このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ようこそ、わが家へ
 池井戸潤原作

ようこそ、わが家へ 最終回 あらすじと感想 まんまと楽しく騙されました

ようこそ、わが家へのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


池井戸潤氏原作の【ようこそ、わが家へ】もついに夕べが最終回でございました。いや~久しぶりにまんまと、でも楽しく騙されてまずまず大満足です。ただ一つだけ~ちと腑に落ちん事があったけど、それはまた後ほど。以下早速ネタバレですようこそ、わが家へ~最終回のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


まずやはり「名無しさん」は実際に第三者として存在していました。これ、絶対阪田マサノブさんだと思ったんですが、それはフェイクで、実際には市川猿之助さん演じる赤崎信士という雑誌の副編を務めたこともある男だったのだそうです。ここはまんまと引っ掛けられてしまいました


またこの男がしていたネックレスに刻まれたイニシャルはMAではなく「MH」、森英恵的な()ブランドものだったのだとか。しかも明日香とお揃いじゃなかったですね先走りすぎやろ(;´・ω・)~どんだけ妄想逞しくして見てたんだか、我ながら感心してしまいます


赤崎は、仕事を通じて知り合った明日香に惹かれていたらしいのですが、駅でたまたま明日香を見かけて近づこうとしたのに、それが割り込みだったため、健太に注意されたところ、

自分の事を全く覚えていない明日香からまでダメだしされた

ことを逆恨みして、ずっと健太を狙っていたのだそうです。この時点で明日香は赤崎を認識できていなかったという設定はなかなか面白かったですよね~


が、その後明日香は赤崎の正体に気づいてしまったのだそうです。明日香は赤崎のストーカーのきっかけとなったのは自分だと気づいてショックを受け、その卑怯な手口が許せなかったのだそうですが、それならそれで、

なぜその時点で警察に届けなかったのか

という点、つまり、名無しさんを野放しにしていた「動機」の説明が今一つ不十分だったように感じたのはおばさんだけでございましょうか


復讐=自分の手で赤崎を捕まえる、と言っても、もう既に自宅も分かっている訳ですし、ドラマにもあったように「たばこの吸い殻」からDNA鑑定が可能なのですから、今さら確証を見つける必要もありません


まさか、自分を家族のように受け入れてくれた倉田家のために、

赤崎の自転車のサドルに傷をつけた

のが復讐ではありませんよね


おばさんが(性懲りもなくまた妄想するに、やはりここは(前回申し上げたように)

「ルポライターとしてのサガ=記者として独り立ちしたいという欲求

が、明日香を引き留めてしまった、それを明日香も重々承知していたから、自分もまた裏でこそこそ細工をする「卑怯な名無しさん」だった、と猛省していたのではないでしょうかね~。だからこそ、この

「倉田青年の事件簿(仮)」

を予定通り出版せずに、1冊だけ倉田家のためだけに製本したのではないでしょうか。あの「無罪の家族写真が表紙になったのはでもよかったな


と、負け惜しみはこれぐらいにして、それ以外は本当に楽しかったです


上でも触れたように、健太が卑怯なストーカーに対して、

僕たちは堂々と戦ってきた、隠れてこそこそ嫌がらせする人間など怖くないこの卑怯者っ!

とキッパリ立ち向かったのも素晴らしかったし、静岡に面接に出かけた七菜が、面接官からリベンジポルノの件を聞かれた際、少しも臆することなく事情を説明し、自分がここまで来れたのは全て、

いつもは頼りなく思えたけれど本当は強くて優しい家族のおかげ

だったと涙ながらに、でも誇らしげに語ったシーンには思わずもらい泣きしてしまったほどです。ここで七菜が語った「倉田家の家族」に対する感想は、まさにおばさんが感じたのとまったく同じだったから尚更です


余計なことに首を突っ込まないがモットーだった太一も、部下とそのプライドを守るために何度でも諦めずに食い下がりましたし、いつもヘラヘラ笑ってくだらないギャグを飛ばしていた天然母の珪子も、家族を守るためなら、普段の珪子からは想像もできない様な強さを見せつけてくれました


また、その太一の会社の方も、これ以上に無い大満足の結末を迎えています。やはり真瀬は「詐欺」を働いていたことが最後に明らかになりました


なんでも真瀬は昔、とある電機会社の創設メンバーだったそうなのですが、そこが倒産した際、青葉銀行の川崎支店から厳しく債権回収を迫られたそうなのです。当時、両親の家まで担保に入れていた時に金を貸して救ってくれたのが、相模ドリルの社長だったのだとか


そして、真瀬と同じ創設メンバーだった仲間がその後立ち上げた会社が、今回再び倒産に追い込まれたイーグル精密だったのだそうです。2回も倒産させるなんて経営能力がないとしか思えんね


イーグル精密の倒産をいち早く知った真瀬は、相模ドリルから3千万で購入したドリルをイーグル精密に一旦は手形取引で転売しましたが、この手形が予定通り不渡りとなったため、これを再度回収して新潟半導体に送ったのだそうです。新潟半導体は、購入先が相模ドリルだと思い込まされていたため、代金の3千万を相模ドリルに支払った~つまり真瀬は結果として相模ドリルに3千万を不正に融通したという訳です


ここは真瀬の陰謀よりも、3千万もの損失を出しておきながら単に不渡りだ~で済ませようとした持川社長のずさんな経営が信じられませんね


太一が、ようやく非を認めて社長に頭を下げた真瀬に対し、

謝る相手が違うだろう、何度もその正義を踏みにじった西沢摂子に頭を下げるべきだ太一もカッコよかったですね(^^)/

と食って掛かったのが実に頼もしく、おばさんもまた、摂子同様胸が熱くなるのを抑えることができませんでしたよかったね~シルビアちゃん(^^)/。ちなみに、珪子が八木に会ったのは、太一を助けてやってほしいと頼みに行ったからだそうです


その上太一は、社長から会社に残るよう頼まれたのを断って、この摂子を「総務部長」に推薦してくれたのだそうです。いや~ここは本当に涙が出るほど嬉しかったよくぞ言ってくれた(^^)/


これでこの摂子も余裕が出てきたのか、ようやく蟹江の誘いにも乗ってくれたようです。明日香が執筆し、健太がそのイラストを描いたという小説のタイトルが

1万回メールを拒否られても幸せをつかんだ中年男の話

だそうですから、もしかしたら結婚したのかもしれませんね。これにも大笑いでした


ドラマは、こうして何もかもすべて解決したかのように思えた倉田家の花壇がまたしても荒らされたところで、その幕を閉じました。これは、人間の憎悪など、いつどこからぶつけられるか分からない、という警告でございましょうか


ようこそ、わが家へ」は、色々な要素がたっぷり詰まって、なかなかお徳なドラマで楽しかったですね


また最後になりましたが、ついつい調子に乗って妄想をとうとうと語ってしまったおばさん、最後までお付き合いくださいましたありがたい皆々様には、毎度のことながら、深く感謝申し上げます。また来期も楽しいドラマをご一緒できますよう願っております。気候が不安定な折から、どうぞくれぐれもご自愛くださいますように


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はようこそ、わが家へのレビュー一覧」でお読みいただけます

ようこそ、わが家へ
 池井戸潤原作

ようこそ、わが家へ あらすじと感想 第9話 名無しさんはカムフラージュか?

ようこそ、わが家へのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


池井戸潤氏原作の【ようこそ、わが家へ】も終盤に来て大いに盛り上がってきましたね~。前回どうにも腑に落ちない点がいくつかあったのも、今回でスッキリいたしました。後は「真犯人解明」に向けて妄想全開でござりまする。以下早速ネタバレですようこそ、わが家へのあらすじネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


まず今回おばさんが注目したのはこの2点でした


  1. 波戸と民子は共犯だった
  2. ニット帽をかぶった男=名無しさんはどうやら「カムフラージュ」らしい

まず1点目から見てまいりましょうか


個人的に、前回明らかにされた設定~波戸が盗聴犯かつ空き巣だったというのがどうにもピンと来なかったのですけれど、やはりそれは「偽り」だったそうです。空き巣は

「夫がリストラされた挙句に家を出て行った民子」

の仕業だったのです。ですよね~だってそうでなければ、あの「ハワイ旅行が何の意味もなさなくなるもの


なんと民子は例の置時計から波戸が盗聴マニアだと知って以来、それをネタに波戸を脅迫していたのだそうです。これも大いに納得です~。民子は、夫が左遷されてもいつも笑顔を絶やさない珪子を恨みに思い、珪子を陥れたい一心で、波戸に民子を誘惑させようとしたようです。それでこそ、民子が突然旅行をキャンセルした意味も出てきますし、

「波戸先生が私を好きだとは思えなかった

という珪子の一言も活きてくるというものです。この伏線がたまりませんねようこそわが家へは正統派のミステリーです(^^)/。ピザの大量注文などの嫌がらせもこの民子の仕業でした~こちらは名無しさん事件に便乗したようです。


その上、波戸はむしろ民子を愛していた様だったというのも面白かったな~。波戸は、珪子ではなく民子の作品に象徴されている民子の危うさと激しさに心を惹かれ、彼女を助けたいと思った、だからこそ、こんな卑劣な犯罪にも手を貸していた、というのです。まあ、盗聴も相当卑劣ですけど、最初に捕まった時、空き巣が民子の仕業だと白状しなかったのも、その「愛」の表れだと思えば、これまた大いに頷けるところです


民子さんもそんなに悪い人じゃなかった。疲れすぎて何かが狂ってしまっただけで


自分を殺そうとした民子を庇ったこの珪子の言葉も真実なのだと思います。陶芸の作品も、珪子は銀賞で、民子が金賞を受賞していたようでした。


と、前半だけでも相当面白く見ていたのですが、肝心の「本物の名無しさん」は誰なのか、あれこれ思いをめぐらしていたその時、蟹江が面白いセリフを吐きました。それが、倉田家ストーカー事件を書いたレポートの「製本化」です


もしかしたら、やはり「名無しさん」は蟹江であって、まさに民子と波戸のように、明日香と共犯関係にあるのではないか?いわゆる、ネタのために「名無しさん」の犯行をでっち上げたのに、それが他の「模倣犯」によってどんどん事が大きくなってしまったことに、半ば戸惑いながらも、一方では、思いもよらなかった絶好の記事が書けたことに、ふたりはこっそりほくそえんでいるのではないか?


でもこの推理には~以前も触れたように~大きな欠陥があります。それは「本物の名無しさん」を目撃したのは、明日香だけではなく、健太も同様だということ。ふたりがふたりとも、

「名無しさんはニット帽をかぶった30代前半の男」

と断定していることが、これまでもずっと引っかかってなりませんでした。しかも今回、健太は再び「名無しさん」を地下通路で目撃し、その後を追ったために怪我までしているのです


「俺は絶対にあいつを捕まえる!


父に向かってそう断言していたことから、最初の名無しさんの定義が変わったとは思えません。つまり、本物の名無しさんは、

「倉田家の家族も我々視聴者もまだ見たことのない人物

であるはずなのです


そこに満を持して登場したのが、なんと阪田マサノブさんでした


明日香と同じネックレスをし(M・A~Mなんとかと明日香Asukaかな)、名無しさんである証のあの指輪を右手の中指にはめた、どうやら明日香と深い関係(兄?恋人??)にあるらしいこの人物こそ~そのシルエットからしても~本物の名無しさんに違いありません名無しさんは阪田マサノブ!で間違いない!


あ~あ、やっぱり後出しじゃんけんだったか


とちょいとガッカリしたのはつかの間で、最後の最後にきたこの明日香の「告白」で再びピンときたおばさんです


黒い感情に突き動かされ、復讐に走ってしまった愚かな私自身の物語である」


つまりは、明日香が犯人なのはまず間違いないということですが、問題はその動機ですよね~それが分からないばかりに、以前もこの明日香を犯人と特定することができなかったのですから


そこで、おばさんは再びこう閃きました


明日香は「イニシャルMの男性」(阪田マサノブ)を使って、自分の思い通りのシナリオを描き、ストーカー事件をでっち上げたに違いない!でもシナリオを描いたのは明日香!!(≧▽≦)


つまりここで、最初の「蟹江と明日香の共犯説」に戻るという訳です。が、明日香の相手は蟹江ではなく、この「ニット帽の男」だったということ。自分が「本」を書くために、最初の事件を利用し、その後の展開を膨らませていった、と


でもここ~最初から仕組んだことなのか、それとも、健太が注意した相手が偶然知り合いだったことから、その後の「事件」を思いついただけなのかはまだ分かりませんけどね


それに、単に「本を書きたい」「名前を売りたい」というだけで「復讐に走った」という言葉が出てくるのかどうかが腑に落ちないところです。他の例同様、これまで見逃してきたごく小さな出来事が、明日香のこの「復讐」を示していたのかもしれません。そのヒントは、以前健太が明日香に代わって仕事をした時なんかにあったのかしらん?


とはいえ、これらは全ておばさんの推理(妄想)に過ぎないかもしれませんけど、久しぶりに絡まった糸がスッキリほどけたような爽快感を味わえて、実に楽しかったです~。この整合こそミステリーの醍醐味ですから。この推理が当たっているかどうかは、それは二の次三の次、なのでござる~自分がそれで納得さえできれば、何ら問題ありません。楽しいのは推理の過程そのものなのです


一方、太一の会社の方は、またしてもすっかり真瀬にしてやられてしまったようです。それを西沢から聞いた健太が、親父はオヤジでかたをつけろと、激励したのがなかなかでしたね。自分と七菜も、自分自身を守れるぐらいに成長したのだから、親父もいつまでも逃げてばかりいないで、最後ぐらいはきちんと戦え、という訳です


ここで、どうやら昔、八木と太一の間で三角関係にあったらしい珪子が、八木とホテルに入っていったようなのは、これは引っ掛けですよね~きっと。いくら昔ほのかな恋心を抱いていたかもしれないとはいえ、今さらあの珪子が、夫の復職(出世?)を頼むために、八木と付き合うとは思えませんし。この3人の関係は1話でなんとなく感じたけれど、ちと安っぽすぎて敢えて触れなかったぐらいですから


さ~ていよいよ来週は最終回です。途中、特に前半はかなり物足りなく感じられた「ようこそ、わが家へ」でしたが、ここに来て、社会派要素とミステリー要素のどちらも大いに堪能できてか~なり満足しています。後は明日香の動機だけですね~ここがしっかり締めくくられるとよいですね。続きもとっても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はようこそ、わが家へのレビュー一覧」でお読みいただけます

ようこそ、わが家へ
 池井戸潤原作

ようこそ、わが家へ あらすじと感想 第8話 盗聴犯逮捕!

ようこそ、わが家へのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


池井戸潤氏原作の【ようこそ、わが家へ】では

ひとりの犯人ひとりの容疑者

が明らかになりました。以下早速ネタバレですようこそ、わが家へのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


犯人の方はなんと「波戸先生」でした。この人はいかにも怪しそうなのがそのまんまで苦笑いでしたね~。波戸は、陶芸教室の生徒に

「プレゼント」

と称して贈った時計の中に盗聴器を仕掛けていたのだそうです。振り込め詐欺に引っかかるなんてマヌケだと笑っている世の自称セレブの奥様方も、決して油断はなりませぬ


健太たちにその正体を暴かれて逮捕された波戸は、警察の取り調べで、

七宝焼きのブローチ(と珪子の指紋の付いたペットボトル)を現場に残したのはふられた腹いせだ

と供述し、現金を盗んだのもこの男だったようです。


でも、この「ふられた腹いせ」という供述を聞いた珪子が、

自分を好きなようには思えなかった

と発言しているのがちと気になりました。確かに、かなり天然な珪子ですけど、これが何らかの伏線になるのでは?などと思えなくもありません。これまたお得意のうがちすぎでございましょうか


さて、これで残されたのは最初に行われた犯行~花壇、猫、FAX~ですけれど、それはどうやら下村民子の可能性が強くなってきたようです


陶芸仲間の中嶋が盗まれたというオルゴールが、民子の家、しかも荒れ放題の部屋の中に無造作に置かれていたのを健太が発見したのです。これは、波戸と珪子の写真を撮ったのは、二人が会うことを事前に知っていた民子に他ならない、と健太が疑ったことから明らかになりました


それにおそらくセレブ妻というのも大ウソで、どうやら独り暮らしをしているようでしたよね?ご亭主は出ていってしまったのでしょうか


とはいうものの、民子は確かに右手の中指に指輪をしていましたし、ホープかどうかは分からぬものの、煙草を吸ってはいましたけれど、それだけで民子が「名無しさん」だと断定するのはちと早計な気がしませんか


もっと細かいことを言うなら、民子のしていた指輪は、いかにもセレブ気取りのおばちゃんがするようなぎらぎら系だったのに対し、名無しさんがしていたのは地味な指輪だったのですよね~。ここはまだまだ「引っ掛け」なのではありませぬか?


それに、もっと根本的な問題として、最初に「名無しさん」を見かけたはずの健太と明日香が、その人物を

「30代後半の男性」

と断定していたのもずっと引っかかっています。やっぱりちょこちょこ登場するあのおまわりさんが怪しくないですか?


~毎回アホ面をさらしている蟹江だったら泣いちゃいますね


とりあえず来週は、健太が珪子を無事救い出すことができるのか、に注目していきたいですね健太、走れ~っ!。何せ民子は珪子を殴り倒した上に、灯油をばらまき、そこに火を付けようとしていたのですから。もう「名無しさん」なんて呼べませんね~あれは完璧な狂人です


一方、こちらをメインにした全5話ぐらいの骨太社会派ドラマが見てみたい~とついつい思わずにいられない太一の会社の方も、ますますきな臭くなってきました。前回真瀬が逆襲した買収話も、どうやら頓挫しているらしいのが実情の様です


果たして太一はこの問題をクリアし、来期も無事ナカノ電子部品に残ることができるのでしょうか?銀行に深い恨みを持つらしい真瀬にも、太一の誠意が届いてくれたらよいのですが


ようこそ、わが家へは来週の放送が今から待ち遠しいですねようこそ、わが家も面白くなってきた(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はようこそ、わが家へのレビュー一覧」でお読みいただけます

ようこそ、わが家へ
 池井戸潤原作

ようこそ、わが家へ あらすじと感想 第7話 名無しさんの模倣犯が捕まりました

ようこそ、わが家へのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


池井戸潤氏原作の【ようこそ、わが家へ】は7話に来てようやく

「名無しさんの模倣犯

が捕まりました。以下早速ネタバレですようこそ、わが家へ~のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


なんと前回健太を刺した犯人は七菜の親友(を装っていた保原万里江(足立梨花)だったのだそうです!いや~顔すら覚えてなかったんですが、あの影の薄さにしてやられました


なんと万理江は七菜の元カレだった辻本に振られたのを根に持って、まずは辻本を「例の写真」で脅して七菜と別れさせた後、ずっと七菜に嫌がらせをしていたのだそうです


名無しさんの真似をしてゼラニウムを抜いたのも、盗聴器を仕掛けたのも、嫌がらせのメールを送ってきたのもこの万理江だったとはね~げに恐ろしきは女の嫉妬、そのものでやんしたね


最後に健太を刺したのも、本人は否定していましたけれど、本当は七菜を殺そうとしていたようです。こんな人間が、あの涙を武器にすぐにも釈放されるかと思うと、心底恐ろしくてなりません


また万里江は、2つの盗聴器のうち1つは確かに自分が仕掛けたがもう1つに関しては知らないと言い、現金を盗んだことも否定しているのだとか。


ということで、次は

「二人目の名無しさん(もどき)」

の登場でしょうか


今回は、陶芸教室仲間の家に空き巣が入ったとかで、その犯人としてなんと珪子が逮捕されてしまったのですけど、もちろん、これはフェイクであって、実際は、

波戸

と見せかけながら、その実(笑)、

金回りがよい(風を装っている)下村民子(堀内敬子)

と来るのではないでしょうか


現場に落ちていたという、珪子が波戸に返した七宝焼きも、平静を装いながら実は珪子を羨んでいた民子が波戸から盗んだのではありませんか?


お~のれ~他人の金でハワイなんぞに行きおって~っ!!下村めっ!!

とすっかり決めつけていますが、違っていたら申し訳ござりませぬ


それともこれも万里江同様、どこにいるか分からないぐらい影の薄~い人物=陶芸教室の仲間の仕業でなのしょうか?


また今回は本当の名無しさんと思われる人間の後ろ姿も明かされました。ニット帽をかぶり、ホープを吸っていたその人物は、右手の中指に大きなデザイン系の指輪をはめていました


入院中の健太を見舞った蟹江も右手に指輪をしていたように見えたんですが、あれは薬指だったでしょうか~今一つはっきり見えなくて残念です。それに、ニット帽をかぶった頭の大きさが蟹江にしては小さい?いや、十分大きい??


などと、今回はようやく犯人をあれこれ妄想できて久しぶりに楽しかった~


一方、太一は、真瀬にまんまと一杯食わされてしまいました


業績が不安定な会社との取引を憂えた太一は、銀行仲間からの情報を入手して、なんとかして真瀬と社長を思いとどまらせようとするのですが、実はそこには銀行が知らなかった企業秘密=合併の情報が隠されていたというシナリオです。合併さえすれば業績は必ず上向きになるというのです


手に入れた情報を右から左に流すだけじゃなく、自分で検証してください

とは、耳は痛いけれど、なかなか的確な注意でしたね見事に一本取られました


ようこそ、わが家へもいよいよ終盤に入って盛り返してきましたね~。続きもとっても楽しみですようこそ、わが家へも楽しくなってきた( `ー´)ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はようこそ、わが家へのレビュー一覧」でお読みいただけます

ようこそ、わが家へ
 池井戸潤原作

ようこそ、わが家へ 第3~6話 あらすじと感想

ようこそ、わが家へのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


池井戸潤氏原作の【ようこそ、わが家へ】もまだ一応見続けています。3話以降何も語らなかったのは、とりたてて語りたい展開が無かったからです。犯人に対するおばさんの推理も当初からほとんど変わっていません。が、今回はさすがに多少動きがあったので、ちょっとだけ~簡単なあらすじ感想をネタバレでまとめておきまするようこそ、わが家へのあらすじ感想行きますよ~( `ー´)ノ


最近は、七菜の元カレの辻本正輝(藤井流星)が「名無しさん」の最有力候補に挙がっています。七菜の古い携帯が盗まれ、そこに収められていた辻本と七菜の全裸の写真が送りつけられてきたこと、辻本が、ガスが捨てられていたあの雨の夜、倉田家の近所からタクシーに乗って帰宅したことなどがその理由です


でもこれは七菜も言っていたように、辻本は七菜と同じ写真を持っているのですから、わざわざ古い携帯を盗む必要はありませんし、自分への疑いを晴らすための仕業というのもちと考えにくいですよね


それよりも、今回健太に

「お兄さんなら妹を守ってやれ」

と言ったことの方が気になりました


その際いかにも怪しげな顔をしていたのは、それこそ演出上のフェイクであって、本来辻本は、七菜を守りたくてストーカーまがいの行動をとっているのではありませんか?七菜とラブラブだったのに、突然辻本から別れを切り出したのも、別れたくは無かったのにやむを得ない事情があったから~というのが自然な気がしますけど。


ということで、またしても~おばさん的には~真犯人の目途がつかないままなのです


セオリー通り、いかにも怪しくない明日香が怪しいような気もしますが、今一つ決め手に欠けるのが難点ですよね~。大体、この明日香、無表情すぎてまったくキャラ立ちしてないように感じるのはおばさんだけでしょうか。それとも、それが狙い??


今回健太は、ついに名無しさんが許せなくなり、名無しさんが仕掛けた盗聴器を逆手にとって「罠」をしかけ、彼もしくは彼女を家におびき寄せたまではよかったものの、その後、七菜を庇って腹部を刺されてしまうのです。その時の背格好から言っても、少なくてもこの犯人は明日香ではないような気がするんですが


まったく~太一があんな時にメールなんて送ってこなければ~画面が光って~気づかれずに済んだものを


その太一、会社の方は、さすがに池井戸作品だけあって、こちらはなかなか入念なストーリー展開になっていますね。ここでは本来サブストーリーなのでしょうが、こっちをメインに話を膨らませた方がよかったのでは?と思うほどです


相変わらず真瀬は食わせ物で、次々と「不正」が発覚するんですが、太一と摂子がなんとかこれを暴こうとするのに、いつもしてやられるのが、何とも悔しい限りですよね。摂子もいっそ、見かけによらず頭のキレる蟹江を抱き込んで、真瀬の弱みを握るというのはいかがでしょうか


その蟹江こそ、これまでまったくのノーマークでしたが、彼が犯人っていう線は無きにしも非ずかもしれません。明日香は最初からそれを知っていたのに、何らかの理由から黙っている~という展開なら、納得がいくと思いませんか。それにしてもピースが少なすぎるケド


冒頭にも書いたように、これと言って目立った進展が見られないので、ミステリーでも社会派でもない、なんとな~くボンヤリしたドラマになってしまっているのが実にもったいない気がします。それともこれは、

それ今いらんやろ特にお母さん、うるさすぎ(;´・ω・)

な、倉田家の無駄話に楽しく笑うべきホームドラマだったのでしょうか。あ、ついつい本音(愚痴)が出てしもた


主役の健太と太一は彼らなりに頑張っていてそれなりに好感が持てますし、皮肉抜きで、ホームドラマとしてはなかなか温かい雰囲気でいいんですけどね~。せっかくのミステリー仕立てをもう少し生かしてくれると嬉しいですねkaeru4


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はようこそ、わが家へのレビュー一覧」でお読みいただけます

ようこそ、わが家へ
 池井戸潤原作

ようこそ、わが家へ あらすじと感想 第2話 皆が怪しく見えてきた

ようこそ、わが家へのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


池井戸潤氏原作の【ようこそ、わが家へ】、今週は第2話です。さすがに大きな展開は見られませんでしたが、個人的には健人の話が引っかかりました。以下、妄想交じりのあらすじですようこそ、わが家へのあらすじ行きますよ~(^^)/。(妄想と事実の区別は一応つけてあります


健太は今回、自分が駅で注意した男は30代後半ぐらいで、わりとちゃんとした格好をしていた、と語っていました。これは第1話でも明日香がそう指摘していたのですけど、視聴者としてはハッキリ見えなかったことから、もしやミスリードなのではないかと、敢えて取り上げませんでした


が、ここで健太がそう念を押したということは、はっきりと顔は見なかったまでも、その風貌は認識していたということでどうやら間違いなさそうです


倉田家で再び警察にいやがらせを通報したところ、事情聴取にやってきたのは木下(夙川アトム)という巡査でした


木下は、健太から「駅の男」についての話を聞き、健太が拾っておいた煙草の吸殻を回収していきました。FAXの送信先を突き止めるにあたっては、個人情報の開示にあたるため、裁判所に許可申請をしなくてはならないそうですが、これを聞いた家族が皆、いかにもめんどくさそうに断っています


ここで犯人(=今後は「名無しさん)を特定するのはまだ早計でしょうが、この木下もちと怪しくないですか?パトロールをしていたはずの警官が実は犯人だった、という展開は一昔前のミステリーではよく見かけられたパターンです


警官という職業についているだけに人一倍プライドが高いのに、それを傷つけられたことを異常に根に持って、職権を乱用して執拗なストーカーに変身する!?犯人は木下か!?


な~んて、単なる妄想倒れに終わりそうですが。でもあの「煙草の吸い殻」は引っかかりましたよね~。だって通常ならあれでDNA鑑定やら指紋採取やらできるではありませんか。まだ犯人の物とは限らない、という前提があったとしても、

「前科者」

かどうかを調べることぐらいはできるでしょフツーは調べん?。と思うのは、アメドラミステリー飲みすぎでしょうか


また前回、倉田家のポストに入っていた猫が死んでいなかったというのには一安心です。も~てっきり殺されていたのかと思ったら、怪我をしていただけだったそうです。世にも愛らしい子猫がその後「ガス」と名付けられて、倉田家で飼ってもらえることになったのには大喜びでした


とはいえ、その後も「名無しさん」の嫌がらせは執拗に続いていきます。せっかく植え直したゼラニウムは再び引き抜かれ、今度は車も傷つけられてしまいました。ここで、明日香がいみじくも指摘していた

「手口が元に戻った~レベルダウンした」

ことも気になりますね。これは犯人が少し攻撃の手を緩めたことに他なりません。(やっぱり木下か!木下に違いないっ!!(≧▽≦)~っていい加減に妄想は止めなはれ!

と思っていたら、その後すぐにまた新たな攻撃が始まりました。なんと「名無しさん」は健太の母=珪子と陶芸教室の講師=講師の波戸が食事をしている写真を盗み撮りして倉田家のポストに入れていったのです


当然健太は、母が不倫しているのだと思い込んでしまいます。もちろん、いかにも夫一筋の珪子にはそんな気はまったくありませんが、波戸の方はかなり珪子に気がありそうです


また今回は、その健太が明日香の会社=円タウン出版社を訪ねていったことをきっかけに、そこの編集長の蟹江がこの事件に興味を示し、健太をデザイナーとして専属契約してくれました。明日香だけだとちと頼りないですが、一見ものすご~く頼りなさげに見える蟹江は、実はなかなかの切れ者らしいので、今後も健太の力になってくれそうで安心です。ちなみに、シルヴィアちゃんはやはり摂子で間違いありませんでした


健太は蟹江に無理矢理頼み込んで給料を前借し、家に防犯カメラを設置します。車が傷つけられたのは設置後の出来事だったため、早速これを調べたところ、どうやらそこには気になる何かが映っていたようです早く見せんかっ!


一方の太一もまた、会社で悪戦苦闘中です。摂子が再び真瀬の不正を嗅ぎ付けましたが、前回同様、うまく切り抜けられてしまいます。まったくね~社長もグルだってことはもう明白なんですから、社長に言ったところで問題が解決するはずもないのに


得意先の接待だと言って請求していた経費は、実はアルバイトの慰労代のためだった、私は「横領」などしていない!と啖呵を切っていた課長さん、それも立派な「横領」ですよ~いっそ警察に突き出せ!


それなのに太一は情けなく、私の勘ちがいです、すみません~ときたもんだ。ああ、歯がゆい


その上、これまた珪子の時と同様、太一が摂子と食事をしている写真が会社にFAXで送られてきます。こちらもまた、まことしやかにふたりは不倫している!と噂が流れてしまいます


これもまた「名無しさん」の仕業なのか、それともこれは別口で、真瀬のやらせなのでしょうか。もしくは、手口が同じだけに、珪子の件も真瀬の仕業だったのか~だとしたら、営業マン、暇過ぎやね


と、今回はざっとこんな感じだったでしょうか


何せまだまだ情報量が少ないため、出る人出る人、皆怪しく見えてしまいますね。あれこれ惑わされぬよう()、事実は事実としてシッカリ抑えて成り行きを見守っていきたいです。「ようこそ、わが家へ」は続きもとっても楽しみですねようこそ、わが家へも楽しみ~♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はようこそ、わが家へのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング