このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

破裂
 医療モノ

破裂 最終回 あらすじと感想 頭を使え!

破裂】もついに夕べが最終回でございました。おそらく一筋縄ではいかぬ~単純なハッピーエンドにはなるまいと覚悟はしていましたが、思いのほか嫌な感じは受けなかったのが幸いでした。むしろ

とても面白かった

と言えるほどです


それというのもきっと、今回最後に出された「課題」のヒントは、既に以前倉木蓮太郎が我々視聴者に示していてくれたからでしょう


人間の気持ちは決して1つに決められない。今この瞬間「死にたい」と思っても、次の瞬間には「生きたい」と切望するのが人間だ。その極めて曖昧な人間の気持ちを汲んだと思い込み、医師が患者を安楽死させるなどもってのほかだ、と


つまり、このドラマが提示しようとした問題はそう簡単に解決できるものではない、ということです。外科手術で「悪い物を切除」してきたように、

邪魔な人間は殺せばいい

という訳にはいかない、と


これこそまさに、倦まず弛まず「頭を使え!でござりましょう破裂・最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。それも一人の頭脳では限りがあるし、また佐久間のような単純かつ危険な思想の持ち主が現れないとも限らない、役人から医師、そして患者本人に至るまで、それこそ

1億総国民それぞれが大いに頭を悩ませろ久坂部羊氏原作の「破裂」が面白かった( *´艸`)

ということだと解釈させていただきました。そしてその結論にはかなり満足させていただきました。そもそもこれはたかだか全7回のドラマや小説で簡単に結論の出る問題じゃありませんから


以下、破裂・最終回の簡単なネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪


まずは気になっていた香村ですが、松野から上川の遺した佐久間の不正の証拠を預かったために、小池とその手下に拉致されて、一旦は殺されそうになりました。証拠は全て破棄され、香村もまた殴り殺されそうになったところ~寸でのところで、なんと佐久間が助けに来ます


さすがに単純な佐久間も、これ以上事を大きくしたくは無かったのでしょう。小池は既に警察にマークされているのだそうです。


こうして九死に一生を得た香村は、まったく懲りることなく、自ら国立ネオ医療センターに復帰しました。そこで佐久間の「プロジェクト天寿」を知っているのは厨だけだったらしく、香村はセンターのスタッフに真相を告げることで、内部崩壊させようと考えたようです


3人の突然死に加え、これで厨療法に疑問を感じて抗議に来たお年寄りが体よく「監禁」された上でのことですから、スタッフは香村の話にようやく動揺し始めます。そのスタッフからの報告を受けた林田は当然平静ではいられません


「治験は中止だっ!!破裂の林田は佐久間のスケープゴート


林田があまりのことの大きさに騒ぎ出すも、何せ「安楽死法案」あらため「自由死法案の国会提出を目前に控えた佐久間が、そんな勝手を許すはずがありません


佐久間は林田を怒鳴りつけ、過去の息子の事件を持ち出して林田を脅し、その林田=国民生活省事務次官の後釜をひそかに狙っていた城貞彦(佐野史郎)を何とか焚きつけようとします。


が、香村も既に城には目を付けていました。ここが香村の「頭の使いどころで、なんと香村は、上川亡き後、松野がその弔い合戦だと言って佐久間に陥れられた官僚たちに接触して手に入れた、佐久間、ひいては国民生活省と小池の不正な金の流れの証拠を、この城に渡したのです


「私は決してギャンブルはしない


そう断言していた城ですから、当然、劣勢の色濃い佐久間に味方するわけがありません。それにもちろん、佐久間の「プロジェクト天寿」に共感していた訳ではありませんから、こういう時の切り替えは感心するほど早かったです


城はこの証拠を警察に流し、佐久間と(自分にとっての邪魔者=)林田を排除することに成功しました。敵の敵を利用した香村の、まさに

「頭を使った勝利

でござる


これに対し、何度も何度も考えて=頭を使ったつもりだった佐久間は、ショックのあまり脳梗塞を起こして倒れてしまいました。その後遺症は全身まひのようでしたね。


ベッドに横たわり、いっそ殺してくれと言った佐久間にも「頭を使え」とのたまう香村。


既に亡くなった倉木や3人の老人に加え、この佐久間に惑わされた厨もまた、毒を食っても皿まで食えなかったため()、佐久間に渡された睡眠薬で母を殺すことすらできずに自殺してしまったのですから、それぐらいの報いがあって当然です。ここで勝手に&簡単に死ぬことなど許されません厨が哀れだったね~(;´・ω・)


その香村は、ジューン・ホスキンス大学の協力を得て、香村療法の副作用の改善にほぼ成功していました。イヌの実験に成功した今、いつ突然死するか分からない厨療法の治験者たちを救うべく、日夜奔走しています。内科的処置で間に合わない場合には、北川の協力も得られる=手術の体制も整えたそうです


また松野は、今回の治験を受けた「被害者」を代表し、国立ネオ医療センターを訴えることにしたそうです。決して手を抜くなと励ます香村がまたいかにも香村らしかったですね


たとえ、佐久間の言うように、老人が増えることで日本が「破裂」しようとも、目の前にいる病人を救うのが医師であり、香村は死ぬまで医者であり続けることを自らの頭で選んだのです


そんな香村の前に押しかけた老人たちの中には、助けを求めるのではなく、

「死」

を求める者もおりました。


それを見て慄然とする香村ですが「破裂」の佐久間は正しかったのか!?、それは最初の倉木の言葉通りなのです


どんなに患者が死を望もうと、医師がそれを鵜呑みにしてはいけない、現に今死を望んでいるその患者たちがなぜそこにいるのかを思い出せばわかるはず。彼らは死にたくないと願ったからこそ「厨療法」を受けたのです。


それが突然死の恐怖と、それを免れた後のまた苦しい闘病生活を思って今は絶望しているだけで、もし本当に香村療法が確立すれば、また元のように「ぴんぴん元気」になれるのですから。


それにこれは「精神」の問題でもあるはずです。年を取ったからと一気に老け込むのではなく、いつまでも(精神的な)若々しさを保つことこそ、本当の「ぴんぴん元気」と言えるのではないでしょうか。


行政のことは今すぐ自分ではどうしようもないけれど、政治を動かすことは(国民が頭を使えばできるはずだし馬鹿な政治家を選んだのは国民だ!、その頭は、自分や家族の健康管理に使うこともできるはず~そう、この問題を解決する「お手軽な秘策」などはない、まさに

「頭を使え

なのです破裂の言わんとすることはそこだ!


そんな問題提起をしてくれた「破裂」は最後まで本当に面白かったです


破裂
これは是非小説も読んでみなくちゃ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は破裂のレビュー一覧」でお読みいただけます

破裂
 医療モノ

破裂 あらすじと感想 第6話 香村の反撃始まる

破裂】は6話も面白かったですね~。以下早速ネタバレです


佐久間は自分が犯した罪を正当化しようとしてさらに罪を重ねているのに対し、香村はより多くの人を救うため、自分の罪を認めました。経緯(あらすじ)はこうです破裂のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


倉木が死んで3か月が経過した頃、厨療法はその大規模治験の結果を迎えようとしていました。その頃、アメリカのライアン教授やカーターと組んで秘かに副作用を回避するための研究を進めていた香村は、厨に最後の通告に行きます。


倉木蓮太郎は俺のおやじだ。そのおやじが俺の腕の中で(心臓破裂で)死んだ。お前は厨療法を自分の母親に試せるか?


今や、治験を受けた多くの老人たちから神の如く崇められていた厨ですが、その時が来た際の「覚悟」はまったくできていなかったようです。認知症が高じて寝たきりの母を持つからこそ佐久間の計画に乗ったはずだと思ったのが、実際に自分の母には試せなかったなんて偽善もイイとこでしょ


その後すぐに、治験を受けていた一人の女性が、その厨の診察中に亡くなりました。これまで「ぴんぴん」していた彼女が目の前でいきなり倒れ込んだのにおののく厨。そして、予定?通り、その後も次々と老人たちの突然死が報告されてきます


佐久間を潰す土産を持ってこい


果たして厨はこの香村の誘いに乗ってくるでしょうか?


一方、「ぴんぴん元気」の流れから「ぴんぴんポックリ」を受け入れるムードが急速に広がったのを受けて、佐久間や伊達は、国会に安楽死法案を提出するべく、着々と準備を整えていました。


今後ますます増えるだろう「突然死」に備え、その際のスケープゴートには、国民生活省事務次官の林田博史(佐戸井けん太)を差し出そうとしています。林田は「プロジェクト天寿」について何も知らされてなかったようです。


が、あれ以来、上川珠季と組んだらしい香村は、その林田が3年前に、息子がヤクザ相手に交通事故を起こしたことで小池に1500万もの示談金を肩代わりさせた事実(収賄)を、佐久間に知られて脅されていたことを聞かされます


香村はこの事故そのものが、佐久間が林田をはめるために起こしたものだと確信し、こっそり林田に事情を明かしに行きました。佐久間は大量の老人殺しを企んでおり、その罪を林田に擦り付けるつもりだ、と


それが小池に知られたために、上川はあっさり殺されてしまい、香村も再び佐久間に脅されてしまいます医療ミスを明かされてもいいんですか


が、ここからが香村の反撃のはじまりでした破裂~香村が負けてない(≧▽≦)。香村は裁判所で医療ミスの実態をすべて明かして遺族に謝罪する一方で、自分の「香村療法」を完成させて多くの人を救うまでは止められない、その代わり、それが完成できたらキッパリ医師を辞めると約束したのです


ひとりの命は私でなくても救えるが、100万人の命は私にしか救えない!!私は選ばれし人間だ!( `ー´)ノ


傲慢もここまでくると立派なものです。自らの意志で「公立」に行くことを決断した直輝もきっと、そんな父を誇りに思ってくれることでしょう


万策尽きた佐久間は、卑怯にも人を使って香村に暴力を振るってきたようです。いったいこの佐久間と小池のどこが違うというのでしょうかね


さ~ていよいよ来週は最終回です。いったいどんな結末を迎えるのか、今からとっても楽しみです破裂がなかなか面白い(^^)/


破裂
小説も早く読んでみたい


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は破裂のレビュー一覧」でお読みいただけます

破裂
 医療モノ

破裂 あらすじと感想 第5話 佐久間の過去に倉木が喝!

破裂】は5話に来てよ~やくスッキリいたしました。以下、ちと長めのネタバレのあらすじです破裂のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


厨の裏切りを知って愕然とする香村に、厨は容赦なく鉄槌をおろしました


怪文書を書いたのは私です。先生がいつも言った通り「頭を使った」んですよ。研究者としては立派かも知れないが、人間としては反吐が出るほど嫌いだった


だったらそれらしく振る舞えばいいものを、まったくこういう影でこそこそ動く卑劣漢こそ大きらいだす。医者として佐久間の考え方に共感したとのたまった厨に、何も言ってやれない香村が歯がゆくてなりませんでした香村、何とか言うたり!!


その後、病室を訪ねてきた香村の様子を見た倉木は、副作用が回避できなかったことを察します。


あとひと月余りだ。いつ突然死が起きてもおかしくない。


そう宣告した香村に、倉木は、明日ここを出る、この心臓が破裂する瞬間まで命を全うすると、笑顔を浮かべて答えました。以前倉木が語ったように、まだまだ生きたいという欲求も強いに違いないのに、倉木のあんな暗い顔を見ては(親としては)そう言うしかありませんよね


が、香村は最後「手術」に望みを託します。心臓破裂を回避する方法として、数カ所同時にバイパス手術をすれば、心臓の急激な虚血を防げると考えたそうです。自分には無理だが、ゴッドハンドを持つスーパードクターなら可能かもしれない!


が、それも成功率20%と聞いて、即、お断りだと踵を返した倉木を、香村がこう言って引き留めました。


「最後まで命を全うするんだろう?俺も主治医として最後まで諦めない!!


香村が真っ先に白羽の矢を立てたのが、ライバルの北川だったというのがまた良かった。香村は誰よりも北川の腕を高く評価していたのです。


が、北川は、倉木の状態を見て手術など自殺行為だと言って取り合ってくれません。これは国内の医師は皆同じ意見です。


その一方で、香村療法は正式に中止され、新たにその倍のスピードで心筋を再生する「厨療法」が確立されたそうで、政府でも「安楽死法案」を通そうとする動きが出ているようです。


「内閣の支持率が高い今なら簡単に法案を通すことができる


まったくこの辺は現実社会と相まって、何とも歯がゆいばかりでござりまする。
憎たらしいことこの上ないっ!


万策尽きた香村は、アメリカで世話になった教授に相談しました。アメリカで、今回の症例に似た手術を成功させたドクター・デーヴィスに紹介してもらえるよう頼んだのです。どうやら香村は、

全ての冠動脈の血管を再建する

術式を考えていたようです。そして、ドクター・デーヴィスもこれに賛同してくれました


その後香村は息子の直輝を連れて倉木の家を訪れました。倉木が退院してから何度か来ているこの家で、直輝は今、倉木の昔の映画を見ているのだと話しだします


その直輝に俳優になった動機を尋ねられた倉木は、国が勝手に始めた戦争で、目の前で数え切れないほど人が死んだからだと答えました。


死んだ人間と生き残った俺の差を確認したくて、生きているという手ごたえが欲しくて芝居を始めた。


芝居など答えが無くて苦しいと続けた倉木に、直輝が嬉しそうに父=香村との接点を見出します


自分がこれだと思ったことに苦しむのは悪くない、ってお父さんが言ったことと似ているね。苦しんだ時間は自分を裏切らないって


とにかく死んだ人たちに恥じない生き方をしたかったと語った倉木に、もはや香村は真実を隠しておくことができなくなります。その直後、アメリカに電話して、ドクター・デーヴィスの予定がいっぱいで手術は1年先になると断られたから尚更です


正真正銘全ての望みを絶たれてがっくりと肩を落としていた香村を見て、手術ができなくなったことを知った倉木は、香村を慰め、礼を言います。彰子と直輝が一緒にテレビを見て楽しそうな声を上げているのを聞いて、もう思い残すことはない、ありがとう、鷹一郎と、初めて香村の名を呼んだのです


死んでも認めたくなかったが、俺たちはやっぱり親子だ


香村は、自分によく似たプライドの高い父が、何も知らされずに死ぬことほど悔しいことはないと確信し、ついに倉木にすべての真相を伝えました


自分たちは佐久間に利用された。倉木は多くの老人を死に至らしめるための「広告塔」にされたのだと。俺は誇り高いあんたの人生を汚してしまった、すまない、深々と頭を下げた香村に、倉木は一言も怒りの言葉をぶつけることなく、家を出ていきました。もちろん、怒りをぶつける相手の所へ行ったのです


玉音放送(戦争終結)を境にすべてが変わってしまった。おまえが背負っているつもりの国なんて、明日には何もかも一変するかもしれないんだぞ!


そんなことは百も承知だとうそぶいた佐久間は、恥知らずにも、自分が過去に父を安楽死させたことを告白しました。世界を股に掛けた商社マンだった父が難病にかかって瞼さえ動かせなくなった時、父を殺す決意をした。父は感謝のあまり涙を流していた、と


私はね、死にたいと思っている人が安らかに死ねる国を作りたいんです


いかにも尤もらしくそう語った佐久間に掛けた倉木の一言がまた実に的を射て辛辣でした


証明したいんだろう?父親を安楽死させたことが間違っていないと


そう、まさに倉木の言う通り、佐久間は自分の「罪」を正当化するために、安楽死を法律化しようとしていたのです。図星を指されてうろたえる佐久間が惨めでしたね~。父親の涙が感謝の涙と思いたいんだろう?


人間の気持ちは1つに決められない。今この瞬間「死にたい」と思っても、次の瞬間には「生きたい」と切望するのが人間だ


お前もいつか年を取る。この俺のようにな


死にたくないとあがいても、死を突き付けられるその日が来た時、佐久間は初めて倉木の言葉を理解する、と、それは分かっているんだけど、今はそんな先のことより、年老いた倉木に物理的にも思い切り突き飛ばされて動揺しきりの佐久間の顔が見ものだしたな


個人的には、この佐久間が取り入っている内閣官房副長官の伊達伸吾(嶋田久作)に、用済みになった佐久間がぼろきれのように捨てられるところが見たいですね~マキャベリ佐久間めっ!(`・ω・´)。本当は伊達にも正義の鉄槌を下したいところなれど、どーせそこまではできんのでしょうからその辺がドラマの限界でしょ(;´・ω・)


その後香村はもう一度北川に頭を下げて倉木の手術を頼み込みます。オール・アーテリアル・オンレイ・パッチ・バイパスという術式を聞いた北川も、それなら何とかなるかもしれないと考え直してくれたのですが、3日後には手術というその夜に、倉木はついに旅立ってしまいます


落とし前付けろよ。お前が人生をかけてきた研究だ。やられっ放しで終わるな!


手術が成功したらいつかみたいにみんなで飯でも食おうと、笑顔で香村の肩をポンポンと叩いた倉木の顔がこわばり、全てが終わってしまいました。膝から崩折れた倉木の体を支えた香村はその手で倉木の心臓が止まったことを確認しますでもきっと最後は本望だったよ


来週からはいよいよ香村の弔い合戦が始まりますね。今はまだ、香村と佐久間がグルだと思い込み、親友でジャーナリストの上川珠季(市川実和子)が小池に襲われたのも、香村の仕業だと誤解していた松野も、その誤解を解いてくれるとよいのですが。


破裂は5話にしてようやく心の底から次回が楽しみになってきました!破裂の続きが待ち遠しい(^^)/


破裂
小説も早く読んでみたい


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は破裂のレビュー一覧」でお読みいただけます

破裂
 医療モノ

破裂 あらすじと感想 第4話 いつかきっと天罰が下る!

破裂】の4話もまた実に腹立たしい内容でした。以下早速ネタバレです破裂のあらすじ感想行きますよ~( `ー´)ノ


佐久間に医療ミスの証拠をがっちり握られた香村は、仕方なく、ネオ医療センターに移ることになりました。でも香村は、一見佐久間に協力してプロジェクト天寿を完遂させるふりを装いながら、一方では副作用を解決すべく、腹心の厨にその研究を任せます。


何としても倉木を死なせるわけにはいかない!


が、なんとなんとこの厨が裏切りました。涙ながらに母の話を聞かせてくれた厨から、

「頭を使え

と言われた時の香村の驚きはいかばかりだったことでしょうおのれ~厨っ!(`・ω・´)


すっかり打ちひしがれた香村にはもう、倉木を、そして多くの老人たちを救う手立ては残されていないのでしょうか?


その倉木はでも次回、佐久間にこう言って詰め寄っていたようですよね


おまえもいつかは私と同じように年を取る!!


そうそう、以前も触れたように、年寄を大切にしない者は、自分が年を取った時も同じ扱いを受けるのでござる。それは固く信じて疑わないおばさんですが、でもせっかくの「ドラマ」ですから、遠い未来の「天罰」を待つよりは、是非ドラマの中でも「罰」を下してほしいですが佐久間を許すなっ!


などと考えるのも、この「破裂」で描かれる親子関係がなかなか素敵だからです。今回香村は、既に心臓に変調をきたしてきた倉木から、雨の中での撮影を許可してほしいと頼まれました。


当然香村は、医師としてそんな無茶を許可することはできないと反対しますが、よくよく事情を聴いてみると、倉木にも深い事情があったことが判明します。倉木は東京大空襲で幼い弟を亡くしたそうです。自分だけ助かって弟を亡くしてしまったという深い後悔に苛まれた倉木は、その後、妻の彰子が身ごもった際も、ひどく動揺していたそうです


ずっと一人で生きてきたからどうしていいか分からない


結局子どもは授からなかったようですが、憎みあうのもまた親子だからと言う彰子の言葉には、香村も同意せざるを得なかったようです


自分が息子の直輝に優しく接することができないように、倉木にも同じ事情があったのだと悟った香村は、

どうせ止めても聞かぬだろうから

と、自分立会いの下での撮影を許可した上、彰子の頼み=直輝を撮影現場に連れてくる、も快諾しました


倉木が自分の体験を基に制作した映画=ノガミ(=上野)の中で、倉木が雨の中、幼い子供の遺体に取りすがって慟哭するシーンでは、香村も直輝も身動きできぬほどの衝撃を受けてしまうのですが、そこで直輝がそっと香村の手を握ると、香村もまたその小さな手を握りかえします


演技が終わって、へたりこみそうになった倉木を支えた香村の手を、これまた倉木が握ってそっと押し返した姿が何とも印象的でしたこの3代の親子関係がいいわ~( *´艸`)


香村は一見誤解されがちな人物ですし、松野も佐久間と同レベル扱いしていましたが、決してそうではありませんよね。患者を助けたい一心で誤って患者を死なせてしまうことと、最初から殺すつもりで事に当たるのとは、まったく別の話です


今では佐久間の顔を見るだけで嫌悪感が湧き、他のCMに滝藤さんが出てくるだけで、眉をひそめてしまうおばさんですが、最後はきっと香村が勝つことを信じて最後まで見続けたいと思います。「破裂」は次回が待ち遠しいです


破裂
展開いかんによっては見るのもいやかも


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は破裂のレビュー一覧」でお読みいただけます

破裂
 医療モノ

破裂 あらすじと感想 第3話 父子の確執

破裂】の3話はまた何とも考えさせられる内容でした。以前も申し上げたように、ドラマ用(フィクション)にデフォルメはしてあるものの、このドラマで語られていることをすべて否定することはできない、とついつい思わずにはいられません。以下簡単なネタバレのあらすじです久坂部羊氏原作、破裂のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


香村療法を悪用しようと企む佐久間を阻止するため、香村は自ら記者会見を開き、俳優の倉木蓮太郎が、

CM-GF療法

を受けてその心機能を回復させたと同時に、その副作用として(破裂ではなく

「心筋梗塞」

を起こしかねない状態にある、と公表しました。香村は、この副作用はすぐにも解決できるものだと続けますが、佐久間にとっては、その副作用が無ければ香村療法自体がもはや意味をなさないため、天寿プロジェクトはこれですっかり暗礁に乗り上げてしまいます


が、諦めの悪い佐久間は、香村が、副作用を阻止する結合たんぱく質を分解する酵素の発見に尽力していた「1週間」で、香村を追い込む手はずを整えました。医療ミスについての怪文書はやはりこの佐久間が手配したらしいのですが、その

医療ミスの決定的証拠

も見つけ出してしまったのです


その1つは、前回松野が手に入れた手術用の「針」です。あれは、被害者の峰丘茂の手術に携わった臨床検査技師の須山明が、その後の遺体解剖中に見つけたのをずっと隠し持っていたものだそうです。


ではなぜ、術後の針の本数が問題にならなかっったのか、もこの須山が語ってくれました:


峰丘氏は肝炎患者でもあったそうなのですけど、大動脈置換術のオペ中、かなり手際の悪そうだったオペ看が、未使用の針で香村の手を刺してしまうというハプニングがあったのだそうです


もしそれが患者に使用した後だったらどんな深刻な事態になったのか分かっているのか!と香村から怒鳴られたオペ看はますます緊張してしまい、最後に確認した「針の本数」が合わないことを言いだせず、針の本数に問題は無かったと記録したらしいのです


その針は、レントゲンには映らなかったものの、実際には峰丘氏の体内に残っていて、その後の解剖中に発見されていたそうです。が、香村は、解剖を担当した教授の鶴田平三郎に関東大都病院の副院長の椅子を約束し、その口を封じてしまったのだとか。香村の義父の大村寿一郎がこの関東大都病院の常任理事を務めているそうです。


佐久間は小池に命じてこの「針」を松野の事務所から盗み出させ、鶴田も金で買収して、その証言を得たようです


医療ミスおよびその隠蔽の証拠を握られた香村は、果たして、佐久間の言いなりになってしまうのでしょうか?


またその香村から副作用のことを聞かされた倉木は、たとえ心臓が破裂してもそれが半年後なら、それまで元気でいられるなら無事に映画が取れると喜んでいます。元々死にかけていた自分の賭けが成功したと言わんばかりです。


ずっと憎み続けてきたはずの父ですが、このまま死なせるわけにはいかぬと、香村は倉木に決して無理をせぬよう命じました。香村は、それが担当医として当然の配慮であるかのような憎まれ口を聞いていましたが、彰子はもちろんのこと、倉木も、この息子の気遣いを心の中では喜んでいたようです


その倉木が今回生まれて初めて「孫」直輝(里村洋)に会いました。直輝は、病院に香村を訪ねてきたようなのですが、香村がいなかったため、諦めて帰ろうとしていたところ、廊下で倉木に出くわしたのです。


父が治療した患者ということで倉木を見知っていた直輝から声を掛けられた倉木は、目の前にいる、足は不自由そうだけれど実に賢いまなざしをした子どもが自分の孫だと知って、すぐに食事に誘いました


倉木はいかにも子供の喜びそうなデザートをたくさん注文し、直輝が病院に来た訳を尋ねます。どうやら直輝は進学のことで悩んでいたようですが、それよりも、父母が自分の進学について揉めている事の方が気になるようです。


幼い上にハンディキャップを抱えた孫が、周囲を思いやっている姿が何とも健気で嬉しくなった倉木が、つい直輝の頭を撫でているところに、香村がめざとく二人を見つけてやってきました。俺の息子に触るなっ!!


父のあまりの剣幕に驚いて、帰りの車の中で謝る直輝が気の毒でしたね。それは香村も百も承知しますが、自分はいつも倉木に背を向けられてきたため、息子にどう接していいか分からないようなのです。香村がその辛かった過去を否定せずに受け入れてくれさえすれば、今からでも直輝の良き父親になれるでしょうに反面教師にすればいいんだよ~(;´・ω・)


その香村は今回、身内に裏切り者がいると佐久間から仄めかされたことが気になって、心臓外科教授の川邊久雄(鶴田忍)と部下の厨にカマを掛けています。川邊は、佐久間から退官後の国立心臓病センター総長の椅子を約束されて裏切ったことが即明らかになりますが、厨は違ったようです。


香村から、佐久間の「プロジェクト天寿」について聞かされた厨はひどく憤慨したものの、その一方で、

「命を操作」

しているのは自分達医者も同じだと思ったそうです。厨は、元々認知症を患っていた母が3年前に心筋梗塞で心肺停止になったのが、病院で奇跡的に一命をとりとめた後は、認知症がひどく進んで、寒さを理由に家に火をつけるまでになったと打ち明けてくれました。もちろん、息子や嫁の顔など分かりません


佐久間の言う「人為的なぴんぴんポックリ」などは論外だが、医療の発展でいわゆる「自然死」を阻止した後に、死より残酷な最期が待っているとしたら、それは果たして真の医療のあるべき姿なのか?と自問自答せずにはいられないというのです


大切な人には一日でも長く生きてほしいと願うのもまた本心なら、その大切な人がもはや人間としての機能をすべて失い、ただ器械に繋がれている姿を見るのは辛い、本人もきっと辛いだろうと思う気持ちもまた真実でしょう。介護の負担も、決してきれいごとではすみません。


厨が裏切り者ではなかったことはこれで証明されたものの、香村もまた複雑な思いに駆られてしまったようです。


でも、間違えてはいけませんよね。香村が目指しているのはあくまでも、人間として充実した毎日を送るために心筋を若返らせることであって、それは、半年後にその心臓が破裂することが分かっていてその処置を断行する犯罪とはまったく別の話ですから


香村には是非、佐久間の汚い脅しに屈することなく、香村療法を完成させてほしいものです


破裂」は続きもとっても楽しみです破裂も楽しみ♪


破裂
小説もなかなか面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は破裂のレビュー一覧」でお読みいただけます

破裂
 医療モノ

破裂 あらすじと感想 第2話 プロジェクト天寿~驚愕の内容とは?

破裂】は2話目もまた実に腹立たしい話でした。もちろん内容が悪いのではなく、得意げに「プロジェクト天寿」について語る佐久間に腹を立てているおばさんです。以下早速ネタバレです破裂のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


突然死した犬のサリーを解剖した香村は、その心臓の破裂は香村療法の副作用だと確信し、このままでは倉木の心臓も半年後には破裂すると予測しました。直ちに改善策を捜しだす!!


サリーの前に実験に使い、心機能が回復したため近くの幼稚園に譲った4羽のウサギを早速調べに行ったところ、3カ月後には突然2匹が死んだ上、その翌日には残りの2話が消えてしまったことが明らかになります。しかも、死体を埋めたはずの場所にはその死体も持ち去られた後だったのだとか


そう、ここで香村も指摘していたように、何者かが香村達より先に、副作用の可能性に気づいていたということです。その人物こそまさに佐久間和尚その人に違いありません


ここで、香村の腹心で、香村の教授昇進とともに自分は准教授の地位を狙っている厨忠彦(甲本雅裕)が危惧していた通り、例の医療ミスの怪文書を送ったのも佐久間が手配したのでしょう。佐久間は香村の弱みを握ることで、香村を思い通りに動かそうとしているのです


その佐久間の思惑こそ、「天寿プロジェクト」などというふざけた名前が付けられた、実際には「悪魔の計画」でした


やはり佐久間は、香村療法の決定的なミス~つまりは副作用をミスとはとらえず、一旦は心機能を回復したと見せかけながら、最終的にはその心臓を破裂させて突然死するこの療法こそ、長寿大国という国家的危機を救う救世主だとうそぶいたのです


ヨーロッパでは、その多くが心臓発作で死ぬのに対し、日本人の心臓は丈夫でなかなか死なない上に、日本の循環器の医者は、心臓を救うことばかりを考えて、脳や腎臓が機能しなくなることなどお構いなし。自分達が「寝たきり老人」を増やして、社会全体を危機に陥れていることに気づかない。


ぴんぴん ポックリ


生きている時はぴんぴんと元気に働き、死ぬときはぽっくり逝くため、ひいては寝たきりを減らすには強い心臓が邪魔になる。心臓を強くすることは「国策」に反すると言うことだ。


佐久間が香村を副センター長に迎えたいと言うネオ医療センターこそ、この「国家プロジェクト」を実行する場所なのだというのです。


佐久間はまた、こちらは超高齢化社会を稼ぎ時と捉え、福祉ぐるうぷ寿会経営者で電報堂プランニング社長の小池清(モロ師岡)と組んで、倉木蓮太郎のドキュメンタリー映画を制作中です。つまり倉木は、他の治験者を呼び込むための、体のイイ広告塔に利用されているのです。


香村療法による心臓破裂は副作用ではなく立派な効果だ!


これでぴんぴんとポックリを同時に実現できると狂喜する佐久間は、もはやまともとは思えません


老人の孤独死や寝たきり問題を理由にして香村を脅す佐久間ですが、これは単なる詭弁でしかありません。確かに過度な延命治療は患者の望みではないことも多いかもしれませんが、だからと言って、故意に心臓を破裂させて良いはずがありません。それは立派な殺人行為=犯罪にほかなりません


お年寄りが望むなら、国が望ましい死を保障する~プロジェクト名は「天寿」


弱みを掴まれた香村が思い通りに動くと踏み、自分の理論に酔って滔々と語る佐久間に香村が反論したシーンが実に痛快でございました


国策だと?どうせ一部の人間が勝手に裏で進めているだけだろう?まともな政治家、まともな官僚、それに国民はどう思うだろうな?


佐久間が香村の弱みを握ったと言うなら、香村もまた佐久間の弱みを握っていると言いたいのです。俺を利用したいなら、もっと頭を使え!


その香村は一方で、副作用を回避する方法を既に思いついています


香村は、サリーやサリーに続いて死んだジョンの解剖所見から、彼らの冠動脈の内膜が異常に厚くなっていたことに気づいたようです。香村療法では「若返り因子」を点滴で患部に運ぶため、心筋だけに接着する結合たんぱく質を合成したはずだったのが、実際には心筋だけではなく、冠動脈にまで接着し、尚且つそのまま分解されず留まり続けてしまったために、心筋が必要以上に太り続けると同時に冠動脈の内膜まで膨れ上がることで、血が回らなくなり、心臓が破裂してしまったそうです。


それならば、結合たんぱく質を分解する酵素を特定して投与すればいい


香村が何とかしてこの問題を解決し、佐久間の鼻を明かしてやれるとよいのですが破裂の佐久間が憎たらしい(`・ω・´)


でも、やはり心臓に針を置き忘れた医療ミスは事実だったようです。松野は患者の体内からその針を発見したそうなのですが?


他には、香村と、首都中央総合病院の心臓外科部長を務める北川聖一(天宮良)との教授戦も気になりますし、佐久間と他の官僚や政治家~林田博史(佐戸井けん太)&城貞彦(佐野史郎)との駆け引きにも注目していきたいところ


現実問題として考えると腹立たしくてなりませぬが、ドラマとしてはなかなか興味深い「破裂」は、続きもとっても楽しみです


破裂
小説もなかなか面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は破裂のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング