このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

トミーとタペンス-2人で探偵を
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

トミーとタペンス あらすじ 第3話 秘密機関(3)

アガサ・クリスティ―原作のミステリー、【トミーとタペンス-2人で探偵を】(Tommy and Tuppence - Partners In Crime)の第3話は「秘密機関(3)」です。これはもうミステリーというよりコメディですね。その割にあっさり人が殺されちゃうのはどうなんでしょ。以下すぐにネタバレです


ブラウンこと黒幕はなんとジェームズ・ピールだったのだそうです。すっかり腐敗したイギリスに嫌気が刺したピールは祖国を裏切り、ロシアのスパイになったのだそうです。トミーとタペンスに正体を突き止められたピールは、カーターが止めるのも聞かず、屋上から飛び降りて自殺をしてしまいました


また、おそらくはこのブラウンの正体を録音していたらしいテープは、ほかならぬトミーとタペンスが持っていたことが判明しました。前回、ジェーンが記したと思われる「ANASSA」は古代ギリシャ語で「女王」を意味するそうなのですが、ジェーンは列車の中でトミーの

「女王蜂」

の箱の中にテープを隠したことを、何とかして伝えようとしていたらしいのです。ちなみに、ジェーンの本は古代ギリシャ語で書かれていたのだとか。


でも結局そのテープは、ジェーンのおじではなく「恋人」だったハーシャイマーによって燃やされてしまいました。ハーシャイマーは、ブラウンもしくはその部下に脅されてテープを盗み出し、破棄したのだそうです。その前にトミーとタペンスのふたりが一応中身を確認した=聞いたんですが、ロシア語だったため、皆目わかりませんでした


医者に成りすましてインシュリンを手に入れたピールは、いよいよ国務長官を殺そうとしますが、間一髪で、トミーとタペンスが間に合います。まさかここで「ハチミツ」が役に立とうとは。。。


ハーシャイマーが「おじ」と嘘をついたのは、これが不倫の関係だったからだそうです。今ハーシャイマーは離婚訴訟中なのだとか。ピールが自分の事務所に監禁していたジェーンがせっかく助かったのですから、ふたりには是非幸せになってほしいものです


一方で、トミーが奴らに命じられて盗み出した「菩提樹」のファイルはいったい何に使うつもりだったのか、結局アネットは善人だったんだろうか?、などの疑問が残ったことも否めません


アルバートが「追跡装置」を作ったり、トミーが犯人たちとコンタクトを取るのに外の電話を使ったことから「浮気」を疑われたり、と、コメディとして見れば楽しくないことはないものの、今はかなりドラマライフが充実していることから、その合間を縫ってまで見たい&語りたいタイプのドラマではないかもしれませぬ


多分、この手のドラマはキャラに愛着が湧いてくれば、それなりに、いや、きっとう~んと楽しくなると思うんですけど、今のところはその余裕はなさそうなので、これをもって最後のレビューにさせていただきたいと思います


またいつか時間がタップリ取れる時にご縁があれば、再挑戦してみたいと思います。今までお読みいただきました方々には心から感謝申し上げます。最後までおつきあいいただきましてありがとうございました


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトミーとタペンス-2人で探偵をのレビュー一覧」でお読みいただけます

トミーとタペンス-2人で探偵を
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

トミーとタペンス あらすじ 第2話 秘密機関(2)

アガサ・クリスティ―原作のミステリー、【トミーとタペンス-2人で探偵を】(Tommy and Tuppence - Partners In Crime)、本日は第2話です


まず最初のシーンで、おばさんが大切なことを見逃していたことに気づきました。事件が起きた列車の中で、ヴィエリ―はジェーンにちゃんと

「荷物をロンドンに運んでくれ
All I'm asking is you carry a package to London.

と頼んでいたのですね~不覚でござった。ということで、ジェーンが証拠の録音テープを持っていることはまず間違いないと思われます。


と分かったところで以下は第2話「秘密機関(2)」のネタバレのあらすじですトミーとタペンスのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、リタの家に潜り込んだタペンスは、ラッキーがリタに「アメリカ人の友達に使う」と言って「彼のコーヒーに入れろ」と命じて何かを渡していたらしいのを突き止めました。タペンスは、その「アメリカ人の友達」こそ、ブラウンの狙うVIPなのではないかと推理します


またタペンスはここで、オペラファンだというジェームズ・ピール弁護士(Andrew Havill)に出会いました。彼もまたアンソニーたちの仲間で、リタを探っていたようです。


一方のトミーは、除き部屋で働くアネットから「クレメント・ドレナン」という、ブラウンの代理に間違えられたおかげで、ウィティントンたちの信用を得ますが、アネットにジェーンの写真を見せてその居場所を聞いたことから、マキューン(Samuel Oatley)という男に正体を見破られてしまいます


が、ジェーンの写真を拾ったマキューンが金目当てにトミーを脅してくれたおかげで、逆にウィティントンたちはマキューンを敵だと思い込み、マキューンはあっけなく殺されてしまいますあっさり展開の割にやることが残酷(;´・ω・)


ところで「1000ポンド」はどこにある?


どうやらドレナンは、ブラウンの代理で金を運ぶ役目だったようなのです


トミーは明日渡すとごまかしてとりあえず家に戻ってきますが、敵の残忍なやり方が頭から離れぬ様子です


トミーとタペンスから話を聞いたアルバートは、アメリカの国務長官がイギリス訪問することを思い出します


ふたりはこれらの情報を携えて、早速アーサーのもとを訪れました。アーサーは、国務長官は米英核開発協力の協定に調印するためにやってくる、この暗殺は絶対に阻止しなければならないばかりか、CIAにこの暗殺計画を知られるのも防がねばならぬと息巻きます。もしこれが公になれば、訪問自体が中止になってしまうからです。


また、その国務長官がオペラ好きで、リタ・ヴァンデメイヤーのオペラを観劇する予定が入っていることも判明しました。これはタペンスのお手柄です


が、アンソニーは情報だけもらったから後は用済みだとばかりに、二人を追い出そうとしたため、タペンスはドレナンの写真と情報を盗み出し、その情報を元に、駅でドレナンを待ちかまえました


3Fから盗み出した情報によると、ドレナンはアルコール依存症だそうで、タペンスは、依存症なら、長旅の後に一杯やらずにはいられないはずと推理したのです。ふたりは、アルバートの作った「薬」をドレナンに飲ませて、金を奪い取るつもりなのです


この薬~確か睡眠薬のはずだったのに、ドレナンが眠らずに大騒ぎしはじめたのも可笑しかったですね~。アルバートはこのほかにも、「タイプライターの音」を録音した探偵キット(?)をタペンスに提供しています。これがまた不規則で、鳴るべき時に鳴らず、鳴ってはいけない時に鳴る、とほとんど使い物にならない代物だったのには大笑い


それはさておき、何とか隙を見てドレナンの鞄を盗んだ二人ですが、金は鞄ではなく、ドレナンの上着のポケットに入っていたようで、暴れて通報されたドレナンとともに警察に持ち去られてしまいます


困ったタペンスは、ジェーンのおじのジュリアス・ハーシャイマーに1000ポンドを用立ててもらうことにしました。タペンスは、トミーはプロの探偵だから任せて大丈夫だと大見えを切ります


ここで、ハーシャイマーを嫌いなトミーが、外にでかでかと張り出されたハーシャイマーのポスターに、子供じみた悪戯をしたのがまた笑えましたね~。いや、子どもでもしませんって歯を1本だけ黒く塗るなんて(>_<)。以前ハーシャイマーに

「子どもは1人、否、2人いる

と説明しといてよかったですな


こうして1000ポンドを手に入れたトミーは再び除き部屋に潜入しました。ジェーンと1000ポンドが心配なハーシャイマーも外で待機し、30分経っても無事戻らない場合は警察に連絡することになったようです。


案の定、トミーはその正体を知られ、敢え無く捕まってしまいました。アネットもまた、ウィティントンたちに捕まって殺されると怯えていたようですが、でも予告では、このアネットがどうやら黒幕か?な様子も見えていたので、ここはまだまだ分かりません


約束の30分を経過してもトミーやジェーンが戻らないことに業を煮やしたハーシャイマーは早速警察に連絡しますが、警察は単に除き部屋を取り締まっただけで、ウィティントンやトミーを見つけることはできなかったようです。あれは地下にいたから?それも隣のビルの地下なんかな?


一方で、タペンスの方も、上述したアルバートの探偵キットが役に立たず、リタとラッキーから怪しまれてしまうのですが、そこはトミーより敏捷なタペンスですから、タイプライターで窓をぶち破ってまんまと外に逃げ出します。I'm going to enjoy this. せいせいするわ!


でもその後、警察を呼んでリタのアパートに乗り込んだところ、そのリタは無残に殺されてしまっていましたリタは絞殺されていました(;O;)


この一味の残酷さを始めて思い知ったタペンスは、急にトミーのことが心配になりますが、ちと遅いですよね~


ようやく除き部屋にやってきたタペンスは、ジェーンが閉じ込められていたと思われる部屋に書かれた「ANASSAアナッサ」という文字を発見します。果たしてそれは何を意味しているのでしょうか?


またそのトミーは、ブラウンからの命令で寸でのところで殺害を免れますが、どうやら息子のジョージを盾に脅されて、彼らへの協力を強要されてしまうようです。予告では、陸軍情報部から機密ファイルを盗み出すよう命じられたと言ってましたか?息子のために国を裏切るのか?


来週はこの「秘密機関」の最終回になりますね。いったいどんな結末を迎えるのか~「トミーとタペンス」は続きもとっても楽しみですトミーとタペンスも楽しみです♪


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトミーとタペンス-2人で探偵をのレビュー一覧」でお読みいただけます

トミーとタペンス-2人で探偵を
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

トミーとタペンス あらすじ 第1話 秘密機関(1)

アガサ・クリスティ―原作のミステリー、【トミーとタペンス-2人で探偵を】(Tommy and Tuppence - Partners In Crime)を見始めました。日曜日は「刑事フォイル」の放送もあるので、内容が混ざっては大変だと心配いたしましたが、近い時代のミステリーとは言え、まったく毛色が違うので、その心配はまず(?)なさそうです


あちらが正式なディナーだとすると、こちらは軽いブランチかおやつ~イギリスだからスコーンでしょうかトミーとタペンスのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ~の雰囲気で楽しめそうでした。イギリスでも人気のドラマというのも大いに頷けます


全部で6話ということでしたが、どうやら3話ずつ2作品になるようです。今日は、その1作目「秘密機関」(The Secret Adversary)の1話目に登場した人物の紹介をメインに据えた簡単なあらすじをまとめておきますまずは「秘密機関」(1)のネタバレから


まず、トミーとタペンスのタイトル通り、主人公はべレスフォード夫妻=トミーことトーマス(David Walliams)とタペンスことプルーデンス(Jessica Raine)のふたりになります。今後はトミーとタペンスで通させていただきます


時は第二次世界大戦後だそうで、夫妻はともにパリに出かけたその帰りの列車の中で、とある事件に遭遇します。とはいえ、その時はふたりとも(特にトミーは)それが事件だとは気づかなかったようですが、ふたりの前の座席に座った女性(Camilla Beeput)が、何者かに命を狙われ、列車から飛び降りたようなのです


のんびり屋のトミーとは違い、ミステリーが大好きで好奇心の強いタペンスは、その女性の手帳から、彼女の名前がジェーン・フィンだと突き止めました。


そのジェーンは連れらしい男(George Taylor)とともに何者かに命を狙われた挙句、その連れは殺され、ジェーン自身は列車の窓を割って逃亡したようなのですが、夫妻ら乗客は詳細をまったく知らされず、列車の変更を余儀なくされて家に戻ってきたそうです。


その後トミーは、パリで仕入れてきた「女王蜂」を使ってハチミツの生産に精を出していたようですね。それでも効果はまったく上がらぬらしく、借金がかなり嵩んでいるようでした


どうやらトミーは以前兵役に就くにあたり、兵舎に着く前にケータリングのバンにぶつかって入院して以来、外で働けなくなったようなのです。特に体に問題がある訳ではなさそうなので、問題は、実のおじからも

You're a stay-at-home man, you're a slippers-and-paper man
お前は家にいるタイプの男。スリッパと新聞の(似合う)男だ

などと言われてしまう、そののんびり屋の性格にあるのではないかと推察されます。実際、料理はトミーが作っていたようです。パリから戻る列車に乗る際も、自分はでかい図体をして、女王蜂の入った小さな箱1つを両手で大事そうに抱えていただけでしたからね。かたや、見るからに華奢なタペンスは両手に山のような荷物を抱えていたというのに


一方のタペンスは列車で消えた女性=ジェーンのことが気になってなりません。彼女の手帳(本?)もしっかり家に持ち帰っていたタペンスは、その手帳に挟んであった写真を発見しました。その男こそ、ジェーンの連れで撃ち殺されたと思われる男性ですが、タペンスはまだそのことを知りません。


その写真の裏には「サラマンダー通り7番地」と記してあったことから、タペンスは早速その住所を訪れました。そこはどうやら賭場らしく、タペンスも成り行き上賭けをすることになりますが、その執着の無さが幸いしたのか、思いもかけず賭けに勝ってしまったようです


その賭場ではいかにも胡散臭いふたりの男がいかにも困った風で話をしていました。ふたりは、時にはもうひとりの相手(電話)を交えて「パリでのことは失敗」、「ブラウンさん」、「女が行方知れずではマズいから代わりを用意しなくては」などという会話を交わしています。


そのふたりの男たちのひとり=ウィティントン(Jonny Phillips)が、タペンスに「パリに行って住むだけ」という仕事を持ちかけてきました。6週間、指定のアパートに指定した名前で済むだけで良いと言われたタペンスは、何という名を名乗るのかと尋ねます。相手の答えはもちろん

「ジェーン・フィン」

でした。黙っていればよいものを、タペンスはその女性には列車の中で逢ったことがあると相手を挑発してしまいます。当然タペンスは怪しまれてしまいます


おまえはリタの仲間なのかっ!?


金を握らされ、何とかその場を逃れたタペンスは、後にトミーとともに同じ場所を訪ねますが、そこはもはやもぬけの殻でした。が、タペンスはそこでパリの「ホテル・デュ・マルブル」の請求明細を発見します。その宛先はヴァンデメイヤー


手がかりが途絶えてしまったふたりはタイムズにジェーン・フィンの広告を出したそうです。


これを知って驚いたのが、トミーのおじのアンソニー・カーター(James Fleet)でした。どうやら彼はああ見えて~甥同様呑気に見えましたが~軍部の幹部で諜報活動を仕切っているようです。タペンスが手帳から見つけた写真の男性は、アンソニーの部下=ドミニク・ヴィエリーといい、ヨーロッパで諜報活動=おとり捜査をしていたことが判明しました


アンソニー曰く、今、ソ連でもトップの工作員がイギリスに来ているそうです。既に何人もの政治家を暗殺したらしいその男は「ブラウン」と名乗っているのだとか。アンソニーたちは、このブラウンが数週間後にイギリスのVIPを殺すらしいとの情報も得ているそうです。


ドミニクは2週間前に、ブラウンの正体を明かす録音テープを持って帰国するという連絡を寄こしたそうですが、その電信が傍受されて、殺されてしまったそうです。ジェーンとドミニクはパリで知り合い、親しくなったとらしいですが、詳しいことはまだ分かっていないようです。


果たしてジェーンはドミニクからテープを預かっているのか?そして今どこにいるのか?


アンソニーは仕方なくふたりを「部下」として働かせることにしました。何かあった際のコードワードは「200, all out」です。これを口にしたものは味方だ、分かったな。ちなみに「all out」はクリケット用語だそうです。


その後二人のもとに2つの情報が寄せられました。1つは、ジェーンのおじだというジュリアス・ハーシャイマー(Clarke Peters Clarke Peters)から、もう1つは名前が無く、シドニー通りで会いたいとだけ告げてきたそう。


ホテルリッツで会ったハーシャイマーはふたりを探偵と思い込み、「ブラウン」と名乗る警察にすべてを話したと語りました。やはりブラウンはジェーンの行方を追ってあれこれ調べているようです。このハーシャイマー自身もちと胡散臭かったですが、そう断言するにはまだ情報不足でしょう


また、もうひとりは姿を現さず、少年を使いにしてただ封筒だけを渡していきます。トミーは中から「音」がするからとこれを爆弾だと思い込んだようですが、以前一緒に入院した「戦友アルバート・ペンバートン(Matthew Steer)が調べたところによると、中身は懐中時計だったようです。アルバートは以前軍では爆弾処理をしていたようですが、前線で腕を吹き飛ばされたらしく、今では聖バーナバス・グラマースクールで教師をしているそうです。


To Jane, "with all my love."Julius
ジェーンへ。愛をこめて。ジュリアス


懐中時計の裏に彫られたこの文字からして、時計はジェーンの物と思われますが、ジュリアスとはジュリアス・ハーシャイマーのことなのでしょうか?


またそこにはフィルムも同封してありました。それを現像したところ、3枚の写真ができあがりました。ドミニク・ヴィエリーの写真、そのドミニクとジェーンのパリでの写真(エッフェル塔の前)、そしてトミーとタペンスが列車に乗り込む所の写真。


アルバートはそこにとある男女が共通して写っていた事実を突き止めます。さすがにアンソニーが頼りにするだけのことはありますね。その男女とは、以前タペンスが賭博場で出会った額に痣のある男(字幕では「ラッキー」)と女性が写っており、その女性の鞄に記されたイニシャル=RVから、その女性の名がリタ・ヴァンデメイヤーだと判明しました。リタは何とオペラ歌手だったそうです。


リタが偶然メイドを募集していたことから、タペンスは早速メイドに変装して自宅に潜り込みました。トミーの方は、タペンスに付き添ってきたリタの家の前で、タペンスが賭場で出会ったもう一人の男、タペンスにジェーンになれと脅してきたウィティントンを見つけたため、彼の後を付けて行きます


案の定、タペンスはリタの家でラッキーに出会いましたが、トミーはウィティントンに続いて「のぞき部屋」(Live Peep Show)に入ったまでは良かったものの、そこのアネット(Madeline Appiah)という女性から、「ドレナン」というスゴイ大物(bigwig)に間違えられてしまいます。これが果たして吉と出るか凶と出るか、は来週のお楽しみでござりまするね


トミーとタペンスは続きもとっても楽しみですねトミーとタペンスが面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトミーとタペンス-2人で探偵をのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング