアホ弁のイ弁がついに語るに落ちたため、ドヒが、ジュヨンの結婚の理由に疑問を持ち始め、それを聞かされたことがきっかけです。ジュヨンはヒョンソクさんを守るためにあいつとの結婚を決めたに違いない!


ヒョンソクも、ようやくチャ捜査官から当時の資料を引き出して、ギョンテが3度刺されたことを知り、ずっと抱き続けた罪悪感の原因に辿り着きます。兄はギョンテを3度も刺す暇は無かった!


その上ジュンスは、何度も供述を翻していたそうなのです。犯した罪の痕跡を残さぬよう、手あたり次第壊していたと言いながら、その一方で「凶器」には指紋をベッタリ残していたそうです。そう、ジュンスは、ギョンテの命を奪った角材から釘を(2本)抜き取っていたのです


まるで、自分が犯人である裏付けをするかのように、その証言を次々と変えていった


そしてついに「パンドラの箱」が開けられました。ナリの様子がおかしいことに気づいたヒョンソクは、医師に頼んでナリに催眠療法をかけてもらったのです。そこでナリはすべての真実を語ってしまいます。


また、どうしてもジュンスを皆に認めてもらいたい必死なドヒが、誰にも内緒でジュンスの再審請求ができないか、その手段を探ったところ、調査を依頼した弁護士から、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学で既に同じ依頼を受けていたことが判明します。(調べるところはまともだったな


ヒョンソクの「共犯」を理由にジュヨンが脅されたことを知ったドヒは、早速ヒョンソクにこれを知らせに行きました。再審請求ができることになったわ。ジュヨンはあなたを庇おうとしてイ弁との結婚を決めたの!!気づくの遅すぎやん(;´・ω・)


その頃既にギョンテを殺したのは自分だと悟っていたヒョンソクは、ジュヨンの判断は正しかったとうそぶきます。僕なんかよりあの男の方がマシだ


酔っぱらったジュヨンが、いつもの「習性」でついつい検察庁へ来てしまった時、ジュヨンの姿を見たヒョンソクが必死に駆けつけてきて、世にも卑怯なあの男だけはダメだ、他に金と権力を持った男を見つけてどうか幸せになってほしいと語っていたシーンがいまだに忘れられませんジュヨンとヒョンソクが可哀想すぎ


そのヒョンソクからすべてを明かされたジンジュもまた実に辛そうでしたね。あれほどひどい目に合わせたジュンスが、まさかこともあろうに弟を庇って自分の10年を捨てるなどとは、夢にも思わなかったようです。


どうしてそんなに馬鹿なの!!アタシ達なんかのために!!自分の人生を犠牲にするなんて!


ジュンスもまたようやく自分が犯した過ちに気づきました。当時の僕は、

「家族の手を放してはいけない

というオンマの言葉を正しく理解できなかった。僕はあの時、自分さえ手を放せば皆が幸せになれると思った。でも本当は、どんなに辛くてもヒョンソクの手を取って、一緒に耐えていこうと言うべきだった!そうそう、その通り!


ついに自首するヒョンソク。


ここは実に辛い所だけれど、この試練は予想の範囲内だったので致し方ありません。これでようやく皆、再スタートが切れるのですこれからが本番です('ω')ノ


と思いたいところなのに、今度はドヒが頂けません。ヒョンソクから真相を打ち明けられたドヒは、なんとジュンスを責めたてたのです


私にだけは本当のことを言ってほしかった!殺人者などではないって!!


ジュンスが「殺人者」であるゆえに、皆から結婚を反対されて孤軍奮闘していたドヒからすれば当然の主張なのでしょうが、でもやっぱりここは、もう少しジュンスの気持ちを理解してあげてほしいですよね


多分ドヒは、以前ジョンヨンが言っていたのと同様、

ジュンスにとって最も大切なのは家族、恋人は二の次、彼は私の信頼を裏切った!

と感じてしまったのでしょうが、おばさんはそうではないと思います。もしかしたらジュンスにとって、いつしか家族よりも大切になってしまったドヒに、ジュンスはどんなに真実を告げたかったかしれやしません。でももしそこで一言でも

「自分は罪を犯していない。ヒョンソクを庇っただけだ」

と発してしまったら、まさになだれうつように、

過去を清算して皆から認められたい

と願ってしまうに違いない、と、そんな自分の心が怖くて必死で自制していたのではないでしょうか


ドヒは、自分を説得してほしかった、と言ったけれど、そう簡単に説得できるような子じゃありませんものね。だって、あの漫画の時も、そして今回の再審請求の時も、一切ジュンスに相談せずにひとりでことを進めてしまったのはドヒ自身ではありませぬか


まあそれもこれも「恋する女」のなせる業でしょうが、何せおばさんは

ドヒよりもジュンス&コン弟妹が大切

なので、ジュンスを庇わずにはいられませんドヒ、ひどすぎ~勝手過ぎ(`・ω・´)。それに、

「病める時も健やかなる時も信じ合い支え合う

という結婚の誓いは、こうして相手を信じられなくなった時にこそその真価が問われるのではありませんか?


こうしてみるとドヒも会長にそっくりですね~そういう「自分の価値観が絶対」と心から信じて疑わないところ


でもこれで「おバカちゃん注意報」も残すところあと11話~2週間ちょっとですね。個人的に、最近はジュンスとドヒの恋愛事情にはもはやほとんど興味が無くて、コン家の絆および、

ジュヨンとヒョンソク

に焦点を絞って見てきたので、今後もそちらの方が気になります。これでジュヨンがイ弁と別れられたらひとまずは万々歳でござる。あ、マンドルとジョンジャのその後も大いに気になっていますよ~。来週の放送も楽しみですおバカちゃん注意報もいよいよ終盤!


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第74~76話 ジュヨン、頑張れ!!

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】も、我慢に我慢を重ねて見続けています。ブログを書く際、怒って書くと通常の数倍疲れることが分かったため、最近は、怒りがこみあげている時はなるべく書かんようにしているのどす


でも本日放送の76話を見たら、また語らずにいられなくなりました~。以下(またしても)言いたい放題で至極簡単なあらすじ感想文ですおバカちゃん注意報のあらすじ行きますよ~(^◇^)


なんとイ弁は復讐の刃をジュヨンに向けてきました。というのも、世にも愚かなインスクがイ弁を諦めることなく「BY株」を譲ると申し出たため、ドヒのみならずイルピョンやナ会長からもすっかり軽蔑されきったイ弁は、インスクと手を組むことにしたのです


イ弁は、ギョンテ殺害はジュンスとヒョンソクの共謀によるものだとジュヨンに吹き込み、それが事実であると信じさせました。その根拠はどうやら、

「致命傷が3か所」

だかららしいのですけど、これが角材に刺さっていた

「3本の釘

だということは、アメリカの調査会社にもつきとめられなかったようなのです。ふん、所詮は馬〇が雇う調査員だから、そのレベルも大したことなかとねイ弁、さっさとひっこめ~っ!!


愛しの「可愛いヒョンソク」が殺人犯だと聞かされたジュヨンは目の前が真っ暗になりましたジュヨンが可哀想すぎじゃないかっ!。ジュンスやヒョンソクに事実を確認しようとしますが、怖くてそれもできません


「殺人犯だと知られたら、検事を辞めざるを得ない


誰よりも純粋で誰よりも怖がりなジュヨンを脅すイ弁はもはや獣以下ですコイツの出るドラマは絶対に見ない(`・ω・´)


愛するヒョンソクのため、心を殺してイ弁との結婚を決めたジュヨンが、心の底から可哀想でなりませんでした。その上、誰もジュヨンの言葉を疑わんのがまた悲しすぎでしょどーして誰もジュヨンを信じてくれないの?


条件の良いイ弁がプロポーズしてくれたから乗りかえた


サイテー最悪の母親インスクが信じるのはともかくとして、これをドヒやジンジュまでもが真に受けてしまうのが、悔しくて悔しくてたまりませんお父さんのテイルだけはでも、信じたそうでしたけど・


これがもし立場が逆だったら、ジュヨンはきっとドヒを最後まで信じただろうにと思うと、ドヒが憎らしく思えたほどですどーしてジュヨンの哀しい決意が分からんかな。ジュヨンが

「イ弁はとても恐ろしい人だ」

と言った時、ジュヨンが弱みを握られて脅されている、とまでどうして考えが及ばないのでしょうか


でもただ一人、当のヒョンソクだけが最後までジュヨンを信じようとしてくれているのがせめてもの救いでしたよね


ジュヨンが懸命に自分を嫌わせようとしてヒョンソクに冷たくするのにも、まったく耳を貸しません


僕を愛してなかったなんて言うことはない。僕たちは確かに愛し合っていた。たとえ君が忘れても僕は決して忘れないヒョンソク~っ!(;O;)


生まれ変わる時は幼稚園児、いや、新生児として=一刻も早く出会いたいと言っていただけの事はありますよね


まずそんなことはないだろうけど、このふたりをこのまま別れさせたら、ましてやジュヨンが、インジュが悔しさのあまり譬えに使ったように、

「絶望のあまり自殺を図るイ弁と結婚したら死ぬしかない!

なんてことになったら、おばさんはもう絶対に韓ドラを見ないぞっ!!


サイテー最悪だ!

イ弁の本性を見抜いていたナ会長とイルピョンも、ふたりの結婚に頭ごなしに反対するだけで、ジュヨンがどれほど辛い決断をしたのかを考えないのが実に腹立たしい限りでござる。しかもイ弁から、ジョンヨンとジュンスの過去を聞いたインスクは、早速ナ会長にこれを知らせてしまいましたしインスク、ひっこめっ!!


こーなったらもはやすべての真実が明るみに出るしか、打つ手はありません。その時の皆の顔を見て、

ようやく分かったか、ざ〇あみろ!己の愚かさを恥じろっ!(`・ω・´)

とテレビに向かって叫ぶ日が来るのが、心の底から待ち遠しいです。(


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第71~73話 あまりガッカリさせないで

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】は73話に入ってガクーンとガッカリさせられてしまいました。どーして韓ドラはこーなんでしょうね~。一旦とことん信じたら、たとえどんなことがあろうとも最後まで信じませんか、フツーおバカちゃん注意報~そろそろ飽きてきた(;´∀`)


この展開では当分語る気にはなれんだろうと思ったので、ほんの一言二言(では収まらんかった~)ほど、言わせていただきまする


まず、ナ会長へ


身分違いのジュンス(この時点でもはやかなり時代錯誤)を「ドヒの嫁に」とまで見込んだ自分の目を信じなさい。会長から認められた時点で、過去(前科)を告白せずにはいられなかったジュンスの誠意が分かりませんか?


このままではまさにおっしゃる通りになります


「無駄に年を取ってしまった


とはいえ、おばさんも、一旦はナ会長の人となりを信じたので、いつかはきっと分かってくれると、最後まで信じ抜きたいと思いますあんまりガッカリさせんといてな


ジュンスへ


過去を思い出したナリに、それは「勘ちがい」だと答えてごまかしたジュンス。それがどんなにナリを苦しめているか分かっていますか?ヒョンソクに過去を思い出させないためにもそのことは忘れろというのは、ナリにも、自分と同じ「重荷」を背負わせようとしていることですよ


一番愛しているナリを、実は自分で苦しめていることに、どうか早く気付きますように


これまた言ってもせんないけど脚本家へ


ここに来て全91話は長すぎた、やっぱり韓ドラは嫌~ね~と思わせんといてね長すぎドロドロ勘弁してほしい(`・ω・´)


以上でござる。イ弁とインスクに関しては~あまりにもひどすぎて語る時間がもったいないので割愛させていただきまする


あ~早くみんなの幸せな笑顔が見たいでござるね~


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング