このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

アンフェア-映画&SP
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

アンフェア ダブル・ミーニング-連鎖 あらすじとネタバレ 面白かった(^^)/

北乃きいさん主演の【アンフェアダブル・ミーニング-連鎖】を視聴しました。いや~これもなかなか見ごたえがあって面白かったですね~


これで、あの人物が、最初の「二重定義」、もしくはせめて「Yes or No?」にも登場していたら、もっと面白かったですのにね~。さすがに日本のドラマでは無理かな


などという思わせぶりはこれぐらいにして、以下、簡単なあらすじからネタバレへと移らせていただきまするアンフェア~ダブル・ミーニング、連鎖のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


20年前、何者かに誘拐されて手首に火傷の跡を残された望月は、いまだにその心理的な後遺症(PTSD)に苦しみ、定期的にカウンセラーの橘鏡香(吉田羊)のもとへ通っていたようです


その帰り道、検視官の三上からメールが入ってきます。緊急事態!至急訪問願いたし!!


望月が急いで駆けつけると、三上は、警視庁に届いたという不気味な人形を差し出しました。目隠しをして、両手両足を縛られたその人形の手首には、望月の火傷と同じ傷が刻まれています。しかもその人形にはこのようなメッセージも添えられていました


サイカイヲノゾム


これが望月との「再会」を望むという意味なのか、それとも20年前の事件の「再開」を望むという意味なのか計りかねた望月は、久しぶりに山路のもとへ行き、20年前の事件の詳細を教えてほしいと頼みました。


山路は、望月の監禁場所を知らせるタレこみに従ってその現場へ向かった途中、暑い夏の日のさなかにもかかわらず、黒ずくめの服装をし、その手には赤い長傘を持った不審人物を見かけたと教えてくれました。それでも山路は望月の救出が最優先と考えて、その人物を追求しなかったそうです。


望月がこれを1つの「情報」として記憶に止めたその後、山路には、とある成人男性の殺害が、そして望月には、複数の少女が行方不明になっているとの連絡が入りました。成人男性のほうはともかく、やはりあの人形は犯行予告だったのでしょうか?


誘拐された少女たちには皆、髪が長くて目が大きいという共通の特徴がありました。それは、20年前の望月と同じだったそうです。その上、当時もうひとり、望月と同じように誘拐されて、火傷させられた少女がいたのだそうです。それはなんと、今望月の上司で警視の浅野義典〈中村俊介)の妹だったというから驚きです


が、浅野は被害者家族であるにもかかわらず、当時のことを話したがらず、いまだに犯人を追い続けている望月にも厳しくこれを禁じていました


浅野の妹が被害者だったことを教えてくれたのは、今回ともに捜査にあたることになった、浅野の幼馴染だという刈谷将(青柳翔)です。浅野の妹も、望月同様、すぐに見つかったものの、その時のショックが元で自殺してしまったそうです。そしてその妹も、今回さらわれた少女たちと同じ雰囲気だったのだとか


ようやく浅野もそれを認めた矢先、さらわれた少女のうちのひとりの携帯電波が受信されました。こうして少女たちは皆(正確に言うと一人を残して皆ですが、そこを入れると長くなるので割愛します)、病院に収容され、望月の主治医の橘が彼女たちの手当をしてくれたようです


あなたの時と同じように、手首には火傷の跡がある。でも、薬を使われたのか、皆、ほとんど何も覚えていない


その薬はタリルケルミンという、極めて専門性の高い麻酔薬だそうですが、それと同じ成分が、先に山路が調べていた遺体の体内からも検出されました


この成人男性の身元はすぐに割れていましたが、彼が政治家の秘書=笠原だったことから、小久保に上から圧力がかかり、「自殺」で片づけられそうになったのを、どう見ても「政治絡み」ではなく「怨恨」だと見破った山路が、

「ひとり科捜研

の三上に、この件を調べるよう特殊任務を命じたのです


その結果、笠原の遺体に付けられた無数の傷跡は、実は、巧にその動脈を切っていたことが判明しました。麻酔薬と言い殺しの手口と言い、これは医療関係者による犯罪ではないかと思われた矢先、誘拐された少女たちもまた、皆、病院に通っていたことが明らかになります


また、時を同じくして、20年前、望月と同様に誘拐され、手首に火傷を残されたという女性=梅川尚子(木南晴夏)が警視庁にやってきました。当時彼女は、両親から虐待を受けていたため、行方が分からなくなっても届け出が出されなかったそうなのです


今回の少女たち誘拐の事件を聞いて、今さらながら何かの役に立てない物かと協力を申し出てくれたのだとか


その後、望月と山路は「病院関係者」の線から犯人を捜しだすべく、笠原が入院していた病院に行き、看護師たちから色々話を聞き出しました。


すると、笠原はひどい女好きだったことが分かり、看護師の中のひとりが笠原に言い寄られて交際していたらしいことを突き止めます。今は病院を辞めたというその野田という女性のアパートへ行き、写真を見つけたところ、なんとその女性こそ、先日協力を申し出てくれた梅川だったことが判明します


以下ネタバレその1です


なんと、今回の誘拐犯は、この野田=梅川だったのだそうですさすがにアンフェアは裏切らない(笑。梅川が幼い頃誘拐されたことは事実でしたが、当時虐待されていた梅川は、ただ一人「大丈夫かと優しく声をかけてくれた犯人に心を奪われてしまったのだそうです(ストックホルム症候群)。


それが、笠原と付き合いだした後、その笠原が、愛しい人が付けた火傷の後を愛おしそうにしていた梅川を酷くののしり、その傷の上に別の傷をつけてしまったのだそうです。唯一の温かい記憶を汚されたと怒った梅川は、笠原を殺してしまいました


もう一度「お兄ちゃん」に会いたい!


切実にそう考えた梅川は、自分が模倣犯となれば、警察が再び20年前の犯人を探しだすと考え、この度の行為にいたったのだそうです。子どもたちに麻酔を使ったのは、できるだけ彼女たちを傷つけたくなかったかららしい


でも、事件はそれだけでは終わりませんでした。以下ネタバレその2です


なんとですね~その梅川、そして望月を誘拐した犯人は、誰あろう、警察の狩谷だったのだそうですダブルミーニングのネタバレです('ω')ノ


狩谷は、事件当時、浅野の妹の子守を頼まれたのに、それを断ったばかりに彼女が誘拐されてしまったことをずっと悔んでいたのだとか。それなのに、警察の捜査は遅々として進まなかったため、犯人が逮捕されないのに業を煮やした狩谷は、今回の梅川同様、自分が模倣犯となれば、警察が本腰を入れる、と考えたのだそうです


ネタバレその3です


そんな狩谷の行動を逐一警察に密告し、彼の犯罪を防ごうとしたのが、浅野だったのだそうです。浅野は、自分の家族のために罪を犯した狩谷が捕まらないように、警察内の証拠もすべて消し去ったのだとか。私にできることはそれしかなかった!!


いやいやとんでもない話でございまするね~。しかも狩谷は望月に

「自分はむしろ被害者だ。悪いのは警察だ。おまえも警察を恨め」

と言い放ちました


これに怒った望月は拳銃を取り出し、たとえ法では認められなくとも犯人を見つけたら迷わず撃つ!と語ったのが今では伝説となった雪平のように(篠原涼子さんも特別出演、その胸に銃弾を3発撃ち込みます。でもそれは、狩谷が防弾チョッキを常に着用しているのを知った上でのことだったそうです


狩谷はその後警察を辞職し、望月は、自分の事件が解決したことで、ようやく犯人がはめていたのと同じ時計を自分の手首から外しました。そんな望月を見て喜んでくれたのは、山路だけではありません。カウンセラーの橘も同様です。


それでも私はあなたのことが気になるわ。いつでもいいから連絡をちょうだい


ネタバレその4(最後のネタバレ)です


そしてこの橘こそが、あの時計と赤い長傘、そして黒づくめの人物だったことが判明しますひえ~!そんな裏切りがあっていいのかアンフェアダブルミーニング!!。でも~望月を誘拐したのは、狩谷だった事には間違いないのですよね~?だとしたら、その時の不審人物=橘(?)は、いったいあそこで何をしていたのでしょうか?


今さら狩谷が真犯人を庇って嘘の自供をしたとは思えないので、今考えられるとしたら、橘は、浅野の妹を誘拐した最初の犯人であり、それを狩谷が模倣したのを知って、その後をつけて楽しんでいた、ということぐらいでしょうか?それが今、再び同じ服装をして出かけたのは、またしても同じ犯行を繰り返すつもりなのでしょうか?


いやいや、さすがにアンフェアだけのことはありますね~。番組終了後のCMの後にもこんなサプライズが隠されていたとは!ダブルミーニング~連鎖が面白かった(^^)/


でも、いかにもこのスピンオフ=ダブル・ミーニングらしく、ちゃ~んと心温まるシーンも用意されていましたよ。望月は、自分と同じ目に遭い、いまだに心の傷を抱えた少女のもとに、昔自分を励ましてくれた(山路の)あんパンを届け、もう2度とあの犯人は現れないと彼女を励ましたのです


その他では、薫ちゃんこと三上が、吉田鋼太郎さん演じる警察上層部?から何かを命じられていたり、小久保がやはりどこかのお偉いさんから「人殺し」を命じられていたらしいことも付け加えておきまする。それがきっと、今上映中の「アンフェア the end」に繋がっていくのでしょうね


おばさんがこの映画を見るのはまだまだ先のことになりそうですが、その日が来るのが今からとぉ~っても待ち遠しいですアンフェア the endのテレビ放送が待ち遠しい(^^)/


~もう今は連ドラじゃないけど「アンフェア」カテゴリーがあってもいいな


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアンフェア-映画&SPのレビュー一覧」でお読みいただけます

アンフェア-映画&SP
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

アンフェア the answer 今さらですが少しばかり感想をば♪

篠原涼子さん主演のアンフェアは、おばさんが大好きなシリーズ物です。健康上の理由から劇場には足を運べないものの、テレビで放送された映画はこれまでもすべて見てきました。


今回はthe answerを見たのですが、既に2年前に公開された映画なので、今さらあらすじでもないのですけど、ファンとしてはやはりいくつか書いておきたいという衝動が止められず、実は今日、これが気になって仕方がありませんでした~書きたくて


以下、いくつかのネタバレと感想です。それでもまだ知りたくないとお思いの方は、ここでご遠慮くださいますように。今日はもう時間がないので(そろそろ疲れましたし)ここから先はほぼ飾りつけなしの文章だけ~で行かせていただきまする


この映画は、雪平が「アンフェア the movie」で手に入れたUSBを巡る争いがテーマでした。あの病院占拠事件の責任を取らされて異動となった雪平は、北海道の西紋別署刑事課に勤務しているようです。が、所轄の刑事で大人しくしているような雪平ではなく、東京で起きた連続殺人事件もその視野に入れているようです。


そんな雪平のもとを訪れたのは、別れた夫の佐藤和夫。彼は、元妻の雪平に頼まれたUSBは解読することができなかったと説明します。そのUSBにはある特定のパソコンにつながない限り中身を見ることができないという「プロテクト・ドングル」が装着されているのだそうです。簡単に言うと、USB自体がカギのようになっていて、これをPCに差し込めば、内容が見られるという仕掛けのようです。


また佐藤は、東京で起きているネイルガンによる連続殺人事件は「予告殺人」だと指摘しました。遺体の近くに残された犯人の証拠こそが次のターゲットを示しているというのです。つまりは犯人が次の被害者になるということ。


そして佐藤は、今自分がその「次のターゲット」になってしまったと続けました。おそらくは、このUSBを調べていたことが原因に違いないから、これを雪平に返して、自分は国外脱出を図るというのです。


この後、雪平の護衛を断って去って行った佐藤は殺され、その犯人として浮かんだのは雪平でした。そう、犯人の目的は、雪平とあのUSBにあったのです。


警察の裏金やマネーロンダリングに関するファイルを取り戻そうとしているのはいったい誰なのか。


スキを突かれて逮捕されてしまった雪平を助けたのは、東京地検からやってきた村上克明でした。村上は、自分を人質にして逃げるよう雪平を説得します。


警察にいたほうが安全かも。犯人は私の一番近くにいる人物~あんたかも知れないから


でも結局雪平はこの案に乗ることにし、東京の村上の隠れ家へとやってきました。好きに使ってくださいと言い残して車で出かけた村上でしたが、ミステリー好きなおばさんとしては、ここで


「村上の車が車爆弾で爆破されなかった


時点で、もう村上が犯人だと確信してしまいました。同じ北海道の所轄で、雪平と恋人同士になっていた一条ももちろん十分怪しかったけど、配役が佐藤浩市さんだったため、最終的に雪平を傷つけるようなキャラではないと踏んだのです。そう、あの以前の江口洋介の役みたいに。


それに、あの、ハンニバル・レクター並みのモンスター=結城(大森南朋)が、いきなり村上の家に乗り込んできたのも不自然でしたよね。たとえ後をつけることはできても、どう見ても頭脳派じゃない結城が、ドアを壊しもしないで中に入ることは難しいでしょうからね。


結城に襲われた雪平が、その顔をひっかいて、爪の間に残された皮膚を薫ちゃんに渡し、結城の正体を突き止めてその家に乗り込んだ時は、絶対に大丈夫だと分かっていてもやっぱりドキドキさせられました。


でもここはさすがに雪平でしたね~。この殺人マニアの「弱点」を見抜き、他の殺人方法とは違っていた佐藤和夫殺害の真犯人を一緒に突きとめようと誘うとは。


そしてこの犯人こそが一条だったのです。最後まで、ただ一人雪平の味方だった佐藤を殺すなんて、いったいこれから雪平はどうすればいいんだ~っ!!


だってですよ。今回はとうとうあの薫ちゃんまでが「組織のイヌ」だったことが判明してしまったのです。結城にUSBを渡すという条件で一条をおびき寄せ、その正体を暴いたまでは計算通りだったのですが、一条が、山路とともに駆けつけてきた薫ちゃんに、素早くこれを渡していたとは!?


が、そのUSBには佐藤が入念な細工をしていたのですよ。村上が、薫ちゃんから受け取ったUSBをPCに差し込み、プロテクトが解けてデータがパソコンにコピーされたら雪平にメールが行くよう設定していた佐藤は、コピーが済んだと分かったら、村上(そのころは「X」ですな)に電話をするよう命じていたのです。この辺は難しすぎてもう思い出せないけれど、なんでもその電波を察知したUSBが焼失し、USBとPCごとデータを破壊する仕掛けをしていたのだそうです。


こんな仕掛けに気づかないとはっ!


村上に叱責されても、どこか平然としていた薫ちゃんには、やはり最後は雪平の味方でいてほしいものです。組織の人間としては仕方なく命令に従うが、人間としての雪平への友情はいつまでも失わないでいてほしい。


これと同じことは山路にも言えるんですけどね~。今回もまた分からなかっただけに次に「アンフェア」なのは彼だった~というのはあんまり見たくない気もします。ダブルミーニングでも善人してましたし。


さてこれで終わりか~と思いきや、最後のエンドロールでも、佐藤が雪平には似合わないと言ったペンダントが、実は一条がその中にGPS(たぶん)を仕掛けていたり、佐藤が殺された船の下にUSBが隠されていたり~などのなかなか凝った作りも楽しむことができたので、個人的には大満足でございました


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアンフェア-映画&SPのレビュー一覧」でお読みいただけます

アンフェア-映画&SP
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

アンフェア ダブル・ミーニング-Yes or No? あらすじとネタバレ

北乃きいさん主演のアンフェアダブル・ミーニング-Yes or No?を視聴しました。本当はこれ昨日語りたかったんですが、メンテで忙しくしていたため語りそびれちゃいました。いや~なかなか面白かった~と言ったら語弊がありそうですが、ミステリードラマとしてはかなり楽しめました。おばさんは一応、苦しむ人を前に素知らぬ顔をする人間にはなりたくないと思ってはいるほうですが、実際その立場に置かれたらどうなることかわかりません


アンフェア大好きなおばさんとしては、昨日放送されていた雪平(篠原涼子)の映画も早く見たいところなれど、これを書いてからでないと、頭の中で混ざってしまいそうでまだ見ることができずにいました。そうそう、雪平は、あんなところ(どこ?)に配属されていたのですね


さて以下、さっそくあらすじに行かせていただきます


相変わらず「熱い刑事」のモッチーこと望月陽(北乃きい)に今回立ちはだかったのはネット犯罪。しかもこれがストリーミング配信で、いわゆる「視聴者参加型」になっているというのもまたいかにも現代的な手法でした。


人質を椅子に座らせた仮面をかぶった男が、視聴者に向かって「正義」に対する価値観を問う問題を出します。


~正義について考えましょう。あなたはYes、No、どっち?


最初はきっとふざけ半分で投票した視聴者たちが度肝を抜かれたのは次の瞬間でした。この仮面の人物は、投票結果が思い通りの答えじゃなかったことを理由にしてこれを「不正解」とし、後ろにいた人質にいきなり発砲して惨殺してしまったのですここはマジで怖かった~(;O;)


2人目の人質は有名レポーター(橋本じゅん)の娘~こちらは何とか殺害を免れましたが、どうやらホシは、大勢の人質を確保していると思われます。


ひとり食い入るように画面に見入っていた望月は、映像の中に映る「水」が揺れ動いていることに気づきました。あれは船の中に違いない!あの揺れは船内よ!


ここから出航後連絡が取れなくなった1隻のチャーター船が捜査対象として浮かび上がりました。東京湾内を航行中だというその船には40人ほどの乗客がいると思われます。


ここでまたお定まりの「縄張り争い」(というより「縄張り押しつけ合い」かな)が始まりました。それでなくとも厄介な事件を扱いたくないのに、小久保(一課長・警視正~阿部サダヲ)に体よく「発言権」を与えられてしまった風見(管理官~高嶋政伸)は、この事件を海上保安庁に押し付けようという魂胆なのです。


「海の上には手を出せない~それがルールだ」


でも結局これも犯人の罠で、クルーザーは目くらましだったことが判明するのです。でもそのクルーザーを予約した人間にそのヒントが隠されているのではと動き出したのは望月と薫ちゃん(加藤雅也)でした


今回選挙に立候補した二世=宅間修(福士誠治)も所属しており、後にはレイプ事件まで起こしたという一流大学のサークル。


いったい犯人はだれなのか~そのカギを握るのは、今では所轄の刑事となった山路(寺島進)。そう、山路には、動画と全く同じ「質問状」が届いていたのです。この心当たりを探すうちにたどり着いたのは、スキャンダルを苦にして自殺した女性アイドルの如月クミでした。


コールガールの汚名を着せられて服毒自殺をしたというその事件が上からの命令で捜査が打ち切られたことに納得できなかった山路は、この「圧力でもみ消された真実」を突き止めようとしたため、小久保に今の地位に追いやられてしまったのだそうです


一方、リアルタイムに流される殺人ショーにサーバーはダウン寸前。そしてついにこの映像はテレビ局の手に渡り、ネットよりずっと多くの視聴者が、このショーに参加することになった時、犯人の真の目的が明らかになりました。犯人はターゲットの「仇」のみならず、その仇の「犯行」を見過ごした国民や警察(=特に山路)に復讐しようとしているのです。


ここでも警視庁の保身のために、マスコミと結んでいた報道協定を解くだけで、マスコミが勝手に犯人と接触できるよう画策する(見て見ぬふり)小久保のしたたかさは、もはや呆れを通り越して感心するばかりでござりまする。おばさん的にはこの小久保こそあの椅子に座らせてやりたかったですがまったく憎たらしいっ!


以下ネタバレです。


主犯は町田渉(綾野剛)。彼は如月クミの熱心なファンで、彼女の仇を討つためにこの一連の犯行を計画しました。先のクルーザーでも、この如月クミのCDが「追悼目的」で流されていたようです。


3問めには自ら人質として登場し殺されるという細工までした町田およびその仲間が本当に殺したかったのは、クミに「売春婦」の汚名を着せたあの二世~元法務副大臣の息子の宅間です。彼はクミを強姦しておきながら、その事実を隠ぺいしたばかりか、自分の汚名を晴らそうとしたクミに「売春」の濡れ衣を着せた上に、それを苦にして自殺をしたかのように見せかけて彼女を殺してしまったのです


この「スキャンダル」を流すのに加担したレポーターも、その罪が問われて娘が人質として使われた模様ですが、彼らは、何の罪もないこの子を殺すつもりなど全くなく、彼女にはただ「演技」をしてほしいと依頼しただけのようです。結局町田たちは誰一人殺してはいなかったのです。


そんなこととは知らないレポーターが、娘を助けてほしくて宅間を呼び出し、真相を明かしたところが放送されてしまったのは実に痛快でございました。この放送を阻止しようとした小久保に耳を貸さなかった風見はまだなかなか見所があるのかな


ようやく町田にたどり着いた山路が、彼の罪を少しでも軽くしようと、今度こそ宅間を殺そうと手にしていた銃を奪ったのは、やはり感動してしまいます


いくら偽装とはいえ残忍な映像を流して世間を騒がせた罪はあっても、結局はだれも殺さなかった町田は、それほど重い罪にはならないようで一安心いたしました。


と、ここまではフツーのミステリー。アンフェアがアンフェアたる所以はこの後の数分間でした。


今回町田が起こした行動は、実は他人に巧妙に仕組まれた罠だったというのが最後のオチだったのです。この罠を仕掛けた張本人は宅間の対抗馬だった和泉進一。彼の秘書が町田の仲間の一人を買収し、彼をこの犯行に駆り立てていったようなのですうまく嵌められてしまいました


忍成修吾が演じたその「仲間=裏切り者は役名さえなかったと思われますが、最後ににやりと笑ったあの不敵な笑みは今でも忘れられません


またこの選挙に並々ならぬ関心を抱いていたようだった小久保でしたが、最後にここまで世間を騒がせたにもかかわらず、望月と風見にお咎めがなかったところを見ると、どうやら「思い通り」の結末だったようですね。この和泉がまた小久保との絡みなどで登場すると面白いんだけどな。


いや~やはりなかなか楽しかったです。ダブルミーニングは今後も楽しみなシリーズになりそうでございまするね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアンフェア-映画&SPのレビュー一覧」でお読みいただけます

アンフェア-映画&SP
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

アンフェアSP~ダブル・ミーニングの北乃きいはなかなか良かった(^O^)/

アンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~を見てみました~これはとっても楽しかったですアンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~の感想。(以下少しだけネタバレあります~未見の方はご注意を!


こんなことを言うと、

人が亡くなっているのに楽しかったなんて不謹慎だ!望月はものすご~くまじめな警察官です

北乃きいちゃん演じる望月陽(あきら)に怒鳴られそうでございますがそこがとってもいいんですよね~


篠原涼子の雪平夏見も大のお気に入りでしたが、このモッチー(命名薫ちゃん)もなかなかですね。一見クールな雪平とは実に対照的で、見た目も中味も正義の炎がメラメラと燃えているところもきいちゃんにピッタリです


恋人の蓮見に裏切られ、すっかりやる気を無くした山路(寺島進)が、望月にガツンとやられるところも見ものでした


あなたがもっとシッカリしていれば人が死なずに済んだんです!!


望月がこんなに熱い刑事になったのは、自分もまた幼い頃に誘拐&強姦(?)された経験があるから~しかも、その望月を救い出したのが、若き日の山路だというところもまたよかったですね


相変わらず嫌味な小久保(阿部サダヲ)はすっかり昇進して捜一の管理官になっていました。降格した山路をいびるいびる~。ちなみに~今回、小久保はマリッジリングを外していますが、別のSP番組によると、小久保はもともと独身で、あの指輪は周りがうるさいからはめていたのだそうですよ。でも昇進したから外したんですって。まあ芸の細かいこって


そんな小久保が信頼して捜査を任せた科捜研のプロファイラー元園部(山本耕史)が、実は凶悪な殺人犯だったのは実にいい気味でした。山本耕史くんは、もう出てきた瞬間から怪しかったです。瑛太とダブってしまいましたもの。


謎解き~プロファイリングをする姿はまるでシャーロックのようで、なかなかうっとりしちゃったんですけどね~まさかあれが「自作自演だったとは


こちらもおばさんお気に入りの薫ちゃん=三上 薫(加藤雅也)は相変わらずカッコよかったし三枚目も似合いますよね♪~同じ薫ちゃんがいなくなってすっかり面白味を逸してしまった「相棒」の代わりに、そろそろこのアンフェアを連ドラに復帰させてくれないかしら


雪平はどこぞに飛ばされてしまっていましたが、アンフェア望月&山路&三上~プラスその他の面々で十二分に楽しめそうですアンフェアの連ドラが見たい!(^O^)/~是非是非連ドラの実現をお願いしたいです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアンフェア-映画&SPのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング