このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ヤメゴク 最終回 あらすじと感想 ヤメゴクサイコー!

堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】もついに終わってしまいました~。最終回がまたメチャクチャイイ話でしたよね。も~三ヶ島が泣き出した時にはおばさんもすかさずもらい泣きです。それにあの水島が三ヶ島に宛てた「本心が気になってたまりませんドキがムネムネ~どすえ~!(≧▽≦)。あれはやはり恋文だったのでしょうか?


それはきっといつかどこかで明かされるに違いないと信じて、とりあえずは以下、最終回のあらすじをまとめさせていただきまするヤメゴクのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、気になっていたサー君こと佐野はやはり「潜入捜査」だったことが明らかになりました。佐野は元々証券会社のトレーダーだったそうなのですが、その後警察に入って捜査二課の財務捜査官になったのに、元来の志望動機だった

「同じスキルを使って逮捕する側になりたい

が叶えられず、刑事の依頼で不正取引を見つけ出すだけの張合いの無い毎日に嫌気がさしてしまったのだそうです。


2年前に佐野から相談を受けた谷川は、

「胸がドキドキする、生きている実感が湧く業務

を果たす刑事になりたいと申し出た佐野に、潜入捜査が成功すれば刑事推薦してやると約束し、表向きは足抜けコールへの出向で、裏では水千組への潜入捜査を命じたのだそうです。きっかけは、ほかならぬ麦秋が、自分は外から貴船組を追いつめるが、中から追いつめる人間が欲しいと要求したことだったのだとか


今佐野は、貴船組と水千組を破産に追い込もうとしていました。それを知った麦秋と三ヶ島は、必死で佐野を止めようとしますが時すでに遅く、二つの組は莫大な負債を抱えることになってしまいます。が、それは不動産と海外資産をすべて処分すれば返せる額でもあるのだとか


三ヶ島が警察官らしく「法定速度」を守って佐野を追いかけているその隣で、自分は変わらないと言いながらも、あのずっと左目に掛かっていた前髪を上げ、

「もう誰も傷つけないためにヤクザを憎み続け、取り締まり続ける足抜けコールを続けます( `ー´)ノ

と語った麦秋は、誰の目から見ても大きく変わりましたよね。これでようやく麦秋も足抜け出来たに違いありません


一方、一命は取り留めたものの、ついに崖っぷちに立たされた橘は、関東貴船組の二次団体=浅間組と武尊組のふたつを赤城会の石川に託し、貴船組と水仙組を解散させると宣言しました


俺の娘にまんまとしてやられただけだ


ついに「親父B」)を逮捕した麦秋でしたが、この橘と水田を警察に連行しようとしたその時、水田を狂わせたのは橘だと思い込んで恨みに思った鷲頭が、どすを抜いて橘を刺し殺そうと向かってきます


これを、今度は水田が橘を庇って刺されました。心臓に命中したどすは奥深く突き刺さったようで、水田はその後まもなく絶命してしまいます水田、死ぬな~っ!(>_<)


(庇ったのは)俺の親だからですよ


本当の息子なら、親より先に逝ってはいけないと嘆く橘が気の毒でたまりませんでした。麦秋が橘に手錠をかけた時、その橘に向かって敬礼をしたシーンも、鷲頭に襲われそうになった橘に、

「お父さん!危ないっ!!

と呼びかけてしまったシーンも、当分忘れられそうにありません大島さん、本当によかったよ~(^^)/


その後、麦秋の母由美子が橘に会いにやってきますが、麦秋は面会を認めません。「娘」としては認めたくても、私は警察官だから、お母さんが嘘までついてならせてくれた警察官だから、認められないというのです。お母さんも辛かったね。ありがとう


そこで由美子は、橘と最初に会った「麦踏神社」のお守りを置いて帰っていきました。橘があの時あそこにいたのは「的屋」として祭りの準備をしていたからなのだそうです


今日は家へ帰ります
(I'm going home~はシャレでしょうか


麦秋がそうつぶやいた時、まさかの内線電話がかかってきました。なんと仮出所を果たした麦蒔(渡部豪太)が橘に謁見を求めてきたというのです。


ここでは麦蒔が一刻も早く仮出所したかった理由が明かされます。麦蒔は、刑務所内で自分の受け皿になると約束し、麦蒔より早く出所した「養父」が病の床に就いたのを知り、その最期を看取りたかったからなのだとか


実の父のおかげで義理の父の最期を看取れたと礼を言った麦蒔は、今度は自分が橘を初めとするヤクザの受け皿になると申し出ました。麦蒔が堅気になるなら受け入れると約束してくれた土木会社が、彼らの面倒を見るというのです


自分一人の意志では皆の足抜けを決められないと渋る橘のために、今度は麦秋が奔走しました受け皿を探しに行きました(^^)/


関東貴船組と水千組の構成員総勢672名のうち362名が足抜けを希望したため、まずは足抜けを希望しなかった310名を全て赤城会が引き取ることになり(これもまた後に足抜け希望者が出たそうです)、残りの362名中341名を麦蒔が引き取ることになりました


残りの足抜け希望者=21名は、

橘勲に付いていく!

と言い張ったため、麦秋と三ヶ島は、ここに橘を加えた22名を「的屋」として麦踏神社に送りこみます。今そこでは麦秋の妹のさくらが巫女(みこ~「へじょ」ではありませぬ)として働いています


季節はちょうど麦秋が産まれた頃だったそう=「祭」の時期だったのですね~(麦秋は初夏の季語)。この祭りがまた実に豪華でした。ちなみに宮司の常盤田宗伯役を演じられたのは石川五ェ門@ルパン三世の声でお馴染の井上真樹夫さんです。


お祭り大好き(^^)/

麦秋も愛用の「勝負ズロース(赤)や、「焼きムルキンチョ」はもちろんのこと、「お面屋」に秘かに掛かっていた

「仮面(@アイムホーム

もおばさんは見逃しませんでしたよ~余裕ですね~♪。あのDVDやCDを売っていたのもヤメゴクの音楽担当をなさった方々なのだとか


「巫女(みこ)」を「へじょ」と言って憚らないさくらの姉だけあって、麦秋が「昔取った杵臼」(正しくは杵柄)とボケたのにも大笑いですし、小っちゃなリーゼントをしたミニ三ヶ島がわさわさとお好み焼き目当てに三ヶ島を取り巻いていたのもいかにもお祭りらしくて楽しかったな~。後は、橘たちが「カタギの的屋」として全国を回れるよう願うばかりでございまする


また最終回にやはりあの人=仲間由紀恵ちゃんは欠かせぬらしく、ごくせんや貞子はもちろんのこと、テンペストの孫寧温まで登場していたのが嬉しかった~そう言えば舞台は堤監督でしたっけね


北村一輝さんや遠藤憲一さんは言うまでもありませんが、主役の大島優子さんも素晴らしかったです。最初の頃の暗く屈折した顔つきと、最終回の、明らかに「足抜け」をした晴れ晴れとした顔つきの違いも歴然で、こちらまで笑顔になりました。これで駐在の岩井田さんもきっと喜んでくれるはず


いや~本当に楽しかったです。これこそ大大大満足でした!!是非SPや映画化など視野に置いてほしいものです。もちろんヤメゴク2でもいいですよ~ヤメゴクはサイコーに楽しかった( `ー´)ノ


matsuri2


番組公式本=「『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』ビジュアルファイル」は是非手に入れねば

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はヤメゴク~ヤクザやめて頂きますのレビュー一覧」でお読みいただけます

ヤメゴク あらすじと感想 第9話 黒幕現る!!

堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】は9話もまたメチャクチャ面白かったですね~!途中で、もしや~と思って最後に「黒幕」が分かった時には、思わず大騒ぎしてしまったほどですヤメゴクのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


やっぱりお前だったのかっ!?サー君、お前か!(>_<)


以下早速ネタバレですヤメゴクが面白すぎて目が離せん(^^)/


なんとですね~水千組の「客分」はサー君こと佐野直道だったのだそうです!これはでも、いつもは真面目を絵に描いたようなサー君が今回めずらしく、途中で「怪しげな雰囲気」を醸し出していたことから、なんとなくピンときた方も多かったのではないでしょうか


私は麦ちゃんさんの共犯者


そう言った後、過去に大きな失敗をしたからそれを何とか挽回しようとしていると続けたその台詞には、いったいどんな意味が隠されているのでしょうか?ここまで盛り上げておいて、実は

「潜入捜査だった!

なんてオチはありませんよね~どんだけ悪党なのか楽しみ~(≧▽≦)。とひとりで先走りながらも、思わず後ろを振り返らずにはいられません


と、この話は最終回のお楽しみに取っておくとして、今回もまた実に感動的だった任侠話、もとい、ヤメゴクの簡単あらすじもまとめておきますヤメゴクサイコー(^^)/


まず、これもまた衝撃の事実!でしたね~、なんと麦秋は橘の実の娘ではなかったのだそうです!?大どんでん返しがたまらん(≧▽≦)


なんでも由美子はヤクザ系に好かれるキャラらしく、一見真面目で大人しそうな銀行員の丸橋(平岡祐太)と交際していたら、その丸橋が一変し、行内での横領が発覚して犯罪者となったのだそうです。ここで丸橋の上司らしい支店長が片岡鶴太郎さんだったのにも驚きましたね~


罪を犯したのも全てはお前のためだと言われてショックを受けた由美子はすぐに丸橋を見限った物の、その後妊娠を知って、近所の「麦踏神社」で自殺を図ったのだそうです。


それを救ってくれたのが、当時はまだフツーのおヤクザ様だった橘だったのだとか。橘はその後2年間、ずっと由美子と麦秋の面倒を見てくれたそうです。つまり、橘は「仇」などではなく、麦秋の「命の恩人だったという訳です。


が、その後橘が関東貴船組の幹部となったことからふたりは別れることとなり、由美子はその後、正と結婚したのだそうです。そして正は、麦秋を自分の実子として戸籍に入れた上、決して真相を話してならないと由美子に約束させたそうです。だから由美子は、麦秋が警官になる時もこの秘密をひた隠しにしていたのですね


麦秋がこの事実を知ったのがまた何とも感動的なシーンでござった


今回は、橘に愛想をつかした水田がなんと「組ごと足抜け」を依頼してきたのですけど、橘がこれを止めようとする一方で、水千組と同じ関東貴船組の二次団体=浅間組の組長、入山黄明(中野英雄)と武尊組の組長、青峰亨(長江英和)は、橘の兄貴分だという赤城会会長の石川道三(石橋蓮司)の許可を取り、水田を殺しにやってきます


入山が放った銃弾から、身を挺して水田を庇ったのが橘でした


「おまえや麦秋は血がつながっていないけれど、俺の子どもに変わりはねえ橘~死んだらあかんっ!


これで水田はもちろんの事、麦秋もまたこれまで抱いていた恨みの矛先を失ってしまいました。いったい私はこの3年間何をしてきたの!?麦秋が可哀想すぎる(;O;)


橘を憎むあまり、闇雲にヤクザを恨み、大勢の人々を苦しめてきた自分を再び責める麦秋に、三ヶ島は優しくこう言い聞かせます


今度はお前が足抜けする番や


今回、橘ともみ合った三ヶ島が~多分芝居で~バッタリ倒れ込んだのを見た麦秋が、念願の橘逮捕の瞬間を逃してまでも、三ヶ島を心配したシーンが忘れられませんね~。どんなに突っ張ったところで~赤いパンツも証明しているように~やはり麦秋も三ヶ島を愛しているに違いありませんんも~三ヶ島大好き(≧▽≦)。ちなみに赤パンは女性に良いと言われております


どうか橘勲を助けてください!


これまでの態度とは一変して橘を救おうとする麦秋に、容赦ない一言を浴びせかけたのは有留です。今さらそんな甘いことが通用すると思ってるのっ!?


それでも有留は「医者」として橘を助ける約束をしてくれたので安心です。予告にも橘の無事な「ムショ姿」が映っていたようですからね


その予告によれば、まだ最終回の撮影は済んでいないそうでしたが、来週には「必ず(三ヶ島風どすの利いたアクセント)楽しめることを期待しておりまするヤメゴク最終回が楽しみ~(≧▽≦)。ちなみに、正はなぜ、最後に病院を抜け出してきたのかな~がまだ気になっています


今回は、廊下を歩く「貞子」や、ムルキンチョの捕縛成功~可燃ごみ行?それともから揚げ??~、キラリーンx2と、小ネタも満載で大満足のエピソードでございました。そう言えば、橘が撃たれた直後に運び込まれた玉丼病院の担当医師は、三ヶ島や水原が大好きな(元)チェッカーズの

藤井尚之さん

だったそうです。いや~この凝り方がたまりませんね~。さすがは堤監督、決して期待を裏切りません


あ~やっぱりヤメゴクはサイコーでござるね~!これは来週の最終回が今から待ち遠しくてたまりませんっ!!ヤメゴクを最後まで応援します( `ー´)ノ



番組公式本=「『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』ビジュアルファイル」が出るそうですよん

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はヤメゴク~ヤクザやめて頂きますのレビュー一覧」でお読みいただけます

ヤメゴク あらすじと感想 第8話 橘と三ヶ島から目が離せん

堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】は8話も面白かったですね~。久しぶりに、本格的な「任侠映画」を見ているような気分でございました。特に「親分」の橘と、麦秋の相棒でめっぽう情に厚い三ヶ島からは、もう目を離すことができません。もし今後ふたりに何かあったら、もうショックで絶対に立ち直れませんヤメゴクのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


と、お得意の先走り妄想はさておき、以下簡単なネタバレのあらすじですヤメゴクから目が離せん(≧▽≦)


足抜けを希望している服役囚が橘の息子=麦蒔だと知った麦秋は、早速関東貴船組に乗り込んで行きました。三ヶ島も、誰に命じられずとも率先して麦秋についていきます。前回麦秋の出生の秘密を知ってしまった三ヶ島は、麦秋のことが心配で心配でたまらんのです


麦蒔の離脱願は自分が仕掛けたことですから、橘は快く、麦秋が差し出した「離脱承諾書」にサインをしました。が、同時に麦秋が持参した「絶縁状」には理事会の承認が必要と即答を断ります。これにサインされてしまうと、麦蒔は一生ヤクザの世界には戻れないのだそうです。


離脱は仮出所狙いのカムフラージュに違いない!


橘の思惑を阻止しようとした麦秋は、せっかく手に入れた「離脱承諾書」をあっさり燃やしてしまいました。が三ヶ島もまた、こちらもあっさり、もう一度貰って来れば済むことだ、と請け負います。このさりげないフォローがまたたまりませんね


が、橘はあいにく神戸に出かけてしまったことから、すぐに会うことができません。そうこうしているうちに、静岡刑務所から、関東貴船組に催促の電話が入ったそうです。離脱承諾書はまだか?


これで麦秋の目論見に気づいた水田は、人権派弁護士として有名な畠山智晶(紫吹淳)を雇いいれ、即刻警察に異議を申し立てさせました。なんとこの畠山の娘はヤク中で、水千組で、

「シャブ」

を扱っていたことが明るみに出て水田の怒りを買い、即刻破門となった沢田啄麻(中村祐志)が開くパーティーの常連だったため、それをネタに脅迫されてしまったそうです


が、水田の部下の鷲頭は、これをこっそり麦秋にも暴露してしまいます。水田と鷲頭は、元々はシャブで捕まった麦蒔の仮釈放を快く思っていなかったばかりか、こともあろうに、自分達をつけ狙う「刑事」の麦秋が橘の実の娘だったと知り、橘が麦秋を庇ったこと、つまり、橘が

子分(盃の絆)より実の娘(血の絆)

を選んだことがどうにも面白くなかったようなのです。いや~任侠ですね~


畠山を雇ったのが関東貴船組だと知った麦秋は、それを元に畠山を脅した上で、その娘を救い出しました。相変わらず一人暴走しがちな麦秋の側につきっきりで、この「手入れ」のために、早速ミー君を呼び寄せた三ヶ島の配慮が泣けますね~。ま、水島が到着した時には~いつものことですが~もう既に皆ボコボコにされた後でやんしたが


せっかく三ヶ島がわざわざ神戸まで出向いてもう一度離脱証明書にサインを貰ってきたにもかかわらず、麦秋が麦蒔の仮出所阻止に成功するかに思えたその矢先、橘が逆襲してきます。なんと橘は、沢田を脅して「関東貴船組」との関連を徹底的に否定させ、畠山にも麦蒔の仮出所に関わったのはあくまでも

「更生を願うひとりの青年を応援したい」

ためだとシラを切りとおさせたのです。私も人の親だから、親の気持ちも分かります


ヤク中の娘を助けるよりもスキャンダルを防ぐ方が先だと三ヶ島にのたまった畠山が、その三ヶ島の台詞をことごとくパクっていたのがまた何とも嫌らしかったですね~


麦秋はともかく、こうして見事に返り討ちに遭った水田はこれを機会に「オヤジ」と手を切る決意を固めたようです


実の娘ばかりか盃でつながった息子にも裏切られそうな橘ですが、きっと己の信条に基づいて、粘り強く応戦してくるに違いありませんね。橘がふたりの子どもの名に「麦」の字を入れたのは

「踏まれれば踏まれるほど強くなる麦

のように育ってほしいという願いからなのだそうです。確かに悪人のヤクザだけれど、子どもを思う親心に変わりはありませんよね~。お守りに「麦踏神社」とあったことから、以前赤ん坊の麦秋が映っていた写真の場所が、この神社だったのかもしれません


と今回はシリアスモード全開!だったため、エレベーターの中の「いかのおすし」にも笑う余裕がありませんでした


また、この世で最も憎むべき、愛する父を死に追いやった(ここがまだ謎ですが)橘から「親の道」などという言葉が出たと聞かされて「壊れかけた」麦秋を、必死でなだめようとする三ヶ島が実に素敵でしたよね~


今こうなったんも全部、お前の憎しみのせいや!今までかてその憎しみが、人を壊してきたんやぞ!このままやったら今度はお前が壊れてまう!!バク、わてはおまえを助けたいんや!


どうしたらその憎しみが消えるのか教えてくれと、麦秋をその胸に抱きしめた三ヶ島の姿が、また何とも切なかったです。あ〝~何とかしてあげたいっ!!


もはやこれを「コメディ」に分類したことを後悔し始めているおばさんです。最終的にはラブストーリーにしたいかな~あ、そんな分類、ここには無かった。そんな見どころタップリのヤメゴクは続きもとぉ~~~っても楽しみですね



番組公式本=「『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』ビジュアルファイル」が出るそうですよん

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はヤメゴク~ヤクザやめて頂きますのレビュー一覧」でお読みいただけます

ヤメゴク あらすじと感想 第7話 麦秋の秘密が明かされました

堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】の7話では、麦秋の秘密が明かされました。以下早速ネタバレですヤメゴクのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


なんと麦秋は、母由美子と橘の間に産まれた子どもだったのだそうです


先週、妹たちの事ばかりが気になった後、もしや麦秋本人か?と思いたち、イラストの中の「つぶやき」には追加しておいたのですけどね~やはりそうでしたか


麦秋にこの事実が明かされたのは、養父=正の死がきっかけだったそうです。警察官はその家族が死亡すると「救済慰労金」が支払われるそうなのですけど(初耳でしたが)、大切な国民の血税から支払われるため、家族関係が入念に調査されるのだそうです。


その調査の結果、麦秋は、由美子と正が結婚した時には既に3歳だったことが判明したそうです。本来なら、警官になる際に明かされるべきだったその事実は、由美子のウソによって隠蔽されてしまったのだとか。夫とは内縁関係にあった、と


でも、さすがに警察だけあって、まだ赤ん坊の麦秋が、家族そろって神社にお参りをした写真が出てきてしまったそうです。よくあの写真だけで麦秋とのつながりが分かりましたね~


~名取さんも遠藤さんもお若い!


こうして「反社会勢力」の子どもと見なされた麦秋は、前回映ったような「陰湿なイジメ」を受けて退職を促されたにもかかわらず、父=正のために警官であり続ける道を選んだのだそうです。それが足抜けコールでヤクザを更生させること


「ヤクザに関わった者は一生苦しみ続けねばならない


それは誰より自分に向けた言葉だったという訳です


しかも今回は麦秋だけじゃなくてその家族が、水仙(すいせん)組の水田から酷い嫌がらせを受けてしまうのですけど、母親は自業自得とも言えましょうが、何も知らない妹たちにまで、麦秋の鉄槌が下されてしまいます麦秋は他人にも自分にも厳しい(;´・ω・)


これも全て母親の責任だから、私たちが自分で戦うしかない!


まだ18歳のさくらはともかく、真実を知った遥香はなかなか雄々しくて頼もしかったですね。病院に毎日わんさと押しかけてくるヤクザに負けずにキッパリと立ち向かう所なんざ、やはり、麦秋ともどもさすがに名取裕子さん演じる由美子の娘ですね


~最近でこそコメディ色の強い名取さんですが、個人的には「緋牡丹お竜」や「吉原炎上」のイメージが強いざんす


でも、どんなに強がって見たところで、所詮は「カタギ」のお嬢さんですから、到底太刀打ちできないでいたその時、橘が自ら病院に乗り込んできたシーンには大はしゃぎのおばさんでした橘カッケー(≧▽≦)


「もう2度とここに来るんじゃねえ!


何せ、見た目は「ヤクザ」とはいえ、皆半端もんの「ハングレ」だったため、「大親分の顔が分からない」というのも笑えました。ここはもう

「ヤクザ版水戸黄門この顔が目に入らぬかっ!( `ー´)ノ

でござったね


そこへ、遥香から連絡を受けた麦秋がやってきて、ついに「親子の名乗り」が実現します。橘は麦秋のことを娘と認識していたそうです


また前回分かったように、橘には服役中の息子がいるわけですが、橘は今回なんと

麦蒔(ムギジ)」

というその息子を仮釈放させるために「離脱願」を出させたそうです。当然それは、足抜けコールセンター預かりとなる訳で今度は兄妹対決( `ー´)ノ


橘のこの「麦」に対するこだわりはいったいどこから来ているのか、ちゃうちゃう、はたして麦秋は、この半分血のつながった兄を見事に足抜けさせることができるのでしょうか?麦蒔役を誰が演じるのかも楽しみ~


今やすっかり三ヶ島に男惚れして着メロをチェッカーズにしていたミー君こと水原も、お仕事斡旋のみならず

「ムルキンチョ」
(やっと分かった~解説はこちら: ヤメゴク現場レポ「一筆書かせていただきます」

捕獲に命を懸けるサー君こと佐野も、今ではもうすっかりお気に入りとなっています


ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~は続きもとぉ~っても楽しみですヤメゴクが楽しみ~♪



番組公式本=「『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』ビジュアルファイル」が出るそうですよん

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はヤメゴク~ヤクザやめて頂きますのレビュー一覧」でお読みいただけます

ヤメゴク あらすじと感想 第6話 その手つき止めなはれ

堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】は6話もまた実にシリアスな展開でございました。やはり「おヤクザマター」ともなりますと、こうならざるを得ないのでしょうか。特に関東貴船組のシーンなんぞは極妻みたいでしたよね~大好きですが。以下簡単なネタバレのあらすじですヤメゴクのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。(


今回は、昔の麦秋をよく知っているという「町のおまわりさん」が登場しました。岩井田守(金田明夫)という巡査は、麦秋が住んでいた町の交番に長く勤務しているそうで、

チェッカーズ好きの三ヶ島

がずっと知りたがっていた麦秋の過去を、ほんの少しだけ明らかにしてくれます。麦秋が幼かった頃、麦秋の母の由美子は、ひとりのヤクザにシツコク言い寄られていたのだそうです


それが、今では関東貴船組の「オヤジ」である橘勲その人でした。この話を聞いた三ヶ島が、両手で自分の胸をかかえるようにクロスさせたシーンがすっかりツボにはまってしまい、しばらくは笑いが止まらなかったおばさんです。何せ、あの強面であのだみ声ですからね~あのギャップがたまりません


度重なる通報を受けて永光家に駆けつけては、そのヤクザを追い払ってくれた岩井田には、麦秋の亡き父=がいつも感謝していたそうです


その正が3年前に死んだ時の様子も少しだけ明らかになりました。正は当時入院していたそうなのですが、その病院を抜け出して、(自宅近く?の)会社の前で息絶えていたのだそうです。そんな父を発見したのは麦秋の妹の遥ですが、遥は単に、

もう助からないと知って、お姉ちゃんに新製品の「大麩豪」を食べさせたかったに違いない

と考えていたようです。いや~さすがにそれだけじゃないでしょうよ。でも、由美子は決して真実を明かそうとしません


また、その由美子を追いかけていた方の橘には、服役中の「息子」がいることが判明しました。あれは「子分」という意味ではないだろうと思うんですが、既に2年服役しているというその息子は、

刑務所内には現役だけじゃなく「OB」が多い、社会には彼らの「受け皿」が必要だ

と手紙に書いてきたのだそうです。それを読んだ橘は大いに共感し、今回岩井田が更生させようと奔走していた元ヤクザの町民=小牧(山本浩司)の絶縁状を持って、たったひとりで警察に乗りこんできました


これは、麦秋を除く足抜けコールの面々が、小牧に生活保護を受けさせようとしており、そのためにはこの絶縁状が必要だったのに、本来なら警察に保管してあるはずのコピーを、麦秋がわざと隠蔽してしまったため、三ヶ島が必死でこれを手に入れようとしていたのを知ったからです。


どうか警察が小牧の受け皿になってやってください


も~遠藤憲一さんは本当にうってつけですね。署員が皆こぞって見物にくる気持ちが分かります


そんな橘の「変貌」を嘆いているのは水千こと水田(千一)です。ヤクザは一生ヤクザだと言って憚らなかった橘をここまで変えた理由はやはり、正の死と関わりがあるのですよね~きっと


皆がそこまで考えてくれたというのに、またしても麦秋が横やりを入れたため、結局生活保護が受けられなくなった小牧はあっけなく挫折し、最も親身になってくれた岩井田を刺すことで、刑務所に入るよう目論みました。自分を刺した小牧を庇う岩井田の気持ちが小牧には分からんのかな~。


(元)ヤクザが、生活保護と刑務所を行ったり来たりしていることが問題になっている


それならまだしも(?)、実際には不正受給もかなり問題になっているようです。


働きもしない元ヤクザに国民の血税を使うことは許しません!


麦秋が怒るのも無理はありませんが、三ヶ島が言うように、刑務所に入ってもまた結局はそこで税金が使われてしまうという事実にも、あらためて考えさせられてしまいます


ちと話はずれますが、今や日本の「無期懲役」は「終身刑」と同義語と化し、刑務所内で死を迎える受刑者が後を絶たないそうです。個人的に死刑制度には反対ですが、その一方で、

重罪を犯して「無期懲役」の宣告を受けたら、死ぬまで刑務所から出られない

という事実をもっと浸透させるべきだと痛感せずにはいられません。それとも、それでも刑務所の方が(生活が保障されているだけ)マシだと考えるのでしょうか


まさか「ヤメゴク」を見ていてこんなことを語ることになろうとは思いも寄りませんでしたけど


また今回は、どうやら麦秋は「家族に暴力団関係者がいる」ことが知られたために人事課に異動となり、そこの課長の谷川(山口馬木也)から、まさに「肩叩き」の嫌がらせを受けていたらしいことも明かされました。亡き父のためにも警官を続けたかった麦秋は、谷川の手先となって「成果」を挙げる決意をしたようでした。今、麦秋の捜査をバックアップしているのも、この谷川のようです。


ということは~もしかしたら麦秋の妹たち~遥もしくはさくらが橘と由美子の娘、なのでしょうか?それとも麦秋本人?!(;O;)


と、すっかりシリアスになってしまいましたが、今週見つけた小ネタはこれです


サー君こと佐野が「謎の生物」を捕まえる罠を仕掛けていたこと、さすがに「たばこ」を吸うためだけに、地下21.5Fに行く署員はほとんどいないらしく、皆廊下でスパスパやっているらしいこと


相変わらず見どころてんこ盛りの「ヤメゴク」は続きもとっても楽しみでござりまするヤメゴクが面白い( `ー´)ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はヤメゴク~ヤクザやめて頂きますのレビュー一覧」でお読みいただけます

ヤメゴク あらすじと感想 第3~5話 もちっと小ネタがほしいかも

櫻井武晴さん脚本、堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】も順調に5話まで見終わりました


このドラマ、細部は間違いなくコメディなんですが、全体的には実にしっかりした社会派ドラマなのですね~。おばさんは実態を存じ上げはしませんが、いかにも

「足抜けとはそれほどまでに大変なことなのだろう」

ととことん納得させてくれるこの「こだわり」があってこその笑い、というコメディこそ「極コメ」(=極上のコメディ)と呼べるのではないでしょうか


とはいえ、小ネタ好きとしてはもう少し盛り込んでほしいですけどね~あっさり「カツラ」の看板以外にも。でもその分、ゲストが豪華(おばさん好み)なので楽しいですが


以下、3話分からあれこれピックアップした簡単ネタバレあらすじですヤメゴクのあらすじ行きますよ~( *´艸`)


まずは訂正から~最初に「ヤメゴクナビ」を見た時、足抜けコールがあるのは「最上階より1階下」との案内があったように記憶していたので、てっきり「17階」だと思い込んでいたのですが、実際には15階だそうです。最上階は16階だったのかな


またこの「階」つながりで言うと、これまでは(たぶん)足抜けコールと同じ階にあった「喫煙室」は、5話から

地下21.5階

へと移動になったようです。そこが「元未詳(SPEC)」の階だったことは、堤ファンなら言わずもがな~ですよね


さて、肝心の内容のほうへ参りますが、3話では主に「ヤクザへの利益供与」について焦点が当てられていました。たとえ意図していなくても、ヤクザの利益になるような行動をしたら罰せられるというものです。たとえば、ヤクザに勝手に敷地内に違法駐車されたのを黙っていても、ヤクザと知らず物を購入しても、すべて処罰の対象になるのだとか


まあこれはドラマですし、なにせ「ヤメゴク」(ヤクザを辞めさせる極道)の話ですから、かなりデフォルメされているのでしょうが、基本的な概念は間違っていないのでしょうね。麦秋はこれを

「警察が24時間堅気を守れないなら、堅気の人間もまた、それなりの自覚を持たなければならない

と力説していました。となると(やはり)麦秋の母親が無自覚のまま(おそらくは)橘勲に力を貸し、それが元で麦秋の父が死ぬことになったため、麦秋は「ヤメゴク」にならざるを得なかったのではないでしょうか。たぶん。。。 そのカギを握っているのが、あの

「親分のシノギ

(を受け持っている指輪の男)なのでしょうか


その橘率いる関東貴船組は「しゃぶ御法度」ということですが、それもこの麦秋父の死亡に関わっているのでしょうか。


4話の「違法産廃」についてのエピソードもかなり詳しかったですよね。この辺はほとんど興味が無くてついついスルーしてしまったのですが、まさに冒頭に触れたように、さもありなん~な感じでした


が、さすがにちととっつきにくい話題が2話も続いたもので、5話は少々腰が引けてしまったのに、そこはさすがに心得ていらっしゃるらしく、上で触れた未詳の階ほか、いつもより回数の多い「キラリーンとか、まさかのガードル干し、には楽しまれた方も多かったことと思います


それと、あの麦秋が寝泊まりする一画で、博文や佐野たちがなにやらごそごそやっているのは何なのでしょうかね~気になるわ~


個人的には今、

三ヶ島・サリー・エルヴィス・翔北村一輝ええわ~( *´艸`)

というキャラルックスx声x話し方がす~っかり気に入ってしまっているため、その三ヶ島が、親友の藤田のために麦秋を出し抜き、見事藤田の足抜けに成功したのが最も楽しかったですけどね


それに、昔麦秋が少年課勤務だった際、補導した子ども(落合モトキ)の父親(手塚とおる)に職を世話したにもかかわらず、その後(父親の死亡により)一変した麦秋が、

その一家を地獄に突き落としたエピソード

もなかなか見ごたえがありました


これで警察不信になった息子の「スカルとヘビ」(骸骨とヘビ、もしくはスカルとスネークじゃないところがいかにも三ヶ島エルヴィスです)のタトゥーを、今ではボランティアとして足抜けに協力を惜しまない有留が無料で消してやると申し出てくれたのもなかなかでした


お前には、お前を思ってくれる人間がこないにおるやないかっ!!おまえはひとりやないっ!!


あのいかにも影の薄そうなおじいちゃん(田村泰二郎)が、息子、つまりは孫の父親(手塚とおる)と一緒に、わざと

「じいちゃん助けて詐欺」

に騙されたふりをしたというくだりも、いかにも分かりにくくて楽しかったです


毎週楽しんできたヤメゴクも来週は第6話とそろそろ折り返しですね~。来週はいったいどんな展開になっていくのか、続きもとっても楽しみです


ミー君(水原)、サー君(佐野=勝地涼)以外にも小ネタを挟むのを忘れんといてね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はヤメゴク~ヤクザやめて頂きますのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング