韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

「殺人を無罪にする方法(How to Get Away with Murder)」のレビュー一覧

殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第14話 謎の発信者

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の14話は「謎の発信者」(He Made a Terrible Mistake~彼はひどい過ちを犯した)です。


今回は何と言ってもまたネイトが戻ってきてくれたのが嬉しかったな~。でもミステリー的にはコレです。以下早速ネタバレです殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


前回のラストにあったように、ウェスを最後に見たのはコナーでした。その時既にウェスには脈が無かったようですが、蘇生の可能性があったかどうかは分からずじまい~コナーは心肺蘇生の最中にガスのにおいがしたのに気づき、慌ててその場を逃げ出したのだそうです。


その判断は正しく、その直後にキーティング邸は爆発したそうですから、ここはコナーを責められません。ローレルだけは一生許さない、自殺しろ!と息巻きましたが、憎むべきはウェスをそんな風にした犯人です


そしてここにきて、いきなり、その犯人らしき男が浮上しました。「ドミニク」(Nicholas Gonzalez)という男です


いや~それはないよね後だしすぎやん!、とは思うものの、この男は犯人というより実行犯なんですよね。これまでの皆の推理だと、シルヴィア・マホーニーが最も怪しいので、シルヴィアがこのドミニクを雇ったのでしょうか


う~ん、でもなんだかいまいちしっくり来ませんよね。いっそ、デンバーが殺したと言われた方がまだ納得できるかも


そのデンバーは、アトウッドと「秘密の携帯」で連絡を取っていたことも分かっています。ネイトが教えてくれたアトウッドの通信用パスワードをオリヴァーが調べて突き止めた番号が、デンバーの所持していたプリペイド携帯の番号でした。アトウッドは、ウェスが死んだ時、遺体が移送された時、そしてその遺体が焼却された日にもこの番号からの電話を受けていたそうです。それが何で秘密にする必要があるんでしょうかね?


今回アナリーズは、コナーが心肺蘇生中にウェスの肋骨を折ったらしいことを利用し、外傷はなかったという検視報告が捏造だと証明しようとしました。コナーが現場にいたのではまたややこしくなるため、ローレルが蘇生を試みたのを黙っていたことにして、法廷で証言します。


が、デンバーは、ローレルがかつて誘拐事件について偽証したことを持ち出して、ローレルの証言には信憑性が無いと主張しました。そうそう、ローレルが16歳で誘拐された時、ホルヘは身代金を払おうとしなかったのですよね。その挙句、ローレルは誘拐はなかった、と嘘をつかされたいうのが真相です


I was really kidnapped. I just had to say I wasn't in order to protect my father.


そう言えば、ローレルはその際、どうやって救出されたのでしょうか。誘拐を無かったことにして父親を守ったというのはどういう意味なのでしょうか


この終盤にきていきなりこのエピソードを出してきたのがまた気になりますよね。まさか黒幕がホルヘってことはないんでしょうね


妄想が妄想を呼んで止められなくなるのをぐっとこらえて次に参りますると、こうしてアナリーズの訴追の棄却要求は却下されてしまいました


そこで今度は、コナーがアナリーズを救うために意を決して真実を話しにデンバーに会いに行ったところ、

Stop being a weenie and call the mystery number電話すればいいだけじゃないか!
ビクビクしないで秘密の番号に電話をすれば解決だ

なんどもそう主張していたアッシャーがしびれを切らして電話をかけたら、コナーがそのコールで秘密の電話を発見したという訳です。


見つけたはいいけど、そこにデンバーが入ってきたのが心配ですよね。それでも免責してくれるのか~果たしてアナリーズは、子どもたち全員を救うことができるのか?ウェスを殺したのは誰なのか?!あと1話で本当に解決するのでしょうか?( ;∀;)


いよいよ来週が最終回です


~これが終わったら次はホームランド6かもしれませんね~。それまためっちゃ楽しみです


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]

殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第13話 仲間たちの疑惑

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の13話は「仲間たちの疑惑」、原題は「It's War」です。以下早速ネタバレです殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


何とですね~今回のラストでコナーの秘密が明らかになりました。コナーは、何者かに殺された(もしくは殺されかけた)ウェスを蘇生しようと試みたのだそうです。あの日、コナーはアナリーズの集合に応じなかったのではなく、誰よりも早くキーティング邸にやってきていたのですね。それで、ウェスを殺したのはアナリーズだと思っていたらしい。


コナーに唆されてアナリーズの携帯のデータを調べていたオリヴァーがその履歴からこの事実に気づきました。まさに藪蛇でござるね


一瞬の回想シーンだけだったので、その前後の事情は皆目分かりませんが、やはりネイトの見込みは正しかった。ウェスは、爆破の前に死亡していたのです


そのネイトもまたあの日キーティング邸でウェスに出会ったことを、保釈されたアナリーズに明かしています。その時ウェスは、アナリーズは皆が思うほど悪人ではない、誰より僕を気にかけてくれていると彼女を庇ったそうです


I've done awful things to her.
僕は彼女にひどいことをしたのに。


サム殺しはともかく、いくら本人に命じられたからとはいえ、ウェスはアナリーズを殺しかけたのですものね


またネイトがウェスの遺体を移送したというのはアトウッドの捏造でした


ネイトからこの話を聞いたアナリーズは、州司法省の副長官、イングリッド・ピータース(Susan Chuang)にアトウッドに対する大陪審捜査の開始を要求しました


It's war. Exactly.
戦争ね。その通りよ


ピータースはネイトの証言を信じてくれそうでしたが、アナリーズがコナーに頼んでウェスの遺体が消えたことをマスコミにリークさせたことが判明し、こんなことを続けるなら、終身刑ではなく死刑にすると逆に脅されてしまいます


If you continue to spread these ridiculous conspiracy theories about the D.A.'s office, I will order Mr. Denver to go not only for life in prison on your case, but the death penalty. That is what I call a threat.


またしても追いつめられたアナリーズを救ったのはフランクでした。フランクは刑務所内からボニー宛に電話をかけてきたらしいのが、電話に出たのがアナリーズだったことに驚いて一瞬ためらった後、むしろこれ幸いと自分の気持ちを打ちあけます


Look Bonnie, I've been thinking about things, and I just want you to know that I'm doing everything I can for our case. So if you need anything from me at all I'm here to help. Whatever you want.
ボニー、ずっと考えていた。できることを何でもやるつもりだと知ってほしいだけだ。俺に頼みたいことがあったら、何でも言ってくれ。望むことは何でも。


アナリーズは相手がフランクと知って「録音されている(から余計なことを言うな)」と釘を刺した後は、フランクが話している間もずっと沈黙を守ったままでしたが、そのフランクの申し出を受けることにしました。アナリーズはボニーを通じてフランクに、アトウッドとネイトの関係を法廷で暴露させたのです


ネイトがウェスの遺体を移送したのはアトウッドの命令によるものだった~ふたりは恋人関係にあるフランク、やれやれ~!( `ー´)ノ


アトウッドがいくら今は別れたと言っても聞き入れてはもらえず、判事はフランクの言い分を認め、アトウッドの通話記録を開示するよう命じました。同僚の検事補、トッド・デンバー(Benito Martinez)に厳しく非難されたアトウッドはついに、ウェスの遺体を移送させたのは自分だと認めたそうです


Get it, Frankアッシャーはホントにイイヤツ♪.
行け!フランク!!


アッシャーが掛け声をかけたくなる気持ち分かりますよね。このアッシャーに日本人のDNAが混じっているって本当でしょうかI found out that I have some Japanese - in my genes.


また懸案だった「匿名の情報源」(the anonymous source)の正体も明らかになりました。学長のソラヤ・ハーグローブです。アナリーズは、やたらと親切にしてくる彼女を見て、今回ようやくこれに気づきました。アトウッドが、アナリーズに関する情報を漏らせば、離婚後の親権を確保すると約束したようです


You'd do the same thing if you were in my shoes.
あなただってきっと同じことをするわ。


せっかくアナリーズに心の許せる友人ができたのかと思って喜んでいましたのに


でも、年は相当離れていますが、ミケーラがその候補に上がりそうです。ミケーラは、すっかり弱り切ったアナリーズを「アナリーズ」と呼び捨てにし、彼女なりのやり方でアナリーズを激励しました。その言い方がまたアナリーズに似てまったく素直じゃないんだけど、優しいですよね~ミケーラ


またローレルは、アナリーズを見限って私立探偵を雇いました。アナリーズがかつての子どものことを打ち明けて、マホーニーに関わったらローレルの子どもも危険にさらされると忠告したのも癇に障ったようです


Wes deserved so much better than you.
ウェスはあなたなんかよりずっと価値がある


その探偵のハーウィことハワード(David Raibon)が調べたところによると、シルヴィア・マホーニーは、ウェスが亡くなる1週間前にウェスのDNA検査をしていたそうです。それでローレルは、ウェスがマホーニーの子どもだと知ったシルヴィアがウェスを殺したと確信したようです。


このDNA検査の項目で、ウェスはともかく、相手の名が「unknown」となっていたのがちと引っかかりました。鑑定する相手を明記したらスキャンダルになることを怖れたのかもしれませんが、ドラマ的に、視聴者が皆ウェスの父親の正体を知っているこの時点で「未知の人物」としてあるのが怪しくないですか。なんちって、完璧、ミステリーの見すぎでござるね


果たして犯人は本当にシルヴィアなのでしょうか~この時点で浮上するならまず違うような気がしますけどね、オタク的には


殺人を無罪にする方法3も、残すところあと2話です。続きもとっても楽しみですね


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]

殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第12話 涙の葬儀

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の12話は「涙の葬儀」(Go Cry Somewhere Else~どこか他所へ行って泣いて)です。


これは久しぶりに見ごたえがあって面白かったですね。以下早速ネタバレです殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回おばさんが最も注目したのはアナリーズの気概でした。ウェスに死なれてすっかり弱っていたアナリーズが、母のオフィーリアが面会に来たのをきっかけに、強くたくましく復活していきます


そのオフィーリアが、法廷で出くわしたネイトにこう言ってやったのは痛快でございましたね


What kind of man wouldn't help his woman?
自分の女も守れないような男ってどんな男だ?


オフィーリアはどうやら認知症らしく、アナリーズが捕まったのは、自分が義弟のクライドを殺して家に火をつけたからだと混乱していたようです。オフィーリアに付き添ってきた父のマック・ハークネス(Roger Robinson)は初めて知ったかのように驚愕していましたが、アナリーズ曰く、気づいていたくせに素知らぬふりをしていただけらしい


She just confessed to burning down the house with your brother inside. It wasn't a story.
彼女はあんたの兄弟を家に閉じ込めて焼いたと告白したのよ。作り話じゃないわ。


アナリーズはボニーに近所の介護施設を手配するよう命じました。それなら(簡単だから)あなたにもできるでしょ?


すっかり年老いた母が、自分の犯した罪で可愛い娘が牢に入れられている、と心を痛めているのを見たアナリーズは、ボニーでは当てにできぬと、自ら策を講じました。なんとアナリーズは、同房の受刑者を挑発し、思いっきり自分を殴らせたのです


ボニーにその姿を撮影させたアナリーズは、判事のバーバラ・ジェイコブ(Jacqueline Hahn)にそれを見せて彼女を保釈するよう迫らせました。どうやらこの判事もアトウッド同様、アナリーズをなんとしても有罪にしたいらしい


ボニーは、どうしてもアナリーズを保釈しないと言うなら、この写真を公開し、検事局を人権侵害で訴える、と脅しましたボニー頑張れ!\(^o^)/


Keating isn't released on bail, I'm releasing these photos to the press and announcing a very public lawsuit against the D.A.'s office for civil rights violations.


こうしてアナリーズはようやく保釈を勝ち取りました。オフィーリアには、濡れ衣を晴らして釈放されたと嘘をついたようです


一方で、ウェスの遺体が安置所から消えて無くなるという事態が発生します。ローレルがネイトに無理を言ってウェスに別れを告げに行ったところ、そこに置いてあったのは似ても似つかない別人の遺体でした


でもこれ、どうやらネイトがやらせたらしいのですよね。しかもネイトは、爆破前にキーティング邸を訪ねた際、やはりそこでウェスに会っていたのだそうです。でもな~ネイトにウェスを殺す動機はゼッタイありませんよね


そのウェスは、フランクの車を降りた後、誰かに電話をしていました。その電話番号は「緊急時用」として登録されていたことと、ウェスが自分を「クリストフ」と名乗ったことから、相手は自ずと限られてきますよね。クリストフはウェスの幼名(本名)ですから、よほど心を許した相手に違いありません。ウェスはいったい誰に電話をしたのでしょうか?


一方のフランクは、自分に付いた弁護士がアナリーズに不利なことばかり言うものだから、彼を首にしてしまいます。これからは自分で自分の弁護をするらしい。


そのフランクに面会したローレルは、ウェスを殺したのはフランクではないと直感したそうです。その直感はまず正しいと見てよいですよね


アナリーズの公判の日に行われたウェスの葬儀で、ローレルが出席者を怒鳴りつけたシーンもまた印象深かった。一人の女性がウェスをよく知りもしないくせにただ雰囲気だけで泣き出したのを見たローレルが叫んだのが副題の言葉です。


Go cry somewhere else.
どこか他所へ行って泣いて


You're all vultures glooming onto this tragedy like it's your own.
あんたたちは皆、ハゲタカみたいに集まって、自分が悲劇の主人公みたいに泣いている。


その中で、懸命にローレルの気持ちを楽にしようと、喪服やヒールを用意したりジョークを飛ばしたりしていたミケーラの優しさが嬉しかったですね。アッシャーもオリヴァーも、そして不器用だけどコナーも、こうした時にそばに居てくれる仲間の存在がありがたかった


そのオリヴァーにブリアンナ・デーヴィス刑事(Gloria Garayua)が目をつけてきた時も、オリヴァーが余計なことを話さぬよう、皆で尋問の練習をします。オリヴァーは、皆が期待していたよりずっとうまくこの危機を乗り越えました。純情で誠実そうに見えるオリヴァーは、もしかしたら誰より上手に嘘がつけるのかもしれません


なにせオリヴァーは、アナリーズに命じられて消したはずの携帯のデータをちゃんとコピーして手元に残していたのですからね。あれはまだ誰にも渡さず、隠し持っていたのだそうです。今回オリヴァーは、そのことをコナーにだけ打ち明けています。


さ~て残り3話となっていよいよカウントダウンです。果たしてウェスを殺した犯人は誰なのか?アナリーズはこの濡れ衣を果たすことができるのか?


来週の放送も楽しみですね


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]

殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第11話 自白の真相

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の11話は「自白の真相」ですが、原題は「Not Everything's About Annalise」(すべてがアナリーズについてというわけではない)とまたなんとも思わせぶりです


以下早速ネタバレです殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回最も注目したのは副題となったフランクの自白ですが、特に目新しさはなかったようです。フランクは、警察から出てきたウェスを車に乗せたと語り、警察署の裏に設置してあった監視カメラにもその様子が写っていました。


警察では最初これをフランクの偽証だと決めつけていましたが、この映像を見てはそうも言っておられず、結局はフランクを「アナリーズの共犯」として逮捕することにしたそうです。フランクの訴追が決まっても、アナリーズが釈放されなければ意味がないのに


これにはローレルの援護射撃(?)も大きかったようです。ボニーがローレルに、皆が助かるにはそれしか道がないと偽証を頼み込んだのです


薬が切れて記憶が戻ってきた。あの日、キッチンから逃げていくフランクを目撃した。犯人はフランクだ


ローレルは、ウェスの子供を妊娠したとフランクに告げたとも偽証しました。


フランクが、元カノのローレルがウェスの子供を妊娠したと聞いて逆上し、犯行に及んだと証言したからです。これをローレルに告げたのはネイトです。なにげにネイトも手助けしてくれています


そのフランクの証言ですが、少なくとも回想シーンは真実のように思われました


車の中でフランクはウェスから「レベッカ殺し」について激しく責められたそうです。


~ここで思わず、あれ?レベッカを殺したのは誰だっけと考え込んでしまったのはおばさんだけでございましょうか。ボニーですよね、ボニー


フランクが認めようとしなかったため、怒ったウェスは車を降りて警察署へ戻っていったそうです。


果たしてウェスはその後どうやってキーティング家へ行ったのでしょうか?


フランクは刑事たちに、ウェスが逃げようとしたからクロロホルムを嗅がせて気絶させた、ガス管を切ってコンロの火をつけ、爆発する前に外に出た、と証言しています。


この証言がますますネイトに確信をもたせました。フランクはアナリーズを庇うために偽証している!


ネイトは今でもウェスが死亡したのは火事の前だと信じているようなのです。やはり、検視官の所見が変わったのは、アトウッドが圧力をかけたからなのでしょうか


一方、拘置所にいるアナリーズもかなり追い詰められていました。女囚たちからの嫌がらせに耐えられなくなったアナリーズは、自らエクステを切り落としてしまいます


そんな最悪の状況の中、ただひとり頑張っていたのはミケーラです。ミケーラは今こそ自分が皆をまとめる時だと奮起し、アナリーズを見捨てようとした学長のハーグローヴにも食って掛かり、オリヴァーには檄を飛ばしてアトウッドのパソコンにハッキングさせました


Professor Keating is Middleton Law. She is a brilliant, empowering force of legal nature, and you should think long and hard before you hang her out to dry.
キーティング教授はミドルトン大学の法律です。大学が誇る優秀な弁護士を切り捨てる前によく考えるべき。


ミケーラは良い弁護士になりますね~きっと


ハーグローヴはアナリーズに面会に行き、オリヴァーはアトウッドのコンピューターに侵入しました。そこでオリヴァーは、アトウッドが掴んでいるのはウェスやマホーニーの件だけではなく、レベッカやサム、ハプストール、エミリー・シンクレアの件、すべてを調べ上げていることが明らかになります


でもきっと、それらは状況証拠だけであり、確証ではないのですよね。それでアトウッドは焦っている。決め手はウェスの携帯らしいですが、まだ見つかってないようです。


メギーが頻繁にローレルの様子を見に来るのも、もしかしたらアトウッドがそうさせているのかもしれません


そういえば、前回オリヴァーがデータをコピーしたUSBはどうしたのでしょうか?コナーとの話だと、警察に通報するのは止めたということでしたが?


一歩遅れて真相を知り、やはりショックを受けたアッシャーが、今回オリヴァーがすべてを知ったと聞いて同情していたのがまたなかなかでしたね。やっぱりアッシャーは優しいですよね。ミケーラ、今度こそ良い男性に巡り会えましたね


と、人間模様はなかなかですが、ミステリーの方は遅々として進まない感じですよね


でも残りもあと4話となりましたから、そろそろ動いてくるものと思われます。来週の放送も楽しみですね


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]

殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第10話 残された仲間

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の10話は「残された仲間」(We're Bad People~我々は悪人だ)です。これはまた何とも切ないエピソードでした殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。以下ネタバレのあらすじです。


まず、ウェスの死因に対する所見は前回のそれを覆されてしまいました。検察の記者会見で、ウェスは煙を吸い込んで窒息したと公表されます。


ネイトが検視官に確認に行くと、所見は変わることがあるとの説明でしたが、ここはちょっと怪しいですよね。アトウッドは、アナリーズを犯人にするためなら何でもやりかねません。ネイトのこともすぐに上に報告して配置換えしようとしましたが、これはネイトがアトウッドとの関係を明かしてセクハラを仄めかしたために断念させられています


でもネイトはもう積極的にアナリーズを助けるつもりはないようです。確かにこれまでネイトが受けた仕打ちを思うと責める気にはなれません


一方ローレルは、犯人はアナリーズではないと証言しました。警察には何も見ていないと答えましたが、実際には何者かが地下室から逃げて行く姿を目撃したそうです。


ローレルはそれがフランクではないかと考えていたようですが、ボニーは決してフランクではないと否定しました。この辺はもう何が真実なのか分かりませんね


ボニーは犯人がマホーニーではないかと推理し、法廷でもそう主張しましたが、検察側は、今回の放火及びウェス殺害事件のみならず、これまでに起きた数々の事件の首謀者がアナリーズだと指摘し、ウェスはその証人となったためにアナリーズに殺されたのだと反論しました。サムやレベッカ殺害事件を指しているのです


保釈申請は却下され、アナリーズは拘置所に移されることになりました。ウェスを失った悲しみに加えて人間としての尊厳もズタズタにされたアナリーズはすっかり気弱になり、以前のアナメイに戻ってしまったかのようです


唯一の、そしてわずかな救いは、同じ房に入れられていたジャスミン(L. Scott Caldwell)が以前アナリーズを法廷で見かけており、赤い皮のジャケットを颯爽と着こなした彼女が年取った白人の検事に噛みついている姿に感動したそうで、何かと彼女を気遣ってくれていることです


And I'm thinking, "Why can't this queen defend me?"
なぜこの女王に弁護してもらえないんだ?と思ったものさ


でも所詮黒人は黒人~どんなに高みに上っても必ず足を引っ張られる(No matter how high or how far we climb, they gonna find a way to pull us back down)


果たしてアナリーズはこの窮地を脱して「女王」に返り咲くことができるのでしょうか?


ボニーから助けを求められたフランクは、自分がウェスを殺したと自首して出たそうです。これはきっとローレルから、ウェスじゃなくてフランクが死ねばよかったと責められたのも大きかったことでしょう。ローレルのお腹の子はやはりウェスの子どもだったようです。どうやらたまたま「穴」が開いていたらしい


フランクは、警察から出て来たウェスを呼び止めて車に乗せたそうですが、これが回想なのか「自供」なのか判別できないため、真偽のほどは分かりません


ローレル以外の仲間たちもまた動揺を隠せずにいました。それに伴い、アナリーズも含めた彼らとウェスの回想シーンが紹介されたのがまた涙を誘いました


まずアナリーズは、ウェスから不法移民と働くためのインターンシップを得たとの報告を受けてこれを祝福した時のことを思い出しています。ウェスと一緒にいたメギーがこちらを見ているのを知ったアナリーズは、紹介してほしいのでは?とからかいましたが、ウェスはそんな気にはなれなかったらしく、アナリーズもその気持ちを理解したのだそう。


Congratulations on the internship.
インターンシップ獲得おめでとう。


またミカエラは、ウェスがローレルと付き合っていることを知って、メギーと別れたばかりなのにと非難しながらも、ふたりの交際を喜び、アクセサリー選びを手伝ってくれたそうです。このふたりは同じ黒人でありながら、否、だからこそかな、これまであまり接触がなかったのですよね。


そしてアッシャーは、キャンパスでミカエラによく似た(?)黒人女性のお尻をつかんだために訴えられそうになったところを、たまたま通りがかったウェスに助けを求めて事なきを得たのだそうです。その女性は、アッシャーが黒人のウェスを巻き込もうとしたことで、変態の上に人種差別主義者だ、とますますアッシャーを責めたてそう


So you're a racist and a pervert.


落ち込むアッシャーに、ウェスは淡々とこう答えました。人種差別主義者じゃなくて白人なだけだ。I just think you're white.


最後はコナーです。ずっとウェスを「Waitlist(補欠)」と呼び続けたコナーは、ウェスが死んでも何も感じない、あいつのせいで俺たちは犯罪に巻き込まれた、と逆にウェスを批判しました


怒ったアッシャーはコナーをボコボコに殴りつけて、ミカエルに叱られてしまいます。


が、それは彼が彼たるゆえんで、本当はコナーなりにウェスを悼んでいたようです。ウェスはオリヴァーと別れて落ち込んでいたコナーに、オリヴァーにもひとりの時間が必要なのだろうと助言しました。コナーは、少しでも良心があるなら、メギーやオリヴァーを巻き込むべきではないよな、ともらしたそうです。Maybe.(そうだね)


そして気になるのはそのオリヴァーです。オリヴァーはついにかがり火パーティーの真実を悟ってしまいました。コナーはオリヴァーに警察へ通報するよう促し、オリヴァーもまた、どうやらアナリーズに命じられた携帯のデータを消さずに残していたらしく、そのコピーを持ってどこかに出かけてしまいます


そもそもこの携帯にはどのような(不都合な)データが残されていたのでしょうか?通信記録?留守電?動画??


来週の副題は「自白の真相」だそうですので、少しは見えてくるかもですね~。とはいえ、残り5話もあるので、まだまだ引っ張られることでしょうが


殺人を無罪にする方法3」は続きを見るのが楽しみですね


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]

殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第9話 死者の正体

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の9話は「死者の正体」(Who's Dead?)です。以下早速ネタバレです殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ(^^)/


亡くなったのはやはりウェスでした。焼けただれた遺体は実にリアルで正視に耐えませんでしたね


が、何故ウェスが亡くなったのか、殺されたのか、はたまた自殺したのか、それとも事故にあったのか、に関してはまだ分かっておりません。ただ今回、キーティング家が何らかの理由で爆発&炎上したらしいことと、ウェスはこの事故(火事)の前に亡くなっていたらしいことだけは判明しました


その火事の少し前、アナリーズは全員を招集しながら、自らは大学にいたオリヴァーに会いに行っています。アナリーズは、行きつけの美容院でアトウッドが自分を調べていると聞かされて、これまでの犯罪の証拠になりうるものを片っ端から消そうとしたのです。オリヴァーには地方検事局のコンピューターに侵入するよう依頼しました。


アナリーズからアトウッドのことを聞いたネイトは、アトウッドに別れを切り出します。ネイトはどうやらアトウッドの後押しで検事局の捜査官に昇進したらしいのですが、その理由がアナリーズを探るためだったとアナリーズに非難されたからです。


ネイトは警察でウェスを目にし、アナリーズの話が真実だったと確信しました。ウェスはちょうど「免責」を持ち掛けられていた所です。警察はついにレベッカの遺体を発見したのだそうです


You being a law student, I'm sure you know how often a woman's murder is committed by her boyfriend.
ロースクールの学生なら、被害者が女性の場合、そのBFが第一容疑者なのは知っているわね。


ヴィンスは、警察の目的はアナリーズでウェスではないから、とにかく免責を受けろと勧めますが、ウェスはヴィンスを解雇した上で、警察の要求に応じようとしました。アナリーズを破滅させたいなら、全面免責(blanket immunity)じゃなければ承知しない


そう言いながらウェスは彼らの隙を狙って、こっそり警察を抜け出します。ローレルから、アナリーズが呼んでいるとメールが来たからでしょうし、おそらくはその足でキーティングへ向かったものと思われます。


でもその前後に、ネイトもキーティング家を訪れています。そこでネイトは壊れたPCや書類の燃えかすなどを目にしました。アナリーズの仕業です。


これがネイトじゃなくてフランクなら、いっそのことこの家を爆破させてしまえば証拠が消えると思って爆破した?と思えなくもありませんが、ネイトはさすがにそこまでしないですよね~


ウェスが覚悟の自殺という選択肢もありえなくはないでしょうが、いくら喧嘩をしたとは言え、否したからこそ、けんか別れしたままローレルを残して死ぬとも思えません。


となると怪しいのはやはりフランクでしょうか


そのフランクは、ボニーの必死の説得で自殺を思いとどまったそうです。フランクが死んだら自分も生きてはいけないと語ったボニーの言葉は真実とは思えませんが


何せボニーは、アナリーズが逮捕された後、フランクに罪をかぶるよう命じたのですからね。あの言葉は嘘か?フランクが問いたくなる気持ちも分かります。ボニーが愛しているのはアナリーズですよね。


この辺の謎はそのうち明らかになるでしょうから置いておくとして、以下、それ以外に分かったことをまとめておきます。


まずはミカエラから参りましょうか。


以前からミカエラの母、トリシェルが登場していましたが、あれはアッシャーからミカエラの住所を聞きだしたトリシェルが、無理矢理押しかけてきたからなのだそうです。ミカエラは決して住所を教えようとしなかったらしい。


トリシェルは、夫とは別れるからしばらくの間ミカエラの家に厄介になりたいと言い出しますが、ミカエラは頑として拒みました。トリシェルはどうやら養育費目当てにミカエルを初めとする養子を取っていたらしいですね。


またコナーがトーマスとベッドを共にしたのは、オリヴァーを捨てたトーマスに復讐したかったかららしいです。コナーはトーマスを単なる一夜の情事の相手として扱いました


ローレルとウェスは、上でも触れたように、フランクのことが原因で仲たがいをしてしまいました。ウェスは、ローレルがウェスに同情して付き合っていると批判し、ローレルは、自分の母が精神を病んでいたことを話したために、ウェスがローレルも同様だからと同情した、とやり返します。あなたがレベッカと付き合ったのも同情からでしょう?


単なる痴話げんかで翌日には仲直りできるはずが、永遠の別れとなってしまうなんて誰が想像したことでしょう。まさに人生いつ何が起きるか分かりませんね。ありきたりなようですが、その日1日を大切に生きなくてはいけないと痛感させられます。


せっかく、アナリーズの教師生活で初めて、全員が合格、したところでしたのに


来週はどんな展開となるのでしょうか?「殺人を無罪にする方法3」は続きを見るのが楽しみですね


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]
《他にもこんな記事を書いています♪》