このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル 最終回 あらすじと感想 あんまりだ~!

韓国ドラマ、【トライアングル】もついに夕べが最終回でした。絶対に最後は3人で笑い合えると信じていたのが見事に裏切られてしまい、特にここんとこお気に入りキャラの度重なる死に打ちのめされたおばさん的には、ちと立ち直れそうにありません新次郎の次はドンウかっ!(;O;)。以下早速ネタバレです


なんとドンウは無残にも殺されてしまいました。ピルサンとコ・ボクテが放った刺客に襲われたドンウを、ドンチョルとドンスが必死で救おうとしたのですが、それも虚しく、ドンウは刺されてしまうのです


ドンチョルが慌てて駆けつけましたが、その傷は深く、ドンウは既に虫の息です。ここはもう、あ~早く早く救急車を呼ばんかっ早く救急車を呼べっ!!!!とテレビの前でイライラし通しでしたが、たとえ呼んだとしてももう間に合わなかったようです。


ごめん、ヒョン(兄貴)。もっと早くそう呼べればよかった。


赤ん坊の頃から家族と別れ、その顔も思い出せぬまま、あ~んな冷酷なテジュンのもとで育ち、精神を病んで苦しんできたドンウが、やっと巡り合えた愛する人=ジョンヒには振られ、ようやく、ようやく、肉親に巡り合えた、ドンウの人生はこれからだ、という所だったのに、ここで殺すなんて、いったいなんてことをしてくれたんだっ!!トライアングルの最後が哀しすぎた(;´・ω・)


しかもドンウはドンチョルに「育ての父」を庇うことも忘れません。ユン・テジュンは僕を育ててくれた人だから、もう争わないでほしい


愛しい弟を失った悲しみをこらえるドンスとドンチョルが気の毒でなりませんでした。そしてドンスは、ドンウの遺志を尊重し、テジュンにすべてを手放すよう促しますが、テジュンは耳を貸しません。が、ドンスから、ドンウを殺したのはピルサンだと聞かされると、さすがにピルサンを許すことはできなかったようです。


そんな折、ジャンスとジェリが、ドンウの遺品の中からあるUSBを発見しました。詳細は明らかにはされませんでしたが、どうやらテジュンの悪事の証拠となるファイルが収められていたようです。


ジェリは、これはドンウのドンチョルへの贈り物だと言いましたが、ドンチョルは、最後のドンウの願いを忘れることなく、これを破棄するよう命じました。ドンウの遺したものでユン・テジュンを追いつめることはしたくない。奴は奴の仲間に破滅させる。


そのドンチョルの言葉通りとなったのは痛快でしたね


テジュンに脅されて警察に自首したピルサンは、死なばもろともとばかりにテジュンの裏帳簿を提出したそうですし、最後まで部下を人間扱いしなかったコ・ボクテはスチャンにも見捨てられてやはり逮捕されましたが、テジュンの過去の悪行をすべて暴露したそうです


ドンスがコ・ボクテの潜伏先を突き止めて乗り込んだ際、我を失ってコ・ボクテを殴りつけるのをマンボンが止めたのを見て、思わず

止めるなっ!

と叫んでしまったのはおばさんだけでございましょうか。あそこはそれほどドンスの無念が伝わってきましたよね~。何せあの男には父と弟を殺されたのですから


これで追いつめられたテジュンは覚悟を決め、隠し金庫から拳銃を取り出して自殺してしまったようです。ここはやっぱりそうなりましたか~とちとガッカリですが、それが(かつての)韓ドラ復讐劇の定番だったのですから致し方ありません。この「トライアングル」は、良い意味でも悪い意味でも、いかにも「正統派」でしたから


これでドンスとドンチョルの復讐は果たされ、ドンチョルはテジョンカジノの代表理事に就任し、ドンスはシネの待つアメリカへと旅立ちました


ドンチョルはドンスに、シネには心配をかけるなと自らのブラックカードを渡したのがまた良かったですね。も~ジョンヒの台詞じゃないけど、ついついあの赤パン姿で走っていた姿を思い出さずにいられません


ドンチョルは、世話になったミン社長にも、テジョンカジノの株主になってもらうよう尽力すると約束し、マンボンにも約束の金を返したようです。たとえ古臭いと言われようと、こうした「恩義」を忘れないところがドンチョルの大きな魅力でござるね


そのドンチョルが、最後に自分の過去を省みて、視聴者に希望を伝えたのがまたよかった。暗闇から逃れたいなら人を愛せ、そうすれば大きな幸運が訪れるかもしれない。


最後にドンウを死なせたのだけは大いに不満でしたが、でも残されたドンスとドンチョルが幸せになれたのは良かったです。久しぶりにクラシックな韓ドラ復讐劇が楽しめました


また最後になりましたが、長丁場のところ、毎週変わらず応援してくださった皆様にも心より御礼申し上げます。おそらくは「ミセン」でもご一緒していただいている方が多いと存じますので、こちらは絶対に幸せになってもらえるよう、引き続き応援してまいりましょう


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル あらすじと感想 第25話 ドンウを救え!

韓国ドラマ、【トライアングル】もいよいよ25話です。残すところ1話となって、ますます緊迫してまいりました。以下簡単なネタバレのあらすじですトライアングルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ドンウを呼び出したドンスとドンチョルは、ピルサンが、カジノだけではなく、ドンウの命をも狙っていると忠告しました。なかなか兄たちの言葉を素直に聞けないドンウでしたが、その後駐車場で男に刺されそうになってはさすがに信じない訳には参りません。ここは危ういところでドンチョルが刺客をやっつけましたドンチョルかっけー!


その後マンボクがこの男を捕まえ、ドンスも加わって黒幕を吐かせようとしますが、出てきたのはスチャンの名だけです。スチャンは決してピルサンの名を明かすことは無いでしょうから、またしてもピルサンを追いつめるまでに至りません


そこでチャンスとジェヒは、ピルサンの部屋に盗聴器とカメラを仕掛けることにしました


しかもドンチョルは、ミン社長に命じて、以前から買い溜めておいたコ・ボクテの会社チョンジン建設の白地小切手を一斉に支払うよう要求させます。これが総額600億ウォンにも上るのだそうです


慌てたコ・ボクテは懸命に金策に走りますが、日ごろの行いも災いし、そんな大金を融通してくれる者がおりません。もちろん、ユン・テジュンに至っては、お前にやる金などないとせせら笑っていたほどです。


コ・ボクテは仕方なく、せっかく買い集めたテジョンカジノの株を売ることにしました。これをコ・ボクテがピルサンに電話で報告したため、ドンチョルの知るところとなります


その株をすべて買ってください


ミン社長が買った株はすべてドンチョルの物となり、こうしてドンチョルはついにテジョンカジノの筆頭株主となりました。舎北のクズ、チンピラだったホ・ヨンダルが、今や大企業の筆頭株主になったのです。ジャンスでなくてもここは実に感慨深かったですね~


その上ドンチョルは、皆の前でジョンヒに礼を言います。信じてくれてありがとう。愛している


が、全てがドンチョルの計略だったと知ったコ・ボクテはもう黙っていません。ピルサンに、必ずホ・ヨンダルを殺す、と息巻きますが、ピルサンは、本人を殺しては面白くない、家族、ヤンハを殺した方がより苦しめられると唆します


そのヤンハ=ドンウは、ようやくユジンの心を捉えて、ソン会長と手を結ぶにいたり、ユジュンの覚えもめでたくなったところでした。が、それもすべては金のためだけ、目の前にいるのは非情で冷酷な親の仇だと思うと、ドンウの心中も複雑そうです。ドンウは優しいばっかりに、育ての親を裏切ることができんのですよね


それ以外では、ドンチョルがドンスをジョンヒの家に連れてきて、ドンスがハルモニに挨拶したシーンが良かったですね。ドンスにはまだ昔の面影があると笑ったハルモニも、いかにも感慨深げでした。ジョンヒの父やジョングクが生きていたら、どんなにか良かっただろうに


また、ドンウが酔っぱらってドンチョルに「ホールデム」の勝負を挑み、それに負けたために「兄貴」と呼ぶよう言われたのに、酔っていたため覚えていなかったのが残念でした。それを翌日チャンマダムから聞いて困っていたドンウが、来週の最終回には是非心を開いて「ヒョン!」と呼ぶ姿が見られると期待しておりまする


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル あらすじと感想 第24話 ドンウの号泣にもらい泣き

韓国ドラマ、【トライアングル】、今週は24話です。最後はまたしても一難去ってまた一難な感じでしたね~。まったくもって最後の最後まで気が抜けませんトライアングルのあらすじ行きます。以下早速ネタバレです


まず、前回、あわや轢き殺されそうになったドンチョルは、そこに駆けつけたジョンヒが叫んで、何とか事なきを得ました。ふたりとも、互いへの偽メールでおびき寄せられたようですね。そしてジョンヒは、ドンチョルが危ないと教えてくれたのはヤンハ(ドンウ)だと明かしました


これでようやくドンウの葛藤を知ったドンチョルが、ドンウに譲歩したのが良かったですよね。お前がそれほど執着しているものに価値があってほしい。そうそう、頭ごなしに反対されても~あの若さなら特に~反発するばかりです


一方、ドンチョル殺害に失敗したピルサンは、殺害を命じた男が捕まって窮地に立たされてしまいます。が、図々しいピルサンは、殺害など命じていないと言い張り、ついには釈放されてしまいました。ピルサンがその男に殺害を命じた証拠が、男の自白以外何も見つからなかったのだそうです


怒ったピルサンは、今度はドンウを殺そうと画策しました。が、コ・ボクテとの話はジュノが立ち聞きしていたため、早速ドンチョルの耳に入ります。ドンチョルは即座にドンスに連絡を入れました


大変だ、ドンウが危ないっ!!ヒョン!!


また今回は、チャン兄弟にとって悲しい別れもありました。彼らの実母=チュニが、すい臓がんで亡くなってしまったのです


義理の弟ペク・ヨンウから連絡をもらったドンスは、もっと早く知らせてほしかったと嘆きますが、ヨンウもチュニが病であることを知ったのはつい最近だったのだそうです。しかもこんなに早く亡くなるとは思ってもみなかったのだとか。


チュニの悲報を受けたドンチョルの嘆きようがまた実に気の毒でしたよね。ドンチョルは、ジョンヒのハルモニから、チュニは、ジョングクが労組の委員長だったことで苦労続きだった上、ドンウを産んだ後は産後うつで悩んでいたのだと聞かされていたのです。あまり責めないでやっておくれ。


今度会ったら、ちゃんと名乗ろう~そう思っていたに違いないのに、何とも早すぎる死でございました


そしてドンウもまた、シネから母の死について聞かされます。最初は、今さら関係ないとはねつけましたが、やはり気になってならず、明け方こっそり葬儀場にやってきたドンウドンウがええわ~( *´艸`)


チュニの遺体の側には、ドンスとドンチョルが横になって寝ていました。本来なら、ドンウもあそこにいたかったでしょうに。遺影を目にして思わず泣き出した姿に、思わずもらい泣きしてしまいました顔がグレ@ミセンに見える(^^ゞ


お別れをして部屋から出てきたドンウの姿は、手伝いに来ていたジョンヒに目撃されます。ジョンヒはドンウに声をかけましたが、ドンウは何も言わずに立ち去り、ジョンヒもまた後を追おうとはしませんでした。今はまだそっとしておこうと思ったようです


シネは、後日この話を聞いて、良い兆候だと語っていました。ドンウが少しずつ心を開いている証だと


そのシネはこの度FBIに研修に行くことになったそうで、ドンスも1月後には渡米するようです。ちなみにプロポーズはまだのようです


それまでにドンウの心がほぐれて、ドンチョルとドンスを「ヒョン」と呼んでくれたらよいのですが。


また今回は、ミン社長がコ・ボクテを拉致させて、マンボンとともにこてんぱんにやっつけたようです。問題の本質的解決にはなりませんが、是非そのシーン、見たかった(気持ちだけ参加したかった)ですね~トライアングルもラストスパート!


さていよいよトライアングルもラストスパートです。残り2話もタップリ楽しませていただきまする


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル あらすじと感想 第23話 ドンチョルが危ない!

韓国ドラマ、【トライアングル】、今週は23話です。きっと助かると信じてはいても、やっぱりハラハラさせられまする。以下簡単なネタバレのあらすじですトライアングルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


恩人のアン・チャンボンが襲われて重体になったことで、ドンチョルは激しい怒りが隠せません。ユン・テジュンの仕業に違いない!ドンウがテジュンに同調するなら、もはやドンウも許せないっ!!


弟二人の確執に心を痛めたドンスは、何とかドンチョルをなだめようとして、こっそりジョンヒを呼び出しました。ドンチョルが、自分の夢は好きな女と幸せに暮らすことだと言っていたことから、その好きな女=ジョンヒなら、ドンチョルをなだめられると考えたのです。


いずれは「義兄」となるだろうドンスからドンチョルのことを頼まれたジョンヒは、できる限り力になると約束した上で、ある1つの質問をしました


もしや昔トンジン炭鉱の社宅に住んでいませんでしたか?


そうだと答えるドンスに、ジョンヒは例のジョンヒとドンチョルが写った写真を取り出して、この男の子がドンチョルではないかと尋ねました。これまたそうだと驚くドンスに、ジョンヒは、その女の子は私だと打ち明けます


その後ドンチョルもまたジョンヒからこの写真を見せられます。ジョンヒは、ドンスからドンチョルのことを頼まれたが、お節介がましいことは言わない、ただふたりともあなたが心配なだけだと言った上で、初恋の人は誰だと聞いてきます


あなたにとって最後の女は私だけれど、最初の女は誰だったの?まさかオッキョンさんじゃないでしょうね?


ドンチョルはとんでもないと言いながら、よく覚えていないが、幼い頃お嫁さんごっこをしていた女の子だと照れくさそうに答えました。するとジョンヒは写真を取りだして、

あなたの初恋の女の子はこの私よその子は私よ♪

といたずらっぽく微笑みます。不思議な縁の巡り合わせに驚いたのはドンチョルだけではありません。


お前たちは運命で結ばれてる!


そう言って大喜びしたのはジョンヒのハルモニです。ハルモニは以前から、ドンチョルのことを思い出し、ドンチョルはどうしただろうかと気に掛けていたのです。それがまさかヨンダルだったなんて!?


兄弟も無事に見つかったと聞いたハルモニは、早速、ドンチョルを家に招けと命じました。ジョンヒも本当に嬉しそうで何よりでしたね。昔はハルモニ、ヨンダルはいい子だけど、付きあうのは反対だと言っていたのですから。


アン・チャンボンが事故に遭ったことで危うくなるかに思えたドンチョルの立場も、そのチャンボンがドンチョルにテジョンカジノの株を譲渡してくれたことで事なきを得たようです。ドンウはこれを機に株主総会を開き、ドンチョルを解任しようとしていましたが、その企みも無駄になってしまいました。


が、ユン・テジュンは、正当な手続きを踏んでいてはドンチョルを追い払えないと考えており、既にヒョン・ピルサンを呼んでドンチョルを消すよう命じています。ピルサンは、ヤンハとヨンダル(ドンウとドンチョル)が実の兄弟だと知って、ヤンハの部下のペ・ソンテチーム長も抱き込むつもりの様でした


これは以前明かされたことですが、ピルサンの父親はテジョンカジノの創業者のひとりだったのだそうです


こんな話を聞くと思わず、その父親が死んだというのもテジュンの仕業だったのでは?などと勘繰らずにはいられませんね。まさしくシネの言う通り、テジュンは正気でない、心を病んでいるから医者に診てもらった方がいい、でござりまする。


ピルサンは、自分こそテジョンカジノの後継者になるべきだと考えているため、ピルサンにとって、ドンチョルはもちろんのことドンウもまた目の上のたん瘤=邪魔者なのです。ドンチョルを殺した後はドンウも殺そうとしているに違いありません


テジュンの命を受けたピルサンは早速コ・ボクテの部下のコン・スチャン(ヨ・ホミン)を呼んでドンチョルを始末するよう命じました。その際ピルサンは、ドンチョルの弱みであるジョンヒの名前を使えと指示します。スチャンが、下手にジョンヒを呼んで後に証言でもされたら困ると言うと、ピルサンはいとも簡単に、

ふたりとも殺せばいい

と言ってのけました


が、これはちゃ~んとドンウがシッカリ聴いています。ドンウは早速ジョンヒを見つけ、これからドンチョルに会いに行くというジョンヒから、その待ち合わせ場所を聞き出します


一方その場所に先に到着していたドンチョルには、車に乗ったスチャンが猛スピードで突っ込んできます!?ドンチョルが危ないっ!!


あ~何とも気が揉める展開となってしまいました。最初にも触れたように、

ドンチョルは無事だ!きっとドンウが放ってはおかない!!ドンウ、ドンチョルを救え!

と信じて来週の放送を待ちたいと思います。


トライアングルも残すところあと3話~いよいよカウントダウンでござる


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル あらすじと感想 第22話 ドンウの苦悩

韓国ドラマ、【トライアングル】、今週は22話です。予想されたこととはいえ、真実を知ったヤンハ、否、ドンウの苦悩が何とも気の毒でございました。以下簡単なネタバレのあらすじ感想文ですkaeru


ドンチョルから自分の正体を聞かされたドンウは、早速キム専務を呼び出して真相を問いただしました。ドンウもまた、養子縁組の手続きをしたのはキム専務だということを知っていたのですね。


何とかごまかそうとしたキム専務を問い詰めて真実を聞き出したドンウは、専務を責めずにいられません。どうして、親の仇に育てさせるようなことをしたんだ!!


誰が聞いてもそう思いますよね。もし、ユン・テジュンがジョングクを殺したのが単なる事故だったなら、その償いをさせようとするのも分かりますが、ドンスも言っていたように、あのような冷酷非道な人間に育てられたら、ドンウの将来がどうなるかなどとは考えもしなかったのでしょうか


ドンスはシネに頼んでドンウを呼び出し、その考えを伝えました


今さら兄貴面する資格がない事は分かっている。お前の将来はお前が選べばいい。だが、この世で最も大切なのが金だというユン・テジュンのように生きてほしくはない。この世には、金より大切な物がたくさんあるのだから


真相を知ったからと言って、すぐにユン・テジュンを「親の仇」と思うことなどできないドンウは、最初、シネやドンスを大いに警戒していました。ドンウにとって彼らの言い分を聞き入れることは、自分のこれまでの人生を否定することになるからでしょう


が、体裁やプライドからではなく、何よりもドンウのことを思いやったこのドンスの言葉には、さすがに心打たれたようです


一方のドンチョルもまた、ドンスとともに、弟を逮捕させるわけにはいかないとあちこち奔走して手を尽くしました。最初検察に手を回してもらったアン・チャンボンにも会って、何とか捜査を止めてもらうよう頼みこみます。


ユン・テジュンは息子に罪を着せるつもりだ。その息子はテジュンの養子で、自分の実の弟だった。


また、ドンチョルの気持ちを思いやったジャンスやジェリも、ミン社長に頼んで、テジュンを訴えたカン・ソンテに口をつぐんでもらうよう手を回してくれました。ジャンスはジョンヒにも、詳しい事情は自分からは言えないが、ドンチョルが苦しんでいるから、会って話を聞いてやってくれと言ってくれます


ドンチョルから事情を聴いたジョンヒも、あまりにも不思議な巡り合わせに驚きを隠せません。でも、ジョンヒは、これまでもドンウからその不幸な生い立ちを聞かされていましたから、そのドンウにドンチョルやドンスという兄ができたことを一番喜んでくれたのかもしれません義姉になるわけですし♪


ああ早くドンウが素直になって、自分もまたその喜びを受け入れられるとよいのですが


こうしてドンウは危うく立件を免れ、再びテジョンカジノに戻ってきました。今後は再び代表理事として大いに活躍を期待するとうそぶくテジュンは、既に手を回してアン・チャンボンの動きを封じてしまったそうです。なんとチャンボンは、交通事故に遭って重体だそうなのです


驚いたドンチョルはすぐにもチャンボンの入院している病院へ駆けつけますが?


今ドンチョルは、例のハンチャンの娘のユジンと組んで、ビッグビジネスを成功させようとしていたところだったのですよね~。ドンウは、ドンチョルが追いつめられるのを見てひどく動揺していました


楽しんで見てきたトライアングルも、残すところ、後4話となりました。来週はどうやらドンチョルとジョンヒが、互いが幼い頃の初恋の相手だと気づくようです。続きもとっても楽しみですねkaeru3


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル あらすじと感想 第21話 悲しき再会

韓国ドラマ、【トライアングル】、今週は21話です。これまた何とも切なかったですね~。もはや、

ユン・テジュン、許すまじっ!!トライアングルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ

の気分でいっぱいでした。以下簡単なネタバレのあらすじです


ドンスから、ヤンハがドンウだと聞かされ、復讐は諦めようと諭されたドンチョルですが、それと復讐は別だと言い切ります


あの親子にどれだけひどい目に遭わされたか忘れたのかっ!あいつはドンウじゃなくてユン会長の息子のヤンハだ!


もちろん、ドンチョルとて内心動揺せずにはいられません。幼いあの日に、あれほど泣いて泣いて追いかけたあの車に乗っていた、可愛い可愛い弟のドンウが、世にも憎たらしい(と思っていた)ヤンハだったなんて、そう簡単に受け入れろと言う方が無理ですよね


そんな折、何とそのヤンハがカジノの「代表理事」になったという知らせが入ります。ドンチョルはヤンハに、父親に利用されているだけだと忠告しますが、ヤンハは親が子供を利用するはずがないと言い放ちます


実はこれもドンチョルの推測通りでした。キム専務から真実を打ち明けられて、ヤンハがジョングクの息子だと知ったテジュンは、ヤンハを代表理事に据えることで、ドンス&ドンチョル兄弟からの「盾」にしようとしたのです


悩んでいたドンチョルに、ジョンヒがヤンハの過去を明かしてくれました。今回ドンチョルはジョンヒとピクニックに出かけて楽しいひと時を過ごしたのですが、そこでジョンヒが、ヤンハの過去はちっとも幸せではなかった、誰にも愛されなかったせいで、深刻なうつ病とパニック障害に苦しんだらしいと打ち明けます


そんなことを聞いたドンチョルが平静でいられるはずがありません。ドンスは、たとえ仇の子どもとして育ったとはいえ、裕福な家にもらわれたことは良かった、物乞いをして育ったドンチョルより恵まれていたと語りましたが、確かに物質面では恵まれたかもしれませんが、精神面では、ドンチョル同様、否彼より辛い思いをしてきたのかもしれないのです


その後、ユン・テジュンの悪事を暴く生き証人が現れました。カン・ソンテというその男は、テジュンとコ・ボクテに頼まれて不正なロビー活動を行った人物らしく、これをネタにテジュンから金を脅し取ろうとテジョンカジノにやってきたのです


この男を利用すれば、憎い仇をふたりとも葬れると考えたドンチョルは、早速ソンテにテジュンを訴えさせました。が、卑怯なテジュンは、自分の代わりにヤンハを検察に出頭させるつもりです


お~のれ~っ!ユン・テジュンめっ!!卑怯者めっ!


これを知って怒りを爆発させていたのはおばさんだけではないことでしょう


そしてとうとうドンチョルも黙っていられなくなりました。ヤンハが、テジョンカジノの代表として検察に出頭すると聞いたドンチョルは、ヤンハに、ついに、お前は俺の弟のチャン・ドンウだ、と告げてしまいます。


この瞬間を待ちに待っていたとはいえ、ヤンハ、否、ドンウの心境を思うと辛いところでやんすねヤンハが可哀想だ(;´・ω・)。真実を知ったドンウはいったいどうするつもりでしょうか?


トライアングルは来週の放送がとっても待ち遠しいですね


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング