このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

限界集落株式会社 最終回 あらすじと感想 冷酷で無責任な現代社会に一石

限界集落株式会社】は、今週の第5話が最終回でした。


人の口に入る物を作る農家は、まっすぐかつ優しくあらねばならない


以前菅原が語っていたその言葉通りの、とても温かい最終回になりましたね限界集落株式会社はとっても素敵なドラマでした(^^)/。以下、最終回「畑の力」の簡単なネタバレのあらすじです最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


農水省の消費安全局による抜き打ち検査の結果、トマリファームの直売所に並んでいた有機JAS認定のもちきびから農薬が検出されてしまいました。それはすぐに鉄平が収めた物だと判明したらしく、役人たちは早速その倉庫を調べに行きます。そこには、あの取っ手の色が違うだけの2本の消毒薬の容器が置いてありました


他に区別する術はなかったのですか?


ここで即、鉄平の父=定晴が頭を下げ、物理的にも精神的にも余裕がなかっために起きてしまった事故について謝罪しますが、役人はあくまでも、責任者は鉄平だと追求をゆるめません。その鉄平は、農薬を散布した時の様子を聞かれてもまったく覚えていないようです。そうそう、あの頃鉄平は、助手の三樹夫(渋谷謙人)にも逃げられて、炎天下の中、意識も朦朧としていたのですよね


が、食の安全を守るのが仕事の役人は聞く耳を持ちません。これで調査は終了です。後日行政指導が行くことになります


突然の出来事にパニックを起こした鉄平の下に少し休ませてくれ!、今度は地元新聞の記者(阪田マサノブ)がやってきました。トマリファームで食品偽装があったそうだけど?


誰が好き好んで、有機の土地に農薬なんて撒くか!?ここまでするのに3年もかかったんだぞ!


後悔に苛まれる鉄平にさらなる追い打ちが掛かります。翌日早速この記事が出てしまうと、トマリファームには注文のキャンセルの依頼が殺到してしまいます


困った多岐川は早速次の手を打ちました。農薬を使った人間=鉄平を切るしかない


これを聞いた美穂は、他に手はないものかと悩みますが、問題を起こした社員を切るのは「会社」として当然だ、そうしなければ、会社=村全体が潰れてしまう!!と言われては反論することができません


鉄ちゃんはいつだって優しかった。じいちゃんが死んだ時も、ずっと畑を手伝ってくれたし、トマリファームのことも、真っ先にひとりだけ賛成してくれた。皆だって、村に鉄ちゃんがいてくれて、どんなに心強かったかしれやしない!そんな鉄ちゃんを切るなんて!!


悩みに悩んだ末、美穂は、自分もまた代表を辞任すると決意します。祖母の弥生がどんなに美穂を慰めても、その決意は変わりません。これは、その決意を聞いた多岐川が引き留めても同様です。ここはもう私が思い描いていた「止村」じゃない


記者会見に臨んで、鉄平の解雇と自分の辞意を表明しようとした美穂を、ついに正登が止めました


鉄平の解雇は考えていません。農家に失敗はつきものだ。でも、何度失敗しても、最後に畑は必ず許してくれる


問題を起こした本人を処罰しないのかと声を荒げる記者にも、正登はまったく譲りません。失敗した仲間を見捨てるのは農家のすることじゃない!


「野菜で失った信用は野菜で取り戻す!大切なのは人だ!今の俺たちに必要なのは人だ!


ここは、よくぞ言ってくれたと、拍手喝采でございました。そもそもこれは、問題を起こした人間を解雇すれば済むという問題ではないはずです


それに、個人ならともかく「会社」という組織であればこそ、責任を取らなくちゃいけないのは問題を起こした本人ではないと、おばさん個人は考えます。そのために、上司や同僚、そして社長がいるのではありませんか?


「自己責任、自業自得

という、世にも冷たい一言で、たった一人に責任を押し付けて後は知らん顔をするというこの風潮は、いったいいつから始まったのでしょうか。もちろん、本人が皆の制止を振り切って好き勝手なことをしたらまた話は別でしょうが、それでも「社員」として在籍している限り、責任はその上司や社長が取るべきではないでしょうか。でなければ「上司や社長」の存在する意味がありません


今回の鉄平の場合は、誰もが皆、鉄平が限界にあることを承知していた。でも、皆が皆、ギリギリのところで踏ん張っていたために、このような事態を招いてしまった~これはもはや管理責任以外の何物でもありません。


とはいえ、このトマリファームは、それぞれが独立した農家の集合体ですから、ここでの「管理」は個々の連絡を密に取ること、それぞれの農家が今どんな状態にあるか見極め、助けが必要であれば誰か人手を手配する、その際皆が高齢ということも十分視野に入れて、負担が大きくなり過ぎぬよう、健康に配慮することも必要でしょう。


今回鉄平が無理をしてしまったのも、年老いた親、そして皆に負担をかけたくない、頑張れるのは若い自分だけだから、と何もかも背負い込んでしまったことも原因と思われます。実際この事件の後、定晴は心労が祟って、脳溢血で倒れてしまっています。どうやら事なきを得たようで何よりでしたが


多岐川は、正登の下したこの決断を、心のどこかでは評価しつつも、頭で納得しかねる様子でしたが、正登の言葉はその後、思わぬ反響を呼ぶことになります。記者会見後も、当然、すぐに注文が増えることはありませんでしたが、世間がトマリファームを見る目は、少しずつ変わっていきますこれも皆、無為に人を切り捨てなかったからでしょう


その手始めが研修生たちでした。この食品偽装の事件を受けて、ずっと正登の畑を手伝っていた千秋(前野朋哉)と辰哉(蕨野友也)、そして鉄平の畑から逃げ出した三樹夫の3人を他の農家に移すことになったらしいのですが、3人が3人ともこれをキッパリ断ります。それなら研修はもう辞める。ここで農家として独り立ちする!!


特に、仕事がのろかった千秋もようやく半人前?となったようで、実家の母にもちきびを送ったら、とても美味しいと大変喜ばれたそうなのです


また、以前観光農園に来ていた景山一家(ダンカン)も、工場を廃業した後に止村に引っ越してきて、農家をやることになったのだとか


これを聞いた役場の二ノ宮は村への「移住」を募集するようでしたね。何せ、最も大切なのは「人」なのですから


トマリファームは人を見捨てない温かく誠実な会社ということが徐々に浸透していくにつれ、村にも少しずつ活気が戻り始めました。東京での正登のGFだったあかね(井上和香)も、一度に50本のもちきびを注文してくれましたし、多岐川も、再び金策のために上京し、農業など辞めろと言われてもものともせず、

面白いんです。限界集落

と、満面の笑みを浮かべています。そうそう、どんなにきれいごとを言ったところで金が無くては生きていけない、それでも、金に比重を置きすぎるのも良くない~問題はそのバランスどすな


最後は、美穂がずっと待ち望んでいた「祭り」で締めくくられました。昔美穂がまだ幼くて、町がにぎわっていた頃同様、正登がまた獅子舞を踊ってくれています。美穂の子役は、ごちそうさんのめ以子(子役)を演じた豊嶋花ちゃんでしたね


限界集落株式会社は、困った時は原点に立ち返り、本質を見極めることがいかに大切かを教えてくれた、本当に素敵なドラマでございました。大満足です限界集落株式会社がお勧めです(^◇^)


限界集落株式会社 (小学館文庫)
限界集落株式会社は原作もなかなか面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は限界集落株式会社のレビュー一覧」でお読みいただけます

限界集落株式会社 あらすじと感想 第4話 大逆転!幻の野菜

限界集落株式会社】の第4話は「大逆転!幻の野菜」です。これまた途中までは実に楽しいエピソードでしたが、まさか最後にあんな展開が待っているとは!?以下簡単なネタバレのあらすじです限界集落株式会社のあらすじ行きますよ~(^^)/


突然の豪雨による土砂崩れで、トマリファームの観光農園はすっかり滅茶苦茶になってしまいました。が、皆の尽力のおかげで、作物はダメになっても「土」は何とか守れたようです


それでも気落ちしていた美穂を、意外にも他の農家のおじさんたちが、まさにその尻を叩くようにして励ましてくれたのが何とも心強かったですね。こんなことはこれまでにも何度もあったこと。今できる限りのことをするだけだ


どんなに収穫が少なくとも、その野菜を持ち寄ってくれる皆のために、美穂もまた気を取り直して頑張ります。またこの豪雨の際に倒れてしまった役所の二ノ宮真治(鈴木浩介)の妻・麻理子(柴本幸)も、弥生がいち早くその安否を気遣ったことで事なきを得たのは幸いでした。皆、本当に逞しい


一方、こんな時こそ「営業をと張り切った多岐川は、なんとテレビ局を引っ張り出してきます。今、世間の「同情」を集めてアピールしないでどうするんだっ!?


いやいや実に商魂たくましくて頼もしい限りですが、その取材にやってきた南部猫助(古田新太)が、直売所である物を見つけて狂喜乱舞したことが、トマリファームを一躍有名にしてくれます。それが予告にもあった

「もちきび」

です


中継そのものはなんとも要領を得ない物だったのですが、逆に猫助がうまく説明できないほど「感激」させたもちきびということで、皆の関心を集めることとなり、その後、もちきびを求める依頼が殺到します


とはいえ、その年のもちきびは、あくまでも弥生が家族とご近所で食べるために植えたものだったため、すぐに無くなってしまいます。


来年からは皆でもちきびを作るぞっ!!これを売りにするんだ!


もはやだれも反対する者はおりません。それどころか、正登はもちろん引き続きもちきびも有機栽培することになったほか、鉄平も有機栽培にチャレンジします。害虫の少ない冬野菜ならともかく、夏の有機は大変だ、という父定晴の忠告にも耳を貸しません。必ずや成し遂げて、有機JASを獲得してみせる!!鉄平が有機栽培を始めました


最初正登の所で働いていた青年も引き抜いて、大いに張りきった鉄平でしたが、案の定、もちきびに虫が大発生し、それを取るだけで手いっぱいになり、他の野菜も安定供給できなくなってしまいます。その一方で、翌年はもちきびの注文が引きも切らない状態となったため、まさに寝る暇もないほど忙しくなったことが仇となってしまいます


なんと鉄平は、疲労のあまり、手にした消毒薬が「農薬」だということにも気づかなかったらしいのです。有機栽培用の木酢液とは臭いが全然違うと思うんだけどな~それも分からないほど疲労困憊していたということでしょうか


以前番組でも、有機の畑を作るには10年かかると言ってましたが、多分、まだ年数が浅い土地だと、作物を健康に育てる力が足りないのでしょうね。本当に熟成した有機の土地なら、作物自身に力がついて、虫や病気にも強くなるのだと聞いたことがあります。


こうして鉄平はついに有機JAS規格に合格し、晴れてそのもちきびが直売所に並ぶこととなりました。が、おそらくは、そこで買い物をした消費者が気づいて通報したためか、その後抜き打ち検査が行われ、トマリファームのもちきびに農薬が使われていたことが判明してしまいますがーん( ;∀;)


そんな馬鹿な!?いったいどうして?!


鉄平は、3年間必死で作った有機の土を台無しにしたばかりでなく、トマリファーム全体に食品偽装のレッテルを張ってしまったのです


これはなんとも大変な事態になってしまいました限界集落株式会社~トマリファームはいったいどうなっちゃうの?。美穂は、正登は、そして多岐川は、この事態にどう対処していくのでしょうか?


限界集落株式会社は、いよいよ来週が最終回です


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は限界集落株式会社のレビュー一覧」でお読みいただけます

限界集落株式会社 あらすじと感想 第3話 嵐

限界集落株式会社】の第3話は「嵐」です。これまたじんわり心温まる素敵なエピソードでございましたね限界集落株式会社のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下簡単なネタバレのあらすじです面白かったですね~♪


一時期の勢いはどこへやら、すっかり閑古鳥の住処となってしまった直売所で、美穂は皆に、前月分の売り上げ明細書を渡しています。その額、ほぼ一律3万円。これでは暮らしていけないとぼやかれるのも当然です


その上役場からは、村を通るバスも廃止すると通告されてしまい、ますます希望の見えなくなった美穂たちの前に、ようやく多岐川が戻ってきます谷原章介さんがまた食えない( *´艸`)。どうやら多岐川は、止村の会社登記をしていたようです。


「トマリファーム株式会社

と銘打ったその会社の社長は美穂で、生産責任者は正登だそうです。多岐川は、意外な急展開に驚く正登親子を一切無視し皆ボー然(~_~;)、村を逃げ出した正登が責任者なんて、との不満の声にも満面の笑みを崩しません


多岐川は既に「愛と有機のトマリ観光農園」というポスターまで用意しており、今後は、有機栽培に特化した観光農園を展開していくと説明しました。以前行った収穫体験のみならず、今後は、作付けから収穫まで参加できる

農業体験施設

を売りにしていくというのです。それには、安心安全かつ、食べて美味しい有機栽培を行っている畑が必要不可欠で、村で唯一、全面有機農家である正登が責任者であるべきだという理屈です


つまり今後は、村の農家が皆、有機栽培を展開せねばならぬということこれからは有機でお願いします(^^)/


これを聞いた村人は~鉄平(加藤虎ノ介)を除いて~皆こぞって反対しました聞いてねえぞ!。有機栽培のための土地づくりにはなんと10年もかかるそうなのです。農民たちの多くは高齢者ですから、今から有機に変更するのは無理があると、尻込みするのは当然です


それなら一部だけでも有機にすればと思うところなれど、それにも問題があるのだとか。その有機栽培の畑に虫や病気が出たら、他の畑にも一気に広がりかねないという危険性が常に隣りあわせなのだそうです


でも多岐川はあくまでも「過程」ではなく「結果」にこだわります。乱暴に言ってしまえば、消費者にとっては、たとえその過程でどんなに手間暇かかろうと関係ない。野菜は結局、出来上がってからの

価格、見た目、安全性、味

のどれかで判断されてしまうからです。そこで多岐川はその中の「安全」「旨い」で勝負しようとしているのです


これからは、日に2回、各農家ごとの売り上げのデータを携帯に配信します。これで、どこの野菜が旨くてどこのが不味いか、一目瞭然になります


ここでいつも辛辣な菅原が、農薬使用の是非について語っていたのも、農家の本音であり真実なのでしょう。農薬をすべて否定するのは間違いだ。たとえ農薬を使っても、使い方次第で「旨み」を出すことは可能だ。


「有機でないと旨くない」

と言うのは、頭で食べている証拠だ。


~でもここ10年ぐらいず~っと有機野菜に関心を寄せているおばさんに言わせると、やっぱり有機野菜はダントツで美味しいですよ。味がまったく違います


この点に関しては、多岐川も重々承知していたようです。なにせ前述したポスターの半分は「有機」で印刷されておりましたが、残り半分は「勇気」となっていたそうなので


多岐川は皆に怒りを発奮させて競争心をあおり、少しでも良いものを作ろうという奮起させるために、自分が悪者になったのですね


そしてその思惑通り、観光農園は軌道に乗り、直売所にも再び活気が戻ってきました


が、ようやくこれで希望の光が見えてきたと思われたその時、「嵐」がトマリファームを襲います。これは、東京時代の正登の恋人(井上和香)が訪ねてきたなんていう話とはまったく規模が違います


猛烈な豪雨は、皆が収穫を待ちわびていた野菜のみならず、せっかく登が守り続けて、今正登が引き継いだ大切な大切な有機の土地を、すっかり流してしまおうとしているのです限界集落株式会社をまたしても危機が襲います( ;∀;)


これにいち早く気付いた菅原が、自分が新しく育て始め、直売所の目玉にするはずだった大塚人参には構わず、真っ先に正登の畑に駆けつけてきてくれたのには泣かされましたね~。菅原ばかりか、他の皆も土嚢を持ってきてくれます


農業は常に自然との闘いです。どんなに毎日頑張ってきても、その成果はほんの一瞬で壊されてしまいかねません。美味しくて安全な「食」を提供するために、常に「まっすぐな心でもって大地に向かっている農家こそもっともっと報われて然るべきだと思うのはおばさんだけではありますまい


でも来週は、また何やら起死回生の展開が見られそうでしたね。あ~あれ、もちきび(もちとうもろこし)、おばさんも大好きだし、ほんの時たまだけどまだ食べられますよ


なにせタイトルが「大逆転!幻の野菜」だそうですからね~限界集落株式会社は続きもとっても楽しみです限界集落株式会社が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は限界集落株式会社のレビュー一覧」でお読みいただけます

限界集落株式会社 あらすじと感想 第2話 多岐川の秘策

限界集落株式会社】の第2話は「多岐川の秘策」です。これは実に楽しくてワクワクしましたね~。その上で、そうそう甘くはないんだよ~と最後は現実的な戒めで締めくくられていたのもなかなかでした。これで次回がますます楽しみになってくるというものです。以下簡単なネタバレのあらすじです限界集落株式会社のあらすじ行きますよ~(^^)/


ついに有機栽培を諦める決意をした正登に対し、多岐川は

10日間くれたら有機で一儲けしてみせる

と豪語しました。何としても祖父の残した「土」を守りたかった美穂も、多岐川をどことなく胡散臭く思いながらも、彼に一縷の望みを託してすがるしかありません。祖母の弥生(長山藍子)に至っては多岐川に食事まで振る舞います~とはいえインスタントラーメンでしたが


君んち、インターネットできる?


パソコンを持ち込んで何やら調べていた多岐川は、ある日突然、大型バス2台を引き連れてやってきました。彼は

「有機野菜を収穫してその場で味わうキャベツ狩り

を企画し、幼い子供をたくさん集めてきたのです。有機野菜は、子どもの健康を案じる母親層には受けがいい。子どもたちも、普段は野菜嫌いでも、自分が採った野菜なら、楽しんで食べてくれるはず


大勢の子どもたちを前にして「野菜の先生」になりきった弥生が、子どもたちの取ってきたキャベツを早速切り分けて食べさせると、それを子供たちが、まるでお菓子を頬張るように食べ、それはそれは嬉しそうに笑っている姿に、美穂は大いに感動してしまいます


じいちゃんの作った野菜を(他の)人が食べている姿を初めて見た!じいちゃんの野菜はやっぱり旨いんだ!!


ひとり頭2500円で50人集まれば12.5万の売上だと得意げに説明する多岐川を尻目に、正登や美穂はむしろ、その子供たちの嬉しそうな顔の方に勇気づけられたようです。


こうして、一応の成果を示した多岐川を、美穂は約束通り他の農家に紹介することとなりました。そこで多岐川は、

「朝どり野菜の直売所」

を提案し、自分が経営すれば1カ月300万の売り上げが見込めると断言します大きく出たな~( ;∀;)


直売所など以前にも試したが、誰も寄り付きもしなかったと、最初は皆相手にしなかったものの、美穂が多岐川を手伝うということで、とりあえずは野菜を提供してくれることになりました。でもその野菜は全て規格外ばかり。。。


俺たちにも暮らしがあるから


ところが多岐川はむしろ「規格外」こそ大歓迎だとうそぶきます。なんと多岐川は、その規格外の野菜を格安で「量り売り」することにより、本来は売り物にならない野菜をすべて売り払うことに成功したのです


前述したキャベツ狩り同様、食の安全に関心の高い主婦層や子供たち、お年寄りたちをターゲットに宣伝活動を惜しまず、直売所にはゆるキャラを置いた上、美穂と弥生特製の「サラダ丼」も売り出しました。てんこ盛りの新鮮な野菜に、刻んだお漬物を混ぜ込んで食べるのがミソだったのでしょうね


こうして迎えた1カ月後、直売所では300万を超える売り上げが挙がり、頑なだった他の農家も、率先してこの直売所に前面協力することを約束してくれます


この村があんなににぎわったのは久しぶりだ!!お祭りみたいだった!


これでいよいよ「止村の会社化」が実現か!?と思いきや、そう簡単には問屋が卸してくれません


最初の1か月を過ぎると、お客の足はぱったり途絶えてしまったのです。しかも、皆を扇動した多岐川は、借金を返してくるという言葉を残して上京して以来、音信不通となってしまったのだそうです


やはりあの賑わいは単なる物珍しさだったのか、多岐川は詐欺師だったのか!?


あの流れからすると、皆、

「規格外は受け付けない農協」

を離れてしまったに違いないのに、いったいどうなってしまうのでしょうか多岐川、戻ってこい~( `ー´)ノ


以前、農家の方から、農協に出すキュウリには規格を満たすために農薬を使うけれど、自宅で食べる分には一切農薬を使わないと聞かされて唖然としたことを思い出します。ドラマでは、見た目が悪い野菜には消費者が見向きもしないと言われていたように、まずは消費者が認識を改めないといけないですよね


みてくれの悪さや虫食いの跡こそが「安心安全」の証

な訳ですし、安全を買うためには多少高くても仕方ない~その分手間がかかるのだから、と考え直す必要がありそうです。


限界集落株式会社」は続きもとっても楽しみですね限界集落株式会社が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は限界集落株式会社のレビュー一覧」でお読みいただけます

限界集落株式会社 あらすじと感想 第1話 父の帰還

反町隆史さん主演の地域活性応援ドラマ、【限界集落株式会社】を覗いてみました。全5回と言うことですから、あまり深刻になりすぎず、でも、地方、そして農家の現状を訴え、応援するには、なかなか良さそうなドラマになりそうな気配でしたね。以下簡単なあらすじです限界集落株式会社のあらすじ行きますよ~(^^)/


舞台は、東京からおよそ6時間余り離れた止村(現在は合併して止地区)。反町さん演じる主人公の大内正登(反町隆史)は、ここで皆の反対を押し切って有機農業を始めましたが、13年前に何らかの事故が起きたらしく、それが元で村を棄て、東京へ逃げてしまいます


村に残された年老いた両親は、登の娘=美穂(松岡茉優)を育てながら、登が始めた有機農業を守ってきました。美穂の母親は~時期は分かりませんが~既に亡くなっているそうです。


一度でも農薬を使ったら畑がダメになってしまう!


登が戻ってきた時のためにも、と頑なに有機栽培を守り続けてきた登の父=一男(井川比佐志)でしたが、その過労がたたってか、ある時突然、運転の最中に亡くなってしまいます。


ずっと音信不通だった登も、父の訃報を知らされて故郷に戻ってきますが、再び農業に従事する気はないと答えて、また東京に舞い戻ってしまいます。登は東京でタクシーの運転手をしていましたが、13年経った今でもうだつが上がらず、決して満ち足りた生活を送っていた訳ではないのですが


一方、ちょうど就活の時期を迎えていた美穂は、祖父の死をきっかけに、農家を継ぐ決意を固めます。じいちゃんが守ってきた畑を、このまま潰すわけにはいかない!


周囲は皆、素人にできるわけがないと反対しますが、美穂は頑として聞きません。登が戻ってくれるのではないかと言う期待が裏切られても、祖母とふたり何とか畑を守ってみせると、わざわざ上京して登に断言したほどです


が、言うは易く行うは難し~途方もなく広がるキャベツ畑を前に途方に暮れていた美穂の前に、ようやく登が戻ってきました。もう一度、農業をさせてもらう。よろしくお願いします。


ようやく皆の前で頭を下げた登を皆が快く迎えてくれたまでは良かったのですが、今度はここに生産調整という難問が付きつけられます。美穂の畑はキャベツを作っているのですけど、どうやら今年は豊作すぎて、収穫しても二束三文になってしまうらしいのです。つまり、手間暇かけて収穫しても、文字通り徒労に終わってしまうということ


農業を、有機栽培を続けていくことはもう無理なのか?


絶望しかけていた親子の前に現れたのが、経営コンサルタントの多岐川優(谷原章介)でした。多岐川は、以前東京の会社で美穂の面接をした側の人間でしたが、どうやら借金取りに追われているらしく、実家の止村にこっそり舞い戻ってきたのだそうです


村全体を会社にすれば一儲けできる!


農業には、特に有機農業にはまだまだ可能性があるとうそぶく多岐川は、いかにも胡散臭そうですが、言ってることは間違ってないですよね。安全で体に優しい、かつ美味しい有機農産物を求める消費者は、全国に五万といるのですから


合併したら、村が活性化する、人口も増えると言われて踏み切ったのに、実際には寂れ廃れるばかりだったという本音もよく聞かれるところです。まさに後悔先に立たず。。。


そんな、文字通り崖っぷちに立たされた止村を救う策はあるのか?多岐川の繰り出すであろう起死回生のアイディアを想像するだけでワクワクしてきます。「限界集落株式会社」は続きもとっても楽しみです限界集落株式会社も面白そう♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は限界集落株式会社のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング